固定資産税を滞納すると?差し押さえの可能性などリスクや解決法まとめ!

固定資産税では、固定資産税の徴収額は高額になる事が多く、滞納をしてしまった場合では、滞納を解消するまでには時間を要す可能性があります。滞納をすると、差し押さえの可能性やリスクは大きい場合が有りますので、今回は滞納した際の具体的な知識と解決法をご紹介します。

固定資産税を滞納すると?差し押さえの可能性などリスクや解決法まとめ!のイメージ

目次

  1. 固定資産税を滞納するとどうなるのか?
  2. 固定資産税を滞納したら財産を差し押さえられる?
  3. 固定資産税を滞納した場合いつまでにどこへ支払えばいいのか?
  4. 固定資産税の滞納金の時効までの期間はどれくらい?
  5. 固定資産税を滞納した場合の差し押さえのリスクや解決法のまとめ

固定資産税を滞納するとどうなるのか?

出典: https://www.chintaikeiei.com

固定資産税を滞納してしまった際には、滞納の徴収額が高額な場合が有ります。固定資産税の滞納をしない事が大原則なのですが、滞納をしてしまった場合に生じる差し押さえの可能性やその他リスクは問題解決に必要な金額が大きく、対処不可能になり、滞納を継続すると最悪の場合も考える必要に迫られる可能性が十分に有ります。そこで、固定資産税の基礎から差し押さえの可能性やリスクを具体的に解説していき、解決法をご紹介します。

固定資産税を滞納したら財産を差し押さえられる?

固定資産は土地や一戸建ての家屋根

まずは、固定資産税について解説します。具体的な例として、マンションや一戸建て家屋などの不動産で、流動資産に対峙し、長期的に投下資金が拘束され資金的に他に利用出来ない資産の事を表します。なので、印象としては多いですが、マンションや一戸建ての家屋の具体例以外にも、固定資産税は事業用の償却資産としての機械装置や備品にもかかる税金という事です。

固定資産税評価額×標準税率(1.4%)の課税

基本的に固定資産税の計算方法は、固定資産の評価額に標準税率の1.4%をかけた金額になります。固定資産の評価額は総務大臣が定めており、告示しています。大体、地価公示価格の約70%が目安です。土地の価格は変動する事を考慮し、評価額に関しては3年に一度の見直しがあります。なので固定資産評価額に対し、疑問がある場合は不服申し立て制度があるので、固定資産評価審査委員会に不服申し立てをする事も可能です。

督促状や催告状が届く

出典: https://gentosha-go.com

固定資産税を滞納後、まず初めに、納期限までに固定資産税を完納していない場合には催促状や催告状が通常ハガキで届きます。催促上に関しては、地方税法第371条第一項に定められ、市町村の徴税吏員は固定資産税の納期期限後20日以内に発しなければならないとされています。催促状とは違い、催告状は文面が強く、催促状や電話を無視していた場合や納付すると言って納付する事が出来なかった場合に届きます。

徴収職員の財産調査、身辺調査がある

出典: https://job-con.jp

民事で相手の資産を差し押さえる為には自分で相手の財産を調査して特定しなければなりませんが、行政機関に関しては税金の滞納処分の場合は徴収法141法により、財産調査や身辺調査が認められています。例えば銀行に預貯金調書という文面を銀行に送るだけで照会が可能です。もちろん法律なので、個人情報法保護の観点からも問題とはなりません。財産調査が始められる場合は、督促状や催告状などを無視し続けた場合にあります。

納期限の次の日から延滞金がかかる

固定資産税を滞納すると、期間に応じて一定の延滞金が発生します。そこで、延滞金が発生する期間はいつからかというと、延滞日数は1ヶ月以内での期日の延滞料と、1ヶ月以上によって延滞料の利率は異なります。1ヵ月以内であれば利率は年2.9%ですが、1ヵ月を超えて滞納だと、年9.2%にもなり、延滞金と滞納金を合算した金額に対して利率は掛かる状況になり、時間が経つにつれて延滞金が積み増していく事になります。

市町村からの督促に応じないと財産を差し押さえられる

差し押さえについて、具体的に解説すると、差し押さえは強制執行という言い方にもなり、返済や支払いを行わない債務者に対して裁判所の力で、強制的に資産や財産を回収する手続きになるので、督促に応じない場合には財産の差し押さえとなります。

差し押さえの可能性

出典: https://matome.naver.jp

督促状の発送した日から10日を経過する前に、滞納金を解消出来なければ、滞納者の財産を差押さえなければならないと法律で定められています。なので、滞納金が発生した場合にはいつでも差押さえられる可能性は十分にあるという事です。延滞金を支払い、支払いの誠意を見せていたとしても、全く安心出来る状況ではなく、滞納金がある場合には差押さえのリスクは常に付きまとうので、注意が必要です。

滞納金と延滞金で直ぐに差し押さえにはならない

出典: https://lptp.net

実際には10日を過ぎると滞納処分として滞納金と延滞金を回収しなければならないと決まっているだけで、いつまでに差し押さえになるのかは断言出来ない状況でもあり、勘違いをしてしま状況でもあります。しかし、滞納金に延滞料として利率が定められているので、延滞金が加算される事は確かなのですが、固定資産税を滞納後10日が経過後に差押さえをする義務があるわけではないです。
 

差し押さえられた後には競売の対象にも

差押さえを行われると、原則として完納しない限り、差押さえの解除にはなりません。そして、いつまでも滞納金を放置してしまうと競売の対象になります。競売には差押さえ後、市や国に財産として扱われますので、競売にかけられた後は競売にかけられた後の金額は一円も入ってくる事は無く、競売後に滞納金が残っている場合には滞納金を支払う事になります。

差し押さえのタイミング

出典: http://juunnoheya.com

実際に差押さえになる場合はいつなのか、そして、固定資産税をいつまでに完納しなければならないのかという事が気になる点です。滞納後には財産の調査や身辺調査があると紹介しました。このタイミングで財産の差押さえの為に、具体的な行動に乗り出している状況です。財産調査や身辺調査になると、高額な滞納金と延滞金になっているか、督促状や連絡を無視している状況によって返済の誠意が無いと判断され調査に移っています。

督促状が送られてきた時点で必ず納税することが大切

出典: https://matome.naver.jp

督促上が届いた時点で差押さえの可能性は十分にあるという事は解説した内容で理解して頂いたはずです。固定資産税は政府の貴重な財源になるので、支払う事無く、逃げられる事を確実に防ぐ為には、解説したようにいつまでも様々な手段を用いて支払いを迫られ、逃れる事が出来無いです。したがって、様々なリスクを考慮すると、督促状が届き次第納税することが大切です。
 

行政の滞納処分と民間企業の滞納処分の違い

まずは、行政機関の民間企業での滞納処分の違いを確認すると、権利駆使の程度に差があるという事です。消費者金融などカードローン(キャッシング)の差押さえの手続きは裁判所に差押さえの申し立て後、差押さえの執行に移ります。しかし、税金の滞納に関しては、行政処分になり、裁判所に申し立てる必要は無いので、いきなり差押さえの執行に移す事が出来ます。裁判所を通さないという事になると大きな違いです。

固定資産税を滞納した場合いつまでにどこへ支払えばいいのか?

コンビニ払いはできないので注意!

出典: https://kuru-satei.com

コンビニ払いは、固定資産税の納付期限までには支払いが可能となっていますが、納付書の裏を見ていただけると分かるとおり、納付期限を過ぎるとコンビニ払いは出来ませんと記載されていますので、コンビニ払いには注意しなければならないです。もし納付期限を過ぎてしまった場合には、固定資産税の納付期限を過ぎてしまった納付書を銀行窓口に持っていくと、支払い期限が過ぎてしまった納付書でも支払いを受け付けていただけます。

固定資産の納付日

固定資産税の納期はいつまでなのかというと、年4期に定められており、固定資産税の納期は地域ごとに異なっています。納税通知書は納期の1週間前までに納税義務者に発送しなければならないとされており、固定資産税の納付は通知書が届き次第という事です。固定資産税の納期に関しては4月末、7月末、9月末、12月末の地域などその他多くありますので、正確には固定資産税を納付する市町村によって把握しておく必要があります。

固定資産税の滞納金を払えない時の解決法は?

滞納に関して制度を利用した解決法が、分納、徴収の猶予、減免があります。1つ目は分納で、一度の滞納額が大きくて支払いが困難な場合には、滞納金を分割して支払う事が可能です。2つ目に徴収の猶予で、条件が有り、全員が利用出来る制度では無いのですが、延滞税を50~100免除出来るなどメリットが大きいです。最後に換価の猶予で、換価の猶予は認められる可能性が低いのですが、財産の換価を一時的に先延ばし出来ます。

カードローンによる解決法も

固定資産税は税金といった性質上、最悪の場合に自己破産をしても支払いから逃れる事は出来ません。しかも固定資産税の延滞金の利率は高いので、延滞料を支払うだけでも厳しい状況となります。そこで一時的に延滞料の利率が高くなる前や、差押さえの避ける為にカードローンを利用するといった解決法もあります。カードローンには特有のデメリットはありますが、様々なカードを比較して何がベストか視野を広げるべきです。

Thumb固定資産税はクレジットカードで支払い!メリット・デメリットを紹介!

固定資産税の滞納金の時効までの期間はどれくらい?

固定資産税の滞納金の時効は5年

滞納期間は固定資産税を完納しない限り、滞納期間はいつまでも続く形になるのが基本的な認識ではありますが、一方で時効という制度が存在しています。いつまでに時効が成立するのかは、滞納金が発生して5年以上が経てば時効となります。しかし、なかなか時効成立までには、督促状や電話、財産の差し押さえ、競売を駆使してくるので、時効に至るまでに滞納金も莫大になる事も含め、時効にもっていくにはリスクが大きいです。

固定資産税を滞納した場合の差し押さえのリスクや解決法のまとめ

出典: http://www.town.kamigori.hyogo.jp

固定資産税を滞納した場合に生じる、差し押さえやその他リスクについてご紹介してきました。差し押さえやその他リスクなどの観点から検討すると、問題が大きくなる場合が十分に有りえます。実際例もあり、安易な判断だと事態は悪化していく可能性は高いです。なので、今回ご紹介した時効になるまで待つといった状況や制度を利用した解決法、民間企業に一時的に頼る事などの情報から、視野を広げ対処していく事が不可欠です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ