年末調整の還付金はいつもらえる?計算方法など仕組みを徹底解説!

年末調整の還付金をいつもらうことができるのかについて、具体的にご紹介していきます。年末調整の還付金をいつ受け取れるのか気になるケースも少なくありません。計算方法を理解しておくことも大切です。計算方法や年末調整の仕組みについて解説していきます。

年末調整の還付金はいつもらえる?計算方法など仕組みを徹底解説!のイメージ

目次

  1. 年末調整の還付金はいつもらえるのか知りたい!
  2. 年末調整とは?
  3. 年末調整の還付金がもらえる仕組みについて
  4. 年末調整の還付金はいつもらえる?
  5. 年末調整の還付金の計算方法は?
  6. 年末調整の還付金は給与明細を見たらわかる?
  7. 年末調整の還付金についてまとめ

年末調整の還付金はいつもらえるのか知りたい!

出典: https://manechie.so-net.ne.jp

年末調整の還付金はいつもらうことができるのかというところに注目をして、計算方法や還付金がもらえる時期について詳しく解説を行っていきます。会社員として勤めている方であれば、年末調整という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。適切な手順を踏むことで還付金を得ることができます。その計算方法についても具体的にご紹介していきます。

年末調整とは?

税金支払い額の多寡を決定

出典: http://mylifemoney.jp

まず、年末調整とはいったいどういった仕組みなのかについて確認していきます。年末調整とは確定申告の簡易版だと思っていただければ問題ありません。その年の給与所得に対して、地震保険や生命保険の支払い、配偶者や子供の有無といった状況に合わせて税金額を確定する仕組みです。税金支払い額の多寡を最終的に決定するのが年末調整と言えます。

所得税の金額を確定させる

出典: http://hakken-days.hateblo.jp

その年の給与所得者の源泉徴収を正しく計算して、所得税の金額を確定させるのが年末調整の仕組みと言えます。所得税に関しては、会社員などの給与所得者の場合であれば毎月の給与や賞与から天引きされることになります。その天引きされた金額を源泉徴収と呼びますが、源泉徴収の額と実際に支払うべき所得税の金額が異なることが多くなっています。

1月1日から12月31日の収入が対象

出典: https://advisors-freee.jp

と言うのも、天引きによって源泉徴収される金額はあくまでも概算で計算されている数字だからです。その概算で計算された金額を年末調整によって正していき、所得税の過不足を算出していくのです。年末調整に関しては、その年の1月1日から12月31日までの収入が対象となります。その間の所得税の額が適切かどうかを計算するのが年末調整の仕組みです。

年末調整の対象者

出典: https://tashikameyo.com

また、年末調整の対象となるのは基本的に給与支払いを受けている全従業員です。正社員はもちろんのこと、派遣社員や契約社員、嘱託社員なども対象であり、パートやアルバイトの方も年末調整の対象となります。ただし、場合によっては年末調整の対象とならないこともあります。例えば、年収が2,000万円を超える方に関しては、年末調整の対象外です。

アルバイトのかけ持ちなども対象外

出典: https://besutoseikatu.com

あるいは災害による被害を受けた方で、災害減免法が適用されている方も年末調整の対象外です。その場合は、災害減免法によって所得税の徴収猶予や還付金の受け取りをすることができます。また、アルバイトのかけ持ちなどによって2ヵ所以上から収入がある場合も対象外です。その場合はメインの勤務先で年末調整をしてもらい、自身で確定申告を行います。

再就職しなかった場合も対象外

出典: https://minorita.com

また、1年の途中で退職をして再就職をしなかった場合も、年末調整が行われることはありません。再就職しなかった場合は自ら確定申告をする必要があります。再就職した場合は、就職先の企業で年末調整をしてもらうことができます。さらに日雇い従業員も年末調整をしてもらうことができません。2ヶ月以上連続して雇用がなければ、年末調整の対象外です。

年の途中で年末調整が行われることも

出典: https://mukutto.com

年末調整は基本的に年末や年始にかけて行うのが一般的ですが、場合によっては年の途中でも年末調整が行われることがあります。例えば、海外転勤などによって国内の非居住者となった場合です。また、従業員本人が死亡したことで退職した場合も年の途中で年末調整が行われます。過度な心身障害で退職して、再就職の見込みがない場合も年の途中で行います。

その他の条件

出典: https://advisors-freee.jp

また、12月に支払われる予定の給与を先に受け取り、その後で退職をした場合についても途中で年末調整を行います。パートやアルバイトで働いている人が退職をして、年間給与見込みが103万円以下の場合も年度途中で年末調整を行います。この場合は、パートなどを退職してから他の勤務先で給与を受け取らないことが想定されていることが条件となります。

年末調整の還付金がもらえる仕組みについて

仕組みの理解も重要

出典: https://sittaka.info

まずは、年末調整とは一体どういった仕組みや制度になっているのかという点について、理解を深めておくことがポイントです。その上で、年末調整の還付金がもらえる仕組みについて具体的に解説を行っていきます。年末調整の還付金を受け取る上では、さまざまな仕組みがあります。その仕組みを理解した上で、適切に勤務先に知らせることがポイントです。

生命保険への加入

出典: https://besutoseikatu.com

年末調整によって還付金を受け取る仕組みとして、生命保険に加入して保険料の支払いを行っていることが条件として挙げられます。生命保険や医療保険などの保険料を支払っている場合、保険会社から生命保険料控除という書類を受け取ることができます。社会保障に加えて自分でも医療費負担に備えていることで、年末調整の対象となり税負担が軽くなります。

地震保険への加入

出典: http://bibibits-of-knowledge.com

年末調整で還付金を受け取る仕組みとしては、地震保険に加入をして保険料を支払っている場合も還付金支給の対象となります。特に住宅を購入した時に地震保険に加入するという方も少なくありません。その場合は、1月から12月に支払った地震保険料が対象となって、所得税控除につながります。地震に対する備えをしていることが年末調整の対象となります。

自ら支払った社会保険料がある場合

出典: https://setsuzei-life.com

年末調整によって還付金を受け取れる可能性を高めてくれる仕組みとしては、自ら支払った社会保険料がある場合も挙げることができます。会社員やパート従業員などは、基本的に勤務先で健康保険料や年金保険料といった社会保険料を支払うことになります。それは給与天引きとなるので、勤務先で把握することができて自動的に控除してもらうことが可能です。

国民年金保険料や国民健康保険料を払っていた場合

出典: https://fltax.net

一方で、国民年金保険料や国民健康保険料を自ら支払っていたというケースが出てくることもあります。例えば、転職までの期間が空いていた場合や休職していた場合には、自ら社会保険料を支払うこともあります。また、家族の国民年金や国民健康保険料を支払うこともあります。そうした場合は、勤務先に申請することで還付金を受け取ることができます。

iDeCoや小規模企業共済への加入

出典: https://tokyo-patre.jp

年末調整による還付金を受け取れる可能性がある仕組みとしては、 iDeCoや小規模企業共済に加入しているケースも挙げることができます。iDeCoは個人型の確定拠出年金とも呼ばれるものであり、年々加入者が増えてきています。小規模企業共済にしてもそうですが、それぞれ掛金を控除することができます。これも勤務先に報告することが求められます。

扶養家族が増えた場合

出典: https://keiei.freee.co.jp

年末調整による還付金を受け取る仕組みとしては、扶養控除という部分も忘れてはいけないポイントです。1年の途中で扶養家族の人数が変更になった場合、本来適用できるはずの所得控除が適用されていないことにないます。ります。そのため、所得税を払いすぎていることになるので還付金支給の対象となります。配偶者控除と合わせて確認しておきたいです。

配偶者控除の適用所得

出典: https://article.auone.jp

配偶者控除に関しては、平成30円から仕組みが変わっています。控除を受ける本人の年間所得によって適用される控除の金額が変わっていきます。年間所得が900万円以下であれば38万円分の控除、年間所得が900万円超950万円以下の場合は26万円分の控除、年間所得が950万円超1,000万円以下で13万円の控除となります。年収1,000万円超は対象外です。

扶養控除の金額を確認

出典: https://venture-finance.jp

また、扶養控除についても金額を確認しておきます。扶養控除の場合は扶養している相手の年齢や同居の有無で金額が変わります。一般控除対象となる16歳以上の扶養親族がいる場合は38万円の控除、19歳以上23歳未満の特定扶養親族の場合は63万円の控除です。老人扶養親族として70歳以上の親族がいる場合は別居で48万円分、同居で58万円分の控除です。

寡婦控除や寡夫控除

出典: https://seikatsu-kouzyou.com

年末調整による還付金受け取りの仕組みとしては、まだまだ他の考え方もあります。年の途中でシングルマザーやシングルファーザーになった場合も年末調整の対象となります。夫や妻と死別、離別した場合で子供がいるケースが対象です。女性であれば寡婦控除、男性であれば寡夫控除が適用されます。子供の年間所得が38万円以下であることも条件です。

寡婦(夫)控除の金額

出典: https://www.kaike1.com

子供が他の人に扶養されていないことも寡婦(夫)控除を受けるための条件です。扶養親族や同一生計の子供がいる女性に関しては27万円、年間所得が500万円以下の女性についても27万円分の所得控除が適用されます。男性の場合は、年間所得が500万円以下で同一生計の子供がいる場合に27万円の所得控除が受けられます。年収にも注意が必要と言えます。

障害者控除

出典: https://wonderland02.com

さらに、年末調整によって還付金を受け取れる仕組みとしては、本人や家族が障害者である場合も適用対象となります。程度の重さにもよりますが、障害者控除という名称で控除が適用されます。障害者控除の場合は27万円、特別障害者の場合は40万円分が控除されます。特別障害者と同一生計で、なおかつ同居している場合は75万円の控除が適用されます。

医療費控除は確定申告が必要

出典: https://zuuonline.com

年末調整によって還付金がもらえる仕組みとしてはさまざまな方法があるわけですが、医療費控除に関しては注意が必要です。妊娠や出産、ケガや病気の治療で年間10万円以上の医療費がかかった場合は、医療費控除を受けることができます。しかし、医療費控除に関しては年末調整の対象外です。確定申告を行って還付金を受け取る必要があるので要注意です。

Thumb医療費控除は年末調整処理できない?確定申告の仕方や注意点を説明!

年末調整の還付金はいつもらえる?

いつもらえるのか確認

出典: https://allabout.co.jp

年末調整によって還付金を受け取れる仕組みについて理解を深めておくことがポイントです。その上で、年末調整の還付金はいつもらうことができるのか、具体的に解説を行っていきます。還付金と言ってもいつもらえるのか気になるところでもあります。いつ支払うのか会社によって違うこともありますが、基本的な時期について把握しておくことが大切です。

会社によってそれぞれ違う

出典: https://mag.smarthr.jp

年末調整の還付金がいつもらえるのかという点については、会社によってそれぞれ違うという点を頭に入れておく必要があります。年末調整の支払い時期に関して何か特定の決まりがあるわけではありません。会社ごとの裁量によっていつ支払いが行われるのか決定されます。それでも長年同じ会社に勤めていれば、毎年同じような時期に還付金が支払われます。

基本は12月の給与確定時点で計算

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

年末調整については、その年の1月から12月までに支払われる給与と賞与に合わせて所得税の金額が計算されることになります。1年間天引きしていた所得税の合計金額と、さまざまな控除を考慮して本来支払うべき所得税の金額を計算した上で算出されるのです。そのため、基本的に12月の給与金額が確定した段階で還付金の計算が行われることになります。

12月から1月に支払われる

出典: https://monskiny.net

そのため、いつ還付金を受け取れるかという点についてはおおよそ4つのパターンに分けて検討することができます。1つは12月の給与と一緒に支払うパターン、2つ目は12月の賞与とい一緒に支払うパターン、3つ目は1月の給与と一緒に支払うパターン、最後は12月から1月にかけて還付金だけ支払うパターンです。12月から1月に支払われることが多いです。

給与と一緒に振込が多い

出典: https://besutoseikatu.com

かつては、還付金だけを別で支給していたり、手渡しで従業員に支払っていたりした会社もありました。しかし、近年は給与や賞与と一緒に振込で支給するケースが多くなっています。何回も給与の支払いが発生すると、振込手数料がかかることにもつながるためです。会社としては、なるべく支払い回数を減らしたいという思惑もあると考えることができます。

経理に直接聞くのも1つ

出典: https://hajimete-mama.jp

年末調整の還付金をいつ受け取ることができるのか、どうしても気になるという方は、会社の経理担当に聞くという方法も挙げられます。基本的に12月から1月にかけて支払われることが多いですが、それ以外に対応してくれる場合もあります。何か特別な事情がある場合はあらかじめ経理担当に相談しておき、対応してもらうことも1つの考え方と言えます。

年末調整の還付金の計算方法は?

計算方法を頭に入れておく

出典: https://www.marunage.co.jp

年末調整によって還付金が戻ってくる仕組みや、いつ還付金が支給されるのかという点について理解しておくことがポイントです。その上で、年末調整の還付金の計算方法について確認していきます。会社員などであれば、毎月の給与から所得税が天引きされることになります。払い過ぎた税金を取り戻すための計算方法を頭に入れておくこともおすすめです。

さまざまな控除を活用する

出典: https://payroll-research2.com

所得税に関しては、1月1日から12月31日の1年間にかけて受け取った給与からさまざまな控除を差し引いた上で最終的な金額が決まることになります。例えば、結婚した場合であれば、その年から配偶者控除として38万円の控除を受けることができます。さまざまな控除を組み合わせて課税所得を減らしていき、還付金の受け取りにつなげることが大切です。

還付金計算のモデルケース

出典: http://mylifemoney.jp

年末調整の還付金の計算方法に関しては個人個人によって異なるため、代表的な例をモデルケースとしてご紹介します。まずは、配偶者控除や生命保険料控除、扶養控除などがある場合の計算方法を確認していきます。実際の年収が576万円と仮定します。そのうち、源泉徴収額としてあらかじめ差し引かれた税金が17万1,000円として計算を行います。

さまざまな控除の組み合わせ

出典: https://www.freee.co.jp

さらに給与から控除された社会保険料の総額が83万8,716円とします。生命保険料控除が12万円、地震保険料控除が5万円とします。生命保険料は12万円、地震保険料は5万円が最高控除額となります。その他、配偶者特別控除として26万円、一般の控除対象扶養親族として16歳の子供がいると仮定して38万円の控除、さらに基礎控除の38万円を合わせます。

具体的な計算方法

出典: https://company.sugumogu.com

まず、年収576万円の場合は給与所得控除が適用されると、課税対象の所得金額が406万8,000円と算出されることになります。そこから、社会保険料控除や生命保険料控除、地震保険料控除や配偶者控除、一般の扶養控除や基礎控除を計算していくと202万8,716円となります。この202万8,716円を、課税対象の406万8,000円から差し引きしていきます。

10%の税率と9万7,500円の控除

出典: http://mylifemoney.jp

「406万8,000円-202万8,716円=203万9,284円」となります。課税所得となる金額については、1,000円未満が切り捨てされると定められています。そのため実際には203万9,000円が課税対象となります。課税所得金額が329万9,000円以下の場合は税率が10%です。さらに、9万7,500円の控除を受けることができることになっています。

最終的な支払い金額は10万8,600円

出典: https://keiridriven.mjs.co.jp

つまり、「203万9,000円×10%-9万7500円」という計算方法によって、10万6,400円という課税金額が導き出されることになります。さらに、復興特別所得税の支払いもあるため、102.1%を掛けると10万8,600円(100円未満は切り捨て)という数字になります。つまり、最終的に支払うべき税金は10万8,600円ということになります。

還付金額は6万2,400円

出典: http://switch.or.jp

ここで最初に戻ると、年間給与に対する源泉徴収税額として17万1,000円が徴収されていました。そこで、「17万1,000円-10万8,600円」という計算方法を用いることで、6万2,400円の還付金を受け取ることができます。実際にこれだけの複雑な計算方法をとることで、年末調整の還付金が支給されているということが言えます。

住宅ローン控除がある場合も確認

出典: http://www.money-ama.com

続いては、住宅ローン控除がある場合の還付金について確認していきます。基本的な計算の流れは、上記で紹介したのと同様となります。今回は年間給与総額として、612万円と仮定します。そして、年間給与に対する源泉徴収税額が21万4,414円、給与から控除した社会保険料等が74万2,032円と仮定して計算を行っていきます。

課税対象所得金額は435万6,000円

出典: https://afun7.com

その他の控除として生命保険料控除が12万円、地震保険料控除が5万円、配偶者特別控除が38万円、基礎控除が38万円、そして住宅ローン控除が17万円あると仮定して計算を行います。まず、年収612万円の場合の課税対象所得金額は435万6,000円となっています。そこから生命保険料控除や地震保険料控除、配偶者特別控除といった控除を引いていきます。

税率は10%

出典: https://oshiete.chunichi.co.jp

実際に社会保険料や生命保険料控除、地震保険料控除や配偶者控除、基礎控除を合算していくと、167万2,032円という金額を計算することができます。「435万6,000円-167万2,032円=268万3,968円」となります。1,000円未満は切り捨てとなるので、課税所得金額は268万3,000円です。課税所得195万円超330万円以下に関しては、税率が10%です。

課税額は800円

出典: https://www.e-aidem.com

さらに、9万7,500円分の控除を受けることもできます。つまり、「268万3,000円×10%-9万7,500円=17万800円」となります。最後に住宅ローン控除を適用することができます。住宅ローン控除は17万円となっているため、「17万800円-17万円=800円」となります。この800円に復興所得税の102.1%をかけると816円となります。

21万3,614円の還付金

出典: https://www.kaike1.com

しかし、100円未満は切り捨てとするため、変わらず800円が所得税の額となります。最初に戻ると、年間給与に対する源泉徴収税額として21万4,414円徴収されていました。つまり、「21万4,414円-800円=21万3,614円」となり、21万3,614円の還付金を受け取ることができます。住宅ローン控除は、還付金受け取りにも絶大な効果があると言えます。

Thumb住宅ローン控除初年度の申請方法について解説!年末調整はできない?

年末調整の還付金は給与明細を見たらわかる?

給与明細の確認もおすすめ

出典: http://www.kkin-en.net

年末調整の計算方法を理解しておくことで、実際に自分の還付金がいくらぐらいになるのか把握することも可能です。さらに、還付金に関しては給与明細を見ればわかるという側面もあります。普段は何気なく目を通している程度の給与明細も還付金の情報が詰まっています。還付金がいくらか気になる場合は、給与明細を確認してみるのもおすすめです。

給与明細にはさまざまな情報がある

出典: http://mukaiyouhei.blog.jp

毎月従業員に配られる給与明細には、給料からどれくらいの税金が引かれるのか記載されています。厚生年金や健康保険料、雇用保険料や所得税といった金額情報も給与明細を確認すれば一目瞭然です。給与から税金や保険料などを引いた金額が、自身の口座に振り込まれることになります。さらに、年末調整の還付金についても給与明細を見ればわかります。

給与明細の所得税の欄を確認

出典: https://okane-ch.net

年末調整の還付金が支払われた月に関しては、給与明細書の所得税の欄に、「年末調整還付額」もしくは「還付金」といった項目で金額が追記されています。給与明細の追記情報を確認することで、簡単に還付金額がわかります。例えば、「-2万円」などとマイナスが付いていれば、それが年末調整の還付金として戻ってくる金額です。

給与明細を注意深く見る

出典: https://kangoruu.hatenablog.com

給与明細の欄にマイナスが付いている表記があれば、その金額を受け取ることができます。反対に給与明細の欄にマイナス金額がなければ、追加課税の対象となります。年末調整は必ず還付金が戻ってくるわけではないので注意が必要です。日頃から給与明細の見方を確認すると同時に、年末調整のタイミングでも注意深く給与明細を見ることが大切です。

年末調整の還付金についてまとめ

出典: https://sittaka.info

年末調整の還付金について、いつもらえるのか、仕組みはどうなっているのか、給与明細の見方なども含めて具体的にご紹介してきました。基本的には会社の経理担当の方が対応してくれますが、自ら提出する書類や申請する必要があることもあります。年末調整の仕組みを理解して適切に対応することが重要です。払い過ぎた税金はしっかりと取り戻しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ