二日酔いの解消する即効性のある方法を紹介!薬以外の対処法も!

お酒を飲み過ぎた次の日に二日酔いになることがあります。胃の不快感や吐き気、頭痛、めまいなど、できれば早く解消したいものです。そこで、二日酔いが起こる根本の原因を探りながら、即効性のあるドリンクや食べ物などの解消方法を詳しくご紹介いたします。

二日酔いの解消する即効性のある方法を紹介!薬以外の対処法も!のイメージ

目次

  1. 二日酔いを解消する方法が知りたい!
  2. 二日酔いになる理由は?頭痛や吐き気はなぜ起こる?
  3. 二日酔いに日本人はなりやすい?
  4. 二日酔いを解消する即効性のある方法や薬以外の対処法は?
  5. 二日酔いの解消方法まとめ

二日酔いを解消する方法が知りたい!

出典: https://gori.me

ついつい飲み過ぎてしまったら二日酔いに次の日になってしまいます。なるかもしれないと思いつつも、できたら避けたいものです。解消方法を知る前に、そもそもなぜ人は二日酔いになるのかの原因を知っていきましょう。

二日酔いになる理由は?頭痛や吐き気はなぜ起こる?

出典: https://co-nect.co.jp

二日酔いとはお酒がまだ体に残っている状態で、その不快感から頭痛やめまい、吐き気、胃部の違和感を生じさせます。この不快感を起こしているのは、一体何が原因なのでしょうか。

アセトアルデヒドが原因

出典: https://josei-bigaku.jp

アルコールの主要成分はエタノールで、エタノールは体に入ると肝臓に入り、酵素でアセトアルデヒドに代謝されます。さらにこのアセトアルデヒドが酵素で代謝され、酢酸に代謝されます。このときの、アセトアルデヒドの過剰が二日酔いの原因です。

アセトアルデヒドとは

出典: https://macaro-ni.jp

アセトアルデヒドが過剰に代謝されると、胃の不快感などを引き起こします。酵素の活性力が高い方は、肝臓に残っているアセトアルデヒドをすぐに代謝できるため、不快感なく過ごすことができます。一方、活性力が低い方は不快感が残りやすくなります。

酵素の活性力の有無が不快感に繋がる

出典: https://mealthy.me

酵素の活性力が低い方は、アセトアルデヒドが肝臓に残ってしまい、アセトアルデヒドが胃部や頭痛、吐き気などに不快感を与えます。酵素の活性力の有無が、二日酔いになるかならないかのカギを握っています。

過剰なアセトアルデヒドが胃の炎症に

出典: https://fuminners.jp

過剰にアセトアルデヒドの成分が出てしまうと、分解されないアセトアルデヒドが血液中を回り、胃炎を生じさせたり、体内に毒素を溜めたりするようになります。アセトアルデヒドを酢酸にする、酵素のパワーが非常に大切になります。

脱水状態が頭痛やめまいを起こす

出典: https://www.life-rhythm.net

他にもアセトアルデヒドだけでなく、アルコールによって水分が尿とともに排出してしまい、脱水症状を起こすこともあります。ちょっと飲み過ぎたときは、しっかり水分を摂るようにしましょう。

二日酔いに日本人はなりやすい?

出典: https://www.lifehacker.jp

二日酔いの原因は、過剰に出たアセトアルデヒドという成分が体内を回るためでしたが、日本人はこのアセトアルデヒドを代謝する酵素の力はどれくらいあるのでしょうか。

日本人の3割から4割がアセトアルデヒド低活性

出典: https://www.gizmodo.jp

日本人は、アセトアルデヒドを代謝する酵素の活性力がもともと弱いと言われています。日本人は、約50%の方が酵素の活性力が強く、下戸と呼ばれる酵素の活性力がほとんど無い方を含めれば、約30%から40%の方が弱いとされています。

低活性だからアルコールに対し即効性がない

出典: https://doda.jp

酵素が低活性なため、アルコールに対し酵素の即効性が低いと言えます。すぐに気分が悪くなったり、帰りの電車で気持ち悪くなってしまう方も要注意です。酵素が低活性な日本人だからこそ、適量でお酒を楽しみましょう。

他の国ではどうなのか

出典: https://tabippo.net

日本人の3割から4割の方が、アセトアルデヒドを代謝する酵素の活性力が弱いことがわかりましたが、日本以外の他の国ではどうなのでしょうか。比較してみましょう。

アメリカ先住民は低活性0から4%

出典: http://www.jtb.co.jp

アメリカの先住民では、この酵素の活性力が弱い割合はなんと0から4%と言われています。日本人と比較しても圧倒的にお酒のアルコールの分解力が高いことが分かります。

ヨーロッパやアフリカでは低活性0%という研究も

出典: https://wondertrip.jp

ヨーロッパやアフリカでは、驚きの低活性が0%という研究結果が出ています。アメリカの先住民以外でも、欧米やアフリカの方は生まれながらにお酒に強い体質を持っていることが分かります。

アジアに多いアセトアルデヒド低活性

出典: https://min-paku.biz

日本人の酵素の低活性の割合は3割から4割と言われていますが、実は中国の方も同じくらいの割合と言われています。アジアにこの酵素の低活性は多いと言えるでしょう。

がんにも関係しているアセトアルデヒド

出典: http://hyogo-cc.jp

アセトアルデヒドは過剰に出ると体に悪影響のあるといわれています。酵素が低活性の方は発がんにも関係しており、高活性の方と比べ、発がんは率3倍から16倍とも言われています。酵素の活性力の強さは人によって決まっていますので、飲み過ぎず適量がいかに大切かがわかります。

増やすことはできないアセトアルデヒド

出典: https://prestige.smt.docomo.ne.jp

酵素の活性力は人によって決まっています。無理に強めることもできませんので、適量を飲み、体に負担を掛けないように日頃から体を気遣うことが大事です。

Thumb二日酔いの対策とは?飲んだ後の寝る前にできる方法をまとめて紹介!

二日酔いを解消する即効性のある方法や薬以外の対処法は?

出典: https://www.mag2.com

人によって酵素の活性力は決まっているとは言えど、やはり盛り上がるときや宴会の際はたくさん飲んでしまうものです。二日酔いになったときは、即効性のある方法や薬以外の、ドリンクや食べ物などの対処法はあるのでしょうか。見ていきましょう。

水分補給

出典: https://shigotonadeshiko.jp

薬以外の即効性のある対処法として一番大切なことは、水分をたくさん摂ることです。二日酔いになっているときは、既にアルコールの成分が体に過剰になっている状態ですので、しっかりドリンクで水分を取っておくことが大切です。

水分・塩分・糖分を摂ろう

出典: http://www.karancolon.jp

薬以外の即効性のある対処法で特におすすめなのが、水分と胃に優しい程よい塩分、だるさを解消する糖分を摂取することです。この3つを摂ると二日酔いの解消がしやすいと考えられています。では、この3つが含まれたドリンクは何があるのでしょうか。

スポーツドリンクがおすすめ

出典: https://plaza.rakuten.co.jp

薬以外の即効性のある対処法としておすすめなのが、水分、塩分、糖分を含んだスポーツドリンクです。スポーツドリンクは、水分がしっかり摂れるだけでなく、電解する塩分を入っており、程よく糖分も含まれていますので、二日酔い解消に良いでしょう。

アミノ酸も摂取すると尚良し

出典: https://fuminners.jp

あわせて、薬以外の即効性のある対処法として摂取したいのが、アミノ酸です。アミノ酸には肝臓の酵素の生産性を上げる力があります。アミノ酸を積極的に摂れば、肝臓の働きにより、二日酔いが緩和される可能性があります。

アミノ酸が摂れるドリンク・食べ物

出典: https://amanoshokudo.jp

アミノ酸がたくさん含まれている食べ物は、しじみ、豚肉、あじ、鶏肉、牛乳、大豆です。とは言っても二日酔いがひどいときに、簡単にアミノ酸が含まれる食事を摂れるわけではありませんので、薬以外の対処法としてサプリメントで摂るのも即効性のある方法でしょう。

だるさを感じたらビタミンBも摂ろう

出典: https://andohiroyuki.com

二日酔いのめまい、頭痛、吐き気とあわせて起きやすいのがだるさです。だるさがひどいと動けなくなってしまうこともあります。このだるさに良いのがビタミンBです。ビタミンBは肝臓の糖分の代謝を高め、エネルギーを生産し、このだるさに良いとされています。

ビタミンBを多く含んだドリンク・食べ物

出典: https://gussuri.xyz

薬以外の即効性のある対処法として、積極的に摂って欲しいビタミンBを多く含んだ食べ物は、牛レバーやさんま、鶏肉、牛乳などです。鶏肉や牛乳はアミノ酸も含まれているので、一緒に効率良く摂取できます。

コンビニで摂れるアミノ酸とは

出典: https://toyokeizai.net

二日酔いで体調が悪い中、料理をするのは難しいものです。そこで、薬以外の対処法として、コンビニで買って摂取できるドリンクをご紹介します。まず手軽に摂れるのはしじみの味噌汁です。味噌汁であれば簡単に、即効性も期待して飲むことができるドリンクです。

少量ならコーヒーも良い

出典: http://www.starbucks.co.jp

実は手軽に摂れるコーヒーもアミノ酸が含まれているドリンクです。コーヒーであれば簡単に、そして即効性も期待して飲むことができます。ただし、カフェインが逆に二日酔いをひどくする可能性もありますので、あまり飲み過ぎないように気を付けましょう。

食パンやフルーツヨーグルトにも含まれる

出典: https://hamsonic.net

朝食として食べられる体の状況であれば、食パンやゆで卵、フルーツヨーグルトもアミノ酸が多く含まれています。翌朝勤務がある方は、朝食に摂っておくと即効性があり、より良い対処法でしょう。ヨーグルトドリンクを飲むもの良い方法です。

コンビニで摂れるビタミンBとは

出典: http://www.hazimetetensyoku.com

薬以外の対処法として、続いてコンビニで摂れるビタミンBを含んだ食べ物、ドリンクと言えば、果物のジュース、カットフルーツ、鮭やたらこなどのおにぎりが挙げられます。どれも朝食に手軽に食べられるドリンク、食べ物ばかりで摂りやすいでしょう。

吐き気があるなら胃薬を

出典: https://ikujino-chiebukuro.com

吐き気まで出てしまっているときは、胃がかなり荒れている状況が考えられますので、やはり胃薬を飲んだ方が良いでしょう。胃が荒れたままですと、食事をしても刺激になってしまう場合もあります。早めに薬を飲んでおいた方が無難でしょう。

飲む前にやっておきたいこと

出典: http://u-note.me

二日酔いになりそうだなと感じたら、できれば事前に薬以外の対処法をしておきたいものです。飲む前にやっておくべき対処法は、どんなものがあるのでしょうか。

事前に軽く固形物を食べておこう

出典: https://vivre-media.jp

事前に食べておくと良いものは、固形物を摂っておくことです。お腹に先に食べ物を入れておくことで胃の入り口が閉まるため、アルコールを少しずつ腸に誘導することができるようです。可能であれば飲み会前に少し食べ物を食べておきましょう。

アミノ酸やウコン系ドリンクを飲んでおく

出典: http://news.livedoor.com

市販で売っている二日酔い予防向けのアミノ酸ドリンクや、ウコンが含まれたドリンクも効果が期待できます。事前に肝臓や酵素の活性力を上げておくことで、翌朝の違いを感じることができるでしょう。

ちゃんぽんして飲まない

出典: https://andohiroyuki.com

複数の種類のお酒を混ぜて飲むと、お酒に含まれる不純物の影響や、異なるアルコールの種類、度数から肝臓への負担が大きくなります。また、違う種類のお酒を飲むことで、飲み過ぎてしまう傾向があります。飲むときはできれば同じ種類を続けて飲む方が良いでしょう。

色のついたお酒に要注意

出典: https://www.glitty.jp

一般的に色がついたお酒は酔いやすいと言われています。理由は色がついている分、アルコール以外の不純物の割合が高いからです。不純物が混じっていると、より肝臓の酵素の活性力が必要になります。見た目で摂るアルコールを判断するのも良い方法です。

ワインも赤ワインの方が酔いやすい

出典: https://wine-mellow.com

ワインも同じことが言え、白ワインより赤ワインの方が酔いやすいと言われています。理由は赤色がついている分、ブドウから抽出された不純物が多いからです。もしワインを飲むのであれば、白ワインの方が後々体への負担は少ないでしょう。

日本酒にも気をつけよう

出典: https://cookbiz.jp

日本酒などにも感じられる甘い香り。醸造酒は色も透明で良いすらく見えますが、醸造酒は1つ1つのアルコール成分が異なり、度数も違います。色がついていないからと言って、醸造酒と醸造酒をちゃんぽんするのも要注意。できれば同じ種類を飲む方が良いでしょう。

甘い香りやハーブの香りも気をつけて

出典: https://cookpad.do

甘い香りやハーブの香りは女性が好み、とてもおいしく感じられるお酒です。しかし、お酒に香りづけをしているため不純物が多く含まれ、二日酔いになりやすいと言われています。二日酔いになりそうなときはシンプルなお酒の方が酔いづらいでしょう。

二日酔いになりにくいお酒の飲み方とは

出典: https://yasuyuki-ishizuka.com

ちゃんぽんをすると二日酔いになりやすいなど、二日酔い予防には飲み方にも気をつけなければいかないことが分かってきました。では、どのような飲み方が二日酔い予防に良いのでしょうか。

1種類をずっと飲む

出典: https://curazy.com

一番安全な飲み方は、同じ種類のお酒をずっと飲むことです。ご自身でも何杯飲んだかが分かりやすいため、飲みすぎを回避することもできます。ビールやハイボールといった度数が低めのお酒であれば、より安心して楽しめるでしょう。

アルコール度数が低いお酒から始める

出典: https://toyokeizai.net

やっぱりお酒を飲むなら色んなお酒を楽しみたい、という方には、まずビールやハイボールなどのアルコール度数が低いお酒からスタートするのがおすすめです。できればすぐに度数の高いお酒に切り替えるのではなく、何杯かスローペースで飲む方が酔いにくいでしょう。

度数が高いお酒は最後に1杯程度に

出典: https://riabu.net

どうしても日本酒やワインが飲みたい場合は、ビールやハイボールと比べるとぐっと度数が高いため、最初から飲むのは控えたいものです。できれば最後の1杯に強いお酒を飲む程度にしておくと、二日酔いになりにくいです。

高いお酒は不純物が少ない

出典: https://blog.shift-enter.com

安い居酒屋で飲むといつもより酔いやすいと感じる方も多いでしょう。理由は、安いお酒の方がアルコール以外の不純物が多く、単価を安くしているからです。同じお酒を頼むのでも、少し値が張るお酒の方が不純物が少なく、体への負担も少なくなります。

比較的酔いにくいのは蒸留酒

出典: https://matome.naver.jp

個人差もありますのであくまでも参考ですが、醸造酒と呼ばれる日本酒、ビール、ワイン、ウイスキー、ブランデーよりも、蒸留酒と呼ばれる焼酎、ウオッカ、ジン、ラム、泡盛の方が二日酔いになりにくいと言われています。

蒸留酒はろ過して不純物を取り除いている

出典: https://calori.jp

蒸留酒は醸造酒と比べ、一度沸騰させてろ過し不純物を取り除いているため、二日酔いになりにくいと言われています。とは言っても、安いお酒は悪い酔いしやすい傾向にあり、できれば飲みすぎやちゃんぽんは気をつけておきたいものです。

メタノール含有のお酒に気をつける

出典: https://chigai-allguide.com

メタノールとは、ウイスキーやブランデーに含まれる独特の香りがするアルコール成分です。メタノールはエタノールと比べると体に長く残る傾向にありますので、外に排出されにくく、二日酔いになりやすいと言われています。

「適量」を意識してお酒を楽しもう

出典: http://brandydaddy.com

二日酔いのそもそもの原因は、やはり飲みすぎです。事前に対策をしているからと言って飲み過ぎてしまうと、それでは予防の意味もなくなってしまいます。適量を意識しておいしくお酒を楽しみましょう。

慢性的に二日酔いの場合は

出典: https://www.lifehacker.jp

慢性的に二日酔いがある場合は普段の食生活も気に掛けることが大切です。食事でアミノ酸やビタミンBが足りていないことが考えられます。飲んだ後必ず二日酔いになる場合は、肝臓の機能低下が考えられますので医師に相談しましょう。

二日酔いのときにしてはいけないこと

出典: http://www.3stepjuken.com

ここまで、二日酔いの原因や二日酔いのときに摂っておきたいドリンク、食べ物をご紹介してきましたが、二日酔いのときにしない方が良い行動はあるのでしょうか。できれば控えたい行為をご紹介します。

汗をかく運動は厳禁

出典: https://dietbook.biz

軽い運動で汗をかけばリフレッシュできるかも、と考える方もいますが、実はしない方が良い行動です、理由は、アルコールの後で水分がカラカラの状態に、さらに体の水分を失わせてしまうことになります。二日酔いの日は軽い運動でも避けましょう。

サウナも控えよう

出典: https://toyokeizai.net

汗をたっぷりかくサウナは気持ち良いものですが、こちらも大量の汗をかくため二日酔いのときは避けましょう。二日酔いのときは、水分を体に補給し、維持できる行動を優先的に考えましょう。

迎え酒もやめておく

出典: http://www.cainz.com

さらにアルコールを飲んで気分を良くすれば良いかも、と考えるのも厳禁です。アルコールをさらに摂ることで、二日酔いを悪化させる場合があります。一時はアルコールに含まれるエタノールで気分は良くなるののの、酵素の活性力が低いため、また気分が悪くなります。

二日酔いの予防と対策をマスターしよう

出典: http://www.appgaku.com

いくら対策をしても、楽しい飲み会の場面では誰しもが飲み過ぎてしまうものです。しっかり予防してそれでも二日酔いになってしまったら、今できる対応策としてはいけないことを思い出して行動し、早めの体調回復に努めましょう。

二日酔いの解消方法まとめ

出典: https://healthy-living.jp

ここまで薬以外の二日酔い対処法、即効性のあるドリンクや食べ物をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。飲み会の多いシーズンにはぜひご自身でも心がけて、次の日の朝も安心して過ごせる楽しい飲み会にしていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ