スーツに合う靴下の選び方!ビジネスシーンでのマナーなどまとめ!

スーツに合う靴下の選び方と題して、適切な靴下の選び方について具体的にご紹介していきます。ビジネスシーンにおいては、一定のマナーも理解しておく必要があります。スーツに合う靴下の色も含めて、選び方について理解しやすい記事となっています。

スーツに合う靴下の選び方!ビジネスシーンでのマナーなどまとめ!のイメージ

目次

  1. スーツに合う靴下の選び方やビジネスシーンでのマナーを紹介!
  2. スーツに合う靴下の選び方を知ろう
  3. スーツに合う靴下の色は何がいい?
  4. スーツにくるぶしが見える靴下は大丈夫?
  5. スーツを着る女性の靴下はアリ?ナシ?
  6. スーツに合う靴下のおすすめは?
  7. スーツに合う靴下の選び方やマナーまとめ

スーツに合う靴下の選び方やビジネスシーンでのマナーを紹介!

出典: https://customlife-media.jp

スーツに合う靴下の選び方やビジネスシーンにおけるマナーについて、具体的にご紹介していきます。普段は何気なく選んでいる方も多いスーツの靴下ですが、しっかりとしたマナーや選び方を把握しておくことが求められます。ビジネススーツの着こなしとしても、恥ずかしくないようにしておくことが重要です。その選び方について具体的に確認しましょう。

スーツに合う靴下の選び方を知ろう

靴下は目立ってはいけない?

出典: http://shoes.bamboo-creation.jp

まず、スーツに合う靴下の選び方について確認していきます。スーツに合う靴下の考え方として、靴下が目立たないようにすることがポイントです。靴下の柄に関しても基本的には無地のものか目立たないものを履くのがビジネスマナーです。靴下は基本的に脇役に位置するものであり、派手な靴下や目立つ色の靴下を履くのはビジネスマナー違反とされています。

ストライプの靴下も避ける

出典: https://izilook.com

できるだけ無地のスーツには落ち着いた柄の靴下を履き、柄入りのスーツに対しては無地の靴下を合わせるといった工夫をすることもポイントです。無地のスーツに無地の靴下を合わせても問題ありません。控えめな柄の靴下といえども、ストライプの入った靴下はNGです。ストライプに関しては冠婚葬祭用で、モーニングコートと合わせるのがマナーです。

足元からフォーマルな印象を与える

出典: https://da-inn.com

また、できるだけ靴下を目立たせないようにするために、ブランドのロゴのワンポイントが入っている靴下も避けたいところです。プライベートでは問題ありませんが、ビジネスシーンにおいてはややカジュアルな印象を与えることにつながってしまうからです。ビジネスシーンでは足元からフォーマルな印象を与えることも重要なポイントであり、マナーです。

座った時に素肌が見えない靴下を選択

出典: http://www.suit-college.com

スーツに合う靴下の選び方としては、派手な印象を与えないものを選ぶことが重要ですが、素肌が見えないようなロング丈の靴下を選ぶのもおすすめです。基本的に靴下の長さとしてはくるぶしよりも長いものを選ぶのがマナーです。くるぶしよりも長いことが前提で、座った時に素肌が見えないようにすることです。素肌が見えるとだらしなく見えてしまいます。

スーツショップでの購入がおすすめ

出典: https://ashitano1173.com

スーツに合う靴下の選び方としては、スーツショップで購入するのがおすすめです。ユニクロや無印良品などでも靴下を購入することができますし、それでも構わないという意見もあります。しかし、ユニクロなどで扱っている靴下は、基本的にふくらはぎ程度の長さであることが多いです。厚さ的にも厚くなりがちで、足元に重たい印象を与えがちになります。

厚さも長さもマナーの範囲内

出典: https://tabio.com

スーツに合う靴下を購入する際はスーツショップに足を運ぶと、長さ的にも厚さ的にもマナーの範囲に適応するタイプの靴下を手に入れやすくなります。できるだけひざ下まで長さのあるホーズと呼ばれるタイプの靴下を購入するといいでしょう。スーツに合う靴下は、スーツショップで購入することができます。

スーツに合う靴下の相場

出典: https://www.sichifukusato.co.jp

スーツに合う靴下の選び方として、靴下の相場についても確認しておきます。安ければ良いというものでもありませんが、スーツショップで販売している靴下であれば、700円から1,000円というのが一般的な相場価格となります。それよりも高い靴下を買う必要はありませんが、目安として覚えておきたいところです。靴下の選び方として、価格帯も重要です。

靴下の素材にも注目

出典: https://my-best.com

また、スーツに合う靴下の選び方としては素材の見極めもポイントになっていきます。できれば消臭効果に期待することができる靴下を選ぶといいでしょう。組み合わせを考える上で靴下がもつ効果も考慮します。消臭効果を期待できる素材としては、絹やレーヨン、綿といったものがおすすめです。こうした素材も頭に入れつつ靴下を選んでいくのが効果的です。

高ければ良いというものでもない

出典: https://sakidori.co

スーツに合う靴下の相場として700円から1,000円程度とご紹介しましたが、中には高級な靴下で一足5,000円近くするものも出てきます。スーツの老舗ブランドが扱っている靴下では、値段も高くなりがちです。ただし、高価な靴下にはライセンス料も含まれています。そのため、高ければ良いということではなく、安くて良い靴下を選ぶことがポイントです。

靴下は消耗品である

出典: http://blog.uktsc.com

靴下に関しては、消耗品となることを理解しておくことがポイントです。長く履き続けていると、擦れてきますし、だんだん素材が傷んできてしまいます。そのため、何度も買い換えることを意識しつつ、質の良い靴下を選ぶことが重要です。長時間履いていてもストレスの感じにくい靴下を選ぶこともポイントです。価格は抑えめであっても問題ありません。

スーツに合う靴下の色は何がいい?

色の選び方も重要

出典: https://tabio.com

まずは、スーツに合う靴下の選び方についての理解を深めていき、ビジネスマナーに適応するような着こなしをしていくことが求められます。ビジネスマナーやスーツに合う靴下の選び方という点においては、靴下の色もポイントになっていきます。あくまでも、ビジネスシーンで履くことを意識しておく必要があります。そのため色の選択も重要になるのです。

黒やネイビー

出典: https://studio728.jp

ビジネスマナーを意識した中で、スーツに合う靴下を選ぶのであれば、色的には黒やネイビーといった色を中心に選択していくことが求められます。グレーでも問題ありませんので、この3色を中心に持っていれば、ビジネスシーンにおいて困ることはありません。まずは、黒やネイビー、グレーといった色の中から最適な靴下を選んでいくことがポイントです。

白の靴下はNG

出典: https://mendy.jp

また、スーツに合う靴下の色として、白ではだめなのかという疑問もあります。気をつけておきたいポイントでもありますが、基本的に白の靴下はビジネスシーンにおいてはNGとされています。学生時代は白の靴下を履くこともありますが、ビジネスの現場では通用しないのです。そのことを認識した上で、靴下の色やデザインを選んでいくことが求められます。

スーツの歴史をたどる

出典: http://jongjong2323.com

白の靴下がNGとされるのには理由があります。スーツの歴史をたどっていくとわかることですが、もともとスーツは戦闘訓練に参加しない男性が着用する制服という扱いだったのです。その中で、当時はブーツのような靴を履いていたのですが、次第に靴の長さが短くなっていきます。当時のブーツは、黒や紺などの色で統一されることがしきたりでした。

歴史的な背景の理解もポイント

出典: https://info-tribe.com

足元がスーツとブーツによって、黒や紺といった色に統一されていたので、黒や紺の靴下を履くのが暗黙の了解となっていったのです。そのため、ビジネスシーンにおいても、暗い色の靴下を履くのがマナーとされており、白は避けられるようになったということです。こうした歴史的な背景を知っておくことで、白色を選ばないように注意できるようになります。

靴下自体を主張する必要はない

出典: http://blog.suit-select.jp

本文中でもご紹介しましたが、靴下に関しては目立たせる必要がありません。靴下自体を強調するのではなく、スーツと靴の引き立て役であれば問題ないのです。そのため、あまり激しく主張する色は好まれないという部分もあります。足元のバランスを意識した靴下選びも重要なポイントです。縁の下の力持ち的な存在として、靴下の色を選択すれば良いのです。

靴下の色はスーツの色に合わせる

出典: http://blog.suit-select.jp

また、靴下の色の選び方として、スーツの色に合わせるのが基本的な考え方となります。スーツと同色の色の靴下を着用することによって、靴下自体を目立たせることなく、スーツに合う色として溶け込ませることができます。ビジネスマナー的にも、足元のまとまりがポイントです。全体的に収まりが良い着こなしになるという点でも、暗い色の靴下が最適です。

スーツにくるぶしが見える靴下は大丈夫?

ビジネスマナーを守る

出典: https://www.hankyu-dept.co.jp

スーツに合う靴下の選び方として、柄や色に注目して選択していくことが求められます。さらに、スーツに合う靴下の選び方として、くるぶしが見える靴下を選んでも良いのかという部分に注目をしていきます。ビジネスマナーとしても重要な問題であり、その他にもさまざまなルールがあります。然るべきマナーを守った上で、適切な靴下を履くことが大切です。

くるぶしが見える靴下はNG

出典: http://www.yamamotosocks.com

まず、単刀直入にお伝えすると、くるぶしが見える靴下に関してはNGと言うことができます。スーツスタイルにおけるビジネスマナーとしては、相手を不快にさせないという暗黙のルールがあります。ビジネスシーンでの着こなしにおいても一定のマナーがありますが、くるぶしが見える靴下はNGです。相手に対する配慮が足りないという点も考慮する点です。

気持ち良くやり取りできない

出典: https://allabout.co.jp

スーツに合わせてくるぶし丈の靴下を履くことで、相手にスネが見えてしまうこともあります。スネを見てどのように感じるかは人それぞれですが、不快に思う方も少なからず存在します。ビジネスシーンでは、お互いに気持ち良くやり取りすることもマナーとされています。お互いに気持ち良くやり取りできないという点でも、くるぶしが見えるのはNGです。

その他の靴下に関するマナー

出典: https://www.askul.co.jp

くるぶしが見える短い丈の靴下はNGであることを理解しておく必要がありますが、その他にもスーツ姿では避けておきたい靴下に関するマナーがあります。まずは、サイズの合っていない靴下を履くことが挙げられます。サイズが大きすぎると、履いているうちに靴下がずり落ちてきてしまいます。ルーズソックスのような形でだらしない印象となるのです。

厚さにも注意

出典: https://tabio.com

相手に不快感を与えないという意味でも、靴下のサイズはきちんとしたものを選ぶことが求められます。ビジネスの現場において、野暮ったい印象を与えてはいけません。さらに、靴下に関するNG事例としては、厚すぎや薄すぎの靴下も挙げることができます。厚すぎても薄すぎても、相手に違和感を与えることになるので、適度な厚さにすることが重要です。

薄すぎても不快な印象に

出典: https://www.suit-select.jp

靴下が厚すぎると、相手にカジュアルな印象を与えてしまいかねません。また、靴下が薄すぎると、肌が透けてきて、相手に対して不快感を与えることにもつながります。特に飲み会や会食の場において、靴を脱ぐ機会がある場合は要注意です。厚すぎてもいけませんが、薄すぎて肌が透けて見えないようにするために、適度な厚さの靴下を選ぶことが大切です。

ビジネスマンとして恥ずかしくないように

出典: https://www.goodspress.jp

くるぶしが見えるような短い丈はNGであることを理解しておき、サイズや厚さに関しても意識を向けておく必要があります。その他に、色やデザインといった部分も当たり前のような感覚で意識しておく必要があります。全てはビジネスマナーに適応するための選択と言えます。ビジネスマンとして恥ずかしくないようなスーツと靴下を選ぶことが求められます。

スーツを着る女性の靴下はアリ?ナシ?

女性もビジネスマナーを守る

出典: http://www.masseattura.com

スーツに合う靴下の選び方や色の選択、注意点なども含めて、総合的に理解を深めていくことが求められます。その上で、スーツを着る女性の靴下についても焦点を当てていきます。女性でもスーツを着用して仕事に臨むことがあります。その際の格好として靴下は良いのか確認していきます。女性も男性と同様にビジネスマナーを守ることが大切なポイントです。

ビジネスシーンでは靴下ではなくストッキング

出典: https://www.shinnihon.or.jp

女性の場合、スーツを着る場合は靴下ではなくストッキングを着用するのがマナーとされています。基本的にパンツスーツであってもストッキングを履くことが重要です。パンツスーツでも立ったり座ったりする時にスーツの裾が上がって、靴下が見えてしまうことがあります。それは相手に対する不快感という点でもマイナスで、マナー的にも良くありません。

やや暗めのストッキング

出典: http://www.masseattura.com

また、靴にパンプスを履く場合も基本的にはストッキングを着用するのが基本的なマナーです。女性がスーツを着用する場合、靴はパンプスが基本となります。パンプスを履くことで足の甲が見えることもありますので、その場合も靴下ではなくストッキングを履くことが求められます。ストッキングに関しては、肌色よりもやや暗めの色にするのがマナーです。

ドレスコードが厳しくない場合

出典: http://bloom-order.com

パンツスーツを履く場合は、膝下丈のストッキングを履いても問題ありません。ビジネスシーンではスーツに合わせるため、靴下ではなくストッキングを履くことが求められます。ビジネス以外でドレスコードに対する制限が厳しくない場合は、靴下を履いても問題ないことがあります。その場合は、男性と同様に地味な色の靴下を選択することが求められます。

素足も避ける

出典: https://woman.mynavi.jp

また、スーツを着る女性が素足でいるのも避けたいところです。職場や商談などのビジネスの現場において、素足とスーツを組み合わせるのはマナー違反とされています。パンツスーツであっても、座ったり歩いたりする際に、素足が目立ってしまい、相手に不快感を与えることもあります。見た目的にもカジュアルになるので、素足は避けておきたいところです。

素足はだらしない印象を与える

出典: http://blog.uktsc.com

スーツに素足を合わせることによって、目上の方やマナーに厳しい方に対してだらしない印象を与えることになりかねません。また、夏場には臭いやカビの原因にもなって、周囲の人に迷惑をかけることになります。パンプスを素足で直接履くのもマナー違反です。社会人として活躍していくにあたって、ストッキングを履く習慣を身につけることがポイントです。

靴下タイプのストッキングなどもある

出典: http://news.line.me

夏場にストッキングを履くのが苦手という女性であっても、靴下タイプのストッキングなどであれば、それほど不快感を覚えにくくなります。また、最近ではひんやり素材のストッキングも販売されているので、そうしたアイテムを選ぶことも賢明です。スーツ姿でも、足元から上品さを出すことが重要です。そのために大切なのが、ストッキングを履くことです。

ハイソックスの選択肢も

出典: http://u-note.me

また、どうしてもスーツに靴下を合わせたいという女性の場合は、ストッキングの代わりにハイソックスを履くという方法もあります。ハイソックスに関しては、太ももから下に履くタイプの靴下をスーツに合わせていくことがポイントです。できるだけストッキング素材に似たハイソックスを選ぶことも賢明です。そうすることで視覚的にも問題が出にくいです。

ガーターの利用も効果的

出典: https://ciel-fashion.jp

スーツに合わせて、ハイソックスを着用する場合は、ソックスのずれ落ちが気になってくる可能性もあります。その場合はガーターを利用してハイソックスがずれ落ちないようにすることが求められます。または、クルーストッキングを履いて、パンツスーツにしてみるのもおすすめです。パンツスーツに靴下は不自然で合わないので、避けておくのが賢明です。

基本はストッキングの着用を

出典: http://design-dtp.net

基本的に女性の場合は、スーツに合わせるのは靴下ではなくてストッキングとなります。特に商談などの大切な取引を行う際は、相手に不快感を与えないようにすることも大切なポイントです。ビジネスの現場で活躍していくためには、いかに着こなしていくかも大切になっていきます。スーツに合うストッキングを見つけて、それを着用するのがおすすめです。

スーツに合う靴下のおすすめは?

あくまでも主役はスーツ

出典: https://bp-guide.jp

女性がスーツに合わせる場合は、靴下ではなくストッキングが好まれるということを理解しておくことがポイントです。さらに、スーツに合う靴下のおすすめについてご紹介していきます。スーツに合わせるという意味では、靴下の色やデザインも重要になっていきます。あくまでもスーツが主役であり、靴下はスーツを彩らせるためのアイテムであると言えます。

スーツの色に合わせる

出典: http://copo-net.jp

スーツに合うおすすめの靴下の選び方のポイントは、スーツの色に注目していくことです。例えば、黒のスーツであれば、基本的に靴下の色も黒に統一していきます。スーツが黒で靴が茶色といったケースでは、靴下の色は黒と茶色の中間色を選ぶのが賢明です。そうした色の靴下を持っていない場合は、基本的にスーツの色に合わせておけば問題ありません。

ネイビスーツに合わせたい靴下の色

出典: https://vogueword.click

例えば、スーツが黒で靴が茶色の場合は、ダークブラウンの靴下を合わせるのもおすすめです。あるいは、ネイビーのスーツに対しては、靴との中間色に合わせるのも効果的です。ネイビーのスーツに黒の靴を合わせる場合は、靴下の色として濃紺を採用するのもおすすめです。オシャレな視点から見てもネイビースーツと黒の靴、濃紺の靴下には定評があります。

スーツと靴の色を見る

出典: http://u-note.me

また、ネイビースーツに茶色系の靴を合わせるというビジネスマンも少なくありません。その場合は、靴下もスーツのネイビーよりも濃くなるような濃紺を合わせてみるのがおすすめです。あるいは、靴の色に近いダークブラウンの靴下でまとめていくのも効果的です。スーツの色と靴の色を見つつ、スーツと靴に合わせた靴下を選んでいくのもおすすめです。

グレーのスーツに合う靴下

出典: https://mayonez.jp

続いては、グレーのスーツに合う靴下の色について見ていきます。グレーのスーツに合わせる場合も、靴との中間色になる靴下を履くのがおすすめです。靴が黒色である場合は、チャコールグレーの靴下でスーツに近い色を取り入れるのがスタイリッシュです。実際にスーツと靴、靴下を着用してみて、自分なりの印象を確かめてみるのもおすすめの方法です。

ダークブラウンの靴下も合う

出典: http://zozo.jp

スーツがグレーで、靴が茶色の場合はチャコールグレーでも無難な仕上がりとなります。さらに、靴の色に寄せてダークブラウンの靴下を履いてみるのもおすすめです。まとまりのある仕上がりにしていくという意味でも、ダークブラウンの靴下には定評があります。グレーのスーツにはおすすめの色合いが複数あるので、日替わりで楽しんでみるのも効果的です。

柄物のスーツに合う靴下

出典: https://www.asahi.com

さらに、柄物スーツに合う靴下についても確認していきます。柄物スーツに関しては、スーツ自体がやや派手な印象となるので、靴下に関しては無地のデザインを採用することがポイントです。その上で、色合いに関しては、上記で取り上げたような色を取りいれていくのがおすすめです。スーツに近い色か、靴との中間色の靴下を選んで履いてみるのが賢明です。

就職活動の場合

出典: https://bp-guide.jp

スーツに合う靴下という点では、シーン別の靴下選びも重要になっていきます。まずは、就職活動に相応しい靴下を取り上げていきます。就職活動の場合は、スーツは黒か濃紺がおすすめです。その上で、靴下は黒でシンプルにまとめていくのが賢明です。全身を黒ベースで統一していくことによって、しっかりとした人だという印象を与えることが出来ます。

結婚式の場合

出典: http://sittoco.com

続いては、結婚式における靴下選びについてご紹介していきます。結婚式に際しても、新郎新婦に失礼のないように、全身黒のスーツや靴下、靴を選択するのが賢明です。靴下に関しては多少柄が入っていても問題ありません。全身が黒で重たい印象になってしまう場合は、靴下を薄手にしても構いません。多少すっきりとした印象を与えることができます。

冠婚葬祭の場合

出典: https://shop.asahi.com

冠婚葬祭の場合も、基本的には黒の靴下を選ぶのが賢明です。冠婚葬祭の場では、柄も無地のものにしておくことが好まれます。仮通夜などを除いて、オーソドックスな黒スタイルにすることが求められます。仮通夜であれば、平服でも問題ないことが多いので、濃紺の靴下でも問題ありません。それでも柄入りの靴下は避けて、控えめにしておくことが大切です。

Thumbオフィスカジュアルの靴の選び方とは?男女別・靴下の合わせ方紹介!

スーツに合う靴下の選び方やマナーまとめ

出典: https://dandyism-collection.com

スーツに合う靴下の選び方やビジネスマナーについて、具体的にご紹介してきました。スーツには適切な靴下を合わせて履くことが求められます。ビジネスとプライベートは分けて考えることも重要なポイントです。たかが靴下とあなどっていてはいけません。ビジネスで関わる相手に不快感を与えないようにするために、スーツに合う靴下を選ぶことが重要です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ