髭に脱毛クリームは危険?効果や使用できる商品まで徹底調査!

男性の髭はムダ毛の中でも特に太く濃いのが特徴で市販されている脱毛クリームを選ぶ際にはどんな商品を選べば髭に効果的なのか困ってしまいます。そこで今回は脱毛クリームである除毛クリームと抑毛クリームの効果やコストなどをより詳しく解説していきます。

髭に脱毛クリームは危険?効果や使用できる商品まで徹底調査!のイメージ

目次

  1. 髭を市販の脱毛クリームで効果的に処理したい人も
  2. 髭に使われるのは脱毛クリーム?除毛や抑毛クリーム?
  3. 髭に脱毛クリームや除毛・抑毛クリームを使うと危険が?
  4. 髭に脱毛クリームや除毛・抑毛クリームの効果的な使い方とは?
  5. 髭の脱毛クリームや除毛・抑毛クリームの中から市販のおすすめ商品を!
  6. 髭の脱毛クリームで効果が無ければクリニックやサロンがおすすめ!
  7. 髭の脱毛クリームや除毛・抑毛クリームは使い方を守って!

髭を市販の脱毛クリームで効果的に処理したい人も

出典: http://www.uwa-hospital.jp

脱毛クリームを髭に使うのは使用法を間違えなければ、とても効果的で、むしろひげ剃りで髭を処理するよりもベターな場合が多々あります。しかしながら脱毛クリームの使用法を間違ったり、肌に合わないものを選んでしまうと逆効果となります。そこで今回は市販されている脱毛クリームの中でも髭に効果的で肌にも優しいものを詳しく解説していきます。

髭に使われるのは脱毛クリーム?除毛や抑毛クリーム?

出典: https://mens-labo.net

市販される脱毛クリームには「除毛クリーム」と「抑毛クリーム」とがあり、除毛クリームがクリームの成分によって髭を溶かし除去するものとなります。一方、抑毛クリームは髭などお手入れをしたい部分へと継続的に抑毛クリームを塗る事で少しずつ髭などの毛髪を減らしていくものとなります。ここからはそんな除毛クリームと抑毛クリームを解説します。

厳密に言うと髭の脱毛クリームは存在しない

出典: https://kegakoi.com

先にも記しましたが市販されている脱毛クリームは除毛クリームと抑毛クリームに分けられます。そのどちらも厳密に言えば効果は脱毛ではなく髭を溶かしたり、髭が生えてくるのを抑制するものです。そう言った意味での脱毛クリームは存在せず、代わりに「除毛クリーム」と「抑毛クリーム」が存在すると言えます。そのどちらも髭には効果があります。

髭の脱毛クリームの内で除毛クリームとは?

出典: https://www.healthy-style.jp

市販されている除毛クリームは髭を溶かし、ひげ剃りで剃った場合と同じ効果を得るクリームです。しかしひげ剃りよりも毛穴の奥まで除毛クリームが浸透して髭を溶かします。髭はとても再生力が高く仮にひげ剃りで毎朝髭を処理したとしても昼過ぎになると新しい髭が生えてきてしまいます。そんな問題点を解消してくれるのが除毛クリームとなります。

髭の濃い方の青髭にも強い除毛クリーム

出典: https://mens-labo.net

髭の濃く太い方はひげ剃りなどで処理すると青髭になる可能性があります。この青髭に強いのが除毛クリームとなり、毛穴の奥まで浸透して髭を処理する為に青髭になりにくいという利点もあります。そう言った意味でも除毛クリームは髭の処理にはうってつけのクリームなのですが、如何せん髭用ではないので除毛効果が薄いとも言われていますから注意します。

髭の除毛クリームの欠点となるデメリット

出典: https://monde.jp

除毛クリームは太く処理しにくい髭を溶かすものとなると薬効が強いものとなり、肌への影響が深刻になるものも多く存在します。ゆえに肌トラブルの原因となり、カミソリ負けする方は、まず間違いなくかぶれや炎症に悩まされます。加えて除毛クリームは基本的に細いムダ毛処理に使われるものなので髭には効果が薄く髭を溶かしきれない場合も多々あります。

髭の脱毛クリームの内で抑毛クリームとは?

出典: https://www.akb48cho.jp

市販の抑毛クリームは髭の抑制して継続して使う事で髭を薄くするクリームとなります。こちらの抑毛クリームのメリットは除毛クリームよりも肌に負担をかける成分が少なくなっており、肌トラブルも抑制してくれます。もちろん髭を無理矢理溶かす事のない抑毛クリームは使用中にも痛みを感じないというメリットもあります。用途に分けて使うようにします。

髭の抑毛クリームはとても肌に優しい脱毛クリーム

出典: https://mens-labo.net

市販の抑毛クリームは肌に優しいものが多く、肌トラブルを起こす可能性が低くなっています。ゆえに比較的安心して使用が可能で除毛クリームのように肌にかぶれや炎症などを起こす事もありません。加えて肌に良い成分が含まれているものも多く、使用し続ける事で肌が綺麗になるものさえ存在します。即効性はありませんが安心して髭に使えるのが特徴です。

髭の抑毛クリームの欠点となるデメリット

出典: https://tsurusube.jp

欠点がなさそうな市販の抑毛クリームの欠点は即効性がない事。長期間に渡って使用し続ける事が前提となり、長期間使用しても効果が見られない場合がある事でしょうか。加えて使っている間は髭が薄くなっても使用を止めるとまた髭が濃くなる事もあります。そうした場合、永久に抑毛クリームを使い続けねばなりませんで費用的に高くなる場合もあります。

髭に脱毛クリームや除毛・抑毛クリームを使うと危険が?

出典: https://s-recipe.com

基本的に市販の除毛クリームにしろ抑毛クリームにしろ腕や足などの細いムダ毛を処理する為のものです。なので顔への使用が禁止されているものも多く存在します。もし脱毛クリームで髭を処理したいと考えた場合は購入する際に必ず「顔にも使用可」の商品を選ぶのが前提となります。顔に使用できないものを誤って使うと肌トラブルを起こしやすくなります。

髭の脱毛クリームは放置する時間を調べる

出典: https://mens-labo.net

除毛クリームの内で効果が強いもの、つまり除毛クリームを塗ったあと短い時間で処理できるものは肌への負担が大きくなります。除毛クリームを選ぶ際には放置する時間が内外ものを選ぶと肌への影響も少なく肌トラブルも抑えられます。また美容成分などの肌を保護する配合されているものもまた肌への影響が少ないので除毛クリームを選ぶ際の指標とします。

髭の脱毛クリームは永久脱毛はできない

出典: https://www.healthy-style.jp

脱毛クリームの内で除毛クリームを使う際によく勘違いされがちなのが、脱毛クリームだから髭を永久脱毛できるのではないかという勘違いです。除毛クリームは毛穴へと浸透して髭を溶かし、脱毛しますから毛根は残っており、時間が経つと髭は再び生えてきます。しかも髭は腕や足のムダ毛と比べて太く濃いので痛い思いは避けて通れない事も覚えておきます。

髭を溶かす除毛クリームの詳しい仕組みとリスク

出典: https://mens-labo.net

市販の除毛クリームはチオグリコール酸カルシウムの有効成分で髭を溶かします。チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を溶かす成分で、髭などのムダ毛はタンパク質によって構成されていますが、実は肌もタンパク質で構成されています。ただ髭と皮膚ではタンパク質の質が違いますから肌は溶かしませんが、肌が弱いと肌トラブルの可能性が高まるのです。

脱毛クリームの最大の危険性は失明

出典: https://mens-labo.net

除毛クリームを髭処理に使う場合の最大の危険性は失明にあります。どういう事かというとボディー用除毛クリームで髭を処理している最中に除毛クリームがはねたり、指に除毛クリームが付いているのに気づかずに目をこすってしまった場合、最悪、失明してしまい、失明まではいかずとも視力障害や結膜炎、角膜炎になってしまう可能性もまた考慮します。

髭の抑毛クリームを選ぶ際の注意点

出典: https://jyomou-hokensitsu.net

たとえ肌に優しい抑毛クリームと言えども顔用とボディー用に分かれています。髭を抑制する為に抑毛クリームを選ぶ場合は必ず顔用を選びましょう。無論、ボディー用の抑毛クリームを選んでしまえば顔の肌は敏感なので肌トラブルが起こる可能性があります。加えて抑毛クリームは髭に効果が薄い商品が多いので必ず髭にも効果があるか調べておきます。

抑毛クリームは抑毛効果を期待できるものを

出典: https://canadiankachelofen.com

抑毛クリームは様々な成分が配合されています。その中でも「ダイズエキス」や「ざくろエキス」、「アロエエキス」、「ガウクルア」が配合されているものを選びましょう。無論、肌トラブルを防ぐ為の保湿や美容成分が配合されているものを選べばベターです。当然ですが、ボディー用ではなく、顔用の抑毛クリームを選ぶ事も忘れてはなりません。

髭の抑毛クリームはランニングコストで選ぶ

出典: https://xn--x8jk1c0d.com

市販されている抑毛クリームは永久脱毛とは違い、永久的に髭が生えてこなくなるわけではありません。継続的に抑毛クリームを塗り続ける事が必須で、その意味でのランニングコストは馬鹿になりません。ランニングコストとは維持管理費とも訳されるもので抑毛クリームを買い続ける費用を言います。ゆえに高いものがいいというわけではないので注意します。

Thumb髭を薄くする方法まとめ!濃いヒゲに悩む男性必見の極意とは?

髭に脱毛クリームや除毛・抑毛クリームの効果的な使い方とは?

出典: https://s-recipe.com

脱毛クリームには除毛クリームと抑毛クリームの2種類がある事はくどいほどに語ってきました。それらにはそれぞれの特徴があり、そうしてメリットとリスクがあります。それらの特徴やメリットとリスクを天秤にかけて髭の脱毛を行うと期待した効果が得られます。無論、できれば除毛クリームよりも抑毛クリームを使う方がベターと言えます。

脱毛クリーム使用前にはパッチテストを行う

出典: https://tsurusube.jp

除毛クリームと抑毛クリームのどちらでも同じ事が言えるのですが、これらの商品を使う前には必ずパッチテストを行いましょう。無論、肌トラブルを未然に防ぐという意味合いも強いですが、それ以外のリスクもまた未然に防ぐ事ができます。例えば除毛クリームを使った場合に塗った箇所がどれくらいの痛みを感じるのかも事前に知る事ができます。

脱毛クリームを使う前に肌のチェック

出典: https://mudage.hatenablog.com

脱毛クリームは除毛クリームにしろ抑毛クリームにしろ肌への負担は大きいです。なので日焼けして肌の状態が悪い時やニキビや吹き出物がある場合には使用を控えます。無理をして脱毛クリームを使うと肌荒れを起こしたり、ニキビや吹き出物といった患部に影響が出てしまう可能性がありますので特に注意して脱毛クリームを使うようにするとベターです。

脱毛クリーム使用前には毛穴を広げる

出典: https://icmfg.com

肌のコンディションがよく脱毛クリームが使用可能と判断したら、まずは温かい蒸しタオルなどで毛穴を広げておきましょう。この一苦労を惜しまないと脱毛クリームが毛穴の奥まで浸透して綺麗な脱毛が期待できます。もちろん蒸しタオルは清潔なものを使い、毛穴を汚してしまわないよう注意しましょう。毛穴が汚れてしまっては逆効果となります。

脱毛クリーム使用前に毛穴の汚れを取る

出典: https://icmfg.com

毛穴が広がり、脱毛クリームが毛穴の奥まで浸透する環境を整えたら次は毛穴の汚れを取る事も忘れてはなりません。洗顔料や石けんなどで顔を綺麗に洗いましょう。こうする事で余分な油分や汚れによって脱毛クリームの効果が邪魔される事なく綺麗な脱毛を促す事ができます。無論、洗ったあとに汚れたタオルで拭き取ると毛穴が汚れて逆効果です。

保湿剤の併用で肌トラブルを軽減する

出典: https://www.ci-labo.com

除毛クリームや抑毛クリームを髭処理に使う場合、完全に防ぐ事は不可能なのですが、保湿剤の併用である程度、肌トラブルを防ぐ事ができます。もちろん除毛クリームよりも抑毛クリームの方がより効果的なのですが、除毛クリームを使った場合でも保湿剤の併用は効果があります。無論、脱毛クリームを塗って洗い流したあと保湿剤でケアしてやります。

髭の脱毛クリームや除毛・抑毛クリームの中から市販のおすすめ商品を!

出典: https://mens-labo.net

ここからは髭の脱毛に効果が期待でき、肌にも優しい除毛クリームや抑毛クリームをいくつか紹介していきます。無論、これらの商品でも上記で記した注意点やメリット、デメリットなどを考えて商品を選ばないと狙った効果が期待できなかったり、最悪、肌トラブルに見舞われたりしますので、特に注意して各自でしっかりと調べて選ぶ事をおすすめします。

NULLリムーバークリーム

出典: https://wakimen-happylife.com

容量は200gで価格が2980円となります。市販されているものでは男性用除毛クリームとしてはとても有名な商品となります。除毛クリーム独特の嫌なにおいをカットした商品で保湿成分が配合されているのもまた嬉しい商品となります。女性にも使えるという口コミもあり、市販されている除毛クリームとしてはとても汎用性が高い商品となります。

ソランシア・リムーバークリーム

出典: https://k-datsumou.xyz

容量は250gで価格が3219円となります。100日間の全額返金保証が付いた商品で医薬部外品にもなっている除毛クリームとなります。もちろんこちらの商品も肌トラブルを防ぐ為の保湿成分が配合されています。少々値段が高いのがネックですが、累計販売実績10万本は伊達ではなく、ソランシアをも配合しているので高い除毛効果を期待できる商品です。

プレミアムリムーバーミルク

出典: http://www.datsumoukomachi.com

容量は150gで2895円となります。有効成分であるチオグリやチオグリコール酸が配合された商品で市販される除毛クリームとしては高い効果が期待できる商品となっています。こちらも医薬部外品に指定されている商品でとても安心して使う事ができます。美肌エキスも配合しており、美肌効果も期待できます。ただ容量が少なく高いのが問題となります。

パイナップル除毛クリーム

出典: https://s-herb.com

容量は150gで価格が2808円となります。大豆エキスやローズマリーエキスなど複数のエキスをバランス良く配合した商品となり、市販される除毛クリームの中でもトップクラスの肌に優しい除毛クリームとなります。使用後につるつる感が持続するという口コミや処理後にチクチクしないと言った口コミも多く聞かれ、安心して使える除毛クリームとなります。

Veet

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

容量が150gで価格が727円となります。こちらの除毛クリームは市販されている除毛クリームの中でもとても安価でコストパフォーマンスの良い商品となります。特徴としては1週間に1回5分間の処理で濃い髭や青髭に効果が期待できる除毛クリームとなっています。世界中の助脱毛ブランドでは売り上げナンバー1を維持している商品でもあります。

ゼロファクター5αSPローション

出典: https://with-hair.com

容量が100mlで価格が初回購入時は980円で2回目以降は6000円となっています。抑毛クリームは除毛クリームに比べて価格が高く設定されています。その中でもこの商品は存外に高い価格設定がなされています。しかしながら累計販売実績が180万本を超えているものまたこちらの抑毛クリームが高い信頼性を誇り、抑毛効果が期待できる結果となっています。

パイナップル豆乳ローション

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

容量が100mlで3本価格で8100円となっています。1本あたりのコストは2700円と抑毛クリームとしては安い価格設定です。こちらの商品は先ほどのゼロファクター5αSPローションよりも売れており、シリーズ累計販売実績340万本ととても信頼性の高い商品です。無論、初回購入料金返金保証付きなのもまた嬉しい設計で購入しやすい商品となります。

薬用グローストッパーEX

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

容量が60mlで価格は7200円となっています。定期購入を選ぶと6300円まで割引きされるのもまた嬉しい価格設定となっています。ゴボウの種子やモモの葉エキスを配合した抑毛クリームで独自の製法と成分には高い人気が集まっています。香料や着色料なども使用されておらず、市販されている抑毛クリームの中ではとても肌に優しい抑毛クリームとなります。

プレミアムアフターシェイブローション

出典: https://www.amazon.co.jp

容量は150mlで税込みで5184円+送料540円となっています。定期購入価格も設定されており、定期購入を選ぶと税込みで4666円となり、送料も無料になるという嬉しい商品となります。「大豆芽・大豆種子エキス」などの濃い髭や青髭などにとても効果がある抑毛クリームで楽天シェービング部門売り上げ1位なのも頷ける抑毛クリームとなります。

NULLアフターシェイブローション

出典: https://hige-goodbye.com

容量150mlで価格は5980円となっています。公式サイトから購入すると割引きが受けられて価格が4980円となります。加えて30日間の返金保証付きで公式サイトからこの商品を購入する事をおすすめします。無論、抑毛クリームとしての効果も絶大で、豆乳発酵液や大豆種子エキスなどが配合されたメンズ化粧品として愛されている商品となります。

髭の脱毛クリームで効果が無ければクリニックやサロンがおすすめ!

出典: https://mens-labo.net

髭を脱毛クリームで処理する時、注意せねばならぬ点は多々あり、肌トラブルや最悪失明の危険性もあります。無論、これが抑毛クリームとなった場合、継続的に髭の処理をせねばならず、思ったような効果が得られない事もあります。そんな時は脱毛クリームは諦めて髭の脱毛に効果が期待できるクリニックやサロンに赴くのもまたいい手となります。

フラッシュ・レーザー・ニードルの特徴や違いとは?

出典: https://datsu-hige.com

フラッシュとは光で脱毛を行う施術で痛みもなく料金も安いのが特徴です。方やレーザー脱毛はその名の通りレーザーによって髭を焼く施術となり痛みがあり、フラッシュと同じく料金も抑えられた髭脱毛です。最後にニードルとは電気を通した針で一本一本髭を処理していく髭脱毛となり、その施術の難しさから料金は高くなり、激しい痛みを伴うのも特徴です。

髭脱毛にはフラッシュかレーザーがおすすめ

出典: https://datumenz.net

髭を脱毛する場合、フラッシュ脱毛かレーザー脱毛がおすすめとなります。理由としてはあまりにも料金が高くなるのがニードル脱毛で痛みも半端ないからです。以前はニードル脱毛しかなかった為に皆、高い料金を払って痛い思いをしていました。しかしながら昨今はフラッシュやレーザーが開発され、料金も安く痛みも抑えられるようになってきたからです。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の回数の違い

出典: http://kp-05.com

髭は濃さによって施術する回数が違ってきますが、一般的にいってフラッシュ脱毛が10回程度の施術によって髭脱毛が完了します。一方、レーザー脱毛では6回くらいが目安となっています。ただし医療脱毛クリニックや脱毛サロンに通う頻度によっても脱毛施術回数は変わってきますので専門家とよく相談してフラッシュにするかレーザーにするか決めます。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違い

出典: https://www.noguge.com

永久脱毛と一言に言っても医療脱毛クリニックと脱毛サロンがあり、これらの施設では脱毛の仕方や効果などが変わってきます。医療脱毛クリニックでは脱毛機器の照射パワーが強く効果が高く髭の永久脱毛も可能となっています。一方、脱毛サロンでは脱毛機器の照射パワーが弱く、また髭の永久脱毛も不可能となっていますので覚えておく事をおすすめします。

効果を期待したいならば医療脱毛クリニックを

出典: https://datsuo.jp

医療脱毛クリニックには厚生労働省から定められた脱毛専属の医師が所属しており、実際の脱毛に効果のある脱毛医療が受けられます。一方、脱毛サロンでは抑毛効果しか期待できず、髭が再び生えるのを抑制する効果しか得られません。なので確実に髭を薄く、そして永久脱毛したいのであれば医療脱毛クリニックを選んでおくと間違いがありません。

通う回数も少なくて済む医療脱毛クリニック

出典: https://datsumo-men.com

脱毛効果を得られる医療脱毛クリニックでは5から7回くらい通う事で髭が減ってくる感覚を得られ、逆に脱毛サロンでは10から15回程度通って、よくやく髭の抑毛効果が実感できるようになります。その意味でも医療脱毛クリニックの方が脱毛サロンよりもコストパフォーマンス的にも優位に立っており、医療脱毛クリニックが選ばれる理由となっています。

脱毛を行った場合の料金の違い

出典: https://higedatumo-walker.com

髭脱毛をした場合の料金は一見脱毛サロンの方が安く感じられます。もちろん医療行為の行える医療脱毛クリニックでは1回1回の料金は高くなっていますが、通う回数が医療脱毛クリニックの方が脱毛サロンより少なくっているので結果的には医療脱毛クリニックの方が安く上がるというケースが多々あります。どちらが安く済むかよく調べて選ぶようにします。

具体的にはどれくらいの料金がかかるのか

出典: http://yonesuke.jp

まず結論から述べると医療脱毛クリニックが髭脱毛5回行ったとして3から8万円かかります。一方、脱毛サロンは髭脱毛5回の施術で3から5万円かかります。もちろん医療脱毛クリニックや脱毛サロン毎に細かい料金体系が設定されています。加えてキャンペーンなどで安く髭脱毛の施術を受けられる事もありますのでよく調べて選ぶようにします。

髭脱毛を行う場合、脱毛機器の違いにも注意

出典: https://with-hair.com

医療脱毛クリニックでは厚生労働省から許可の出たレーザー脱毛専用の医療機器が使われます。一方、脱毛サロンでは特に許可の出ていない民間の脱毛機器が使われいる事がおおくなります。ゆえに髭脱毛の効果の面でも安全性の面でも医療脱毛クリニックの方が安心して通える事になります。無論、効果の面でもやはり医療脱毛クリニックに軍配があがります。

医師の診察も受けられる医療脱毛クリニック

出典: https://mens-labo.net

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの一番の違いは専属医師による診察が受けられる事でしょう。医療脱毛クリニックは基本的に厚生労働省から認可された専属の医師が所属しており、医師の診察によって髭脱毛のプランが提示されます。一方、脱毛サロンではスタッフによるカウンセリングが行われるだけで髭脱毛に関しての施術に一抹の不安が残ります。

トラブルの際の対応にも大きな違いが

出典: https://www.aletheia-clinic.com

医療脱毛クリニックでは医師が駐在している為に万が一のトラブルにも迅速に対応してくれます。一方、脱毛サロンでは医療知識の乏しいスタッフしかいない事も多く、万が一のトラブルに対しての対処が遅れる場合が多々あります。そう言った意味でも医療脱毛クリニックの方が脱毛サロンよりも髭脱毛には安心して通える事の大きな理由となっています。

髭の脱毛クリームや除毛・抑毛クリームは使い方を守って!

出典: https://mens-labo.net

市販されている髭脱毛商品には除毛クリームと抑毛クリームがあり、それぞれがそれぞれの効果を持っています。無論、除毛クリームや抑毛クリームで効果が期待できないのであれば医療脱毛クリニックや脱毛サロンで髭の永久脱毛施術を受けるものまた一つの方法となります。今回のこの記事が、そんな髭脱毛処理を考える上での一助となれば幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ