住友生命の個人年金を紹介!評判や利率・解約など役立つ情報にも注目!

自分の老後資金計画に不安を抱いている人は多いのではないでしょうか。年金には国民年金や厚生年金以外にも個人年金というものがあります。保険会社の中でも評判のある住友生命では個人年金も扱っています。今回は住友生命の個人年金について紹介していきます。

住友生命の個人年金を紹介!評判や利率・解約など役立つ情報にも注目!のイメージ

目次

  1. 気になる住友生命の個人年金とは
  2. そもそも個人年金ってなに?
  3. 住友生命の個人年金にはどんな種類があるの?
  4. 住友生命の個人年金「たのしみワンダフル」
  5. 住友生命の個人年金独自の「たのしみランク」
  6. 住友生命の個人年金「たのしみキャンパス」
  7. 住友生命の個人年金の契約例
  8. 住友生命の個人年金の受取保険料試算
  9. 住友生命の個人年金に付加できる特約その1
  10. 住友生命の個人年金に付加できる特約その2
  11. 住友生命の個人年金に付加できる特約その3
  12. 住友生命の個人年金のメリット
  13. 住友生命の個人年金のデメリット
  14. 住友生命の個人年金の評判
  15. 住友生命の個人年金の解約方法
  16. 住友生命の個人年金で注意すべき点
  17. 住友生命の個人年金以外の個人年金
  18. 将来のために住友生命の個人年金

気になる住友生命の個人年金とは

17437630 273415373091729 4371027133837869056 n
riiiiiii505さんの投稿

自分が高齢者になった時にどのぐらいの年金を受け取ることができるのか、誰もがそんな不安を抱いています。日本国民の全員が国民年金もしくは厚生年金に加入していますが、それ以上に年金を補填する方法として個人年金があります。今回は住友生命の個人年金保険について、利率や評判などの情報を詳しく解説します。

そもそも個人年金ってなに?

そもそも個人年金とは一体どういうものなのか。自営業をしている人は国民年金、会社員をしている人は厚生年金ということはわかる人が多いでしょう。国民年金や厚生年金は公的年金として位置付けられています。一方で、国民年金や厚生年金では将来受け取ることができる年金だけでは心配という人が、これらの年金を補填する目的で個人年金に加入します。

12917823 463552917176178 827403306 n
0.gg.0さんの投稿

個人年金は民間の会社が販売している保険の一種です。いつ契約してもいいですし、年金を支給し始める時期や年金額もその人に応じて設定することができます。公的年金は65歳以上から支給に変更となりました。定年退職も60歳から65歳になりつつありますが、60歳で辞めたい人にとっては60歳から65歳までの間を個人年金で賄うのも一つの方法でしょう。

Thumb個人年金保険ランキング!利率や戻り率の高いおすすめプランを調査!

住友生命の個人年金にはどんな種類があるの?

12224172 548925688603784 1950583082 n
haruman0319さんの投稿

個人年金を決める時にもっとも重視したい重要な情報は、保険料の掛け金に対してどれぐらいの利率が付与されて支給されるのかということでしょう。つまり支払金額に対する返戻金がいくらなのかということ。当たり前ですが、実際に支払った合計保険金額よりも支給される年金合計金額(返戻金)が多いに越したことはありません。

最近では銀行に預けていても、利率が低く預けておく価値もなくなってきています。一方で、個人年金は保険会社が運用をしてくれるため、銀行に預けておくよりは高い利率で返戻される可能性があります。しかしながら、近年の金利見直しなどもあり、個人年金保険を商品として取り扱う保険会社は減ってしまいました。

26073240 745835088954101 2925950666583048192 n
risingtrust_officialさんの投稿

そんな中でも、住友生命が保険商品として提供している個人年金は、利率もよく評判のいい商品として人気があります。そんな住友生命が取り扱う個人年金保険には、「たのしみワンダフル」と「たのしみキャンパス」の2つがあります。それぞれに特徴があるので、情報を分けて詳しく紹介します。

住友生命の個人年金「たのしみワンダフル」

12729436 145516225834667 42128729 n
mlil.intlさんの投稿

住友生命の個人年金「たのしみワンダフル」の特徴としては、次の4つです。1つめは、国民年金や厚生年金といういわゆる公的年金の支給額に加えて、将来受け取る年金額を自分自身で補填分を設定することができる点です。2つめは、保険料の払込期間が満了した後に、払込んだ保険料の総額以上の年金を受け取ることができる点です。

3つめは、保険料の払込期間が満了した後に、すぐに年金を受け取らずに一定の据置期間を設けることで、さらに受け取る年金額をアップさせることができることです。4つめは、一定額の保険料を超えた場合、「たのしみランク」が適用でき、年金の受取率がさらにアップすることができる点です。たのしみワンダフルの場合は15,000円以上となります。

住友生命の個人年金独自の「たのしみランク」

住友生命の個人年金独自システムとして評判なのが「たのしみランク」です。「たのしみランク」は月々の保険料が15,000円を超えた場合、「たのしみランク」に認定され、保険料の利率が通常よりも高くなります。これは、住友生命の独自システムなので、住友生命の個人年金保険を利用するなら「たのしみランク」制度を利用するのがおすすめです。

住友生命の個人年金「たのしみキャンパス」

住友生命の個人年金「たのしみキャンパス」は、学資積立保険として評判の良い保険です。しかし、一般的な学資保険とは違って、受け取り方法が年金としての受け取りとなるため、個人年金保険として取り扱われています。今回の個人年金保険とは少し異なる情報なので簡単に紹介します。

加入対象年齢は、0歳から8歳です。受け取りの開始時期は、選択可能ですが多くの人は18歳から大学資金として活用する人が多いです。この保険で注意しなければならない点は、所得控除をする際に個人年金保険料の控除ではなく、一般生命保険料の控除となります。子供の将来を考えると、この「たのしみキャンパス」は有効な学資保険です。

住友生命の個人年金の契約例

18878871 276816859453157 8543458128119726080 n
kakeishindanshi_officialさんの投稿

ここでは、具体的な契約内容と契約時の年齢で年金がどれぐらい受け取ることができるのかについて、情報を整理します。住友生命の個人年金保険契約の基本情報として、契約可能年齢は0歳から75歳まで、払込回数は月払い・半年払い・年払いで選ぶことが可能です。払込方法は口座振替だけでなく、お得なクレジットカード払いも可能です。

18443161 310053809429621 6246041913460260864 n
hajime.oishi37さんの投稿

契約例として、60歳払込満了とし、65歳から年金支給開始、10年間の確定年金、月払い保険料15,000円とします。この場合、住友生命特有のたのしみランクが適用されます。この契約例に沿って契約を行った各年代ごとに年金支給額を試算していきます

住友生命の個人年金の受取保険料試算

26408582 171298870151909 1498319712239484928 n
nhome4752さんの投稿

 ここでは20歳、30歳、40歳の各年代ごとに情報を整理してみます。契約時の年齢が20歳で、月払保険料15,000円で40年間支払った場合、払込保険料総額は720万円となります。その場合の年金原資は約764万円。これを一括で受け取った場合の返戻金利率は、約106.1%となります。

26867002 1416686075124901 8349397272164827136 n
liubenmurunetsusansuさんの投稿

一括ではなく、年金受け取り期間を10年と設定した場合、総額で778.8万円、年間基本年金額は77.88万円を受け取ることができます。この場合の返戻金利率は、約108.1%となります。一括で受け取るよりも利率が2%も高くなることで受け取る金額が高くなります。

契約時年齢30歳、月払保険料15,000円を30年間支払った場合、払込保険料総額は540万円。年金原資は約563万円、一括で受け取った場合の返戻金利率は、約104.3%です。年金受け取り期間を10年と設定した場合は、総額で574.1万円、年間基本年金額は57.41万円。この場合の返戻金利率は、約106.3%となるので、20歳時と同様に利率はよくなります。

契約時の年齢が40歳、月払保険料15,000円で20年間支払った場合、払込保険料総額は360万円。年金原資は約370万円、一括で受け取った場合の返戻金利率は、約102.9%です。年金受け取り期間を10年と設定した場合は、総額で377.9万円、年間基本年金額は37.79万円。この場合の返戻金利率は、約104.9%となるので、他の年代と同様に利率はよくなります。
 

この数字からみてわかる通り、この個人年金保険は若いうちに契約を行い、一括で受け取らずに10年かけて受け取るのが返戻金の利率を高くする最良の方法ということがわかります。いつか契約しようと考えている人は、早めに入った方がお得であることを踏まえて、いつ契約するか考えるようにしましょう。

住友生命の個人年金に付加できる特約その1

1389960 627367790673526 431868470 n
matsu.ma2_さんの投稿

住友生命の個人年金保険にはいくつかの特約があります。指定代理請求特約は、付加保険料を支払わずに付加可能な特約です。保険対象者が受取人である場合、事故や病気で意思疎通ができない状態や住友生命が定めているケースに該当する場合など、前もって指定した代理請求人が保険金や給付金などの手続きを行うことができる特約です。

この特約を付加しておけば、請求人本人の意思表示が難しい場合でも、受給開始時期に速やかに年金を受けとることが可能となります。この特約は付加料金がかからないため、将来いつ何が起こるかわからないことを踏まえて、必ず付加することをおすすめします。

住友生命の個人年金に付加できる特約その2

次に個人年金保険料税制適格特約についてです。個人年金保険に加入している人は、この特約は必ず知っておかなければなりません。というのも、個人年金保険料税制適格特約は、所得控除にあたる生命保険と同様に、個人年金保険料の分、所得控除を受けることができるのです。税金対策としても非常に大事な特約です。

この特約を付加していない場合は、個人年金保険料の控除を受けることができません。こちらの特約も付加料金がかからないので、必ず付加することをおすすめします。

住友生命の個人年金に付加できる特約その3

3つ目の保険料払込免除特約は、住友生命が定めた介護度・疾病・高度障がいになってしまった場合に、それ以降の保険料の支払いを免除してもらえる特約です。この特約を付加するには有料となってしまうことから、保険料、ご自身の年齢、体の状態とよく相談して決める必要があります。

 

住友生命の個人年金のメリット

23498297 2100128050001180 8471921114182844416 n
mato____3さんの投稿

住友生命の個人年金保険のメリットは大きく3つあります。まず、第一に住友生命は保険会社でもトップクラスの評判があることがメリットの一つめです。住友生命と聞いて、聞いたことがないという人はいないのではないでしょうか。それほどネームバリューもある保険会社であれば安心して保険契約を結ぶことができます。
 

18879395 244864929332181 4867675754420240384 n
kakeishindanshi_officialさんの投稿

そして個人年金保険で最も重要である、支払った保険料に対する返戻金の利率の高さを上げるために、「据え置き期間を設ける」、「月額保険料を15,000円以上にする」、「年金受け取りを先延ばしにする」などの工夫した契約を行えば、他の個人年金保険の中でも高い利率で受け取ることができるのがメリットの2つめです。

最後に、住友生命の個人年金保険は個人年金保険料税制適格特約をつければ、生命保険などと同様に所得に対する個人年金保険料に対する所得控除を受けることができます。これはとても大きなメリットです。貯蓄として毎月15,000円を銀行に預け入れるよりも、税金の控除が受けることができ、かつ高い利率で将来年金を受け取ることができるのです。

住友生命の個人年金のデメリット

18161996 1286761328105328 3463957996864798720 n
aa_studyupさんの投稿

住友生命の個人年金保険の大きなデメリットはありません。唯一あげるとすれば、事故や病気で保険料を支払うことができなくなった際に、保険料払込免除が基本セットに含まれていないという点でしょう。ただし、特約でつけることができるので、このデメリットは解消できます。契約の際によく検討して特約をつけるかどうか判断する必要があります。
 

住友生命の個人年金の評判

15803105 619229718261555 8693415300646830080 n
agie0720さんの投稿

住友生命の個人年金保険に関する評判についての情報を整理します。住友生命の個人年金保険は、個人年金保険を扱っている会社の中でも上位に入る、高い利率の受取額が期待することができます。つまり評判が良いということです。

10607989 365081906972813 1591409583 n
maimai__kさんの投稿

その他にも住友生命独自のたのしみランクや据え置き期間をうまく用いれば、受取額は支払額の120%を超えます。こういった特徴から非常に評判高い個人年金保険と言えます。

住友生命の個人年金の解約方法

次に解約方法に関する情報を紹介します。個人年金の解約は、保険の解約と同じで、解約方法によっては不利になることがあるので、注意する必要があります。個人年金保険の解約をした場合で不利になるケースは、解約返戻金(解約時に返ってくるお金)が支払った保険料合計金額より少ない元本割れを起こすケースです。
 

保険契約では、基本的に解約して良いことはほとんどありません。それでも、どうしてもお金が必要で保険を解約せざるを得ない場合は仕方がありません。保険解約は最終手段として選択するようにしましょう。では、解約をする前に検討すべき事項はいったいどういったものがあるのでしょうか。
 

まとまったお金が必要になった場合に、住友生命の個人年金保険では契約者貸付制度を利用することができます。契約者貸付とは、借りる時点で解約返戻金の一定範囲内でお金を借りられる仕組みのことです。契約者貸付というものを利用して、一時的に解約をしのぐことができないか検討しましょう。

貸付の利率は、契約時予定利率+0.25%が最も一般的な利率です。住友生命の個人年金保険では、契約内容などによって利率が異なるので、スミセイコールセンターに電話して利率を確認しましょう。

15057136 713337165483726 2502162691548774400 n
1103makoさんの投稿

契約者貸付制度を利用したい場合、いくら借りることができるのか、貸付の利率は何%なのか、借りたお金は元利を含めて返済することができるのかを必ず確認することが重要です。
 

住友生命の個人年金で注意すべき点

21433628 904709349676988 4483056931937714176 n
fululu87さんの投稿

住友生命の個人年金で注意すべき点は、何と言っても途中解約しないということです。いくら評判の良い住友生命の個人年金を利用したところで解約してしまっては意味がありません。そのためにも、綿密な将来の計画をたて、解約をしなくても済むような資金計画を心がけましょう。

住友生命の個人年金以外の個人年金

26871049 427368787692764 7033182253425360896 n
deco0923さんの投稿

先ほど述べた通り、住友生命の個人年金保険は同じ業界でトップクラスの評判があるものです。それ以外に評判の良い個人年金保険にはどういったものがあるのか、他社の情報をいくつかご紹介しておきます。

17127288 1255560284539337 3961117005590822912 n
houraisen69さんの投稿

年金受給方法においてバリエーションが豊富な「日本生命保険相互会社のニッセイみらいのカタチ年金保険」、医師による診査や健康状態の告知が不要で入れて比較的受取率が高い「明治安田生命の年金かけはし」と「三井住友海上あいおい生命保険株式会社の&LIFE 個人年金保険」。

1389960 627367790673526 431868470 n
matsu.ma2_さんの投稿

特別勘定の長期運用により高利回りが期待できる「ソニー生命の変額個人年金保険」、年金と介護のダブル保障を一生涯受け取ることができる「太陽生命の保険組曲Best100歳時代年金」などがあります。それぞれの会社で保険内容や特徴があるので、各商品の情報を整理し口コミや評判を参考にした上で、自分に合ったものを選定するようにしましょう。

将来のために住友生命の個人年金

14504747 1866508776896765 6239926820628594688 n
aiamo3927さんの投稿

個人年金は保険ということもあって、情報量が多く的確に情報を理解することは難しいかもしれません。そんな時は保険担当者の話を聞いてメリットデメリットを箇条書きにしてもらう方法が、情報整理に最も役立ちます。長期間にわたる保険契約なので、きちんと理解を深め途中解約をしないということを大前提に、将来の計画を立てることをおすすめします。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ