生前贈与の贈与税は非課税になる!条件や手続き方法などまとめて紹介!

生前贈与とは税制改正により、税金である贈与税が非課税となる公的制度です。贈与税の節税のために、生前贈与を利用して税金の非課税枠を利用しない手はありません。非課税枠を利用するための条件や手続きなどのやり方を詳しく解説します。

生前贈与の贈与税は非課税になる!条件や手続き方法などまとめて紹介!のイメージ

目次

  1. 生前贈与の贈与税が非課税となる条件を知っておくと役立つ
  2. 生前贈与の贈与税が非課税となる条件とは?
  3. 生前贈与の贈与税が非課税となる手続き方法や申告期間とは?
  4. 生前贈与の贈与税が非課税となるのは住宅や教育の資金?
  5. 生前贈与の贈与税が非課税となる条件と手続きまとめ

生前贈与の贈与税が非課税となる条件を知っておくと役立つ

出典: https://chester-souzoku.com

生前贈与とは言葉通り、生きているうちに資産を親族である配偶者や子供たちに贈与することです。生前贈与には住宅資金や教育資金に充てるなどして、有効に利用することで非課税に出来るので、相続税を抑えることが出来るようになる仕組みですが、条件や手続きの方法が決まっているので注意して利用します。それらのポイントを押さえておきましょう。

生前贈与の贈与税が非課税となる条件とは?

贈与税の非課税限度額は?

出典: https://financial-field.com

生前贈与の贈与税が非課税に出来ますが、非課税限度額に条件があります。生前贈与のメリットは、節税が出来ることです。生前贈与は法定相続人以外の誰に贈与しても良いことになっています。好きな人に財産を贈与出来ます。決まっているのが毎年1年間に110万円までが非課税限度額なのです。贈与税の非課税限度額は年に110万円であると覚えましょう。

「連年贈与」について

出典: https://gentosha-go.com

贈与税の非課税限度額が毎年110万円だからと、いつもいつも110万円という決まった額を贈与すると、「連年贈与」とみなされることがあります。「連年贈与」を行った場合は、一定の期間に分割して贈与するという契約を交わしたと見られて、まとまった金額の贈与税となり課税されるかも知れません。その為には毎年少し違う金額を贈与することが大切です。

両親からそれぞれ110万円贈与された場合

出典: https://gentosha-go.com

次に、非課税枠である110万円をお父さん、お母さんからそれぞれ110万円ずつ生前贈与を受けた場合ですが、贈与税とは贈与を受けた方に支払う義務があります。お父さん、お母さんはそれぞれ110万円の非課税内で贈与したつもりでも、受け取った側は合計220万円となり、非課税とはならず、贈与税を申告して支払いの手続きをしなければなりません。

110万円を違う子供に贈与した場合

出典: https://fukuoka-propertytax.com

次は2人の子供たちにそれぞれ、110万円ずつ贈与した場合を見てみると、お父さんが生前贈与として、長男に110万円、長女に110万円、次男に110万円を贈与しました。お父さんは合計330万円支払いました。しかし、生前贈与は受け取る側の金額で計算しますら、一人110万円ずつ贈与されただけで、生前贈与の非課税扱いとなり申告の必要はありません。

110万円を子供の配偶者や孫に贈与した場合

出典: https://www.happy-souzoku.jp

子供だけではなく、子供の妻や子供たちに110万円をそれぞれ贈与した場合はどうなるでしょうか?住宅にかかる費用の足しにと、子供の配偶者にも110万円を贈与して孫の教育資金を応援するために2人の孫に110万円ずつを贈与すると、合計440万円もの金額になります。しかし、これも一人当り110万円の非課税枠の贈与ですから申告しなくても構いません。

他人にも生前贈与出来る

出典: http://takeyear.com

極端な話、年に110万円であれば非課税扱いになるので、他人であっても誰にでも生前贈与出来ることになります。さすがに見も知らぬ人に贈与する人は少ないでしょうが、子供の配偶者や孫は身内ですから、贈与を出来る人数が多いほど非課税内での生前贈与になり、税金の節約になります。そのため非課税枠は利用するに越したことはありません。

生前贈与の3年加算ルールについて

出典: https://www.souzokuhiroba.com

生前贈与は一年間に110万円以内なら非課税となるので、節税のために一生懸命贈与していても実はその生前贈与した3年以内に贈与した人が亡くなってしまうと、その贈与は非課税とならず贈与税が掛かってしまいます。せっかく非課税枠を利用して、生前贈与したつもりが、非課税とならないのです。3年以内に生前贈与を済ますことが大切です。

生前贈与の3年加算ルールの条件

出典: https://www.homma-tax.com

生前贈与で、贈与を亡くなる3年以内に済ませていないと生前贈与の非課税枠が使えません。贈与税が掛かることになるのですが、贈与をする人が孫の場合に限って、生前贈与した額が110万円ならば非課税となり非課税枠を利用出来るのです。他にも子供の配偶者であるお嫁さんやお婿さんの場合も同じで、110万円未満ならば非課税となります。

3年加算ルール落とし穴パート1

出典: https://biz-journal.jp

生前贈与の年間贈与を贈与税のかからない110万円以内で孫などに贈与した場合でも非課税とならずに、贈与税の対象となることがあります。それは、孫に財産を譲るとういう遺言などが残されていた場合です。遺言書があると生前贈与の孫への贈与税が3年以内であっても、もし亡くなった場合も非課税なのですが、そのルールが適用されなくなります。

3年加算ルール落とし穴パート2

出典: https://all-souzoku.com

生前贈与を孫にした場合でも3年以内加算ルールが適用されない場合以外にもあります。生命保険に加入していた場合で受け取り人を孫にしていた場合です。孫が相続人と判断されて3年加算の対象となり、贈与税の対象とみなされます。贈与税が掛からないように非課税で孫に残そうとしても非課税枠とならず、贈与税が掛かるので注意しておきましょう。

3年加算ルール落とし穴パート3

出典: http://okane-shiritai.com

生前贈与には手続きや条件が細かく決められていますが、非課税なので是非利用して上手に節税した方が良いことには違いありません。しかし、もう一つ注意しなければならないのは、財産を贈与する人が認知症になった場合は適用されません。3年以内に認知症にならないように、健康や自己管理にはしっかり注意することが贈与税の節約にも大切なことです。

生前贈与の贈与税が非課税となる手続き方法や申告期間とは?

贈与税の申告期間は?

出典: http://oyakonorougo.jp

贈与税は年間110万円を超えた贈与があった場合は申告して贈与税を支払わなければいけません。申告する期間が決められていて、所得税の確定申告を行う時期と同じ頃の2月1日から3月15日の間です。所得税は2月16日から3月15日ですが、少し贈与税の方が期間は長いです。申告する場所は税務署ですが、手続きの方法はまったく違うので注意します。

誰が申告手続きをするのか?

出典: https://zuuonline.com

贈与税の手続きは財産を贈与する側ではなくて、財産の贈与を受けた側がします。親から子への贈与であれば、子供が手続きするということです。産まれたばかりの赤ちゃんや孫などの贈与であれば、親権者が変わりに手続きしても構いません。生前贈与での財産はその年の所得税に影響はないので、贈与税など負担が増えるかどうかは心配しなくても大丈夫です。

申告期限は守りましょう

出典: https://www.kaitaiguide-blog.net

贈与税を非課税にするために、贈与金額をしっかと守っても贈与した申告の期限を一日でも守らなければ、非課税には絶対にしてくれません。特に後述する住宅援助の贈与税の非課税は、厳しく期限が決められています。贈与税の額も大きく、国が定めたもので贈与税を非課税にしてくれるわけですから、厳しくて当然だと思い守ることが賢明です。

贈与税の申告は2種類ある

出典: https://financial-field.com

基本的に贈与税は贈与税を払う必要は申告するのは当然ですが、非課税のために贈与税を払わなくてもいい人も、非課税の適用を受けるためには、申告しなければいけない決まりになっています。贈与税の申告方法は、「暦年課税贈与」と「相続時精算課税贈与」の2種類があるのでそれぞれ分けて説明します。

「暦年課税贈与」

出典: https://chester-tax.com

一般的な贈与税を申告する場合の方法です。一年間に贈与された金額を計算して申告するものです。110万円を超えた贈与を受けた場合は、200万円以下では10%、300万円以下では15%、400万円以下では20%と段階的に贈与に関する税金は上がります。その贈与税を非課税で申告しようとする目的で行われるものと考えていいでしょう。

「相続時精算課税贈与」

出典: https://www.souzokuhiroba.com

こちらがいわゆる生前贈与を目的とした親子や孫などの関係で、資産のある高齢者が生前に次の世代に資産を譲るために使える贈与税の申告パターンです。非課税であっても必ず申告しなければなりません。「相続時精算課税」で申告した場合に、一年間に110万円以上の贈与を受けていても条件を満たしていれば2500万円の特別控除を受けることができます。

贈与税の申告書の提出する場所

出典: https://www.tt-tax.net

贈与税の申告書の提出先ですが、税務署に提出するのは当然ですが、財産をもらった側の住まいのある税務署に提出することになります。もちろん郵送でも受け付けてくれますが、「郵便物」「信書便物」として送るようにして、提出日は消印の日付になる場合と税務署に届いた日になるとがあるので、余裕を持って提出するようにしましょう。

贈与税を申告する時効

出典: https://asset-campus-oag.com

贈与税には時効が存在します。贈与を行った時から5年間と決められていて贈与して5年経過していれば贈与税は支払わなくても良いとされています。しかし、これは時効を知らなかった場合で、知っていたのに申告しないでいた場合は7年の時効が適用されます。今、この文章を読んだ皆さんは、時効を知っていたということになるので、時効は7年となります。

贈与税を申告しなかった時の罰則

出典: https://www.happy-souzoku.jp

贈与税を5年ないし、7年間の時効前に申告しないでいたことを追求された場合、無申告加算税を支払うという罰則があります。50万円までが15%、50万円を超えると20%を上乗せした金額を加算して支払わなければならないとう厳しいものです。少なく見積もって申告した場合も過小申告加算税として、10%相当の金額を支払わなければいけません。

生前贈与の贈与税が非課税となるのは住宅や教育の資金?

贈与税のさまざまな特例の活用を

出典: https://asset-campus-oag.com

贈与税が非課税となる生前贈与を利用して、子供の住宅資金や孫の教育費を助けることの特例がいくつかあります。贈与税を払うより子供や孫に使う方がいいと思うのが人情です。住宅にはたくさんのお金がかかりますし、教育資金もバカになりません。非課税で特例を利用して子供や孫に喜んでもらえるように、贈与税の手続きや条件を知っておきましょう。

住宅取得のための資金

出典: https://www.souzokuhiroba.com

生前贈与の非課税を利用して贈与税が掛からないように住宅資金を子供に援助する例が多いです。子供が住宅を購入するために資金を援助する場合、最大で1200万円までが手続きをすれば非課税です。住宅のような高価な買い物で贈与税を非課税にすると節税できる金額も大きくなります。この金額は、来年度の消費税増税までの金額になるので注意して下さい。

住宅資金援助の最大1200万円の内訳

出典: https://zuuonline.com

住宅資金の贈与税が掛からない非課税枠の援助の最大は1200万円ですが、これは、長期優良住宅を建てる条件で適用されます。長期優良住宅とは、環境を配慮して建てられた省エネを考慮して建てられた住宅のことです。本来の非課税枠は、700万円ですが、省エネを考えた住宅は贈与税の非課税枠が500万円増えることになるのです。

契約日によって金額が違う

出典: https://myhome.nifty.com

住宅の契約日によって非課税の贈与額が違うので注意します。2018年度は非課税の金額が、契約日により、300万円、500万円、700万円と段階があって、それに省エネ住宅であれば500万円を加算します。消費税が10%になった場合も同じように契約日により段階を経て最大の省エネ住宅で3000万円もの贈与税の非課税が受けられるようになります。

国税庁

出典: https://shop.gyosei.jp

消費税の増税予定を前にして、国税庁のホームページにも詳しく消費税が上がった場合の贈与税の非課税金額の変更などが詳しく掲載されています。家を建てる住宅メーカーもその辺は、詳しいので分からないことは質問しましょう。住宅は大きな買い物ですから、贈与税を上手に利用し建てるためにきちんと調べて契約日を考えて条件を確認しましょう。

配偶者控除の特例

出典: https://www.souzokuhiroba.com

配偶者の場合、贈与税に限らず相続税も優遇されているので非課税枠を使い、住宅を残すことはよく行われています。配偶者控除の金額は最大2000万円ですから1年間の110万円の非課税の分を合わすと2110万円となるので大きな節税となります。条件は20年以上の婚姻期間と配偶者控除を使い申告をすることと定められているので忘れないようにしましょう。

配偶者控除の手続き

出典: https://souzoku-jouhou.com

配偶者控除の特例を使い生前贈与を行う場合も税務署に申告します。贈与を受けて10日より以後に作成した戸籍謄本、同じく贈与を受けて10日より後に作成された戸籍の附票、登記事項証明書などの不動産を取得した証明出来るものを用意します。この特例を知らずに6年以内ならば、後から申告し直して配偶者控除を後から適用してもらうことが出来ます。

孫の教育資金を援助する場合

出典: https://biz.moneyforward.com

生前贈与を利用して贈与税が掛からないように非課税で孫に教育資金の援助をする例も多いようです。昨今、私立の学校などに入れると教育資金は大きくのしかかります。私立でなくても、塾などの費用も高額です。前述した生命保険の受け取り人の注意や遺言状に記載することの注意を守って贈与税の掛からないように条件を守り援助してあげることが大切です。

孫への教育資金援助を快く行う

出典: https://all-souzoku.com

教育資金を快く援助してあげるために、非課税枠を利用して祖父母もメリットのある贈与をします。お互い損のないようにすることは贈与を受ける側も受け取る側もお互いに気兼ねなく行うことが大事です。教育という人の成長の要となる分野に投資の気持ちで非課税を利用して贈与税を払わずに資産を無駄なく運用する気持ちで贈与します。

「子どもNISA」を利用する

出典: https://teniteo.jp

教育資金以外にも「子どもNISA」という、株式投資の少額版です。本来、子供は自分で投資出来ません。親権者が子供に変わり利用するのであればよいのです。贈与税が掛からないように非課税で運用出来ます。将来の教育資金として小さな子供の頃からコツコツと投資として貯めて子供の学資保険代わりに貯めている人が多く2016年4月から始まっています。

「子どもNISA」の注意点

出典: https://oneinvest.jp

「子どもNISA」を利用する条件がいくつかあります。まず日本在住の0歳から19歳の子供が対象です。非課税額は1年間に80万円で投資期間が2023年まで、口座管理は親権者と定められています。非課税の適用を受けるためには18歳まで引き出せません。又、110万円の非課税額プラス80万ではなく、110万円内から80万であるという所も注意が必要です。

「生命保険」を利用する

出典: https://souzoku-jouhou.com

3年加算ルールで生命保険の受取人に孫を指定していた場合は相続人とみなされ注意しなければいけませんでした。生前贈与の目的は財産を贈与した人が贈与されたと認識することが大切です。その認識や事実を証明するために、贈与した金額を使った証明に毎月の生命保険の掛け金に充てることは確実に子供や孫にお金を使ったと証明するのに有効な手段です。

生前贈与の贈与税が非課税となる条件と手続きまとめ

出典: https://chester-consulting.jp

住宅や教育資金への援助は、贈与税が掛からない非課税で生前贈与することが節税になることが分かりましたが、非課税で贈与税が掛からないようにするには細かなルールや条件があります。非課税で財産を有効に活用することが出来る非課税での贈与のやり方をしっかりと調べて、上手に子供や孫に資産を継承してあげると誰もが損にならずに素敵です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ