NISAはいつまで利用できる?ロールオーバーや売却についても解説!

NISAはいつまで利用することができるのか、という点に焦点を当てて、NISAの利用期間について具体的にご紹介していきます。ロールオーバーや売却といった方法もあります。いつまで利用できるのか、延長期間も含めてNISAについて解説している記事です。

NISAはいつまで利用できる?ロールオーバーや売却についても解説!のイメージ

目次

  1. NISAはいつまでで制度終了かしっかり学んで利用したいもの
  2. NISAはいつまで続く?非課税期間は?
  3. NISAはいつまでロールオーバーの手続きが可能?
  4. NISAはいつまでに売却を見極めるべき?
  5. NISAはいつまでに損失が出た場合の対応が必要?
  6. NISAはいつまでなど制度まとめ

NISAはいつまでで制度終了かしっかり学んで利用したいもの

出典: https://manekatsu.com

NISAはいつまでで制度が終了となるのか、その期間や運用方法について具体的にご紹介していきます。NISAという制度を聞いたことがあっても、具体的な内容や運用期間についての知識がないという方も少なくありません。そうした場合は、制度の概要や仕組みを抑えておく必要があります。NISAはいつまで利用できるのか、具体的に確認していきましょう。

NISAはいつまで続く?非課税期間は?

利益に対して非課税となる

出典: https://woman.excite.co.jp

まずは、NISAの基本的な概要や期間についての確認を進めていきます。NISAとは株式や投資信託によって得た利益に対して、非課税となる仕組みのことです。通常であれば、株式や投資信託で得た利益に対して約20%の税金が発生することになります。利益に対する税金がかからないということで、NISAを活用して投資を促す試みをしている側面もあります。

NISAの投資可能期間は?

出典: https://sensis.jp

利益に対して非課税というメリットがあるNISAですが、その投資可能期間としては10年間と定められています。すでに運用が開始されており、2014年1月1日から2023年12月31日までの10年間となっています。その期間内に上げた利益に対しては非課税のまま利益を受け取ることができます。普段投資をしないという方でも、投資をする人が出てきています。

NISAの非課税期間は?

出典: https://www.smbcnikko.co.jp

NISAの投資可能期間については、2014年1月1日から2023年12月31日までの10年間となっています。さらに、NISAの非課税期間については、2027年までの最長5年間が延長されます。本来であれば5年という期間が非課税期間となりますが、2023年に投資した人に関しては2027年まで非課税期間が延長となります。その期間も理解することが重要です。

NISAを利用できる対象

出典: https://zuuonline.com

NISAはいつまで続くのかという点について、最終的な非課税期間が終了となる2027年までを期限と考えておくのが一般的です。投資可能期間については2023年で終了となるので、認識しておく必要があります。また、NISAに関しては誰でも利用できる制度ではありません。金融商品に投資することになるので、日本に住む20歳以上の方のみ対象となります。

NISAの対象となる金融商品

出典: https://useful-everyday-life.com

また、NISAの対象となる金融商品についても理解を深めておきたいところです。NISAは、全ての金融商品が対象となっているのではなく、上場株式と投資信託の2種類が対象となっている制度です。国内外の上場株式や公募株式投資信託、国内外ETFといった金融商品に投資することができます。何に投資できて何に投資できないのか理解することも重要です。

ETFやREIT

出典: https://www.hoken-buffet.jp

NISAの投資対象ともなっているETFとは、日系平均株価や貴金属などの価格の動きに連動する商品のことを指します。特定の指数の値動きの中で利益を狙っていくタイプの投資信託となります。また、NISAでは国内外のREITも運用対象とすることができます。REITとは不動産で運用していくタイプの投資信託であり、国内の場合はJ-REITと呼ばれています。

NISAでは投資対象とならない金融商品

出典: http://www.30investor.com

一方で、NISAでは対象とならない代表的な金融商品についても確認していきます。NISAの投資対象とならない金融商品としては、非上場株式や債券、公社債投資信託、上場株価指数先物やFXといった商品を挙げることができます。また、金やプラチナといったものも対象外です。こうした金融商品を対象として狙っている場合は通常取引を行う必要があります。

NISAの投資可能金額

出典: https://boxil.jp

さらに、NISAに関しては、一年間で投資することのできる金額の上限についても理解しておく必要があります。NISAを利用していくらでも非課税の利益を得られるというわけではなく、その投資額は年間で最高120万円まで、という枠組みが設けられています。投資額の範囲であれば、一度に上限いっぱいの120万円を投資しても、小分けに出資しても問題ありません。

非課税期間は5年間

出典: https://www.sodan-lp.jp

また、NISAの非課税期間については最長5年間までとなっています。NISAの非課税枠が年間120万円までで、非課税期間が5年間となるので、最大600万円までNISAの制度を活用して投資を行うことができます。5年という期間の中で上手くやり繰りしていくスキルが求められることになります。売却タイミングも含めて適切な投資をすることがポイントです。

非課税枠の対象

出典: https://media.rakuten-sec.net

NISAの非課税枠について、さらに詳しく解説を行っていきます。NISAの非課税枠に関しては年間で120万円までとなっていますが、新規投資分のみが対象となることを理解しておきたいです。NISA口座を作る前に投資していた金融商品については非課税の対象とはなりません。現在保有している金融商品をNISA口座に移管して非課税とすることもできません。

非課税枠の繰り越しはできない

出典: https://savvy-life-savvy-style.com

また、NISAの非課税枠の考え方として、非課税枠の余りが出た場合に翌年に持ち越すことはできないことも理解する必要があります。例えば、1年間の投資金額が100万円だった場合、年間の投資上限となる120万円を使い切っていません。それでも余った20万円分を翌年に繰り越すことはできないのです。その点も踏まえて計画的に投資することが重要です。

NISA枠は使い捨て

出典: http://juniornisa-navi.com

NISAの非課税枠については、使い捨てと考えておくのが無難です。余った分の繰り越しができないこともそうですが、1年間で何回もNISA枠を使うことはできません。例えば、今年購入した金融商品をその年のうちに売却したからと言って、新たに非課税枠を使えるわけではありません。NISA枠に関しては使い捨てであると理解して活用することが大切です。

株式数比例分配方式の選択

出典: https://www.hoken-buffet.jp

NISAに関してより深いところまで理解しておくならば、株式数比例分配方式の選択が求められます。NISA口座の配当金を非課税にしたい場合は、配当金の受け取り方式を株式数比例分配方式にしておく必要があります。こうすることで、証券会社の口座で配当金を得た時に非課税で受け取ることができます。これ以外では課税対象となるので注意が必要です。

特別分配金の考え方

出典: https://money-viva.jp

また、NISAでは特別分配金の恩恵を受けることができません。特別分配金とは投資家たちが投資した元本から切り崩して支払われるお金のことです。この特別分配金については、もともと非課税で配布されるお金となるので、NISAを利用していようがしていまいが大きな違いが出ることはありません。ここでNISA枠を使ってしまうのはもったいないことです。

ThumbNISAとは?その仕組みから注意点までわかりやすく解説!

NISAはいつまでロールオーバーの手続きが可能?

ロールオーバーの理解も大切

出典: https://www.hoken-buffet.jp

NISAはいつまで利用することができるのかという期間や特徴について、具体的に理解しておくことがポイントです。制度の延長やどういった金融商品が非課税対象となるのかという点も踏まえた上で、仕組みを把握しておくことが大切です。その上で、NISAとロールオーバーの関係についてもご紹介していきます。ロールオーバーも覚えておきたい事項です。

ロールオーバーとは

出典: https://www.japannetbank.co.jp

まずは、ロールオーバーとはどういった仕組みなのかについて確認していきます。ロールオーバーとは、簡単に言うとNISA口座で保有している金融商品の非課税期間を延長させる制度のことです。NISA口座で保有している金融商品のことを有価証券と呼びますが、通常であれば5年が非課税期間となります。その非課税期間を延長するのがロールオーバーです。

非課税期間が最大10年まで延長

出典: https://www.hoken-buffet.jp

所定の手続きを踏むことによって、NISA口座で保有している有価証券を別のNISA枠に移管することができるのです。そうすることによって、非課税期間を5年から最大10年まで延長させることができる仕組みです。ロールオーバーをするかしないかは任意の判断に任されています。投資家の判断によって手続きをすることで、非課税期間の延長が適用されます。

NISAをロールオーバーするメリットとは?

出典: https://senect.jp

非課税期間を延長させるための仕組みとして確立しているロールオーバーですが、ロールオーバーするメリットについても確認していきます。ロールオーバーのメリットとしては、間違いなく非課税期間を延長できることが挙げられます。非課税期間を延長することでそれだけ長く金融商品を運用できることになり、配当金や分配金も多く受け取りやすくなります。

投資の上限金額が撤廃される

出典: https://xn--u9j460nu9a58aw75c.com

つまり、NISA枠で投資している金融商品の複利効果を5年ではなく10年も受け続けることができる点が、ロールオーバーをすることの最大のメリットと言えます。また、ロールオーバーではNISA枠の上限金額が関係なくなります。通常のNISA枠では年間120万円までしか投資を行うことができません。しかし、ロールオーバーを活用すれば上限が撤廃されます。

確実に活用したい部分

出典: https://stock-bitcoin.com

例えば、2014年に120万円で購入した株式がロールオーバーするタイミングで170万円に値上がりしていても、170万円分をそのまま別のNISA枠に移管することができるということです。つまり、NISAの上限金額に関わらず、非課税というメリットを享受することができるのです。これもロールオーバーの見逃せない点であり、確実に活用したいところです。

ロールオーバーの注意点の理解も

出典: https://all-in-one-investment.net

ただし、ロールオーバーによって年間120万円分の非課税枠を使い切ってしまうと、その年に新規でNISA枠を利用できなくなるというデメリットも発生するので注意が必要です。170万円分の株式をロールオーバーによって別のNISA枠に移管した場合、その年は新規でNISA枠を使うことができません。その点も考慮してロールオーバーすることが重要です。

5年延長したい場合はロールオーバーする

出典: https://orekabu.jp

実際にNISAの非課税期間を5年間延長したい場合は、ロールオーバーの手続きを行うことが求められます。2014年に買い付けを行った株式や投資信託については、2019年のNISA枠にロールオーバーさせることで非課税期間を延長させることができます。この際に120万円を超えるか否かが重要です。120万円を超える場合は新たに金融商品を購入できません。

積立NISAはロールオーバーできない

出典: https://manechie.so-net.ne.jp

また、ロールオーバーに関する注意ポイントも認識しておく必要があります。ロールオーバーに関して、積立NISAの場合はロールオーバー自体をすることができなくなっています。積立NISAをしている人が一般NISAにロールオーバーしたい場合は、積立NISAから一般NISAへの変更手続きをする必要があります。積立NISAのままでは制度を活用できません。

NISA口座は1つの金融機関のみ

出典: https://piyo-mama.com

また、NISA口座に関しては1つの金融機関でしか保有することができません。A証券会社で購入した有価証券をB証券会社のNISA口座に移管するといった手続きをすることができなくなっています。その場合は、B証券会社のNISA口座を廃止して、A証券会社にNISA口座を再開設するといった手続きが必要です。手続きには時間がかかるので注意が必要です。

マイナンバーの登録も必要

出典: https://ifaonline.jp

また、実際にロールオーバーをする場合は、NISA口座を開設している金融機関に対してマイナンバーの提示と登録を行う必要があります。マイナンバーの登録がないとロールオーバーをすることができなくなっています。この手続きも2週間から3週間ほどかかることがあります。ロールオーバーを検討している場合は、計画的に手続きすることが求められます。

特定口座への移管も

出典: http://www.tokaitokyo.co.jp

NISAの非課税期間を延長するためにロールオーバーをするという方法もありますが、ロールオーバーしない場合は、特定口座に移管するという方法もあります。特性口座とは、上場株式などの金融商品取引で得た年間の損益を金融機関が計算してくれる口座のことです。特定口座の場合は非課税の恩恵を受けることができなくなるので、注意する必要があります。

NISAはいつまでに売却を見極めるべき?

売却時期も重要なポイント

出典: https://media.rakuten-sec.net

NISAについての考え方やいつまで投資可能なのか、ロールオーバーによって非課税期間を延長させる方法などを理解しておくことがポイントです。いつまで投資可能で非課税期間を延長できるのかという点は、確実に抑えておきたいところです。さらに、NISAの売却時期についても確認していきます。いつ売却するのかも重要なポイントになっていきます。

売却時期は冷静に見極めを

出典: https://capital.blog-and-destroy.com

金融商品をNISAで運用することによって非課税という恩恵を受けることができますが、その売却時期については冷静に見極めをする必要があります。いくら非課税と言っても、利益を上げることができなければ投資活動をしている意味自体が薄くなってしまいます。そうならないようにするためにも、いつ購入していつ売却するのかは重要な部分だと言えます。

いつでも売却可能

出典: https://shisankeisei.jp

NISAで購入した金融商品については、売却できる期間内であればいつ売却しても問題とはなりません。極端な話をすれば、NISAで購入した金融商品を購入直後に売却することもできます。もちろん。5年の非課税期間内であればいつでも売却できます。NISA口座においては、売却してはいけない期間がないので、いつ売却するかが難しい問題にもなり得ます。

利益を上げること

出典: https://senect.jp

そこで重要になってくるのが、金融商品を売却することで利益を確定させることです。いつ売っても良いからと言って、適当に売却していては出るはずの利益も出なくなってしまう可能性があります。基本的にNISAで購入してから5年以内のどこかのタイミングで売却することが大切です。株価や投資信託の基準価額が上がったタイミングで売ることが重要です。

配当金や分配金狙い

出典: https://www.chibakogyo-bank.co.jp

金融商品を5年いっぱい持っておくことで、配当金や分配金といった利益を狙うこともおすすめです。株価や基準価額については、基本的に上がり続けると考えるのは無理があります。上がったり下がったりを繰り返す中で売却タイミングを見つけることが求められます。その点において、配当金や分配金は確実に受け取れるので、それを狙うのも賢明です。

個人でルール決めをする

出典: https://www.18bank.co.jp

株式や投資信託を売却するタイミングについては、正解や不正解といった指標があるわけではありません。基本的に自分の中で基準を設けておくことが重要です。例えば、購入時より15%値上がりしたら売却する、2年は何があっても売らないで3年目以降に値上がりしたタイミングで売却するといった具合です。個人でルールを設けておくことがおすすめです。

必ずしも売却する必要はない

出典: https://piyo-mama.com

また、NISA枠の非課税期間が終了しても売却しないという手段も挙げることができます。基本的にNISA枠での非課税期間は5年間となりますが、必ずしもその時点で売却する必要はありません。ロールオーバーによって非課税期間を延長するか、特定口座や一般口座に移すといった手段もあります。長期投資場合は、売らずに保有しておくことも選択肢です。

損切りも視野に入れる

出典: https://www.iwaicosmo.net

NISA枠での投資活動に関してはさまざまな選択肢があるわけですが、その中でも損切りも視野に入れておく必要があります。損切りとは、買った時よりも株価や基準価額が下がっている場合に売るタイミングのことです。購入時よりも20%基準価額が下がったら売却するなどと決めることも大切です。そうしないと、赤字額が大きくなるリスクがあります。

損失の場合の売却タイミングも重要

出典: http://biskun.hatenablog.com

株式や投資信託の場合もそうですが、投資活動において必ず儲かるという保証はどこにもありません。場合によっては、大きく赤字となってしまう可能性もあることを理解しておく必要があります。そのための損切りであり、勇気を持って損切りをすることが求められます。利益が出ている場合もそうですが、損失を出している場合も売却タイミングが重要です。

売却タイミングは入念に検討を

出典: https://www.nomura.co.jp

投資活動によって利益が出たり損失が出たりと、状況に応じてさまざまな変化に対応していくことが求められます。有識者や専門家の意見を参考にすることも重要ですが、最終的に決断するのは投資家本人となります。だからこそ、日頃から売却のタイミングについて入念に検討することが大切です。そのルールに従って行動することが最も大切だと言えます。

NISAはいつまでに損失が出た場合の対応が必要?

損失が出た場合の対応も重要

出典: https://gentosha-go.com

NISAはいつまで投資可能なのか、あるいはロールオーバーの考え方や売却するタイミングについての理解を深めておくことも大切です。その上で、NISAはいつまでに損失が出た場合の対応が必要なのかという点についても確認していきます。NISAで投資したからと言って、確実に利益が出るわけではありません。損失が出た場合の対応も重要なポイントです。

損失が出ると税金額も上がる?

出典: http://k-gmlab.com

NISAで購入した金融商品については、損失が発生すると税金額が上がるという矛盾もはらんでいるので、注意しておく必要があります。例えば、NISAで100万円で購入した金融商品が非課税期間終了時に70万円に値下がりしていたとします。この場合、70万円に値下がりした状態の金融商品を一般口座や特定口座に移管して、運用を続けるケースもあります。

利益に対して税金がかかる

出典: https://www.dreamworks.co.jp

一般口座や特定口座に移管した際は、その金額から運用を開始したと見なされてしまいます。つまり、70万円から運用を開始したと見なされることになるのです。その後、金融商品が100万円まで値を戻したタイミングで売却した場合、30万円の利益に対して約20%の税金がかかります。本来は100万円で購入したのに税金を払う必要が出てくるのです。

NISAで損失が出ている場合は注意

出典: https://www.click-sec.com

つまり、NISAで運用を開始して損失を出した場合は注意が必要ということです。損失を出した状態で特定口座や一般口座に移管すると、その金額から運用を開始したと見なされるので、余計に税金がかかってくることになります。この辺も売却タイミングと関わってくる問題だと言えます。NISAを利用して損失を出している場合は、入念な検討が求められます。

損失額が大きくなる前に売ってしまう

出典: https://wanpaku-kerolin.com

つまり、NISAで損失を出さないための対策としては、損失額が大きくなる前に売ってしまうことです。最初から購入時の何%下がったら売ると決めておけば、それ以上損失が大きくなることはありません。損切りの考え方と言えますが、投資活動においては必要な考え方です。その他の金融商品との兼ね合いで最終的に利益を出すことができれば問題ありません。

ロールオーバーして再運用する

出典: https://dc-startclub.com

また、非課税期間終了間際で損失が出ている場合は、ロールオーバーすることによって、NISA枠内で再度運用することも1つの考え方です。損失が出ている状態で一般口座や特定口座に移管してしまうと、余計な税金を支払わなければならない可能性も出てきます。そのリスクを避けるためにも、5年の延長期間を持たせて再運用していくこともポイントです。

いろいろな手段を理解しておく

出典: https://el-lab.jp

NISAで損失を出さずに利益を上げていくためには、いろいろな手段や考え方を理解しておく必要があります。その中から最適な選択をすることによって利益を最大化していくことができます。ロールオーバーや損失の仕組みを理解しつつ、適切な行動につなげることです。NISAの仕組みを理解した上で、複数の手段を適切に活用していくことが求められます。

ThumbNISAのデメリットを初心者にもわかりやすく解説!5年後はどうなる?

NISAはいつまでなど制度まとめ

出典: https://www.zenginkyo.or.jp

NISAはいつまで利用できるのか、その期間やロールオーバーについても具体的に解説を行ってきました。また、売却や損失を減らすための考え方やタイミングについても理解しておくことがポイントです。せっかく非課税となっても、売却するタイミングによっては損失を出す可能性もあります。NISAという制度を理解して、適切に使いこなしていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ