二日酔いの対策とは?飲んだ後の寝る前にできる方法をまとめて紹介!

たっぷりとお酒を飲んで酔っ払うのは気持ちがいいものですが、それだけでは済みません。二日酔いが待っています。できれば二日酔いなどにはなりたくないものですが、二日酔いにならないいい対策はあるでしょうか。いくつかの観点から効果的な対策を考えてみましょう。

二日酔いの対策とは?飲んだ後の寝る前にできる方法をまとめて紹介!のイメージ

目次

  1. つい飲み過ぎて二日酔いに!そうならない対策方法とは?
  2. 二日酔いの原因と症状について
  3. 二日酔いにならない!飲んだ日の寝る前すべきこと
  4. 二日酔いにならない方法は飲む前と飲んだ後にも
  5. 二日酔いにならない対策方法まとめ

つい飲み過ぎて二日酔いに!そうならない対策方法とは?

出典: http://seikatunotane.net

つい飲み過ぎてしまう、だれにもよくあることです。しかし、飲んでいる最中はよくても、翌日にはつらい二日酔いの症状で悩まされます。頭痛、吐き気、胸やけ、だるさなどを経験すると、お酒には気を付けようという気にもなりますが、なかなかうまくいきません。そこで、今回は、二日酔いにならない対策方法をまとめました。

二日酔いの原因と症状について

「酔っ払う」とはどのような状態か

出典: http://spiritual-success.com

お酒を飲んで体内に吸収されると、血液の中に入り、やがて脳に達します。すると、アルコールは脳をマヒさせるのです。これが「酔っぱらった」状態です。アルコールの濃度が低ければ脳のマヒの状態もひどくなく、ある程度の判断力を維持しますが、飲み過ぎると正体をなくす場合もあり、脳は働きが極めて弱くなります。

アルコールの分解過程

出典: https://www.suntory.co.jp

アルコールの分解過程を見てみましょう。体内に入ったアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解され、それがさらに酢酸に分解されます。アセトアルデヒドは有害物質ですが、酢酸の段階になると無害です。そして、この酢酸が最終的に水と二酸化炭素に変換し、体外へ排出されます。ここまで順調に進めば、対策は無用です。

酢酸まで分解されれば問題はないが

出典: https://health.joyplot.com

アルコールが酢酸まで分解されれば、後は水と二酸化炭素になるのを待つだけです。この時点では対策は必要ありません。しかし、飲み過ぎると、アセトアルデヒドが肝臓で分解しきれずに有害物質として残ってしまいます。これが、二日酔い特有の頭痛、吐き気、胸やけ、だるさなどの症状を引き起こすのです。

二日酔いを放置するとどうなる?

出典: http://nutradenshin.com

肝臓には本来、エネルギーを作ったり、糖や脂質を代謝するという重要な働きがあります。しかし、アルコールの分解に多くの働きが奪われると。ほかの仕事が十分にできません。その結果、消化機能や疲労回復機能が衰え、体の動きが悪くなります。さらに、二日酔いの放置は肝機能そのものを弱くするので、肝疾患になる恐れが強まります。

二日酔いにならない!飲んだ日の寝る前すべきこと

水をたくさん飲む

出典: https://www.ajinomoto.co.jp

二日酔いにならないために、飲んだ日の寝る前には水分補給をしましょう。なぜかというと、体内のアセトアルデヒドを排出しやすくするためです。お酒は利尿作用が強いので、お酒を飲んだ日は水分不足になっています。この状態だと、アセトアルデヒドを体外へ出せません。そこで、寝る前に水分を摂って、二日酔い対策とするのです。

二日酔い対策になる飲料水とは

出典: http://quiizu.com

二日酔いにならないためには水分補給がいいとは言っても、何を飲めばいいのかが問題です。一番おすすめできる二日酔い対策はスポーツドリンクです。真水でも悪くはないのですが、スポーツドリンクに含まれる糖分やビタミンが代謝をよくし、アセトアルデヒドの分解を速めてくれます。後、冷たすぎるものや熱すぎるものは、胃を傷める恐れがあります。

飲んだ日の寝る前にお風呂に入る

出典: https://kyanana.com

飲酒後すぐにお風呂に入るのは危険です。飲酒後は血圧も下がっているし、脱水状態だし、脳もマヒしています。このような状況で入浴すれば、命の危険もあります。では、お風呂が絶対ダメかというと、いくつかの条件を満たせば、二日酔いの対策方法になります。まず、お酒の量が少なめ、飲酒後3、4時間経っている、ぬるめのお湯で短時間入浴などです。

二日酔い対策に!カフェインを摂取する

出典: https://ja.wikipedia.org

飲んだ日の寝る前にカフェインを摂るのもいい二日酔いの対策方法です。なぜかというと、カフェインには利尿作用があり、アセトアルデヒドの排出を速めるからです。ただし、アルコールにも利尿作用があり、カフェインにも同じ作用があるので、脱水状態が進んでしまう恐れがあります。したがって、飲んだ日の寝る前に水分補給を忘れないでください。

ツボ押しで二日酔い対策を

出典: https://10syoku.jp

二日酔いにならないか軽くするツボがあります。いくつか紹介しましょう。まず、頭痛に効くツボは百会です。両耳を結ぶ線と目の中央の腺が交差したところです。次に、吐き気には巨闕(こけつ)です。みずおちの下のツボですが、胃の不調に効果があります。肝機能をよくするツボは大衝(たいしょう)です。足の親指と人差し指の間の手前のツボです。

飲んだ日の寝る前のシジミ汁は二日酔い対策になる?

出典: https://trendripple.jp

二日酔いにシジミ汁がいいという話を聞いたことがある人がいるかもしれませんが、その理由は、シジミ汁には肝臓の働きを強化する複数のアミノ酸が含まれているためです。たとえば、シジミ汁に入っているタウリンは肝臓の機能を強めます。また、オルニチンは、アンモニアの分解を進めることで肝臓本来の機能を回復させ、二日酔い対策になります。

吐き気がある場合は吐いてしまうこと

出典: https://monogaku.com

お酒が強い人の場合、吐き気などの症状は翌日に二日酔いとして現れますが、お酒が弱い人の場合は、お酒を飲んでいる間やお酒を飲んだ日の寝る前に早くも吐き気を訴える場合があります。そのような場合は、無理をせずに吐けるものは吐いてしまいましょう。寝ている間に吐しゃ物がつっかえて、窒息してはいけないからです。

トマトジュースで二日酔い対策

出典: http://www.kagome.co.jp

飲んだ日の寝る前にトマトジュースを飲むのもおすすめの方法です。実際に効果があったという口コミもありますが、トマトにはリコピンという成分が含まれています。この成分がアセトアルデヒドの働きを抑えます。また、そのほかにも胃の粘膜を守ったり、肝臓の働きを強化する成分も入っているので、二日酔い対策にはぴったりです。

グレープフルーツジュースでも対策になる

出典: https://mognavi.jp

二日酔いの対策に寝る前のトマトジュースも効果が期待できますが、グレープフルーツジュースでも構いません。グレープフルーツジュースには果糖が含まれていますが、この成分がアルコールの分解を促します。また、同じくグレープフルーツジュースに入っているクエン酸が胃の粘膜を保護します。したがって、二日酔い対策に適しています。

飲んだ日の寝る前の漢方薬も二日酔い対策に

出典: http://www.tsumura.co.jp

五苓散(ごれいさん)という漢方薬がありますが、めまい、腹痛、頭痛、吐き気などに効果があります。この効果を見ると、まさに二日酔いの症状が当てはまります。五苓散を飲むタイミングですが、飲んだ日の寝る前に摂取すれば、二日酔いにならない可能性があるし、なっても軽く済むかもしれません。五苓散はおすすめの対策方法です。

Thumb飲み会後に送るお礼メールのおすすめは?好感度アップな文面を紹介!

二日酔いにならない方法は飲む前と飲んだ後にも

飲む前が肝心の二日酔い対策

出典: https://cucanshozai.com

お酒を飲む前は、何かを食べてからにしましょう。空腹時にお酒を飲むと、アルコール分がストレートに吸収されるので、早く体内を巡ります。そうなれば、肝臓の働きが間に合わず、分解されないアセトアルデヒドが体のあちこちで暴れまわります。まさに二日酔いに直結です。したがって、お酒を飲む前に何かを食べ、二日酔い対策としましょう。

ヘパリーゼ・サプリを活用

出典: https://www.amazon.co.jp

ヘパリーゼ・サプリには、肝臓の細胞を生まれかわらせる成分が入っています。肝臓水解物という成分です。この肝臓水解物の働きで、肝臓への血液の流れがよくなり、肝臓は新鮮な状態に生まれ変わろうとします。したがって、ヘパリーゼ・サプリを摂れば、肝臓の働きがよくなる可能性があり、二日酔い対策になります。飲む前の対策が効果的です。

ウコンで二日酔い対策になる?

出典: http://ukonn.com

お酒を飲む前のウコンが二日酔い対策になるという記事をよく見かけます。しかし、これについては反対意見もあります。どちらが正しいのか簡単には判断はできませんが、仮に効果がある方法だとしても、摂り過ぎが逆に肝臓によくないとされているので、飲む量に注意しましょう。それさえ気を付ければ、二日酔い対策になる可能性はあります。

胃薬を飲む

出典: http://ohta-isan.co.jp

二日酔いの症状に胃痛、胃もたれや吐き気などがありますが、そんな時は胃薬を飲みましょう。アルコールは胃酸の分泌を促し、この胃酸が胃の粘膜を傷める恐れがあるので、胃腸薬は二日酔いによる症状のうち胃に関するものの対策となります。胃薬には即効性のあるものもありますが、効かない場合は1週間くらい飲み続けてもいいでしょう。

飲んだ後はよく寝ること

出典: http://blog.livedoor.jp

ぐっすり寝ることが二日酔いにならない対策方法だとは言えませんが、飲んだ日は睡眠時間を長くしたほうがいいです。というのは、アセトアルデヒドは睡眠中によく分解されるからです。また、睡眠時間が短いと、肝臓はアセトアルデヒドの分解だけに追われ、他の代謝やエネルギー生産までできません。そうなれば、二日酔い特有のだるさに悩まされます。

Thumb中締めの挨拶のやり方は?飲み会や宴会で使える例文を紹介!

二日酔いにならない対策方法まとめ

出典: https://matome.naver.jp

ここまで、二日酔いの症状と原因、飲んだ日の寝る前にすべきこと、飲む前と飲んだ後の対策などについて解説しました。その二日酔いですが、お酒を飲むこと自体は楽しくても、翌日はつらいです。したがって、二日酔いにならないようにさまざまな対策を立てる必要があります。そのための方法はいくつか紹介したので、参考にしてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ