大掃除のスケジュールの立て方とリストの作り方!効率のいい方法は?

大掃除のスケジュールの立て方とリストの作り方に注目をして、効率の良いやり方について具体的にご紹介していきます。大掃除に関してはスケジュール作成が重要になってくる部分もあります。いつから開始すれば良いかも含めて、解説を行っていきます。

大掃除のスケジュールの立て方とリストの作り方!効率のいい方法は?のイメージ

目次

  1. 大掃除が中途半端に終わってしまうことはありませんか?
  2. 大掃除はいつから始める?
  3. 大掃除のスケジュールの立て方とリストの作り方
  4. 大掃除に使う掃除道具や便利グッズも紹介!
  5. 大掃除の手順をエリア別に紹介!掃除のコツも解説
  6. 1大掃除を1日や短時間で終わらせる手順を紹介
  7. 大掃除のスケジュールの立て方とリストの作り方まとめ

大掃除が中途半端に終わってしまうことはありませんか?

出典: http://pro.bookoffonline.co.jp

大掃除をしようと思っても、スケジュール通りにいかず中途半端に終わってしまうことはないでしょうか。そんな方におすすめの大掃除の進め方について、ご紹介していきます。大掃除は効率的に進めていくことがポイントです。そのためには、スケジュール作成も重要になります。大掃除をいつから始めれば良いのかという点も含めて確認していきましょう。

大掃除はいつから始める?

大掃除が進みにくいことも

出典: https://lovegreen.net

大掃除が中途半端に終わってしまう原因として、いつから開始していつまでに終えれば良いというスケジュール面での調整が難しいことが挙げられます。大掃除は日常生活では取り除けないような場所まで、隅々にわたって掃除したいという気持ちも出てきます。また、年末年始に重なるため、いろいろな行事の兼ね合いもあって大掃除が進まないことがあります。

焦らずゆっくり進める

出典: https://news.mynavi.jp

ゆっくりとした形で年末年始を迎えるためにも、できるだけゆとりのある計画で大掃除を進めていきたいところです。1日だけで大掃除を終わらせようとする人もいますが、のんびりしている方であれば、複数の日付に分けて大掃除を行っていくことがおすすめです。焦らずゆっくりときれいにしていくことが、大掃除を効率的に終わらせるポイントでもあります。

11月下旬スタート

出典: http://xn--can-om8eh6f.xyz

のんびりと大掃除を進めていきたいという方であれば、11月下旬頃から大掃除を開始するのがおすすめです。約1ヶ月程度かけてじっくりと家の中をきれいにしていくのです。そうすることによって、時間的な余裕を持たせることができて、慌てずにきれいにしていくことができます。いつから大掃除をするか迷った場合、11月下旬を意識することが賢明です。

クリスマス終了後から

出典: https://allabout.co.jp

いつから大掃除を開始するかという点については、人によって違いが出てきます。短期的に集中して大掃除を終わらせたい方であれば、クリスマスが終わった頃から開始しても問題ありません。お仕事などが忙しくて分散して時間を確保しにくいという方も、クリスマス終了後にまとめて大掃除をするのが効率的です。短期間で集中するのもおすすめの選択肢です。

集中して大掃除

出典: https://blog.goo.ne.jp

具体的には12月28日や29日、30日頃に集中して大掃除をするのも効率的です。仕事納めがあるのが12月28日や29日といった人は、その次の日からまとめて大掃除を行ってしまうことがポイントです。大晦日に関しては、買い出しや新年の準備などで忙しくなるので空けておきたいところです。予備日として大晦日を確保しておくことも、賢明な判断と言えます。

個人の性格や家庭のライフスタイルに合わせる

出典: https://bcp-manual.com

大掃除をいつから開始するのかというスケジュール面については、個人の性格や家庭のライフスタイルに合わせて検討するのがおすすめです。のんびりしているタイプだけど、なかなか11月からスタートさせるのは難しいという場合もあります。そういった時は、お休みの日などを利用しつつ、少しずつ掃除をして年末に総仕上げのようにしても大丈夫です。

精神的なゆとりを持たせておく

出典: https://lidea.today

いつからスタートさせるかという点もそうですが、大掃除に関しては完璧にやろうしすぎないことがポイントです。1日のスケジュールや大掃除リスト、手順などをおおまかに作成した上で、ある程度できたら良いという精神的なゆとりを持たせておくことが大切です。いくら丁寧に大掃除をしたからと言って、新築のような形できれいになるわけではありません。

スケジュール通りにならなくても自分を責めない

出典: https://yaimatime.com

万一スケジュール通りにいかなかったとしても、自分や家族を許容してあげるメンタルを持っておくことが重要です。いつから開始するというスケジュールを立てていても、仕事の都合などでスケジュール通りにいかないこともあります。その時に自分を責めるのではなく、別の日にやれば良いと考えることが重要です。それが効率的に大掃除を進める考え方です。

スケジュールに迷う場合は年末がおすすめ

出典: https://tenki.jp

また、いつから大掃除を開始するのか迷っている場合は、できるだけ年末にまとめて大掃除をするのがおすすめです。と言うのも、早めに大掃除をスタートさせたからと言って、ゴミやほこりが出なくなるわけではありません。それならば、年末にまとめて大掃除をすることで、気持ち良く新年を迎える方が効率的です。開始時期が未定の場合は年末が最適です。

Thumb大掃除のコツと順番を徹底解説!スケジュールの立て方や便利グッズも紹介!

大掃除のスケジュールの立て方とリストの作り方

リストや手順も重要

出典: http://the360.life

大掃除を進めていく上では、いつから開始すれば良いのかという点も含めてスケジュールを作成していくことが大切です。そのスケジュールの立て方と大掃除リストの作り方についても、ご紹介していきます。大掃除を効率的に進めていくには、リストや手順も欠かせない存在となります。大掃除をいつから開始するのかと合わせて、頭に入れておきたい部分です。

掃除場所を書き出そう

出典: https://kindtranslators.com

まず、大掃除のリスト作成や手順作成にあたっては、掃除場所を書き出すことが重要です。大掃除のToDoリストとでも呼べるものを作成しておくのです。いらない紙に書き出しても良いですし、付箋などにリストを書いて終わったものから捨てていくなどとすれば、達成感も得やすくなります。掃除場所を書き出すことで、大掃除に向けたイメージも沸きます。

掃除する場所としない場所を明確にする

出典: http://www.shukutoku.ac.jp

また、大掃除をする上では、リストに掃除をする場所としない場所を記載して明確にしておくことも大切なポイントです。大掃除だからと言って、ありとあらゆる場所を掃除する必要はありません。特に重点的に掃除したい場所とそうではない場所に分けて、リスト化しておくこともポイントです。そうすることで、効率的に大掃除を進めやすくなっていきます。

イラスト付きも効果的

出典: http://osouji.minim.ne.jp

可能であれば、家の中を俯瞰できるようなイラストを描いて、どこを掃除してどこを掃除しないのか区別していくのもおすすめです。リストの中で優先順位をつけていくことで、大掃除も効率的に進めやすくなります。そのイラストを毎年保管しておけば、使い回すこともできます。2年ごとに大掃除する場所などと決めておくのも、おすすめできる考え方です。

どういった手順で大掃除を進めるか

出典: https://kinarino.jp

大掃除をいつから始めるかという点と合わせて覚えておきたいのが、リスト作成と大掃除の手順です。そんなリスト作成においては、どこから大掃除を開始すれば良いのかという点もポイントになっていきます。リストアップする時に、掃除する場所としない場所も決めていきます。それと同時に、どういった手順で大掃除を進めていくか検討することも大切です。

収納スペースから開始

出典: https://roomclip.jp

まず、大掃除に関しては収納スペースから開始していくのがおすすめです。タンスの中やクローゼット、押入れや納戸、下駄箱や食器棚といった収納スペースから攻略していくことで、大掃除を効率的にスタートさせることができます。収納スペースには不用品も多くなっています。そうした不用品を最初に片付けていくことで、気分も良くなっていきます。

すっきり感も大切

出典: https://www.michinokuso.jp

大掃除を効率的に進めていくという観点では、いかにすっきり感を得られるかというところもポイントになっていきます。大掃除をしてすっきり感を得ることによって、次の掃除場所を掃除しようというモチベーションにつながっていきます。その点においても、収納スペースから片付けるのがおすすめです。すっきりとした状態で次の場所に進むことができます。

大きな場所から小さな場所へ

出典: https://www.intage.co.jp

大掃除のリストや手順を作成していく上では、大掃除を始める場所や次に行う場所を決めていくことも大切です。その考え方としては、大きな場所から小さな場所へ進めていくという方法もおすすめです。大きな場所から小さな場所へ進めていくことで、大掃除の負担感を軽減することができます。モチベーションが高いうちに大変な場所を掃除してしまうのです。

高い場所から低い場所へ

出典: https://sokka-sokka.com

例えば、窓や風呂場、キッチンといった場所から大掃除を開始していきます。窓やサッシ、網戸といった場所も最初に掃除しておきたい部分です。その後、部屋の中へと移動していき、天井や照明器具、壁やカーテン、床の掃除といった形で進めていくと効率的です。高い場所から低い場所へ移行することも大切です。ほこりは上から下に落ちてくるからです。

掃除する可能性がある場所

出典: http://www.makotofood.co.jp

大掃除リストや手順を作成する上で、具体的な場所についてもご紹介していきます。掃除する場所としない場所に分けて考えていくとい上では、掃除する可能性がある場所を洗い出しておくことも大切です。まずは、キッチンから取り上げていきます。キッチンに関しては、換気扇やレンジフード、コンロ回りやシンク回り、壁や床といった場所がポイントです。

浴室や洗面台

出典: https://www.gurutto-koriyama.com

また、キッチンの近くで言えば冷蔵庫の内側や外側、さらに戸棚や引き出しといった部分もお掃除ポイントになっていきます。続いては、浴室です。浴室の場合は浴槽や天井、鏡、壁や床、排水溝といった場所が大掃除リストとして挙げられる場所です。洗面所に関しては、洗面台や洗面台収納、鏡や排水溝といった場所を重点的に大掃除していくことが賢明です。

トイレや玄関

出典: https://woman.mynavi.jp

続いては、トイレの掃除スペースです。トイレに関しては便器やトイレシンク、壁や床、換気扇、棚や収納部分といった箇所が掃除するポイントとなります。普段からトイレ掃除を念入りに行っているという方も、改めてトイレをきれいにしておくことがおすすめです。玄関については下駄箱、たたきやドア、表札やインターホンといった場所が掃除ポイントです。

リビングやベランダ

出典: https://www.kinoshita-koumuten.co.jp

さらにリビングの大掃除ポイントも確認していきます。リビングでは、照明や床、カーペットやソファー、家具類や棚、テレビといったものが掃除リストとして挙がっていきます。続いてベランダについても確認していきます。ベランダの場合は床や窓、網戸や植木類が大掃除リストです。リビングもベランダも汚れやすい場所なので、念入りに掃除することです。

大掃除場所の可視化

出典: https://mainichi.jp

さらに、大掃除では廊下も掃除リストとして入れておきたい場所です。廊下に関しては床や窓、照明器具といった場所が大掃除場所のリストとして挙がっていきます。照明器具については、丁寧に掃除することが重要です。ほこりが溜まりやすい場所でもあります。こうした大掃除場所をリスト化することで、どこをきれいにするのか可視化することが大切です。

さらに掃除が必要な場合も

出典: https://mamanote.jp

上記でご紹介した大掃除場所のリストについては、基本的な場所となります。家庭や家の構造によってさらに掃除する必要がある箇所も出てきます。そうした独自リストを作成しておくことで、大掃除を効率的に進めていくことができます。いつから大掃除を開始するのかと合わせて作成しておきたいところです。大掃除は計画的に進めていくことがポイントです。

大掃除に使う掃除道具や便利グッズも紹介!

便利グッズの利用もおすすめ

出典: https://www.kensetsunews.com

大掃除を進めていくにあたっては、いつから大掃除を開始するのかという点と、さらにリストや手順を明確にしていくことがポイントです。1日のスケジュールに関してもそうですが、計画を立てることで大掃除を効率的に進めていくことができます。さらに、大掃除に使う道具もご紹介していきます。便利グッズも合わせて利用していくことがおすすめです。

用途にあった洗剤

出典: https://www.amazon.co.jp

大掃除を進めていく上ではさまざまなお掃除道具を利用することになります。例えば、用途にあった洗剤やスポンジ、メラミンスポンジ、ブラシといったアイテムです。また、古布や新聞紙、古歯ブラシや割り箸などがあると、掃除に役立つことが多いです。とりわけ、用途に合った洗剤を用意しておくことで、効率的に大掃除場所をきれいにすることができます。

重曹やクエン酸・お酢・セスキ炭酸ソーダ

出典: https://www.em-seikatsu.co.jp

大掃除に専用の洗剤がない場合でも、マルチに使える大掃除用洗剤を作り出すことは可能です。重曹やクエン酸、お酢やセスキ炭酸ソーダといったものを利用することで、大掃除を効率的に進めることができるのです。実際にそれぞれの使い方をマスターすることで、大掃除の汎用性も高まっていきます。大掃除以外でも使えるので、覚えておきたいところです。

重曹の効果

出典: https://vivaonline.vivahome.co.jp

まず、重曹についてご紹介していきます。重曹を利用することで、油汚れを落とす効果が高まります。また、弱アルカリ性で水に溶けにくい性質を活かすことで、汚れている場所をきれいにする効果があります。研磨であればクレンザー代わりに利用することも可能です。鍋やシンク、茶シブといった箇所の汚れに関しても、重曹があれば対応することができます。

重曹の使い方

出典: https://www.yodobashi.com

重曹に関しては、さまざまな使い方をすることができます。重曹水として利用するのであれば、水1リットルに対して、大さじ4の重曹を溶かすのがおすすめです。汚れに対してスプレーしていくと効率的にきれいにしていくことができます。また、重曹の粉をそのまま利用して汚れに振りかけていくのも効率的です。容器に入れれば脱臭剤としても利用できます。

クエン酸やお酢

出典: https://www.biccamera.com

大掃除を効率的に進める掃除アイテムとしては、クエン酸やお酢もおすすめすることができます。クエン酸やお酢に関しては、酸性のアイテムとなるのでアルカリ性の汚れを落とすことに適しています。お酢のにおいが苦手だという方であれば、クエン酸を利用するのがおすすめです。いずれにしてもアルカリ性の汚れを落としたい場面で役に立つことが多いです。

クエン酸やお酢の使い方

出典: http://kakaku.com

クエン酸に関しては、水400mlに小さじ2を入れて溶かしていきます。その後、スプレーボトルに入れて水回りにスプレーをすることで、汚れを防止することができます。ビネガー水を作成する場合は、お酢1に対して水2で薄めていきます。これもスプレーボトルに入れれば効率的に汚れを落とすことができます。トイレで消臭効果にも期待することができます。

セスキ炭酸ソーダ

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

大掃除におすすめの洗剤としては、セスキ炭酸ソーダも挙げることができます。セスキ炭酸ソーダについては、アルカリ性で重曹よりも洗浄力が高いところがポイントです。手荒れをしにくいというメリットもあり、大掃除に適したアイテムです。ギトギト油汚れや皮脂の汚れ、たんぱく質の汚れといった部分を効率的に落とすことができてきれいになります。

セスキ炭酸ソーダの使い方

出典: http://shop.satsudora.com

セスキ炭酸ソーダの使い方については、水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1を溶かします。それをかき混ぜスプレーボトルに入れれば、洗剤と同じような効果を得ることができます。頑固な油汚れに対しても効率的に汚れを落とす働きをしてくれます。酸性の臭いを抑える効果もあり、肉や魚、冷蔵庫やゴミ箱といった場所に利用してみるのもおすすめです。

ハッカ油

出典: https://doriyan.com

大掃除におすすめのアイテムとして、ハッカ油も挙げることができます。ハッカ油については、お掃除には効果があることは間違いなく、蚊やダニ、ゴキブリといった害虫駆除にも大きな力を発揮してくれます。サッシや網戸の掃除に利用することで、虫が寄り付くのを避けることができます。大掃除だけでなく、夏場にも活躍してくれるアイテムと言えます。

ハッカ油の使い方

出典: http://paranet1.blogspot.com

ハッカ油に関しては、無水エタノールと合わせてスプレーボトルに入れて利用するのがおすすめです。それらを入れてから、精製水を加えて混ぜていけば、大掃除に役立つアイテムの完成となります。スプレータイプの洗剤として拭き掃除に利用することができます。単純に網戸やサッシに吹きかけて、害虫対策としても使うことができるのでとても便利です。

メラミンスポンジ

出典: https://kurashi-no.jp

大掃除に役立つ便利グッズとしては、メラミンスポンジも挙げることができます。激落ちくんなどで有名なメラミンスポンジですが、100均などでも販売しているので手軽に購入することができます。洗剤なしでも汚れを落としやすいところが最大のメリットです。大掃除を開始するにあたっては、メラミンスポンジをある程度確保しておくのがおすすめです。

おふろのなまはげ

出典: https://ameblo.jp

大掃除に役立つアイテムとして、「おふろのなまはげ」も挙げることができます。お風呂掃除の強い味方として、頑固な水垢や石鹸の残りかすなどを徹底的に掃除してくれます。水垢や黒ずみを落とすという点でも、効果的な力を発揮してくれるお掃除アイテムです。日頃のお風呂掃除でも使うことができるので、買い置きしておくのも賢明な選択と言えます。

バンダナやタオル

出典: https://lohaco.jp

頭にバンダナやタオルを巻いて大掃除をするのもおすすめです。大掃除を進めていく際には天井や照明器具からほこりやちりが落ちてくることも多いです。それが髪の毛や頭に付着するのが嫌だということであれば、バンダナやタオルを巻いて掃除するのも効果的です。自分の体も守りつつ、家をきれいにしていくことがポイントです。

Thumb窓サッシの掃除方法まとめ!簡単にカビや汚れを落とすコツとは?

大掃除の手順をエリア別に紹介!掃除のコツも解説

エリア別の大掃除の手順

出典: https://yourmystar.jp

大掃除を効率的に終わらせるという意味では、大掃除の手順やリストを作成して計画的に進めることがポイントになっていきます。さらに、重曹やハッカ油といったアイテムを利用することで、汚れも落としやすくなっていきます。さらに、大掃除の手順について具体的にご紹介していきます。大掃除のコツもあるので、コツを理解しておくこともおすすめです。

換気扇やガス周り

出典: https://reform-market.com

まず、エリア別の大掃除の手順として、換気扇やガス周りについて見ていきます。いつから開始するのか、どこから開始するのかという点も重要ですが、場所を決めたら徹底的に掃除していくことが大切です。換気扇やガス周りについては、家の中でも頑固な汚れやつきやすい部分です。いつから開始するか決めたらできるだけ早めにスタートさせるのがコツです。

セスキ水がカギ

出典: https://ameblo.jp

換気扇のパーツや五徳にセスキ水でスプレーをしていくのもおすすめです。汚れ部分に関しては、歯ブラシでこすって掃除していくやり方もあります。頑固な汚れに関しては、セスキ炭酸ソーダとお湯を混ぜたものを漬けておくのも効率的です。コンロ周りはセスキ水を使って汚れを取っていきます。油汚れには、セスキ水を使って対処するのがおすすめです。

冷蔵庫の掃除

出典: http://sanso-magic.com

大掃除をする手順やコツとして、続いては冷蔵庫について見ていきます。冷蔵庫に関しても年間の汚れが付着しているので、それを落としていくことが求められます。使うアイテムとしては、セスキ水やアルコールスプレー、古布や台所洗剤といったものとなります。冷蔵庫内は、セスキ水で拭き上げていくのがおすすめです。その後、アルコールで除菌をします。

冷蔵庫の外側も入念に

出典: https://gomaru2.com

また、冷蔵庫に関しては内側だけでなく外側もしっかりと掃除しておきたいところです。手垢がついていることも多いので、入念に掃除していくことです。その手順としても簡単で、セスキ水をつけた古布で拭いていけば問題ありません。特に難しいことを考える必要もなく、汚れを取っていくことです。食品を入れる場所だからこそきれいにしておきたいです。

お風呂場の掃除

出典: https://c.e-welcia.com

続いての手順として、お風呂場の掃除方法について確認していきます。お風呂場も毎日使うところであり、汚れやたまりやすい場所です。用途にあったアイテムや手順で掃除を進めていくことが求められます。使うものとしてはクエン酸や重曹、専用洗剤やアルコールスプレー、スポンジや歯ブラシといったアイテムです。水垢やカビ、ヌメリを落としていきます。

お風呂場掃除の手順

出典: https://hintos.jp

お風呂場の天井の汚れについては、ブラシやフローリングシートにアルコールスプレーを付着して落としていくことがポイントです。その後の手順として、カビをカビ取り洗剤によって落としていくことがおすすめです。水栓類については、重曹を利用してスポンジで磨いていきます。浴室内のカビについては、専用の洗剤で磨いて消滅させることがおすすめです。

落ちにくい汚れなど

出典: https://osietehosii.net

さらに、お風呂場掃除の手順として、落ちにくい汚れや皮脂汚れについてはセスキ水でスプレーをして磨くことがポイントです。鏡の水垢については、アルカリ性の汚れが付着していることが多いので、お酢やクエン酸といったスプレーで拭いていくことがポイントです。排水溝には重曹がおすすめです。重曹を振りかけて、クエン酸水スプレーをして放置します。

シャワーはクエン酸水で

出典: https://haha-raku.com

30分程度放置しておけば、排水溝に溜まった汚れが浮き上がってくるので、お湯でさっと流せば問題ありません。シャワーについては、クエン酸水に漬け込ませておきます。カビが付着している場合は重曹も入れて、ブラシで磨くのが効率的です。お風呂場にはヌメリもつきがちです。ブラシや専用洗剤を利用して、ゴシゴシと磨いていくことも求められます。

リビングの掃除

出典: http://the360.life

さらに、大掃除の手順やコツとして、リビングの掃除についても確認していきます。リビングでは重曹水やクエン酸水といったアイテムを利用します。手垢や油、ほこりといった汚れがたまっている箇所も多いので、しっかりときれいにしていくことがポイントです。リビングの壁や照明器具については、専用洗剤や重曹水を利用して拭いていくのがコツです。

リビングの掃除手順

出典: https://cojicaji.jp

また、リビングにある家具は材質にあったタイプの洗剤で拭き上げていくことが求められます。布製のソファやラグに関しては、重曹をかけて掃除機で吸い上げていくときれいになります。床は重曹水をスプレーでかけていき、雑巾で拭いていきます。洗濯できない布製品の家具については、重曹をふりかけてから掃除機をかけることで、臭いも消えていきます。

玄関の掃除

出典: http://blog.livedoor.jp

いつから大掃除を開始するか決めたら、どこを掃除するのかリストアップすることが重要です。その上で、玄関の掃除手順についても確認していきます。1日で掃除しても構いませんし、1日以上かけて大掃除をしていくのも賢明な判断です。玄関に関しては汚れを外に出しやすいので、最後に掃除するのも有効です。ほうきや雑巾、重曹水やブラシを利用します。

玄関の掃除手順

出典: https://ameblo.jp

玄関においては、ドアやドアノブ、インターホンといった場所は専用洗剤や重曹水を利用して雑巾で拭いていきます。ドアノブについてはメラミンスポンジを使用するのもおすすめです。部分的な汚れに関しては、メラミンスポンジでこすって汚れを落としていくのが効率的です。たたきを掃いて、ゴミを取ってから重曹水スプレーをすることできれいになります。

1大掃除を1日や短時間で終わらせる手順を紹介

1日の計画を立てて実行する

出典: http://www.shikishima-j.co.jp

いつから大掃除を開始するのか、いつから大掃除を開始するか決めたらスケジュールや手順をどうするかといった部分に焦点を合わせていくことが重要です。その中で、1日単位のスケジュールや短時間で大掃除を終える方法を理解しておくことも求められます。1日の時点で、いつからいつまで大掃除の時間に充てるのか計画を立てて実行することも重要です。

1日でも大掃除は可能

出典: https://www.benesse.jp

大掃除をいつから開始するのか決めたら、できるだけ効率的に短時間で終わらせたいと考える人も少なくありません。中には1日で全ての大掃除を終えるという方もいます。1日や短時間で大掃除を終えるにはコツがあります。そのコツを理解して実行していくことで、1日でも大掃除を終えることができます。短時間で集中して作業できれば、大掃除も簡単です。

大掃除の優先順位をつけるなど

出典: https://mildresearch.com

1日や短時間で大掃除を終えるコツとしては、各場所の汚れ具合をあらかじめ把握しておくことが大切です。その上で、大掃除に必要となる優先順位を定めておくことが求められます。そして、1日単位でスケジュールを作成していくことが短時間で大掃除を終えるコツです。どこがどれくらい汚れていて、どのくらいの時間がかかるのか計画を立てることです。

完璧でなくて良い

出典: https://www.mag2.com

1日や短時間で大掃除を終えるためには、全てを完璧にこなそうと思う必要はありません。ある程度きれいにすることができたら、次の場所へスピード感を持って移動することが重要です。各場所の汚れ具合を確認しておくことで、汚れのひどい場所から大掃除に取り掛かることもポイントです。その上で、ある程度納得感のあるところで終える勇気も必要です。

1日のスケジュールの確認

出典: https://seniorguide.jp

実際に1日で大掃除を終えるスケジュールについてもご紹介していきます。基本的に、1箇所について30分から1時間という時間で掃除をしていくことで、1日でも十分に大掃除を終えることができます。午前と午後に分けてスケジュールを組んでおくことで、体にも無理なく大掃除を進められます。そのスケジュールを参考にして1日の流れを作るのも有効です。

1日の午前中のスケジュール

出典: http://zetta.pbchi.com

まず、8時30分から9時にかけて、カーテンなどの洗うものや捨てるものを取り出していきます。その後、9時から10時にかけてリビングの掃除、10時から10時30分にかけて寝室の掃除、10時30分から11時にかけてトイレ掃除、11時から11時30分にかけて廊下の掃除、11時30分から12時にかけてベランダの掃除と行い、12時から13時までお昼休憩です。

1日の午後のスケジュール

出典: https://www.lettuceclub.net

また、午後のスケジュールに関しては、13時から14時にかけてキッチンの掃除、14時から15時には洗面所の掃除、15時から16時はお風呂掃除、16時から16時30分にかけては玄関の掃除と移行して終了となります。こうしたスケジュールを組むことで、1日でも十分に大掃除を終えることができます。午前と午後に集中して短時間で行っていくことが大切です。

時間が来たら次の場所へ

出典: https://bg-mania.jp

1日で大掃除を終える場合、キッチンの掃除に関しては午後に行うのがおすすめです。午前中に行うと、昼食を挟む関係で再び汚れてしまうことになるからです。時間としては、30分や1時間で区切って掃除していくことが重要です。時間が来たら次の場所へ移動することです。1つの場所に留まっていると、どんどん時間が押してしまうので、注意が必要です。

夕方には終えられるように

出典: http://www.nikuine-press.com

特に年末に1日でまとめて大掃除を仕上げていく場合は、寒さもあります。できるだけ夕方には終えるようにして、夜はリラックスタイムにできるようにしておくことが求められます。そのためにも、朝は早く開始して時間を守った中で掃除を進めることがポイントです。まずは、無理のないスケジュール計画を立てることです。あとは集中してやるのみです。

大掃除のスケジュールの立て方とリストの作り方まとめ

出典: http://www.uyeki.co.jp

大掃除のスケジュールについて、その立て方やいつから開始すれば良いのか、1日の流れなどを具体的にご紹介してきました。大掃除は1日で終えても構いませんし、複数日に分けて行っても問題ありません。自分の性格に合わせていつから開始するのか決めておくことです。いろいろなアイテムや掃除道具も駆使しつつ、効率的に大掃除を進めていきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ