赤ちゃんの10ヶ月の生活リズムは?離乳食の注意点や成長の変化など紹介!

赤ちゃんの10ヶ月の生活リズムについて、具体的に解説を行っていきます。赤ちゃんは日に日に成長していきますが、10ヶ月のタイミングでの生活リズムを把握しておくことが重要です。離乳食に関する注意点や成長の変化についても、具体的にご紹介していきます。

赤ちゃんの10ヶ月の生活リズムは?離乳食の注意点や成長の変化など紹介!のイメージ

目次

  1. 赤ちゃんの生後10ヶ月の生活リズムとは?
  2. 赤ちゃんは生後10ヶ月どのくらい成長している?
  3. 赤ちゃんの生後10ヶ月の特徴とは?
  4. 赤ちゃんの生後10ヶ月の離乳食の注意点とは?
  5. 赤ちゃんの生後10ヶ月の睡眠時間は?
  6. 赤ちゃんの生後10ヶ月の遊び方は?
  7. 赤ちゃんの生後10ヶ月の育児ポイントとは?
  8. 赤ちゃんの生後10ヶ月の生活リズムのまとめ

赤ちゃんの生後10ヶ月の生活リズムとは?

出典: https://akachanikuji.com

赤ちゃんの10ヶ月の段階の生活リズムに注目して、どういった成長過程を遂げていくのか具体的にご紹介していきます。赤ちゃんは日に日に成長していきますが、10ヶ月には10ヶ月なりの生活リズムがあります。その生活リズムを抑えた上で、適切な対応を取っていくことが求められます。身長や体重の変化も含めて、10ヶ月の生活リズムを確認しましょう。

赤ちゃんは生後10ヶ月どのくらい成長している?

身長や体重

出典: https://akachancare.com

まず、赤ちゃんの10ヶ月の段階における身長や体重についての確認を行っていきます。身長に関しては、10ヶ月の段階で66.5cmから77.4cmほどに成長していることが多くなります。体重は6.86kgから10.59kgといった間で推移することが多くなります。身長についても体重についても目安の数値です。赤ちゃんによって個人差が出てくることもあります。

男の子と女の子の身長

出典: https://ameblo.jp

また、男の子の場合と女の子の場合でも身長に差が出てきやすくなります。男の子の赤ちゃんの場合は、10ヶ月の段階で68.4cmから77.4cm程度になることが多いです。一方で、女の子の場合は66.5cmから75.6cmくらいに成長することが多くなります。赤ちゃんも10ヶ月の段階から男女差が出てくることも認識しておくことで、成長を見守りやすくなります。

体重も男女間で差が出る

出典: https://mamasup.me

一方で、体重に関しても男の子と女の子では差が見られるようになっていきます。男の子の場合は7.34kgから10.59kg、女の子の場合であれば体重が6.86kgから10.06kgくらいになることが多いです。身長も体重も男の子と女の子では差が見られるようになっていきます。また、10ヶ月くらいになると、ふっくらとした体型から変わってくる頃でもあります。

体重が落ち着くことも

出典: https://akasugu.fcart.jp

それまではふっくらとした赤ちゃん体型だったのが、徐々にしっかりとした幼児体型に変わってくるのも10ヶ月の頃の特徴と言えます。赤ちゃんも10ヶ月頃になってくると運動量が増えてきて、日中に動き回る機会が多くなっていきます。それでも食事量はそれほど変わることがありません。そのため、体重については一定のところで落ち着く傾向が見られます。

体重が増えなくても心配不要

出典: https://www.youtube.com

したがって10ヶ月の頃の赤ちゃんの体重がさほど増えていなくても、あまり心配する必要はありません。上記でご紹介したような体重の範囲内に収まっている場合は、正常な体重と言うことができます。離乳食を全く食べないといった事態では心配が必要となります。しかし、そうでなければ日中の運動量が増えたことで体重が落ち着いたと考えれば大丈夫です。

他の赤ちゃんと比べなくて良い

出典: http://bonyoro.blog133.fc2.com

体重に関してはだいたいの目安として、男の子も女の子も7kgから10kg前後になると認識しておけば問題ありません。また、身長については70cm前後であれば正常に成長していると考えることができます。あまり他の赤ちゃんと比べることなく、自分の赤ちゃんのこととして捉えることが重要です。そうすることで、必要以上に心配することもなくなります。

Thumb赤ちゃんの3ヶ月のお世話のポイントは?過ごし方や服装などまとめ!

赤ちゃんの生後10ヶ月の特徴とは?

特徴の理解も大切

出典: https://mamari.jp

10ヶ月の赤ちゃんについて、身長や体重の成長について具体的にご紹介してきました。10ヶ月にもなると赤ちゃんの運動量が増えてくることを認識しておくことが重要です。そうすることで、体重が増えないことを心配する必要もなくなっていきます。ここからは、赤ちゃんの10ヶ月の特徴について紹介していきます。具体的な特徴を理解することも大切です。

言葉が出始める

出典: https://cawaiku.com

まず、赤ちゃんの10ヶ月の段階の特徴としては、言葉が出始めるという点を挙げることができます。ママのことを「まんま」と呼び始める時期でもあり、言葉らしいものを発することが多くなります。毎日繰り返して使うような言葉については、意味の理解も始まっていきます。お風呂に入ろうなどと毎日声をかけることで、その意味を理解するようになります。

つたい歩きを始める子もいる

出典: https://rirerire.net

10ヶ月の赤ちゃんの特徴としては、つたい歩きを始める子も出てくるという点を挙げることができます。生後10ヶ月になってくると、赤ちゃんは活動的になり運動量も以前よりも増えていきます。その結果として、椅子や棚などにつかまってつかまり立ちをすることもあります。場合によってはそのまま左右の足を出して、つたい歩きをする赤ちゃんもいます。

普通に歩けるわけではない

出典: https://feature.cozre.jp

つたい歩きと言っても、まだまだ普通に歩けるような状態ではありません。2歩や3歩程度歩いたら、そのままはいはいに戻ってしまう赤ちゃんも多いです。また、つたい歩きをしてから再び座る姿勢に戻ることができなくなって、泣き出してしまう赤ちゃんもいます。焦らずじっくりと赤ちゃんの成長を見守ることが大切であり、無理をさせないことが重要です。

1人遊びを始める

出典: https://kosodatebaby.com

さらに赤ちゃんの10ヶ月の時期の特徴として、1人遊びを始める時期でもあると言うことができます。それまではパパやママが相手をしてくれないとなかなか遊ぶことがありませんでしたが、10ヶ月にもなると1人で遊びを始めるようになるのです。10ヶ月頃には赤ちゃん用のおもちゃや知育ゲームなどを用意しておけば、1人で遊び始めるケースも多いです。

後追いが激しくなる

出典: https://feature.cozre.jp

赤ちゃんの生後10ヶ月の特徴としては、後追いが激しくなるという特徴も挙げることができます。生後10ヶ月になるとハイハイのスピードも上がっていき、前に向かったり後ろに向かったりと自由に移動することができるようになっていきます。その結果として後追いも激しくなってくるのです。何かにぶつかることもあるので、見守っておくことが大切です。

いつでもママを探そうとする

出典: https://akachancare.com

10ヶ月の時点では自由自在にハイハイできるようになるので、いつでもどこでもママを探そうとする傾向も見られてきます。ママの姿が見えなくなるとすぐに不安になってしまうことも多いです。そのため、泣き出してしまう赤ちゃんも増えてきます。これはママに対する信頼感が高まっている証拠でもあるので、たくさんスキンシップを取るのがおすすめです。

下の前歯が生える

出典: https://select.mamastar.jp

生後10ヶ月にもなってくると行動的な部分の特徴も大きくなっていきますが、さらに、身体的な部分の成長も見られるようになっていきます。歯に関しては、生後10ヶ月頃に下の前歯が生えてくるようになります。下の前歯が2本生えてきて、乳歯の前歯が揃うことになるのです。最終的に乳歯が揃ってくるのは、2歳半から3歳頃の時期にかけてとなります。

バイバイやばんざいをする

出典: https://www.youtube.com

さらに生後10ヶ月頃の赤ちゃんの特徴としては、バイバイやばんざいなどをするようになっていきます。赤ちゃんに手を振りながらバイバイと話しかけてあげることで、赤ちゃんもそれを真似するようになっていきます。ばんざいに関しても同様です。意味を理解していないこともありますが、大人がやることに対して真似をする習慣が身についてくる時期です。

生後10ヶ月で小さいものがもてる

出典: https://www.pikbee.com

また、生後10ヶ月の段階の赤ちゃんは、手先が器用になって小さなものもつかめるようになっていきます。スプーンやフォークなども持てるようになってくる時期であり、それらを使って食べることができることもあります。まだきれいな食べ方ができなくても、物を持つ力がついてくるのです。少しずつ重たいものも持てるようになってくる時期でもあります。

赤ちゃんの生後10ヶ月の離乳食の注意点とは?

離乳食の注意点も確認

出典: https://mai-hina.blog.so-net.ne.jp

生後10ヶ月の赤ちゃんの特徴について、具体的にご紹介してきました。生後10ヶ月にもなってくると赤ちゃんの行動や発言もそれまでと変化していきます。そうした変化を楽しみつつ温かく成長を見守ってあげることが大切です。それでは生後10ヶ月の赤ちゃんの離乳食についても見ていきます。注意点も確認しつつ、離乳食についても理解していきましょう。

1回あたりの離乳食の量の目安は?

出典: https://cookpad.com

まずは、10ヶ月の赤ちゃんの1回あたりの離乳食の目安について確認していきます。生後10ヶ月の赤ちゃんについては、離乳食の後期にあたる時期です。ご飯や軟飯に関しては、80gから90g程度が目安となります。子供茶碗に換算すれば、1杯程度が目安量です。離乳食の野菜や果物は30gから40g程度が目安です。この辺の数字を意識することが重要です。

生後10ヶ月の赤ちゃんのタンパク質の目安量

出典: https://kidsna.com

さらに、タンパク質に関しても、離乳食を通して適量を食べてもらうことがポイントです。どれでも1品赤ちゃんに食べてもらうことができれば十分です。肉や魚であれば15g、卵の場合は1/2個、豆腐であれば45g、ヨーグルトなどの乳製品であれば80gといった量が目安となります。赤ちゃんの健康も考えた上で、必要なタンパク質を与えることが重要です。

生後10ヶ月の赤ちゃんの様子を見ること

出典: https://www.youtube.com

上記でご紹介した離乳食の量に関しては、あくまでも目安として参考程度にしておくことが大切です。量にこだわりすぎて、あまりにも食べさせすぎてしまうと赤ちゃんの体調が悪くなってしまうこともあります。反対に、赤ちゃんによっては足りないこともあります。自分の赤ちゃんの様子を見つつ、その時に適した量の離乳食を与えることが求められます。

手づかみで食べる練習をさせる

出典: https://baby-me.net

10ヶ月の赤ちゃんと離乳食の関係については、手づかみで食べる練習をさせることもポイントです。生後10ヶ月にもなってくるとスプーンを使って離乳食を食べられる赤ちゃんも出てきます。それでもきれいに食べることができず、ダラダラとこぼしてしまうこともあります。まず手づかみできれいに食べられるように、赤ちゃんに練習させることが重要です。

パンやスティック野菜で練習

出典: https://mainichi.jp

手づかみで食べる練習をするためには、離乳食の他に、パンやスティック野菜などを与えてみるのが効果的です。あるいは、小さくカットした果物を与えてみるのもおすすめです。きれいに食べる習慣を身につけることで、今後の成長過程においても楽に食事ができるようになります。生後10ヶ月頃から徐々に食事に対する良い習慣をつけさせることが大切です。

栄養のバランスを考える

出典: https://hitorigurashi.org

また、生後10ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べる際の注意点として、栄養のバランスを考えることも考慮しておきたいポイントです。大人でも同じことですが、赤ちゃんはさらに繊細です。1日の栄養を考慮した中で、離乳食を与えていくことが重要です。炭水化物やミネラル、ビタミンやタンパク質といった栄養素のバランスを意識しつつ与えるのが賢明です。

味付けや形に変化を加える

出典: https://mamasup.me

毎回同じようなメニューを提供していると、赤ちゃんも飽きてきてしまうことがあります。それでも栄養バランスを意識させたいのであれば、同じ食材でも味付けや形を変化させて食べてもらうのが効果的な方法です。見た目に変化を与えるだけでも、赤ちゃんは別の食べ物だと認識するようになります。そうして栄養を補給してもらうのもおすすめの方法です。

味覚が成長してくる

出典: https://kosodate-style.jp

また、赤ちゃんも生後10ヶ月頃になってくると、味覚が成長してくる時期でもあります。そのため、食べ物や離乳食に対して好き嫌いが出てくることも少なくありません。嫌いなものを食べようとしないことも多くなります。その場合は、その他の食材で栄養をカバーすることも重要です。しばらく間を空けることで、以前と同じように食べることもあります。

市販の食材も上手く利用する

出典: https://hibaby123.com

離乳食も含めて栄養のバランスを取るという意味では、1週間程度でバランスが取れていれば問題ありません。ママとしても離乳食作りにストレスを抱えてくる時期でもあるので、市販の食材も上手く利用しつつ、赤ちゃんの栄養バランスを考えていくのがおすすめです。栄養の主体が離乳食であることは間違いありませんが、市販製品でカバーするのも賢明です。

赤ちゃんの生後10ヶ月の睡眠時間は?

正しい知識を持つこと

出典: https://mamanoko.jp

生後10ヶ月の赤ちゃんの離乳食について確認してきましたが、続いては10ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間についても確認していきます。食生活や日頃の生活の特徴についても変化の大きくなる生後10ヶ月ですが、睡眠時間に関する特徴についても正しく理解しておく必要があります。正しい知識を持って見守ることが、赤ちゃんの適切な成長につながっていきます。

1日の理想の睡眠時間は13時間程度

出典: https://mamapress.jp

生後10ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の理想として13時間程度という時間が目安となります。生後10ヶ月にもなってくると、昼夜逆転することも少なくなり、夜の時間帯にまとまって眠ることができるようになります。お昼寝は以前として継続しますが、夜に何度も起きることが少なくなります。基本的な生活リズムや生活習慣ができてくる時期でもあります。

赤ちゃんの生活リズムをサポート

出典: https://akachanikuji.com

生後10ヶ月になると昼夜逆転も少なくなっていきますが、赤ちゃんによっては昼夜逆転が改善されていないケースもあります。その場合は、赤ちゃんの欲求に従うのではなく、親が生活リズムを正しくなるようにサポートしてあげることが大切です。朝は早く起きて日中に行動をして、夜になると眠くなるような習慣作りをしてあげることが求められます。

お昼寝が1回になる子や夜泣きをする子も多い

出典: https://kidsna.com

生後10ヶ月の赤ちゃんについては、お昼寝が1回になるケースや夜泣きをする子も多くなるという特徴があります。まず、生後10ヶ月になってくると、それまで午前と午後に2回とっていたお昼寝の時間が1回になるということが多くなります。それが夜にまとめて寝てくれる理由にもつながるのです。午後にお昼寝をする場合は、長時間眠らないことも重要です。

お昼寝は1時間から2時間程度に

出典: https://kidsna.com

お昼寝の時間に関しては、1時間から2時間程度がベターだとされています。それ以上眠ってしまうと、夜になかなか寝付けなくなることもあるからです。そのため、ぐっすり寝ている状態からもぞもぞと動き出したら、その時点で起こしてあげることも賢明です。そうすれば、夜もスムーズに寝つくことができて生活リズムも規則正しいものになっていきます。

夜泣きも多い

出典: http://www.toikomama.biz

生後10ヶ月の赤ちゃんでは、夜泣きする子も多いのが特徴です。夜にぐっすりと眠ってくれれば問題ありませんが、赤ちゃんによっては夜泣きによって何度も起きるケースがあります。何らかの刺激やストレスを感じることによって、夜泣きが発生するのです。夜泣きを防止するためには、赤ちゃんの生活リズムを整えてあげることも有効な方法と言えます。

たくさん話しかけてあげる

出典: https://www.amoma.jp

赤ちゃんの生活リズムを整えてあげることで、夜に落ち着いて眠れるようになっていきます。また、寝ている間に刺激を与えないこともポイントです。寝かしつけをする際には、たくさん話しかけてあげることで、安心してぐっすりと眠ることができるようになります。夜は早めに寝て、朝は毎日同じ時間に起きるように調整していくことで、夜泣きも減ります。

赤ちゃんの生後10ヶ月の遊び方は?

遊び方も重要

出典: https://feature.cozre.jp

赤ちゃんの生後10ヶ月に関しては、睡眠に関する考え方やポイントについても理解を深めておくことが重要です。睡眠や食事をしっかりと取っていくことで、赤ちゃんの成長もしっかりとしたものに変えていくことができます。成長という意味では、遊び方もポイントになっていきます。生後10ヶ月の赤ちゃんにぴったりの遊び方についてご紹介していきます。

いないいないばあっ

出典: https://news.mynavi.jp

生後10ヶ月の赤ちゃんにぴったりの遊びとしては、「いないいないばあっ」を挙げることができます。大人や子供が顔を隠してぱっと見せることで簡単に遊ぶことができます。また、いないいないばあっの絵本も発売されており、人気があります。赤ちゃんの期待感やドキドキ感を刺激することができて効果的です。変顔をしてあげるのも効果的な遊び方です。

おもちゃはどこだ?

出典: https://kosodate-mikata.com

さらに、生後10ヶ月の赤ちゃんに最適な遊び方として、「おもちゃはどこだ?」を挙げることができます。赤ちゃんにあるおもちゃを見せてから、タオルやバケツなどでおもちゃを隠します。それから、「おもちゃはどこだ?」と赤ちゃんに合図してあげるのです。それを必死に探すことで、楽しみながらワクワク感も持たせることができておすすめです。

まねっこ遊び

出典: https://akachancare.com

生後10ヶ月の赤ちゃんにはまねっこ遊びもおすすめです。ばんざいやバイバイ、パチパチやぶーぶーなど、赤ちゃんでも簡単にできたり発音したりするものを真似してもらうことで好奇心を育むことができます。いろいろな仕草や動作をすることで、赤ちゃんもプラスの感情になります。面白いという心を育むことで、健やかな成長にもつながっていきます。

絵本を見せてあげる

出典: https://news.p-mom.net

生後10ヶ月の赤ちゃんに対して、絵本を見せてあげるのも効果的です。絵本は赤ちゃんの視覚を刺激するという意味でも効果的なアイテムです。生後10ヶ月の段階で赤ちゃんの五感を刺激してあげることが重要です。視覚の刺激には絵本が最適であり、知的好奇心も育むことができます。文字が書かれていなくても、絵を見せてあげるだけで効果があります。

赤ちゃんの生後10ヶ月の育児ポイントとは?

育児ポイントの理解

出典: https://feature.cozre.jp

生後10ヶ月の赤ちゃんには、いろいろな遊ばせ方によって成長を促進していくことがポイントです。さらに、生後10ヶ月の赤ちゃんの育児ポイントについてご紹介していきます。10ヶ月の段階では、まだまだ成長途上なところが大いにあります。適切に育ててあげることで、赤ちゃんも健康に成長します。そのポイントを理解して、実践するのが賢明です。

生活リズムを整える

出典: https://192abc.com

まず、生後10ヶ月の赤ちゃんに対しては、生活リズムを整えるようにサポートしてあげることが求められます。できれば朝8時頃までには朝ごはんを食べ終えているような生活リズムが最適です。夜については、21時までには寝ている状態を作るのがベストです。10ヶ月の頃から生活リズムを整えておくことで、その後の健康的な成長につながっていきます。

たくさん話しかける

出典: https://www.premama.jp

生後10ヶ月の赤ちゃんに対して生活リズムを整えることも重要ですが、たくさん話しかけてあげることもポイントです。10ヶ月の段階で言葉の意味を理解することは難しいですが、パパやママの言葉を聞いて記憶することはできるようになっていきます。毎日のように「おはよう」や「おやすみ」などと声をかけてあげることで、赤ちゃんも覚えていきます。

赤ちゃんの成長が促進される

出典: https://koarubiyori.jp

たくさん話して、赤ちゃんとコミュニケーションを取っていくことで、赤ちゃんの成長も促進されやすくなっていきます。10ヶ月では無理でも、徐々に言葉の意味を理解するようになっていきます。赤ちゃんが話せる言葉の量を増やしていくことで、より一掃コミュニケーションの幅も広がっていきます。同時に夫婦間でも会話をたくさんすることが大切です。

安全な環境作りが大切

出典: http://www.takamiko.jp

生後10ヶ月の赤ちゃんに対しては、安全な環境作りをしてあげることも重要です。10ヶ月にもなってくると、赤ちゃんの行動範囲も広がっていき、ハイハイをするスピードも早くなっていきます。そのため、地面に危険なものを置いておかないことも重要です。また、いろいろと飲んだり舐めたりすることも多いので、きれいな状態にしておくことが大切です。

生後10ヶ月の赤ちゃんを見守る

出典: http://picbear.xyz

タバコやライター、あるいは洗剤などは赤ちゃんの手の届く範囲におかないことが求められます。生後10ヶ月頃になってくると、子育てに対する油断も出やすくなっていきます。そうではなく、まだ10ヶ月なのだと気持ちを引き締めておくことが求められます。生後10ヶ月だからこその成長過程を楽しみつつ、赤ちゃんをしっかりと見守ることがポイントです。

Thumb赤ちゃんのお風呂の注意点は?入れ方や時間・便利なグッズなど紹介!

赤ちゃんの生後10ヶ月の生活リズムのまとめ

出典: https://itmama.jp

赤ちゃんの生後10ヶ月の生活リズムについて、具体的にご紹介してきました。赤ちゃんも生後10ヶ月になると、いろいろな面で成長が見られるようになります。食生活においても睡眠においても、遊びにおいても、10ヶ月の時期に相応しい対応をしてあげることが重要です。そのためにも生活リズムについて適切に認識して、適切に対応してあげましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ