弔電の意味とは?葬儀の際に送るマナーや料金・文例など紹介!

お葬式ができると弔電を送ることがあります。そもそも弔電とは何かと聞かれても、案外わからないかもしれません。弔電を送る際にはマナーもあるので、注意が必要です。この記事では、弔電をは何かを踏まえ、マナーや料金、文例なども解説していきます。

弔電の意味とは?葬儀の際に送るマナーや料金・文例など紹介!のイメージ

目次

  1. 弔電とは?意味やかかる料金を解説!送り方やマナーも!
  2. 弔電とは?その意味や役割について解説
  3. 弔電を送る際のマナーや文例を紹介
  4. 弔電の送り方と料金を解説
  5. 弔電とは何か?送り方やマナーなどまとめ

弔電とは?意味やかかる料金を解説!送り方やマナーも!

出典: http://gojokai.net

知人や親戚が急に亡くなったとき、自分が近くにいるとは限りません。仕事によっては海外にいることもあり、そうなると葬儀に出席するのも難しくなります。そういうときでもお悔やみの言葉を送るのが礼儀で、弔電とはまさにお悔やみを伝えるものです。ここでは弔電のマナーや送り方、料金、そして弔電とは何かを紹介していきます。

Thumb弔電のマナーガイド!宛名や送り方など基本の手順や例文を徹底解説!

弔電とは?その意味や役割について解説

弔電の意味と役割について

出典: http://kantandays.com

弔電とは、知人や親戚など自分に関係する人が亡くなったときに送る電報のことです。「ちょうでん」と読みます。お通夜や葬儀に参列できればいいのですが、仕事の都合や住んでいる場所によっては、葬儀に行けないこともあります。そんなときにお悔やみの言葉を伝えるのが弔電の役割や意味になります。

弔意を伝えるための弔電

出典: https://www.osohshiki.jp

お通夜や葬儀があると、生花や香典を渡して弔意を伝えるのが一般的ですが、弔電は言葉で伝えることになります。物だけではなく言葉として残るので、遺族に対してのお悔やみの気持ちがより伝わりやすくなるのです。ただし、弔電だけではなく供花や香典にもちゃんとした役割があるので、ここで紹介していきます。

香典の役割

出典: https://oki-memorial.org

まずは香典の役割です。香典はお金を包み、葬儀の際には必ず渡すことになります。昔は、葬儀のときには生花やお香を供えていましたが、今では香典としてお金を渡すようになりました。何かとお金がかかる葬儀のために、少しでも手助けをするという意味もあります。金額は自分との関係性によって変わります。

供花の役割

出典: https://you-know-m.com

供花は、祭壇に飾られる花のことです。亡くなった方の供養のために、知人や親戚などが送るケースが多くなっています。お通夜から葬儀の間に飾られていて、他にも果物などの盛かごも同じように遺族に送られることになります。香典の代わりに花を送る地域もありますが、香典と供花の両方を渡すのが一般的です。

香典や花を連名で供えることもある

出典: https://matome.naver.jp

香典や供花は、亡くなった方との関係性によって金額などが変わってきます。故人と親しくしていたのであれば、1人で香典を渡すようになりますが、たとえば仕事の付き合いとなると少し違ってきます。そういう場合には何人かで一緒に渡すことも多々あります。送った人の名前も連名になり、「孫一同」「子一同」などと書かれています。

弔電は葬儀に参列しない人が送る

出典: http://www.family-so.com

弔電の意味は、遺族にお悔やみを伝えることなので、香典や供花とは役割も違ってきます。この2つとの大きな違いは、弔電は葬儀に参列しない人が送るということです。逆に考えると、葬儀に参列するのであれば、弔電は送らないことになります。どんな場合でも弔電が必要というわけではないので、その意味を理解することが先決です。

弔電は送って終わりではない

出典: https://www.heart-denpo.com

葬儀に参列できないために弔電を送るとしても、送ったからいい、それで終わりというのはいけません。弔電とは、あくまで電報と考えることができるので、後日自宅に伺うなどをしてお悔やみを伝えるのが礼儀です。そして、そのときには香典を渡すのがマナーとなっています。

弔電を送る際のマナーや文例を紹介

弔電は喪主宛に送る

出典: https://seniorguide.jp

弔電を送る際、いったい誰宛に送るのか?と思いがちです。亡くなった方なのか、それとも遺族なのかで迷う人も少なくないのです。結論からいうと、弔電は喪主宛に送ることになります。決して故人宛ではありません。喪主が誰なのかは告別式が決まった時点でわかっているので、弔電に書く名前など間違いがないように注意しましょう。

喪主の続柄に注意

出典: https://oki-memorial.org

一般的に喪主は配偶者や長男、長女がつとめることになりますが、場合によっては違う人が喪主になっていることもあります。弔電の喪主を間違えるのはとても失礼になるので、喪主の続柄もしっかり確認する必要があります。どうしてもわからない場合には、弔電の送り先を「ご遺族様宛」にすると間違いありません。

弔電は告別式が行われる場所に送る

出典: https://www.keio-memorial.co.jp

弔電の送り先は喪主とわかりましたが、どこに送ればいいのかも知らないといけません。送り先は告別式が行われる場所なので、自宅か葬儀場になるのが一般的です。喪主の名前を間違えないのと同じように、住所も正確に知っておく必要があります。弔電を送る住所も告別式が決まった時点で明確になるので、必ず確認しておきましょう。

忌み言葉を使わないのがマナー

出典: https://kankonsousai.org

弔電を送るとき、文章にも気をつけなければなりません。「忌み言葉」といって、弔電には使わない言葉があるのです。たとえば「死ぬ」「死去」など死に直接結びつく言葉は使いません。これらを弔電に使うときには「永眠」「逝去」を使うのがマナーです。また「生存中」も使わずに「ご生前」「お元気なころ」を使うのが弔電では一般的です。

繰り返しを表す言葉も使わない

出典: http://why-information.com

弔電には、不幸が重なるような言葉である「重ねて」「再び」「再三」「続く」なども使いません。加えて、「度々」「また」「いよいよ」「ますます」というような苦悩や苦しみが繰り返される印象を受ける言葉も、弔電には使わないのが礼儀です。

亡くなった方の宗教や宗派に合わせて書こう!

出典: http://miyagi-ohaka.com

忌み言葉は宗教によっても違いがあります。仏教の場合には「浮かばれない」「迷う」という言葉は使いません。浄土真宗では「冥福」「霊前」が使用を避けたい言葉です。キリスト教では、基本的には仏教で使う言葉を使わないので、「冥福」「供養」「成仏」「供養」などは弔電に入れないようにします。

弔電は葬儀に間に合うように送る

出典: https://www.huffingtonpost.jp

弔電とは、お悔やみの言葉を伝える役割があるので、葬儀に間に合わないと意味がありません。そのため、訃報を聞いた段階で葬儀に参列できないとわかったら、すぐに弔電の手配をする必要があります。ただし、弔電は当日でも送ってくれるので、名前や住所の間違いがないようにチェックするのを忘れてはいけません。

基本的な文例を紹介

出典: https://www.lifedot.jp

弔電を送るときには、どんなときでも同じ内容になるわけではありません。自分との関係性によっても弔電の内容が違ってきます。ここでは3つのパターンにわけて、弔電の文例を紹介していきます。

自分と親しい人への弔電の文例

出典: https://sk-utorix2.com

亡くなった方と自分が直接の知り合いだったり、親しい友人だった場合です。いくら親しいといっても、弔電では礼儀を守った文章にします。「ご逝去のお知らせを受けて、まだ信じられない気持ちでいっぱいです。ご生前のご厚情に深く感謝すると供に、心よりご冥福をお祈り申し上げます」

会社関係の人への弔電の文例

出典: https://business-textbooks.com

取引先や会社関係者に弔電を送る場合です。個人で弔電を送るケースもありますが、会社として弔電を送る場合も多々あります。「突然の訃報に、社員一同大変驚いております。貴社ご一同様のご傷心のほど深くお悔やみ申し上げます。生前のご厚情に深く感謝すると供に、ご冥福をお祈り申し上げます」

知人や友人の家族が亡くなった場合の弔電の文例

出典: http://www.good-manner.jp

知人や友人の家族が亡くなった場合でも、弔電を送るケースがあります。「突然の悲報に、謹んでお悔やみ申し上げます。ご遺族様の悲しいはいかばかりかと存じますが、どうかお力落としのないように心を合わせていかれますようお祈り申し上げます」

弔電の送り方と料金を解説

弔電の送り方を解説

出典: https://denpo-iroha.jp

弔電を送るとき、どうやって申し込むのかというと、方法は2つです。インターネットか電話で申し込むことになります。ネット上には様々なサイトがあるので、ケースに合わせて弔電を選ぶのがオススメです。たとえばサイトによって台紙のデザインも異なるので、故人の好きな色や花を選ぶのもいいでしょう。

弔電を電話で申し込む方法

出典: https://life-epilogue.jp

弔電を電話で申し込むときには、NTTが一般的です。局番なしの「115」に電話をすると、オペレーターにつながるので、質問に答える形で弔電を作っていきます。わからないときでも、オペレーターが文例を教えてくれるので問題ありません。弔電の受付時間は8時から22時で、19時までに申し込むと当日配達されます。

料金は3000円~5000円程度

出典: https://shukatu-at.com

一般的な弔電の料金は、3000円から5000円が相場です。メッセージ料金、台紙料金、オプション料金、消費税の合計で、送料は無料になっていることが多いです。金額に関しては、電話の場合にはオペレーターによく確認をする必要があります。ネット申し込みでも、消費税込みかどうかわからないこともあるので、しっかりチェックしましょう。

弔電の料金の支払い方法

出典: https://tap-biz.jp

弔電の料金の支払い方法は、電話の場合には毎月の電話料金と一緒に払うこともできます。他には、クレジットカードも使えます。インターネットからの弔電の申し込みになると、クレジットカードのみというケースが多いので、注意が必要です。

弔電とは何か?送り方やマナーなどまとめ

出典: https://senior-lifehack.com

どうしてもお葬式に参列できないときには、弔電を送るのがマナーです。弔電は葬儀に間に合うように送るので、すぐに手配する必要があります。使ってはいけない言葉もあって文章などにはマナーがあるので、宗教は事前に調べておきましょう。弔電を送ったから終わりではなく、後日自宅に伺うのも礼儀です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ