簿記2級合格で必要な勉強時間は?独学の準備期間や勉強法などまとめ!

簿記2級に合格するために必要な勉強時間について、具体的に解説を行っていきます。独学の際に必要となる準備期間や勉強法についての解説も行っていきます。簿記2級合格を目指すための勉強時間や勉強法について理解しやすい記事となっています。

簿記2級合格で必要な勉強時間は?独学の準備期間や勉強法などまとめ!のイメージ

目次

  1. 簿記2級に独学で合格するための勉強時間・勉強法とは?
  2. 簿記2級の難易度とは?
  3. 簿記2級合格に必要な勉強時間・準備期間とは?
  4. 簿記2級に独学で合格するために必要な基本的な勉強法とは?
  5. 簿記2級の独学の効率的な勉強法とは?
  6. 簿記2級を独学で勉強する際の注意点とは?
  7. 簿記2級に合格するために更に効率的な勉強法とは?
  8. 簿記2級に独学で合格するための勉強時間・勉強法のまとめ

簿記2級に独学で合格するための勉強時間・勉強法とは?

出典: http://shikakuhikaku.net

簿記2級に独学で合格するための勉強時間や勉強法、準備期間について具体的にご紹介していきます。簿記2級と聞くと難しい印象をお持ちの方も少なくありませんが、適切な勉強時間を確保すれば合格することは不可能ではありません。まずは、簿記2級に対する理解を深めることが重要です。相手を知ることで効果的な勉強法につなげていくことができます。

簿記2級の難易度とは?

平均合格率は約3割程度

出典: http://bokikaitaisinsyo.morito-office.info

まずは、簿記2級の難易度から確認を進めていきます。簿記2級に関しては、平均的な合格率が約3割ほどとなっています。単純計算で3人に1人の受験者が合格できるということです。決して易しいわけではありませんが、合格している人も確実にいることを理解しておくことが大切です。そうすることで簿記2級に対する認識を変えていくことがポイントです。

合格するためには7割以上の点数が必要

出典: http://www.xn--4gr220a2sk54opkq.com

また、簿記2級に合格するためには、当日の試験で7割以上の点数を確保する必要があるとも言われています。簿記2級の出題範囲を考慮すると、7割以上確保するのは難しいと考える人も少なくありません。しかし、きちんと傾向と対策を立てていくことで得点できる範囲を広げることは可能です。勉強時間を確保して、得点できる分野を増やすことが大切です。

適切に勉強を進めること

出典: https://sikakusyufu.info

基本的に簿記2級に関しては、勉強すれば正解できるような問題になっています。本当に勉強しないでいると合格することはできませんが、適切な形で効率良く勉強を進めていけば7割以上取ることは難しくありません。勉強法を誤っていると合格からは遠のいていきます。独学でも適切な勉強時間を確保してテキストを進めれば、合格に近づくことができます。

簿記3級にはなかった工業簿記が追加される

出典: https://flhouse.co.jp

簿記2級の難易度という点で理解しておきたいものに、簿記3級にはなかった工業簿記が追加されるという点を挙げることができます。簿記3級では受験科目として商業簿記のみが対象となりますが、簿記2級では商業簿記に加えて工業簿記も対象として含まれてきます。試験時間が120分で7割以上の得点が必要となるので、適切な対策を立てることが重要です。

いかにして7割以上を目指すか

出典: https://job-q.me

簿記2級の配点は商業簿記が60点、工業簿記が40点の合計100点満点です。商業簿記と工業簿記の両方で7割以上の得点を取る必要はありません。極端な話で言えば、商業簿記が60点で工業簿記10点でも合格できます。それだけに、自分の得意分野を伸ばすという作戦も重要です。いかにして合計7割以上の得点を確保するかが、合格に向けてのカギとなります。

工業簿記も得点源になる

出典: https://ruuuta.jp

工業簿記に関しては簿記2級から初めて出題される範囲でもあり、商業簿記と比較すればそこまで難しいというわけではありません。適切な対策を立てて勉強時間を確保すれば確実に得点できる範囲でもあるので、しっかりと勉強を進めていくことがポイントです。全く勉強しないということがないようにすれば、工業簿記も十分な得点源にすることができます。

受験の目的意識は高い

出典: https://www.qualification-master.work

簿記2級に関しては、学生も社会人も合格を目指す試験として注目が集まっています。学生としては就職に向けて、社会人であればキャリアアップに向けて簿記2級の合格を目指す方が少なくありません。経営管理に役立つスキルとして注目が集まっているのも簿記2級です。しっかりとした目的を持って受験している人も多いのが、簿記2級の特徴と言えます。

勉強が間に合っていない

出典: https://shikaku-doremi.com

学生も社会人も簿記2級を合格するための目的意識は持っていますが、それでも平均的な合格率は3割前後ということが多くなっています。簿記2級に合格できない原因として勉強が間に合わなかったという点を挙げざるを得ません。勉強すれば得点することができる反面、勉強しなければ得点できません。それでも受験する人がいるため合格率が下がるのです。

きちんと勉強すれば合格できる

出典: https://tap-biz.jp

簿記2級に合格するための勉強が間に合わなくても、せっかく申し込んだから受験しようと考える人は一定数いると推測されます。そういった人たちが多くなればなるほど合格率は下がる傾向にあります。したがって、合格率3割という数字を鵜呑みにする必要はありません。きちんと勉強すれば合格できるという意識を持って、簿記2級に臨むことが有効です。

合格率の推移に着目

出典: https://tap-biz.jp

また、簿記2級の難易度につながる考え方として、合格率の推移を見ておくのも効果的です。合格率が高い回の次の試験では合格率が下がり、反対に合格率が低い次の回の試験では合格率が高くなるといったデータもあります。それは、法改正などがあると出題内容に違いが出てくることにも起因しています。過去問演習だけでは間に合わないこともあるのです。

合格戦線に生き残る

出典: https://naraigoto-iroha.com

特に平成28年度試験から平成30年度試験にかけて、段階的に出題区分の変更があることが発表されています。過去問だけでは間に合わない箇所もあるので、新たな法改正があった場合はそこも独学で勉強していく必要があります。いかにして簿記2級の合格を掴み取るかが重要です。自分で情報を整理して、合格戦線に生き残れるように努力することが大切です。

Thumb簿記2級の合格率は低い?難易度や最短合格出来る期間などまとめ!

簿記2級合格に必要な勉強時間・準備期間とは?

準備期間にやることを整理する

出典: https://7treasure-tower.net

簿記2級に独学で合格するためには、難易度を理解して対策を進めていくことが重要です。合格率3割とは言っても、きちんと傾向と対策を分析して勉強時間を確保していけば太刀打ちできないものではありません。ここからは、簿記2級合格に必要な勉強時間や準備期間について解説していきます。準備期間にやるべきことを整理して実践することが大切です。

勉強時間は300~400時間前後が一般的と言われている

出典: https://www.pdca-accounting.com

簿記2級に独学で合格するためには、一般的に300時間から400時間程度の勉強時間が必要だと言われています。もちろん個人差はありますが、これくらいの勉強時間を目安として準備期間を考慮していくことが大切です。例えば、300時間であれば1日5時間の勉強時間で60日程度の準備期間が必要です。社会人と学生では時間の確保が異なるので要注意です。

自分の習熟度を知る

出典: https://chigeyon.com

また、300時間から400時間という勉強時間に関しては、過去に簿記の勉強をしたことがある人の目安勉強時間です。全く簿記に対する知識がないという方や、勉強してから相当の時間が経過している場合は400時間以上の勉強時間が必要となることもあります。まずは自分の簿記に対する習熟度を念頭においた上で、必要な勉強時間を確保することが大切です。

準備期間は1ヶ月~2ヵ月ほど

出典: https://7treasure-tower.net

簿記2級に独学で合格するための目安準備期間としては、1ヶ月から2ヶ月程度を想定しておけば問題ないということもあります。特に簿記3級の資格を取得している方であれば、集中して1ヶ月から2ヶ月勉強することで、合格ラインに乗ることは難しくありません。簿記の基本が身についているのであれば、簿記2級に必要な知識を加えていくのみとなります。

リカバリーが難しい

出典: https://boki-search.com

実際に1ヶ月の準備期間で簿記2級に合格できるという方はいます。それでも、準備期間が短くなるとリカバリーできないという欠点があります。何らかの理由で勉強が遅れてしまうと、それがそのまま致命的なポイントになります。簿記2級に独学で合格するためにはバランス良く勉強することが大切です。その点を踏まえて準備期間を見積もることが大切です。

3ヶ月程度が準備期間の目安

出典: https://summer-orange.net

したがって、ある程度余裕を持って独学での合格に邁進したい場合は3ヶ月ほどの準備期間を用意しておくのが賢明です。簿記2級をバランス良く全体的に勉強していくためには、3ヶ月ほどの準備期間があれば対応できることも多くなっていきます。3ヶ月から半年程度の期間があれば、適切な形で勉強していくことで合格の可能性はかなり高くなると言えます。

半年から1年だと長過ぎるリスクも

出典: https://oto92.com

簿記2級に独学で合格するためには、半年以上から1年程度の準備期間が必要であるという声を耳にすることもあります。しかし、あまり長い準備期間を設けても、それだけの時間集中して勉強できるかどうかは別問題となります。毎日コツコツと勉強できる方であれば別ですが、そうでなければ3ヶ月程度で集中して簿記2級合格に向けて取り組むのが有効です。

準備期間は集中的に取り組む

出典: http://noubiz.jp

自分にとって必要な勉強時間や準備期間を理解することができたら、後は1日に必要な勉強時間を計算して取り組んでいくのみとなります。3ヶ月なら3ヶ月、半年なら半年と準備期間を定めて集中的に取り組むことが大切です。反対に言えばそれだけの勉強時間を確保できないと合格は難しくなります。自分を律する覚悟を持って真摯に取り組むことが大切です。

Thumb簿記1級の勉強時間の目安は?難易度や初心者でも受かるのかを調査!

簿記2級に独学で合格するために必要な基本的な勉強法とは?

基本的な勉強法を実践

出典: http://bayaread.hatenablog.com

簿記2級に独学で合格するための準備期間や勉強時間を理解して、適切に準備を進めていくことがポイントです。その上で、簿記2級に合格するために必要な勉強法について解説していきます。実際にどういった対策をすれば簿記2級の合格に近づけるのかご紹介していきます。簿記2級の基本的な部分の勉強法となるので、確実に理解して実践したいところです。

簿記を勉強した経験がない場合は簿記3級レベルの勉強をしておく

出典: http://kakomon.jp

まず、簿記の勉強を経験したことがない場合は、簿記3級レベルの勉強をしておくことが基本的な勉強法となります。簿記初心者の方がいきなり簿記2級レベルの問題を解こうと思っても、なかなか対応できるものではありません。基本を理解していないと、簿記2級レベルに対応するのは難しいのです。そのため、簿記3級レベルから挑戦することが大切です。

簿記3級の知識が役立つ

出典: https://nanairo-diary.com

また、簿記3級程度のレベルがある方や実際に簿記3級を取得しているという方でも、改めて簿記3級程度の知識を整理しておくことで、簿記2級合格に向けて役立つことが多いです。簿記2級の試験を受けるにしても、簿記3級の知識があることで回答に役立つことは少なくありません。1週間程度を目安にして3級レベルの知識を身につけるのも効果的です。

簿記3級レベルにおすすめのテキスト

出典: https://www.youtube.com

簿記3級レベルの知識を習得する上でおすすめのテキストとしては、「みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版」を挙げることができます。みんなが欲しかったシリーズとしても人気があるテキストですが、簿記3級レベルであれば役立つテキストです。2級レベルには到達しませんが、簿記に関する基礎知識をつけるためには十分な内容です。

まずは基礎を身につける

出典: https://shikaku-method.com

簿記の勉強を進めていく上では、簿記に対する基礎知識を身につけることがポイントです。簿記の概要を理解してから簿記2級の対策を進めていかないと、用語や独特のルールを理解することに苦しみます。そのため、みんなが欲しかったシリーズを利用して基礎を確認しておくのがおすすめの勉強法です。簿記2級へのスタートとしても高い効果に期待できます。

簿記2級レベルへと移行

出典: http://sikakusiken-navi.com

簿記3級レベルの知識を身につけることができれば、続いて簿記2級の勉強へと移行していきます。この段階を踏んで勉強を進めていくことが、適切な勉強法と言えます。また、簿記2級では商業簿記だけではなく工業簿記に関する勉強も進めていく必要があります。どちらかに偏った勉強法ではなく、両者をバランス良く勉強していくことが大切なポイントです。

テキスト選びが重要

出典: http://azusa-lifelog.xyz

簿記3級レベルでは難なくクリアしていたという方でも、簿記2級になると難易度が上がったように感じる方も少なくありません。それだけ3級と2級には違いがあることを理解しておく必要があります。それでも、適切に対策をすれば簿記2級に合格できないことはありません。独学で効果的な勉強法を実践するためには、最善のテキストを選ぶことが重要です。

簿記2級の独学におすすめのテキストとは?

出典: https://aucfan.com

実際に簿記2級を独学で勉強するためにおすすめのテキストとしては、「スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第10版」や「スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第7版」などを挙げることができます。これらのテキストは簿記2級の範囲を勉強する上でも最適と言えます。図や絵なども活用しており、文字だけで勉強するよりも理解が早まりやすいです。

自分の知識として定着させられる

出典: http://www.love-koumuin.com

また、上記で取り上げたテキストに関しては、視覚的にもすっきりと整理されている部分が魅力的です。重要なポイントを一目で確認できるようになっているので、覚えた知識を長期にわたって定着させるという意味で主効果があります。簿記2級への合格に向けて暗記に頼った勉強法ではなく、確実に自分の知識として定着させられるところに価値があります。

理解できないところは何度も確認する

出典: https://koboblog.net

また、スッキリわかるシリーズのテキストは分野別にまとめられているところもおすすめできるポイントです。通勤や通学時間などの移動時間に勉強する場合も効率良く勉強できるテキストとしておすすめです。理解できない箇所は何度も確認することも効果的な勉強法です。図解も整っているテキストであり、何度見ても飽きないところにも魅力があります。

3回から4回程度繰り返す

出典: https://7treasure-tower.net

また、スッキリわかるシリーズを購入して勉強するのであれば、3回から4回程度は繰り返すことがおすすめです。簿記2級の合格に向けては、1回だけテキストを読んで合格するのは至難の業とも言えます。そうではなく、3回から4回程度繰り返すことがポイントです。それぐらいの勢いで勉強することで、実際の簿記2級の試験でも8割程度を目指せます。

解き方のルールを覚える

出典: https://shikaku-study-engineer.com

また、知識を単純に暗記する勉強法はできるだけ避けておくのが賢明です。暗記ではなく、解き方を覚えることが重要です。そのためには、できた問題もできなかった問題も解説をよく見直すことです。解き方のルールを覚えることで、本番の試験でも対応できるようになります。商業簿記と工業簿記双方とも、解き方のルールを覚えることがポイントと言えます。

1冊でも十分合格可能

出典: https://withwork.jp

スッキリわかるシリーズに関しては、1冊しっかりと勉強すれば簿記2級にも十分合格できるレベルのテキストとなっています。やたらと多くのテキストに手を出すのではなく、まずは1冊を完璧にやり切るくらいの気持ちで取り組むのがおすすめの勉強法です。内容も解説も充実しているので、まずはこのテキストを信じて勉強することが合格に近づく秘訣です。

Thumb簿記3級を独学で最短合格するには?おすすめのテキスト紹介!

簿記2級の独学の効率的な勉強法とは?

いかに効率的に勉強できるか

出典: https://tap-biz.jp

簿記2級に独学で合格するために必要な勉強時間や準備期間、おすすめのテキストなども把握した上で、確実な勉強法を実践していくことがポイントです。その上で、簿記2級に独学で対抗していくための効率的な勉強法についても解説していきます。短時間でも結果を出すことは可能です。いかに効率的に勉強を重ねていくかが勝負のカギを握るポイントです。

参考書と問題集を繰り返す

出典: http://boki-success-guide.com

簿記2級に独学で合格するための基本的な勉強法としては、参考書と問題集を繰り返すことが挙げられます。簿記2級に限った話ではありませんが、試験に合格するためにはとにかく繰り返し参考書と問題集に取り組むことが重要です。その中で出題の傾向を探ることです。簿記2級の問題の傾向を理解することができれば、その後の勉強もスムーズにいきます。

参考書で基礎的な知識を身につける

出典: https://happytrend0926.com

簿記2級を独学で合格に導くためには、参考書の使い方もカギを握っていきます。参考書に関しては基本的な知識を身につけるために使うのがポイントです。スッキリわかるシリーズもそうですが、必要な知識を長期的に定着させることに優れた参考書となっています。参考書で要点を確認しつつ、長期記憶に留められるように繰り返して勉強することが大切です。

人間の記憶力を理解する

出典: http://magazine.campus-web.jp

繰り返し勉強することが大切というのは、簿記2級に限った話ではありません。人間の記憶は1回で全てを記憶できるようにはなっていません。1回読んだだけで全てを覚えようとするのは無理があるので、繰り返し勉強することが大切なのです。一見回り道のようにも思えますが、何度も繰り返すことが効率的な勉強法であり、簿記2級の合格にも近づきます。

参考書の次は問題集に入る

出典: http://kakomon.jp

もちろん、参考書を何度も読んで記憶に定着させることを意識して取り組むことが大切です。しかし、参考書を読んでいるだけでは簿記2級合格に必要なスキルを得ることはできません。参考書を読んで理解を深めることができたら、問題集に取り組むことが求められます。問題を解く際の参考書として辞書的な使い方をするのもおすすめであり、効果的です。

問題集を繰り返し勉強して知識を定着させる

出典: https://www.qualification-master.work

参考書の理解が進んできたら、実際に問題集を繰り返し勉強して知識を定着させることがポイントです。独学の場合は解説してくれる人がいないので、自分で問題を解き進めていき、わからないところを自ら解決していくスキルも求められます。何度も何度も問題を解いて実戦に慣れることも重要です。そうすることで、試験本番も得点力を高めることができます。

1回目は自力で解く

出典: http://license.affilistyle.com

また、独学で簿記2級の勉強を進めていく際に、1回目は回答を見ることなく自力で解き進めていくことがポイントです。自分で考えて問題に取り組む姿勢を身につけることが大切です。そうすることで、自然と考える力が身についていきます。1回目の場合は問題に正解しても解説を丁寧にチェックします。そこから新たな知識を吸収することも効果的です。

問題集を3回から4回繰り返す

出典: https://shuppan.tac-school.co.jp

そして、1通り簿記2級の問題集を解き終えることができたら、問題集も3回から4回程度繰り返し解くことが大切です。少なくても3回は繰り返し解くことで合格に必要なスキルや知識を身につけることができます。独学の場合、1回や2回問題を解いただけで合格するのは至難の業です。3回から4回程度繰り返し勉強することが合格に近づく秘訣だと言えます。

できない問題は重点的に

出典: http://www.neowing.co.jp

もちろん、3回から4回という回数は目安に過ぎません。どうしてもできない問題や苦手な分野がある場合は、知識が定着するまで繰り返して解くことが重要です。3回程度やって間違えない問題に関してはそれ以上やる必要はありません。できなかった問題にマークをつけておき、それを優先的に行うのです。そうすることで徐々に苦手をつぶすことができます。

苦手分野の克服が重要

出典: https://item.mercari.com

できない問題や苦手分野をつぶしていくことで、確実に簿記2級の合格ラインに近づくことができます。勉強時間や準備期間との兼ね合いもありますが、できるだけ復習時間を確保することもポイントです。苦手分野を克服することが合格へのカギを握ると言っても過言ではありません。徐々に回答の精度を高めていき、本番でも実力を発揮することが大切です。

過去問も解く

出典: https://buyee.jp

また、簿記2級の合格に向けて効率的に勉強を進めるという意味では、過去問もしっかりと解いておくことが大切です。傾向が変わることもありますが、過去問を解くことで見えてくるものも多いです。実際の時間の従って解くことも重要です。同じ時間内で解くことで、試験本番でも時間が足りないということがないように対策を進めることが求められます。

類似問題も多い

出典: http://ekotan531.seesaa.net

簿記2級の問題の特徴としては、類似問題が出やすいことが挙げられます。当然、全く同じ問題が出るわけではありませんが、似たような形式や特徴の問題が出題されることは多くなっています。そのため、過去問を解いておくことでどういった対策をすれば良いのかがわかりやすくなるのです。その点においても、過去問を解いて対策を進めることが大切です。

おすすめの過去問参考書

出典: https://jmty.jp

実際に過去問演習に取り組むのであれば、「合格するための過去問題集 日商簿記2級」というテキストの活用をおすすめすることができます。簿記2級を受験する方であれば必須の過去問題集とも言えます。解説もしっかりしていて、復習にもうってつけです。簿記2級の過去問に関しては、この参考書を利用して勉強を進めていけば問題ありません。

簿記2級を独学で勉強する際の注意点とは?

注意点を守って正しく勉強する

出典: http://life.kakao00.com

簿記2級の独学での合格に向けては必要な勉強時間や準備期間、おすすめの勉強法やテキストなども理解した上で対策に取り組むことがポイントです。さらに、ここかはら簿記2級を独学で勉強する際の注意点について解説していきます。独学で勉強すると言っても、闇雲に勉強すれば良いわけではありません。注意点を守って正しく勉強することがおすすめです。

苦手分野を作らない

出典: https://www.kaikei-tisiki.net

簿記2級の勉強における注意点としては、苦手分野を作らないことが挙げられます。簿記2級の試験では商業簿記と工業簿記の2つの分野から出題されることになっています。その分野の中でもさらに細かい分野に分かれて出題されることになるので、バランス良く勉強しておく必要があります。苦手分野を避けて勉強しているとどうしても合格には近づきません。

苦手分野の克服が自信につながる

出典: https://job-q.me

得意分野を100%正解して合格を勝ち取るという手法もありますが、本番では何らかのミスが生じてしまうことも往々にしてあります。その際に、苦手分野は全く得点できなかったということになると致命的です。苦手分野を克服することで、試験本番に向けての自信にもつながります。何度も何度も問題を解いて苦手をつぶしていくことが大きなポイントです。

工業簿記対策としてのおすすめ

出典: https://item.mercari.com

工業簿記が苦手なのであれば、例えば「パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 工業簿記」といったテキストを使って勉強するのもおすすめです。問題を解いたり参考書を読んだりしている中で、苦手分野があることに気づくことが大切です。実際に苦手分野があると感じたのであれば、それを克服するための参考書を準備してコツコツと取り組むことが重要です。

試験の時間配分を意識する

出典: http://www.hikarujinzai.com

簿記2級で合格を勝ち取るための勉強法の注意点として、試験の時間配分を意識することも挙げられます。独学でやりがちな失敗として、本番の試験で時間が足りないというものが挙げられます。これは、普段から試験時間を意識せずに勉強していることが挙げられます。また、普段と異なる場所で試験を受けることに慣れていないとこうしたミスを犯しがちです。

時間を意識して勉強する

出典: https://licenseo.com

試験時間が足りなくなるというリスクを避けるためには、日頃から試験時間を意識した中で勉強を進めていくことがポイントです。実際の試験時間は120分という長期戦でもあります。集中力をいかに持続させるかという点も勝負の分かれ目になっていきます。時間が足りなくなることを想定して、過去問演習は110分で行うといった対策もおすすめできます。

模試の活用もおすすめ

出典: http://www.saru-oyaji.xyz

また、試験本番の会場の雰囲気に慣れるという意味では、模試を活用することもおすすめです。自宅で1人で勉強しているとどうしても緊張感を味わうことが難しくなってしまいます。資格スクールでは模試を開催していることもあるので、そうした機会を利用するのもおすすめです。周囲に人がいる環境で実力を発揮してこそ、簿記2級の合格を勝ち取れます。

使い慣れた計算機を使う

出典: https://kaumo.jp

さらに、簿記2級を独学で進めていくための注意点としては使い慣れた計算機を使うことも挙げられます。実際の試験本番でも電卓を持ち込んで受験することが可能です。そこでできるだけ使い慣れた計算機を利用して、失敗を防ぐことも重要です。普段から使い慣れた計算機を利用し続けることで試験本番でも慌てずに使えるので、余計な不安を除去できます。

おすすめの計算機

出典: https://kmemo.net

実際におすすめの計算機としては、「Canon 12桁電卓 HS-1220TUG SOB グリーン」を挙げることができます。2,000円以下という廉価な値段でありながら、大きい画面で見やすい表示になっているところがおすすめポイントです。入力ミスを防止してくれる機能もついているところが魅力的です。見やすさという点でも優れているので、おすすめできます。

なるべくいつもと同じ環境を作る

出典: https://cyta.jp

簿記の計算機に関しては多機能である必要はありません。機能が多いことによって持ち込み不可となる可能性もあるので、注意しておきたいところです。上記で紹介した計算機以外にも自分で使い慣れたアイテムがあれば、それを試験本番に持参していくのが賢明です。簿記の試験本番でも平常心でいつもと同じように取り組める環境を作ることが求められます。

簿記2級に合格するために更に効率的な勉強法とは?

空いた時間を有効活用する

出典: https://invest-wm1.com

簿記2級に独学で合格するためには、必要な勉強時間を確保して効率的に勉強を進めていく必要があります。その中でも注意点を守って合格を目指すことがポイントです。ここからは簿記2級合格に向けてさらに効率的な勉強法を紹介していきます。ちょっとしたすき間時間を活用することも重要です。空いた時間を活用することで合格に近づくことができます。

オンライン講座を利用するのもおすすめ!

出典: https://manabiz.jp

簿記2級の合格を勝ち取るという意味では、オンライン講座を利用して勉強を進めることもおすすめできます。通勤や通学といったすき間時間を有効活用して知識の定着を図ることができます。オンライン講座であれば、いつでもどこでも音声を聞いて勉強することができます。スマホ1台で勉強できるところも魅力であり、合格に近づくための秘訣と言えます。

スマホで知識を吸収

出典: https://twitter.com

テキストや問題集との勉強と並行してオンライン講座を活用することで、身につけた知識をより強固なものにすることができます。簿記2級スマホ講座など、スマホで空き時間に勉強できるコンテンツも用意されています。場合によってはお風呂の中で勉強することも可能です。合格に向けて集中力が高まった状態で利用すると、一気に理解度を高められます。

補助的に利用する

出典: https://www.zkai.co.jp

もちろん、オンライン講座だけで全てを体得するのは難しいものがあります。テキストや参考書と合わせて、簿記2級合格に向けた補助的な材料として組み合わせ学習をすることがポイントです。試験本番までに時間的なゆとりがあるという人はそれほど多くありません。いかに時間を有効活用していくかによって、試験本番の得点率も変えていくことができます。

インプットとアウトプットを繰り返す

出典: http://sikakusiken-navi.com

とにかく、簿記2級の合格に向けてはインプットとアウトプットを繰り返すことが重要です。オンライン講座ではインプットはもちろん、問題集が付属しているものであればアウトプットも行うことができます。テキストと合わせて活用することで、より効率的に勉強を進められるので活用をおすすめします。

簿記2級に独学で合格するための勉強時間・勉強法のまとめ

出典: https://shikaku-study.info

簿記2級に独学で合格するために必要な勉強時間や準備期間、勉強法について具体的にご紹介してきました。簿記3級に合格しているか、簿記に対するベースとなる知識があるかどうかによっても必要な準備期間は変わっていきます。まずは自分のことを正確に理解して対策を練ることです。きちんと対策して勉強すれば自ずと簿記2級の合格も近づいていきます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ