連帯保証人は賃貸契約でも必要!いない場合の対処法や責任をまとめて解説!

賃貸契約においても連帯保証人の存在は必要となるのかどうか、具体的に解説を行っていきます。連帯保証人がいない場合の対処法や責任についても取り上げていきます。賃貸を借りる際の考え方として、条件や年収なども含めて解説している記事です。

連帯保証人は賃貸契約でも必要!いない場合の対処法や責任をまとめて解説!のイメージ

目次

  1. 連帯保証人の賃貸契約関連について調査!
  2. 連帯保証人とは?賃貸契約においての条件は?
  3. 連帯保証人は賃貸契約時に必要!責任範囲についても説明!
  4. 連帯保証人がいないけど賃貸契約したい!対処法はある?
  5. 連帯保証人は賃貸契約者より年収が低くても問題なし?
  6. 連帯保証人は賃貸契約関連についてまとめ

連帯保証人の賃貸契約関連について調査!

出典: https://offer.able.co.jp

賃貸契約と連帯保証人の関係について、具体的に調査した内容をご紹介していきます。賃貸契約を結ぶ場合は連帯保証人が必要となるケースも多くなっています。連帯保証人がいない場合の対処法や、連帯保証人に求められる条件なども取り上げていきます。年収に関しても条件があります。連帯保証人の責任も含めて、その考え方について確認していきましょう。

連帯保証人とは?賃貸契約においての条件は?

連帯保証人について

出典: https://namae.kaiunya.jp

まずは、連帯保証人の考え方について確認していきます。連帯保証人とは、一定の基準を満たす中で借主に賃料の滞納があった場合に代わりに支払うことができる人のことを指します。法律などで明確に基準が決まっているわけではありませんが、各不動産会社によって決まりがあることも多いです。基本的には、賃貸契約者の親族が連帯保証人に該当します。

保証人との違いも確認

出典: http://chintaierabikata.com

連帯保証人の考え方について理解するためには、保証人との違いを理解しておく必要があります。賃貸物件を借りる際には、連帯保証人の他に保証人と呼ばれる立場の人が求められることもあります。基本的には連帯保証人が求められるケースが多いですが、保証人との違いを認識することが重要です。基本は賃料の支払いが困難になった際に立て替える存在です。

保証人には3つの権利がある

出典: http://realestate.excite.co.jp

保証人と連帯保証人の違いという点では、保証人に認められている権利が連帯保証人には認められていないという点を挙げることができます。保証人には、「催告の抗弁権」や「検索の抗弁権」、「分別の利益」といった3つの権利が認められています。連帯保証人になる場合はこれらの権利がないことを理解した上で、契約を結ぶ必要があります。

催告の抗弁権

出典: https://life-produce.com

保証人に認められている3つの権利について確認していきます。まず催告の抗弁権とは、保証人が不動産会社などから賃料の返済を求められた場合に、支払いを拒否することができる権利のことです。保証人としては、最初に賃貸借契約を結んでいる張本人に請求してくださいと主張することができるのです。この権利が催告の抗弁権で保証人に認められています。

検索の抗弁権

出典: https://www.hiro-web.co.jp

続いて保証人に認められている権利として、検索の抗弁権を挙げることができます。検索の抗弁権とは、保証人が債権者となる不動産会社から返済を求められた場合に適用できる権利です。具体的には、契約者本人に土地などの取り立て可能な財産があるならば、そちらを回収してくださいとお願いできる権利のことです。実際の支払いを拒否することができます。

分別の利益

出典: http://fanblogs.jp

さらに保証人に認められている権利としては、分別の利益も挙げることができます。分別の利益とは、保証人が複数いる場合に適用できる権利のことです。具体的には借金の額を保証人の数で割って算出された金額のみ返済義務が発生するというものです。保証人の人数が2人であれば2等分、3人であれば3等分した金額だけを支払えば許される権利と言えます。

連帯保証人は契約者と同等の扱い

出典: https://hitorigurasi-info.com

保証人には上記で取り上げた3つの権利が認められています。これはそれぞれ民法452条、453条、456条で規定されている権利であり、実際に行使することも可能です。これは保証人のみに認められている権利であり、連帯保証人には認められていません。つまり、連帯保証人は賃貸契約者本人と同等の扱いとなり、同等の責任を負うことになるということです。

大家は確実に賃料を回収したい

出典: https://www.chintai.net

実際に賃貸契約を結ぶ場合、保証人ではなく連帯保証人を立てることを要求する物件が多くなっています。それは、物件の貸主側としては確実に賃料を回収したいからだと考えることができます。借主が病気や事故などによって、賃料の支払いが困難になることもあります。その際に連帯保証人を立てておくことで、確実に賃料を回収することができるのです。

念には念を押す存在

出典: https://www.step-home.co.jp

不動産会社や大家としては、賃貸契約を結ぶ際に契約者の年収や支払い能力の有無を確認した上で審査に通すことになります。さらに念には念を押すという形で、連帯保証人を立てることも求めるのです。万一賃料を払えなかった場合に立て替える存在として、連帯保証人の存在がカギを握ります。保証人では確実に回収できない可能性もあるということです。

連帯保証人に求められる条件

出典: https://www.chintai-jimusho.com

連帯保証人になるためには一定の基準を満たす必要があります。不動産会社や大家によって審査基準が異なることもありますが、基本的な考え方は一緒です。契約者の親族であること、賃料滞納となった場合に代わりに賃料の支払いが可能であることが最低条件となります。また、すぐに連絡が取れる場所に住んでいることも連帯保証人に求められる条件です。

連帯保証人の年収は確実にチェックされる

出典: https://cbchintai.com

連帯保証人に求められる条件として、年収がチェックされることがほとんどです。借主が賃料を払えなかった場合に連帯保証人が賃料を肩代わりする必要があるので、それを払えるだけの年収があるかどうかというのは重要な条件の1つです。年収の考え方としては、月収の3分の1を家賃に充てることができるかが焦点です。その点が判断基準の指標となります。

年収と賃料上限の目安

出典: https://offer.able.co.jp

例えば、年収が180万円であれば賃料の上限目安は5万円となります。同様に、連帯保証人の年収が300万円であれば賃料の上限目安は約8万3,000円となります。連帯保証人の年収が400万円になれば賃料の上限目安が約11万1,000円となります。これらの目安を基準として審査が行われることになります。そのための指標として、年収が重要な条件となります。

審査が厳しい不動産会社も

出典: https://www.zba.jp

年収に関する審査が厳しい不動産会社であれば、賃料の上限目安も低くなる傾向にあります。例えば、年収180万円では約4万5,000円、年収300万円では約7万5,000円、年収400万円で約10万円などと、一般的な年収基準に比べて上限目安が下がる傾向にあります。借主の年収が高くても、連帯保証人の年収が低い場合は審査に通らないこともあります。

国内に居住していること

出典: https://girlschannel.net

賃貸を借りる際には連帯保証人の年収も必要条件に入ってくるわけですが、さらに連帯保証人が住んでいる場所も条件に含まれます。連帯保証人に十分な収入があったとしても、海外ですぐに連絡が取れないような場所に住んでいたら、連帯保証人として認められないこともあります。少なくとも国内に居住していることが求められるケースも多くなっています。

同居人は連帯保証人になれない

出典: https://www.o-uccino.jp

また、賃貸物件の借主の同居人はなりたくても連帯保証人になることができません。例えば、配偶者などの同居人が連帯保証人になることはできないということです。同居人はあくまでも同居人であって、契約者を保証する立場にはなれないということです。同居人となる配偶者などを連帯保証人に立てようと考えている場合は、注意しておく必要があります。

同居人やペット不可の物件には注意

出典: https://www.e-uchina.net

また、賃貸物件の中には同居人やペット不可の物件も多いので注意が必要です。1人暮らしを前提としている物件では同居人を住まわせることはできません。配偶者などの同居人がいる場合は、あらかじめ2人暮らしができる賃貸物件を探すことがポイントです。連帯保証人を立てるか立てないかの以前に、賃貸契約ができないこともあるので、注意が必要です。

Thumb住宅ローンの保証人とは?必要に応じて連帯保証人を求められるケースも!

連帯保証人は賃貸契約時に必要!責任範囲についても説明!

責任範囲の確認も重要

出典: http://www.fudousankanri.net

賃貸物件を借りる際には、連帯保証人が必要となることを理解しておく必要があります。さらに保証人と連帯保証人の違いを理解して、その責任の重さを認識しておくことも重要なポイントです。親族であることや年収、居住地といった条件もクリアしておく必要があります。さらに連帯保証人になった場合の責任について、その範囲を具体的にご紹介します。

滞納した全ての家賃等を請求される可能性がある

出典: https://media.finstar.jp

賃貸契約を結ぶ際の連帯保証人については、その責任が重いということを認識しておく必要があります。極端な話をすれば、借主が滞納した全ての家賃などを請求される可能性があることを理解することです。それだけ重い責任を負うのが連帯保証人であり、安易に引き受けるべきものではありません。保証人との違いも理解した上で引き受けることが重要です。

滞納家賃の保証

出典: https://www.youtube.com

不動産の賃貸契約を結ぶ上で、連帯保証人には4つの義務があると考えることができます。まずは、滞納家賃の保証を挙げることができます。これが連帯保証人に求められる責任範囲のイメージとして最もメジャーなものだと言えます。賃貸の契約期間中に借主が家賃を滞納した場合は、連帯保証人が借主に代わって家賃を支払うという義務を負うことになります。

共益費や管理費の支払いも

出典: http://rentaloffice.site

家賃の他、共益費や管理費といった費用についても、連帯保証人が責任を持って返済していく必要があります。一方で水道光熱費については、不動産会社との契約ではないので、借主本人が単独で責任を負うことになります。基本的に電力会社やガス会社、水道会社から連帯保証人に請求が行くことはありません。まずは、借主本人で解決するべき問題となります。

原状回復費の支払い

出典: https://asiajyuhan.co.jp

続いて、連帯保証人に求められる責任としては原状回復費と呼ばれる費用の請求が行くことになります。賃貸物件の借主が部屋を退去する際には、敷金の清算が行われることが通常です。あらかじめ支払っていた敷金の範囲内で原状回復することができれば特に問題ありません。万一、汚損や破損がひどい場合は、さらに追加で費用が発生する可能性もあります。

敷金だけで原状回復できない場合

出典: https://www.sumaistar.com

敷金だけでは原状回復ができないと判断された場合、この支払い請求も連帯保証人が背負わされることになります。賃料の支払いに加えて原状回復費の支払いとなると、さらに出費がかさむことになります。基本的には最初に借主に原状回復費の請求が行くことになります。それでも支払いに応じない場合は、連帯保証人に請求が行き支払いを行う必要があります。

契約解除後の家賃

出典: https://marufukuchintai.com

さらに連帯保証人に求められる可能性のある費用として、契約解除後の家賃を挙げることができます。万一、賃貸の借主やその同居人が契約解除日を過ぎても部屋を明け渡さない場合は、契約解除日から実際の明け渡し日にいたるまで、家賃の2倍に相当する損害賠償を求められるケースもあります。その支払いについても、連帯保証人の責任範囲となるのです。

借家人賠償責任

出典: http://www.a-c-t.jp

連帯保証人の責任範囲としては、借家人賠償責任と呼ばれる責任も挙げることができます。借家人賠償責任とは借主の不注意によって部屋の設備を壊したり、ボヤ騒ぎによって部屋を燃やしてしまったりしたような場合に生じる責任のことです。この場合も大家から損害賠償請求がなされることになります。これも連帯保証人の責任範囲で、返済の必要があります。

借主や同居人と同じ立場

出典: https://sumaity.com

基本的に不動産会社としては、最初に借主に請求を出します。同居人がいれば同居人に支払いを求めることもありますが、それでも支払いができない場合はすぐに連帯保証人に請求を求めることになります。大家や不動産会社としては、賃料やその他の費用を回収することが目的です。連帯保証人は借主や同居人と同等の立場であることを理解する必要があります。

安易に引き受けるものではない

出典: https://www.homes.co.jp

賃貸契約を結ぶ際には、親族が連帯保証人になることが一般的です。基本的に、友人や知人といった立場で連帯保証人になるのはリスクが高いので避けておくべき行為と言えます。不動産会社としても親族でなければ連帯保証人として認めないというケースも少なくありません。それだけ連帯保証人には重い責任があるので、安易に引き受けるべきではないのです。

連帯保証人がいないけど賃貸契約したい!対処法はある?

連帯保証人がいなくても大丈夫

出典: https://insyokukaigyo.com

連帯保証人になるにはさまざまな条件をクリアした上で、責任範囲も理解してから引き受けることが重要です。責任範囲について不明瞭なまま連帯保証人になると、後で痛い目に遭う可能性も出てきます。その辺のリスクも考慮しておく必要があります。ここからは、連帯保証人がいない場合の対応を解説します。連帯保証人がいない場合でも、対処法はあります。

家賃保証会社を利用する

出典: https://ietty.me

連帯保証人がいないと賃貸契約を結ぶことができないのではないかと勘違いしている人もいますが、決してそんなことはありません。連帯保証人がいない場合でも家賃保証会社を利用することで、賃貸契約を結ぶことは可能です。例えば、両輪が高齢で年金生活に入っているとなかなか連帯保証人としての条件を満たすことが難しくなることもあります。

連帯保証人と同じ役割

出典: https://www.rakumachi.jp

また、親戚もおらず両親が他界しているケースもあります。そうなると必然的に連帯保証人を立てることが難しくなってきてしまいます。そういった場合でも賃貸契約を結ぶことができるように、家賃保証会社という仕組みがあります。家賃保証会社の役割としては、ほとんど連帯保証人と一緒です。家賃滞納時に賃料を肩代わりしてくれる存在として機能します。

家賃保証会社でも独自の審査基準がある

出典: http://lifecommunity.co.jp

家賃保証会社においても、独自の審査基準を設けておりその条件を満たすことで、家賃保証を担当する存在となります。例えば、借主の職種や雇用形態、年齢や収入状況、過去の家賃滞納履歴といったポイントを中心に審査を行うことになります。特に問題なければ審査に通過して、賃貸契約を結ぶことができます。それでも収入面で引っかかる可能性はあります。

家賃保証会社への返済義務は残る

出典: https://mansion-market.com

収入条件に関しては、家賃の30%程度の月収があることが条件とされることが多いです。審査基準が厳しい家賃保証会社では月収の25%までといった基準を設けているところもあります。連帯保証人との違いとして、家賃保証会社が家賃の支払いを請け負ってくれるわけではありません。一時的に立て替えるだけであり保証会社への返済義務はなくなりません。

家賃は自分でしっかりと支払う

出典: http://www.kokyuchintai.com

家賃保証会社が保証してくれているからと言って、そこに頼りきりになるのはリスキーです。一時的に家賃の支払いを立て替えているだけであり、結局は借主が家賃保証会社に立替分を支払う必要が出てくるのです。あくまでも連帯保証人がいない場合の仕組みとして利用するのみです。家賃は家賃として、自分自身でしっかりと支払っていく必要があります。

クレジットカード払いできる賃貸を探す

出典: https://offer.able.co.jp

さらに、連帯保証人がいない場合の対処法としては、クレジットカード払いができる賃貸物権を探す方法を挙げることができます。まだまだクレジットカード払いが可能な賃貸も多くはありませんが、少しずつ増えてきています。クレジットカード審査に通っていることで、連帯保証人がいない場合でも、不動産会社からの信頼が高まるという要素を利用できます。

厳しい審査に通過している

出典: https://kurasuke.com

不動産会社と提携しているクレジットカードで支払うことを条件として、連帯保証人がいないケースでもOKとされることは少なくありません。厳しい審査を経てクレジットカードが発行されているのであれば、それだけの支払い能力があると見なされるということです。連帯保証人がいない場合の対処法として、クレジットカード払いも頭に入れておきたいです。

稀に連帯保証人も保証会社も不要なケースもある

出典: https://www.xn--eck9awcweycxcy422cjmxc.com

基本的には連帯保証人か家賃保証会社を利用することで、賃貸契約を結ぶことが多いですが、稀にどちらもなしで契約できる物件もあります。個人で経営しているオーナーで空室を埋めたいと考えている場合は、連帯保証人がいない状況でも貸してくれることがあります。この辺も不動産会社に相談をした上で、良い物件がないか探すことがポイントです。

Thumb無職でも賃貸って借りられる?入居審査を通りやすくするコツとは?

連帯保証人は賃貸契約者より年収が低くても問題なし?

連帯保証人と年収の関係

出典: https://www.kenbiya.com

連帯保証人がいない場合の賃貸契約のあり方について、理解を深めておく必要があります。連帯保証人がいない場合でも何らかの方法で賃貸契約できることがあるので、その方策を実行することが求められます。さらに、連帯保証人と年収の関係について解説していきます。連帯保証人は賃貸契約者より年収が低くて大丈夫なのかという点も取り上げていきます。

貸主の判断次第

出典: https://www.chintai.net

連帯保証人と年収の関係については、一概にこれといった答えがあるわけではありません。全ては貸主側の判断に委ねられるというところが大きなポイントとなります。つまり、賃貸契約者よりも連帯保証人の年収が低くても賃貸契約をできるケースもありますし、できないこともあります。貸主側の判断に依存するというのが、基本的な賃貸契約の考え方です。

家賃が月収の3分の1以内

出典: http://maneopi.com

ただし、一般的な目安として年収と連帯保証人の関係について論じることは可能です。連帯保証人には同居人はなることができませんが、同居人以外の親族で定期的な収入があれば連帯保証人として認めてもらえる可能性が高いです。その基準として、月収の3分の1を家賃が上回るかどうかという点があります。月収の3分の1以内が条件となることも多いです。

審査基準はまちまち

出典: https://financial-field.com

年収ベースで見れば、例えば年収350万円であれば約8万8,000円まで、年収450万円であれば約11万3,000円までの賃料であれば審査に通りやすくなると考えることができます。審査基準については具体的に公表されているわけではないので、各不動産会社によってまちまちと考えておくのがベターです。連帯保証人に同等の年収が求められることもあります。

審査に落ちやすいケース

出典: https://zuuonline.com

審査基準はまちまちですが、連帯保証人や契約者本人に問題があって審査に落ちやすいケースはあるので、それも確認していきます。まずは、定職に就いていないケースです。賃料を支払うためには安定した収入が求められます。契約者本人や連帯保証人が定職に就いていなければ、審査に落ちることもあります。勤務形態が問われることもあるので要注意です。

収入と家賃が見合わない

出典: https://oh.openhouse-group.com

また、希望する物件の家賃に対して、著しく収入が劣っている場合も審査には通りにくくなります。例えば、年収が200万円なのに対して、家賃10万円の家に住みたいと言っても支払い能力に疑問が残ってしまいます。その場合は、不動産会社や大家の判断で審査に落ちることもあります。収入額に見合った家賃の物件を探して、審査に通りやすくすることです。

クレジットカードの滞納履歴など

出典: https://allabout.co.jp

賃貸契約の審査に通りにくいケースとしては、クレジットカードなどで滞納履歴がある場合も挙げることができます。過去に滞納があった場合や自己破産などをしている場合も、連帯保証人の年収に関係なく審査に通りにくくなることがあります。CICやJICCといった信用情報機関に問い合わせることで、民間企業でも利用情報を取得できるので注意が必要です。

自分の生活状況を振り返る

出典: http://www.homemate.co.jp

基本的に連帯保証人の年収が契約者本人より低くても問題ないことが多いですが、上記で紹介したような事例に当てはまってしまうと、そもそもの賃貸契約が難しくなってしまうことも多いです。これまでの自分の生活状況を振り返りつつ、見合った賃貸を探してもらうことが重要です。連帯保証人の立場として、借主に助言できることは助言することも有効です。

提出書類の不備にも注意を

出典: https://sumaity.com

また、連帯保証人や賃貸契約者の年収に関わらず、提出書類に不備があると審査に通りにくくなってしまいます。年収を確認する書類として源泉徴収票の提出を求められることもあります。また、書類への記入や捺印なども含めて、適切に書類を整備して提出する必要があります。条件を満たしていても、最後まで気を抜かずに契約し切ることがポイントです。

連帯保証人は賃貸契約関連についてまとめ

出典: https://chintai.mynavi.jp

連帯保証人と賃貸契約の関係について具体的にご紹介してきました。連帯保証人になる条件や責任範囲についても明確に理解しておくことが重要です。また、同居人が連帯保証人になることができないことも抑えておきたい部分です。連帯保証人がいない場合の対処法も選択肢があります。そうした情報を頭に入れつつ、上手く賃貸契約を進めていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ