不動産の仲介手数料の計算方法を徹底解説!無料になるケースはある?

不動産の仲介手数料に注目をして、その計算方法について具体的に解説を行っていきます。不動産の仲介手数料については、無料になるケースもあるのかという視点も持ちつつ紹介していきます。賃貸物件も含めて、仲介手数料の価格相場を具体的に取り上げていきます。

不動産の仲介手数料の計算方法を徹底解説!無料になるケースはある?のイメージ

目次

  1. 不動産売買の仲介手数料を知っておこう!
  2. 不動産売買の仲介手数料について
  3. 不動産売買の仲介手数料の相場は?計算方法も解説!
  4. 不動産売買の仲介手数料が半額や無料に値引きするケースがある?
  5. 不動産の賃貸仲介手数料についても解説!
  6. 不動産売買の仲介手数料についてまとめ

不動産売買の仲介手数料を知っておこう!

出典: https://e-dge.life

不動産売買における仲介手数料にちて、計算方法も含めて具体的な解説を行っていきます。不動産の売り買いをする際に発生してくるのが仲介手数料と呼ばれる費用です。賃貸物件を借りる際にも仲介手数料は発生することになります。その相場や上限金額を知っておくこともポイントです。不動産と仲介手数料の関係について、具体的に確認していきましょう。

不動産売買の仲介手数料について

仲介手数料は宅地建物取引業法によりルールがある

出典: https://manetatsu.com

まず、不動産売買における仲介手数料の考え方ですが、仲介手数料は宅地建物取引業法によって定められたルールがあると考えることができます。仲介手数料は不動産売買が成立した場合に、仲介を担当した不動産会社に対して支払うお金です。不動産会社への成功報酬と考えることもできます。仲介手数料は、法律よって定められているルールということです。

上限額計算方法も決まっている

出典: http://www.alps-kensetsu.com

実際に宅地建物取引業法においては仲介手数料に関するルールとして、計算方法に関する規定も設定しています。売買価格が200万円以下にかかる仲介手数料については5.4%、売買価格が200万円以上400万円以下にかかる仲介手数料は4.32%、さらに売買価格が400万円以上にかかる仲介手数料については3.24%という形で、乗算する数字が決まっています。

仲介手数料はコストや手間賃

出典: http://www.30investor.com

不動産会社が売主と買主の間に入って取引を仲介することによって、不動産の売買契約が成立することがほとんどです。もちろん、個人的な契約で不動産会社を挟まなければ仲介手数料を支払う必要もありませんが、不動産会社がいなければ、さまざまなコストや手間を自分たちで負うことになります。そのコストや手間賃として、仲介手数料があると言えます。

個人では太刀打ちできない

出典: http://www.kyo-wa.jp

そもそも、個人で不動産を売買しようとしてもどのように周知させれば良いのかという点から開始することになります。一般的に不動産を購入しようとする人は、不動産会社のサイトを閲覧したり、実際に不動産屋を訪ねたりすることがほとんどです。個人で勝負しようとしても太刀打ちできることではありません。そのため不動産会社の価値が大きくなります。

買い手を探す方法

出典: http://www.houses.yokohama

家や土地を売るためには買い手を捜す必要があります。不動産会社に依頼することで、近隣住民へチラシを配ってくれたり、顧客へ宣伝してくれたりするといった方法を実行してもらうことができます。個人であれば、親戚や友人の中から買い手を探すのが精一杯であり、そこまで広範囲に働きかけることができません。そのため、仲介手数料が必要となります。

専門的な知識も必要

出典: https://oyaji.co.jp

また、実際に不動産の買い手が見つかった場合、不動産売買に関する専門的な知識も必要とされます。例えば、契約条件の交渉や売買契約の締結、さらには売買業務の引渡し業務といったことを次々と行っていく必要があります。これらの手続きを進めていくためには、相応の知識が求められます。その点においても、不動産会社の力が必要となってくるのです。

安心して取引を進めるための費用

出典: http://suumo.jp

つまり、仲介手数料とは、不動産売買におけるあらゆる事項をお任せする代わりに不動産会社に支払う費用と考えることができます。仲介手数料の支払いを避けたいがために、個人で頑張るという選択肢は無謀な挑戦とも言えます。不動産会社に不動産売買の手続きを任せておけば、安心して取引をすることもできます。そのための費用と考えておくのが賢明です。

Thumb「媒介」と「仲介」の違いを徹底解説!不動産の基礎知識を学ぼう!

不動産売買の仲介手数料の相場は?計算方法も解説!

計算方法の理解

出典: https://kawlu.com

不動産売買時に必要となる仲介手数料について、その考え方や必要性を理解しておくことがポイントです。その上で、仲介手数料の計算方法や相場についても確認を行っていきます。上段でもご紹介したように、不動産売買の仲介手数料については一定の計算式が定められています。その計算方法も理解しつつ、仲介手数料を計算していくことがポイントです。

仲介手数料の計算方法

出典: https://ozappa.com

不動産売買における仲介手数料については、宅地建物取引業法によって一定の計算方法が定められています。200万円以下の金額について5.4%、200万円超400万円以下については4.32%、400万円超の金額については3.24%の数字を乗算することになっています。例えば、不動産売買代金が1,500万円だった場合についての上限目安金額を確認していきます。

不動産価格が1,500万円の場合

出典: https://imirai.co.jp

不動産価格が400万円を超えていても、単純に3.24%を掛けるわけではなく、それぞれの金額区分に対して仲介手数料率を乗算していくことになります。不動産価格が1,500万円だった場合、まず200万円部分に5.4%乗算されて10万8,000円という仲介手数料が発生します。続いて200万円超400万円以下の金額に4.32%乗算して、8万6,400円が発生します。

55万800円の仲介手数料

出典: http://sumaizakki.blog5.fc2.com

ここまでで1,500万円のうち、400万円分は仲介手数料の計算を終えました。そして残りの1,100万円について、400万円超の乗算率となる3.24%を乗算していきます。1,100万円×3.24=35万6,400円となります。そして、最後に3つの金額を足していきます。全ての計算金額を足していくと、55万800円が仲介手数料として発生することになります。

物件価格の3%+6万円

出典: https://www.kurachic.jp

上記の計算方法に則って仲介手数料の計算を行っても問題ありませんが、400万円を超える不動産に関しては3段階の計算となってしまい、煩雑な方法と言えます。そこで、より簡素な計算方法として、物件価格の3%+6万円という計算式を挙げることができます。これに現在の消費税である1.08%を乗算することで、同じような計算をすることができます。

簡素な計算方法でミスを減らす

出典: https://hikarinobe.com

(1,500万円×3%+6万円)×1.08%を計算していくことで、55万800円という仲介手数料を導き出すことができます。最後の1.08%部分については、消費税率となるので、その時点での消費税率を乗算しておけば問題ありません。3段階で計算をしていくとミスも出やすくなってしまいます。より簡素な方法で計算することで、ミスを減らすことができます。

不動産価格が1,000万円の場合

出典: https://iepota.com

例えば、不動産価格が1,000万円だった場合も簡単に仲介手数料を計算することができます。(1,000万円×3%+6万円)×1.08%で38万8,800円という金額を計算することができます。この計算方法を用いれば、自分でも簡単に仲介手数料を計算することができます。ここで計算しているのは、仲介手数料の上限額であり、実際とは異なるケースも出てきます。

相場は不動産会社によって異なる

出典: http://www.sutekiresidence.jp

不動産売買における仲介手数料の計算方法について確認することができたら、その相場感についても確認を進めていきます。上記で取り上げた計算方法については、あくまでも仲介手数料の上限金額となります。それ以上の仲介手数料を取ってはいけませんという金額です。したがって、相場に関しては不動産会社によって異なるというのが実際のところです。

仲介手数料を支払うタイミング

出典: http://hawaii-oahu.hateblo.jp

また、実際に仲介手数料を不動産会社に支払うタイミングについても確認しておく必要があります。仲介手数料については成功報酬の原則となるので、売買契約が成立した時点で不動産会社に請求権が生じることになります。しかし、実際には不動産の引き渡しが完了していない時点で仲介手数料を支払うことは少なく、引き渡しの後で支払うことが一般的です。

支払いタイミングは事前に確認を

出典: https://house55.net

どの時点で仲介手数料を支払うのかについては、不動産会社と前もって話し合っておく必要があります。仲介手数料は大きな金額にもなるので、あらかじめ計画的に捻出しておく必要があります。上限金額についてもそうですが、不動産会社によって仲介手数料が異なることも多いです。その辺も含めて、事前に確認を取っておくことが大切なポイントと言えます。

仲介手数料以外にかかる費用

出典: http://www.rise-estate.com

また、不動産売買においては、仲介手数料以外の費用が発生するケースも出てくるので注意しておく必要があります。例えば、売主側の依頼で新聞広告を出して欲しいなどと提案した場合は、その実費負担として売主が負担することになることが通常です。新聞広告については、通常の広告費の範囲内で行うことが難しいため、売主の全額負担となるのです。

売主側の依頼であることがポイント

出典: https://centuryhome.jp

基本的に仲介手数料以外にかかってくる費用に関しては、売主側の依頼によって発生した費用であることが条件となります。通常の仲介業務として発生する費用に関して、費用の負担を求められることはありません。また実費であることもポイントです。新聞に載せる広告に関しては、実費で高額な料金がかかってくるので、売主側の負担となるのが一般的です。

仲介手数料の範囲でできる広告

出典: http://www.m20thdb.jp

例えば、売主側の依頼であっても、店頭広告として建物の見取り図を掲載して欲しいといった場合は、売主が費用を負担しなくても問題ありません。これは、通常の不動産会社が行うべき広告業務であり、例外的に発生する費用と言うことができないからです。一般的な仲介手数料の範囲でまかなえる部分については、売主側の負担となることはありません。

不動産会社の言いなりにならない

出典: https://www.startoneny.com

つまり、何らかの形で不動産会社から仲介手数料以外の費用を請求されそうになった場合は、仲介手数料の範囲内でできる作業ではなかったのか確認することが重要です。このことを知らずに不動産会社の言いなりになってしまうと、支払う必要がなかった費用まで負担させられることになります。この点を認識した上で、交渉を重ねていくことがポイントです。

不動産売買の仲介手数料が半額や無料に値引きするケースがある?

仲介手数料の相場感を確認

出典: https://top10.co.jp

不動産売買に関して、仲介手数料の計算方法や支払いタイミングについて理解しておくことが求められます。その上で、不動産売買の仲介手数料が半額や無料になるケースについて確認してきます。上段でもご紹介したように、上限一杯まで仲介手数料を取らない不動産会社もあります。その相場感や値引きできる金額について、具体的にご紹介していきます。

仲介手数料が無料になる理由は?

出典: https://ietoikiru.jp

不動産会社については、売主と買主から仲介手数料を得ることによって利益を上げて商売を成立させていると言うことができます。しかし、実際には仲介手数料を無料としている不動産会社もあります。だからこそ、仲介手数料を無料にするというのは大きなリスクであると考えることもできます。仲介手数料を無料にする理由について、具体的に迫っていきます。

買主の仲介手数料を無料にするパターン

出典: https://baikyaku-tatsujin.com

まず、前提として不動産会社の仲介手数料が売主も買主も両方無料になるということはありません。両方無料にしてしまうと、不動産会社の利益が0になってしまうからです。よくあるケースとしては買主だけ仲介手数料を無料にして、売主から仲介手数料を得るというパターンです。こうすることで、売主からの仲介手数料を得て利益を確保することができます。

買い手を見つけやすくなるから

出典: http://www.master-housing.com

不動産会社や売主としては、買主の仲介手数料を無料にすることで早く買い手を見つけることができるというメリットにつながるため、仲介手数料を無料にしています。これは1つの不動産会社が不動産売買の仲介をしている場合にできる事案です。不動産会社が複数絡んでいる場合は、買主の仲介手数料を無料にするということができないので注意が必要です。

売主の仲介手数料が割引になることも

出典: http://reblo.net

また、買主だけでなく、売主も仲介手数料が無料になったり割引されたりするケースもあります。買主の仲介手数料が無料であることによって買い手を見つけやすくするというメリットを挙げることができますが、売り手に関しても仲介手数料を安くすることで、売りやすい環境を整えるというメリットがあります。不動産売買を活性化するという狙いもあります。

売り手と買い手のどちらかから仲介手数料を得る

出典: https://oyaji.co.jp

例えば不動産会社が一つであれば、買主の仲介手数料を無料にして、売主の仲介手数料を半額や20万円引きなどといった数字にすることがあります。または、買い手の仲介手数料を半額にして売主の仲介手数料を半額にするといったパターンもあります。いずれにしても、売り手と買い手のどちらかから仲介手数料を得ることで、不動産会社の利益になります。

売主が不動産業者の場合

出典: http://zero-colle.com

また、新築物件に関しては、売主が業者となるので、買い手の仲介手数料が無料になるケースも多いです。売主が個人ではなく業者であれば、仲介手数料を上限一杯取りやすくなります。不動産会社同士の付き合いもあるので、なかなか値切るといったことができないからです。その場合は、買い手である個人が仲介手数料無料という恩恵を受けやすくなります。

買主が不動産業者の場合

出典: https://room-line.net

反対に買主が不動産業者である場合は、売主の仲介手数料が無料になったり値引きされたりするケースもあります。業者同士の取引に関しては、確実に仲介手数料が発生します。そのため売主が恩恵を受けることもあるのです。いずれにしても、買主と売主の双方が無料になることはありません。どちらかが仲介手数料を払うことで、不動産会社の利益になります。

値引き交渉における駆け引き

出典: https://asushia-home.jp

仲介手数料が無料になったり値引きされたりするケースについて知っておくことで、値引き交渉も行いやすくなります。例えば、自分が不動産の買主で売り手が業者であることがわかっている場合、値引き交渉も行いやすくなるのです。それは業者が確実に仲介手数料を支払うからです。こうした視点を持っておくことで、交渉を有利に進めることができます。

上限一杯払わないケースもある

出典: http://heyazine.com

したがって、仲介手数料の計算方法の箇所でもお伝えしたような金額を必ずしも払わなくて良いケースが出てきます。1500万円の不動産については、55万800円の仲介手数料が上限となりますが、例えば値引き交渉をして20万円引きとなることもあります。その場合は、35万800円の仲介手数料で済むということです。その辺の相場感を知ることも重要です。

まずは交渉することが大切

出典: http://xn--xmq9c802e93c4fa777rpo4c2ca.com

不動産価格が1,000万円のケースも同様であり、上限の仲介手数料として38万8,800円という数字が定められています。こちらも値引き交渉をして半額を取り付けることができれば、19万4,400円という金額で抑えることもできます。仲介手数料が無料になるかどれくらい値引きできるかは不動産会社によって異なります。まずは交渉してみることが大切です。

上限額を知らない人もいる

出典: https://www.smileplaza-chintai.jp

実際に不動産の売買を行って仲介手数料を支払った人の中には、上限額ということを知らずに支払っている人も多いです。それで納得していれば問題ありませんが、交渉の余地があれば交渉してみるのも悪い選択肢ではありません。相場に関して決まった数字があるわけではありませんが、安くする余地はあります。いろいろと話し合ってみることが重要です。

不動産の賃貸仲介手数料についても解説!

賃貸契約でも仲介手数料が必要

出典: https://www.chintai.net

不動産の仲介手数料については売買契約のみならず、賃貸契約を結ぶ際にも支払うべき費用として認められることになります。実際に賃貸を借りる際に仲介手数料を支払った経験がある人も多いでしょう。賃貸契約についても、一定の相場があり仲介手数料を支払う必要があります。賃貸の場合の仲介手数料の考え方について、具体的にご紹介していきます。

なぜ仲介手数料を払わないといけないのか

出典: https://family.kyoto-life.jp

売買の場合もそうですが、賃他の場合も仲介手数料を支払う必要が出てきます。なぜ仲介手数料を支払わなければならないのかという疑問も出てくるところです。売買の場合もそうですが、賃貸契約を結ぶ場合も、条件にあった部屋を探したり、内見をしたり契約を締結したりといった作業が発生します。それらの手間賃として、仲介手数料が必要となります。

不動産会社への感謝の費用

出典: http://kawasakichintai.jp

賃貸物件を探す時も、不動産会社の担当者が内見に案内してくれますし、契約書類の整理や入居審査、大家との交渉も一手に担うことになります。そうした不動産会社の支援があってこそ、賃貸を借りることができるのです。そのため、借り手としては不動産会社に対する感謝の費用と考えることもできます。賃貸を借りる場合は確実に発生する費用とも言えます。

賃貸の大家も支払う仲介手数料

出典: http://www.kyoto-life.co.jp

また、賃貸物件の大家としても、個人で賃貸の借り手を探すのは限界があります。不動産売買の場合もそうですが、賃貸契約においても不動産会社の力を借りることによって、借り手を見つけることができるのです。そうしたサポート費用として一定の仲介手数料を支払う必要があります。それらの仲介手数料によって、不動産会社は経営を成り立たせています。

不動産会社はできるだけ1日で契約を決めたい

出典: https://offer.able.co.jp

賃貸の仲介手数料については、当然ですが賃貸契約が成立した時点で発生する費用です。部屋を見に行ったが実際に借りなかった場合は、借り手にも大家にも仲介手数料の支払い発生義務は生じません。不動産会社としては、できるだけ一日の内見で契約を決めたいのが本音です。何日もかけて部屋探しをサポートしても、もらえる仲介手数料は同じだからです。

家賃の1ヶ月が相場に

出典: https://sumai-hakase.com

実際の賃貸契約における仲介手数料については、家賃の半月分が原則です。これは建設省告示第1552号にも定められていることであり、本来は大家と借り手の双方から半月分の仲介手数料を得るのが不動産会社のあるべき姿です。しかし、実際の相場としては家賃の1か月分となることも多いです。それは、大家側の承認を受けることで可能となるからです。

大家の意向を反映

出典: https://katsuki-f.jp

賃貸物件の依頼者である大家が仲介手数料を支払わない代わりに、借主が1か月分の仲介手数料を負担しているということです。不動産会社としては合計1か月分の仲介手数料を得るのが限度なので、大家からもらっても借主からもらっても同じです。そうなれば大家側の意向を反映して、借主から1ヶ月分の仲介手数料を取ろうとするのも理解できることです。

相場の確認と交渉

出典: https://side-apart.com

つまり、賃貸物件の借り手としては本来の相場である半月分の仲介手数料であるところを、大家の分も含めて1か月分支払っているということです。原則や相場が半月分なのであれば、仲介手数料を安くしてもらう交渉の余地もあります。1人でも多くの顧客を成約させたいと考えている不動産会社であれば、交渉に応じてくれる可能性もあります。

トータルの金額に目を向ける

出典: https://myhome.nifty.com

仲介手数料が安くなったからといって必ずしも良いわけではありません。賃貸物件を借りる際には、礼金が発生することもあります。仲介手数料が半額になる代わりに礼金が高く設定されているのであれば、実質的な借り手の負担は同じということです。仲介手数料ばかりに目を向けるのではなく、トータルで支払う金額に目を向けることも大切なポイントです。

2年間の総額を視野に入れる

出典: https://gentosha-go.com

さらに言うのであれば、2年間のトータルで支払う金額に注目してみるのもポイントです。賃貸物件の場合は2年契約がほとんどですので、2年間でどのくらいのお金がかかってくるのが重要です。フリーレント期間があっても、解除料が高くなっているケースもあります。礼金なども含めて、総額としていくらくらいかかるのか視野に入れておくことも有効です。

無店舗型の不動産仲介サービスも登場

出典: https://realestate.yahoo.co.jp

近年では無店舗型の不動産仲介サービスも登場してきています。その場合は、仲介手数料が一律で3万円となるなど、普通の不動産会社を経由して物件探しをするよりも安く済ませることも可能です。賃貸探しの新たな手段として、無店舗型のサービスを利用してみるのもおすすめです。

不動産売買の仲介手数料についてまとめ

出典: https://www.f-signage.jp

不動産売買における仲介手数料の計算方法や相場、賃貸物件にかかる仲介手数料などについて具体的にご紹介してきました。不動産を売買したり賃貸契約を結んだりする場合は、仲介手数料が発生すると認識しておくことが大切です。不動産会社に対する成功報酬という見方をすることが重要です。計算方法も含めて、その考え方を認識しておくことが重要です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ