株の確定申告ガイド!申告不要なケースや必要書類まで徹底解説!

株の確定申告ガイドと題して、株で利益を上げた場合の確定申告への対応について具体的にご紹介していきます。利益を上げた場合でも確定申告が不要となるケースもあります。申告不要のケースや確定申告での必要書類も含めて具体的な解説を行っている記事です。

株の確定申告ガイド!申告不要なケースや必要書類まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 株の確定申告についてを徹底解説!利益が出たら絶対必要?
  2. 株に確定申告は必要なケース
  3. 株の確定申告が不要なケース!20万以下なら申告不要?
  4. 株の確定申告は源泉徴収ありの特定口座でもしたほうがお得?
  5. 株の確定申告の仕方!必要書類を揃えよう!
  6. 株の確定申告は手間がかかる!省きたい人におすすめなのは?
  7. 株の確定申告についてまとめ

株の確定申告についてを徹底解説!利益が出たら絶対必要?

出典: https://www.private-business.jp

株で利益を上げた場合や損失を出した場合の確定申告について、その必要性も含めて解説を行っていきます。株式売買の醍醐味としては売却益を上げることにあります。その他、配当金によって利益を獲得している方も少なくありません。株の確定申告を行う際の必要書類についてもご紹介していきます。まずは、株と確定申告の関係について確認しましょう。

株に確定申告は必要なケース

確定申告が必要なケースを確認

出典: https://money-knowhow.com

最初に株で確定申告が必要となるケースについて確認していきます。一般的には、株で利益を出した場合も損失を出した場合も確定申告をしておくことが原則となります。その中でも確実に確定申告をしておいた方が良いケースについて確認していきます。普段確定申告に慣れていない方も含めて、確定申告が必要なケースや事例について理解することが大切です。

一般口座で取引をしている人の場合

出典: https://123kabu.jp

まず、確定申告が必要なケースとして、株の売買を一般口座で取引している人が挙げられます。株の売買については一般口座の他、特定口座と呼ばれる口座でも取引を行うことができます。そのうち、一般口座で取引している場合は、取引中に源泉徴収されることがありません。そのため、年に1回まとめて確定申告をして納税をすることが必要とされています。

先物オプションや外国株式なども

出典: https://www.hamatax-blog.com

株に限らず、先物オプションや外国株式、FXも含めて一般口座での取引で売却による利益を上げた場合は、自身で譲渡損益を計算して確定申告を行うことが求められています。証券会社によっては年間損益計算や確定申告に係るサポートを行ってくれるので、それを活用するのも有効です。いずれにしても、確定申告が必要だと認識しておくことが大切です。

源泉徴収なしの特定口座で取引している場合

出典: https://culio.me

一般口座で株の取引を行っている方以外に、源泉徴収なしの特定口座で取引しているケースでも確定申告をする必要があります。特定口座には2種類の考え方があり、源泉徴収がありのパターンと源泉徴収がなしのパターンがあります。その中で源泉徴収なしで特定口座を利用している場合は、自ら確定申告を行います。取引中に税金を支払うことがないからです。

年間取引報告書の利用

出典: https://zuuonline.com

源泉徴収なしの特定口座を利用している場合、1年間の譲渡損益を記載している年間取引報告書が利用している証券会社より交付されることになります。その年間取引報告書を利用して自ら確定申告をする必要があります。まずは、一般口座か特定口座を確かめることが重要です。特定口座の中でも源泉徴収なしのパターンを選択した場合は、確定申告が必要です。

株の確定申告が不要なケース!20万以下なら申告不要?

確定申告不要のケースも確認

出典: https://xn--eck4ae1fvft53tltc15lx6t32qkv2g.com

まずは株の取引を行っていく上で、確定申告が必要となるケースについての理解を深めていくことがポイントです。その中で、確定申告が不要となるケースについても見ていきます。株の取引においては必ずしも確定申告をしなければならないわけではありません。特定の条件を満たす場合は確定申告が不要です。その不要のケースについて確認を進めていきます。

源泉徴収ありの特定口座で取引をしている場合

出典: http://alliancellp.net

まず、確定申告が不要となるケースとして源泉徴収ありの特定口座を利用して取引を行っている場合を挙げることができます。源泉徴収ありの特定口座を利用している場合、利益を上げた時点で源泉徴収が行われることになります。証券会社が代わりに納税していると考えることができます。そのため、別途自らで確定申告をする必要がないということです。

NISA口座の利用者も確定申告不要

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

源泉徴収ありの特定口座を利用して株の取引を行っている場合は、確定申告が不要となりますが、さらにNISA口座を利用して取引を行っている人も確定申告をする必要がありません。そもそもNISAは非課税にして投資を促進するための制度なので、納税する義務がありません。NISAを利用して取引している場合は、確定申告も納税もする必要がないのです。

年間の利益が配当金のみの場合

出典: https://intame.jp

また、株の取引による年間の利益が配当金のみの場合も確定申告が不要となります。原則として売却に際して利益が生じた際に、その利益分に対して税金がかかるのが株取引の仕組みです。年間の利益が配当金のみの場合は、配当金自体に税金がすでにかけられています。そのため、わざわざ確定申告をして納税する必要はなく、そのままにしておけば良いのです。

年収が2000万以下かつ譲渡所得(売却益)が20万以下の会社員

出典: http://methane-trade.com

さらに確定申告が不要となるケースとして、年収が2,000万円以下でなおかつ株の取引で上げた利益が20万円以下の会社員を挙げることもできます。会社員などの給与所得者で年収が2,000万円以下の場合は原則として会社で年末調整が行われます。年末調整を行った給与所得者の中で、給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば確定申告不要です。

20万円以下の考え方に注意

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

株で上げた利益が年間20万円以下であれば、確定申告不要といった考え方で大きく間違っているわけではありません。しかし、20万円以下という数字には注意しておく必要があります。上記でも取り上げたように、20万円以下とは給与所得や退職所得以外で上げた合計金額のことです。株以外の投資も含めた合計金額が20万円以下である必要があります。

20万円以下でも住民税の申告は必要

出典: https://kabushosin.net

また、年収2,000万円以下で株などで上げた利益が20万円以下の方であっても、住民税の申告は行う必要があるので注意しておきたいところです。年間で上げた利益が20万円以下で確定申告が不要となるのは、所得税に関しての申告です。住民税については確定申告不要という原則はありません。20万円以下の利益でも関係自治体に申告する必要があります。

自分のパターンを把握する

出典: http://thinkmoney.mobi

株の取引によって利益が出た場合に、確定申告が必要なのか不要なのかを判断して適切な行動につなげることがポイントです。20万円以下の利益ならば確定申告が不要と言っても、全ての投資行動を合計した中での20万円以下です。安易に20万円以下という数字を鵜呑みにしないことも大切です。自分がどのパターンに当てはまるのか確認することが重要です。

株の確定申告は源泉徴収ありの特定口座でもしたほうがお得?

確定申告をした方が良いパターンも

出典: https://www.lancers.jp

株の確定申告について、確定申告が必要なケースや不要なケースについて違いをご紹介してきました。合計で上げた年間利益が20万円以下の場合は、確定申告が不要となりますが、20万円以下という数字の考え方にも注意をしておく必要があります。ここからはさらに確定申告について詳しく見ていきます。確定申告をした方がお得になるケースもあります。

総合課税で申告する場合

出典: https://manesto.com

株で上げた利益に関して確定申告を行う場合は、総合課税による納税か申告分離課税による納税かを選択することができます。基本的に利益を出した場合は納税をする必要がありますが、いずれかの方法を取ることによって、それぞれのメリットを享受することができます。まずは総合課税で確定申告を行う場合のメリットについて、具体的に確認していきます。

総合課税でメリットを受ける人

出典: https://keiei.freee.co.jp

総合課税を選択して確定申告を行うとメリットになるのは、株の配当を含めた課税所得が695万円以下の人です。また、配偶者控除などの適用を受けていて、配当以外に所得がなく、年間所得が38万円以下の人も総合課税を選択することでメリットを受けることができます。総合課税を選択すると、年間所得に応じた累進課税が採用されることになります。

税金負担を軽くできる

出典: https://mastory.jp

具体的には、年間所得金額によって税率が7.2%から48.6%の中で推移するのが総合課税の特徴です。株の配当金を受け取る際には、配当金を受け取る時点で約20%の税金が引かれているので、実際に受け取れるのは8割程度の金額となります。例えば10万円の配当金であれば、手元に残るのは8万円です。この税金負担を軽くできるのが総合課税の仕組みです。

年間所得が330万円以下の場合

出典: https://employment.en-japan.com

例えば、年間所得が330万円以下の人については、最終的にかかる税金が7.2%で済みます。これは所得税としてかかる分の10%が全て控除されることに起因しています。住民税は本来10%徴収されますが、こちらも2.8%の減税を受けることができます。そのため、最終的な税率が7.2%に収まるのです。通常なら約20%なので、とてもお得だと言えます。

年間所得695万円以下もお得

出典: https://nanapi.jp

年間所得が330万円以上695万円以下の人の場合も、最終的に課税される税率は17.2%まで低くすることができます。これは確定申告をしないと適用されない税率であり、確定申告をしないでいるとそのまま20%分の税金が引かれることになります。だからこそ、年間所得が695万円以下の方であれば、株の取引分も含めて確定申告をすることがおすすめです。

累進課税の仕組み

出典: https://money-saver.jp

一方で総合課税の場合は累進課税が採用されるので、年間所得が695万円を超えてくると支払うべき税金が多くなっていきます。例えば、695万円以上900万円以下の場合は20.2%、900万円以上1,000万円以下の場合は30.2%、1,000万円以上1,800万円以下の場合は33.6%、1,800万円以上4,000万円以下では43.6%、それ以上だと48.6%になります。

自身の所得金額に応じて選択を

出典: http://kakaku.com

つまり、株の売却益や配当金で得た利益と通常所得金額を合わせた課税所得が695万円を超える場合は、総合課税を選択すると不利になるということです。その辺も踏まえた上で、税金の支払い方法を選択することがポイントです。年間所得が695万円を超える場合は申告分離課税を選択するのがおすすめです。そうすることで、税金を安くすることができます。

申告分離課税で申告する場合

出典: https://fpnavi.net

続いては、納税方法として申告分離課税によって確定申告を行うケースについて確認していきます。申告分離課税を選択することで、税率を一律で20%に固定することができます。年間所得が高い人にとっては、累進課税とならないので嬉しいメリットと言えます。反対に株取引を含めた年間所得が695万円に満たない人にとっては、デメリットが大きいです。

損益通算ができる

出典: https://job-q.me

申告分離課税を選択することのメリットとして、株などの取引で損失を出した場合に損益通算をできることが挙げられます。株やETF、投資信託なども含めて、売却の際の損失があった場合、損益通算をすることで節税につなげることが可能です。これは源泉徴収ありの特定口座を利用している場合に適用できる仕組みで、申告分離課税をすることのメリットです。

損益通算の仕組み

出典: https://zuuonline.com

例えば、株取引の結果として今年に40万円の損失を出して、来年に50万円の利益を上げたと仮定します。本来であれば、50万円の利益に対して約20%の税金がかけられるので、税金は10万円となります。しかし、損失を含めて確定申告をしておくことで損益通算が適用されます。50万円から40万円の損失を引いて、利益が10万円となるのが損益通算です。

申告分離課税がお得

出典: http://xn--t8j0ct60k87l1i4d.com

つまり、10万円に対して約20%の税率がかけられることになるので、翌年に支払うべき税金を2万円ほどに抑えることができます。確定申告をしていなければ10万円の税金を支払うことになるので、損失を確定申告しておくことのメリットを理解できるでしょう。つまり、株や投資信託、ETFなどで損失が出た場合は、申告分離課税で確定申告するのがお得です。

損益通算の利用には確定申告が必要

出典: https://mastory.jp

株や投資信託などの取引で損失が出た場合の損益通算に関しては、3年間の繰り越しが可能となっています。3年を過ぎて過去の損失を繰り越すことはできないので、計画的に利用していくことがポイントです。また、損益通算を利用するためには、利益が出た年も含めて毎年確定申告をすることが必要です。確定申告をしていないと利用できないので要注意です。

申告分離課税の注意点

出典: https://president.jp

申告分離課税を選択することで、デメリットが生じることもあります。配偶者控除の適用を受けている方で、株での利益や配当所得が38万円を超えている方は扶養から外れてしまうので注意が必要です。損失や利益との兼ね合いや、年間所得の兼ね合いも含めて判断することが大切です。効果的に節税できる方式を選ぶことで、利益を増やすことができます。

Thumb株の配当金にかかる税金について解説!確定申告をした方が得?

株の確定申告の仕方!必要書類を揃えよう!

必要書類も確認

出典: http://naruhodosouka.com

株で上げた利益や損失については、確定申告をすることで節税につなげるといった考え方を持っておくことも大切です。特定口座で源泉徴収ありなどの場合や、20万円以下の利益であれば確定申告が不要といったケースもあります。自身の年間所得と照らし合わせて確定申告をするか否か決断することもポイントです。確定申告をする際の必要書類も確認します。

郵送の場合に必要な書類

出典: https://yokattaweb.net

確定申告の必要書類に関しては、インターネットを利用することで効率的にそろえられる部分もあります。国税庁のWebサイトでは「確定申告書等作成コーナー」ガ用意されているので、それを利用して数値を打ち込むだけで必要書類をそろえることができます。源泉徴収表と特定口座年間取引報告書に記録されている数値を打ち込めば、郵送でも申告できます。

年間取引報告書や源泉徴収票

出典: https://biz.moneyforward.com

株式の売買を特定口座で行っている方であれば、年間取引報告書を証券会社で作成してもらうことができます。会社員の方で特定口座を利用している場合の必要書類としては、年間取引報告書と源泉徴収票、さらには印鑑の3点となります。特定口座利用者の年間取引報告書に関しては、毎年1月頃に証券会社から郵送されてくるので、それを待っておきます。

オンライン上での申告も可能

出典: https://biz.moneyforward.com

また、一定の手続きを済ませることで、オンライン上で確定申告を済ませることも可能となっています。オンライン上で確定申告を済ませるには、ICカードリーダライタと呼ばれる専用の機械を購入する必要があります。また、市役所や区役所などで事前の手続きも必要となります。時間的な余裕があれば、手続きを済ませてe-Taxで申告するのも便利です。

初めての場合や難しいと感じたら税務署で申告を!

出典: https://media.moneyforward.com

必要な手続きを済ませて必要書類を準備することで、オンライン上や郵送による確定申告を行うことができますが、もちろん税務署に直接行って確定申告を行うこともできます。税務署に行けば税理士の方に相談することもできますし、何かわからないことを聞くこともできます。特に初めて確定申告を行うという方は、税務署で確定申告をするのがおすすめです。

必要書類を準備して持参

出典: https://keiei.freee.co.jp

基本的に税務署で確定申告を行う場合も、手書きではなくパソコンを使って数値を入力していく方式に変更になっています。必要書類を準備して持参していくことで、税務署の職員に教わりながら手続きを進めることができます。会社員の方と自営業の方では必要書類も変わってきます。初めてでわからないことがあれば、事前に質問しておくのもおすすめです。

損失も適切に入力しておく

出典: https://all-in-one-investment.net

会社員の方であれば、源泉徴収票と特定口座年間取引報告書といった必要書類を手元に用意しておくことで、実際にパソコンで入力を進めていくことができます。確定申告の入力画面では、「株式等の譲渡所得等」の欄に株で上げた利益や損失について具体的に入力していきます。損失も適切に入力しておくことで、翌年以降の損益通算に活用することができます。

確認画面のチェック

出典: http://kabukabuagare.seesaa.net

基本的には年間取引報告書に記載されている数値をそのまま入力していけば問題ありません。最終的に株式などの譲渡所得等の確認画面が提示されるので、間違いがなければ次に進みます。最初に損益通算前の損失額が表示され、その後に最終的な譲渡所得が表示されます。株取引で損失が出た年には入念にチェックをして節税につなげることがポイントです。

印刷して提出

出典: http://kabu-news.blog.jp

「株式等の譲渡所得等」に入力が済んだら、源泉徴収票の内容を元に給与などを入力していきます。その後、医療費控除などがあれば入力していきます。最終的に住所などを入力して終了したら、書類を印刷して提出すれば確定申告が完了です。1度済ませてしまえば、大枠の流れはつかめます。まずは、税務署でアドバイスをもらいながら進めるのが有効です。

Thumb確定申告を郵送で行う場合の手順!必要書類や提出期限はいつ?

株の確定申告は手間がかかる!省きたい人におすすめなのは?

必要書類の確認を済ませる

出典: https://fx.kakaku.com

株の取引を行っていて、確定申告が必要な状況が発生したら必要書類などを確認しつつ、適切に手続きを進めていくことが求められます。必要書類は働き方によって変わってくる部分もあるので注意が必要です。自営業者などで青色申告などをする場合は、青色申告申請を行う必要があります。その辺の手続きも含めて、最寄りの税務署に確認するのが賢明です。

確定申告の手間を省きたい人はどうする?

出典: https://okanemamire.net

ここからは、確定申告の手間を省きたい人向けに、どのような行動が見込めるかについて解説していきます。ここまでご紹介してきたように株の確定申告については、大きな手間がかかると言って間違いではありません。それが面倒だと感じる方も多いのが実際のところです。確定申告の手間を省きたい方に向けて、効果的な対策があるので解説していきます。

「上場株式配当等受領委任契約」を結ぶ

出典: https://kabu-sonsitu.com

確定申告の手間を省きたい方であれば、源泉徴収ありの特定口座で「上場株式配当等受領委任契約」を結ぶといった方法を挙げることができます。この契約を結ぶことで、特定口座内に配当金を受け入れることができるようになります。そうすることで、確定申告をすることなくても自動で損益通算も行ってくれるのです。とても便利な方法として人気があります。

契約手続き方法は各自確認

出典: https://roupeiroblog.com

上場株式配当等受領委任契約手続きについては、証券会社ごとに方法が異なるので各自確認して手続きを進めていきたいところです。例えば、SBI証券であればログイン後の画面から、届出書の請求を行うことができます。書類が郵送されてくるので、必要事項を記入して返送すれば契約締結となります。ネット証券と店舗型の証券では手続き方法も異なります。

源泉徴収ありの特定口座が対象

出典: http://setsuzei.love

また、上場株式配当等受領委任契約を結んで確定申告の手間を省くためには、源泉徴収ありの特定口座で取引をしている方しか対象となりません。特定口座でも源泉徴収なしの方や一般口座の方は契約対象外となるので、注意しておきたいところです。まずは証券口座内で自身の取引方法を確認して、必要な手続きを進めていくことがポイントです。

上場株式配当等受領委任契約を結ばないケース

出典: https://www.bank-daiwa.co.jp

上場株式配当等受領委任契約を結んで確定申告をしないのであれば問題ありませんが、それ以外のケースで損失を出した場合は、確実に確定申告をしておくのがおすすめです。損益通算に関しては、毎年確定申告をしないと適用してもらうことができません。株の取引をしていると、利益が出る年もあれば損失出す年もあるので、節税につなげることが大切です。

確定申告をしないと不利益を被ることも

出典: https://headlines.yahoo.co.jp

手間がかかるからと言って確定申告をしないでいると、反対に不利益を被ってしまうことになるので注意しておきたいところです。本来払うべき以上の税金を支払うことになり、全体で見た時の利益も減ってしまいます。だからこそ、損失を出した時も必要書類を準備して確定申告をすることが大切です。手間ではありますが、利益も大きくすることができます。

可処分所得を増やす

出典: http://mylifemoney.jp

また、本文中でもご紹介しましたが、確定申告をする場合は申告分離課税と総合課税のどちらかを選択した上で、申告を行うことになります。年間所得金額や株で損失を出したケースなども踏まえて、自分自身にとってメリットになる方式を選ぶことがポイントです。できるだけ納税負担を減らして、可処分所得を増やすことに注力していくことがおすすめです。

株の確定申告についてまとめ

出典: https://kuguru.jp

株の確定申告について、確定申告が必要なパターンや不要なパターンも含めて具体的にご紹介してきました。20万円以下という数字や一般口座、特定口座の違いなども理解した上で、適切に確定申告を行うことがポイントです。株の取引で損失を出した場合も確定申告をするのがお得です。できるだけ効果的に節税をすることで、利益を上げることが重要です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ