ネットバンキングのおすすめを比較!金利やATM手数料などを調査!

ネットバンキングのおすすめについて、比較しながら具体的にご紹介していきます。ネットバンキングの利用者も年々増加傾向にあり、その利便性も高まってきています。そんなネットバンキングについて、おすすめや金利、ATM手数料などを比較しながら解説していきます。

ネットバンキングのおすすめを比較!金利やATM手数料などを調査!のイメージ

目次

  1. ネットバンキングのおすすめは?選ぶポイントや金利を比較!
  2. ネットバンキングのメリットと選ぶ際のポイントは?
  3. ネットバンキングの金利差や振込手数料・ATM手数料の比較!
  4. ネットバンキングで人気の銀行①:イオン銀行
  5. ネットバンキングで人気の銀行②:楽天銀行
  6. ネットバンキングで人気の銀行③:住信SBIネット銀行
  7. ネットバンキングで人気の銀行④:ジャパンネット銀行
  8. ネットバンキングで人気の銀行⑤:ソニー銀行
  9. ネットバンキングで人気の銀行⑥:セブン銀行
  10. ネットバンキングで人気の銀行⑦:じぶん銀行
  11. ネットバンキングのおすすめ比較のまとめ

ネットバンキングのおすすめは?選ぶポイントや金利を比較!

出典: http://chchchannel.com

ネットバンキングのおすすめに焦点を当てて、金利やATM手数料、人気のポイントなどについて具体的に取り上げていきます。銀行にお金を預けるという概念に関しては、ネットバンキングに預けるという方も増加傾向にあります。ネットバンキングには通常の銀行にはない利便性も存在します。その辺のメリットにも焦点を当てつつ、解説を行っていきます。

ネットバンキングのメリットと選ぶ際のポイントは?

ネットバンキングの魅力を確認

出典: http://money-creditcard.hatenablog.com

まずは、ネットバンキングのメリットと選ぶ際のポイントについて確認していきます。一言でネットバンキングと言ってもさまざまなネットバンキングがあり、その中から最適なネットバンキングを選ぶことがポイントです。基本的にネットバンキングは金利の高さと手数料の低さに定評があります。ATM手数料なども含めて理解を深めていくことが大切です。

金利の高さと手数料の低さ

出典: http://zyouho.com

ネットバンキングは実店舗を運営している銀行と異なり、不動産にかかる費用や人件費といったコストを最大限にカットすることができます。運営にかかる費用を下げることによって、金利の高さと手数料の低さを実現していると考えることができます。運営にかかるコストを抑えた分、顧客に還元するという仕組みがあることがネットバンキングの魅力です。

さまざまなネットバンキング

出典: https://bizcardmag.com

ネットバンキングとしてはGMOあおぞらネット銀行やイオン銀行、楽天銀行やオリックス銀行、住信SBIネット銀行や大和ネクスト銀行、じぶん銀行やジャパンネット銀行など、多種多様な銀行が揃っています。それぞれのネットバンキングの違いや魅力を発見することで、さらに利便性も高まります。自分が利用したい銀行を見つけて利用するのも有効です。

各種金利

出典: http://www.sarari-man.xyz

いろいろなネットバンキングがあることを理解した上で、おすすめの選び方についても確認していきます。ネットバンキングの選び方としては、まず各種金利に焦点を当てることがポイントです。店舗を抱えて営業している銀行よりも金利が高めに設定されているのが、ネットバンキングの魅力です。その中でも銀行ごとの違いを認識することが求められます。

預金の種類のよっても金利が変わる

出典: https://pare-ko.com

同じネットバンキングであっても普通預金や定期預金、あるいは外貨預金など、預金の種類に応じて金利が変わってくることも少なくありません。どういった種類の預金にするのか検討した上で、最も金利が高いネットバンキングを選ぶのもおすすめです。まずは金利に着目することで、自身のニーズを満たしてくれるネットバンキングを探すことができます。

使いやすさ

出典: https://www.bank-daiwa.co.jp

また、ネットバンキングのおすすめの選び方として使いやすさに焦点を当ててみるのも効果的です。スマートフォンやタブレットからの入金や出金も可能で、利便性が高いところがネットバンキングの魅力でもあります。実際にWebサイトで手続きを進めてみるのもおすすめです。その中でストレスフリーだと感じるネットバンキングを利用するのも効果的です。

お得な特典

出典: https://debitcard-hikaku.net

さらに、ネットバンキングのお得な特典に注目して銀行選びを進めるという考え方もあります。ネットバンキングによっては、キャッシュバックやポイント付与といった特典をつけてくれることも少なくありません。ATM手数料の無料化や金利の優遇措置といった対応をしてくれることもあります。複数のネットバンキングを訪れて特典を確認するのも有効です。

総合的に判断する

出典: https://okanenokyuukyuusha.com

ネットバンキングによっては口座を開設しただけで何らかの特典を受けられることがあります。その辺の情報については随時更新されるものであり、注意を払って確認することがポイントです。スマートフォンアプリを用意しているネットバンキングも増えてきています。実際の利便性や特典を総合的に勘案した中で、お気に入りを見つけるのがおすすめです。

1つの口座を使いこなすのもおすすめ

出典: https://housekeeperman.com

普段から使い慣れているネットバンキングがあれば、そこを重点的に利用するのもおすすめです。ネットバンキングによってはポイントプログラムやステージ制度を採用しているケースも少なくありません。口座の預金残高に応じて、ステージが上がる可能性もあります。あまり分散して口座を開設するよりも、1つの口座を使いこなす方がお得なことも多いです。

ネットバンキングの金利差や振込手数料・ATM手数料の比較!

手数料や金利差を確認

出典: http://setsuyaku-hukugyou.net

ネットバンキングのメリットやおすすめの選び方について確認して、実際の行動につなげていくことが求められます。その上で、実際のネットバンキングの金利差やATM手数料、振込手数料といった部分も確認を進めていきます。やはり、ネットバンキングを利用する上で手数料は重要なポイントです。金利差も合わせて確認することで選択しやすくなります。

金利と振込手数料

出典: http://webgonia.com

まずは、ネットバンキングの金利と振込手数料について比較しながらご紹介していきます。まず、住信SBIネット銀行については普通預金金利が0.001%となっています。その他、ソニー銀行やセブン銀行、じぶん銀行といったネットバンキングも普通預金金利が0.001%です。楽天銀行とイオン銀行に関しては、普通預金金利が0.1%と高めになっています。

同時申し込みの必要性

出典: https://www.churio807.com

金利情報に関しては2018年10月時点の情報となります。楽天銀行で0.1%の普通預金金利を受けるためには、同時に楽天証券の申し込みをする必要があるので注意が必要です。また、イオン銀行に関してもイオンカードセレクトと同時に申し込みをする必要があります。ジャパンネット銀行は普通預金金利が0.01%となっています。

振込手数料の確認

出典: https://www.kosugi500.work

続いては、各ネットバンキングの振込手数料について確認を進めていきます。住信SBIネット銀行では、同行宛ての振込手数料が無料となっています。他行宛てに関しては154円の振込手数料が発生します。楽天銀行でも同行宛ての振込手数料は無料です。他行宛てに関しては金額によって変わっていきますが、最大でも258円の振込手数料となっています。

イオン銀行とソニー銀行など

出典: http://chchchannel.com

また、イオン銀行とソニー銀行、じぶん銀行も同行宛ての振込手数料は無料です。他行宛ての場合、イオン銀行は200円、ソニー銀行は216円、じぶん銀行の場合は最大278円の振込手数料が発生します。ジャパンネット銀行は同行宛てで54円、他行宛てで最大270円の振込手数料、セブン銀行は同行宛てで54円、他行宛てで216円の振込手数料が発生します。

ATM手数料

出典: https://n10shop.com

続いては、ネットバンキングのATM手数料について確認していきます。ここでは、コンビニATM手数料として、ローソンとセブンイレブン、ファミリーマートとミニストップで発生するATM手数料について確認していきます。まずは、住信SBIネット銀行です。住信SBIネット銀行ではどのコンビニで入金してもATM手数料は無料で、出金は108円かかります。

楽天銀行やイオン銀行

出典: https://peraichi.com

続いては、楽天銀行のATM手数料です。楽天銀行はセブンイレブンの入出金で216円、ローソンとファミリーマートでの入出金で270円、ミニストップでの入出金で216円のATM手数料が発生します。イオン銀行の場合は、ローソンとファミリーマートでの入出金で216円のATM手数料がかかります。ミニストップではATM手数料が発生しません。

ジャパンネット銀行やセブン銀行

出典: http://pointsitediary.hatenablog.com

また、イオン銀行ではセブンイレブンでの入出金ができないので、注意が必要です。続いてジャパンネット銀行に関しては、ミニストップ以外のコンビニで入出金する場合のATM手数料が162円となっています。ミニストップでは入出金できません。セブン銀行はセブンイレブンのみ対応しています。入金手数料は無料で、出金の場合に108円かかります。

ソニー銀行とじぶん銀行

出典: http://ichiokuen-wo.jp

さらに、ソニー銀行ではセブンイレブンとミニストップでのATM手数料が無料となっています。ローソンとファミリーマートでも入金にかかるATM手数料は無料です。出金に際しては108円のATM手数料がかかります。じぶん銀行の場合は、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでの入金は無料です。出金には108円のATM手数料がかかります。

ネットバンキングで人気の銀行①:イオン銀行

人気のネットバンキングを比較

出典: http://www.aeon.jp

ネットバンキングを利用する際に発生するATM手数料や金利面の情報を理解することで、よりお得にネットバンキングを使っていくことがポイントです。ここからは、ネットバンキングで人気の銀行について比較しながら具体的にご紹介していきます。すでに利用している場合もそうではない場合も、いろいろな情報を比較して整理しておくことがおすすめです。

イオン銀行の特典とは?

出典: http://visa.debit-card.link

まずは、イオン銀行のおすすめポイントについて比較しながら解説していきます。イオン銀行では普通預金金利が0.001%ですが、イオンカードセレクトに入会することで100倍となる0.1%の優遇金利を受けることができます。イオンカードセレクトに関してはイオン銀行口座と一緒に開設することができます。その恩恵を受けられるところが特典です。

イオン銀行にはランク制度がある

出典: http://www.aeon.jp

また、イオン銀行ではランク(ステージ)制度を採用しており、ランクに応じてATM手数料や金利面での優遇措置を受けることができます。例えば、20点以上の会員に関してはブロンズランクとなり、他行のATM入出金手数料が月1回まで無料となります。普通預金の適用金利も0.05%にアップさせることができます。ランクはシルバーやゴールドもあります。

最高はプラチナランク

出典: https://ginkou.jp

最高ランクはプラチナランクで、150点以上のポイントを取得するとプラチナランクまで上がることができます。プラチナランクになると金利が0.12%まで上昇します。点数に関しては、例えばイオンセレクトカードを持っていると10点、インターネットバンキングの登録で30点などとなります。また、給与の受取口座に指定すると30点を獲得できます。

ランクを上げるのがおすすめ

出典: https://m-sol.co.jp

その他にも、各種ローンや投資信託をイオン銀行を通して行うことでポイントを獲得することができます。シルバーランクは50点以上、ゴールドランクは100点以上が必要となるので、自分が目指すランクになれるようにポイントを高めていくのもおすすめです。ランクを上げていくことで、ATM手数料を無料にしたり金利を有利にしたりすることができます。

イオン銀行のデメリットとは?

出典: http://www.aeontown.co.jp

さまざまな特典もあるイオン銀行ですが、デメリットも確認していきます。イオン銀行のデメリットとしては、他行宛ての振込手数料が有料になることが挙げられます。シルバーやゴールドといったランクになることで月数回は無料にすることもできますが、基本的には手数料がかかります。ミニストップ以外のコンビニ取引では有料になることもデメリットです。

イオン銀行はこんな人におすすめ!

出典: http://www.aeon.jp

イオン銀行の口座を開設して利用するのがおすすめな人としては、金利をたくさんつけたい人を挙げることができます。また、自宅や職場の近くにイオン銀行のATMやミニストップがあるという方にもおすすめすることができます。他行へ振込をする機会が少ない人もおすすめです。イオンカードセレクトとの同時申し込みでお得に活用することができます。

ネットバンキングで人気の銀行②:楽天銀行

人気も実力も抜群の楽天銀行

出典: https://play.google.com

人気のネットバンキングについて比較しながら解説を行っていますが、続いての比較対象は楽天銀行です。楽天銀行もネットバンキングとして魅力があり、人気を誇っている銀行の1つです。アプリダウンロード数も300万件を突破しており、ますます勢いが加速している状況です。ネットバンキングとして利便性の高い楽天銀行について比較しながら紹介します。

ハッピープログラムとは?

出典: http://okanejiten.org

楽天銀行でもイオン銀行と似たような仕組みとしてハッピープログラムが提供されています。ハッピープログラムとはイオン銀行のランク制度のようなもので、段階に応じてATM手数料が無料になったり、楽天スーパーポイントを獲得しやすくなったりする仕組みです。ハッピープログラムの最初の段階はベーシックで、特に大きなメリットはありません。

アドバンストやプレミアム

出典: https://twitter.com

楽天銀行での口座残高が10円以上あるか、取引が5件以上ある場合はアドバンストに昇進します。アドバンストになると月1回までATM手数料が無料となり、他行宛ての振込手数料も月1回まで無料とすることができます。続いての段階はプレミアムです。プレミアムに昇進するためには楽天銀行内の残高が50万円以上か、10件以上の取引を行う必要があります。

特典を享受する

出典: https://itunes.apple.com

プレミアムに昇進することで、ATM手数料が月2回まで無料となり、他行振込手数料も月2回まで無料とすることができます。また、楽天スーパーポイントの獲得倍率も2倍となります。さらにVIPやスーパーVIPといった段階も用意されており、それぞれ特典を受けることができます。楽天銀行を利用する場合は頭に入れておきたいのがハッピープログラムです。

VIPランクやスーパーVIPランク

出典: https://nisa-toushi.com

VIPランクに昇進するためには、口座残高として100万円以上の預金を預けておくか、取引回数が20件以上になる必要があります。また、スーパーVIPランクに上がるためには口座残高に300万円以上あるか、取引を30件以上行う必要があります。VIPランクやスーパーVIPランクに上がることで、楽天スーパーポイントの獲得率を3倍にまで高められます。

楽天銀行のデメリットとは?

出典: https://money-kakekomi.com

楽天銀行にもさまざまな魅力がありますが、デメリットも比較しておく必要があります。楽天銀行のデメリットとしては口座に10万円以上なく、取引回数が少ない場合は手数料が有料になることが挙げられます。そこまで利用するニーズがない場合は、楽天銀行はおすすめできません。そもそも楽天サービスが苦手という方にとっても、おすすめではありません。

楽天銀行はこんな人におすすめ!

出典: http://otoku-jyouhou.com

楽天銀行をおすすめできる人としては、楽天銀行を活用して一定の取引を行う人を挙げることができます。また、口座に10万円以上残しておけるようなゆとりのある方にもおすすめできます。楽天サービスを利用する機会が多く、楽天について精通している方にもおすすめです。楽天スーパーポイントを早く集めて利用したいという方にも向いている口座です。

ネットバンキングで人気の銀行③:住信SBIネット銀行

根強い支持を集める住信SBIネット銀行

出典: https://kenta800155.com

楽天銀行やイオン銀行といったネットバンキングについて比較しながら解説を行ってきました。続いての比較対象として、住信SBIネット銀行を挙げることができます。住信SBIネット銀行も利便性が高いネットバンキングとして根強い支持を集めています。ゆうちょ銀行やコンビニATMでの入金については無料でできるところが、住信SBIネット銀行の魅力です。

スマートプログラムとは?

出典: https://4students.me

まず、住信SBIネット銀行のスマートプログラムについて確認していきます。スマートプログラムとは、ランクに応じてATM手数料や他行への振込手数料が無料になるサービスのことです。略してスマプロと呼ばれることもあります。ランクに関しては1から4までの4段階となっています。商品やサービスの利用で、ポイントを貯めることでランクが上がります。

ランク2の特典

出典: https://site0.sbisec.co.jp

例えば、スマートプログラムのランク2に昇進するためには、総預金残高として30万円以上残しておけばクリアとなります。ランク2に上がるとATM出金手数料が月5回まで無料となります。また、他行への振込手数料の無料回数についても月3回まで無料となります。どのランクも金利面での優遇措置はないのが残念ですが、お得な特典を受けることができます。

ランク3やランク4

出典: https://nishinatoshiharu.com

スマプロでランク3に上がることができれば、ATM出金手数料に関しては月7回まで無料で利用することができます。また、他行への振込手数料についても月7回まで無料となります。ランク4ではATM出金手数料と他行への振込手数料が月15回まで無料となります。さらにスマプロポイントを50p獲得することができるなど、お得な特典となっています。

住信SBIネット銀行のデメリット

出典: https://guilesonic.com

ネットバンキングの比較対象として、住信SBIネット銀行のデメリットも確認していきます。住信SBIネット銀行にはこれといったデメリットがないところが特徴です。一方で、金利が低いことがデメリットだと認識している人もいます。住信SBIネット銀行の金利は0.001%なので高いとは言えません。それ以外の面では便利に利用することができます。

住信SBIネット銀行はこんな人におすすめ!

出典: https://venturetimes.jp

住信SBIネット銀行のおすすめとしては、口座からの出金をそれほど頻繁に行わない人を挙げることができます。常に口座に30万円以上あれば、入出金にかかる手数料が無料となるので便利に利用できます。コンビニで入出金をする機会が多い人も住信SBIネット銀行の利用がおすすめです。大手の銀行に預金をしたいという方にも最適なネットバンキングです。

Thumb住信SBIネット銀行のメリットは?プレミアムサービスの活用法!

ネットバンキングで人気の銀行④:ジャパンネット銀行

ポイントプラグラムはない

出典: https://bank.3cubed.info

人気のネットバンキングについて比較しながらさまざまな特典をご紹介していますが、続いてはジャパンネット銀行の魅力について確認していきます。ジャパンネット銀行も利便性の高いネットバンキングとして人気を誇っており、多くのユーザーが利用している銀行です。イオン銀行や楽天銀行などと異なり、ポイントプログラムは用意していないのが特徴です。

3万円以上の入出金は手数料無料

出典: https://gspot.in

ジャパンネット銀行では、ランク制度やポイントプログラムなどがない代わりに、手数料に関しての優遇措置を受けることができます。セブン銀行やファミリーマート、ローソンのATM、三井住友銀行やゆうちょ銀行で3万円以上の入出金であれば回数に関係なく無料で取引することができます。まとまった資金の取引を行いたい場合はとても便利な仕組みです。

工夫次第で手数料無料に

出典: https://www.cardwave.jp

上記の仕組みを活用すれば、工夫次第で手数料をかけずに入出金することができます。例えば2万円だけ出金したい場合、最初に3万円を入金してその後5万円を出金すれば手数料をかけることなく2万円を引き出すことができます。3万円未満の取引に関しても月1回までは無料となっています。2回以上行う場合は、162円の手数料が発生するので注意したいです。

ジャパンネット銀行のデメリットとは?

出典: https://app.sumapo.com

ジャパンネット銀行のデメリットとしては、振込手数料を挙げることができます。同行宛ての場合は振込手数料が無料となるネットバンキングも多い中で、ジャパンネット銀行では同行宛てでも54円の手数料が発生します。他行宛ての場合も3万円未満で172円、3万円以上で270円の手数料が発生します。この振込手数料の発生がデメリットとして挙げられます。

ジャパンネット銀行はこんな人におすすめ!

出典: https://itunes.apple.com

ジャパンネット銀行をおすすめできる人としては、他行への振込をしない人が挙げられます。また、3万円以上のまとまった金額を入出金する機会が多い人もおすすめできます。ランクなどを気にしてポイントや取引回数を増やすのが面倒だと感じる人にも最適なネットバンキングです。自分の気の向いた時に利用したい人にも最適であり、おすすめできます。

ネットバンキングで人気の銀行⑤:ソニー銀行

ソニー銀行も人気のネットバンキング

出典: http://kaigaisokin.seesaa.net

人気のネットバンキング比較と題して、さまざまなネットバンキングについて比較しながらご紹介しています。続いての人気ネットバンキングの比較対象はソニー銀行です。ソニー銀行もネットバンキングの中では利便性の高い銀行として根強い人気を誇っています。さまざまな特典を有効活用していくことで、ソニー銀行の利便性を感じることができます。

ソニー銀行の特典とは?

出典: https://housingloan.jp

まず、ソニー銀行の特典としてステージ制度を挙げることができます。楽天銀行やイオン銀行などでも用意されているステージ制度ですが、ソニー銀行でも採用しています。ソニー銀行ではステージなしとシルバー、ゴールド、プラチナの4ランクが用意されています。ステージなしであっても、提携ATMであれば月4回までATM手数料を無料で利用できます。

シルバーランクに上がるための条件

出典: https://kaigai-fx-start.com

シルバーランクに上がるためには、月末の総残高が300万円以上であるか、外貨預金の積み立て購入が月間5万円以上、あるいは投資信託積み立てプランが月間5万円以上である必要があります。この3つの条件の1つをクリアすることでシルバーランクに昇進することができます。決して易しい条件ではありませんが、何か目的がある人は達成しやすい条件です。

シルバーランク特典

出典: http://sony-tousan.blogspot.com

実際にシルバーランクに上がることができると、Sony Bank WALLETのキャッシュバック率が1.00%に上がり、さらに海外ATM手数料も月1回まで無料で利用できます。また、Sony Bank WALLETユーザーであれば他行への振込手数料も月4回まで無料となります。自分自身がどのような形でソニー銀行を利用したいのか検討した上で使うことが賢明です。

ソニー銀行のデメリットとは?

出典: https://xn--hekm0a443zu0m27woj0d.xyz

シルバー、ゴールド、プラチナとステージを上がっていくごとにさまざまな特典を享受することができるのがソニー銀行の魅力でもあります。一方で、優遇特典を受けるための条件が厳しいところもソニー銀行のデメリットとして挙げることができます。投資信託などをしない場合は、最低300万円の預金が必要です。それだけ条件が厳しいとも考えられます。

ソニー銀行はこんな人におすすめ!

出典: http://www.gomakatsu.com

ソニー銀行は優遇プログラムを受けるための条件が厳しいですが、投資信託や外貨預金の積み立てプランなどで5万円以上の資金を投資できるという人にとっては、おすすめのネットバンキングです。実際にそうした積み立てプランを活用して資産形成を図っている人には人気があります。Sony Bank WALLETを使いこなしている方にもおすすめの銀行です。

Thumbソニー銀行住宅ローンのメリットは?ネット銀行ならではの特徴を徹底分析!

ネットバンキングで人気の銀行⑥:セブン銀行

セブンイレブンユーザーには便利

出典: https://page.line.me

ネットバンキングの人気銀行について比較しながらご紹介しています。続いての比較対象はセブン銀行です。セブン銀行にもさまざまな特典や魅力があり、ユーザーからの人気や評価も高いのが特徴です。セブンイレブンをよく利用する方にとっては、セブン銀行の口座があると便利です。その他のコンビニでは、入出金することができないので注意が必要です。

nanacoポイントが貯まる!

出典: https://www.businessinsider.jp

セブン銀行のおすすめできる点として、nanacoポイントが貯まるところを挙げることができます。セブン銀行を通して振込をすることでnanacoポイントを10ポイント貯めることができます。また、給与や賞与の振込に関して1回2万円以上で初回500ポイントを貯めることも可能です。2回目からは10ポイントですが、初回に貯まるポイントの多さは魅力です。

セブン銀行のデメリット

出典: https://itunes.apple.com

セブン銀行では、同行宛ての振込手数料もかかるところがデメリットと言えます。同行宛ての振り込み手数料は無料としているネットバンキングも多い中で、セブン銀行の場合は54円の手数料が発生します。確かにnanacoポイントが貯まるという利点もありますが、手数料と比較すると微々たるものです。振込を多くする方にとってはおすすめではありません。

セブン銀行はこんな人におすすめ!

出典: https://www.sevenbank.co.jp

セブン銀行をおすすめできる人としては、nanacoポイントを少しでも多く貯めたいという方を挙げることができます。特に給与や賞与の振込口座としてセブン銀行を指定しておけば、初回500ポイントを受けられるのが大きなメリットです。その他、よくセブンイレブンに行くという方もおすすめです。7時から19時であれば出金も無料で行うことができます。

ネットバンキングで人気の銀行⑦:じぶん銀行

社会に浸透しているじぶん銀行

出典: https://sumahosupportline.com

いろいろな人気ネットバンキングを比較しながらご紹介していますが、最後の比較対象としてじぶん銀行について取り上げていきます。設立当初は斬新なネーミングで人気を誇ったじぶん銀行ですが、今ではそのサービスも社会に浸透して定着してきています。多くのネットバンキングを比較する中でも、じぶん銀行を好んで使うユーザーは多くなっています。

新規口座開設者向けのサービスが充実

出典: https://golddust.jp

かつては、auユーザーに対する特典が多く人気を誇っていたのがじぶん銀行の特徴でした。しかし、近年はサービスや特典を新規口座開設者向けにシフトしている感があります。WALLETポイントやチャージ金額の増額、定期預金金利アップといった特典は新規口座開設者向けとなっています。既存ユーザーに対する特典が手薄になっている感は否めません。

じぶんプラスとは?

出典: http://ascii.jp

じぶん銀行でもその他のネットバンキングと同様にステージ制度と呼ばれる仕組みを取り入れています。それがじぶんプラスです。じぶんプラスステージが+1から+5まで用意されています。預けている総資産や各種条件をクリアすることでステージを高めていくことができます。最初は+1のステージから開始となるので、高めていくことが求められます。

ステージ特典の確認

出典: https://prtimes.jp

+1のステージでは、月2回までATM出金手数料を無料で利用することができます。+2になるとATM出金手数料の無料回数が3回まで増えます。また、+3になるとATM出金手数料が月4回になるのに加えて、他行宛ての振込手数料が月1回まで無料となります。+3のステージまで到達するのは比較的簡単なので、まずは+3を目指してクリアするのが効果的です。

じぶん銀行のデメリットとは?

出典: https://smarthacks.jp

じぶん銀行でもじぶんプラスと呼ばれる仕組みを取り入れていますが、そもそも出金手数料を無料で利用できるネットバンキングも増えてきているので、そこまでお得感を感じられるとは言えません。また、これまでは盛んだったauユーザー向けの特典が消えてきていることもデメリットです。auユーザーであることの利点がほとんどなくなってきています。

じぶん銀行はこんな人におすすめ!

出典: https://gmpapa.life

じぶん銀行の利用をおすすめできる人としては、auユーザーであり、なおかつ初めてじぶん銀行の口座を開設する人を挙げることができます。新規口座開設者向けの特典は充実しているので、これまでじぶん銀行を利用したことがないという方にとってはおすすめです。じぶんプラスも早めに+3まで上がることで、より便利に取引を行うことができます。

ネットバンキングのおすすめ比較のまとめ

出典: https://www.bank-daiwa.co.jp

ネットバンキングのおすすめについて比較しながら具体的にご紹介してきました。ネットバンキングにもいろいろなものがありますが、比較して整理していくことで理解を促進することができます。すでに利用しているネットバンキングもそうでないネットバンキングも魅力を再発見することが大切です。その上で、ネットバンキングを有効活用していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ