養育費はいつまで支払う?大学入学や再婚など終了のタイミングを解説!

両親が離婚した場合、養育費の支払いはいつまで続くのか?など疑問があります。子供が大学生になったからや就職したから、元妻が再婚したからなどの理由で養育費の支払いをストップできるのでしょうか?いつまで支払い義務があるのかを法律を照らし合わせて解説します。

養育費はいつまで支払う?大学入学や再婚など終了のタイミングを解説!のイメージ

目次

  1. 養育費はいつまで支払う義務があるのか?
  2. 養育費に関しての法律とは?いつまで支払う?
  3. 養育費の相場とは?
  4. 養育費の支払いが減額されるケースがある?
  5. 養育費はいつまで支払う義務があるのか?のまとめ

養育費はいつまで支払う義務があるのか?

出典: https://uwaki-pro.com

離婚しても子供にとって、お父さんとお母さんである事実は変わりません。子供が両親の離婚の犠牲になってはいけません。当然子供を養育する義務が無くならず、養育費という形で支払うことになります。いつまで支払う義務があるかはケースバイケースで、状況に応じて判断されます。養育費はいつまで支払う義務があるのかについて解説します。

Thumb養育費を払わない方法はある?罰則などの注意点や解決法まとめ!

養育費に関しての法律とは?いつまで支払う?

子供が就職するなど経済的な自立ができるまで

出典: https://best-legal.jp

子供の養育費のことについての法律は民法第730条の親族間の扶け合い、民放第877条扶養義務者で当然定められています。離婚し、子供の親権者となった親にもう片方の親が養育費を支払います。子供が就職して経済的な自立が出来るまでは支払い義務が生じてきます。成人するまでとの考えもありますが、今は大学を卒業するまで支払いすることが一般的です。

元妻が再婚した場合も養育費の支払い義務はあるのか?

出典: https://www.bengo4.com

元妻が再婚しても養育費の支払い義務はあります。法律的に妻の再婚が養育支払い免除の言い訳にはなりません。養育費の支払いは妻にされるものではなく、子供に支払いされるものなのですから当然です。しかし、場合により養育費の減額を申し出ることが出来る場合もありますし、支払い免除を願いでることも出来ます。

元妻の方が裕福な暮らしをしている

出典: https://best-legal.jp

もし、離婚して元妻が自分より裕福で、子供に何自由ない生活をさせてあげることが出来るのであれば、養育費の支払いはしなくても問題ないケースがあります。基本に扶養する義務を問う法律ですから、そのよう状態であれば養育費の支払いも心配することはなく、金銭ではなく他の面でサポートをしてあげることが大切です。

原則は成年に達するまで

出典: https://financial-field.com

法律的に養育費の支払い義務があるのは子供が成年、いわゆる20歳になるまでとなっています。それに、20歳未満でも自立して就職しているのであれば養育費の支払い義務はないことになります。しかし、子供がまだ大学生などであればまだ自立していないので、学費や生活費を自分で工面することは困難ですから、当然養育費の支払いは免れません。

自立しているとは?

出典: https://tantei1.com

20歳で成人していても就職していない大学生もいますし、病気などで自立が困難な場合もあります。そのような場合は学費の援助や生活費の面倒を見ることは必要だと考えられます。実際に東京高等裁判所では大学生であることが要不要状態にないと判断できないとの判例もあります。病気の場合は養育費の枠を超え、家族の扶養の義務の範疇にあたります。

大学進学費用は?

出典: https://tantei1.com

養育費の支払い義務が、原則成年までとなっているので成年後学費の不足などがある場合は、家庭裁判所に養育費の支払い延長の調停を申し立てることが出来ます。子供自信が扶養の申し立てをして、家庭裁判所に判断をゆだねることも出来ます。今の時代義務教育だけだは不足で、高等教育に引き続き大学や専門学校で学ぶことが常識になりつつあります。

養育費の支払いが止まることもある

出典: http://myben54.com

子供には最低限の生活や教育を望むのが親ですが、親である相手に貯金も収入もない場合もあります。離婚した時点で養育費の支払いの取り決めをしても、相手の都合により支払いが滞ることもあります。そのような場合は、法律で定められた扶養の義務などに乗っ取り、養育費の調停を行い裁判所できちんと判断してもらいます。

養育費は差し押さえの対象である

出典: https://zuuonline.com

養育費の支払いは、法律的に協議離婚であろうが、支払いがされなければ、相手方の財産を差し押さえることが出来ます。そのためには、きちんとした形の校正証明書などの文書によって手続きをしておきましょう。公の文章にしておくことで、相手側の給料や財産を差し押さえることが出来るのです。それぐらい養育費の支払いは子供のために大切なことです。

養育費の相場とは?

養育費の計算方法

出典: https://rikonbengo-pro.com

養育費の計算は、夫婦の年収から自動に計算されて算出されます。養育費の算定式があり、養育費算定表としてまとめられているのです。サラリーマンと自営業者により計算方法が違ってくることや、子供が15歳以上になると養育費の金額が若干上がることに注意してください。裁判所のホームページに掲載されているので、確認することが出来ます。

相場は決まっているのか?

出典: https://saikon-support24.com

養育費の計算表があるからといって、きっちりとその算定表通りに支払いがされるかどうかはケースバイケースです。いつまで支払うかなども、双方の話し合いにより決まります。子供の人数により変わる事もありますし、離婚原因にもよります。しかし、養育費算定表は妥当だと考えられる金額を設定しているので、それ以上もらえることは少ないようです。

養育費の支払い例

出典: http://www.marriagehunt-divorced.net

例えば、サラリーマンの夫の年収が500万円で妻が専業主婦だった場合では、子供一人であれば毎月4万円から6万円程度ですが、妻が専業主婦の場合は自立に時間が掛かります。そのような場合は、仕事が決まるまで増額することも出来ます。子供が2人になれば、6万円から8万円前後になり倍になるわけではありません。

養育費の金額は決め直すことが出来る

出典: https://financial-field.com

子供が成人するまではいつでも金額を決め直すことが出来ます。状況の変化はあった場合は、相手に増減の申し出をします。話し合いにならない場合は、家庭裁判所で調停を申し込みます。調停で話し合いがまとまらなければ、自動的に裁判に持ち込まれて妥当な金額が決まることになります。決定すると命令がでるので決めた金額が支払われるようになります。

養育費の支払いが減額されるケースがある?

夫の事情が変更した場合

出典: https://www.bengo4.com

養育費の支払いがいつまでも続くとは限りません。夫の仕事が行き詰まり収入に影響があることもあるし、リストラの危機に直面するかも知れません。夫本人の健康問題が生じることもあります。夫の家族の介護などの問題が出てきて、思うように働けず収入の激変がある場合もあります。そのような場合は事情を考慮されて養育費が減額される場合もあります。

元妻の再婚相手と子供が養子縁組をした場合

出典: https://saikon-support24.com

元妻が再婚したからといって養育費の支払いが無くなるわけではないことは前述しました。しかし免除される場合や、減額を申し出ることの出来るケースがあります。再婚相手の夫と子供たちが「養子縁組」「特別養子縁組」のどちらかを行った場合です。養子縁組を行わなかった場合は、法律的に再婚した夫に子供の扶養義務はありません。

法律で実子の扱い

出典: https://mamari.jp

養子縁組は法律上の戸籍では実の親と養親の親と2組との親を持つことになります。再婚した夫もその子供に対して扶養義務が課せられることになりますが、元夫も養育費の支払いが無くなるわけではなく、減額を申し出ることが出来ます。「特別養子縁組」は法律上の戸籍でも養親の実の子として扱われるので、元夫は養育費を支払う義務がなくなります。

子供が大学などを卒業して就職した場合

出典: http://www.rikon119.jp

子供もいつまでも子供ではありません。小学校、中学校、高校と順調に学業を終えて進学し大学に入学して卒業すれば、一人前の社会人になります。大学では、まだ学生ですから収入もなく養育費の支払いの必要性があります。しかし、大学を卒業して就職したならば養育費を払う必要はなくなります。あくまで扶養義務ですから、扶養の枠から外れるわけです。

養育費は一定ではない

出典: https://www.kakekomu.com

養育費を一度双方で取り決めても、両親の都合や事情により養育費の金額の増減があり得ます。離婚を決めた時点での両親の都合などは、時間の経過とともに変化するからです。子供自信も成長が止まるわけではなく、どんどん身体も精神も成長していきます。子供に合わせた親側の態度の柔軟性が大切です。子供に成長に合わせて、親側が対応してあげましょう。

養育費はいつまで支払う義務があるのか?のまとめ

出典: https://www.riconhiroba.com

子供が大学生になったらや、妻が再婚したなどの言い訳で養育費の支払いは免除されるものではなく、ようするに親としての責任をどう果たすかが問題です。法律的な縛りがあるからと考えるのではなく、少なからず両親の離婚で傷ついているのは子供たちです。支払いの義務と考えずに、せめて経済的な心配のないようにと思うのが親の愛情でもあり責任です。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ