押入れのカビ取り方法と予防法!確実に除去する掃除のやり方は?

押入れは物をしまう大切な収納でありながら、カビの悩みがつきない場所でもあります。そこで押入れのカビ取りの方法やカビの発生を予防する方法を調べましたので紹介していきます。カビ対策をして押入れのカビを確実に除去していきましょう。

押入れのカビ取り方法と予防法!確実に除去する掃除のやり方は?のイメージ

目次

  1. 押入れのカビ取り方法と対策について!除去する掃除方法を紹介!
  2. 押入れのカビが発生する原因は?
  3. 押入れのカビ取り方法と対策方法!
  4. カビを発生させない防止方法を紹介!
  5. 押入れのカビの臭い防止にはクエン酸や重曹が効く!
  6. 押入れのカビ取り方法と予防・対策方法まとめ!

押入れのカビ取り方法と対策について!除去する掃除方法を紹介!

出典: https://roomclip.jp

押入れの中は物がいっぱいでカビの臭いが漂っていませんか?押入れはつい物を詰め込みがちですが、それではすぐにカビが発生してしまいます。ここではカビが発生する原因やカビ取りの方法を徹底的に調査しました。

押入れのカビが発生する原因は?

カビはおもに4つの原因から発生する!

出典: http://blog.livedoor.jp

押入れのいやなカビ、そんなカビが発生するには4つの原因がありました。4つの原因は「酸素」「温度」「湿度」「栄養」です。この4つの原因によってカビはどんどん増殖していきます。ではこの4つの原因についてどんなものなのか詳しく見ていきましょう。

押入れのカビの原因は「酸素」

出典: https://kabitori.jp

カビは真空パックされた中では絶対に発生しません。それは真空状態の中には酸素が無いからです。人間が酸素を吸って生きているようにカビ菌も酸素がなければ生きていけないのです。押入れの中から酸素を無くすというのは不可能に近いので、酸素があるのは仕方ないと思いましょう。

押入れのカビの原因は「温度」

出典: https://kabitori.jp

カビ菌は20℃から30℃で増殖するといわれています。逆にそれ以上熱いとカビ菌は死滅します。熱湯消毒で殺菌するのはそのためです。ですが押入れの中を熱湯種毒するわけにはいきません。押入れの中の温度はカビの好きな20℃から30℃になることが多いので、どうしてもカビが発生してしまうのです。

押入れのカビの原因は「湿度」

出典: https://kabitori.jp

カビは湿度が60%を超えると増殖を始めます。押入れは普段から締めきっているので湿気が溜まりやすい環境にあります。そのため湿度の高い押入れの中はカビが発生してしまうのです。逆に言えば乾燥した場所ではカビ菌は増殖できないということになります。カビを防ぐには押入れの中の湿度を下げればいいのです。

押入れのカビの原因は「栄養」

出典: https://kabitori.jp

カビ菌はホコリや人の体からでた皮脂などを栄養にします。また押入れの壁紙やベニヤ板などもカビ菌にとって栄養たっぷりのエサとなっているのです。押入れに布団をしまうと寝ている間にかいた汗などによって人の皮脂が付きます。さらに布団には湿気も含まれているのでカビの生えやすい環境が出来上がってしまうのです。

押入れいっぱいに物を詰め込んでいる

出典: https://www.kajitaku.com

押入れにカビが発生する原因に、押入れにすき間なく物を詰め込んでいることがあげられます。すき間が無いと空気の通り道がないので湿気がたまる一方です。すき間を開けて湿気の逃げ場を作ってあげないと湿気にカビが発生します。たくさん詰め込むとカビの臭いがするのに、どこにカビが生えているのか見つからないこともあります。

押入れに湿気がこもっている

出典: https://myhomeurukothu.net

普段から押入れに布団をしまっている場合は毎日押入れを開ける機会があります。ところが布団の上げ下ろしが無いと、何日も押入れを開けないままということになります。そうなると押入れに溜まった湿気は出る場所がなくこもってしまうのです。押入れを開けないとカビが発生しても全く気が付かないことがあるので注意が必要です。

着た服をそのまま押入れにしまっている

出典: https://roomclip.jp

洋服を押入れにしまうときに、1回でも着た物はちゃんと洗ってからしまいましょう。上着などなかなか洗えないものや、1回しか着ていない服なども繊維には体の皮脂が付いています。その皮脂が臭いや黄ばみの原因となり、のちにはカビが発生してしまうのです。一度でもそでを通したものは洗ってからしまうと覚えておきましょう。

壁の材質がカビのエサになる

出典: https://ameblo.jp

先ほども触れましたが押入れの壁の材質そのものがカビの栄養になっている場合があります。押入れの壁はベニヤ板などの素材が多く、湿気がこもると壁にまでカビが発生します。壁のカビを防ぐには湿気をためないように気を付けるしかありません。空気の通り道を作るなどの工夫をしていきましょう。

隣り近所の家が密集している

出典: http://www.housingbazar.jp

最近の住宅は隣り近所の家が密集しています。窓を開けてもすぐ隣の家の壁だったり、エアコンの室外機があって窓が開けられなかったりします。それでは家自体の湿気を追い出すのも大変になります。家の中に湿気が充満していれば押入れの換気を良くしても湿気を無くすことはできません。

家の欧米化が進んだため

出典: http://roofstyle.nisc-s.co.jp

日本の家は昔に比べて欧米化が進んできています。昔ながらの日本家屋のように縁側などはありません。昔の家は家中の窓を開けていれば夏でも涼しかったものですが、今は防犯上の問題もあって家の窓は昼間でも締めきったままです。日本の治安などもあってカビの生えやすい環境になってしまったのかもしれません。

家の窓が少ないので換気が不十分

出典: https://suumo.jp

最近の家は窓の少ない家が多いです。防寒設備や二重ガラスの利用によって窓の面積が減ってしまったのです。その代わり24時間換気システムなどが普及しました。ただし24時間換気システムだけで押入れの湿気まで対策できるとは限りません。しっかり換気するには窓を開けて空気の流れを作りたいものです。

床下から湿気が上がってくる

出典: https://www.seikatsu110.jp

湿気は家の中だけ気を付ければいいというわけではありません。じつは床下からも湿気が上がってきています。床下からの湿気は畳や押入れの中まで入り込むのでふっせぐのは大変です。湿気は下にたまりやすいのですが、床下の湿気は地面から上へと上がってきます。防ぐには床に物を置かないのが一番です。

洗濯物を部屋干ししている

出典: https://www.ciao-net.jp

洗濯物を部屋干ししている場合は部屋に湿気がたまりやすくなります。洗濯物を浴室に干すと生乾きの臭いがするので、部屋に干して少しでも早く乾燥させたいと思うからです。ただし洗濯物の湿気が飛んだ分、その湿気は部屋の中に溜まります。部屋に湿気が多いと押入れの中の湿気も増えてしまいます。

Thumb洗濯機の掃除は重曹が効果的?カビの落とし方や予防法まで解説!

押入れのカビ取り方法と対策方法!

白い胞子状のカビの取り方!

出典: http://www.ig-consulting.co.jp

白い胞子状のカビは拭き取るだけで簡単に落とせます。カビはこの状態のうちに除去するのが一番です。白い胞子状のカビは洋服や押入れの壁などによく生えます。発見したら固く絞ったぞうきんなどでしっかり拭き取りましょう。まき散らすとカビ菌がほかの場所についてしまうので気を付けるようにしましょう。

黒い斑点のカビの取り方!

出典: https://denkirabo.com

黒い斑点のカビは少しやっかいです。お風呂などに生えた場合はカビキラーなどの塩素系漂白剤をかければよく落ちますが、押入れの中に塩素系漂白剤をかけるのは難しいです。黒い斑点のカビは表面は拭き取るだけで落ちますが、根の生えたカビはもう落ちないと思いましょう。洋服などに黒いカビが生えたら捨てるしかありません。

カビを消毒用エタノールで取り去る

出典: https://limia.jp

カビを発見したら消毒用エタノールをスプレーして拭き取りましょう。消毒用エタノールは薬局やドラッグストアなどで1,000円程度で手に入ります。スプレーができない場合はぞうきんにしみ込ませて拭くようにします。消毒用エタノールはカビを落とすだけでなく、殺菌作用があるのでカビ菌も退治してくれます。

カビをキッチン用漂白剤で取り去る

出典: http://kodawari-souji.blog.jp

消毒用エタノールで落ちなかったカビには、キッチンでつけ置きなどに使う漂白剤を使ってみましょう。ぼろきれやぞうきんにキッチン用漂白剤をしみ込ませ、カビにしばらく付けておきます。しばらくして拭き取るときれいに取れることがあります。漂白剤は色落ちするので使う場所には十分注意してください。

カビ取り洗剤を吹きかけてカビを除去

出典: https://cojicaji.jp

黒カビや頑固なカビにはお風呂などで使うカビ取り洗剤を吹きかけるとよく落ちます。ただしカビ取り用の洗剤は洋服や布製品には向いていません。プラスチック製のものやゴムなどはカビ取り洗剤を使って落とせます。カビ取り洗剤を使う場合は、使う場所や素材をしっかり確認して使うようにしましょう。

押入れの中をカラにしてカビ菌を取り去る

出典: http://aozoramarket.blogspot.com

押入れのカビを取り指すにはまず押入れの中身を全部出しましょう。そして消毒用エタノールなどで壁などをしっかり拭いてカビ菌を無くします。その時に押入れに入っていたもので不用品があったら思い切って処分しましょう。物を入れすぎているのがカビの原因かもしれません。

とにかく押入れの中を乾燥させる

出典: https://marujin.hatenablog.com

押入れの中身を全部出してしっかり周りを拭いたら、あとは十分に乾燥させます。湿気が残ったまま中に物を入れたらまたカビが生えるだけです。押入れの中の臭いをかいでカビの臭いがしないか確認しましょう。そして部屋の風通しを良くして押入れの中をきちんと乾燥させましょう。

すきまに段ボールを敷いて湿気を防止する

出典: https://limia.jp

押入れに物をしまうときは物をじかに置くのではなく、段ボールを敷いたりしてその上に物を置きましょう。また壁との間に段ボールを入れて壁にカビが生えるのを防ぐのもいいでしょう。段ボールは湿気を吸ってくれるので押入れの床に敷いて湿気を吸わせましょう。上に新聞紙を敷いてもいいかもしれません。

カビの生えた壁紙を新しく変える

出典: https://homeo.club

押入れの壁にカビがびっしり生えてしまったら、落とすのはあきらめて張り替えた方がいいでしょう。壁紙が貼ってあるタイプなら張り替えることができます。またベニヤ板がむき出しの場合は、抗菌作用のある壁紙などを貼るのもおすすめです。壁紙が変わると押入れの中も明るくなっていいかもしれません。

押入れの床に断熱材をしいて湿気を除去

出典: https://plaza.rakuten.co.jp

さきほど押入れは部屋からだけではなく床下からも湿気が来ると説明しました。床下からの湿気を避けるのは家の構造上とても大変なことです。そこで床下に断熱材を敷いて下から湿気がこないように防止しましょう。この断熱材によって下から上がってくる湿気を除去できます。

いっそ押入れには何も入れない

出典: https://www.pinterest.jp

これは少し難しいかもしれませんが押入れにカビを発生させないためには、押入れに物を入れないという方法もあります。押入れのすべてに物を入れないというわけではなく、下の段だけ物を入れない方法や押入れをベッドにしてしまう方法もあります。押入れはものをしまう所という考えを変えることもカビを防ぐ1つの方法です。

Thumb加湿器の上手な除菌法は?お手入れも簡単なカビ掃除の仕方まとめ!

カビを発生させない防止方法を紹介!

普段使ている布団をまめに干してカビを防止する

出典: http://the360.life

布団を毎日上げ下げしている場合は布団をこまめに干すことも大事です。布団は起きた後しばらくそのままにして、布団に付いた湿気を飛ばしてから押入れにしまいましょう。直ぐに部屋を使いたい場合は難しいかもしれませんが、布団をしまうことで押入れに湿気を運んでしまうのも現実です。

使っていない布団は圧縮袋に入れてカビを防止する

出典: https://www.drk7.jp

押入れの中に使っていない布団があったら布団圧縮袋にいれて圧縮することをおすすめします。カビは真空の状態では発生しませんし、場所の節約にもなります。場所を取るコートやダウンジャケットも圧縮袋にいれるとカビも防いで場所も取りません。ぬいぐるみも圧縮できるのでやってみてください。

着ていない洋服も天日干ししてカビを防止する

出典: http://mono-hoshi.info

押入れに着ていない服がずっと入っていたら、よく晴れた日に天日干ししましょう。押入れに入れっぱなしにするとカビが生えてしまうかもしれません。大きいものは圧縮袋に入れる方法もありますが、オシャレ着などはそうもいきません。礼服やめったに着ない服などはたまに天日干ししてあげましょう。

押入れにすき間を開けて詰め込み過ぎない

出典: https://www.bellemaison.jp

押入れに隙間なく物を詰め込むと空気の流れがおきません。そうすると湿気の逃げ場がなく押入れには湿気がたまる一方です。押入れに入っている物を整理して物を減らすようにしましょう。押入れに入っている物のほとんどがいらない物という説もあります。カビを生やすくらいなら断捨離した方がいいかもしれません。

すのこで空気の通り道を作ってカビ菌を除去

出典: https://casy.co.jp

押入れにすのこを使っていますか?押入れすのこはたくさんの種類が売っているので、ホームセンターなどですぐに手に入ります。押入れの下にすのこを敷けば簡単に空気の通り道を作ることができます。すのこは押入れの下の部分だけでなく、壁側に立てることで壁側にもすき間を作れます。

押入れの中に除湿剤を入れてカビ対策

出典: https://plaza.rakuten.co.jp

簡単に湿気を除去したいなら押入れの中に除湿剤を入れる方法があります。除湿剤は消臭効果付きの物もあるのでカビの臭いも防いでくれます。除湿剤はスーパーやドラッグストアで売っていて、値段も数百円ほどで手に入ります。臭いも取って湿気を除去してくれる除湿剤をカビ対策として利用してみましょう。

押入れをこまめに換気してカビを防止する

出典: http://www.sako-kt.co.jp

押入れのカビを防止するにはこまめに換気して湿気を追い出すのが一番です。押入れに用事がなくても1日に1回は開けておくようにしましょう。また仕事に出かけて家に誰もいなくなるなら、押入れを開けっぱなしにして出掛けてもいいでしょう。だれに見られる訳でもありません。

押入れの下段に物を置かないカビ対策

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

押入れは下に湿気がたまるので下の段に物を置かないという方法があります。ただし何も置かないのではなく大きなものを置くだけや、少しだけしか置かないのも湿気対策になります。押入れに物を詰めすぎると臭いもこもるのでよくありません。

押入れの掃除の日を決める

出典: http://www.mizu-support.com

押入れはめったに掃除しないのでいつ掃除したのかも忘れてしまいます。そんな時は押入れの掃除の日を決めてしまうのがいいでしょう。一番いいのが年に2回の衣替えのときに掃除するという方法です。春と秋なら暑くも寒くもないので苦になりません。そして押入れの中身を出したついでに掃除すれば手間もかかりません。

バイオの力でカビ対策をする

出典: https://gootre.blog.so-net.ne.jp

バイオは抗菌物質によってカビの発生を防止してくれる微生物です。自然の生物なので環境にやさしく人体に影響がありません。バイオはすでにある菌を死滅させるのではなく、菌の発生や発育を防止する効果があります。消臭効果で押入れの臭いも防いでくれます。バイオはカビ対策にとても向いています。

カビ対策グッズを利用してカビを除去

出典: https://www.ryutsuu.biz

ホームセンターや100円ショップにいくとたくさんのカビ対策グッズを売っています。湿気を取るシートやクローゼットに掛けて使う湿気取り、臭いも防ぐカビ防止グッズなど見ていて楽しくなります。そんなカビ対策グッズを利用してみるのもいいでしょう。一度お店を覗いてみてください。

備長炭を置いて湿気も臭いも除去

出典: http://www.hinomarusangyo.com

備長炭もカビ対策グッズとして広く売られています。特に備長炭は除湿効果にくわえて消臭効果があるのでカビの臭いを防いでくれます。備長炭はシートになっているものもあるので押入れの下に敷き詰められます。また備長炭は持ちがいいので半永久的に臭いを取ったり除湿したりしてくれます。

ふすまを取り外してカーテンにする

出典: https://bati77.exblog.jp

押入れの湿気を防止するにはふすまを外してカーテンにするというのもいいアイデアです。湿気がこもらないのでカビ対策にはもってこいの方法です。おしゃれなカーテンやブラインドを使えば、湿気を除去しながら部屋のインテリアも楽しめます。ふすまを外すことで嫌な臭いも気になりません。

扇風機を押入れに向かってあてる

出典: https://limia.jp

押入れの湿気を除去するには押入れに向かって扇風機をあてる方法があります。押し入れの両側を開けて片側から扇風機の風を入れれば、反対側から風が出て空気の流れを作ることができます。またふすまを外して押入れ全体に首を振って風をあてるのもいいでしょう。これでカビを防止できます。

押入れに向かって除湿器をかける

出典: http://kakaku.com

除湿器を持っている場合は押入れに向かって除湿器を掛けるというのもいい方法です。除湿器はお風呂で使うだけでなく、どこでも使うことができます。押し入れの前で使えば押入れの湿気を除去してカビを防止できます。ぜひ使ってみましょう。

エアコンの除湿を使ってカビ防止

出典: https://www.seikatsu110.jp

押入れのある部屋にエアコンがあったらエアコンの除湿機能を使いましょう。エアコンの除湿機能は部屋全体の湿度を下げてくれます。エアコンで除湿しながら押入れのふすまを開けておけば押入れの湿気も除去してくれます。エアコンの除湿機能はカビ防止にとても役に立ちます。

換気扇を回して臭いも湿気も取り除く

出典: http://sumai.panasonic.jp

エアコンも扇風機も無いという場合はキッチンの換気扇を回す方法があります。キッチンの換気扇は料理をする時だけ使うわけではありません。換気扇を回して押入れの部屋の窓を開けておけば部屋の空気を運んでくれます。部屋に空気の流れを作って押入れの湿気を除去しましょう。

雨の日は窓を開けずに湿気を防止

出典: http://www.hisano-ikkyu.jp

部屋の湿気を取るには窓を開けて空気を入れ替えるのが良いのですが、雨の日は違います。雨の日に窓を開けると外の湿気が部屋の中に入ってきてしまうので逆効果になります。雨の日は窓を閉め、押入れのふすまも締めて湿気を防止しましょう。

Thumb窓サッシの掃除方法まとめ!簡単にカビや汚れを落とすコツとは?

押入れのカビの臭い防止にはクエン酸や重曹が効く!

クエン酸はカビの臭い取りができる?

出典: http://shop.satsudora.com

クエン酸は酸の力で菌を殺菌します。カビ臭い場所をクエン酸で拭き取れば、カビ菌を殺菌してカビの臭いも防いでくれます。クエン酸がどんなものか分からないという方は、お酢を想像してもらうと分かりやすいです。クエン酸でカビを拭き取れば殺菌するので、新たにカビが生えるのを防止する効果もあります。

クエン酸は弱い酸性なので子どもに安心

出典: https://ecoeco-taizen.com

クエン酸は弱い酸性なので子供が触っても安心です。カビ取り剤のように触ると危険な液体ではないので、小さいお子さんの相手をしながらでも掃除ができます。クエン酸は押入れのカビに限らずお風呂のカビやキッチンの汚れにも活躍しています。どこで使っても環境にやさしいので安心です。

クエン酸スプレーでカビ対策

出典: https://www.seikatsu110.jp

クエン酸は白い粉状なのでそのままで使うのではなくスプレーにして使います。スプレーボトルに水を200ml入れたらクエン酸を小さじ1入れます。スプレーボトルを良く振ったらクエン酸スプレーの出来上がりです。カビの除去にはこのスプレーを吹き掛けて使います。

クエン酸はひどいカビは除去できない

出典: https://www.sanikleen.co.jp

クエン酸はできたばかりのカビや白いカビには効果的ですが、黒カビなどのひどいカビは除去できません。そのため頑固なカビ掃除のときはクエン酸を使うのはやめましょう。黒カビや根の生えたカビには塩素系漂白剤などの強い洗剤を使うしかありません。

クエン酸はカビ予防と考えよう

出典: https://www.sanikleen.co.jp

クエン酸は頑固なカビを退治するというよりは、殺菌効果でカビを予防すると考えましょう。カビが生えていた場所やこれからカビが生えそうなところにスプレーしておけば新たなカビを防ぐことができます。押入れを掃除した時などにカビ防止として使いましょう。

重曹はカビの臭い取りができる?

出典: https://vivaonline.vivahome.co.jp

重曹もクエン酸と同じように白い粉状です。見た目はクエン酸と似ていますが重曹には消臭効果があるのでいやな臭いを取り除く効果があります。そのため重曹は湿気取りのほかに押し入れや下駄箱などの臭い消しとしてもよく使われます。

重曹は弱アルカリ性なので子どもに安心

出典: https://www.kajitaku.com

クエン酸が酸性なのに対して、重曹は弱アルカリ性です。カビ取り剤に強いアルカリ性が使われるので心配されるかもしれませんが、重曹は弱アルカリ性なので安心です。自然素材なので小さいお子さんが触ってももちろん大丈夫です。

重曹には菌の除去はできない

出典: https://cojicaji.jp

重曹は消臭効果はありますが、殺菌効果はないのでカビ菌を殺菌することはできません。ですがカビの掃除には使うことができます。クエン酸とおなじようにスプレーをカビに吹き掛けて掃除する方法と、カビのひどい場所に粉のまま振りかけて掃除する方法があります。

重曹スプレーでカビ対策

出典: https://general.kenei-pharm.com

重曹は水に溶けにくいので重曹スプレーを作るときはぬるま湯を使います。スプレーボトルにぬるま湯200ml入れたら重曹を小さじ2杯入れてよく振ります。これで重曹スプレーは出来上がりです。カビの生えた場所にスプレーしてカビを掃除しましょう。

重曹はカビ予防と考えよう

出典: https://curama.jp

重曹は殺菌作用がないのでカビ菌を殺菌することはできません。ですが静菌効果があるのでカビの増殖を抑えることができます。これはバイオに似ています。そのため重曹もカビ菌を予防することができると考えましょう。

押入れの中に重曹を入れて湿気を防止

出典: https://www.sawai.co.jp

重曹は消臭効果があるのでお皿などに入れて押入れの中に入れておけば嫌な臭いを防いでくれます。また重曹の粉が湿気も吸ってくれるので除湿もOKです。さらに重曹にアロマオイルを垂らせば芳香剤にもなります。アロマオイルには殺菌効果がある物があるので、重曹と合わせることで殺菌も菌の増殖も防ぐことができます。

アロマオイルで押入れのカビ菌を殺菌する

出典: https://aromalifestyle.tokyo

Thumbベランダ掃除の方法とコツをまとめて紹介!重曹やブラシでピカピカになる?

押入れのカビ取り方法と予防・対策方法まとめ!

押入れのカビの原因にはいろいろなものがありました。ですがカビを防止するには湿気を防ぐのが一番です。今回紹介した方法を使ってカビの除去や予防をしていきましょう。そしてきれいな押し入れで気持ちよく過ごしてください。

出典: http://www.joshi-karada.jp

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ