外貨両替の手数料が安いおすすめなのはどこ?一番お得な方法を徹底調査!

外貨両替の方法はたくさんありますが、同じ外貨両替をするなら、少しでも手数料が安いおすすめの場所を利用したいものです。しかし、1件1件直接当たって調べるわけにはいかないでしょうから、この記事でおすすめの場所を紹介します。ぜひとも手数料の安い場所で両替しましょう。

外貨両替の手数料が安いおすすめなのはどこ?一番お得な方法を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 外貨両替のおすすめの方法を見つければ手数料コストが大きく変わる!
  2. 外貨両替のおすすめの方法を探すには手数料やレートについて理解を!
  3. 外貨両替でおすすめは日本の銀行か両替店か・手数料など違いは?
  4. 外貨両替でおすすめは空港の両替店?手数料が高い?
  5. 外貨両替でおすすめ・海外の空港の両替店の手数料は?
  6. 外貨両替のおすすめ・街中の銀行の手数料は?
  7. 外貨両替のおすすめ・街中の両替店の手数料は?
  8. 外貨両替のおすすめ・海外キャッシングは手数料に注意!
  9. 外貨両替のおすすめ・マネーパートナーズは手数料が安い?
  10. 外貨両替のおすすめ・VISAやJCBのデビットカードの手数料は?
  11. 外貨両替のおすすめ・ドルユーロなど外貨宅配の手数料は?
  12. 外貨両替のおすすめの方法は手数料やレートを比較して検討を!

外貨両替のおすすめの方法を見つければ手数料コストが大きく変わる!

出典: https://www.card-hoken.com

どこで外貨両替をするかによって、お得度が大きく変わります。手数料が安いところ高いところ、レートのいいところ悪いところと両替する場所によって大きな差があるのです。海外旅行や出張をする機会が多い人は、その辺の情報にも詳しいかもしれませんが、そうでない人はどこがお得なのかわからないかもしれません。そこで、今回は、手数料の安いおすすめの外貨両替場所を取り上げます。

外貨両替のおすすめの方法を探すには手数料やレートについて理解を!

両替手数料とは?

出典: http://zai.diamond.jp

外貨両替をしているお店や銀行などでは、人件費、場所代、作業代などさまざまな費用がかかっています。その出費は、外貨両替手数料で賄っています。単に外貨両替をしただけでは儲けは一切ありません。それでは商売が成り立たないので、両替手数料としていくらかの金額をいただき、収入としているのです。両替手数料は両替店や銀行などによって、かなり差があります。

従価方式の両替手数料

出典: https://cashshop.jp

両替手数料には、二つの徴収方法があります。従価方式と従量方式です。まず、従価方式ですが、これは両替金額に応じて変わる方式です。何パーセントという形で取られます。ということは、多額のお金を両替すると、手数料も跳ね上がります。したがって、大きい金額の両替を考えている人には不利な方式です。逆に、少額の両替なら、かなりお得ではあります。

従量方式の両替手数料

出典: https://allabout.co.jp

従量方式の両替手数料は、従量という言葉を見ると、両替するお金の量で金額が決まるように見えますが、実際には違います。従量方式は定額方式とも言われるように、1回の両替につきいくらと手数料額があらかじめ定まっている方式です。ということは、いくら両替しようが、手数料の額は変わらないということです。したがって、高額の両替を考えている人にとっては、お得な方式です。

為替手数料とは?

出典: https://manabow.com

為替手数料も両替手数料も同じ意味で使われる場合もありますが、厳密には違います。為替手数料は、日本円と外貨を交換するのに必要な手数料です。たとえば、日本円をドルに両替するとき、1ドルにつきいくらと決められています。つまり、為替手数料は両替そのものに必要な手数料で、両替手数料はそのほかの経費に充てるお金と見ることができます。

為替レートとは?

出典: http://www.777money.com

為替レートという言葉を耳にしたことがある人も多いでしょうが、これは日本円と外国の通貨の交換比率のことです。たとえば、ニュースで「本日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル114円20銭です」と報じられれば、1ドル購入するのに114円20銭必要ということです。しかし、これは東京外国為替市場での取引価格で、個人が両替する場合のレートとは違います。

両替レートとは?

出典: http://urahk.com

東京外国為替市場での日本円と外貨の交換比率を為替レートと呼ぶのに対して、個人が日本円と外貨を両替する比率は両替レートと言います。したがって、ニュースで為替レートの報道を見聞きしても、そのレートで両替するわけではありません。この点について誤解している人もいるので、念のために説明しておきます。

レートの差額分=実質的手数料

出典: http://www.d-laboweb.jp

東京外国為替市場での為替レートと実際に両替するときの両替レートには差がありますが、この差が実質的な手数料分と見ていいいでしょう。両替レート以外に手数料を取るお店もありますが、多くの場合、両替レートに手数料が含まれています。したがって、為替レートを確認しただけでは両替レートはわからないので、外貨両替ショップの公式サイトや両替店、銀行などの店頭で両替レートを確認する必要があります。

外貨両替でおすすめは日本の銀行か両替店か・手数料など違いは?

レートは大黒屋など両替店の方がいいことが

出典: http://www.gaika-trade.net

外貨両替をしたい場合、真っ先に思い浮かぶのは日本の銀行や両替店です。どちらがお得なのでしょうか。米ドルやユーロなどの主要通貨の場合、銀行よりも大黒屋などの両替店のほうがレートという点でいい傾向にあります。両替店によっては、かなりお得に両替できるところもあり、一押しです。ただし、マイナーな通貨の場合は、一概に両替店のほうがレートがいいとまでは言えません。

おすすめできる大黒屋の外貨両替

出典: https://gaika.e-daikoku.com

大黒屋は金券ショップで、外貨両替専門店ではありませんが、外貨の取り扱いもあります。その大黒屋ですが、店舗によって扱う通貨が違います。米ドルはどこでも両替できますが、他の通貨の場合、両替できないこともあります。しかし、それ以外の点ではおすすめです。レートもよく、手数料も安いです。マイナーな通貨の場合は、そのメリットは少し減少しますが、全体的にお得な取引ができます。

Japan Global Exchangeの外貨両替もお得

出典: https://imachika.com

池袋にあるJapan Global Exchangeもお得な両替店です。2018年11月22日現在ですが、日本円を米ドルに両替する場合、1ドル114円で購入できます。取り扱い通貨も17種類以上と多く、利用しやすいお店です。レートについても、銀行や空港、現地よりも上を行くとしています。マイナー通貨の場合、現地での両替のほうがお得な場合が多いのですが、Japan Global Exchangeでは優良レートを採用しています。

店舗がたくさんあるExchangers

出典: http://nuinui358.dreamlog.jp

大黒屋も店舗が多いですが、Exchangersもかなりあるほうです。しかし、店舗が多いことだけがExchangersのよさではありません。まず、取り扱い通貨数が実店舗で158と国内で最多です。ドルやユーロはもちろん、ほかでは扱っていないマイナーな通貨でも両替ができます。レートは銀行と大差はありませんが、手数料込みなので、実質的にはお得です。取引件数も40万件にもなり、信頼と実績があります。

銀行は手数料が高いので外貨両替をおすすめできない?

出典: https://www.yelp.com

銀行で日本円を外貨に両替すると、手数料が高くなります。1米ドル当たりの手数料は2.5~2.8円です。これを大黒屋と比較してみると、大黒屋の場合は2.0円です。0.8円も差があります。また、これは米ドルの場合ですが、ユーロになるとその手数料も1ユーロにつき6円くらいになり、イギリスポンドなら1ポンド当たり11円とかなりの額になります。そういう意味では、銀行での外貨両替はあまりおすすめできません。

在庫の違いは?

出典: https://mchanger.jp

外貨両替をする場合、対象の銀行や店舗に外貨の在庫が十分にあるか確認をしてから行くほうがいいでしょう。都会の大きな銀行なら外貨の在庫はたくさんあるので、心配する必要はあまりありませんが、両替店や銀行の小さな支店などでは外貨が足りなくなる場合があります。それでも米ドルやユーロなどの場合はあらかじめ多めに用意をしています。しかし、他の通貨の場合は、不足する場合もあるので、店舗に問い合わせをしてみましょう。

店舗数の違いは

出典: http://www.gaika-trade.net

各メガ銀行の本支店数はかなりの数に上りますが、そのすべての店舗で外貨両替をしているわけではありません。一部の店舗だけです。そういう意味では、大黒屋のほうがいいのですが、大黒屋の場合、店舗によって取り扱い通貨が違うという問題があります。もちろん、銀行でも支店によって扱う通貨は違うのですが、大黒屋ほどの差はありません。したがって、店舗数が多いから大黒屋のほうに分があるとは言えません。

外貨両替でおすすめは空港の両替店?手数料が高い?

一般的に手数料が高いことで知られる

出典: https://www.traicy.com

あまりよく考えないで外貨両替をする場合は、空港の両替所を選んでしまうことが多いですが、果たしてこれはお得なのでしょうか。結論から言うと、手数料が安いわけではありません。ただ、米ドルやユーロなどの両替手数料は他と比べても大きな差にならないこともありますが、他の元、ウォン、香港ドル、台湾ドル、カナダドルをはじめマイナーな通貨では、手数料の差は歴然です。したがって、空港での外貨両替もあまりお得ではありません。

おすすめできないグリーンポート・エージェンシー(GPA)の外貨両替手数料

出典: https://www.gpa-net.co.jp

成田国際空港株式会社のグループ会社であるGPAは、さまざまな事業を展開していますが、そのうちの一つに外貨両替があります。そのGPAの外貨両替は取り扱い通貨数が34と多いのはいいのですが、手数料は安いわけではありません。キャンペーン期間中に米ドル両替の手数料が安い場合はありますが、それ以外では高めです。銀行と同じくらいの手数料を取られます。したがって、あまりおすすめはできません。

羽田空港のトラベレックスの外貨両替手数料

出典: https://matome.naver.jp

羽田空港のトラベレックスでの外貨両替も、手数料という点ではお得ではありません。銀行並みの1米ドルにつき2.5円程度取られます。ユーロやポンドなどの他の通貨でも手数料は安くはありません。羽田空港のトラベレックスの場合、1金種の枚数が20までとされています。その制限と合わせて、やや使いにくい両替所です。

空港で両替するメリットも

出典: https://c-study.net

空港で外貨両替をすることにはメリットもあります。まず、搭乗前の時間を有効利用できます。空いた時間に両替をすればいいので、便利です。また、空港へ行けばいつでも両替ができるという気楽さもあります。わざわざ銀行や街中の両替所まで行かなくてもいいので、楽です。さらに、日本の空港での両替は安全でもあります。まったく犯罪がないというわけではありませんが、海外で両替するよりは安心できます。

空港での外貨両替がおすすめできない理由は手数料だけ?

出典: https://www.kansai-airport.or.jp

空港での外貨両替手数料が高いのは、空港への出店費用が安くないからです。銀行や両替店は、空港で外貨両替をする人が多いので、是が非でもお店を構えようと考えているので、少々費用が高くても出店するのです。そのために手数料が上がります。しかし、空港での両替をおすすめしないのにはもう一つ理由があります。それは、混雑していると、時間がかかってしまい、搭乗時間が迫ってくる場合があるからです。

外貨両替でおすすめ・海外の空港の両替店の手数料は?

米ドルやユーロは日本国内で両替するほうが手数料は安い

出典: https://nomad-saving.com

米ドルやユーロは日本でも流通量が多いので、両替手数料も安い傾向にあります。むしろ、海外で両替をすると、手数料が高くなるので、日本国内で両替しておくほうがお得です。その場合、すでに紹介したように銀行や空港より街中の両替店や外貨宅配サービスのほうがレートもよく、手数料も安いので、おすすめです。

日本よりいいレートで両替できる国が多い

出典: https://c-study.net

日本円よりも弱い通貨に両替する時は、現地で両替したほうがお得です。これらの通貨を使っている国では、喜んで日本円を買ってくれます。そのためにレートもよく、手数料も安いです。現地の空港の場合も同じです。その空港の両替所ですが、海外の空港の到着ロビーを探せば、必ず見つかります。現地語が読めなくても、英語で「EXCHANGE」と出ているので、見逃すことはありません。

海外の空港での外貨両替・両替所によって手数料に差はある?

出典: https://www.otoa.com

ほとんどの国の空港では、複数の業者が両替所を構えています。それらの両替所によって、レートや手数料は違うのでしょうか。レートについては多少の差はありますが、それほど目立つほどではありません。同じ場所で商売をしている以上、レートに大差があれば、片方のお店は利用者がいなくなってしまいます。そのために、似たようなレートになっているのです。手数料は取るところと取らないところがあります。

日本語が通じないデメリットも

出典: http://jona-sanpo.blog.jp

海外の空港で日本語が通じるところはほとんどありません。このことを心配して、日本の空港で両替を済ませてしまう人もいます。しかし、それでは、レートや手数料の面で損です。日本語が通じなくても、ほかにいい手段があるのかどうか考えてみましょう。

現地の言葉が話せなくても外貨両替できる?

出典: http://real-chinese.org

海外の空港で両替する場合、現地の言葉が話せなくて大丈夫なのかという疑問がわきます。その点に関しては、何とかなります。英語が通じる国もありますが、通じなくても両替所で日本円を出せば、勝手に両替をしてくれます。両替所は両替が目的のお店なので、言葉がなくても、どういう用件かはすぐにわかるのです。

現地の空港で外貨両替する場合は必要最小限に

出典: http://chino-sommelier.jp

海外の空港で外貨両替をすることになっても、あまり多額の日本円を両替しないほうがいいです。ホテルへのタクシー代とチップ代があれば、その日は用が足せるでしょう。海外で多額の現金を持ち歩くのは危険です。日本以上に犯罪が多いうえに、人を疑わない日本人はいいカモにされてしまう場合があります。レートや手数料がよくても、後で別の両替方法を使って、その時に必要な金額を調達しましょう。

再両替は現地の空港でするのがおすすめ

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

多額の日本円を外貨に両替した場合は、使いきれない場合もあるでしょう。そうなれば、再両替の必要が出てきます。そのまま日本に持ち帰っても役に立ちません。しかし、マイナーな通貨の場合、日本で再両替するとかなり損をします。レートが非常に悪いのです。したがって、海外の空港で再両替したほうがお得です。日本円か米ドル、ユーロなどに再両替して、少しでも損失を減らしましょう。

小銭は再両替できない

出典: https://www.danna-salary.com

外国のお金が余ってしまった場合は再両替をするのですが、残念ながら小銭は再両替できません。海外旅行中に小銭がたまってしまった人は処分に困りますが、空港で、お水やお菓子、お土産など安いものを購入して、小銭を使い切ってしまう必要があります。そのまま外国の小銭を持ち帰っても、無用の長物です。

外貨両替のおすすめ・街中の銀行の手数料は?

一般的に個人経営の両替店より信用ができる

出典: https://ahiru-tsushin.com

海外の銀行で外貨両替をする一番のメリットは確実性です。一般的に個人経営の両替店よりも信頼度ははるかに上です。個人経営の両替店では、ぼったくりやごまかし、偽札などのリスクがついて回りますが、銀行にはそのようなことはありません。したがって、場所さえわかれば、銀行で外貨両替するのもおすすめです。

街中の銀行はレートがよいのでおすすめ

出典: https://otasuke-singa.com

国によって事情は違いますが、多くの国では銀行の両替レートはいいようです。街中の両替店にはかないませんが、それでも比較的お得に両替ができます。そういう意味では、おすすめです。ただし、銀行の場合、現地人でごった返している場合もあり、混雑が予想されます。急いで両替をしたい場合には、待たされるケースもあり、イラつくもしれません。

口座を持っていないと手数料がかかることも

出典: https://ja.wikipedia.org

レートという点では、海外の街中の銀行での外貨両替はお得なことが多いのですが、口座を持っていない人に手数料を課す場合があります。そうなれば、いくらレートがよくても損です。海外旅行へ行くから海外の銀行の口座を作るというのも大変です。口座自体が日本人に作れない場合もあります。したがって、実際に海外の銀行で両替をしようと思ったら、手数料がどうなっているのか(安いのか)あらかじめ情報収集しておく必要があります。

外貨両替のおすすめ・街中の両替店の手数料は?

店によってレートが違うことも

出典: https://warashibe76.com

一口に海外の街中の両替店と言っても、さまざまな場所があります。国ごとの違い、同じ国でも地域の違い、お店の品格の違いなど考慮すべきことはたくさんあります。したがって、それらの違いにより、レートも大きく変わる場合があります。街中の両替店の場合は、ホームページなどでレートを提示していないでしょうから、店頭の表示で確認する必要があります。その結果、レートがいいお店を選ぶようにします。

運がよければ格別にいいレートの両替店も

出典: https://www.survive-m.com

どのように海外の街中の両替店を探すかにもよりますが、運がよければ格別にいいレートのお店を見つけられる場合があります。手数料がなしか安いうえに、為替レートに近い両替レートで両替できる場合があるのです。もちろん、そういうお店は少ないですが、丹念に探っていけば出くわすこともあります。もしくは、現地情報に詳しい人を介して、そういうお店を紹介してもらうこともできます。

信用できる店か見極める注意力が必要

出典: https://ameblo.jp

丹念に探っていけばと書きましたが、店の看板を見るだけでは、信用できるお店かはわかりません。まずはレート表示を確かめましょう。レートでも信用度を見分けられます。次に、手数料の問題があります。手数料がなし、または安いと言っても、レートに含めて、レートが悪い場合があります。そのほか、ぼったくり、詐欺、偽札など注意すべき点は多々あります。それらを見抜くのは容易でないですが、情報収集と信頼できる友人が頼りになります。

外貨両替のおすすめ・海外キャッシングは手数料に注意!

海外キャッシングとは?

出典: http://money-worker.com

クレジットカードにはキャッシング枠があります。ショッピング枠のほうは利用したことがあるけれども、キャッシング枠のことは知らないという人もいるでしょう。キャッシング枠とは、平たく言うと、クレジットカードでお金を借りることです。したがって、海外キャッシングというと、現地通貨を借りることを意味します。現地通貨であっても、お金を借りるのは嫌という人もいるかもしれませんが、海外旅行時には意外に役に立ちます。

海外キャッシングがおすすめの理由1:安心

出典: http://www.card-user.net

海外では多額の現金は持ち歩かないほうがいいとされています。日本と違って、海外の犯罪発生率は非常に高いです。すりや強盗の被害に遭ったという日本人も後を絶ちません。その点、クレジットカードの海外キャッシングの場合は、必要な金額だけを引き出せばよく、余分なお金は持ち歩かなくて済みます。仮にそのお金を盗まれても、被害は最小限で済みます。

海外キャッシングがおすすめの理由2:世界中で使える

出典: https://creditcard-ninpou.com

一度日本円をある外貨に両替してしまうと、その外貨が使える国でしか役に立ちません。ほかの国へ行ったら、用なしです。それに対して、クレジットカードの海外キャッシングなら、世界中どこでも使えます。ATMさえあれば、いつでもどこでも現地通貨が引き出せます。複数の国に旅行しても、その都度海外キャッシングでそれぞれの国の通過を引き出せばいいのです。海外キャッシングは非常に便利です。

海外キャッシングがおすすめの理由3:いつでも利用できる

出典: https://matome.naver.jp

両替屋や銀行などは、営業時間が決まっています。その営業時間外に行っても、外貨両替はできません。それに対して、ATMは24時間いつでも利用ができます。したがって、海外キャッシングで好きな時に現地通貨を引き出せます。ついうっかり両替するのを忘れたという場合でも、ATMさえ見つかれば、夜遅くでも現地通貨を調達できるのはありがたいです。

海外キャッシングがおすすめの理由4:騙されない

出典: http://www.interbank.co.jp

海外の街中の両替屋を利用すると、騙されたり、ごまかされたりすることがあります。信頼できるお店ならいいですが、それを見分けるのは簡単ではありません。それに対して、クレジットカードの海外キャッシングなら、だまされるということはありません。ATMは指示に従って、現地通貨を出してくれます。人間の悪意が介在することはないのです。この点も、海外キャッシングがおすすめできる理由です。

海外キャッシングがおすすめの理由5:お得

出典: http://www.mansaku-blog.jp

海外キャッシングがおすすめできる一番の理由は、お得なことです。まず、両替手数料が要りません。空港、銀行、両替屋などでは、手数料が必要な場合がありますが、それが一切不要です。次に、レートもいい場合が多いです。手数料もないので、為替市場のレートがそのまま適用される場合があります。

ATM利用手数料・利子・キャッシング手数料がかかることも

出典: http://www.card-user.net

海外キャッシングのいいところばかり見てきましたが、メリットばかりというわけにはいきません。当然、デメリットもあります。まず、ATM利用手数料がかかる場合があります。それほど高い金額ではありませんが、損であることに違いはありません。次に、海外キャッシングも借金の一種なので、利子の支払いがあります。もう一つ、キャッシング手数料の問題もあります。したがって、うまく利用しないと、お得にはなりません。

外貨両替より不便なところ

出典: https://www.kanzen-creditcard.com

海外キャッシングには不便な点もあります。まず、いったん空港を離れてしまうと、安全なATMが探しにくいことがあります。次に、ATMの表示は英語である場合が多いので、英語が苦手の人には操作しにくいでしょう。韓国やタイには日本語表示があるATMもありますが、そのほかの国へ行く場合は、簡単な英語を覚えていく必要があります。また、引き出し限度額が低い場合があります。そのような場合は、別のATMを探さなければいけません。

クレジットカードによって違うので要確認

出典: https://docoic.com

クレジットカードによって、ATM利用手数料、金利などが違います。また、国際ブランドの種類によっても為替手数料が異なります。それから、お使いのクレジットカードが海外キャッシングに対応していない場合もあります。したがって、海外旅行や出張に行く際には、これらの事柄について事前に確認しておく必要があります。

日本国内ではキャッシングを使わなくても海外では利用を

出典: https://www.eposcard.co.jp

借金をするのは気持ちのいいものではありません。そのために、日本ではクレジットカードのキャッシングを一切利用しないという人も多いです。しかし、海外へ出たら、海外キャッシングを利用しない手はありません。確かに、金利などの問題はありますが、それも繰り上げ返済をすれば解消できます。海外キャッシングは実に便利でお得な現地通貨の引き出し方法なので、遠慮せずに使ってみましょう。

外貨両替のおすすめ・マネーパートナーズは手数料が安い?

マネーパートナーズとは?

出典: https://www.green-japan.com

マネーパートナーズとは、FX取引を中心にさまざまな金融サービスを提供している会社のことです。では、FXとは何かというと、外貨を販売したり購入したりして儲けを出す取引のことを言います。たとえば、1米ドル100円の時にドルを買い、1ドル115円の時にドルを売れば、その差額の15円が利益となります。こうして、儲けていくのです。しかし、マネーパートナーズはFXだけでなく、外貨両替も行っています。

マネーパートナーズは低コストでお得

出典: https://nomad-saving.com

マネーパートナーズの外貨両替は、低コストでお得です。何が低コストなのかというと、手数料が安いのです。どれくらい安いのかというと、10万円を米ドルに両替した場合、両替手数料と空港受取事務手数料で816円程度しかかかりません(2018年8月16日現在)。銀行や外貨両替店では3000円近い手数料が必要なので、それと比べればいかに安いかがわかります。したがって、マネーパートナーズでの外貨両替もおすすめです。

マネパカードとは?

出典: https://card.manepa.jp

マネパカードとは、マネーパートナーズが発行するプリペイドカードのことですが、6つの通貨をチャージできます。いったんチャージすれば、海外のATMで現地通過を引き出せるだけでなく、MasterCardのマークのあるお店では決済に利用できます。つまり、利用の仕方という点では、クレジットカードに似ています。しかし、クレジットカードよりお得なのは、手数料が実質半額な点です。

日本円をチャージしておけばいつでも外貨両替ができる

出典: https://matsunosuke.jp

マネパカードに6つの通貨をチャージできると書きましたが、実際には日本円を入金すればいいのです。その日本円をいつでも外貨両替できます。手数料も安い上に、スマホやパソコンから両替が可能です。いちいちマネーパートナーズの店舗に行く必要はありません。また、マネパカードにはもう一つメリットがあります。日本円へ再両替する時に手数料がかからないのです。これで、外貨が余った時も安心です。

取り扱い通貨に限りが

出典: https://card.manepa.jp

マネパカードは、マルチカレンシー・プリペイドカードと呼ばれていますが、チャージできるのは次の6通貨です。米ドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、香港ドル、日本円です。これらの通貨を使っている国で利用する場合はいいのですが、それ以外のマイナーな国では役に立ちません。もう少し取り扱い通貨が増えてほしいというのが本音です。

Thumb米ドルの両替をお得にする方法まとめ!レートや手数料がおすすめなのは?

外貨両替のおすすめ・VISAやJCBのデビットカードの手数料は?

デビットカードとクレジットカードの違いは?

出典: http://houjin-etc-card.xyz

クレジットカードの場合、代金は後払いです。カード会社が立て替えてくれるので、一時的借金状態になりますが、後で清算されます。一方、デビットカードは使った金額が即銀行口座から引き落とされます。もし口座の残高が足らなければ、カードの利用はできません。それから、デビットカードにはクレジットカードのような審査がありません。一定の年齢以上ならだれでも作成できます。

デビットカードで外貨両替?

出典: https://www.rakuten-bank.co.jp

デビットカードで外貨両替する仕組みを解説しましょう。まず、日本円で銀行口座に入金します。海外で現地通貨を引き出す場合は、入金した日本円がVISAやJCBで定める為替レートに従って計算されて、ATMから出てきます。為替レートに加えて、事務処理手数料が上乗せされることを忘れないようにしましょう。

手数料はカードの発行元によって変わる

出典: http://knowledge-plus.com

デビットカードで現地通貨を引き出す場合は、事務処理手数料が必要ですが、その手数料率はデビットカードの種類によって違います。ただ、平均すると、3パーセント台というところが多いです。そんな中で、Sony Bank WALLETの手数料は1.76パーセントです。同じデビットカードでもこのほうが手数料が安いので、お得です。

外貨両替のおすすめ・ドルユーロなど外貨宅配の手数料は?

日本国内の銀行や両替店よりいいレートでお得

出典: http://www.kanako-toushi.com

銀行へわざわざ行くのも大変、空港で両替するのはあわただしいという人には外貨宅配がおすすめです。自宅や職場に外貨が届けられるので、早目に外貨が準備できます。その外貨宅配サービスのレートは、銀行や両替店よりもお得になっています。中には、日本一いいレートをと宣伝しているところもあり、利用すればずいぶんプラスアルファーがあります。

おすすめの外貨宅配業者を紹介

出典: http://www.gaika-trade.net

外貨宅配サービスを提供している業者や両替店、銀行はかなりあります。そのすべての紹介はできませんが、日本を代表する外貨宅配サービスをいくつか選んで取り上げてみましょう。それぞれ独自のサービスを展開し、利用者の利便をよく考えています。

外貨両替ドルユーロはどう?

出典: https://doru.jp

外貨両替ドルユーロの外貨宅配もいいサービスです。レートについては、空港や銀行よりも上です。マイナーな通貨の場合は、現地での両替にかないませんが、それでも日本国内では他を上回っています。両替手数料はレートに含まれているので、安いかどうかはわかりませんが、それほど高額ではありません。偽札の予防には、大手銀行でも使われている検証機やブラックライトを使用しているので、安心です。

トラベレックスの外貨宅配はおすすめできる?

出典: https://www.ana.co.jp

外貨両替店のトラベレックスも外貨宅配を行っていますが、おすすめできるでしょうか。特徴を見てみましょう。まず、取り扱い通貨は33種です。外貨両替ドルユーロが17種類しか扱っていないのに比べると多いほうです。次に、配送先については、自宅や職場のほか、空港も選べます。また、受取日時を指定できます。これは、外貨両替ドルユーロにないサービスです。ただ、手数料がやや高いのが難点です。

安全性では一番・GPAの外貨宅配

出典: https://prtimes.jp

グリーンポート・エージェンシー(GPA)も成田空港の店舗での外貨両替のほかに、外貨宅配を行っています。GPAが特におすすめできるのは、世界の主要な銀行から外貨を入手していることです。したがって、偽札をつかまされる恐れはありません。外貨両替をする場合、偽札をつかまされるかどうかは大きな問題です。もし偽札を使っているとわかれば、犯罪者扱いされます。そういう意味では、GPAは安心です。また、配送料も無料です。

三井住友銀行の外貨宅配

出典: http://www.kitaosaka-shinkin.co.jp

多くの銀行が外貨宅配サービスを実施していますが、その中から三井住友銀行の場合を例に取ってみましょう。三井住友銀行の外貨宅配は、口座がなくても利用できます。レートは、米ドルを除いて、店舗と同じです。手数料はレートに含まれていますが、銀行の両替だけにあまり安いとは言えません。なお、三井住友銀行の店舗では22通貨しか扱っていませんが、外貨宅配の場合は36通貨に対応しています。

送料が業者により違うので検討を

出典: https://www.aienu.com

外貨宅配サービスを利用する場合、レートがいいかや手数料が安いかなども気になりますが、もう一つ、送料も大事な点です。いくらレートがよく、手数料が安いと言っても、送料が高ければ、損をしてしまいます。これについては、業者によってかなり差があります。両替額にかかわらず、送料が無料というところもあれば、一定額以上の取引なら送料を無料にしますとしているところもあります。この送料の額も検討する場合の項目になります。

Thumb外貨両替ドルユーロはお得?評判や口コミから安全性まで徹底調査!

外貨両替のおすすめの方法は手数料やレートを比較して検討を!

出典: https://crekichi.com

ここまで、外貨両替のお得な方法について手数料やレートの観点から解説しました。外貨両替をする場合、いかにお得にするかはだれにとっても大きな関心事です。両替をする場所によってそのお得度が大きく変わります。この記事ではおすすめの両替場所を紹介したので、ぜひ海外旅行や出張をする際は、参考にしてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ