女医との結婚のメリットとデメリットは?相手の職業や生活の実態も調査!

女医との結婚について、メリットとデメリットを含めて総合的な解説を行っていきます。相手の職業や生活の実態も含めて、女医との結婚に関する情報を提供していきます。結婚のタイミングも含めて、女医との結婚事情に具体的に迫っていきます。

女医との結婚のメリットとデメリットは?相手の職業や生活の実態も調査!のイメージ

目次

  1. 女医との結婚のメリット・デメリットを紹介!
  2. 女医と結婚するメリットとは?
  3. 女医と結婚するデメリットとは?
  4. 女医との結婚を敬遠する一般男性の意見を紹介!
  5. 女医の結婚相手にはどんな職業が多いのか?
  6. 女医との結婚は離婚率が高い?
  7. 女医との結婚生活が一番上手くいくのは専業主夫?
  8. 女医との結婚のメリット・デメリットのまとめ

女医との結婚のメリット・デメリットを紹介!

出典: https://ikumen-smile.com

女医との結婚に焦点を当てて、そのメリットやデメリットについて具体的に解説を行っていきます。結婚相手として検討する際に、女医という選択肢を持っている男性も少なくありません。男性側の職業にも注目しつつ、女医と結婚することの意義に注目していきます。さまざまなメリットやデメリットを踏まえた中で、女医との結婚を選択するのがおすすめです。

女医と結婚するメリットとは?

女医は美人で育ちが良い

出典: https://kekkon-magazine.com

まずは、女医と結婚することのメリットからご紹介していきます。女医と結婚することのメリットとしては、美人で育ちが良いという点を挙げることができます。女医には美人な女性が多く、育ちが良いケースが多いです。男性の場合もそうですが、医者になるためには相当のお金が必要です。そうした家庭環境で育ってきた方が、女医として活躍しているのです。

経済的な余裕が持てる

出典: https://luckymarriage.net

女医と結婚することのメリットとしては、経済的な余裕を持つことができるという点も挙げることができます。女医と言っても医者という存在であり、社会的にも経済的にも自立した女性であることは間違いありません。男性も仕事をしていれば、ダブルインカムとなり経済的な苦労は少なくなります。万一の事態があっても、生活費に困ることは多くありません。

生活資金も余裕が出る

出典: https://amoo-re.com

一般的には男性の収入によって、子供の養育費や教育費、さらには生活費といった費用を工面することが多いですが、女医と結婚することによって、妻に生活をサポートしてもらうことも可能となります。全てを委ねることは嫌がる女医もいまずが、理論上は生活資金に余裕が出てくるのです。逆玉の輿と考えることもできるくらい、経済的な安定が手に入ります。

精神的にも自立している

出典: https://www.otokuni-med.net

経済的に自立しているという部分もそうですが、女医は精神的にも自立した存在だと考えることができます。当然ですが、女医になるまでに相当の苦労を重ねてきており、その経験が女医としての活躍につながっています。そのため、お互いが精神的に自立した存在として結婚生活を送ることができます。干渉もそれほどきつくなく、適度な心地良さを楽しめます。

真面目で努力家

出典: https://www.iza.ne.jp

性格的な部分で言えば、女医は真面目で努力家であることが多いので、一緒に生活していても尊敬できる部分が多いです。医者になるためには相当の努力や苦労を重ねなければならないということもあり、相当な努力家であることは間違いありません。また、女医の職業柄、人命を救うこともあるので、真面目で勤勉な性格の持ち主が多いと考えることができます。

病気や怪我をしたときに頼りになる

出典: https://allabout.co.jp

さらに、女医と結婚することによって、病気や怪我をした時に頼りになるというメリットも挙げることができます。普段から女医として勤務しているのであり、病気や怪我に対応する知識やスキルは十分に持ち合わせています。そのため、何かあった場合でも冷静に対処してくれます。一緒に生活している時の安心感を得られるという意味でも最適な結婚相手です。

建設的な話し合いができる

出典: https://diamond.jp

また、女医との結婚生活において喧嘩になった場合は、感情的にならず建設的な話し合いをすることができるというメリットもあります。女性の場合は、言い合いになると感情的になるケースも多いですが、女医の場合は因果関係などを整理して理論的に話し合うことができるのです。論点を整理した中で話し合うことができるので、解決への時間も早くなります。

必要以上にストレスを溜め込まないで済む

出典: http://ken-plan.com

喧嘩や言い合いになった場合でも、冷静かつ理論的に話し合いをすることができるので、男性としても必要以上にストレスを溜め込まないで済むというメリットを挙げることもできます。感情的になっている相手に対しては何を言っても無駄なことがありますが、女医の場合はそうではありません。現状の問題をスムーズに解決してやり直していくことができます。

男性も医者の場合

出典: https://marihonnete.com

また、女医と結婚する男性も医者であった場合、仕事への理解度が高くなり価値観も似た中で生活できるというメリットがあります。女医の結婚相手としては医者が多いという傾向もありますが、同じ職業であれば仕事への理解は当然高くなります。同じ境遇にあるからこその悩みや相談事も共有しやすくなり、共通理解を得た中で生活できることはメリットです。

お互いに切磋琢磨できる

出典: https://www.club-sincerite.co.jp

また、医者同士で結婚した場合は、お互いを良きライバルとして高めあっていくことができるというメリットもあります。昇進するタイミングが似ていれば、お互いに切磋琢磨して高め合うこともポジティブな要素として働きます。職場恋愛や結婚でよくあることですが、仕事に対するモチベーションも維持しやすいです。それが仕事への好影響につながります。

仕事に打ち込みやすい

出典: https://lamour-kekkon.com

仕事への理解が高いという点では、男性が仕事で忙しくても大した問題ではないという部分も挙げることができます。仕事に打ち込む男性だと構ってもらえずにストレスを抱える女性もいますが、女医の場合は女医自身が仕事で忙しいので、男性が忙しくても大した問題にはならないのです。その点において、仕事に打ち込めることも女医と結婚するメリットです。

女医と結婚するデメリットとは?

デメリットの理解も重要

出典: https://ikumen-smile.com

女医と結婚することに関してはさまざまなメリットがあり、そのメリットを理解した中で結婚相手として考えるのもおすすめできます。一方で、女医との結婚にはメリットだけではなく、デメリットも存在します。女医に限った話ではありませんが、デメリットも理解しておくことが大切です。本当に結婚相手として相応しいのか考えることも大切なポイントです。

女医は自己主張が強く性格がきつい

出典: http://ken-plan.com

まず、女医と結婚することのデメリットとして、自己主張が強くて性格がきついという点を挙げることができます。女医に限ったことではありませんが、女医には特に多いと言えます。それだけきつい環境を耐え抜いてきたと考えることもできます。自己主張や自分の考えていることに信念を持っており、理路整然と説明するのできついと感じることも多いです。

家庭的ではない

出典: https://chan-soo1.blog.so-net.ne.jp

女医と結婚することのデメリットとしては、家庭的ではないという部分も挙げることができます。そもそも時代的に、男性が仕事をして女性は家庭を守るといった考え方は古臭くなってきています。そうした考え方を持っている場合は、女医と結婚しても上手くいかない可能性が高いです。女医の場合は仕事の拘束時間が長く、家庭的な存在ではないからです。

キャリア志向

出典: https://www.joystyle.net

女医になるからには研修医で終わって良いと考える方も少ないです。女医としてのキャリアを積んでいくために、仕事に対するウェイトが大きくなっていきます。仕事と結婚生活に対する比重で言えば、圧倒的に仕事に比重が置かれるのであり、家庭的な部分は比重が弱まります。家庭的であることに期待している場合、女医との結婚は避けておくのが賢明です。

男性にも家事や育児の協力を求める

出典: https://malead.jp

女医と結婚することのデメリットとして、男性にも家事や育児といった協力を求めることが挙げられます。子育ては女性がやるものだと考えている場合は、相当なデメリットになると言えます。子育てを妻に任せて、自分が働いて稼ぐといった考え方をしていると、心理面でのすれ違いが出てきます。料理や洗濯、掃除といった部分も男性が担うことになります。

男性も育休や時短勤務を取る

出典: http://kakisan.com

家事や育児を男性にも求めるという点では、男性に育休や時短勤務を求めることもあります。育休や時短勤務は女性が取るものだと思っていると、結婚生活は上手くいきません。お互いに協力しつつ子育てと仕事のバランスをとっていくことが大切なポイントになってくるのです。自分は仕事に専念したいと考えている場合は、女医との結婚生活に困難が出ます。

医者同士の場合

出典: http://30konkatu.hatenablog.com

医者同士の結婚においては、同じ職業であることがデメリットに作用することもあります。お互いの境遇を理解していることによって、夫に嫉妬されることも少なくありません。女性の方が立場が上であれば、男性のことを卑下してしまうこともあります。どちらが先に専門医になるかによっても、夫婦関係が悪化して離婚の危機になるケースも少なくありません。

すれ違いが続く

出典: https://iryou-senmon.com

また、医者同士で結婚をする場合は、結婚生活においてもすれ違いが続くことになり、上手く愛情を育めなくなるというデメリットもあります。お互いに当直などが続くような環境で仕事をしていれば、同じ家で生活していても、ほとんど会えないというような状況にもなりかねません。いつも一緒にいたいと考える場合は、相当のデメリットになると言えます。

ストレスも溜まりやすい

出典: https://matome.naver.jp

医者同士でなくても、男性側が仕事の融通をつけて有給を取得したり、仕事を調整したりしないといけないということが少なくありません。それが重なっていくことでストレスも溜まりやすくなっていきます。男性としては、自分ばかり妻に合わせていると不満に思うことも出てきます。その辺の折り合いをつけられるかどうかが、結婚生活におけるポイントです。

多忙すぎる

出典: http://sakkora.net

多忙すぎることも女医との結婚におけるデメリットとして挙げることができます。女医に限らず医者という職業に関しては、不規則な勤務体系であり、せっかくのお休みであっても急に仕事が入るということも少なくありません。そのため、どこかへ遊びに行く予定をしていても、キャンセルとなることがあります。その点も十分に理解しておく必要があります。

プライドが高い

出典: http://kiragamiteru.com

女医の性格的な部分に焦点を当てるのであれば、プライドが高いという点もデメリットと見なすことができます。女医として成功を手に入れていくことで、地位も収入も自然と高くなっていきます。男性の方が地位も収入も低いということになれば、見下される可能性もあります。女医のプライドの高さにうんざりとしてしまうという男性も少なくありません。

単身赴任の可能性もある

出典: https://netallica.yahoo.co.jp

単身赴任になる可能性もあるという点が、女医との結婚におけるデメリットと言えます。医局などに所属している場合は、ステップアップや人事異動によって、僻地や地方に飛ばされる可能性がないとも言えません。その場合は、妻が単身赴任となって別居生活になることもあり得ます。常に一緒に生活したいと感じる方にとっては、大きなデメリットです。

女医との結婚を敬遠する一般男性の意見を紹介!

メリットもデメリットもそれぞれ重視

出典: https://nowstate.jp

女医と結婚することに関してはさまざまなメリットやデメリットがあるわけですが、そうした一つ一つの事象に対してきちんと向き合っていく必要があります。メリットばかり重視していても、結婚してから違ったということになりかねません。デメリットも見ることが重要です。ここからは、女医との結婚を敬遠する一般男性の意見についてご紹介していきます。

学歴や収入の差をバカにされそう

出典: http://www.aloha-can.co.jp

女医との結婚を敬遠する一般男性の意見としては、学歴や収入の差をバカにされそうといった考え方があります。当然ですが、女医ともなれば社会的な地位や学歴、収入面において男性を凌駕する可能性も大いに出てきます。そうなると表面上は上手くいっていても、内心で男性をバカにする気持ちが出てくることも考えられます。そこを懸念する男性も多いです。

恋愛対象として考えにくくなることも

出典: http://jehcl.net

男性には女性を守ってあげたいといった心理があることが多いですが、女性の方が学歴も収入も高いとなると、そうした感情が芽生えにくくなり、恋愛対象としても外れる可能性が出てきます。愛が冷めた時点で、男性の学歴や収入をバカにしてくる女医がいないとも限りません。そうした相手とは最初から結婚するのをあきらめて、別の女性を探すのが賢明です。

女医は料理ができない・しなさそう

出典: http://college2ch.blomaga.jp

女医との結婚を敬遠する男性の意見としては、女医は料理ができない、料理をしなさそうといったものもあります。しかし、実際には料理も仕事も一人前という女医も少なくありません。ただし、仕事が忙しくて料理をしている時間がないということは大いにあります。結果的に料理をしないことが多くなるので、女医に対するイメージもそうなってしまうのです。

何事も話し合う

出典: http://marriagina.com

もちろん、一般男性の意見通り、最初から料理をする気がない女医や料理ができない女医もいます。男性として妻に料理を作って欲しいと思っているのであれば、交際中にそのことを伝えてみることがポイントです。お互いにどこまで歩み寄れるのかによって、結婚生活の良し悪しが変わっていきます。料理に限らず何事も話し合うスタンスを持つことが重要です。

女医はお金遣いが荒そう

出典: https://hot-fashion.click

さらに、女医との結婚を敬遠する一般男性の意見として、女医はお金遣いが荒そうといった意見もあります。確かに、女医は高収入であり、贅沢なものを買ったりサービスを受けたりすることもあります。その点に関しては、お金遣いが荒いというよりも、金銭感覚が異なると考えておくのがベターです。収入と支出のバランスを見て判断することがポイントです。

視点を変えることがポイント

出典: https://yappalie.com

確かに収入以上に支出が多いケースや、借金をしてまで何かを購入しているのであれば、お金遣いが荒いと言うことができます。しかし、収入の範囲内で収まっているのであれば、一概にお金遣いが荒いということはできません。収入の何%を何に使っているのかという視点を持つことが大切です。そうした視点を持つことで、見方が変わってくることもあります。

自由に遊べなさそう

出典: https://xn--h9j8c2bz68x4iimoommsftlpq3a13i.com

自由に遊べなさそうといったイメージが強いのも、女医に対する一般男性の意見です。確かに女医は、激務の中で仕事をしており、なかなかまとまった休みが取りにくいといった実情もあります。仕事の時間帯も不規則であり、男性とスケジュールが合わないことも多いです。女医と出会ったとしても、交際がスムーズに行かずに破局するケースも目立ちます。

口喧嘩が強そう

出典: http://www.it-to.jp

女医に対しては、口喧嘩が強そうといった意見もあります。確かに、理路整然と筋道立てて圧倒してくるので、単純に負けてしまう男性も少なくありません。しかし、感情的になって怒ってくる女性に比べれば、まだましだという考え方をすることもできます。いずれにしても、男女間で口喧嘩をしなければならないような状況を作り出さないこともポイントです。

すぐに離婚しそう

出典: http://marriage7.net

女医との結婚を敬遠する一般男性の意見としては、女医はすぐに離婚しそうといった意見もあります。確かに、女医は自分で稼ぐ力を持っているので、男性に経済的に依存する必要がありません。しかし、結婚生活においてはお金だけが全てではありません。お互いの愛情を上手く育み、お互いを大切にし合う気持ちを持っておくことも大切なポイントです。

妻をサポートする精神も重要

出典: http://konkatsu-nav.jp

経済的なリスクを避けることができるというメリットに目を向けて、男性自身が女医として働く妻をサポートしていくくらいの気持ちを持っていれば、女医と結婚しても上手く生活していくことができます。反対に、家庭的な部分や子育てを全て妻に任せようと思っていると、生活が上手くいきません。女医に限らず、結婚に対する見方を改めることも大切です。

女医の結婚相手にはどんな職業が多いのか?

女医と結婚しやすい職業の理解

出典: https://www.joystyle.net

女医との結婚については、イメージ上の意見や実際のメリット、デメリットなどを考慮した中で結婚相手として選択することが求められます。その上で、女医の結婚相手にはどういった職業の人が多いのかという点についても解説していきます。女医と結婚したいという方にはおすすめの内容です。職業を変えることで、女医に近づきやすくなることもあります。

一番多いのは医者でその次はサラリーマン

出典: https://twitter.com

女医が結婚相手として選ぶのは、医者がダントツで多くなっています。あるデータによれば、女医の結婚相手については7割近くが医者であるという数字もあります。それぐらい女医の結婚相手は医者が多いと考えることができます。医者の次に多い結婚相手の職業がサラリーマンです。サラリーマンでも、女医と結婚するチャンスは十分にあるということです。

医者の場合は金銭感覚が一緒

出典: https://marihonnete.com

医者が多いことの理由としては、出会いが多いことも挙げられますが、金銭感覚が一緒という部分も大きな要素となります。女医と結婚するに際しては、金銭感覚の違いに辟易とさせられてしまう男性も少なくありません。その点においては、女医と同じくらいかそれ以上稼いでいる医者であれば対等に振る舞えます。そうした理由も十分に考えることができます。

商社関係の職業も多い

出典: https://www.sankei.com

サラリーマンの中でも特に多いのが、商社関係の職業に従事している方です。商社マンと言えば、仕事ができて収入も高いといったイメージがありがちですが、女医との出会いを経て結婚にいたるというケースも少なくありません。また、IT関係や弁護士といった職業の方も、女医の結婚相手に選ばれやすくなっています。高収入が有利に働くことが多いです。

起業家や一級建築士など

出典: https://focuson.life

また、その他の職業としては、起業家や一級建築士、高等学校の教員や大学教授、パイロットや公認会計士といった職業に従事している方が、女医の結婚相手になることが多くなっています。こうした職業に就いていれば必ず女医と結婚できるわけではありませんが、一つの目安にはなります。社会的地位や収入といった面も高めていくことが求められる部分です。

年代によって医者との結婚率が違う!

出典: https://marryadoctor.jp

女医の結婚相手としては、ダントツで医者が多いわけですが、年代によって医者との結婚率が違うというデータもあります。女医に関する調査では2007年に男性医師と結婚していた割合が68%であったのに対して、2009年では58%に下がってきています。医者と結婚する女医が多いことに変わりはありませんが、年代によって結婚率が異なるということです。

結婚相手によって生活スタイルが大きく変わる

出典: http://dl-wy-patent.com

女医の結婚相手としては、さまざまな職業に就いている方を挙げることができますが、結婚相手によって生活スタイルが大きく変わる点も注目しておきたい部分です。女医はとにかく激務である事が多いので、医者と結婚しても、そのままの生活スタイルであることが多いです。一方で、医者と結婚することによって、非常勤となる女医も一定程度出てきます。

家庭との両立も

出典: http://sinsin35.com

医者を含めて、弁護士や起業家などある程度の高収入の方であれば、女医として自ら稼ぐ必要がなくなるので、非常勤勤務として働くようにして、仕事をセーブするケースも出てきます。その場合であれば、家庭と仕事の両立をしやすくなるので、旦那を支える立場として家庭にいる時間も長くなります。その辺は男性の職業や収入次第と考えることもできます。

女医を辞めるケースも

出典: https://diamond.jp

また、結婚や妊娠、出産を機に女医を辞めて他の仕事に就くという方も少なからず存在します。その場合は完全に家庭に入って家庭を支えていくか、それほど激務ではない仕事に就いて稼ぐこともあります。パートや派遣社員として働くこともあり、結婚生活に重点をおいていくパターンです。こうしたケースでは、男性の職業や収入がポイントになっていきます。

女医としてのキャリアを積みたい場合も

出典: https://www.joystyle.net

ただし、女医としてのキャリアを積んでいきたいと考える場合は、結婚相手の職業や収入に関係なく、それまで通り仕事を続ける方もいます。妊娠や出産をすれば一時的に仕事を休むこともありますが、一旦落ち着けば再び常勤医として、日中や夜勤勤務を繰り返す生活に戻っていきます。この辺は、夫婦間でしっかりと話し合いの場を設けておくことが大切です。

Thumb医者の妻は苦労満載?結婚のメリットやデメリットを徹底リサーチ!

女医との結婚は離婚率が高い?

離婚率やタイミングの確認

出典: https://ameblo.jp

女医との結婚に際しては、結婚相手として選ばれやすい職業にも注目しておくことがポイントです。男性の職業や収入によっては結婚生活の比重が変わってくることもあるということです。結婚はタイミングが重要でもありますが、女医との結婚は離婚率が高いとも言われています。離婚してしまう理由やタイミングについても、具体的にご紹介していきます。

女医の離婚率は何%?

出典: https://www.fukuoka-ricon-law.jp

女医の離婚率に関しては、およそ50%程度というデータがあります。つまり、2人に1人の女医は結婚しても、最終的には離婚しているという計算になります。そもそも結婚に興味がなく、独身として生涯を全うする女医も少なくありません。独身を貫く割合に関して、女医の3分の1程度と言われています。結婚に対する考え方も多様なところが女医の特徴です。

離婚してしまう理由やタイミングは?

出典: http://ch.nicovideo.jp

約50%の女医が結婚をしても離婚してしまうという現状がありますが、その理由や離婚するタイミングについても確認していきます。女医が離婚する理由としては、さまざまなものが挙げられます。まずは、生活リズムが合わないことによって。すれ違いになることが大きな理由です。激務であることが、夫婦生活におけるストレスにつながることも多いのです。

価値観が合わない

出典: https://kechan-s.com

また、旦那との価値観が合わずに離婚を決意する女医も少なくありません。タイミングとしてはいきなり離婚するわけではなく、旦那との協議を重ねた中で折り合いがつかないと判断したタイミングで、離婚を決意する女医が多くなっています。女医になるまでに重ねてきたさまざまな経験や価値観が仇となって、離婚という結果になってしまうこともあります。

収入面の違い

出典: https://p-dress.jp

女医の離婚の理由としては、収入面も挙げることができます。女医をしていることによって、旦那よりも収入が高くなってしまうことも多くなります。それに対して、旦那がひがむようなことがあると離婚を決意する女医も少なくありません。金銭感覚が合わないことも大きな原因となります。お互いの感覚が合わないことで、結婚生活も破綻を迎えるのです。

仕事に対する理解が低い

出典: https://news.careerconnection.jp

女医が離婚を決意する理由やタイミングとしては、旦那の仕事に対する理解が低いと感じるケースも挙げることができます。仕事ではなく、家事や育児を優先して欲しいなどと言われることによって、価値観の違いが生じることも少なくありません。家事を旦那に担当したもらいたいと思っている女医にとっては、そのタイミングで離婚に進むこともあります。

若い看護師などと浮気をされたタイミング

出典: http://tantei-ut.com

また、医者同士で結婚した場合は、若い看護師や女医と浮気をされたタイミングで離婚にいたるというケースもあります。医師として勤務をしている場合は、当直などもあり病院にそのまま泊まることも少なくありません。その際に、若い看護師や女医と不貞行為をしてしまう男性医師もいるのです。その情報を得たタイミングで、離婚を決意することもあります。

一般女性との浮気

出典: http://pairs.nyanta.jp

医者同士の結婚の場合は、看護師や他の女医との浮気や不倫のみならず、一般女性との浮気や不倫が発覚したタイミングで離婚を決意する場合もあります。女医もそうですが男性の医者もモテる人が多いです。妻とのすれ違いが続くことによって、他の女性に手を出してしまうこともあります。それが原因となって、そのタイミングで離婚にいたる夫婦も多いです。

お互いが歩み寄ることが重要

出典: http://tani-channel.com

結婚にも一定のタイミングがありますが、離婚にもタイミングがあります。万一旦那側に非があるのであれば、それを認めて謝罪することも大切です。女医との結婚生活においては難しい問題も多く発生することになります。そうした事象を一つ一つ乗り越えていくことが求められます。お互いに歩み寄れる部分は譲歩し合うことで、上手くいく部分があります。

猶予期間の設定も効果的

出典: http://awake-to.com

また、離婚を切り出すのであれば、ある程度の猶予期間を設けることも重要です。例えば、半年や1年といった期間を区切って、その間にお互いの要望が改善しないのであれば離婚するといった選択肢もあります。いきなり離婚するのではなく、そうした期間を設けることで関係が修復することもあります。離婚の危機に陥った場合は考慮しておきたい部分です。

Thumb医者を結婚相手にする場合に必要な心得とは?苦労や後悔をしないために!

女医との結婚生活が一番上手くいくのは専業主夫?

タイミングを意識した結婚生活

出典: https://woman.mynavi.jp

女医は離婚率が高いとも言われており、その離婚理由やタイミングについて理解しておくことが重要です。結婚する際にも適切なタイミングがありますが、離婚に際しても一定のタイミングがあります。そうしたタイミングに目を向けておくことで、夫婦生活を充実させていくことがポイントです。女医との結婚生活が上手くいく結婚相手についても見ていきます。

女医としての妻を支えてくれる男性

出典: http://suumo.jp

女医の結婚相手や結婚生活を上手くいかせるためには、専業主夫であることが大きなポイントになります。女医としてのキャリアを積んでいきたいと考えている場合は、女医としての妻を支えてくれる男性の方が相性が良いと言えます。医師と結婚して幸せな家庭を築く女医もいますが、一般男性や専業主夫として全うする男性と上手くいくことも多いです。

相手を思いやる

出典: https://st.benesse.ne.jp

専業主夫として妻を支えることも重要ですが、何よりも相手を思いやる、相手の仕事を理解するといった心理的な部分が結婚生活においては重要です。これは女医との結婚に限った話ではありませんが、女医と結婚する男性には普通以上に求められるということです。仕事を頑張る妻をサポートするべく、家事に精を出せる男性が結婚相手に相応しいと言えます。

愚痴を聞いてあげる

出典: http://rioto.jp

相手を思いやるという点では、妻の愚痴を聞いてあげることも重要です。愚痴や悩みを共有するという点では、医者同士の方がわかり合える部分もありますが、専業主夫やサラリーマンであっても相手の話を聞くことはできます。疲れて帰ってきた妻に対して優しく接してあげて、さらに悩みを共有できるような関係になっていけば、結婚生活も上手くいきます。

お互いに協力し合う

出典: https://mendy.jp

男性も共働きをして家庭を支えていきたいと考えるのであれば、妻としっかり話し合いをしてお互いに協力し合うことが重要です。どちらも仕事をしていきたいと考えている場合は、家事や育児がどちらかに偏ってしまうこともあります。そうなると、離婚という道に進む可能性も高くなっていきます。そうではなく、育休や時短勤務を交互に取ることも大切です。

休日は家事や育児を手伝う

出典: http://news.livedoor.com

サラリーマンであっても女医との結婚を上手く進めることは可能ですが、それでも妻に歩み寄る姿勢を見せることが求められます。平日は仕事で忙しいのであれば、土日のタイミングで家事や育児を手伝うといったことも大切なポイントです。一番良いのは専業主夫になって妻を支えることですが、それが難しい場合は休日に主夫として活躍することが大切です。

女医との結婚のメリット・デメリットのまとめ

出典: https://marryadoctor.jp

女医と結婚することのメリットやデメリット、一般男性の意見や結婚相手の職業なども含めて、具体的にご紹介してきました。女医との結婚に憧れを持つ男性も少なくありませんが、メリットだけでなくデメリットにも目を向けていく必要があります。場合によっては、自分の考え方や働き方を変えてまで、女医との結婚に向き合っていくことも必要だと言えます。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ