プリペイド式クレジットカードとは?違いを比較!チャージで使い方簡単!

プリペイド式クレジットカードを持ってはいるが使い方が分からない、という方も多いはずです。そこでクレジットカードやデビットカードとの違いやチャージ方法、ブランドの種類、メリット・デメリットなどプリペイド式クレジットカードの不明点について詳しく解説します。

プリペイド式クレジットカードとは?違いを比較!チャージで使い方簡単!のイメージ

目次

  1. プリペイドカードとその他カードとの違いとは
  2. プリペイドカードとクレジットカードの比較
  3. プリペイドカードとデビットカードとの比較
  4. プリペイドカードと電子マネーカードの比較
  5. チャージ方法その1:店頭でチャージ
  6. チャージ方法その2:携帯電話料金の決済としてチャージ
  7. チャージ方法その3:クレジットカードでチャージ
  8. チャージ方法その4:キャッシュカードでチャージ
  9. プリペイド式クレジットカードのメリットとは
  10. プリペイド式クレジットカードのメリット1:審査が不要
  11. プリペイド式クレジットカードのメリット2:すぐに使える
  12. プリペイド式クレジットカードのメリット3:海外で使える
  13. プリペイド式クレジットカードのメリット4:使い過ぎない
  14. プリペイド式クレジットカードデメリット1:前払いをする
  15. プリペイド式クレジットカードのデメリット2:借入不可
  16. プリペイド式クレジットカードのデメリット3:支払いは一括
  17. プリペイド式クレジットカードにもブランドの種類がある
  18. プリペイド式クレジットカードのブランド種類:VISA
  19. プリペイド式クレジットカードのブランド種類:MasterCard
  20. プリペイド式クレジットカードのブランド種類:JCB
  21. 使い方簡単なプリペイド式クレジットカードを活用しよう

プリペイドカードとその他カードとの違いとは

30605144 137698653616166 976201046533603328 n
marry.223さんの投稿

プリペイド式クレジットカードと言われても、通常のクレジットカードとの違いやデビットカードとどう異なるのか分からない方も多いはずです。そこで、まずはプリペイド式クレジットカードと各カードを比較し、その違いを知っておきましょう。

プリペイドカードとクレジットカードの比較

22430463 1453178311398286 2948826091898273792 n
ruu1523さんの投稿

プリペイド式クレジットカードの使い方は、コンビニなどで販売しているゲームや音楽アプリ用のプリペイドカードに近い、と考えて頂ければ分かりやすいです。事前に購入した金額分であれば、そのクレジットカードが使えるところならば決済に使用することができます。

買い物後の支払い方法はクレジットカードと同じです。お店によってサインレスのところもあれば、サインが必要なところもあるようです。お財布やバラバラと小銭をを持たず、手軽にスムーズな使い方ができる特徴があります。

また、クレジットカードと比較すると、クレジットカードは審査もあり、また使用後は後払いで請求が来ます。しかしプリペイド式クレジットカードであれば、あらかじめ金額を入れて使うので審査もなく、未成年でも使用できるという特徴もあります。

Thumbクレジットカードのメリット&デメリットを解説!現金とどっちがいい?

プリペイドカードとデビットカードとの比較

使い方としてはデビットカードとよく似ているプリベイド型のクレジットカードですが、デビットカードは発行している銀行の普通預金口座からの引き落としとなります。当然口座を持っていなければ持つことができません。

12479179 1504398113200827 608842634 n
yo.millionaireさんの投稿

デビットカードと比較すると、デビットカードは普通口座からの引き落としのため使い過ぎてしまい、いつの間にか口座の残金がなくなってしまった、ということもあり得ます。プリペイド式クレジットカードであれば、事前に金額を決めて入れる使い方なので、安心して使用できます。

プリペイド式クレジットカードですと使える金額の上限が決まっていますが、デビットカードであれば口座にある金額が上限なので、口座の金額によっては大きな買い物もできるメリットがあります。

Thumbクレジットカードとデビットカードの違いを比較!上手な使い分け方法は?

プリペイドカードと電子マネーカードの比較

プリペイド式クレジットカードは、SuicaやPASMOといった電子マネーの使い方に非常に近いです。大きな違いがチャージ方法です。電子マネーはカード内のICチップによって利用可能残高を管理しているものが多いです。

26066682 193899467856061 7695550550741352448 n
popquiz77さんの投稿

一方、プリベイド式クレジットカードは発行会社のサーバー内で残高を管理しているという違いがあります。そのため、プリペイド式クレジットカードは専用のアプリやインターネットでチャージを行うという使い方をします。

電子マネーカードと比較すると、駅などの交通機関に行かずともインターネットやアプリでチャージでき、残高もアプリで確認ができるという手軽な点がメリットと言えます。

チャージ方法その1:店頭でチャージ

34696672 1885977195028958 6388035915972870144 n
muuu0925さんの投稿

発行している会社によっても異なりますが、コンビニや携帯会社の窓口(auショップやドコモショップ)などでチャージができます。コンビニであればお出かけ先でもチャージすることができ、とても便利です。

審査が無い分、チャージをして使用するのがプリペイド式クレジットカード。ただし、カードによってチャージできるコンビニが限られている場合があるので、使い方に注意が必要です。

チャージ方法その2:携帯電話料金の決済としてチャージ

「au WALLETプリペイドカード」や「dカード」のような、携帯電話会社が発行しているプリペイド式クレジットカードであれば、電話料金と合算して支払うことも可能です。ただし、口座振替している方に限るようです。

インターネットやアプリを使用して、携帯電話料金と合算して支払うことを選択するとチャージすることができます。

チャージ方法その3:クレジットカードでチャージ

インターネットやアプリを使用して、事前にクレジットカードを登録しておけば、クレジットカード払いにすることも可能です。クレジットカードのポイントと、プリペイド式クレジットカードのポイントをダブルで付けることができ、お得に買い物ができます。

比較するとクレジットカードだけで買い物するよりもお得ですので、普段クレジットカードで買い物をする機会が多い方は、プリペイド式クレジットカードの利用もおすすめです。

チャージ方法その4:キャッシュカードでチャージ

auの「じぶん銀行」のように、インターネットバンキングを持っている発行会社であれば、銀行口座をつくればキャッシュカードでチャージすることができます。アプリやインターネット上で残高も見れますので、とても便利な使い方ができます。

18012106 632758646934983 5306018179619749888 n
benio2918さんの投稿

店舗へ行ってチャージするのと比較すると、自宅ですぐチャージすることができますので、手軽に使用することができます。どのチャージ方法もカードによって、チャージ時や決済時に手数料が発生するものもあるので、確認が必要です。

プリペイド式クレジットカードのメリットとは

14294886 1743242525924554 1668284404 n
yokoden23さんの投稿

ここまでプリペイド式クレジットカードの特徴やチャージ方法をご説明しましたが、メリットもデメリットもあります。まずはメリットを理解して、より良い生活に役立てましょう。

プリペイド式クレジットカードのメリット1:審査が不要

クレジットカードと比較して一番のメリットは、審査がないところです。収入があまり無い方でも、多額の借金がある方でも作り、使うことができるクレジットカードです。

26152492 387681275022038 770465696374063104 n
leon.liu2oa105さんの投稿

学生や主婦の方でも審査不要で持てるため、クレジットカードよりも安心して手軽に持つことができます。一般的にクレジットカードは18歳以上(高校生を除く)、デビットカードは保護者の同意書提出を条件に高校生以上でなければ発行されません。

25014671 390374411384563 7369150164574928896 n
zetumu_hatenaさんの投稿

しかし、楽天プリペイドカードは、楽天銀行の口座を持っている16歳以上であれば審査なしで発行できます。また。ANA JCBプリペイドカードは15歳以上(中学生を除く)であれば発行できます。

LINE payカードは年齢制限がなく、JCBと提携中の国内外約3000万店で利用可能です。18歳未満でも持てるプリペイド式クレジットカードもありますので、調べておくと良いでしょう。

また、クレジットカードと異なりどこのプリペイド式クレジットカードでも、年会費が無料なのも特徴です。毎年余計な費用も掛かりませんので、手軽に持つことができます。

プリペイド式クレジットカードのメリット2:すぐに使える

審査がありませんので即時発行ができ、その場でチャージをすればすぐに使用することができます。ネットバンキングをあわせて利用される方が別途登録が必要ですが、クレジットカードと比較すれば断然早く使うことができます。

さらに「ワンタイム」と呼ばれる種類のものあり、短い利用期間内で使い切り(チャージができないタイプ)のものもあるので、セキュリティに不安があるサイトでの少額決済などにも人気があります。海外の通販サイトや、ネットゲームのオンライン決済などに利用する方が多いです。

プリペイド式クレジットカードのメリット3:海外で使える

24253976 579156695769234 8824060711073218560 n
rikuriku0110_1125さんの投稿

旅行好きな方の大きなメリットとしては、海外で使える点です。付加されている国際ブランドが使える場所なら、どこでも使用可能です。大きな金額を持ち歩くこともなく、1枚あれば安心して旅行することができます。

審査なしでクレジットカードと同じように使用できるため、わざわざ現金を両替する必要もありません。旅行帰りは海外の硬貨などの小銭でいっぱい、ということも無くなり便利です。

プリペイド式クレジットカードのメリット4:使い過ぎない

あらかじめ決めておいた金額を入れて使用するため、使い過ぎを防ぐことができます。そのため、未成年の方や主婦の方、収入が少ない方や審査が通りにくい方でも持つことができ、クレジットカードと比較して断然気軽に買い物を楽しむことができます。

また、カードのポイントも貯められます。そのため、現金よりもお得な使い方ができるのもメリットです。

プリペイド式クレジットカードデメリット1:前払いをする

クレジットカードと比較すると、事前に前払いをしてお金を入れておく必要があります。そのため、手元にお金があまりないときに、なかなか使用できないというデメリットがあります。

プリペイド式クレジットカードのデメリット2:借入不可

22794516 238246203373674 6296289307086815232 n
pink0614.xoxoさんの投稿

プリペイド式クレジットカードでは、学生などの収入があまり無い方でも審査なしで持てるため、キャッシングができません。あらかじめお金を入れて使用するため、キャッシングしたい場合はクレジットカードやその他金融機関、消費者金融のカードを作られることをおすすめします。

22351721 1981334922112050 4370833521007132672 n
yuu11021720さんの投稿

また、入金した金額以上に使えませんので、大きな買い物をしたいときは注意が必要です。あらかじめお持ちのプリペイド式クレジットカードがどれくらいの上限なのか、確認しておく必要があります。

プリペイド式クレジットカードのデメリット3:支払いは一括

22710814 1932184370438341 6028425236356005888 n
maimi.325さんの投稿

支払い回数が一括と決まっているのも、プリペイド式クレジットカードの難点と言えます。大きな金額の買い物をしたいとき、あらかじめ入金した金額が一気に引き落とされてしまいます。一括でも大丈夫な使い方をしましょう。

また、プリペイドカードは公共料金、携帯電話料金、保険料、インターネットプロバイダー料といった月額・継続支払いができません。注意しておきましょう。

プリペイド式クレジットカードにもブランドの種類がある

21224822 1900264243334054 2816999969192411136 n
study_watanabe81さんの投稿

クレジットカードと同様にプリペイド式クレジットカードにも、国際ブランドがあります。ブランドによって特徴や強みがありますので理解をし、自分に合ったブランドを選び、より良い使い方をしましょう。

プリペイド式クレジットカードのブランド種類:VISA

19429420 1580991635266326 3474137060766384128 n
yukakichi244さんの投稿

国際的に一番普及されているブランド種類のひとつで、特にアメリカなどの国では1枚持っていれば困らないと言われれています。一方でヨーロッパでは使用できないお店がある場合も。どの国に旅行に行くかでブランドを決めても良いでしょう。

・VISAプリペイド

25012485 387991291644996 2051631600134782976 n
ikuyomot.nさんの投稿

VISAプリペイドとは、VISAが発行するプリペイド式クレジットカードのことです。三井住友カード株式会社が発行する「三井住友VISAプリペイド」「ポケモンVISAプリペイド」(プリペイドではない「ポケモンVISAカード」もあり)などがあります。

持つのであれば、好きなキャラクターなどの種類でカードも選ぶ方もいます。他の絵柄がないか種類を事前に調べておくものおすすめです。

・VISAトラベルプリペイドカード

プリペイドですので審査なく持てるのに、世界260万台のATMから現地通貨を引き出し可能、インターネットで利用金額と残高をチェックできる、紛失や盗難の連絡をすると30分以内にアカウントロック等の便利な機能を搭載しています。

16124304 1795777820676941 5120290999033135104 n
usaginomaririnさんの投稿

クレジットカードと違ってチャージ分しか利用できないため、慣れない海外ショッピングでお金を使い過ぎることもありません。プリペイド式クレジットカードですので審査なしで申し込め、様々な国で使えるのもこのカードの魅力です。

 

Thumb三井住友VISAプリペイドカードの使い方!メリットは何?ネットで便利!

プリペイド式クレジットカードのブランド種類:MasterCard

ヨーロッパで圧倒的に強いとされるのがMasterCard。以前は日本で使えるお店が少なかったのですが、今ではどこでも使えるようになってきました。こちらも国際的に強い種類のひとつです。

・MasterCardマルチカレンシーキャッシュパスポート

こちらの種類はMasterCardが発行する、「MasterCardマルチカレンシーキャッシュパスポート」という海外専用トラベルプリペイドカードがあります。海外旅行の際はもちろん、留学時や出張時の送金かわりとしても便利です。

・マネパカード

22709483 372778456486926 6254686978252472320 n
haruharu___chaさんの投稿

「マネパカード」という海外トラベル用プリペイドカードもあります。1枚で5通貨のチャージが可能、ICカードでリアルタイム残高確認可能、カードショッピング保険付帯、24時間365日サポートデスクなど、海外で安心して利用できるプリベイド式クレジットカードです。

こちらの種類も、MasterCardマルチカレンシーキャッシュパスポートとともに、海外旅行や留学を考えている方におすすめのカードです。マネパカードは15歳以上であれば誰でも持つことができ、入金の上限も200万円です。他のカードと比べ上限が高く、おすすめのカードです。

・WebMoney Card/WebMoney Card Lite

13706896 1006992859407534 1808175400 n
wanko017さんの投稿

こちらの種類は国内最大規模のネット専用電子マネーである、「WebMoney」とMasterCardが一体化したプリベイド式クレジットカードのことです。WebMoneyとしても利用できます。また、MasterCard加盟店ではクレジットカードと同様に使うことができます。LiteはMasterCardとしての利用金額に制限があります。

・au WALLETカード

登場とともに大きな話題となった「au WALLETカード」もプリベイド式クレジットカードです。MasterCard加盟店であれば、通常のクレジットカードと同じ使い方ができます。

auポイントをそのままチャージできて、実店舗で使えるというメリットは大きく、auに加入していなくても誰でも持てるというメリットもあります。

また、au WALLETカードにクレジットカードでチャージすると、au WALLETポイントとクレカポイントの二重取りができるというお得なメリットがあります。チャージ時の1.5%に加え利用時の0.5%から3.5%還元で、最大5%還元を狙えるようです。

・おさいふPonta

ローソンのポイントカード「Ponta」とプリペイド式クレジットカードが一緒になったカードです。見た目も可愛らしく、いつものコンビニでポイントも貯められるため、使いやすいカードのひとつです。

プリペイド式クレジットカードのブランド種類:JCB

日本国内で圧倒的なシェアを誇る種類がJCBカード。VISAやMasterCardより使えるお店が多いと言われています。一方で海外、特にヨーロッパでは使えるお店が限られている場合もあります。注意をしましょう。

・JCBプレモカード

新しく登場したJCBのプリペイド式クレジットカードです。取り扱い店舗にまだ限りがありますが、店舗でもインターネットショッピングでも活用できるカードです。1人5枚まで持つこともでき、シルバー、ピンクやブルーなどカラーも選べるのも特徴です。

使い方簡単なプリペイド式クレジットカードを活用しよう

ここまでプリペイド式クレジットカードをその他のカードと比較し、そのチャージ方法やメリット、デメリット、ブランド種類をお伝えしてきました。審査がなく簡単チャージで使えるプリペイド式クレジットカード。手軽に使えるカードですので、ぜひご利用を検討してみてください。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ