株の配当金にかかる税金について解説!確定申告をした方が得?

株の配当金にも税金がかかってきます。株の配当金にかかる税金は基本的に源泉徴収されており確定申告は不要となっています。ただし税金を確定申告で計算し直し税金の還付を受ける事もできます。今回はそんな税金の還付について詳しく解説していきます。

株の配当金にかかる税金について解説!確定申告をした方が得?のイメージ

目次

  1. 株の配当金で税金の税率や確定申告について気になるところ
  2. 株の配当金に税金はかかる?税率は?
  3. 株の配当金にかかる税金の配当控除とは?
  4. 株の配当金の税金は確定申告で還付を受けられる?
  5. 株の配当金の税金を計算して有利になる方法は?
  6. 株の配当金の税金はNISAの場合は?
  7. 株の配当金の税金と確定申告についてまとめ

株の配当金で税金の税率や確定申告について気になるところ

出典: https://kabushosin.net

株の配当金で利益が出た時に税金を支払う義務はあります。ただし株の取引をしている場合、売買毎に税金は源泉徴収されます。なので改めて確定申告をする必要はないのですが、確定申告をすると配当控除され税金の還付を受けたり、株式の損失での損益通算ができるようになります。そんな株での配当金にかかる税金の確定申告について解説していきます。

Thumb株で配当金生活を実現する方法とは?銘柄の選び方や必要な金額まで徹底解説!

株の配当金に税金はかかる?税率は?

出典: https://mastory.jp

株の配当金にも税金がかかります。基本的には源泉徴収されているので確定申告は必要ありません。株での配当金計算に必要な税率は20%ですが、確定申告をすると配当控除や損益通算によって株の配当金にかかる税金の還付を受ける事ができます。ただし配当控除か損益通算のどちらかを一つしか選ぶ事ができないので特に注意して計算するようにします。

国税と地方税を選択できる

出典: https://zuuonline.com

配当金の課税方式には国税で収める方法と地方税で収める方法があり、国税として配当金の所得で収める方法は総合課税となります。一方、地方税として配当金所得税金を納める場合は申告不要制度を利用する事となります。もちろん国税も地方税も選択次第ではメリットを受ける場合とデメリットを被るケースもありますので、これらをこれから記していきます。

法律としての基本姿勢は確定申告

出典: https://news.goo.ne.jp

メリットやデメリットはさて置き、日本の法律としての基本姿勢は確定申告をして税金を申告納税べきとなっています。ゆえに株式での配当金についても確定申告する事が努力義務とされており、そういった意味でも株式の確定申告はした方がいいともさえ言えます。もちろん確定申告をする事によってデメリットを被る場合にはその限りではないとも言えます。

そもそも株式での配当金とは?

出典: https://minnkane.com

株式を保有している企業から生み出された利益を株主に再分配する方法が配当金となります。配当金は一株毎に決められいる事が通例であり、仮に4円の株を100株保有していると株主に分売される配当金は400円となります。もちろんこの400円に課税されているのが配当金への税金となるわけです。これらを計算し直すのが配当金での確定申告となります。

株での配当金は貯金の利息と同じ扱い

出典: https://www.freee.co.jp

株での配当金には貯金の利息と同じく所得と認められ、課税対象とされています。もちろん一回毎の取引によって生じた売買益による配当金全てに税金は課されます。詳しくは後述しますが、NISA口座などの特別な場合を除き、特定口座のトータル損益によっては申告分離課税という確定申告方法を使った方がベターな場合も存在しますので注意しておきます。

株式配当金に対しての税金の支払い方法

出典: https://www.freee.co.jp

株式配当金は確定申告が基本ですが、株式取引をしている方は多く存在しており、様々な考え方を持つ個人全員に株売買での配当金に対して確定申告を行えと求める事は現実的ではありません。そういった意味でも株式取引で生じた配当金に対して源泉徴収の税率である20%をかけて一律源泉徴収分する事で税金の徴収漏れを防いでいるというわけなのです。

配当金にかかる税金の源泉徴収とは?

出典: https://zuuonline.com

源泉徴収は給与などから引かれる源泉徴収額と同じものとなります。つまり収入の源泉から徴収する税金の事で個人が企業に勤めてもらう給与も年末に調整されるように配当金にかかる税金もまた調整が必要となるのです。ゆえに配当金の確定申告を行い、配当金にかかる税金を調整するのが確定申告による税金の調整、総合課税と申告分離課税となるわけです。

実は源泉徴収では税金の二重どりの可能性も

出典: https://ukano.me

先にも記した通りに株式取引を行う場合、売買によって生じた所得である配当金に対しての源泉徴収の税率である20%を源泉徴収されます。実はこの源泉徴収分の税金は重課税の可能性があります。なので源泉徴収された税金を確定申告によって計算し直す総合課税と申告分離課税という、どちらかの申告方法を選ぶ事で税金の還付を受けられる事ができます。

株の配当金は所得税や住民税が源泉徴収される?

出典: https://mastory.jp

株の配当金にかかる税率20%の内、上場株式での配当金にかかる税金は所得税が15.315%となり、住民税が5%となります。一方、非上場株式での配当金にかかる税金の内訳は所得税である源泉徴収税率は所得税のみの20.42%となります。もちろん上場企業での配当金にかかる税金も非上場企業での配当金にかかる税金も源泉徴収されますので覚えておきます。

上場株式の配当金は申告不要が選択できる?

出典: https://zuuonline.com

上場企業での株式売買によって得る配当金は基本的に源泉徴収されます。なので確定申告を申告不要とするか、或いは確定申告するかは売買を行う本人によって選択ができます。ただし確定申告を申告不要とする場合、配当控除や損益通算による税金の還付が受けられない事となるので、課税所得金額が低い場合には、ともすれば損をする可能性があります。

非上場株式でも少額配当なら申告不要?

出典: https://allabout.co.jp

非上場企業での少額配当ならば配当金にかかる税金に対しての確定申告を申告不要とする事ができます。ただし少額配当での配当金にかかる税金を申告不要にしても住民税は特別徴収が行われず、総合課税の対象となりますので覚えておきます。無論、確定申告の申告不要を選択しても配当控除や損益通算による税金の還付が受けられませんので加えて注意します。

大口個人株主となると税金の確定申告が必要

出典: https://cryptocurrency-to-win.com

配当金にかかる源泉徴収での税金徴収は大口株主にもかかってきます。大口個人株主とは上場株式等の配当金を日本の法人から支払を受ける支払基準日において発行済み株式の3%以上の株式を保有する個人株主を言います。そんな大口株主はその保有量の多さや配当金の多さから源泉徴収分だけでは税金を徴収しきれないので確定申告が義務づけられています。

大口個人株主に認められた税金の確定申告方法

出典: https://life.mattoco.jp

大口株主には基本的に確定申告は必須となりますが、少額配当での所得税だけは申告不要を選択できる権利があります。少額配当とは10万円に配当計算期間の月数をかけて1年で割って計算した金額以下での1銘柄につき一回に支払を受ける金額となります。この金額以下であれば申告不要となります。ただし住民税に関しては確定申告する必要があります。

確定申告をする事で税金を得をする場合

出典: https://keiei.freee.co.jp

株式の配当金控除を確定申告によって計算し直す場合、配当金を含めた課税所得額が695万円以下の方は総合課税を選ぶと税金の還付を受けられます。加えて配偶者控除などの適用を受けている方で株式での所得しかない場合には38万円以下の方がメリットを享受できます。そうして申告分離課税の場合は株などで売却損がある方が税金の還付を受けられます。

株の配当金にかかる税金の配当控除とは?

出典: https://money.rakuten.co.jp

株式の配当金にかかる税金での二重課税を防ぐ為に配当控除という制度が設けられています。つまり配当控除とは法人税課税後の所得を原資として株主に分配される株式の配当金での所得税の二重課税を調整する為の税金還付制度となります。もちろん配当控除を受ける為には確定申告の必要性があり、確定申告をするメリットはここにあるとも言えます。

株の配当金の配当控除とは?

出典: https://curosan.com

先にも記しましたが、株式の配当金とは、そもそも企業が出した利益の分配です。この時点で配当金とは企業から法人税として徴収した税金が引かれたものとなります。そうして税金を引かれたものを分配するのが配当金となり、そこで再び所得税を徴収するとなると税金の二重取りとなるわけです。そこで調整する為の制度が税金の配当控除となります。

より具体的な配当控除という制度の内訳

出典: https://biz.moneyforward.com

株の配当控除という制度は源泉徴収の税率である20%の内訳である所得税15%と住民税5%を軽くしようという措置になります。具体的には給与と配当金を併せた所得金額が695万円以下の方は配当控除を受ける事により税金の還付がなされます。仮に確定申告を行わずに源泉徴収の税率で徴収されたままにしておくと税率が20%のままとなり損をします。

配当控除を受ける場合の税金のメリット

出典: http://www.naminori-toushi.com

配当控除とは一回の配当金にかかる税金を確定申告により計算し直して還付してもらう方法です。何故、確定申告を行い配当控除を受ける為に税金を計算し直す必要性があるのかと言えば源泉徴収の税率が一律20%に対して所得税の課税額が少額になればなるほど税金の税率が下がってゆくからです。最大13%もの税金の還付が受けられる場合もあります。

配当控除の内訳である配当控除率

出典: https://media.rakuten-sec.net

株式配当控除率は課税所得額が1000万円以下の場合は10%となっています。一方、地方税である住民税を見てみると課税所得額が1000万円以下の場合は配当控除率が2.8%となっています。これらの配当控除率を計算して総合課税を選び、配当控除を得るべきなのか、或いは申告不要制度を選び、源泉徴収分である税率20%を選ぶべきか選択すると良いです。

配当控除の適用を受けるには確定申告が必要?

出典: https://dividend-increase-ideco.com

株式での配当金の配当金控除を受けたい場合、確定申告は必須となります。株式売買での配当金にかかる税金は基本的に源泉徴収されますので確定申告は必要ありません。ただし源泉徴収のみによっての税金の支払いで済ませておくと所得税の二重課税の可能性があり、税金を多く納めてしまう事にもなりかねないので配当金での確定申告は必須とも言えます。

配当控除は確定申告するといくらに?

出典: https://asset-campus-oag.com

確定申告の方法は二つあります。一つは総合課税と言い、一回毎の配当金の確定申告をする方法で、もう一つは申告分離課税となり、年間の配当金の全額を計算する方法です。いくらくらい安くなるとは一概には言えませんが源泉徴収の税率が20%に対して195万円以下の配当金しか受け取っていないならば一回の配当金にかかる税率は7.2%となっています。

確定申告して配当控除の適用を受ける注意点は?

出典: https://www.poetryscams.com

株式の確定申告を行う上での注意点はNISAの非課税口座で株の取引をした場合、基本的に株式配当金などは非課税となり、確定申告をしても変わりません。もちろんNISA自体、株の取引額が少額となるので株式取引での源泉徴収もされる事もなく、確定申告もまた必要がない株式取引の方法となります。加えて外国株式での取引でも確定申告は必要ありません。

株の配当金の税金は確定申告で還付を受けられる?

出典: https://fin-yahoo.zaitsu-labs.com

株の配当金には一律20%の税金がかかっている事は先にも記しました。その20%の税率では重課税の可能性が多々あり、この重課税分を確定申告をする事によって税金を還付させる事ができます。もちろん総合課税でも申告分離課税でも得をする場合と損をする場合があるので特に注意して株式での配当金に対しての確定申告を行うのが賢いやり方です。

確定申告で源泉徴収分から還付が受けられる?

出典: https://jin-plus.com

源泉徴収の税率は一律20%で確定申告によって税金を計算し直す事で源泉徴収分から税金を還付させられる事は上記の通りです。何故ならば源泉徴収の税率である20%には15%の所得税と5%の住民税が含まれており、これらの所得税と住民税は課税所得額によって税率が上下するものなので、一律20%では実は税率が高かった場合が存在するからなのです。

確定申告の税金メリットを受ける為の要否例

出典: https://mastory.jp

株の配当金に対する確定申告の要否を判断するには配当控除を加味した所得税率と源泉徴収による税率を比べて配当控除を加味した所得税率の方が低い場合には確定申告が必要と言えます。逆に源泉徴収による税率の方が低い場合には申告不要制度を選んだ方が節税となります。一般的には課税所得額が900万円以下ならば確定申告は必要となってきます。

株配当金の税金還付を受けられないケース

出典: https://zuuonline.com

株の配当金控除を受ける場合、外国株式やJ-REITなどの配当金については配当金控除制度を適用して税金の還付を受ける事はできません。ゆえに国内株式での配当金についてのみの適用となります。ここで注意せねばならないのが申告分離課税での確定申告をした場合も配当金の配当控除を受ける事ができません。申告分離課税は損益通算による還付になります。

確定申告で選択できる総合課税とは?

出典: https://allabout.co.jp

株式取引での確定申告の方法である総合課税は一回毎の株式売買での配当金に対する配当控除を受ける為の申告方法です。主に株式売買で利益が上がっており、尚かつ一回の株式売買での取引額が小さい方におすすめできる確定申告方法となります。具体的には配当金を含めた課税所得が695万円以下の方は株での配当金控除で税金の還付を受ける事ができます。

総合課税での確定申告をする場合の注意点

出典: https://daily-ands.jp

所得税は一般的に超累進課税な税金となっており、所得が多くなればなるほどに税率があがってゆく課税方法となります。つまり所得が低い場合には税率も下がってゆくのですから一律20%が課される源泉徴収では税金が高くなるのです。ただし注意せねばならないのが配当金を含めた所得額に税率区分が変わる場合もあるので精査しておく必要性があります。

確定申告で選択できる申告分離課税とは?

出典: https://moneygement.net

申告分離課税は、その名の通り申告する区分を分離して税金を収める方法を言います。つまりこの意味から配当金での税金支払いに限ってで言えば申告分離課税での確定申告は配当金だけ総所得から分離して配当金のみでの税金税率の計算方法となるわけです。無論、配当金だけの所得を合算して税金を計算するわけですから損益通算が使えるようになるわけです。

具体的な申告分離課税という税金の確定申告

出典: https://insurance.rakuten.co.jp

申告分離課税は損益通算での税金還付を受ける為の申告方法となります。総合課税が一回毎の株式売買での取引に対しての配当控除を受けるのに対して、申告分離課税は年間を通じての配当金全額での税金を計算し直す確定申告の方法となります。主に株やETF、株式投資信託による売却損がある方が確定申告で損益通算を選び計算し直し税金還付を受けられます。

より詳しく損益通算を見てみると

出典: https://biz.moneyforward.com

申告分離課税では損益通算が可能であり、株式譲渡損失も含めて全ての売買損益によって収める税金の額を決めます。つまり一回の取引で売買益が出ていてもトータル的にマイナスの場合、申告分離課税で確定申告する事によって損益通算で計算し直し、収める税金が安くなるという仕組みになっています。もちろん収支がプラスのケースはその限りでありません。

税金の税率に影響がない申告不要制度

出典: https://tsumitate.builders

基本的に配当金の税金は株式での配当金を受け取る際に必ず源泉徴収されています。その為、申告不要制度を利用するというよりは多くの方は知らず知らずに申告不要制度を利用していると言えます。もちろん申告不要制度にもメリットはあり、課税所得額が多い方は、むしろ確定申告をせずに申告不要制度を利用した方が税金が安くなる可能性があります。

所得額が1000万円を超えると税金が上がる

出典: https://all-in-one-investment.net

配当金と課税所得額を合算して1000万円を超えると申告不要制度を利用した方が税金は安く済みます。具体的には確定申告で総合課税を選んだ場合、課税所得額が1000万円を超える場合、株式での配当金に対する税率は33%となってしまいます。ゆえに申告不要制度を選ぶか、或いは株式で損をしているのならば申告分離課税を選ぶとよいと言えます。

大口株主や非上場株式の場合は?

出典: https://mofuu.net

大口株主や非上場株式での配当金を受ける場合は確定申告は必須となります。ゆえに確定申告の申告不要を選択する事は出来ず、確定申告の方法も総合課税一択となります。その場合は株式での配当金には確定申告が必須ですので、当然、税金の還付もありません。言うまでもありませんが、NISAもまた非課税という性質上、確定申告の必要性がありません。

株の配当金の税金を計算して有利になる方法は?

出典: https://kabu-maga.com

確定申告により税金を計算し直して税金の還付を受けられる場合と逆に計算し直すと税金が高くなってしまう場合があります。詳しくは後述しますが、一般的には総合課税での申告方法では少額の利益が出ている場合、申告分離課税では株やETFなどによって売却損がある方が確定申告によって税金を計算し直すと税金の還付がなされるとされています。

株の配当金の所得税の場合は?

出典: https://assetrip.com

株の配当金に対しての配当控除は所得税に課税される額によって税率が変わってきます。課税所得金額が1000万円以下の場合、配当控除の控除率は10%と定められており、逆に課税所得金額が1000万円を超える場合、控除率は5%と定められています。ゆえに課税所得金額が330万円以下では所得税が0%になるという事態も起こりえてくるのです。

株の配当金の住民税の場合は?

出典: http://money-magazine.org

次に株式の配当金にかかる住民税に対しての配当控除の控除率は課税所得金額が1000万円以下の場合は2.8%と定められており、1000万円を超える場合は1.4%と定められています。ゆえに所得税と住民税を合算して課税所得金額が1000万円以下の場合は株式での配当金の確定申告をする事によって最大7.4%もの税金の還付が受けられる計算になります。

課税方法の選択の注意点は?

出典: https://www.tantonet.jp

基本的に配当金控除を受ける場合には課税方法の選択はできません。上記の通り、株式での配当金には所得税と住民税を合算して税率が決まり、税金の額も決まるからです。無論、確定申告をした場合でも課税所得金額が695万円を超える方は源泉徴収の税率である20%で配当金の配当税率を決めて税金を払った方がいい場合も存在しますので注意します。

株の配当金の税金はNISAの場合は?

出典: https://money-lifehack.com

NISA口座で保有している株は基本的には非課税となります。もちろん非課税という事は配当控除を受け税金還付の為に確定申告の必要もないのですが、いくらNISAが非課税と言っても配当金の受け取り方によって配当金が非課税にならない場合もあります。そんなNISAでの配当金控除や確定申告の必要性などを詳しく解説していきますので覚えておきます。

株の配当金がNISAは非課税?

出典: https://www.smbcnikko.co.jp

基本的にNISAでの配当金受け取りは非課税と考えている方が多く見られます。もちろん間違いではないのですが、NISAでの配当金受け取り方法を株式数比例分配方式にしておかないと、いくらNISAでも株の配当金に税金がかかってきます。その税率は20%となっており、せっかくのNISA口座での株取引のメリットがまったくなくなってしまいます。

株の配当金の非課税になる受け取り方法は?

出典: https://zuuonline.com

NISA口座での株式配当金を非課税にする為の受け取り方法である数比例分配方式を選びましょう。数比例分配方式を選択しておくと株式売買のベーシックな口座である特定口座で生じた譲渡損失からマイナスされ自動的に株式損益が計算されます。そうしてNISAでの非課税分が、特定口座の損失を埋めてくれるというメリットを享受できる事となります。

株の配当金の受け取り方法の確認を

出典: https://media.rakuten-sec.net

先にも記しましたが、NISA口座での株取引を行い配当金に対して非課税でいきたい場合は株式数比例分配方式にしておかないといけません。株式数比例分配方式を選択すると銀行に入金されたり、配当金が郵送されてくる事はありません。売買をした株式に応じた配当金がNISA口座を開設している証券会社の口座へと入金されますので注意しておきます。

NISAで課税される受け取り方法

出典: https://nisakabu.com

株式数比例分配方式以外のNISAでの配当金受け取り方法は登録配当金受領方式や個別銘柄指定方式、そして配当金受領証方式となります。それぞれにそれぞれのメリットがありますが、配当金にかかるかかる税金に限って考えれば、やはり株式数比例分配方式が一番のメリットがあると言えるでしょう。なおNISAにおける売買益は全てが非課税となります。

NISAにおける株式数比例分配方式

出典: https://www.fincy.jp

受け取り方法の中で株式数比例分配方式とそれ以外との違いとは結局受け取り方の違いだと考える方も多くおられます。もちろんNISAのように少額での株式売買をしている方にとっては株式数比例分配方式とそれ以外では配当金の受け取り方法の違いでしかないとも言えます。なのでより税金を節約したいならば株式数比例分配方式を選ぶと良いかと思います。

株の配当金の税金と確定申告についてまとめ

出典: https://luctinfund.jp

株式配当金の税金は基本的に源泉徴収によって一律20%が税金として徴収されます。ただしこの源泉徴収の税率は重課税なり、確定申告をする事によって税金の還付を受ける事ができます。もちろん非課税対象であるNISAに関しても受け取り方法に注意しておかないと税金を余計に払ってしまうハメになります。今回はそんな配当控除の一助になれば幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ