「同行」の意味と正しい使い方は?シーンや相手別に敬語の使い分けを解説!

「同行」という言葉に焦点を当てて、同行の意味や正しい使い方について具体的に解説を行っていきます。シーン別や相手別の敬語の使い分けも取り上げていきます。さまざまな言葉がある中で、同行の意味や使い方を理解できる記事となってます。

「同行」の意味と正しい使い方は?シーンや相手別に敬語の使い分けを解説!のイメージ

目次

  1. 「同行」の意味を理解しビジネスメールでも使いたいところ
  2. 「同行」の意味とは?「帯同」や「随行」との違いは?
  3. 「同行」の使い方は?例文で紹介
  4. 「同行」の敬語でシーン別の使い分けで目上の人へのお願いは?
  5. 「同行」の敬語でシーン別の使い分けでお礼の表現は?
  6. 「同行」の敬語で相手別の使い分けで「させていただきます」は?
  7. 「同行」の意味や使い方や敬語表現まとめ

「同行」の意味を理解しビジネスメールでも使いたいところ

出典: https://gimon-sukkiri.jp

「同行」という言葉に注目をして、その言葉の意味や使い方について確認していきます。ビジネスメールでも同行という言葉を利用する機会は大いにあります。シーン別の使い分けやその他の言葉との違いを把握しておくことで、正しい使い方をすることにつながっていきます。相手別や敬語としての使い方も含めて、同行に対する理解を深めていきましょう。

「同行」の意味とは?「帯同」や「随行」との違いは?

「同行」の意味は?

出典: http://pinasan.com

まずは、「同行」の意味から確認していきます。同行とは、「一緒に連れ立って行くこと」を意味する言葉となっています。基本的に身分の違いに捉われる言葉ではありませんので、同じような立場の人と一緒にどこかに行く際には同行という言葉を使うのが便利です。「部下の営業に同行する」といった使い方も一般的で、ビジネスシーンでもよく使われます。

「同行」と「帯同」の違いは?

出典: http://sales-designer.com

「同行」と似たような意味を持つ言葉として、「帯同」という言葉を挙げることができます。帯同も誰かと一緒に連れ立って行くことを意味する言葉ですが、誰をメインにするのかによって大きな違いが出てきます。「帯同」の場合は自分がメインで誰かを連れていくことになります。例えば、「部下を帯同して取引先の営業に向かう」といった使い方をします。

自分がメインの場合は「同行」

出典: http://in0sea.blogspot.com

一方で「同行」の場合は相手がメインで自分がついていく立場の場合に利用する言葉です。基本的に立場としては対等であることが前提となりますが、相手が主導して一緒に連れ立つ際に利用する言葉となります。「部長に同行して取引先の営業に向かう」といった使い方をします。自分がメインの場合は「帯同」を、相手がメインの場合は「同行」を使います。

誰がメインかで言葉が変わる

出典: https://bizwords.jp

つまり、帯同と同行の意味の違いを理解する上では、誰がメインとなるのかを検討することがポイントです。どちらが立場が上か下かということではなく、誰が主役になるのかによって言葉の選択が変わっていきます。その時の状況に合わせて帯同と同行を使い分ける必要があります。ビジネスシーンでのメールや電話においても、言葉遣いには注意が必要です。

「同行」と「随行」の違いは?

出典: https://belcy.jp

「同行」と「帯同」の意味的な違いについて確認してきましたが、続いては「同行」と「随行」の違いについて確認を進めていきます。「随行」に関しては、自分より立場の上の人や目上の人に付き従うことを意味する言葉となっています。同行の場合は単純に一緒に付いて行くだけであり、立場の違いは関係ありません。その点に両者の意味の違いがあります。

相手に対する敬意を表する

出典: http://u-note.me

例えば、「社長の海外出張に随行する」などと使うことで、目上の立場である社長に付いて行くという意味合いが鮮明になります。単純に「社長の海外出張に同行する」と使うこともできますが、同行では敬意を払うといったニュアンスが出にくくなります。目上の人や地位の高い人に対して敬意を持った表現をしたい場合は、「随行」を使うのがおすすめです。

それぞれの意味の違いを理解

出典: https://product-senses.mazrica.com

「同行」や「帯同」、さらに「随行」の意味や使い分けを理解しておくことで、適切な場面で適切な使い方をすることができます。単純に付いて行くだけなのか、メインは誰なのか、目上の方に対する敬意を表したいのかといったニーズに応じた使い分けをすることがポイントです。それぞれの言葉の意味を混同することなく、適切に使い分けることが大切です。

「同行」の使い方は?例文で紹介

「同行」の使い方を確認

出典: https://news.mynavi.jp

「同行」の意味や「帯同」、「随行」との使い分けについて確認してきました。それぞれの使い方や意味を把握した上で適切に利用していくことが求められます。その上で、同行の使い方についてさらに詳しく見ていきます。例文も含めて確認することで、使い方や意味の理解を深めることができます。シーン別や相手別の使い分けを理解することもポイントです。

「同行」の使い方の例文は?

出典: https://gakumado.mynavi.jp

立場の違いに関係なく誰かに付いて行くことを表現できるのが「同行」という言葉です。その例文で、同行の使い方を確認していきます。例えば、「先輩社員に同行してC社に交渉に伺う」といった使い方をすることができます。基本的に立場の違いは関係ありませんが、誰がメインなのかを意識することがポイントです。この場合は、先輩がメインとなります。

メインは誰かを考える

出典: https://news.mynavi.jp

あるいは、「大会期間中はトレーナーとしてチームに同行する」といった例文を挙げることもできます。この場合もメインはチームであり、チームに対して同行するというニュアンスになります。「大会にトレーナーを帯同する」といった例文も挙げられます。帯同の場合はメインを主語に持ってくることができるので、例文のような使い方で問題ありません。

立場の違いに関係なく利用できる

出典: https://business-textbooks.com

立場の違いに関係なく利用できるという意味では、「同僚と共にC社への営業に同行する」といった使い方をすることも可能です。お互いが対等な立場として一緒に連れ立って行く場合にも「同行」という言葉を利用することができます。「演劇鑑賞会に友人と同行する」といった使い方もできます。お互いの立場が対等な関係にあっても、使える便利な言葉です。

目下の方に付いて行く場合も利用可能

出典: https://product-senses.mazrica.com

ビジネス上の部下や後輩など、目下の立場の人に付いて行く場合も「同行」という言葉を利用することができます。例えば、「部下の営業に同行する」といった使い方でも問題ありません。とにかく誰がメインとなるのかを理解することが重要です。この場合は、部下がメインとなって上司を連れて行くことになります。目下の方に付いて行く際も利用可能です。

プライベートシーンでも利用可能

出典: https://gimon-sukkiri.jp

「同行」に関しては、ビジネスシーンのみならずプライベートな場面でも利用することができます。例えば、「彼に演劇鑑賞に誘われたので同行した」といった使い方をすることもできます。「旅行の際の同行者はいらっしゃいますか?」などという使い方も可能となります。多くの場面で利用できるところが便利であり、一緒に付いて行くことを表現できます。

Thumb「伺う」の意味と敬語の正しい使い方とは?例文や類義語で解説!

「同行」の敬語でシーン別の使い分けで目上の人へのお願いは?

シーン別の使い分けを確認

出典: https://biz.trans-suite.jp

「同行」の意味や使い方、「帯同」や「随行」といった言葉の意味や使い分けも含めて理解を深めていくことがポイントです。その上で、ここからはさらに同行の意味の理解を深めるべく、シーン別の同行の敬語の使い分けについて確認していきます。シーン別で確認することで意味や使い方の理解も深まります。目上の人に対するお願いとしても便利な言葉です。

「同行願います」は目上の人に使える?

出典: https://shigotoup.com

ビジネス上でのお願いとして、「同行願います」という言葉は使えるのかどうかについて確認していきます。「同行願います」に関しては、「ご同行願います」という使い方をすることで正しい敬語表現として利用することができます。「ご~する」というのが敬語の正しい使い方であり、「ご同行願います」とすることで相手に依頼する丁寧な表現となります。

自分に付いて来て欲しい

出典: http://bizushiki.com

「同行して欲しい」、「同行してください」といった意味で利用できるのが「ご同行願います」という言い回しです。相手に同行して欲しいというニーズを伝える上で、目上の方や上司、取引先関係者の方にも利用することができます。自分と一緒に付いてきてい欲しいという意味合いを出すことができます。敬語としての使い方にも問題なく利用できます。

同行のお願いはビジネスメールではより丁寧な敬語表現で

出典: https://product-senses.mazrica.com

シーン別の使い分けという意味で、ビジネスシーンにおける「同行」の使い方に注目しています。「ご同行願います」に関しては敬語表現として利用することができますが、その使い方としてはイマイチといった評価もあります。それは、「願います」という言い方がやや不躾な印象を与えてしまうからです。ビジネスシーンではより丁寧な表現が求められます。

丁寧な敬語で気持ちを伝える

出典: http://u-note.me

ビジネスシーンでのメールや電話、直接のコミュニケーションにおいて目上の立場の方に何かを依頼する場合は、より丁寧な形でお願いをすることがポイントです。「ご同行願います」でも敬語としては間違っていませんが、丁寧さに欠けるというのが正直なところです。本当に同行して欲しいという気持ちを伝えるために、より丁寧な表現を使うのが賢明です。

やや命令口調な印象を与える

出典: https://biz.trans-suite.jp

シーン別のやり取りに関して、ビジネスメールの場合、「ご同行願います」だと冷たい印象を与えかねません。文字だと感情が伝わりにくいという部分もあり、できるだけ丁寧な表現にするのが有効です。「ご同行願います」という言葉は敬語ではありますが、やや命令口調な側面もあります。相手の気持ちを考慮して、なるべく丁寧な表現にすることが重要です。

敬語①ご同行をお願いしたく存じます

出典: http://www.biz-manners.site

それでは、具体的に「同行願います」という表現を丁寧な敬語表現へと言い換えていきます。ビジネスメールでも目上の方に使える言葉としては、「ご同行をお願いしたく存じます」といった表現を挙げることができます。「ご同行をお願いしたく存じます」とすることで押し付けがましい印象を与えることなく、丁寧な形で相手に依頼することができます。

できるだけ柔らかい印象を与える

出典: https://docoic.com

また、「ご同行をお願いしたく存じます」の前に「よろしければ」や「よかったら」といった前置きの言葉を利用するのも効果的です。ビジネスメールだと特に感情が伝わりにくく、冷たい印象を与えてしまうこともあります。それを避けるためにもできるだけ柔らかい表現にすることがポイントです。やんわりとした表現にすることで相手の印象も良くなります。

敬語②ご同行いただければと存じます

出典: http://sales-knowledge.net

「同行願います」を丁寧に言い換える表現としては、「ご同行いただければと存じます」という言葉を挙げることもできます。「同行してもらえたらと思います」といった意味を出して、丁寧な形でお願いすることができます。「存じます」は「思います」を丁寧に表現した敬語として便利です。相手に与える印象も柔らかくなるので、使い勝手の良い表現です。

敬語③ご同行いただきたく存じます

出典: https://uru-lab.com

シーン別の使い分けという点で、できるだけ丁寧な敬語表現を利用していく上では「ご同行いただきたく存じます」もおすすめすることができます。意味としては、「同行してもらいたいと思います」といった意味として利用することができる表現です。ビジネスメールでも目上の方や取引先関係者に対して利用できる表現として、覚えておきたい言葉遣いです。

敬語④ご同行いただければ幸いです

出典: https://news.mynavi.jp

さらに丁寧な敬語表現として「ご同行いただければ幸いです」という表現も頭に入れておきたいところです。「ご~いただく」という丁寧な敬語表現にプラスして、「幸いです」をつけています。目上の方や上司、取引先の方に対しても利用することができます。「~していただければ幸いです」という敬語表現はよく使われるので、覚えておくととても便利です。

「幸いです」は便利な言葉

出典: https://next.rikunabi.com

「ご同行いただければ幸いです」の他にも、「ご了承いただければ幸いです」、「ご検討いただければ幸いです」、「お力添えいただければ幸いです」といった使い方をすることもできます。相手に何を依頼したいのかによって、前に持ってくる言葉を変えれば問題ありません。「幸いです」は、ビジネス上でも使い勝手が良い言葉として覚えておくのが賢明です。

「幸甚です」も便利な表現

出典: https://mayonez.jp

「幸いです」と似た意味を持つ言葉として、「幸甚です」を挙げることもできます。「ご同行いただければ幸甚に存じます」と伝えることで、「同行してもらえれば嬉しく思います」といった意味を出すことができます。「幸甚です」の方が「幸いです」よりも丁寧な表現です。ビジネスシーンでの活用においても、おすすめすることができる言葉と言えます。

敬語⑤ご同行くださいますようお願い申し上げます

出典: https://news.mynavi.jp

さらに丁寧な敬語表現として、「ご同行くださいますようお願い申し上げます」という言い回しも挙げることができます。「同行してくれるようお願いします」といった意味を表すことができる言葉です。「くださいますよう」に関しては、ややこしい印象を与えることもありますが丁寧な表現です。目上の方や上司、取引先に対しても利用することができます。

「くださいますよう」の理解

出典: https://english-for-japanese.net

「くださいますよう」について噛み砕くと、「くれる」の尊敬語として「くださる」の命令形が使われています。そこに丁寧語として「ます」を利用しています。「くださる」を単体で使うと命令形になってしまいますが、そこに「ますよう」を合わせることで丁寧さを出しています。シーン別の使い分けという点で、ビジネスシーンでもよく使われる表現です。

「くださいますよう」の便利な表現

出典: http://www.mediasion-intern.com

例えば「よろしくご査収くださいますようお願い申し上げます」、「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」といった使い方をすることも少なくありません。相手に対して納得することを依頼したい場合は、「ご了承くださいますようお願い申し上げます」といった使い方をすることもできます。いずれにしても便利な使い方として抑えておきたい表現です。

敬語⑥ご同行いただきますようお願い申し上げます

出典: http://bizushiki.com

さらに「同行願います」の丁寧な言い換え表現として、「ご同行いただきますようお願い申し上げます」を挙げることもできます。「いただきますよう」については、「~してもらう」を意味する丁寧な敬語表現です。「同行してもらうようお願いします」という意味を伝えることができます。ビジネスメールで使っても、相手に失礼のない表現として便利です。

敬語⑦ご同行賜りますようお願い申し上げます

出典: http://and-plus.net

「ご同行賜りますようお願い申し上げます」も丁寧な敬語表現として覚えておきたいところです。「賜る」に関しては、敬語の中でもカッチリとした表現であり、シーン別で公式なビジネスシーンでの利用にも便利です。特に丁寧さを出したい場合に「賜る」を利用するのがおすすめです。意味的にも同行を依頼する言葉として、相手に適切な意図を伝えられます。

敬語⑧ご同行のほどお願い申し上げます

出典: https://biz.trans-suite.jp

さらにシーン別の使い分けとして正しい敬語表現に、「ご同行のほどお願い申し上げます」という言葉を挙げることができます。こちらも「同行してもらえるようお願いします」といった意味を表せる言葉として便利です。「のほど」と入れることで断定的な意味を避けて柔らかい表現にすることができます。「~してもらえるよう」という意味を表現できます。

「~のほどお願い申し上げます」の使い分け

出典: https://product-senses.mazrica.com

「~のほどお願い申し上げます」という表現に関しては、いろいろな言葉と共に利用されることが多くなっています。例えば、「ご査収のほどお願い申し上げます」、「お取り計らいのほどお願い申し上げます」といった使い方をすることもできます。相手に検討を依頼したい場合は、「ご検討のほどお願い申し上げます」といった使い方も便利な言い回しです。

「同行」の敬語でシーン別の使い分けでお礼の表現は?

お礼表現の理解もポイント

出典: https://allabout.co.jp

「同行」を依頼する丁寧な敬語表現として、さまざまな言い回しに触れて実際に使える表現の幅を広げていくことがポイントです。その上で「同行」のシーン別の使い分けに関して、お礼表現についても確認していきます。実際に「同行」を依頼して付いて来てもらったらお礼をすることが大切です。その適切なお礼表現についても、具体的にご紹介していきます。

「ご同行いただきありがとうございました」は社外でも使える?

出典: http://u-note.me

目上の方や上司に同行してもらった場合、「ご同行いただきありがとうございました」という表現でお礼の気持ちを伝えることも少なくありません。「ご~いただく」という丁寧な敬語表現であり、社外の方に対しても利用することができます。同行してもらったことに対する感謝の気持ちを伝える言葉として、シンプルであり敬語としても正しい使い方です。

「ご同行いただきありがとうございました」を分解

出典: http://and-plus.net

「ご同行いただきありがとうございました」を細かく分解すると、「同行」と「ご~いただく」、さらにお礼を意味する「ありがとうございました」に分けることができます。「同行してもらいありがとうございました」という意味を単刀直入に伝えることができます。「ご~いただく」は丁寧な敬語として使われる機会も多い言葉なので、覚えておくと便利です。

「ご同行いただきありがとうございました」の敬語の種類は?

出典: https://docoic.com

シーン別の使い分けという視点で、「ご同行いただきありがとうございました」の敬語の種類についても確認していきます、シーン別の使い分けによって相手に適切な意味や意図を伝えることがポイントです。その中で、敬語の種類について理解を深めておくこともポイントです。「ご~いただく」に関しては、「~してもらう」の謙譲語としての意味があります。

謙譲語として自分を下にする

出典: https://workfreelife.net

謙譲語として利用できるので、自らをへりくだたせて下にすることで、相手への敬意を表現することができます。自分の行為に利用することがポイントです。「ご同行いただいた」のは自分なので、敬語表現としても正しい使い方となります。「同行」に「ご」をつけるだけでも丁寧な言い回しであり、相手に対する敬意を高めた形で利用することができます。

「ご同行いただきありがとうございました」の使い方は?

出典: https://boxil.jp

「ご同行いただきありがとうございました」の使い方としては、取引先関係者や上司、目上の方に対するメールで利用するのが一般的となります。直接会う機会があれば、その際に口頭でお礼を述べておくことも重要です。ビジネス上の取引は関係継続が重要です。円滑な関係を維持していくという意味でも、適切なシーンでお礼を伝えることが求められます。

同行のお礼のビジネスメールの例文は?

出典: https://boxil.jp

「ご同行いただきありがとうございました」については、ビジネスメールで利用しても全く問題のない言葉です。同行いただいた際のお礼メールとしても利用することができます。例えば、メールの書き出しに「先日は○○へご同行いただきありがとうございました」といった使い方をすることも可能です。相手に対する感謝の気持ちを伝えることがポイントです。

ご同行「いただき」?「くださいまして」?

出典: http://u-note.me

「ご同行いただきありがとうございました」という言葉に関しては、「ご同行くださいましてありがとうございました」といった言葉と置き換えることもできます。シーン別の使い分けとして、口頭でも使うことができますし、メールでのやり取りで使うこともできます。どちらも丁寧な敬語表現として相手に感謝の気持ちを伝える上では便利な言葉と言えます。

「ご同行くださり」も使える

出典: https://mayonez.jp

「ご同行くださいまして、誠にありがとうございました」といった表現の他、「ご同行くださり、誠にありがとうございました」といった言い回しにすることもできます。どちらも丁寧な表現であり、敬語としても正しい使い方となります。「くれる」の尊敬語として「くださる」という言葉を利用しているので、相手を立てるという意味でも適切な使い方です。

予定に対するお礼表現

出典: http://role-job.com

シーン別の敬語表現としてここまで確認してきた言い回しについては、過去の事象に対してお礼を述べる際に便利な表現となっています。さらに、現在の事象に対してお礼を述べる際にも利用することができます。例えば、「ご同行いただけるとのこと、誠にありがとうございます」といった表現です。こうすることで、未来の予定に対してお礼を述べられます。

相手との関係を円滑に保つ

出典: https://biz.trans-suite.jp

あるいは、「ご同行いただけるとのこと、感謝申し上げます」といった言い回しも可能です。すでに同行してもらった場合に感謝の気持ちを伝えるのはもちろんのこと、これから同行してもらう場合に感謝の気持ちを伝えておくことも大切です。どちらの表現も上手く駆使しながら、相手との関係性を良好に保っていくこともビジネス上では大切なポイントです。

同行の依頼にも便利

出典: https://4colors-ps.com

また、「いただき」や「ください」に関しては、同行を依頼する際にも利用することができる便利な言葉です。「ご同行くださいますようお願い致します」や「ご同行いただきますようお願い致します」などといった形で依頼の表現とすることもできます。実際に同行してもらえば、「ご同行いただきまして、ありがとうございました」などと使うことができます。

同行を依頼する表現も抑える

出典: https://re-sta.jp

ビジネスシーンにおいては、同行することを依頼する機会も多くなります。そこで使える主な表現についても確認していきます。「ご同行賜りますようお願い申し上げます」や「ご同行のほどお願い申し上げます」、「ご同行いただきたく存じます」といった表現が便利です。同行に対する感謝の気持ちを表す言葉と一緒に頭に入れておきたいところです。

「同行」の敬語で相手別の使い分けで「させていただきます」は?

相手別の使い分けも理解する

出典: https://docoic.com

「同行」という言葉に関して、お礼の気持ちを述べる場面や依頼する場面も含めてシーン別での使い分けについて確認してきました。シーン別での使い分けを理解しておくことで、実際に使える表現の幅を広げておくことがポイントです。さらに、相手別の使い分けについても確認していきます。「同行」は相手別に対しても使い分けをすることが求められます。

「同行させていただきます」は正しい敬語?

出典: https://www.travel.co.jp

シーン別や相手別の言葉の使い分けという点に関して確認する前に、「同行させていただきます」は正しい敬語なのかという点について解説していきます。「させていただきます」という言葉が二重敬語ではないかという議論もよく盛り上がっています。しかし、結論から申し上げると、「同行させていただきます」は二重敬語ではなく正しい敬語と言えます。

「同行させていただきます」は目上の人に使える?

出典: http://u-note.me

相手別の表現という意味で、「同行させていただきます」を目上の方に対して利用できるのかという点も気になるポイントです。敬語の使い方としてはシーン別だけではなく相手別の使い分けも意識しておくことが大切です。実際に、目上の方に対して使えるかという疑問に対しては、利用することができるという回答です。敬語としても正しい言い回しです。

尊敬語や謙譲語として利用可能

出典: https://toyokeizai.net

「ご~させていただく」、「お~させていただく」という表現は謙譲語としても尊敬語としても利用することができます。つまり、相手別という点で目上の方や上司、取引先関係者の方に対して利用することも可能となっています。「ご連絡」や「お知らせ」、「お願い」や「ご挨拶」など、「お」や「ご」をつけることでより丁寧な表現にすることができます。

「同行させていただきます」は二重敬語ではない?

出典: https://goiryoku.com

もとになる単語として「同行」を挙げることができます。その「同行」に対して「させてもらう」を意味する「ご~させていただく」といった謙譲語がついているのです。最後に「ます」という丁寧語をつけており、謙譲語+丁寧語の言い回しとなります。つまり、敬語として間違った使い方でもありませんし、二重敬語という議論には当てはまらないと言えます。

相手の許しを得ることにつながる

出典: https://4colors-ps.com

「同行させていただきます」を相手別の使い方という点に当てはめてみると、相手の許しを求めて利用することがポイントとなります。「同行させてもらう」というのは、相手の許しを得て行動することを意味する表現でもあります。そのように考えれば相手の許しを得た上で同行することになるので、「同行させていただきます」という表現が正しいと言えます。

「同行させていただきます」のビジネスメールでの例文は?

出典: https://docoic.com

相手別においての使い分けも重要な敬語表現ですが、「同行させていただきます」をビジネスメールで利用する機会も多くなっていきます。その使い方としては、「弊社の営業推進のため、ぜひ同行させていただきます」といった使い方をすることができます。相手別という意味でも、取引先や上司、目上の方などに対して利用できる言葉として便利です。

「ご一緒させていただきます」と同じ意味

出典: http://and-plus.net

相手別の使い分けという意味でも、「同行させていただきます」の使い方や意味を正確に理解しておくことがポイントです。「同行させていただきます」をより噛み砕いて理解するのであれば、「ご一緒させていただきます」といった意味と同じニュアンスです。プライベートシーンであれば、「ご一緒させていただきます」でも問題なく使用することができます。

「させていただきます」の表現

出典: https://techacademy.jp

「させていただきます」に関しては、他にもさまざまな使い方をすることができます。例えば、「出席させていただきます」、「コメントは差し控えさせていただきます」といった使い方もビジネスシーンではよく使われる表現です。いずれの表現にしても間違った使い方ではありません。相手の許しを得つつ、おうかがいを立てる表現として便利です。

「同行いたします」でも問題ない?

出典: http://u-note.me

相手別の使い分けという観点から行くと、「ご同行させていただきます」は先輩や上司、目上の方に対して利用しても全く問題のない言葉と言えます。さらに相手別に対していろいろな方に使える表現として、「同行いたします」という言い回しを挙げることもできます。「同行いたします」も、謙譲語の意味を持つ「ご~いたす」の表現として利用できます。

「ご~いたす」のその他の表現

出典: https://docoic.com

「ご~いたす」に関しては、「同行いたします」以外にも利用されることが多い言葉となっています。例えば、「ご連絡いたします」や「ご報告いたします」、「ご挨拶いたします」や「お願いいたします」といった使い方も可能です。相手別という点でも、目上の方に対して利用可能です。ビジネスシーンでもメールや電話で使われることが多い言葉と言えます。

ビジネスメールでも利用可能

出典: https://biz.trans-suite.jp

ビジネスメールでも「同行いたします」という表現で、相手に正確な意図を伝えることができます。例えば「来週の会議について、部下も一緒に同行いたします」といったメールを送ることも可能です。丁寧な表現として相手に敬意を払うことができるので、失礼を与えることがありません。「同行させていただきます」と合わせて理解しておきたい言葉です。

相手別の使い分けを意識

出典: https://jp.sansan.com

「同行させていただきます」や「同行いたします」に関してもそうですが、相手別の使い分けを意識しておくことが重要です。自分より目下の立場との会話では、「同行します」や「同行する」といった表現でも問題ありません。しかし相手別の視点で、自分よりも目上の方に対しては「同行させていただきます」などの適切な敬語表現をすることが大切です。

相手に与える印象を意識

出典: https://goiryoku.com

特にビジネスシーンにおいては、ちょっとした言葉の使い方による印象の違いがその後の関係に影響を与えていくことも少なくありません。できるだけ好印象を与える言い回しをすることで、円滑な関係を築いていくことが求められます。相手別という視点を持つことで、言葉遣いを気にするようになります。適切な敬語表現へとつなげていくことがポイントです。

「同行」の意味や使い方や敬語表現まとめ

出典: https://biz.trans-suite.jp

「同行」という言葉に焦点を当てて、その意味や使い方、シーン別、相手別の使い分けについて具体的にご紹介してきました。同行は敬語表現としても利用されることが多い言葉であり、随行や帯同といった言葉の意味との違いを理解しておくことも重要です。改めて多くの例文や使い分けに触れつつ、適切な言葉として「同行」を利用していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ