養育費を払わない方法はある?罰則などの注意点や解決法まとめ!

養育費を払わない方法はあるのかという点に注目して、養育費の支払いについて具体的にご紹介していきます。養育費を払わない場合の罰則や注意点も確認しておく必要があります。その理由や方法も含めて、養育費についての細かい解説を行っていきます。

養育費を払わない方法はある?罰則などの注意点や解決法まとめ!のイメージ

目次

  1. 養育費を払わない方法とは?子供との面会や罰則など徹底調査
  2. 養育費の払わない人はどれ位?
  3. 養育費を払わないと罰則はある?
  4. 養育費を払わない方法について
  5. 養育費を払わない人の逃げ得理由とは?
  6. 養育費を払わないと子供の面会はできない?
  7. 養育費を払わない方法と罰則についてまとめ

養育費を払わない方法とは?子供との面会や罰則など徹底調査

出典: https://rikon-kouza.biz

養育費を払わない方法について確認を進めていきます。養育費を払わないことで子供との面会や罰則に関しても、調査した内容を具体的にご紹介していきます。養育費を払っている人もいれば、払わない人もいます。逃げ得になるとも言われる養育費の支払い問題ですが、その内実を解説していきます。養育費を払わない方法について、具体的に確認しましょう。

養育費の払わない人はどれ位?

養育費の支払い率を調査

出典: https://best-legal.jp

実際に、養育費を払わない人はどれくらいいるのか、養育費の支払い率について調査しました。離婚をしても、養育費を払わない人や単純に払いたくないと思っている人も少なくありません。離婚件数が年々増加していく中で、養育費の問題については大きなテーマになってくると考えることができます。その支払い率について知っておくことが求められます。

平成23年の養育費受給率は19.7%の結果に

出典: http://licht-rikon.com

実際に全国母子世帯等調査によれば、平成23年の養育費受給率が19.7%という結果となっています。これを高いと見るか低いと見るかは人それぞれですが、約8割の世帯が養育費を受け取っていないということになります。離婚前に養育費の取り決めをしている世帯も50.4%と半数程度になっています。これが離婚と養育費の関係を表しているデータです。

養育費の取り決めは離婚前に

出典: https://www.bengo4.com

離婚前に養育費の取り決めをしている世帯が半数近くにのぼっていますが、それでも養育費を受け取っている世帯が20%弱に落ち込んでいるという考え方をすることもできます。養育費については、離婚前に取り決めを行うことが重要です。離婚後に話し合おうと思っても、相手が来ないことも多いからです。それが、養育費の未払いになる原因でもあります。

養育費を払わないと罰則はある?

罰則規定の確認

出典: http://rikon-net.com

養育費を受給している母子家庭が19.7%というデータもありますが、それだけ養育費を払わない人が多いということでもあります。実際に、養育費を払わないことによる罰則があるのかという点も確認していきます。罰則があるかないかによって、養育費の支払い率も変わってくると予想されます。子供に対する扶養義務も含めて、理解しておきたい部分です。

実の子に対する扶養義務について

出典: https://www.kitakyushu-rikon.jp

養育費については、結婚していても結婚していなくても、あるいは離婚した場合でも、実の子供が正常に成長していくための費用として親が負担する必要のあるお金です。具体的には、子供にかかる衣食住に関する費用や教育費、医療費といった費用を親が負担しなければならないのです。それを扶養義務と呼び、民法877条第1項でも規定されている事案です。

問題になるのは離婚や別居時

出典: https://www.fukuoka-ricon-law.jp

また、養子に関しても民法820条で親の扶養義務が規定されています。一般的に、同居している夫婦や結婚している夫婦の子供に関して、扶養義務が問題になることは少ないです。子供に対する扶養義務が問題になるのは、親が離婚している場合や別居している場合です。両親が離婚した場合は、どちらの親がどの程度の養育費を負担するのかで問題が発生します。

まずは夫婦での協議

出典: https://rikon-isharyou-anshin.com

離婚する場合は、夫婦の協議によって養育費の支払い金額や支払い方法を決定する必要があります。これは、民法766条によって規定されていることでもあり、まずは夫婦間での協議が優先されることになります。それでも、話し合いがまとまらない場合については、家庭裁判所で決めることになります。この流れを覚えておくことで、スムーズな対応ができます。

民法に罰則規定はない

出典: https://love-gram.net

養育費に関しては、取り決めの方法も含めて民法で規定されているので、実際に子供を監護養育していく立場の親が、もう一方の親に対して養育費を請求することができるのです。しかし、ここで問題になってくるのが、養育費を払わない場合の罰則規定です。実際に、一方の親が養育費を払わなかったとしても、民法で罰則が規定されているわけではありません。

遅延損害金は発生する

出典: https://www.kakekomu.com

つまり、たとえ養育費を払わない親だとしても、そのことによって懲役や罰金といった罰則を科すことができないのです。しかし決められた期日までに養育費を払わない場合は、遅延損害金が発生することになります。遅延損害金は金銭債務にかかってくるものであり、5%の利率をかさ増しすることになります。それでもなお養育費を払わない親が出てきます。

子供の成長をサポートするための養育費

出典: http://menkai-sodan.com

もちろん、親同士の取り決めであり金融機関ではないので、遅延損害金まで請求しようとする親はそれほど多くありません。養育費を払わないことの罰則規定がないことが、養育費の支払い率を低下させている要因だと考えることもできます。子供の成長をサポートするためにはお金が必要です。払わない親はそのための養育費だという認識を持つことが大切です。

養育費の請求方法

出典: https://xn--n8jydrel3284drcwbhvrgqw.com

養育費は子供を監護養育していく側の親に請求する権利があるお金です。その請求方法についても確認していきます。債務名義がある場合とない場合では請求方法が異なってくるので、それぞれ確認しておくことが求められます。債務名義とは、養育費の支払いが滞った場合に、給与などを差し押さえて強制的に支払いを行わせるための公文書のことを指します。

債務名義がある場合

出典: https://bengoshihoken-mikata.jp

実際に、債務名義がある場合について確認していきます。債務名義がある条件として、家庭裁判所の調停によって取り決めを行った場合、あるいは家庭裁判所の審判で養育費の金額が決まった場合があります。さらに離婚時に公正証書によって養育費の金額を決定した場合、離婚裁判の判決によって養育費の取り決めがされた場合も債務名義があることになります。

債務名義があれば有利

出典: https://kekkon-rikon.site

つまり、裁判所や公証人役場などで養育費の取り決めや金額について、適切に定めた場合は強制執行を行う権利を持っていることになります。したがって、養育費を払う義務がある親としては、養育費を払わないことによって、すぐに銀行口座や給与を差し押さえられてしまうことになります。債務名義がある状態ならば、比較的養育費の支払いに応じてくれます。

債務名義がない場合

出典: https://uwaki-pro.com

一方で、上記でご紹介したような債務名義がない状態で養育費の支払いを取り決めることもあります。債務名義がないケースとしては、電話やメールなどで直接請求することで、養育費の支払いを求めることになります。それでも養育費を払わない場合は、弁護士を利用することが多いです。弁護士を通して内容証明によって、養育費を請求するケースがあります。

裁判や調停など

出典: https://xn--m9jy50kbsc3xdx6p.net

債務名義がない状態で、養育費を払わないでいても、すぐに銀行口座や給与を差し押さえることはできません。しかし、養育費を払わない状態が続き、裁判や調停によって判決や審判が下れば債務名義がある状態になります。そうすれば、相手の親の給与や銀行口座を差し押さえることができます。いずれにしても、債務名義がある状態にしておくことが有利です。

請求方法に則って行動する

出典: https://www.alg-plus.com

養育費の支払いに関しては、罰則規定があるわけではないということを理解しておくことが求められます。その上で、適切な養育費の請求方法を把握して、その請求方法に則って行動を起こしていくのみです。子供の成長をサポートするための費用として養育費が必要となります。離婚して子供を監護養育する場合は、確実に養育費を受け取ることがポイントです。

養育費を払わない方法について

養育費を払わなくて済むこともある

出典: https://www.e-rikon.jp

養育費に関しては、払わないことによる明確な罰則規定があるわけではありません。それでも債務名義がある状態にされることで、給与や銀行口座を差し押さえられることはあるということです。その点も理解しておくことが大切です。ここからは養育費を払わない方法についてご紹介していきます。正式な手続きをとれば養育費を払わなくて済むこともあります。

離婚後に相手が再婚した場合

出典: https://www.mama-chie.net

夫婦間で養育費に関する取り決めをした場合や、裁判や調停によって養育費の金額が決まることもあります。それでも、養育費を払わないで済むケースもあります。例えば、離婚後に子供を監護養育している親が再婚した場合です。再婚相手と子供が養子縁組をすることによって再婚相手が子供の養育をすることができると認められれば、養育費は不要となります。

再婚相手の男性が第一次の養育義務者に

出典: https://www.bengo4.com

例えば、離婚して母親が子供の世話をすることになったと仮定します。その母親が別の男性と再婚を果たした場合は、その男性が第一次的な養育義務者となります。離婚した実の父親は第二次的な養育義務者として、子供の養育義務を負うことになります。実際には第一次の養育義務者である再婚相手の父親が経済力に欠ける場合に、実父が対応する形となります。

再婚後は養育費の支払い義務がなくなる

出典: https://xn--n8jydrel3284drcwbhvrgqw.com

つまり、離婚した場合であっても、女性が別の男性と再婚することによって養育費の支払い義務が解除されるというケースがあるということです。再婚する前までは養育費を支払っていても、女性が再婚した時点で養育費の支払いを終えるということはよくあるケースです。これは裁判でも認められており、再婚相手が養育義務を負うというのも一般的な考えです。

養育費を減額できる可能性がある場合

出典: https://xn--hckh0k432oorbg2lo97fbdta.com

親の再婚に伴って、養育費を払わないで済むこともありますが、養育費を減額することも可能です。これには2つの方法があります。まずは、子供を監護養育している親が再婚した場合です。それでも、再婚相手と子供が養子縁組を組まなかった場合に、養育費を減額できる可能性があります。本来なら養子縁組を組むことで、養育費の支払い義務がなくなります。

再婚によってトータル収入がプラスに

出典: http://licht-rikon.com

例えば、実母と再婚相手の男性がいて、再婚相手の男性は子供と養子縁組を組まなかったと仮定します。それでも、実の母親は再婚したことによってトータル的な収入が増えたことになり、子供の世話をする負担も軽減されたと考えるのが妥当です。そのため、実の父親から受け取れる養育費も少なくなることが基本路線となり、養育費が減額されていくのです。

再婚相手との子供ができた場合

出典: https://sc-uwaki.com

養育費が減額される可能性がある2つ目の方法として、子供を監護養育していない方の親が再婚して、再婚相手との間に子供ができた場合を挙げることができます。この場合は前妻との間の子供だけでなく、現在の妻の子供と妻の面倒を見なければならないことになります。扶養義務者が増えることで、前妻の子供に対する養育費が減額されるという考え方です。

失業したり給与が大幅に下がったりした場合も

出典: https://www.bengo4.com

さらに、養育費を支払う側の親が再婚したか否かに関係なく、失業したり給与が大幅に下がったりした場合も、養育費の減額が認められるケースがあります。基本的には自分が再婚して子供ができた場合と、相手が再婚した場合に養育費が減額される可能性があるということです。実の子供と養子縁組を組むか組まないかというところもポイントになっていきます。

夫婦が養育費の不払いで合意

出典: http://katatsumuri-movie.jp

養育費を減額したり不払いにしたりするには、夫婦間での合意もポイントになります。そもそも夫婦間で養育費の支払いが不要であるという取り決めをしているのであれば、養育費の支払い義務は発生しません。最初は養育費の支払いで取り決めをしていても、その後の展開次第で養育費が不払いになることもあります。その場合も夫婦間での合意が必要です。

家庭裁判所での調停も

出典: http://www.tokuoka-ao.co.jp

養育費を不払いにしたり減額させたりするためには、夫婦間で協議をします。それでも協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に養育費減額の調停を申し立てます。調停では、裁判官や調停委員が間に入って養育費の取り決めを行っていきます。減額を認めるか否か、あるいはどのくらいの金額を減額するのかといった部分まで具体的に取り決めをしていきます。

勝手に不払いにはできない

出典: http://www.youikuhi-web.com

養育費の減額や不払いに関しては、夫婦間や家庭裁判所などを利用して合意することが重要です。勝手に不払いが成立したと考えて養育費を支払わない場合、給与や銀行口座が差し押さえられる可能性も出てきます。まずは、夫婦間での話し合いの場を持つことが重要です。そこで決まった養育費の支払いについては、確実に遂行していくことが求められます。

養育費を払わない人の逃げ得理由とは?

代表的な理由を理解

出典: https://ikumemo.info

養育費を払わないことによる罰則規定や、養育費の請求方法について理解を深めておくことがポイントです。ここからは、養育費を払わない人が逃げ得と言われる理由について確認していきます。養育費を払わない親も多いですが、そこには逃げ得と呼ばれる理由があります。代表的な理由について理解することで、逃げ得を許さないようにすることが大切です。

離婚条件の取り決めをしていない

出典: https://www.kakekomu.com

まず、養育費を払わないことの逃げ得理由として、離婚条件の取り決めを行っていないケースを挙げることができます。気持ちだけ離婚したいという感情が先行してしまうと、離婚することばかりを優先することになってしまいます。その結果として、離婚条件を話し合わないまま離婚してしまうこともあります。そうなると逃げ得を許しやすくなっていきます。

養育費を払う側に経済的なメリットがない

出典: https://tantei-mt.com

お互いに離婚したいと考えているのであれば、離婚を成立させるというニーズが共通のものとなります。しかし、養育費を支払う側には経済的なメリットが一つもありません。そのため、なるべく早く離婚を成立させて養育費の支払いをしないようにすることが多いです。逃げ得させないためには気持ちだけではなく、きちんとした取り決めをすることが重要です。

無効な取引を合法だと信じ込んでいる

出典: http://www.jikouenyou.com

さらに、養育費を払わない人の逃げ得理由として、無効な取引を合法だと信じ込んでいるケースを挙げることができます。例えば、「養育費を支払うのであれば離婚しない」などと言われることもあります。その場合、どうしても離婚したければ養育費を支払わないことで合意せざるを得なくなります。しかし、法的にそうした契約が認められることはありません。

本来は無効

出典: http://katatsumuri-movie.jp

離婚する代わりに養育費を支払わないという契約が、法的に認められることはないのです。逃げ得を許さないようにするためには、養育費を受け取る側がその実情に気づくことが大切です。その事実に気づいた後で養育費を請求しても遅くありません。養育費を払わない方の親にとっては都合の良い理由となりますが、本来は無効でなので適切に対処することです。

離婚協議書だけで強制執行することが面倒

出典: https://haraenai.net

養育費を払わないことが逃げ得だとされる理由について、離婚協議書だけで強制執行することが面倒だという理由も挙げることができます。離婚協議書は裁判の証拠としても重要な書類です。約束が守られなかった場合には、離婚協議書が効力を発揮することになります。しかし、裁判をしなければ離婚協議書で締結した約束を守らせることができないのです。

最高10万円で履行命令を拒否できる

出典: http://rikon-no-okusuri.com

養育費を支払わない場合は、養育費を受け取る側が家庭裁判所に裁判を起こすことになります。しかし、そこで養育費の支払い命令があったとしても、最高10万円の制裁金を支払えば家庭裁判所の履行命令を拒否することができます。10万円で済むならば、養育費を払わないと考える人がいても自然です。そのため、なかなか養育費をもらえないのが現実です。

裁判所は捜査機関ではない

出典: http://bit.sikkou.jp

さらに養育費を払わない逃げ得が行われる理由として、裁判所の存在を挙げることができます。裁判所は捜査機関ではないことが大きな理由です。元配偶者に勤め先や住所を知られていなければ、給与や銀行口座を差し押さえられる可能性が低くなります。なぜならば、裁判所は捜査する権限がないからです。警察も刑事事件でない限り、動かないことが多いです。

財産の在り所を知る必要がある

出典: https://www.bengo4.com

つまり、養育費を払わない親の勤め先や銀行口座、住所などがわからなければ、強制執行しようと思ってもすることができません。養育費の支払いを求めて強制執行をするためには、財産の在り所を証明する必要があります。しかし、裁判所は捜査機関ではないので捜査はしてくれません。これも、養育費不払いの逃げ得を許す大きな理由の1つだと言えます。

相手が自営業者の場合も注意

出典: http://www.caceb.org

また、養育費を払う義務がある方の親が自営業などで生計を立てている場合も、養育費を支払ってもらえない可能性があります。自営業の場合は会社から給与が振り込まれるわけではなく、財産の差し押さえ方法に困ってしまうこともあるからです。また、実質的な収入がわかりにくいという部分もあります。相手が自営業者の場合も注意しておく必要があります。

Thumb専業主婦が離婚したら仕事や生活費はどうなる?注意すべきポイントまとめ!

養育費を払わないと子供の面会はできない?

養育費と面会の関係について

出典: http://www.tada-yuriko.com

養育費を払わないことが逃げ得となる理由について、理解を深めておくことがポイントです。そうした理由を理解しておくことで、離婚時にできることをあらかじめ行っておくことが大切です。さらに、養育費を払わないことと子供との面会の関係についてご紹介していきます。養育費を払わないと子供と面会できないのは本当かどうか理解する必要があります。

子供との面会拒否はできない

出典: https://morahara-rikon.net

養育費を払わないのであれば子供と面会させないといった取り決めをするケースもありますが、実際にそれを交換条件にすることはできません。子供との面会交流に関しては、法律的に決まった規定があるわけではありませんが、離婚した親に認められている当然の権利と言うことができます。子供と同居していない親が面会を通して、子供と触れ合う権利です。

面会拒否できるケース

出典: https://www.kakekomu.com

養育費の支払いに関係なく子供との面会を拒否できるケースとしては、面会をすることで、子供を虐待したり暴力をふるったりする危険性がある場合です。こうした危険があると判断された場合は、面会を拒否することもできます。しかし、面会交流をすることが子供にとって利益にならないと判断されない限り、原則として面会を拒否することはできません。

子供を最優先に考える

出典: https://press.mamamoi.jp

親が離婚した場合でも、基本的に子供には何の責任もありません。面会頻度や時間も含めて、子供がいかに健やかに成長していけるのかを考えた上で行動していくことが求められます。面会をすることが子供にとってプラスになると判断するのであれば、その機会を奪うべきではありません。子供を最優先においた上での判断を下すことが推奨されています。

面会拒否の取り決めは無効になる

出典: https://legalus.jp

したがって、養育費を払わないからと言って、子供と面会させないという条件を取り決めることはできません。万一、最初にそういった取り決めをしたて離婚したからと言って、後から面会要求をできないということにはならないのです。離婚時に夫婦間で合意していたとしても、片方の親が子供と面会したいと言えば、その時点で取り決めは無効となります。

お互いの利害が一致していれば可能

出典: https://arnet8349.com

養育費を払いたくないと思っていて、子供との面会も不要だと考えている場合、養育費は払わなくて良いが、子供との面会をさせないという条件に合意することもできます。これは双方の利害が一致しているケースであり、それ以上何かを議論する余地はありません。法的に認められているわけではありませんが、夫婦間で個人的に合意することは可能です。

養育費と面会は別の問題

出典: https://youikuhitetuduki.hatenablog.com

しかし、原則として子供との面会と養育費の支払いは別々のものとして考える必要があります。離婚をするのは親の問題であり、子供の責任ではありません。その子供の健やかな成長を支えていくという意味では、養育費が必要になってくることも往々にしてあります。子供を産み育てていく親の使命として、養育費を支払うべきという考えを持つことが重要です。

養育費を払わない方法と罰則についてまとめ

出典: https://financial-field.com

養育費を払わない方法や罰則規定に関する情報について、具体的にご紹介してきました。養育費を払わないことと子供の面会についての関係性も理解しておくことがポイントです。また、養育費を払わない人の逃げ得にも理由があります。それぞれの事情や理由を考慮する必要があります。その上で、適切な行動をしていけるようになることが求められます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ