固定資産税はクレジットカードで支払い!メリット・デメリットを紹介!

固定資産税の支払いに関して、クレジットカード払いをすることの意義について詳しく解説を行っていきます。クレジットカードによる支払いは便利ですが、固定資産税も支払うことができます。そのメリットやデメリットも含めて、具体的にご紹介していきます。

固定資産税はクレジットカードで支払い!メリット・デメリットを紹介!のイメージ

目次

  1. 固定資産税のクレジットカード支払いのメリットやデメリットが知りたい!
  2. 固定資産税とは?
  3. 固定資産税のクレジットカード支払いのメリットは?
  4. 固定資産税のクレジットカード支払いのデメリットは?
  5. 固定資産税のクレジットカード支払いで手数料はいくらかかる?
  6. 固定資産税の支払いにおすすめのクレジットカードはある?
  7. 固定資産税のクレジットカード支払いまとめ

固定資産税のクレジットカード支払いのメリットやデメリットが知りたい!

出典: https://momonestyle.com

固定資産税の支払いをクレジットカードにする方も増えてきています。自治体によってはクレジットカード支払いに対応していないこともありますが、クレジットカード支払いにすることで多くのメリットもあります。一方でデメリットもあるのがクレジットカード支払いです。固定資産税をクレジットカード支払いすることの意義を確認していきましょう。

固定資産税とは?

土地や家屋にかかる税金

出典: https://www.m-athome.co.jp

まずは、固定資産税とはどういったものなのか確認していきます。固定資産税とは、土地や家屋、償却資産に対してかけられる税金のことです。土地や家屋、償却資産のことを総じて固定資産と呼ぶため、そこにかけられる税金として固定資産税と呼ばれています。償却資産とは飲食店のレジや厨房施設といったもので、事業用の少額資産のことを表しています。

マイホームにも固定資産税がかかる

出典: https://iqra-channel.com

固定資産税においては土地や家屋の金額をもとにして計算が行われ、一定の税金が課されることになります。事業用の資産もそうですが、固定資産を保有することによって、その資産価値に応じた一定割合の税金支払いをする必要があります。マイホームを購入した場合も固定資産税が発生します。アパートやマンションの賃貸には固定資産税がかかりません。

固定資産税は翌年から発生する

出典: http://www.kentaku.co.jp

また、固定資産税は毎年1月1日時点における固定資産の所有者に課されることになります。実際に固定資産税を支払うのは翌年からということになります。そのため、固定資産を購入した年については、前所有者が固定資産税の支払いを行うことになります。それでも、実際には売買金額に固定資産税分を上乗せして販売して清算することが多くなっています。

課税標準額×税率

出典: https://www.cigr.co.jp

固定資産税を求めるには、一定の計算式を利用することになります。固定資産税額を出す計算式としては、「課税標準額×税率」という式を挙げることができます。税金を計算する上での基礎となる金額が課税標準額です。土地や家屋についてそれぞれに適用される計算式です。課税標準額はかなり精密に計算されるので、一般では理解しにくい数字と言えます。

路線価を基準に

出典: https://sumika.link

土地に課税標準額に関しては、固定資産税を計算するために定められている路線価を基準として算出されることになります。路線価とは、国が定めた基準に則って計算される価格のことです。計算に関しては市区町村が行うことになり、その道路に面した1平方メートルあたりの土地の価格を指しています。路線価は3年に1度見直しがされることも特徴的です。

家屋の課税標準額

出典: http://www.city.higashihiroshima.lg.jp

また、家屋の課税標準額の考え方についても確認していきます。家屋の課税標準額の場合は同じ家屋を同じ場所に再度建築した場合にかかる費用を計算していきます。これを「再建築価格」と呼びますが、再建築価格に経年劣化を加味して算出される金額です。基本的には土地の課税標準額と家屋の課税標準額が合算されて、固定資産税の金額が導き出されます。

固定資産税のクレジットカード支払いのメリットは?

クレジットカード支払いのメリットを確認

出典: https://ieul.jp

固定資産税の考え方や特徴について理解を深めておくことがポイントです。その上で、固定資産税をクレジットカード支払いしていくことのメリットについて確認していきます。クレジットカードを利用して支払いを済ませるという方も増えてきていますが、固定資産税の支払いも同様です。クレジットカードのメリットを把握することで、利便性を理解できます。

外出せずに支払いが完結する

出典: http://www.town.kamigori.hyogo.jp

固定資産税を現金ではなく、クレジットカード支払いにすることによって外出することなく支払いが完結することがメリットとして挙げられます。クレジットカードであれば、自宅でも簡単に固定資産税を納税することができます。基本的には24時間いつでも納税することができます。忙しい人であっても、固定資産税の支払い忘れを防ぐことにつながります。

現金を下ろす必要がなくなる

出典: https://zuuonline.com

また、簡単に支払いできるという意味では現金を下ろす手間を省くことにもつながります。固定資産税は一度に数万円単位でかかってくることが多く、手持ちの現金では足りない可能性もあります。そうなると、わざわざ銀行に行って現金を下ろさなければならない状況も出てきます。その点についても、クレジットカード支払いであれば簡単に解決できます。

ポイントやマイルが貯まる

出典: http://icube2011.doorblog.jp

固定資産税をクレジットカード支払いにすることのメリットとしては、ポイントやマイルが貯まることも挙げられます。クレジットカードを利用することにより、通常の買い物と同様に還元ポイントを得て、そのポイントを買い物や景品交換に利用することもできます。少しでもお得感を得たいという方であれば、税金もクレジットカード支払いがおすすめです。

ポイントを貯めやすくする

出典: https://wmpicaco.com

クレジットカードポイントを貯めることで、普段の生活をお得に進めることも可能となります。ポイントによって買い物したり、優待を受けたりすることもできます。現金ではなくクレジットカードを利用することの価値として、ポイントを重視している方も少なくありません。できるだけポイントを貯めるという点でも、クレジットカードでの支払いが便利です。

支払い猶予を伸ばせる

出典: https://navinavi-creditcard.com

クレジットカードを利用して固定資産税を支払うことのメリットとしては、支払い猶予を伸ばせるという点も挙げることがでいます。クレジットカードを使って固定資産税を支払うことで、無利息で支払い日を延長できます。実際に口座の引き落としがかかるのは、決済日の翌月以降となるからです。手持ちの現金が少なくても、カバーすることができます。

少しでも手元の現金を残したい

出典: http://www.tm-ordinary.com

固定資産税を現金で支払う場合は、当然その額の現金が必要となります。日常の生活費や食費、交際費や娯楽費といったお金でいっぱいいっぱいの場合、少しでも手元の現金を残しておきたいこともあります。そのニーズを満たしてくれるのがクレジットカードでの支払いです。一括支払いにすれば、余計な手数料も発生せずに支払いを完了させることができます。

Thumbクレジットカードのポイント高還元率ランキング!お得な使い方もあり!

固定資産税のクレジットカード支払いのデメリットは?

メリットとデメリットを総合的に理解する

出典: https://kenbou89.hatenablog.com

固定資産税をクレジットカード支払いにすることで受けられるメリットについて把握しておくことがポイントです。特に、クレジットカードのポイントやマイルを貯めている方にとってはお得なメリットとなります。一方で、固定資産税をクレジットカードで支払うことにはデメリットもあります。メリットとデメリットを総合的に理解しておくことが大切です。

納税証明書発行に約10日かかる

出典: https://etccard-tsukurikata.com

固定資産税をクレジットカード支払いにすることのデメリットとしては。納税証明書の発行に10日前後かかることが挙げられます。クレジットカードでの決済を依頼すると、現金や口座振替のようにすぐに決済することができません。その場合は決済が完了してからでないと、納税証明書を発行してもらうことができません。そこが大きなデメリットと言えます。

すぐに納税証明書が必要なケースは少ない

出典: https://splash-go.jp

納税証明書の発行にタイムラグが出ることがクレジットカード支払いのデメリットと言えますが、それほどすぐに納税証明書が必要でなければ、特に大きなデメリットとなることはありません。何らかの事情で納税証明書が必要になることもありますが、それでもすぐに必要となることは珍しいです。一応のデメリットとして認識しておく程度で問題ありません。

手数料が発生する

出典: http://kakaku.com

また、固定資産税をクレジットカード支払いにすることのデメリットとしては、手数料が発生することが挙げられます。現金支払いであれば手数料が発生することはありませんが、クレジットカードの利用となると、固定資産税の金額に応じて手数料がかかります。固定資産税の納付金額が高額になればなるほど手数料も高くなっていくので、注意が必要です。

分割やリボ払いによる手数料も

出典: https://ameblo.jp

クレジットカードでの支払いに関しては、一括払いの他に分割払いやリボ払いといった支払い方法を選択することができます。リボ払いや分割払いにすると、その分の手数料も発生することになるので注意が必要です。本来支払うべき固定資産税の金額に比べて、どんどん金額が高くなってしまいます。その辺も含めてクレジットカードの利用を検討するべきです。

固定資産税のクレジットカード支払いで手数料はいくらかかる?

手数料の額を把握する

出典: http://kakeiboblog.com

固定資産税をクレジットカードで支払うことによって受けるメリットやデメリットにはさまざまなものがあります。その中で、クレジットカード支払いのデメリットとして手数料がかかることをご紹介しました。その手数料について、より具体的に確認していきます。一体どのくらいの手数料がかかるのか理解することで、使用判断につなげることがポイントです。

納税額によって手数料が違う

出典: http://switch.or.jp

まず、固定資産税をクレジットカードで支払う場合の手数料については、納税額によって異なるという点を理解しておくことが求められます。自治体によっても手数料が異なりますが、基本的に1万円の固定資産税につき80点前後の手数料が発生していきます。固定資産税の納付額が増えれば増えるほど、手数料も高くなっていくので覚えておくことが大切です。

手数料金額

出典: https://wezz-y.com

具体的にクレジットカード支払いをした場合の手数料について見ていくと、1円から1万円以内であれば税込で78円、1万1円から2万円以内であれば税込157円、2万1円から3万円以内であれば税込236円、3万1円から4万円以内であれば税込315円、4万1円から5万円以内であれば、税込394円がかかります。その後1万円ごとに78円ずつ追加されていきます。

東京都23区は1万円ごとに73円の手数料

出典: https://www.haneda-airport-server.com

クレジットカード支払いの手数料については、原則として上記で紹介したような形で固定資産税の金額に応じて高くなっていきます。さらに自治体ごとに独自のルールを設けている場合もあるので、それを確認していきます。東京都の23区では上記で紹介した通りの手数料となります。税抜きで1万円ごとに73円の手数料が発生するのが特徴です。

札幌市や千葉市など

出典: https://kamenochie.com

例えば、札幌市では固定資産税の納付金額が5,000円までの場合、税抜きで37円となります。その後5,000円ずつ増えていくごとに税抜きで37円か38円が追加されていきます。千葉市では、納付金額1万円につき税抜きで70円ずつ手数料が追加されていきます。相模原市では1万円までは手数料無料です。1万1円から税抜き100円が手数料として加算されます。

京都市の手数料

出典: https://rakuchin.hatenablog.jp

固定資産税をクレジットカード支払いすることで手数料が発生しますが、その他の自治体についても確認していきます。京都市の場合は5,000円までは手数料無料です。5,001円から1万円までは税抜き25円となります。以降は1万円ごとに税抜きで70円ずつ追加されていきます。複雑な計算となっているので、自分の固定資産税と照らし合わせることが大切です。

大阪市のクレジットカード支払い手数料

出典: https://freekaomama.com

大阪市のクレジットカード支払い手数料についても確認していきます。大阪市では固定資産税が5,000円までは手数料無料となっています。5,001円から1万円までは手数料が税込33円で、それ以降は1万円ごとに税込67円が追加されていきます。大阪市税の納付サイトからも細かい手数料の仕組みを確認することができるので、閲覧することをおすすめします。

神戸市や福岡市

出典: http://gyosyou.0625sun.in.net

続いて神戸市のクレジットカード支払い手数料についてです。神戸市の場合は、固定資産税3,000円までは手数料無料です。3,001円から1万円までは税込で50円の手数料が発生します。それ以降は、1万円ごとに税込108円の手数料がかかります。福岡市では1万円まで税抜き73円の手数料です。それ以降は、1万円ごとに税抜き73円の手数料が加算されます。

地方自治体によって手数料が異なる

出典: https://20sinvest.com

地方自治体によって、固定資産税をクレジットカード支払いにした場合の手数料が異なってくるということを理解しておくことがポイントです。自治体によってシステム手数料や決済手数料など、名称が異なることも少なくありません。いずれにしてもクレジットカード支払いによる手数料となります。手数料の分も含めて、固定資産税を支払うことになります。

クレジットカード支払いに対応していない自治体も

出典: https://www.tokuchan-otoku.net

また、固定資産税のクレジットカード支払いに関しては、全ての地方自治体で対応しているわけではありません。主要なところでは、横浜市や川崎市、さいたま市や仙台市、新潟市や浜松市、名古屋市や堺市などはクレジットカード支払いに対応していません。また、岡山市や広島市、北九州市や熊本市といった地方自治体も対応していないので、注意が必要です。

クレジットカード支払いへの対応確認

出典: https://space-azole.com

自分が住んでいる自治体で、固定資産税のクレジットカード支払いに対応しているかどうかも気になるところです。その場合は、「○○市 固定資産税 クレジットカード」などとインターネットで検索すれば、簡単に調べることができます。自分が住んでいる市区町村名を先頭に入力することで、クレジットカード支払いに対応しているかどうか確認できます。

手数料も同時に確認を

出典: https://momonestyle.com

また、実際に固定資産税をクレジットカードで支払うことができるのであれば、同時に支払い手数料も確認しておくことがポイントです。クレジットカード支払いに対応していなければ別ですが、対応している場合は、固定資産税の金額ごとの手数料も公表されています。その手数料も加味した上で固定資産税の支払いが必要となることを考慮する必要があります。

固定資産税の支払いにおすすめのクレジットカードはある?

デメリットを軽減する

出典: https://piyo-mama.com

固定資産税をクレジットカードで支払うことには、さまざまなメリットやデメリットがあります。デメリットの1つとして手数料の発生を挙げることができます。そのデメリットを克服するためのおすすめのクレジットカードについてご紹介していきます。手数料以上にポイントを貯めることで、クレジットカード支払いのデメリットを軽減することができます。

ポイント還元率が1.0%以上

出典: https://navinavi-creditcard.com

手数料というクレジットカード支払いのデメリットを克服するためには、少なくともポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードを選択することが求められます。還元率が1.0%以上であれば、1万円の固定資産税を支払った場合に100円のポイントが付与されます。そうすれば、1万円で80円前後の手数料であってもそれを上回るポイントを獲得できます。

オリコカード

出典: https://www.amazon.co.jp

ポイント還元率に注目して、固定資産税の支払いにおすすめのクレジットカードについてご紹介していきます。最初に挙げられるクレジットカードとしてオリコカードがあります。オリコカードであれば年会費無料で作成することが可能となっており、ポイント還元率も1.0%以上です。入会後半年はポイント還元率が2%となるところも見逃せない部分です。

2種類の電子マネーを搭載

出典: https://creditcardfamily.net

また、オリコカードに関しては、電子マネーiDとクイックペイといった2種類の電子マネーが搭載されているところもおすすめポイントです。固定資産税の支払いに限らず、日常生活における買い物シーンでもしっかりとポイントを貯めることができます。年会費無料なので、余計なところで出費がかさむこともなく安心して使えるクレジットカードの1つです。

REX CARD

出典: https://nomad-saving.com

固定資産税の支払いにおすすめのクレジットカードとしては、REX CARDを挙げることもできます。REX CARDではポイント還元率がいつでも1.25%となっているところが魅力的です。さらに、条件次第では最大1.75%までアップさせることができます。年会費無料で作成できるところも嬉しい特典です。家族カードに関しても無料で作ることができます。

楽天カード

出典: http://kakaku.com

固定資産税をクレジットカードで支払う場合には、楽天カードの作成もおすすめすることができます。楽天カードであれば、ポイント還元率が1.0%以上を担保してくれます。また、年会費も無料で電子マネーとしてEdyにも対応しています。固定資産税の支払いに限らず楽天市場での利用も便利です。使い勝手の良さという点でも、おすすめできるカードです。

リクルートカード

出典: https://kafuu.net

固定資産税をクレジットカードで支払うという点では、リクルートカードもおすすめすることができます。nanacoへのチャージでポイント還元率を1.2%に高めることができます。また、年会費無料で作れるところも嬉しい特典です。電子マネーチャージによるポイント付与は月間3万円までです。固定資産税の支払いは、4分割して支払うのがおすすめです。

支払い手順の確認

出典: https://biz.moneyforward.com

固定資産税をクレジットカードで支払う場合のおすすめのカードについて確認してきました。すでに持っているクレジットカードがあれば、そのカードを利用して固定資産税を支払うのもおすすめです。それでは、実際にクレジットカードを利用して固定資産税を払う手順を確認していきます。1度覚えてしまえば、簡単に支払いができるようになります。

自治体のサイトにアクセスする

出典: http://hiiragilife.com

まずは、必要書類の準備から開始します。固定資産税を支払う場合は、クレジットカードの他に固定資産税納税通知書が必要となります。双方を準備することができたら、固定資産税を支払うための自治体のサイトにアクセスします。金融機関やコンビニなどでクレジットカード払いをすることができません。自治体のサイトにアクセスして支払うことになります。

注意事項の確認

出典: https://setsuzei-life.com

支払い自治体のサイトにアクセスすることができたら、手数料などに関しての注意事項を確認していきます。ここで細かい手数料の規定について確認した上で、同意する必要があります。「上記注意事項を全て確認しました。」という文言があるので、そこにチェックを入れます。全てのチェックボックスにチェックを入れる必要があるので気をつけましょう。

納付情報の読み取り

出典: http://fanblogs.jp

続いて、納付情報の読み取りを行っていきます。スマートフォンや携帯電話を起動させます。そこでバーコードを読み取るアプリを立ち上げて、固定資産税納付書のバーコードを読み取ります。その後、クレジットカード情報の入力に移っていきます。クレジットカード番号や有効期限、セキュリティ番号などを入力して支払い手続きを進めていきます。

納税完了

出典: https://www.city.nagaoka.niigata.jp

クレジットカードの有効期限が切れている場合は、当然固定資産税の支払いを完了させることができません。有効期限内のクレジットカードを利用することが求められます。最後に入力した内容が表示されるので、それを確認して間違いなければ納税を完了させます。こうすることで、自宅にいながらも簡単に固定資産税の納付手続きを進めることができます。

nanacoでの支払いもおすすめ

出典: https://play.google.com

nanacoを利用する方であれば、セブンイレブンで固定資産税を支払うことでメリットを享受することもできます。クレジットカードと連携させてnanacoにチャージさせる仕組みを作っておくことが求められます。クレジットカードからチャージしたnanacoで固定資産税を支払うことで、クレジットカードを利用したのと同様のポイントを得ることができます。

nanacoなら手数料もかからない

出典: https://ch03.info

nanaco自体はクレジットカードではなく電子マネーとなるので、固定資産税の支払いに際して余計な手数料が発生することがありません。手数料がかからない上にクレジットカードポイントを貯めることができるので、とてもお得です。手数料を払わずにポイントを貯めたい場合は、nanacoの利用がおすすめです。

Thumbnanacoのチャージで使えるクレジットカード!お得な節約術教えます

固定資産税のクレジットカード支払いまとめ

出典: https://www.yamada-partners.gr.jp

固定資産税をクレジットカード支払いすることのメリットやデメリット、おすすめのクレジットカードについて具体的にご紹介してきました。クレジットカードを利用することで、ポイントやマイルを貯められるというメリットもあります。そうしたメリットを上手く活用していくことも重要です。改めて固定資産税の支払い方法を見つめ直すことがおすすめです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ