マットレスの選び方のコツは?腰痛や肩こりなどタイプ別に解説!

腰痛や肩こりにはさまざまな原因がありますが、そのひとつに「自分に合っていないマットレスを使っている」ことも挙げられます。では、選び方のコツはどのようなものになるのでしょうか。そこで今回は、腰痛や肩こりなどタイプ別に「マットレスの選び方のコツ」をまとめています。

マットレスの選び方のコツは?腰痛や肩こりなどタイプ別に解説!のイメージ

目次

  1. マットレスの選び方のコツを腰痛や肩こりなどタイプ別に紹介!
  2. マットレスは腰痛と肩こりに関係している!
  3. マットレスの選び方のコツ!腰痛や肩こりなどタイプ別に解説!
  4. マットレスを買って失敗!そんなときの豆知識を紹介!
  5. マットレスのおすすめは?どこのお店で買えばいい?
  6. マットレスの選び方や豆知識を紹介まとめ!

マットレスの選び方のコツを腰痛や肩こりなどタイプ別に紹介!

出典: https://unsplash.com

普段睡眠を取るベッドのマットレスは製品によって硬さが異なります。自分に合っていない硬さのマットレスを使うことで腰痛や肩こりになることも少なくありません。そこで今回は、マットレスの選び方のコツを紹介していきます。

マットレスは腰痛と肩こりに関係している!

選び方を間違えると睡眠時に腰痛と肩こりを発症

出典: https://www.nitori-net.jp

肩こりや腰痛の原因はさまざまありますが、睡眠時に発症したり、症状が悪化することも少なくありません。この場合の原因は、マットレスが体に合っていないことです。マットレスにはさまざまな種類が存在し、サイズ・硬さ・素材などの選ぶポイントは多くあります。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由とは?

出典: https://futon-concierge.com

慢性的な腰痛や肩こりの人は寝ているときに症状が悪化していることがほとんどです。では、なぜマットレスが体にフィットしないと肩こりや腰痛になるのでしょうか。ここからはマットレスによって腰痛・肩こりになる理由を説明していきます。

マットレスと枕が腰痛と肩こりに影響?

出典: https://sleep-natura.jp

睡眠から目覚めたときに腰痛・肩こりが発症、もしくは改善されていない場合、マットレスと枕が体に合っていないことが考えられます。マットレスや枕は寝ているときの姿勢に大きく関わっており、姿勢を崩すことで体に異常が現れます。

寝ている間に肩こりが発症する

出典: https://www.lifehacker.jp

睡眠時間は平均6時間から7時間ほどになります。そのため体にとって悪い姿勢で寝ると、長時間持続して負担がかかり、肩こりなどが発症します。睡眠中の姿勢は意識しても改善しにくいため、良い姿勢で寝ることができる・悪い姿勢でも負担がかからないマットレスを選ぶ必要があり、体に合ったマットレスを使うことで、肩こりなどの症状を軽減できます。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由1:血行不良になる

出典: http://kosotatu.jp

まず始めのマットレスによって腰痛・肩こりになる理由は「血行不良になる」ことです。睡眠時の肩や頭の姿勢が悪くなることで、肩回りの血行が悪くなります。血行が悪くなると筋肉が硬くなり、肩こりに発展します。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由2:寝返りができない

出典: https://mamari.jp

一定の姿勢を長時間続けると血行が偏り、悪化します。それを本来は睡眠時に体勢を変えることで、偏った全身の血行を良くします。しかし、寝返りができないと全身の血行が悪くなり、疲労が取れずに腰痛や肩こりになります。よって、マットレスによる腰痛・肩こりになる理由として「寝返りができない」ことも挙げられます。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由3:沈みすぎている

出典: https://sleep-natura.jp

また次に挙げられる、マットレスによって腰痛・肩こりになる理由は「沈みすぎている」ことです。マットレスが柔らかすぎると体が沈みすぎ、腰に負担がかかってしまいます。体の中で重い部分は頭と尻になります。頭が沈むことで肩に負担がかかり、尻が沈むことで腰痛になります。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由4:腰が浮く

出典: http://www.e-futon-kobo.com

本来、腰の位置の背骨は反っているため、睡眠時は適度に腰を沈める必要があります。しかし、硬すぎるマットレスを使っていると腰が全く沈まずに浮いてしまうため、腰の位置の背骨が反らず、腰に圧力が集中して負担がかかってしまいます。このように「腰が浮く」ことも、マットレスによって腰痛・肩こりになる理由と言えます。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由5:寝ている姿勢が悪い

出典: http://www.keiwa-narumi.com

そして「寝ている姿勢が悪い」ことも、マットレスによって腰痛・肩こりになる理由です。マットレスが体に合っていないと自然な姿勢で寝ることができません。必然的に睡眠時の姿勢が悪くなり、肩や腰に負担をかけます。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由6:余分な圧力がかかる

出典: http://kisha-poppou.com

体に合っていないマットレスだと、体の各部位に余分な圧力がかかります。この「余分な圧力がかかる」ことも、マットレスによって腰痛・肩こりになる理由になります。例えば、表面が硬いマットレスだと肩や腰が沈まないため、マットレスに接している部分だけの圧力が大きくなり、負担が大きくなってしまいます。

マットレスによって腰痛・肩こりになる理由7:マットレスが硬くなっている

出典: https://yourmystar.jp

最後に挙げられるマットレスによって腰痛・肩こりになる理由は「マットレスが硬くなっている」ことです。使用しているとマットレスは硬くなるケースもあります。新品のマットレスを購入しているときは問題ない場合でも、使用の年数とともにマットレスが湿気を吸い込んで硬くなり、体に負担をかけてしまうことになります。

正しいマットレスの選び方を知ることが重要

出典: https://www.idc-otsuka.jp

ここまでのように自分に合わないマットレスを使うことで、腰や肩に負担がかかります。睡眠は疲労回復する効果がありますが、悪影響を与えるマットレスを使うと疲れが取れないばかりか、体を痛めてしまいます。しっかりと疲れを癒し、腰痛や肩こりを改善するためにも、正しいマットレスを選ぶことが大切です。

マットレスの選び方のコツ!腰痛や肩こりなどタイプ別に解説!

マットレスの選び方を知ろう

出典: https://store.shopping.yahoo.co.jp

上記のように、自分にフィットしていないマットレスを使うと体に悪影響が及ぼします。腰痛や肩こりを改善・予防するためには、自分に合ったマットレスを選ぶことが大切です。そのためには、マットレスの特徴と選び方を知ることが重要です。

マットレスの選び方とは?

出典: https://yourmystar.jp

自分に合ったマットレスを選ぶためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。このポイントを知っているだけで、今よりも良いマットレスを選ぶことができ、睡眠の質も向上します。ここからはマットレスの選び方を紹介していきます。

良い眠りのためにすること!

出典: http://www.nikuine-press.com

良い眠りを実現するためには、自分に合ったマットレスを選ぶことが重要です。自分に合ったマットレスを選べば、自然な体勢で眠ることができ、体に負担がかからないため、睡眠の質も高くなります。

硬さについて

出典: https://yourmystar.jp

マットレスを選ぶときに重要なポイントはマットレスの硬さです。一般的にマットレスの硬さを判断するときは体重を参考にします。体重が重い人は体が沈み過ぎないような硬さがあるものを選び、一方、体重が軽い人は自然な沈み込みがあるように、硬さの柔らかいものを選びます。

マットレスの選び方1:反発がある

出典: https://futon-concierge.com

マットレスの選び方で重要なポイントの1つに「反発」があります。マットレスに反発があることで、適度な寝返りを行うことができます。反発がないマットレスの場合だと、寝返りの度に全身の筋肉を使わざるを得なくなり、睡眠中に余計なストレスもかかります。睡眠中にストレスを感じてしまうと疲れを効果的に取ることもできません。

マットレスの選び方2:表面の柔らかさ

出典: https://futon-concierge.com

そして続いてのマットレスの選び方は「表面の柔らかさ」を知ることで、マットレスの表面の硬さも重要になります。ある程度柔らかいものを選ぶことで、体が自然に沈み、楽な姿勢をとることができます。表面が硬いと肩や腰が沈まずに余分な圧力がかかってしまいます。

マットレスの選び方3:全体の硬さ

出典: https://matsumoto-futon.jp

マットレスの選び方では「全体の硬さ」を1つの目安にすることがおすすめです。マットレスの全体的な硬さは、睡眠時にどれだけ体が沈むかにも関わっています。程よくマットレスに体が埋まることによって、体の部位にかかる負担を軽減できます。そのため、自分の体重や体型に合わせた適切な硬さのマットレスを選ぶことが大切です。

マットレスの選び方4:厚さ

出典: https://netshop.shimachu.co.jp

次に挙げられる、マットレスの選び方は「厚さ」です。体重が重いと、マットレスが沈み込み、体が床と接してしまうこともあります。硬さと同様に、十分な厚さも必要であり、8cm以上の厚さがおすすめです。

マットレスの選び方5:密度

出典: https://matsumoto-futon.jp

また「密度」もマットレスの選び方として重要なひとつになります。マットレスの密度は体を支える力になります。柔らかいマットレスでも密度が高いものもあるため、密度と硬さは関係ありません。睡眠中にしっかりと体を支えるために、密度が高いものをおすすめします。

マットレスの選び方6:通気性

出典: https://futon-concierge.com

長く使いたいときはより重要なポイントになる、次のマットレスの選び方は「通気性」です。人間は睡眠中にコップ一杯(200㏄)相当の汗をかきます。湿気を含んだマットレスは必要以上に硬さを増し、腰や肩に負担をかけます。そのため、通気性が高く乾燥しやすいものがおすすめで、マットレスの劣化も抑えることが出来ます。

マットレスの選び方7:重量

出典: https://matsumoto-futon.jp

寝心地とは関係ありませんが、マットレスの選び方として「重量」も押さえるべきポイントになります。マットレスを干す際に、あまり負担とならない軽いものを選ぶことがおすすめです。メンテナンスを行うことで長持ちもするため、マットレスは重量も大切と言えます。

マットレスの選び方8:耐久性

出典: https://deaimobi.com

密度と連動しますが、続いてのマットレスの選び方は「耐久性」です。耐久性が高いものは長く使えるだけでなく、1回の睡眠においても形が安定しているため、落ち着いた眠りを取ることに繋がります。マットレスの耐久性も非常に重要です。

マットレスの選び方9:お試し

出典: http://takano-shingu.com

最後に挙げられるマットレスの選び方は「お試し」できるかどうかです。マットレスは実際に寝てみないと自分に合っているかどうかも分かりません。そのため、実際に寝て感触を肌で感じ、寝心地を確かめることがおすすめです。

選び方のポイントを押さえよう

出典: http://takisou.co.jp

ここまでのように、さまざまな「マットレスを選ぶポイント」を押さえることで、マットレス選びに失敗することも少なくなります。自分に合ったマットレスを選ぶことで、腰痛・肩こりが治るだけでなく、疲れをしっかりと取ることができるなどのメリットにも繋がります。

Thumb腰痛対策の布団の選び方のポイントまとめ!おすすめの寝具も紹介!

マットレスを買って失敗!そんなときの豆知識を紹介!

マットレスの選び方は失敗しやすい

出典: https://37sumai.31sumai.com

マットレスは種類が多く、人によって感じ方も異なるため、選ぶことが難しいものになります。そのため、マットレスを買って失敗したと感じる人も少なくありません。

マットレスで失敗したときは?

出典: http://www.kaiminseibu.jp

マットレスは自分に合ったものを選びたいですが、失敗することもあります。ここからはマットレス選びを失敗したときの対策を解説していきます。

1枚プラスするだけで快適に!

出典: http://www.sleeple.net

購入したマットレスが体に合わない場合は、マットレスに何かを1枚プラスするだけで改善できることもあり得ます。購入したマットレスに合わせて補助をすることがおすすめです。では、具体的にはどのような対策があるのでしょうか。

マットレス選びに失敗したときの対策1:柔らかいマットを敷く

出典: https://www.nemuri-soudan.jp

マットレス選びに失敗したときの対策の一つ目は「柔らかいマットを敷く」ことです。購入したマットレスが硬い場合は、柔らかい素材のマットを上に敷くことで解決する可能性もあります。また、表面だけ硬さがあるマットの場合は毛布などを敷くことも有効です。

マットレス選びに失敗したときの対策2:硬いマットを敷く

出典: https://www.nemuri-soudan.jp

マットレス選びに失敗したときの対策の二つ目は「硬いマットを敷く」ことです。マットレスが柔らかすぎる場合は、硬さがある薄めのマットを上に敷きます。柔らかすぎると必要以上に身体が沈み込んでしまいますが、硬いマットを敷くことで、それが緩和することも少なくありません。表面が柔らかい場合は適度な硬さの絨毯を敷くことをおすすめします。

イメージと違うことが多い

出典: http://fuggicosi.co.jp

マットレスは実際に使ってみるとイメージと違うことも多いものです。また、通販で購入したときに失敗することも少なくありません。そのため、しっかりと現物を見て購入することがおすすめです。失敗を防ぐためにも、マットレスに関する知識をつけ、選び方をしっかりと把握することが必要です。

今使っているマットレスにも活用できる

出典: https://37sumai.31sumai.com

マットレス選びで失敗したとしても、その対策を知っておくことで、心地良い睡眠を実現することも可能となります。対策を知っていれば、現状のマットレスでも快適に寝ることもできます。

購入前にお試し期間があるところも?

出典: http://www.kaiminseibu.jp

マットレス選びに失敗しないためには、購入前にお試しができるサービスや、返品保証があるものを選ぶこともおすすめです。最初に寝たときの肌感・フィット感は良くても、マットレスを数日間使うことで違和感が出ることもあるため、お試しできる期間を確認することも重要です。

マットレスのおすすめは?どこのお店で買えばいい?

実際に見てみよう

出典: https://www.idc-otsuka.jp

マットレスの選び方を理解した場合は、次にどのようなマットレスが具体的にあるか把握することが重要です。実際に見て触れて判断することで、種類ごとの違いもより理解できます。

おすすめのマットレス・店とは?

出典: https://www.roomie.jp

では、どのようなマットレスが人気があり、おすすめなのでしょうか。マットレスはさまざまな種類を知ることで、選びやすくもなります。ここからは、おすすめのマットレスとその販売店を紹介していきます。

おすすめのマットレス1:モットン

出典: http://it-kaden.com

まず始めのおすすめマットレスは「モットン」です。耐久性と体圧分散に適しているマットレスであり、腰痛対策に最適です。90日間の試用期間があるため、安心して試すこともできます。

おすすめのマットレス2:東京西川 エアー

出典: https://my-best.com

アスリートも愛用していることが多い、次のおすすめマットレスは「東京西川 エアー」です。疲労回復に特化したマットレスで、ほど良い反発が自然な寝返りを促し、体にかかる負担を最小限にしてくれます。

おすすめのマットレス3:airweave スマート

出典: https://my-best.com

繊維を三次元的に絡ませることで、コイルを使わずにスプリングを生み出している「airweave スマート」も非常におすすめなマットレスです。高反発なマットレスで、自然な体圧分散ができるだけでなく、通気性も高く洗濯もできるため、長期間使用することが出来ます。

マットレスのおすすめの店1:IKEA

出典: https://shibuya-game.com

身近な家具を扱っているショップであるIKEAでは、マットレスの取り扱い数が多いだけでなく、90日間試して交換することもできます。製品に関係なく交換できるため、自分に合ったマットレスを選ぶことが可能となります。

マットレスのおすすめの店2:東京西川 店舗

出典: https://prtimes.jp

寝具の老舗である「東京西川」の店舗であれば、実際に試してから購入できるだけでなく、寝具のエキスパートから適切なアドバイスをもらえるため、安心して選ぶことができます。マットレス以外に枕なども扱っているため、質の高い睡眠を得るためのトータルコーディネートをしてくれます。

まずは試してみよう

出典: http://u-note.me

マットレスは商品や購入する店舗によって保証も異なります。マットレス選びで失敗したくないときは、お試しができるものや、保証があるものを選ぶと安心です。最近では通販のマットレスでも、30日程度から長いものでは90日間の保証がある商品も少なくありません。

Thumb肩こり解消におすすめの枕ランキングTOP9!首こりや頭痛も効果あり?

マットレスの選び方や豆知識を紹介まとめ!

出典: https://unsplash.com

今回はマットレスの選び方のコツを紹介してきました。自分に合ったマットレスを選ぶことで、腰痛・肩こりが解消されるだけでなく、睡眠の質が上がり健康になります。マットレスに違和感がある場合は、まず「マットレスの選び方」をしっかりと理解して、自分に合ったものを選び直すことが大切になります。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ