結婚式の人数の平均とは?両家のバランスや決める方法・費用などまとめ!

結婚式を挙げることが決まった時にまず気になることが結婚式に招待する人数です。結婚式に招待する人数と費用のイメージが全くなければ、結婚式の会場を選ぶこともできません。今回は結婚式に招待する人数やバランスを決める方法、また費用について解説していきます。

結婚式の人数の平均とは?両家のバランスや決める方法・費用などまとめ!のイメージ

目次

  1. 結婚式のゲストの招待人数にお悩みではありませんか?
  2. 結婚式に招待するゲストの平均人数について紹介!
  3. 結婚式の人数に決まりはない!
  4. 結婚式にかかる費用の平均は?人数別で紹介!
  5. 結婚式のゲストをバランスよくスムーズに決める方法を紹介!
  6. 結婚式のゲストの平均人数のまとめ

結婚式のゲストの招待人数にお悩みではありませんか?

出典: https://wome.jp

結婚式を挙げることが決まると親族や友人、会社関係者などの中からどこまでを結婚式に招待すればいいのか人数に悩む方は多くいます。一般的な招待人数の平均を知ることで、自分たちの結婚式に招待する人数を決める方法の参考にもなります。そこで今回は結婚式の招待人数の平均と両家のバランス、また結婚式にかかる費用について詳しく紹介していきます。

結婚式に招待するゲストの平均人数について紹介!

招待人数により会場選びも決まる

出典: https://kyoto-bridal.com

結婚式を挙げる場合に、まずしなければいけないのが結婚式の会場をおさえることです。なるべく早く招待する人数、結婚式にかける費用、また結婚式を挙げる場所や時期を決め、結婚式の会場をおさえなければ、人気の会場は希望の日取りを予約することが難しくなります。

出典: http://wedding-knack.info

結婚式の会場をおさえた後に結婚式に招待したい人数が会場に入りきらないとなると、また一から結婚式の会場を探すことになります。そのような事態を避けるために、結婚式の会場を決める方法としてまず招待する人数は初めにある程度決めておくと準備がスムーズにすすみます。

平均人数は70.2人

出典: https://wedding.gnavi.co.jp

結婚式に招待する人数は全国平均で70.2人となっています。これは全国の平均人数になるので、目安にはなりますが、地域によっても招待する人数の平均は変わってくるので、あまりこだわりすぎる必要はありません。

ゲストの関係性別の平均人数

出典: http://lovemo.jp

結婚式に招待するゲストの人数のバランスの平均は、親族35%、友人35%、職場関係、その他30%の割合になります。招待客が70人の場合、人数を具体的な数字で表すと親族24.5人、友人24.5人、職場関係、その他21人となります。この人数は新郎新婦のゲストを合わせた数になるので、別々に考える場合はこの半分の人数で考える必要があります。

ゲストの平均人数は地域によって差がある!

出典: https://chainonwedding.jp

結婚式に招待する人数の平均が最も多いのは一体どこの地域でしょうか。それは青森、秋田、岩手です。人数は100.9人となっています。関東方面では結婚式に招待する人数は100人を超えることも多々あり、東海や関西方面では招待する人数は60人程度が一般的となっています。

Thumb結婚式を家族や身内だけで行う場合の予算や費用相場は?内容や流れなど紹介!

結婚式の人数に決まりはない!

結婚式に招待したい人をリストアップする

出典: https://www.kj-navi.com

結婚式に招待する人を決める方法として、結婚式会場の収容人数を超えないようにすること、両家のバランスを考えた時に人数の調整が必要な場合もあることから、まず必ず招待したい人を考え、次にできれば招待したい人と分けて考えておくと後で困ることが少ないです。

出典: https://www.cocosab.com

また必ずしも招待状を出した方全員に出席してもらえるとは限らないので、結婚式の招待状を送る前に日程を連絡し、出席できるかどうかを確認しておくと、人数が大幅に減るといった事態を避けることができます。

両家のゲストのバランスを考える

出典: https://matome.naver.jp

結婚式の人数のバランスは同程度にする方が半数を占めますが、親戚の人数がもともと少なかったりと調整することが難しい場合もあります。人数の差がある場合でも6:4ぐらいの割合で調整できれば気になりませんが、どうしても差が出てしまう場合は、席の配置などを決める方法を工夫することで人数差を目立たないようにすることができます。

ゲストの人数が多ければいいわけではない

出典: https://www.mwed.jp

結婚式に招待する人数を増やすとお祝いをいただける金額が増え、その分結婚式の費用が助かりそうですが、それを目当てにそれほど親しくない方を結婚式に無理に招待することは、相手にとってもお祝い目当てや人数合わせと思われてしまう可能性があるのでやめておいた方がいいでしょう。

出典: https://www.ikk-wed.jp

また結婚式に招待する人数が多いほど結婚式が盛り上がるというわけではありません。少人数の場合はアットホームな雰囲気で堅苦しくならず、ゲスト一人一人が新郎新婦との会話を楽しむこともできます。盛り上がりが心配な場合はサプライズ演出など工夫することで、少人数の結婚式も盛り上げることができます。

親族のみの結婚式

出典: https://www.mwed.jp

家族や親族のみで結婚式を挙げる場合は、人数が30人以下の少人数結婚式となります。少人数の場合、新郎新婦と同じテーブルにゲストも座り会話を楽しむこともでき、ゲスト一人一人に一言メッセージをもらうなど、和やかで心の温まる結婚式にすることができます。

ゲストの人数が多すぎる場合は?

出典: https://www.kekkonsikijo.jp

親戚の人数が多い場合や付き合いの広い新郎新婦の場合は、招待したい人数が結婚式の会場の収容人数を上回ってしまうことがあります。このような場合、全員を結婚式に招待することは難しいので、結婚式とは別に結婚パーティを開くという選択があります。

二次会に招待する

出典: https://mens-modern.jp

結婚式の後に開かれるのが二次会ですが、結婚式に招待できなかった友人や職場の関係者を二次会に招待するということは一般的によくあることです。ただし二次会にだけ招待するということで、相手に不快な思いをさせないために、二次会への招待の連絡はなるべく早い時期にするなどの気遣いを忘れないことが大切です。

1.5次会をする

出典: https://www.restaurant-wedding.com

結婚式を少人数で行ったり、地元から遠く離れた場所で結婚式を挙げた場合に、後日1.5次会を開くことがあります。1.5次会とは結婚式ほど形式にこだわらず、2次会ほどカジュアルではない、多くの場合がご祝儀をいただくのではなく、会費制で行われるパーティです。結婚式を親族などの少人数で挙げた場合におすすめなスタイルです。

Thumb結婚式1.5次会の基本的な流れとは?服装や会費・準備など解説!

結婚式にかかる費用の平均は?人数別で紹介!

結婚式にかかる費用と人数の関係

出典: https://wecolle.jp

結婚式にかかる費用は料理の数や引き出物の数も含まれることから、招待する人数によって増加します。平均としては人数が10人増えると30万円~50万円費用が多くかかる計算になりますが、招待する人数が増えることでご祝儀の金額も増えるので、新郎新婦が支払う結婚式の費用の負担がただ増えるというわけではありません。

ゲストの人数が10人~30人の場合の結婚式にかかる費用

出典: http://blog.livedoor.jp

ゲストの人数が家族だけの場合10人ほどの結婚式となり費用の平均は50万円~60万円となります。ゲストに家族プラスその他の親族も加えた場合の人数は20人ほどになり費用の平均は100万円~120万円となります。ゲストの人数を30人ほどにすると親族と親しい友人のみの結婚式になり費用の平均は150万円~200万円となります。

出典: https://wedding.positive-dream-persons.com

このようなゲストの人数が10人~30人ほどの結婚式の場合は食事会と演出を少し取り入れた形となりますが、食事をせず、挙式だけにした場合は費用はもっと抑えられ、平均20万円~40万円ほどで結婚式を挙げることができます。

ゲストの人数が40人~50人の場合の結婚式にかかる費用

出典: http://www.mariage-yoshino.com

親族、親しい友人プラス職場の関係者も招待した場合はゲストの人数が40人ほどになり、結婚式にかかる費用の平均は180万円~220万円程度になります。人数が50人ほどの場合は一般的な結婚式の形となり、結婚式にかかる費用の平均は220万円~270万円程度になります。

ゲストの人数が60人の場合の結婚式にかかる費用

出典: https://www.mwed.jp

人数が60人ほどの場合は全国の平均人数と比べると少ないですが、結婚式を挙げる中で2番目に割合の多い人数となります。60人になると会場の選択肢が広がり、ゲストハウスを貸切ることも可能です。結婚式の費用の平均は250万円~310万円程度になります。

ゲストの人数が70人~80人の場合の結婚式にかかる費用

出典: https://www.anges-nagoya.com

結婚式での一般的な平均人数となるゲストが70人ほどの結婚式の場合、かかる費用の平均は300万円~350万円となります。大人数となるゲストが80人ほどの場合は結婚式にかかる費用は300万円~420万円となります。人数が増えるほど地域によっての結婚式にかける費用の差も大きくなります。

人数が100人規模の結婚式にかかる費用

出典: https://www.compal.co.jp

結婚式のゲストの人数を100人ほどとした場合の結婚式にかかる費用は400万円~600万円となっています。大人数の場合は料理と引き出物の一人当たりの金額の変動により結婚式にかかるトータルの費用が大幅に変わってきます。

出典: https://www.kekkonsikijo.jp

ゲストの人数が100人となると大人数で大規模な結婚式と感じる人も多くいますが、青森、秋田、岩手の東北地方ではゲストの平均人数が100.9人、また九州地方では平均人数が95.1人と100人規模は一般的な結婚式の人数となっています。結婚式に招待する人数は地域によって大きな差があります。

結婚式にかける費用は何にこだわるか

出典: https://smakon.jp

結婚式にかける費用はそれぞれのこだわりによって変わります。ゲストに喜んでもらえるように料理にこだわる人、演出にこだわる人、記念に残る映像や写真にこだわる人、一生に一度のウエディングドレスやカラードレス、和装といった衣装にこだわる人それぞれいます。

出典: http://gay-wedding-japan.com

結婚式の費用を決める方法は、自分たちのこだわりと結婚式にかけられる費用とのバランスを考えながら、結婚式のプランを練っていく必要があります。オプションの追加などによって費用はどんどん増えるので、費用を抑える努力も必要です。

結婚式費用の全国平均

出典: https://www.mwed.jp

結婚式の全国平均を見ると70人程で挙げる結婚式の費用は300万円~350万円ほどとなっていますが、地域によって招待する人数や結婚式にかける費用には差があるので、結婚式の人数や費用を決める方法として、自分たちの結婚式を挙げる地域での平均を参考にすることも大切です。

首都圏の場合

出典: https://marry-xoxo.com

首都圏での結婚式にかかる平均費用は370万円程度となります。招待する人数の平均は64.4人で全国の平均を下回っていますが結婚式にかける費用は高く、首都圏では結婚式の費用をかけるところはかけ、削るところは削るというメリハリをつけ、結婚式の費用のバランスを考えている方が多いです。

出典: http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com

結婚式で自分たちにかける費用の多少の変動は大きな金額の変化にはなりませんが、ゲストにかける料理や引き出物は一人当たりの金額の上がり下がりによって結婚式にかかるトータル費用が大きく変わってきます。結婚式にかける費用を決める方法はゲストにも楽しんでもらえるおもてなしをするため、お金をかけるところ削るところのバランスが重要です。

東海エリアの場合

出典: https://jwpa.exblog.jp

一昔前は東海エリアの名古屋の結婚式は派手であるということが有名でしたが、最近では名古屋の結婚式にかける費用は平均的なものとなっています。ただし招待する人数の平均が他のエリアと比べ少ないため、結婚式にかけるトータルの費用は同じですが、ゲスト一人一人にかける金額が高い傾向にあります。

関西エリアの場合

出典: https://www.mwed.jp

関西エリアでの平均は285万円と全国の平均よりも安い金額となっています。関西エリアの特徴として一人当たりにかける料理の金額は他のエリアの平均に比べ高いことから、結婚式の費用を決める方法として、ゲストに喜んでもらえるよう料理にこだわっている方が多い傾向となっています。

北海道で主流の会費制の結婚式

出典: https://saigonosonae.com

北海道ではご祝儀を受け取らない会費制の結婚式が多いため、結婚式にかかる費用は全国平均と比べてかなり安く平均で200万円程度となっています。会費制での結婚式の人数は平均80人~100人ほどと大人数ですが、一般的に結婚式の後に開かれる二次会も会費制となるため、二次会への参加人数は他の地域に比べて減る傾向にあります。

Thumb結婚式に掛かる費用とは?相場や内訳・自己負担額を抑えるポイント紹介!

結婚式のゲストをバランスよくスムーズに決める方法を紹介!

結婚式の会場を選ぶ時期

出典: https://w-navi.jp

結婚式の会場を選ぶ時期は約半数の方が半年前に結婚式の会場を予約し、希望日に希望の会場で結婚式を挙げたい場合は1年以上前から予約する方も多くいます。結婚式の準備をするためには半年がスケジュール的にちょうどいいですが、結婚式の日取りと会場にこだわりがある場合には早めに結婚式の会場をおさえる必要があります。

結婚式の会場の選び方

出典: https://marry-xoxo.com

招待人数から結婚式の会場を考える場合には、その会場に置けるテーブルの最大の数と、一つのテーブルに座れる最大の人数が重要になります。その会場での最大の人数で選んだ場合は、余興などの演出に使えるスペースがきちんと確保できるかどうかも確認する必要があります。

どんな結婚式にしたいかを決めておく

出典: http://ravir-kanazawa.com

結婚式の準備をスムーズに進めるためにはまず、どんな結婚式にしたいかを二人で考えておく必要があります。結婚式のスタイルを決める方法として、落ち着いた雰囲気の正統派の結婚式やアットホームな雰囲気の結婚式、また型にとらわれないカジュアルな自分たちオリジナルの結婚式など自分たちの希望をあらかじめ決めてくことで演出を絞りやすくなります。

お互いの両親に結婚式について相談する

出典: https://www.petitwedding.com

お互いの両親に結婚式の日取りや開始時間、親戚をどこまで招待するかといった人数について、また結婚式の会場の立地など遠方からのゲストや年配の方が結婚式の会場へ来るのに困らないようにするなど、お互いの両親の希望をバランスよく取り入れることで結婚式の準備もスムーズに進みます。

出典: https://marry-xoxo.com

結婚式の料理についても、親戚に食事制限があるなど配慮する必要がある場合もあるので、あらかじめ両親に相談しておくといいでしょう。また引き出物は地域や親族の間で昔からの決まりがある場合もあるので、自分たちだけで決めてしまわず両親に相談しておくと安心です。

式場の収容人数を必ず確認しておく

出典: https://www.ozmall.co.jp

結婚式の会場の収容人数は、会場に入れるぎりぎりの人数を招待してしまうと余興などを狭いスペースでしなければならなくなったり、ちょっとした移動の際にも動きずらくゲストにも窮屈な思いをさせてしまうことになります。会場を決める方法として招待する人数での会場の雰囲気はどうなるか、ゲストがゆったりできるかどうかを確認しておくことが必要です。

出典: https://www.ittengo.com

気に入った会場が招待したい人数の全員が入るとぎりぎりの場合には、少し広い会場に変更することも考えなければいけません。テーブルの数によっても会場が窮屈な印象になるかどうかが変わってきます。結婚式の会場を決める方法は招待する人数と一つのテーブルを囲むグループ分けのバランスにも関わりがあります。

同じテーブルに座るゲストの組み合わせ考える

出典: https://wedding.gnavi.co.jp

一つのテーブルに対する人数が多すぎても少なすぎてもいけないので、一つのグループに対して必ず一つのテーブルを用意できるわけではありません。知らない人同士が同じテーブルになる場合には性格などの相性も考え、できる限りゲストが結婚式を楽しめる組み合わせにすることが大切です。

Thumb結婚式の準備期間は?スムーズに段取りするためのリストまとめ!

結婚式のゲストの平均人数のまとめ

出典: https://marry-xoxo.com

結婚式に招待するゲストの人数は地域によって大きく差があります。招待する人数に決まりはないため、自分たちの理想の結婚式をイメージすることで、招待する人数を決めることができます。そこから両家の人数のバランスや費用を考えていくことで、一生の思い出に残る結婚式を挙げることができるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ