子供にかかるお金はどれくらい?教育費用など生涯にかかる金額を調査!

子供を一人前の大人に育てるのは大変です。なにが大変かと言えば、お金がかかるのです。もし子供を大学まで卒業させるとなると、その教育費用は大きな負担です。生涯でどのくらいかかるのか、計算した人もいるかもしれませんが、相当なお金が必要です。

子供にかかるお金はどれくらい?教育費用など生涯にかかる金額を調査!のイメージ

目次

  1. 子供1人にかかる教育費用と今からできるお金の貯金方法
  2. 子供にお金はどれ位かかる?教育費用は?
  3. 子供にかかるお金の合計は?生涯かかる教育費用の平均
  4. 子供にかかるお金はどれ位貯金してる?
  5. 子供にかかるお金を貯金しよう!教育費用を貯めるコツ
  6. 子供にかかるお金で困ったときの奨学金について
  7. 子供の大学までの期間は18年間!それまでに教育費用を貯金しよう

子供1人にかかる教育費用と今からできるお金の貯金方法

出典: https://garagaragara.com

子供1人の教育費用は、数百万円から数千万円かかると聞くと、そんなにと驚く親御さんもいます。これは1人にかかる費用で、複数になればこの数倍は必要です。しかし、驚いているばかりではいけません。必要なものは必要だからです。そこで、今回は、子供1人の教育費が生涯でどのくらいかかるのかとその費用を貯金して準備する方法を解説します。

子供にお金はどれ位かかる?教育費用は?

子供が幼稚園に行くのに必要なお金

出典: https://mamari.jp

小さな子供が通う幼稚園ですが、たかが幼稚園などとばかにしてもいられません。幼稚園の学費も決した安くはありません。まず、公立幼稚園の場合ですが、授業料、給食費、園外活動費などを合わせて、年間に22万円ほどかかります。これが私立幼稚園ともなると、全部で年間に50万円ほど必要です。ただ、これらは平均値で、もっと高い場合もあります。

子供が小学校に通うお金

出典: https://www.excite.co.jp

子供が小学生ともなると幼稚園以上にお金がかかるのですが、その金額を見てみましょう。公立小学校の場合は授業料は無料です。ただし、給食費、学校外活動費、修学旅行代、学用品代などで年間32万円ほどかかります。私立小学校の場合はこのほかに授業料も必要で、しめて年間に150万円ほどかかります。しかも、これが6年続くのですから大変です。

公立中学校にかかるお金

出典: https://setsuyaku-monogatari.net

公立中学校の授業料も公立小学校同様無料です。しかし、子供が中学生になると、小学生以上にお金がかかります。給食費、学校外活動費、修学旅行代、学用品代のほか、制服代なども必要で、合計すると年に48万円程度かかるのです。公立中学校だからいいとばかりは言っていられません。

中学生で月額13万円

出典: https://resemom.jp

公立中学校に子供が通う費用も決して安くはありませんが、私立中学校ともなると、一段とお金がかかることになります。私立中学校の場合は、授業料、施設費、通学費などの費用も必要で、月額では13万円、年間にすると150万円くらいは準備しなければいけません。私立のほうが公立よりもいいと考える親御さんもいますが、お金の負担は大きいです。

子供が公立高校に通うとお金はいくらかかる?

出典: https://www.benesse.jp

公立高校の場合,高校授業料無償化(高等学校等就学支援金制度と言う)の対象になっているので、授業料はタダです。ただし、所得制限があるために一部の人は授業料を納める必要があります。ここでは、、両方を平均した数字をもとに年間の学費を計算してみましょう。内訳は、授業料、学校教育費、学校外活動費などで、年間40万円程度必要です。

私立高校ならお金はいくらかかる?

出典: https://www.benesse.jp

私立高校の授業料にも高等学校等就学支援金制度が適用されますが、一部の補助にとどまっています。支給額は公立高校の場合と変わらず、全日制高校で9900円です。しかし、それだけでは私立高校の高い学費には足りません。授業料の援助があったとしても、私立高校の場合、年間に100万円から110万円かかるので、親御さんも楽ではありません。

子供が大学まで進学するとお金が大変

出典: https://www.kyotogakuen.ac.jp

子供が高校を卒業して就職してくれれば、教育資金はそこまでの負担で済みますが、多くの高校生が大学進学を目指すのでそのお金も準備しなけれいけません。その場合、国公立大学に進むのか私立大学にするのかどの学部を選ぶのかなどによって、学費が変わってきます。場合によったら、4年間で1000万円を超える場合もあります。

国公立大学にかかるお金

出典: https://zoomer.hatenablog.com

子供が国公立大学に進学した場合、学部による学費の差はあまりありません。とはいえ、高校までとはかかる費用が違います。4年間国公立大学に在学したとすると、500万円近いお金がかかります。大学の場合、入学金や授業料も高いために、このような数字となっています。ここまでくると、ある程度必要な教育資金を貯金しておかないと間に合いません。

もし子供が私立大学に進んだら

出典: http://www.asia-now.net

子供が国公立大学に進んだ場合の教育費用もばかになりませんが、私立大学ともなるとさらに上乗せがあります。入学金、授業料、施設費などすべての面で割高です。私立大学の文科系の場合に必要な費用は、おおよそ4年間で700万円程度、理系なら880万円くらいは準備しなければいけません。これが医学部ともなれば、1000万円は優に超えます。

ここまで上げた数字には家庭教育費も含まれる

出典: http://www.garbagenews.net

ここまで、幼稚園から大学に進むのに必要な教育費用を見てきましたが、その数字についてはさまざまな調査結果があります。その中の代表的なものを挙げたものの、他と結果が異なるという人もいるでしょう。その理由は、この調査結果には、家庭学習費も含まれているからです。塾代、家庭教師代、通信教育費、参考書代なども考えての費用なのです。

入学試験にかかるお金

出典: https://ameblo.jp

各学校の入学金や授業料にかかるお金に比べれば小さい数字ですが、入学試験の費用も頭に入れておく必要があります。順番に並べてみましょう。私立中学の受験料は1万8000円くらいです。公立高校の受験料は2200円、私立高校は1万6000円程度です。

大学の受験料はこのくらい

出典: https://juken.oricon.co.jp

大学の受験料も見てみましょう。センター試験検定料は1万2000円から1万8800円です。国公立大学の検定料は、前期も後期も1万7000円です。私立大学の受験料は大学によって差がありますが、平均すると3万5000円くらいです。大学の受験料はそれほど高いわけではありませんが、これも子供の教育費用として含めておきましょう。

子供が実家を離れて大学に通うのにかかるお金

出典: https://www.interior-heart.com

大学生になると、実家を離れて一人暮らしをしながら大学に通うことがありますが、その場合の費用も親が出さなければいけません。たとえ大学生がアルバイトするにしても、すべての生活費を自分で賄うことはできないでしょう。その場合いくらかかるかですが、受験費用、敷金・礼金、家賃、生活用品などで80万円くらいは必要です。

子供にかかるお金の合計は?生涯かかる教育費用の平均

すべて公立なら生涯でいくらかかる?

出典: http://www.homemate-research.com

親の経済的負担を考えたら、子供には公立幼稚園や公立学校、国公立大学に進んでほしいものですが、それでも合計の費用となると決して低くはありません。生涯でだいたい1000万円くらいはかかります。この金額を見てみると、公立だから安心とばかりは言っていられません。ある程度の貯金をしておかないと、行き詰ってしまいます。

幼稚園だけ私立にした場合

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

幼稚園だけ私立に進んでもらい、後はすべて公立学校を選んだ場合のことを考えてみましょう。この場合は、生涯に必要な教育費用が少し高くなります。平均すると、1090万円くらい必要です。幼稚園と言えども、私立となるとそれ相応の学費がかかります。ただ、近くに私立幼稚園しかなければ、選択せざるを得ないこともあるでしょう。

高校だけ私立の場合

出典: https://resemom.jp

高等学校等就学支援金制度というありがたい制度があるにしても、私立高校の授業料は高いし、入学金、設備費、制服、修学旅行代、校外活動費などの金額も公立高校よりも全般的に上回っています。したがって、高校だけ私立を選んだ場合は、意外に生涯にかかる教育資金が高くつきます。1180万円くらいは必要でしょう。

幼稚園と高校が私立なら

出典: http://rich.xrea.jp

親としては、子供が私立に行くとしても、一つの幼稚園か学校にとどめておいてほしいものですが、そううまくいくとは限りません。ここでは、子供が私立幼稚園と私立高校に行った場合の生涯の教育費用を見てみましょう。この場合は、1300万円くらいのお金を準備しなければいけません。私立が二つともなると、かかる費用も多くなります。

公立が小学校だけの場合の生涯の教育費用

出典: https://www.mamatenna.jp

小学校だけ公立に行くとすると、生涯の教育費用もさらに高くなります。さすがに幼稚園、中学校、高校、大学と私立にすると、親御さんの負担も大変です。この場合は、平均していくら生涯にかかるかというと、私立大学の文系を選ぶと1700万円程度かかります。理科系なら1900万円は準備しなければいけません。ため息が出てしまいます。

中学と高校が私立の場合

出典: http://roam2rome.com

中学校と高校だけ私立に通うというパターンの学生は結構います。中学・高校と一貫校となっている場合などが当てはまります。この場合は、小学校だけ公立よりは教育費用が安くなります。生涯で1400万円くらいかかります。中学校と高校だけ私立を選ぶ背景には、公立学校のいじめを避けるという意味もあるようですが、金銭的な負担は低くはありません。

お金は合計2400万~3000万円

出典: http://www.shidaikyo.or.jp

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学のすべてが私立であるという子供もいますが、この場合は生涯にかかる教育費用が他の場合と大きく異なります。では、すべて私立の場合はいくら必要かというと、2400万~3000万円です。公立ばかり選んだ場合との違いに驚いてしまいます。私立には私立なりのメリットはありますが、お金はかかります。

進学パターンによっては3000万円程度かかることも

出典: http://www.cjcpro.jp

生涯にかかる教育費用が3000万円と聞くと、どうしてそんなに必要なのかと訝る人もいるでしょうが、これは私立大学の医学部に子供が進学した場合です。私立大学経由で医者になるのは大変で、親御さんにとっても人生がかかる大勝負です。高いお金を使ってでも子供を医者にしたいという夢があればこその支出となります。

子供にかかるお金はどれ位貯金してる?

学資保険加入者の月々の貯金額

出典: https://hoken-bridge.jp

学資保険加入者の月々の貯金額を見てみると、1万~1万5000円という人が多いです。続いて、1万5000~2万円となります。意外に低い数字です。これは、学資保険で必要な生涯の教育費用を準備しているので、それほど貯金には回せないという事情があるからです。それだけ学資保険の重要性が大きいわけです。

学資保険未加入者の月々の貯金額

出典: https://kakakumag.com

学資保険未加入者の場合、月々の貯金額は1万~1万5000円という人が最も多く、ついで5000~1万円となっています。この数字を見ると、学資保険加入者と同じかそれよりも低くなっています。学資保険も未加入で貯金額も少ないと、教育費用の捻出は大変です。しかし、中には月5万円以上貯金して、子供の生涯の教育費用の準備をしている人もいます。

2人以上の世帯の平均貯金額

出典: https://momonestyle.com

「家計の金融行動に関する世論調査」という調査結果があるので、それを参考に2人以上の世帯の平均貯金額を見てみましょう。数字は平成24年のものですが、1108万円です。そんなにと驚く人もいるでしょうが、これは20~60歳すべての人の調査結果です。子供を育てている若い世代だけを見れば、平均貯金額はもっと下がります。

子供の教育費用が必要な年代は?

出典: http://news.line.me

子供の教育資金を準備しなければいけないのは、20~40代の世代である場合が多いです。したがって、その世代の平均貯金額を並べてみましょう。20代の平均貯金額は365万円です。しかし、借入金の平均額が433万円となっています。30代の平均貯金額は600万円、借入金は798万円です。40代の貯金額は962万円、借入金は946万円です。

貯金額が多くても借入金がある

出典: https://camily.jp

どの年代もそれなりに貯金をしていることはわかりますが、借入金の額も多いです。これは住宅ローンなどの占める割合が高いからです。また、貯金額をすべて子供の教育費用に使えるわけではありません。したがって、貯金が多くても安心して子供の教育ができると決めてかかるわけにはいきません。

子供を育てるのに月収はいくら必要

出典: https://ten-navi.com

子供の生涯の教育費用のために貯金が重要であることは当然としても、毎月いくら稼げば学費などのお金を捻出できるでしょうか。これは、年代や子供の進学先によっても変わってきますが、20代の親なら月に25万円くらいほしいところです。これが40代ともなれば、35万円くらいは必要です。ただし、夫婦の稼ぎの合計額です。

子供にかかるお金を貯金しよう!教育費用を貯めるコツ

子供の教育費の目標額を定めよう

出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com

子供の教育費がいくらかかるのかおおよその額は説明しましたが、まずは子供ごとに必要な額を概算でいいので出してみましょう。この子はずっと公立に行かせるということならいくら、私立も混ぜるのならいくらと目標額を定めるのです。それによって、毎月どのくらい貯金をすればいいのかが把握できます。

子供のために必要な月々の貯金額を決める

出典: http://suumo.jp

子供が何歳の時点で生涯にかかる教育資金を計算したかにもよりますが、おおよその額がわかったら、次はそのお金を捻出するには毎月いくら貯金をすればいいのか考えてみましょう。たとえば、まだ幼稚園に入る前の子供ですべて私立を選ぶとすると、最低でも2400万円必要です。その場合、月々10万円くらい貯金しなければいけません。かなり大変です。

自動積立定期預金でお金を貯める

出典: http://okane-bank.com

毎月普通に貯金をしていくとなると、まとまったお金を貯めるのは簡単ではありません。貯金しているつもりでも、つい使ってしまう場合があります。そうなれば、子供の教育資金どころではありません。そんな問題を解決してくれるのが自動積立定期預金です。毎月決まった額を定期預金に強制的に積み立ててくれるので、自然にお金が貯まります。

給料日の翌日を積み立て日とすれば

出典: https://allabout.co.jp

自動積立定期預金の積み立て日と積み立て金額は自由に設定できるのですが、仮に給料日の翌日に普通預金口座から定期預金口座へ積み立てが行われるようにしておけば、貯金額を差し引いたお金が生活費となります。これならば、無理なく積み立てができ、子供に必要な教育資金を貯められます。定期預金の性質上、簡単にはお金を下ろすことはないからです。

子供のためとは言っても無理はしない

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

自動積立定期預金は効率的な貯金方法ですが、毎月の貯金額を無理な額に設定してはいけません。いくら子供のためではあると言っても、生活に支障をきたすような積み立て額にすれば、結局は解約せざるを得なくなります。したがって、必要な教育資金と毎月の生活費のバランスを見ながら、上手に積み立てていく必要があります。

イオン銀行の積立式定期預金を紹介

出典: https://tsumitate.builders

自動積立定期預金を提供している銀行はたくさんありますが、ここでは、イオン銀行の積立式定期預金を取り上げてみましょう。イオン銀行の積立式定期預金にはいくつかメリットがあります。そのうち特筆すべきなのが金利が年0.15パーセントと高いことです。また、ボーナス月など積み立て額を増額したければ、年6回まで可能です。

一般財形貯蓄でお金を貯める方法も

出典: https://allabout.co.jp

自分が勤めている会社が財形貯蓄制度を導入しているのなら、利用することができます。財形貯蓄とは、給与の一部を天引きして、貯金する方法です。これなら、子供の教育資金を確実に貯められます。ただし、財形貯蓄には、一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3種類あります。このうち、教育資金の貯金に役立つのは一般財形貯蓄です。

財形貯蓄を利用できる人

出典: https://money-kyokasho.com

財形貯蓄を利用するには、少なくとも会社がその制度を導入している必要はありますが、その条件さえ満たせば、勤労者はすべて加入できます。勤労者と言った場合、雇用形態は問題にはなりません。公務員でも船員でも加入できます。また、パートやアルバイトの人も雇用期間が長くなる見込みなら、利用可能です。

財形貯蓄で天引きされる給料

出典: https://mamari.jp

財政貯蓄で天引きされる給与には、月給、諸手当、ボーナスなどが含まれます。これらの給与から一定の金額が差し引かれた額が受け取る給与となります。ただし、福利厚生のお金は天引きされません。天引きされた給与は、会社側が金融機関に納め、金融機関側で新たに財形貯蓄口座を作成して、貯金額を管理してくれます。

財形貯蓄制度のいい点

出典: https://upset-review.com

財形貯蓄を利用する場合は、いちいち金融機関に足を運ぶ必要がありません、会社側が手続きをしてくれるので、それを待つだけです。また、一般財形貯蓄の場合、1年経過すれば、引き出しは自由です。ただし、教育資金を貯めるのが目的なら、もっと長く貯金を続ける必要があるでしょう。なお、一般財形貯蓄は何に使おうが自由です。

子供の教育資金を貯めるのなら学資保険がある

出典: https://www.hokende.com

学資保険とは、子供の教育資金を確保する目的で毎月一定の保険料を納めていく保険です。学資保険は目的が教育資金一つに絞られているので、ほかのことに使ってしまう心配がありません。子供の教育費はとても高いので、要所要所で学資保険が生きてきます。

親に万一のことがあっても子供は安心

出典: http://bunshun.jp

貯金の場合、どんな形態であれ、親に万一のことがあれば、それ以上は続けられなくなります。一方、学資保険は、そのような場合でも、それ以降の保険料の支払いは免除されるうえに、お祝い金や満期金は保証されます。したがって、親が学資保険に加入してくれれば、子供も安心です。

学資保険の加入時期

出典: https://www.hoken-buffet.jp

学資保険にはいくつかの加入時期があります。まず、出産前に加入できる保険です。少し気が早いですが、将来生まれてくる子供のことを考えたらこれもありです。次に、出産後1歳になるまでに加入というパターンがあります。このパターンは最も多くなっています。最後は、小学校入学前に加入という人です。これが最終限度です。

税制面で優遇されている学資保険

出典: https://30hoken.com

学資保険には生命保険料控除が適用されます。したがって、納税額が低くなる場合が多いです。次に、支払った保険料と受け取った給付金の差が小さい場合は、所得税は課税されません。では、どのくらいの差の範囲内ならいいのかというと、50万円です。多くの学資保険では、保険料と給付金の差は小さいので、事実上非課税です。

学資保険には元本割れのリスクがある

出典: https://dual.nikkei.co.jp

子供の教育資金を貯めるのに役立つ学資保険ですが、いいことばかりではありません。元本割れのリスクがあるのです。学資保険は保証が充実している分、保険料は割高です。そのために、支払った金額が受け取る金額よりも上回ってしまう商品があります。特に、途中解約した場合は、元本割れを覚悟しなければいけません。

持病がある人は難しい場合も

出典: https://www.sangfroid.com

学資保険は、親に万が一のことがあった場合は、その後の保険料が免除されます。それだけに、親(契約者)に持病があると、加入がしにくい場合が多いです。持病がある人は、万が一になる恐れが高いというわけです。しかし、持病がそれほど重くなければ、加入条件を満たす場合もあるので、あきらめずにいくつかあたってみましょう。

Thumb学資保険とは?必要性や特徴を解説!子供の教育資金は早めに貯めよう!

子供にかかるお金で困ったときの奨学金について

日本学生支援機構の奨学金って?

出典: https://ja.wikipedia.org

日本学生支援機構はいくつかの組織が合併して誕生しましたが、その主な事業に奨学金制度があります。経済的な困難に見舞われ、学業を続けるのに支障がある学生に対して、お金を貸したり、給付したりしているのです。給付型の奨学金には、国内奨学金と海外留学奨学金があります。

貸与型奨学金について

出典: https://shogakukin.jp

日本学生支援機構の貸与型奨学金には3種類あります。無利息の第一種と利息が付く第二種、入学時に借りる入学時特別増額貸与です。まず、第一種は、学校の種類、自宅から通うか下宿先から通うかなどによって、貸与額や貸与条件が異なっています。一方、第二種は利息が付くだけに、条件のいかんを問わずに希望額を借りられます。

給付型奨学金について

出典: https://yomidr.yomiuri.co.jp

日本学生支援機構の給付型奨学金は、返済の必要がない奨学金です。それだけに、同じ奨学金を受け取るのならこちらのほうがいいと考えるでしょうが、給付型奨学金を受け取るのには条件があり、その条件が厳しいです。まず、親が生活保護を受給しているか住民税非課税世帯かなどの条件があります。しかも、成績や部活動の実績なども評価対象です。

日本学生支援機構以外の奨学金

出典: https://berd.benesse.jp

奨学金制度を設けているのは、日本学生支援機構だけではありません。ほかにもあります。たとえば、多くの私立大学では独自の奨学金制度を導入しています。また、地方自治体でも奨学金を貸与しているところがあります。また、あしなが育英会や交通遺児育英会、新聞配達奨学金など民間の制度もあります。奨学金は併用できる場合があります。

知っておきたい奨学金のリスク

出典: https://magazine.pha-net.jp

給付型の奨学金なら問題は生じませんが、貸与型の奨学金は卒業後返済が待っています。日本学生支援機構の場合、その返済が滞ると5パーセントの延滞金が課せられ、さらに3か月滞納が続くと信用情報機関のブラックリストに入っていまいます。また、延滞があると、保証人に督促が行き、それでも返済が行われないと、一括返済を求められる場合があります。

Thumb奨学金制度とは?種類や手続き方法から返し方までを詳しく解説!

子供の大学までの期間は18年間!それまでに教育費用を貯金しよう

出典: https://mag.sendenkaigi.com

ここまで、子供にかかる教育費用についてさまざまな観点から解説しました。親にとって、子供の教育費用は頭の痛い問題です。入学、通学、卒業とその都度お金を準備するのは簡単ではありません。そこで重要になってくるのが、いかに教育費用を貯金しておくかということです。この記事でも効果的な貯金方法を紹介したので、参考にしてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ