固定資産税を軽減する方法!期間や税率・手続き方法などを解説!

固定資産税の軽減や減税などは固定資産税をよく知っておかないとなかなか理解しにくい問題であります。そこで今回は固定資産税の軽減や減税にスポットをあてて固定資産税の軽減措置や減税などを受ける為の手続きや条件、期間などを詳しく解説していきます。

固定資産税を軽減する方法!期間や税率・手続き方法などを解説!のイメージ

目次

  1. 固定資産税を軽減する方法とは?
  2. 固定資産税の知識をしっかりと持っておくことが軽減につながりやすい
  3. 固定資産税の非課税・減免・免税点の違いとは?
  4. 固定資産税を軽減させる為の軽減措置一覧を紹介!
  5. 固定資産税を軽減するためには市町村による土地と建物の課税ミスを正すことが必要
  6. 固定資産税を軽減するために評価額審査の申し出を行う
  7. 固定資産税を軽減する方法のまとめ

固定資産税を軽減する方法とは?

出典: https://tochikatsu-hatake.com

固定資産税を軽減する方法は大きく分けて三つあります。それらの方法は固定資産税の減税にとても有効です。ただし固定資産税というものを良く理解して、どうすれば固定資産税を軽減できるのか、或いは固定資産税を減税できるのかを考える必要性があります。そこで今回は固定資産自体や軽減、減税について期間や手続きなど詳しく解説していきます。

Thumb退職金にかかる税金・住民税の計算方法を解説!確定申告は必要?

固定資産税の知識をしっかりと持っておくことが軽減につながりやすい

出典: https://biz-loan.jp

固定資産税軽減には固定資産税を正しく評価して、軽減措置を正しく知る事です。その上で『固定資産税の評価をする役所にミスがないか調べる事』が固定資産税を軽減する為の早道となります。ただ役所の評価にミスがあるわけがないと思われる方も多いと思います。しかしながら総務省の調べでは39万人以上の課税ミスが発覚しているという事実があります。

固定資産税は何に対してかかっているのかを理解する

出典: https://nanairo.jp

固定資産税はその名の通り動かせない資産にかかってくる税金です。具体的に固定資産税とはなにかというと1月1日の時点で土地や建物を所有している方にかかってくる税金となります。課税対象となる1月1日時点での土地や建物の価格を算出して、算出された価格に一定の税率をかけたものが固定資産税となります。ちなみに固定資産税は地方税となります。

計算方法や税率・標準課税を正しく理解することがポイント

出典: https://hoken-teacher.jp

土地の評価額は路線価に基づき課税標準額を算出します。路線価とは不特定多数が通行する道路に面する宅地1平方メートルに対しての評価額となり、路線価自体は実際に取引が成立する価格である実勢価格の80%ほどとなります。ただし更地の場合は特に固定資産税などは軽減措置はないので覚えておきます。ちなみに固定資産税の標準税率は1.4%なります。

土地や建物の課税標準額は毎年変わる

出典: https://assema.tokyo

固定資産税算出の為の課税標準額は毎年変わってきます。しかし固定資産税を算出する為の課税事務作業軽減の為、3年に1回のみなし評価となっています。また土地に建物が建築されて初めて固定資産税を算出する為の課税標準額が軽減されるというのもまた固定資産税を軽減、減税する為の大きなポイントとなりますので手続きなどを覚えておくと便利です。

固定資産税は自分で動かないと軽減されないので注意!

出典: https://biz.moneyforward.com

固定資産税の課税ミスは自分で動いて見つけないと高い税金を払い続ける事となります。無論、役所の方は固定資産税の計算の元となる課税標準額を正しく算出していると考えていますから余計に払う側から手続きしないといけないわけです。ちなみに1592ある市町村で97%にあたる自治体で39万人分もの手続きミスが発覚しているという事実があります。

固定資産税の課税標準額を自分でも計算する

出典: https://sumika.link

固定資産税を軽減する為には、まず己で不動産である土地や建物の課税標準額を計算する事です。その上で役所が算出し計算した税金が間違っていないか知る事が固定資産税の軽減、減税の一番の早道となります。実際に5年から20年分の固定資産税還付と利息を受け取ったという事例もありますので、手続きや難しいと諦めずに勉強する努力をする事が大事です。

固定資産税の軽減には分筆という方法もある

出典: https://keiei.freee.co.jp

固定資産税は評価額に固定資産税率である1.4%をかけて算出する事は先に記しました。ここで問題になってくるのが固定資産税の評価額で、例えば大きな土地が一つあり、大通りに面していると評価額は高くなります。これらの土地を二分割し、分ける事を分筆といい、大通りに面していない片方の評価額が低く抑えられます。この手続きを覚えておきます。

私道は固定資産税が非課税になる可能性がある

出典: https://www.doctor-m.net

私道の条件は、幅が1.8m以上で他の公道に通じている必要性があります。加えて不特定多数の方が通行しており、行政側から客観的に見て道路と判断されたものに適用されます。ただし私道として認められ、固定資産税が非課税となるには自分で市町村の税務課へと私道申告手続きをせねばなりません。もし所有地に私道が含まれる場合は手続きしておきます。

マンション経営をする場合の固定資産税軽減

出典: https://support-sozoku.com

先にも記しましたが固定資産税は土地や建物の評価額に固定資産税の税率である1.4%をかけて算出します。なのでマンション経営をする場合、土地の評価額を抑える方法として敷地の一部に公園を作る事で固定資産税の優遇措置を受けられます。公園は公共性の高い土地となり、固定資産税の非課税対象となりますので特にこの手続きを覚えておくべきです。

固定資産税の非課税・減免・免税点の違いとは?

出典: https://nanairo.jp

固定資産税には非課税対象になるものと減免になるもの、そして免税点が受けられるものがあります。非課税対象とは市町村が固定資産税を課税できない事をいいます。一方、減免とは固定資産税が免除、または減額される事をいい、免税点とはある一定の金額に満たない課税標準額の場合、固定資産税の課税の対象にしないものとする制度となります。

非課税とは?

出典: https://www.juken-net.com

先にも少し触れましたが、固定資産税の非課税とはその固定資産税に課税できない事を言います。対象としては地方公共団体が所有するもの、或いは学校法人、社会福祉法人が所有している土地やたてものとなります。ただし固定資産税の非課税対象となる為には土地や建物がその本来の意味で使用されている必要性がありますので特に注意して手続きします。

減免とは?

出典: https://ab-lab.jp

固定資産税減免でも触れましたが、減免を詳しく解説しますと市の条例により固定資産税が免除、または減額される事をいいます。具体的に固定資産税が減免される条件としては固定資産税課税対象の土地や建物が、公共の為に使われているものや火災によって損害を受けたものなどになります。ただし土地や建物を有償で貸しているものその限りではありません。

免税点とは?

出典: https://ieul.jp

固定資産税の免税点は一言で言うと一定の額に届かない土地や建物を固定資産税の課税対象とはしないとなります。例えば土地と建物の両方を所有している方がいたとして土地の課税標準額が20万円で建物の課税標準額が30万円だとすると土地の免税点になる額が30万円なので土地は免税点となり、逆に建物は20万円なので固定資産税の課税対象となります。

非課税・減免・免税点でも自分で動く事が大事

出典: https://sell.yeay.jp

先に固定資産税の課税ミスを探すでも触れましたが固定資産税の非課税や減免でもやはり自分で動いて固定資産税を課税する市町村に対して手続きが必要となります。手続きを怠ると通常通りに固定資産税が請求される事なります。なお免税点未満の課税標準額であるとい思われる土地や建物についても固定資産税手続きは必要となりますので特に注意しておます。

固定資産税を軽減させる為の軽減措置一覧を紹介!

出典: https://www.juken-net.com

固定資産税を軽減する方法で簡単で有効な方法は軽減税率の優遇措置を受ける事となります。固定資産税税率が一律である以上、税率を軽減する軽減税率の優遇措置を受ける事で固定資産税を大幅に軽減する事ができます。無論、一概に軽減税率の優遇措置と言ってしまっても沢山のものがあり、ここからはそれらの軽減税率の手続きや期間などを見ていきます。

住宅用地の軽減措置

出典: https://allabout.co.jp

建物用地での固定資産税の軽減税率の優遇措置を受けられる条件としては小規模住宅用地である200平方メートル以下の部分と一般建物用地である200平方メートル超えの部分となります。なお200平方メートル以下の場合は固定資産税の軽減税率の優遇措置は課税標準額の6分の1となり、逆に200平方メートル超えの場合は課税標準額の3分の1となります。

固定資産税軽減の上での住宅に含まれるもの

出典: http://www.kentaku.co.jp

固定資産税の軽減税率の優遇措置を受ける場合、住宅には老人ホームや社員寮なども住宅として定義されます。加えて店舗として使っている建物でも店舗の中に住宅があったりする併用ビルやマンションなども住宅部分の割合によって住宅用地率が変動してきますので住宅用地の固定資産税の軽減税率の優遇措置を受ける場合には特に注意を怠らず計算します。

新築住宅の軽減措置

出典: https://venture-finance.jp

新築住宅に対しての優遇措置をみていきます。新築住宅に対する固定資産税の軽減税率の優遇措置は次の期間は税率が2分の1となります。その期間は3年または5年間の期間です。条件は3階建て以上の耐火構造か準耐火構造を持った住宅が5年間の期間、それ以外の一般的な住宅が新築後3年間の期間、固定資産税軽減を受けられます。優遇を受けられる期間をしっかりと把握しておきましょう。

一定の基準を満たす長期優良住宅の条件

出典: https://nanairo.jp

平成21年6月4日に『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』が発布され、耐震性や耐久性など一定の条件を満たしていると一般住宅でも5年の期間、固定資産税の軽減税率の優遇措置が受けられます。なおこれらの条件を満たし、加えて3階建て以上の耐火構造か準耐火構造を持っていれば7年間の期間、固定資産税の軽減税率の優遇を受ける事ができます。

耐震建て替えや耐震改修の軽減措置

出典: https://setsuzei-life.com

昭和57年1月1日よりも前に建てた建物を壊して耐震建て替えをした場合も固定資産税の軽減税率の優遇措置を受ける事ができます。ただし平成30年の12月31までに新築する必要があり、それらの条件をクリアしている住宅には固定資産税の軽減税率の優遇措置が3年間全額免除となります。もちろん以上の条件に合わない場合は軽減措置をうけられません。

出典: https://minnkane.com

耐震立て替えとも似ていますが、耐震化改修を行った住宅に関しても固定資産税の軽減税率の優遇措置を受ける事ができます。ただし条件として平成27年12月31までに耐震化改修を行った住宅だけとなり、住宅一つに対して120平方メートルまでが固定資産税の軽減税率の優遇措置の対象となります。なお期間は1年間となっていますので覚えておくと便利です。

バリアフリーの軽減措置

出典: https://hoken-teacher.jp

バリアフリーに関する改修工事を行った場合も固定資産税の軽減税率の優遇措置を受ける事ができます。固定資産税の軽減税率優遇措置条件としては改修工事を行った翌年から100平方メートルまで3分の1まで減額されます。ただし工事期間が平成28年3月31日までに改修を行い、平成19年1月1日以前からある住宅が対象となりますので覚えておくと便利です。

省エネ改修工事の軽減措置と必要な手続き

出典: https://hokeneigyo-lab.com

省エネ改修工事を行った住宅にも固定資産税軽減税率の優遇措置を受ける事ができます。平成30年3月31日までに窓の断熱改修工事や床や天井、また壁に断熱改修工事を行った場合に固定資産税軽減税率の優遇措置が適用されます。期間は改修工事を行った翌年度分だけど短いですが、固定資産税が120平方メートルまで3分の1に減額されるので覚えておきます。

出典: https://www.universalhome.co.jp

省エネ改修工事での固定資産税軽減税率の優遇措置の注意点をみていきまょう。まずバリアフリーで優遇措置を受けている場合は併用はできません。加えて耐震化改修との併用もできません。これらの優遇措置を二重にうけることができません。また改修工事費は50万円を超えてないと適用されなません。軽減措置を受けるためにも、しっかりとここを確認しましょう。

出典: http://grastate.co.jp

省エネ改修工事を行った場合、まず改修後3ヶ月以内に書類を準備します。書類は「固定資産減額申告書」と「熱損失防止改修工事証明書」などの省エネ改修工事を行った事を証明できる書類です。これらを持って市町村の税務課へと赴きます。そこで市町村の税務課から省エネ改修工事を行ったと認定されれば晴れて固定資産税軽減措置を受けられます。省エネ改修工事を行った際には、準備をしたうえで税務課に訪れると良いでしょう。

空き家に関する減免規定もあるが危険な空き家は減税の対象外になる

出典: https://realestate-iroha.jp

平成27年2月26日より「空き家対策の推進に関する特別措置法」が発布されました。その中で倒壊等の保安上危険となる場合や衛生上有害となる場合など複数規定が制定されており、それらの条件を満たせば空き家に対しての固定資産税軽減税率の優遇措置を受けられます。なお小規模住宅用地は6分の1、一般住宅用地であれば3分の1の減免となります。

出典: https://assema.tokyo

空き家に対する固定資産税の軽減税率の優遇措置でも市町村長が周囲の生活環境保全の為必要な措置をとるようにと所有者に勧告した場合、固定資産税軽減税率の優遇措置の減免対象から外れてしまいます。それどころか小規模住宅用地では本来の固定資産税の6倍、一般住宅用地では3倍にも固定資産税が増えてしまいますので特に注意して覚えておきます。

固定資産税を軽減するためには市町村による土地と建物の課税ミスを正すことが必要

出典: http://www.town.kamigori.hyogo.jp

固定資産税の軽減と減税の為にはもっとも有効なのが市町村から送付されてくる「課税明細書」をよく確認して、果たして課税ミスはないのかと精査する事です。課税明細書には固定資産の課税額や土地や家屋の課税標準額や価格などが記載されいますから自分で計算した課税標準額と違っていないか、よく確認してから固定資産税を支払うようにしておきます。

自宅の固定資産税を調べる

出典: https://www.juken-net.com

固定資産税の課税証明書は毎年4月1日に地方自治体から送られてきます。書式は自治体によってまちまちですが、固定資産税から固定資産税の軽減額が差し引かれた今年度分の固定資産税の金額が書かれています。もちろん万が一ですが、固定資産税の課税証明書を紛失した場合、市役所に赴き「名寄せ帳」を閲覧する事で課税証明書の内容を知る事ができます。

自宅の固定資産税を調べて固定資産税が適正かどうかを判断する

出典: https://venture-finance.jp

先にも記しましたが自宅にかかる固定資産税の額は固定資産税の課税証明書で確認する事ができます。固定資産税の課税証明書の見方は東京都のサンプルとして東京都主税局のホームページに「固定資産税・都市計画税 課税証明書」の見方見本が乗っていますので、そちらを参考に自宅に課せられた固定資産税の額をしっかりと確認してから支払うようにします。

土地の課税ミスの確認

出典: https://manetatsu.com

固定資産税の課税証明書を手に入れたら、記載されている固定資産税の額に住宅用の軽減措置が適用されているのかを確認します。市町村の課税ミスの中で一番多いのが、住宅用の軽減措置の不適用です。自宅の住宅用軽減措置の期間や条件などを精査してから今一度、市町村から送られたきた固定資産税の課税証明書に記載された固定資産税の額を確認します。

登記上の土地に他人の土地が含まれている場合も

出典: https://manetatsu.com

固定資産税の課税ミスの中でも多いのが、課税対象である自宅の土地に他人の土地が含まれてしまい土地の評価額が上がっているケースとなります。市町村側もどこまでが納税者の土地であり、どこからかが他人の土地であるかハッキリと認識していない場合が存在するのです。そういった固定資産税の課税ミスもありますので特に注意して精査しておくべきです。

他に固定資産税の土地課税ミスにはこんな例もある

出典: https://venture-finance.jp

仮に固定資産税の課税証明書に記載された固定資産税の額が「評価額」と「課税標準額」が同じ金額になっていて、自宅がアパートやマンションの住宅用地の場合、固定資産税の住宅用の軽減特例が適用されていない可能性があります。もう一度、市町村から送られてきた課税証明書を確認してから市町村の税務課へと申告すると良いと考えられます。

建物の課税ミスの確認

出典: http://one-project.biz

固定資産税課税ミスを見つける方法をみていきましょう。やり方はまず二つの方法があります。一つは「床の面積が違うかどうかを比較して確認する事」で、もう一つは「周辺にある建物と比べてミスはないかを調べる事」です。これらの詳しい方法は後述しますが、これら二つの方法で固定資産税の課税ミスを発見できるので覚えておくと便利です。実際にミスがあるかどうかは、まず自分で探してみないことに気づくこともできません。

建物の登記面積と記載された床面積の比較

出典: https://ninbai-saisei.com

こちらは法務局に出向く必要があります。法務局へと出向いたら自宅の登記事項証明書を取得します。一通600円かかりますが、固定資産税の課税ミスを見つければ安いものです。ともかく登記事項証明書を取得したら自宅の登記床面積と課税証明書に記載された床面積を比較します。そうして記載された床面積と違うならば固定資産税の課税ミスと考えられます。

自宅を周囲の建物と比較して課税ミスを見つける

出典: http://suumo8.rssing.com

仮に周囲の建物の固定資産税の額を知っているならば、自宅の固定資産税と周囲の建物にかかる固定資産税の額を比較すると比較的簡単に課税ミスを見つける事ができます。無論、周囲の建物にかかる固定資産税の額を知るには直接聞くか、或いは総覧帳簿の閲覧が可能であれば周囲の建物にかかる固定資産税額を調べる事ができますので覚えておき、活用します。

周囲の建物との固定資産税額の比較方法

出典: https://www.legalawyer.jp

周囲の建物と自宅にかかる固定資産税額を比較するには、まず自宅の評価額を床面積で割り、平方メートルの単価を出します。次に周囲の建物にかかる固定資産税額を床面積で割って、こちらも平方メートル単価を算出。その出た数値を比較してやり、同じ大きさのはずなのに平方メートル単価が大きく違う場合は固定資産税の課税ミスの可能性があります。

固定資産税を軽減するために評価額審査の申し出を行う

出典: https://sumaity.com

仮に固定資産税の課税ミスを発見した場合は直ちに市町村の税務課へと申し出ましょう。この申し出をしないと固定資産税の課税ミスは期間や条件、税率などを問わず、固定資産税が多く請求され続けます。もちろん固定資産税の課税ミスの申し出の方法である評価額審査の申し出には条件などがありますから、ここからは評価額審査の申し出を解説していきます。

固定資産税の評価額審査の申し出を行う際の注意点

出典: http://www.town.kamigori.hyogo.jp

固定資産税の課税ミスを市町村の税務課へと申し出る評価額審査の申し出の条件は固定資産税の納税通知書を受け取った翌日から90日以内に申し出ねばなりません。この期間を過ぎると評価額審査の申し出は出来なくなるので注意が必要です。なお各市町によって評価額審査の申し出の方法が若干違ってくるので事前によく調べておく必要性があります。

審査の申出が出来る人の条件は?

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

評価額審査の申し出ができるのは固定資産税の納税義務がある納税者か、相続人と代理人だけとなります。代理人が評価額審査の申し出をする場合は委任状に納税者の住所と氏名、そして委任する旨を記します。加えて代理人の住所と氏名、委任日を明記してから代理人に委任する納税者が委任状に押印しておきます。そうして評価額審査の申し出を行います。

審査の申し出が出来る内容の条件は?

出典: https://tecomane.jp

固定資産税の減額を求めて固定資産税の課税ミスを申告する為の評価額審査の申し出が出来る内容は限られています。評価額審査が出来るのは固定資産税課税台帳に登録された評価額に関したものだけとなります。もし仮に非課税や減免、軽減税率の優遇措置などを求めて申し出る場合には行政不服審査法に基づき、所属の県知事へと審査請求をする事となります。

審査の申し出が出来る期間は?

出典: https://sumaity.com

先にも記しましたが固定資産税の課税ミスを申告する為の評価額審査の申し出は納税通知書を受けとってから90日以内に行います。無論、期間ギリギリに固定資産税の評価額審査を行うよりも余裕を持って60日以内には固定資産税の課税ミスの申告を行いましょう。ちなみに固定資産税の評価額審査を行っている間は納税できませんので覚えておきます。

申し出の方法は?

出典: https://biz.moneyforward.com

固定資産税の評価額審査の申し出は「審査申出書」を固定資産税を納税する市町村の税務事務所に提出します。もちろん郵送での審理申出書提出でもいいのですが、郵送消印が申し出できる期間内でなければなりません。なお提出を受けた事務所は受け付けた証として受領印を押し、審査申出書の控えを送り返してくれますので丁寧に保管しておきます。

固定資産税の課税ミスをなくす為の交渉ポイント

出典: http://www.homemate-research-tax.com

固定資産税の課税ミスを評価額審査として申し出た場合の交渉ポイントとしてはとにかく書面で行う事です。行政側の主張をメモに残し、メモに担当者の署名等をもらっておきましょう。出来れば会話の内容を小型のレコーダーなどに残したり、書面で回答をもらうようにします。交渉では相手がなにを言ったのかを動かぬ証拠として残す事が大事なのです。

固定資産税を軽減する方法のまとめ

出典: https://asset-campus-oag.com

固定資産税の課税ミスはなくならないもので、だとするならば自警処置で固定資産税の課税ミスを見つけて正すしかありません。それらがひいては固定資産税の減税や軽減に繋がります。今一度、期間や条件などを精査して、固定資産税の減税や軽減などの手続きをする事をおすすめします。今回はそんな固定資産税軽減などについて考える一助になれば幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ