家賃収入の確定申告ガイド!申告不要な場合や必要書類・税金計算を徹底解説!

家賃収入では、確定申告の不要な場合と必要な場合があります。家賃収入はいくらから確定申告が不要になるのかを把握しておく事が重要になってくるので、家賃収入の税金の計算や課税の仕組みによって申告不要になる場合を解説してきます。

家賃収入の確定申告ガイド!申告不要な場合や必要書類・税金計算を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 家賃収入でも確定申告は必要!申告が不用な場合や必要な書類・税金の計算方法を解説
  2. 家賃収入の確定申告が必要なのはいくらから?経費によって違う?
  3. 家賃収入の確定申告が不要なケースとは?サラリーマンの副業について
  4. 家賃収入で確定申告に必要な税金の計算方法と経費について
  5. 家賃収入で確定申告を行うために必要な書類とやり方
  6. 家賃収入でも確定申告を忘れずに!

家賃収入でも確定申告は必要!申告が不用な場合や必要な書類・税金の計算方法を解説

出典: https://fudousan-kyokasho.com

家賃収入では確定申告が不要な印象を持っている方が多いですが、家賃収入でも「いくらから」かによって確定申告が必要な場合が左右されます。しかし、確定申告が不要な場合もあり、その場合では家賃収入の課税金額に左右されてきます。そこで、不動産収入の税金の計算方法やいくらからの金額が確定申告は必要なのか、また、いくらから確定申告が不要なのかを解説していきながら、確定申告に必要な書類にも触れてご紹介してきます。

家賃収入の確定申告が必要なのはいくらから?経費によって違う?

確定申告とは

出典: http://midori-hp.or.jp

確定申告は、日本の租税に関する事をいいます。この租税がかかる期間は、年1月1日から12月31日までの期間中に、収入・支出などを計算して翌年の2月16日から3月15日の間に申告・納税をする事になります。一般に確定申告では、個人納税者の所得税の申告手続きをする事が多いので、サラリーマンの方などは認識が低いのですが、医療費控除や住宅ローンなどの税金の還付を申請する場合には確定申告が必要になってきます。

家賃収入の確定申告が必要なのはいくらから?

出典: https://crea-lp.com

基本的に、収入元が1つではない場合においては確定申告だという認識が必要です。具体的な例を挙げると、サラリーマンのような会社員の方が副業をしている場合などです。しかし、副業として収入を得ているサラリーマンでも確定申告が必要になる場合には収入の金額がいくらからかかるのかが定められています。実際に確定申告が必要になる金額はいくらからなのかというと、給与以外の所得合計額が20万円を超える場合です。

家賃収入の確定申告はかかった必要経費によって違う

出典: https://nanairo.jp

給与所得以外の収入合計が20万を超える場合には確定申告が必要にはなりますが、個人事業主と同じように、実際には必要経費を控除します。もし、家賃収入が300万だった場合では家賃収入としてそのまま税金がかかるのではありません。家賃収入を得るために必要になった経費として、立て替えなどに280万かかった場合には税金はいくらからかかるのかとの内容で解説した20万を超える金額ではないので、確定申告の必要は無いと判断出来ます。

確定申告をしないとどうなるの?

出典: https://eikaiwa-highway.com

前述したとおり、3月15日までが確定申告の期限となっています。そこで、3月15日までに確定申告をしない場合には申告漏れによってペナルティが課せられます。ペナルティ要件は、「無申告加算税が発生する」または「延滞税が発生する」などこの二つのケースがあります。無申告加算税は、納付する必要がある本税に対し加算されます。原則、納付する必要がある税額に対し、50万までは15%と50万を超える部分には20%の割合で計算されます。

出典: https://www.saimubengo.com

延滞税は、原則納付期限を過ぎた翌日から納付するまでの日数に応じて利息が発生します。そこで、利息の計算では、利率が納期限の翌日から2月を経過する日までの日数に応じて利率は異なります。納期限の翌日から2月を経過するまでの利率は年「7.3%」と「特例基準割合+1%」です。そして、納期限の翌日から2月を経過する日の翌日以降では「年4.6%」と「特例基準割合+7.3%」となります。

申告額が少ない場合はどうなる?

出典: https://manetatsu.com

前述した内容とは違い、家賃収入で確定申告をした場合でもペナルティが課せられます。それは、確定申告によって完納したつもりでも、税金を過少に申告したことによって課せられるペナルティです。この場合では、税務調査で指摘後に本来納める必要がある税金に10%の利率として税金が賦課されます。逆に税務調査によって指摘される前に自分で気付いて修正申告をするとペナルティは課せられないという事です。

Thumb確定申告をしないとどうなる?バレた場合のペナルティもリサーチ!

家賃収入の確定申告が不要なケースとは?サラリーマンの副業について

家賃収入の確定申告が不要なケースとは?

出典: http://alan-rounin.hatenablog.com

前述で解説した内容では、「いくらから確定申告が必要になるか」というと、副収入が20万円未満であれば確定申告が必要ないのです。しかし、他にも要件次第で確定申告が不要になる場合もあります。他に確定申告が不要な場合は3つあり、「事業などにおける所得が38万円以下」「会社から年末調整を受けている」「公的年金400万円以下で源泉徴収を受けている」などの3つのケースがあります。

サラリーマンが副業で20万以上の家賃収入がある場合

出典: https://seikatsu-hyakka.com

ここまでの解説では確定申告に必要な要件をまとめて、具体例を挙げます。具体例としては、サラリーマンが副業で20万円以上の家賃収入がある場合です。この状態では家賃収入が別所得の総額が20万円を超えた場合に確定申告が必要になるので、確定申告の期限内までに申告する必要があります。また、この場合には確定申告の対象外である年末調整を会社が実施するという状態ではありません。したがって、確定申告が必須という事になります。

家賃収入20万円以下で年収2000円を超える場合

出典: https://www.mag2.com

前述した解説では、家賃収入が20万円以上だと家賃収入の確定申告が必要でした。しかし、家賃収入が20万円以下でも、いくらから確定申告が必要になるのかは年収に左右されます。大半のサラリーマンでは確定申告が不要となりますが、いくらからの年収で家賃収入の確定申告が必要になるのかは、年収2000万円を超えるサラリーマンです。年収2000万を超えると年末調整が実施されないので、確定申告の義務が生じてきます。

家賃収入が20万以下でも確定申告をしたほうがいい場合がある

出典: https://zuuonline.com

確定申告はいくらからかかるのかといった内容では、所得合計が20万円以下であれば確定申告が必要無い事は分かりました。しかし、確定申告はマイナスのイメージが多いですが、逆に確定申告をする事で得をする場合も有ります。それはなぜかというと、不要な税金を支払っている場合があるからです。たとえ副収入が無いサラリーマンでも、保険金や災害などの不測な事態があるので、その場合には不要な税金を最小限に押さえる事が可能です。

家賃収入が赤字になった場合では節税対策

出典: https://sirabee.com

家賃収入で赤字になった場合には確定申告は不要になりますが、家賃収入は総合課税になるので、確定申告をする事でサラリーマンのような会社員の方である場合には節税になる事があります。総合課税とは、サラリーマンのような会社員では家賃収入以外にも所得が発生しています。そのため、このような場合には所得(給与)から所得合計を計算する事になるので、総合所得にかかる税金を下げる事が可能です。

還付申告という制度

出典: https://keiei.freee.co.jp

確定申告をする必要が無いサラリーマンなどの方でも、年の途中で退職をする事があります。このような場合には、年末調整を実施していない事が原因で不要な税金を納めている事があります。したがって、サラリーマンの途中退職で不要な税金が出る問題に対処するために、不要な税金の還付を受ける事が可能な「還付申告」という制度があります。

家賃収入で住宅ローン控除は受けられる?

出典: https://www.jibunbank.co.jp

不動産所有の場合では、「住宅ローンの控除を受ける事が可能なのでは?」といった疑問が生じますが、家賃収入が発生している場合には適用されません。なぜなら、住宅ローン控除の内容では、「住宅借入金特別控除」と呼ばれており、住宅ローンを組んで購入して一定の時期までに住居した際においては、控除の条件が満たされる仕組みになっているからです。

家賃収入で確定申告に必要な税金の計算方法と経費について

不動産所得の計算方法

出典: https://www.freee.co.jp

不動産所得は、不動産収入と必要経費によって計算します。ここで、家賃収入と不動産収入とは区別する必要があるので、注意しましょう。不動産所得は解説した通り、不動産収入から必要経費で算出しますが、家賃収入では、不動産所得に対して課税された金額が家賃収入という形になります。必要経費が多い場合には、家賃収入は減少してしまいますが、その分不動産所得に比例して課税も減少するという事になります。

家賃収入にかかる経費

出典: https://www.smbc-card.com

家賃収入に必要な経費によって不動産所得に必要な確定申告が必要になるのか、または確定申告が必要ではないのかがわかれるので確実に把握している必要があります。そこで、不動産所得に必要な経費は全部で3つ挙げます。必要経費とは「管理費」「修繕積立費」「修繕費用」です。この3つは不動産の「維持」に必要な費用という事で覚えておくと覚えやすいです。

所得×税率で控除額

出典: https://www.suumocounter.jp

控除額は課税所得金額と税率によって定めがあるので、課税所得金額と税率によって異なります。流れとしては、課税所得金額を求めた後に税率を掛ける事で控除額はいくらになるのかが分かります。控除額は早見表があるので、早見表を活用すると分かりやすいです。課税所得金額がこの場合重要になるので、具体例で解説します。もし給与所得が700万円ある場合に不動産所得200万円あるとします。

出典: https://incomlab.jp

この場合では、給与所得の700万円に不動産所得の200万円を加算し、最後に各種所得控除金額を差し引く事で控除額の算出が可能です。早見表の活用によって、税金の利率も計算することが出来ます。したがって、実際にいくらから利率が変わるのかを計算して、課税額を知る事で今後の税金について考える際の大きな力になります。

家賃収入にも消費税がかかる場合がある

出典: https://keiei.freee.co.jp

家賃収入では、消費税の印象がありませんが、建物が「居住用あるいは非居住用」の基準で消費税がかかる場合が区分されます。区分には注意する必要があり、アパートやマンションでは非課税取引なので、消費税はかからないことになります。しかし、貸店舗や貸倉庫など事業用に使用される家賃収入に関しては課税取引という事で、この場合では消費税の対象となるので、家賃収入を得る目的で不動産を所有する際には気を付ける事が大切です。

確定申告の方法は2種類ある

出典: https://fr-strategy.jp

確定申告は申告方法が2種類あり、白色申告と青色申告があります。イメージをすると、白色申告は一般に利用されている簡易版と青色申告は節税効果がありますが、白色申告の場合とは違い複雑な書類の作成が必要になってくるので少々難易度が上がります。なぜなら、白色申告では「単式簿記」で書類を作成しますが、青色申告では「複式簿記」の書類の作成になるからです。しかし、面倒でも節税の効果があるので、青色申告を利用する方もいます。

家賃収入の確定申告を青色申告でする場合

出典: https://internet.watch.impress.co.jp

家賃収入を青色申告で実施する場合では、所得控除額が増えたり、必要経費の科目が増えるなどのメリットがありまます。具体的に、青色申告のメリットを5つ挙げます。「青色申告特別控除」「専従者給与控除」「赤字の繰越」「小額減価償資産の特例」「貸倒損失の計上」これら5つです。しかし、これらの特典を受けるためには、不動産の事業規模など貸付規模が要件として必要になってくるので、要件に当てはまるのか確認する必要があります。

Thumb家賃収入に税金はどれくらいかかる?計算方法や節税対策を解説!

家賃収入で確定申告を行うために必要な書類とやり方

確定申告書B

出典: https://zuuonline.com

確定申告書にはA,Bと申告内容によって必要書類を区別します。Aでは、所得の種類が雑所得や配当所得のような一時所得の場合での必要書類です。今回は家賃収入となりますので、Aとは違い、Bが必要書類です。Bの必要書類では、Aの必要書類と違い、申告項目が多いのが特徴で、所得の種類に関わらず使用出来る確定申告の必要書類です。基本的には、Aでは予定納税額が無い人向けとなっているので、使い分ける必要が出てくる場合があります。

源泉徴収票

出典: https://netde-kasegu.site

源泉徴収票は会社に勤めている方などが利用します。源泉徴収票は、会社では従業員から給与や報酬から税金を差し引いて納税を実施する義務があります。そこで、源泉徴収票として、会社が社員に源泉徴収票として交付しなければならないという定めがあるので、会社員の方は受け取っているわけです。しかし、個人事業主の方では会社員のように源泉徴収票は交付されない場合があり、確定申告のために源泉徴収票を受け取る必要があります。

所得税青色申告済書

出典: https://biz-owner.net

確定申告の際での必要書類は、青色申告の場合に所得税青色申告決済書を作成する必要が有ります。この青色申告決済書は家賃収入の場合では不動産用の青色申告決済書となるので、気をつける必要があります。不動産用では、通常の青色申告決済書とは違い、不動産所得用でしか記載が無い項目があります。なので、通常の青色申告決済書と誤って作成した場合には二度手間になってしまいます。

不動産売買契約書

出典: https://www.nta.go.jp

家賃収入での確定申告が必要な場合では、必要書類は不動産売買契約書も準備する必要があります。不動産売買契約書は不動産へ不動産売買契約書を交付してもらえるので、問い合わせによって入手できます。

不動産収支内訳書

出典: https://biz.moneyforward.com

家賃収入によって確定申告が必要な場合では、必要書類が不動産収支内訳書といった書類があります。不動産収支内訳書は国税庁のホームページで作成が可能で、作成方法なども国税庁のホームページで確認する事が出来ます。作成の前にはPDFファイルでダウンロードをして、ダウンロード後には印刷する流れになります。

確定申告は税理士か納税者本人のみ

出典: http://takepamyu-hill.com

もし、確定申告を代理として家族や友人に代理として確定申告を頼んだ場合には、違法となります。なぜなら、確定申告は税理士か納税者本人しか実施してはならないと、税理士法で定められているからです。確定申告は税理の専門業務となるので、資格を持った方でないと法律で罰せられる可能性があります。

確定申告の書類を提出する場合

出典: http://sacco.area9.jp

基本的に確定申告の代理では納税者本人か税理士と定められています。しかし、配偶者や家族である場合には納税者の代わりで提出に来たと税務職員に判断される事で、確定申告の必要書類を提出する事が可能なようです。ここで注意しなければならないのは、あくまで税理士か納税者本人が確定申告書の書類を提出しなければなりません。したがって、代理で確定申告をしていると判断された場合では受理されない事があるという事です。

確定申告書類の提出方法

出典: https://medipo.hmup.jp

確定申告書類の提出は、税務署へ持参する事以外にも提出方法があるという事を知っておく必要があります。その他の提出方法は、「確定申告書類を税務署へ郵送」する方法、そして次に「インターネットから確定申告」。この2つが確定申告書類の提出方法です。一般的には税務署へ確定申告書類の持参する方が多いようですが、税務署へ持参する方法では時間がかかってしまうので、その他の方法も知っておいた方が良いです。

確定申告のやり方を再確認しておこう

ここで、確定申告のやり方の再確認をしておきましょう。家賃収入の場合では、必要書類が青色申告決済書や不動産売買契約書など通常の必要書類とは違うので、注意して確定申告をする必要があります。必要書類は個人で準備する書類と業者間で必要にある場合があるので、確定申告において必要準備する書類は再確認をしながら準備していきましょう。

出典: https://finte-x.jp

確定申告書の書類提出の際には提出方法が一般の認識とは違い、様々あるので自分の都合によって他の提出方法を実施してみることはサラリーマンで時間が無い方は時間の短縮に繋がります。また、書類の作成する際には、国税庁のホームページで書き方や書類の作成に必要なデータが入手可能なので、チェックしておくと焦らずに済みます。

Thumb確定申告を郵送で行う場合の手順!必要書類や提出期限はいつ?

家賃収入でも確定申告を忘れずに!

出典: https://sawachin.com

家賃収入の場合では確定申告をするといった印象や、家賃収入を日常で確認する事が無い場合があります。なので、家賃収入で確定申告が「必要な金額はいくらから」または、不動産所得では必要経費などがあるので、「課税の金額」が変動します。家賃収入ではこのような場合があるので、忘れてしまう可能性がありますが、今回の解説で延滞税や無申告加算税などのぺナルティが発生してしまいますので、気を付ける必要があります。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ