脱サラ成功者に学ぶおすすめの職業とは?起業のコツも紹介!

脱サラ成功者に学ぶおすすめの職業と題して、脱サラのコツについて具体的にご紹介していきます。脱サラをして起業を成功させるためには、コツが必要です。そのための秘訣について取り上げていきます。起業に向けたおすすめの職業も、具体的に解説している記事です。

脱サラ成功者に学ぶおすすめの職業とは?起業のコツも紹介!のイメージ

目次

  1. 脱サラ成功者はどんな職業?起業成功や失敗例も紹介!
  2. 脱サラとは?
  3. 脱サラ起業のコツはある?
  4. 脱サラ成功者の職業に迫る!
  5. 脱サラ成功者に学ぶおすすめ職業は何?
  6. 脱サラ起業の成功例
  7. 脱サラ起業の失敗例
  8. 脱サラについてまとめ

脱サラ成功者はどんな職業?起業成功や失敗例も紹介!

出典: https://gate-world.com

脱サラ成功者に学ぶおすすめの職業とは、一体どういった仕事なのか具体的にご紹介していきます。脱サラに憧れを持つ方は少なくありませんが、無計画に脱サラをしてしまうと取り返しのつかないことになる可能性もあります。脱サラに成功しやすい職業や失敗しやすい職業について理解することが重要です。起業の成功例も含めて、確認していきましょう。

脱サラとは?

組織に所属するのを辞めて事業を起こすこと

出典: https://casino-lab.com

最初に、脱サラとはいったいどういった言葉なのかについて確認を進めていきます。脱サラとは、組織に所属するのを辞めて新たに事業を起こすことを言います。脱サラリーマンの略語で、サラリーマンを辞めて独立、起業、開業することを脱サラと考えることができます。新たに自分でビジネスを起こすことが脱サラの定義であり、基本的な考え方と言えます。

脱サラは転職ではない

出典: https://www.faincu.net

単純にサラリーマンを辞めるだけでは、脱サラとは言いません。サラリーマンを辞めて、何らかのビジネスを始めることが脱サラの定義です。独立して仕事や商売を始めるのが脱サラであり、自分のやりたいビジネスを開始することも脱サラとしての定義に含まれます。起業や開業することが脱サラであり、転職とはまた違った考え方になるので注意が必要です。

自らの意思で新しい仕事を始める

出典: https://entrenet.jp

また、脱サラの考え方として、家業を継ぐためにやむを得ず会社を辞めたというようなケースも当てはまりません。あるいは、リストラされて他の職業に就いた場合や、スキルアップを目指しての転職といったケースも脱サラではありません。サラリーマンとして働いていた人が、自らの意思でサラリーマン以外の仕事を開始するのが脱サラの根本的な考え方です。

創作活動やフリーランスなども脱サラ

出典: https://yamato-masanao.com

したがって、結婚をして主婦になる女性や主夫になる男性に関しても脱サラと言うことはできません。それまでサラリーマンであった人が、何らかの資格を取得して専門職を始めるケースや生産業に従事するといったケースが脱サラです。また、創作活動をしたり、フリーランスとして仕事を始めたり、自分で教室を開いたりすることも脱サラの定義に含まれます。

脱サラの成功率は低い

出典: http://m-tabuchi.com

脱サラの考え方として、自らの意思でサラリーマン以外の仕事や職業に就くといった原理を理解しておくことがポイントです。その上で、脱サラの成功率についても確認していきます。実際に脱サラに憧れを持つ方も少なくありませんが、現実としては厳しい世界が待っています。脱サラの成功率は決して高いものではなく、むしろ低いと考える必要があります。

起業後10年間の成功率は7%

出典: http://hri.moo.jp

まず、起業に関して言うのであれば、起業後10年以内に倒産する会社の数は全体の93%とも言われています。つまり、10年間での成功率はたったの7%と考えることもできます。それだけ独立や企業をして成功を掴むというのは難しいことだと考えることができます。何も考えず脱サラしたいから脱サラするといったことは、辞めておくのが大切なポイントです。

個人事業主も厳しい

出典: http://www.pooh.style

また、起業10年後に93%の会社が倒産するというのは法人のデータであり、個人事業主として廃業した数は含まれていません。個人事業主に関する正式なデータが存在しているわけではありませんが、一説によると、半年で約4割程度が廃業に追い込まれているという数字もあります。それだけ個人事業主として起業や独立を成功させるのは、難しいのです。

脱サラで厳しい生活になることも

出典: https://toyokeizai.net

脱サラに成功して幸せな生活を送っている人もいれば、そうでない人が数多くいるのも現実問題として受け入れる必要があります。安易な気持ちで脱サラをしてしまうと、成功どころか借金まみれの厳しい生活になっていく可能性もあるということです。サラリーマンであれば安定感はあるので、その安定感を捨ててまで起業するかは、自分の気持ち次第です。

脱サラの現実を直視する

出典: http://www.siruzou.jp

まず、脱サラについての考え方を理解することができたら、脱サラはそれほど甘くないという現実を受け入れることが重要です。脱サラに関する情報を聞くと、どうしても成功している人たちの意見ばかりに目がいきがちになります。しかし、実際には成功している人よりも失敗している人の方が多いのです。その現実を直視して受け入れることがポイントです。

脱サラに向けて準備を入念に行う

出典: https://success-fun.com

実際に脱サラを開始するのであれば、できるだけ起業や他の職業に就く前の準備を行っておくことが重要です。完璧に準備していたからと言って脱サラが成功するわけではありませんが、勢いで起業をするよりも可能性が高まります。起業する前の準備によって、スタートをスムーズにすることもできます。その辺の準備も入念に行っておくことが求められます。

脱サラ起業のコツはある?

脱サラ起業するコツをつかむ

出典: http://job-resort.com

脱サラに関しては成功している人よりも、失敗に終わっている人の方が多いという現実を受け入れることがポイントです。その上で、脱サラ起業を成功に導くおすすめのコツについてご紹介していきます。やたらむやみに脱サラをして成功する確率は低くなっていきます。そうではなくて、できるだけ起業を成功させるコツをつかんで脱サラすることが大切です。

リスクの少ない起業を行う

出典: https://entrenet.jp

脱サラ起業を成功に導くためには、リスクの少ない起業をすることがポイントです。脱サラに関しては、誰もが金銭的なリスクに不安を覚えるものです。それならば、できるだけ金銭的なリスクが低い形で脱サラをスタートさせることが成功へのカギと言えます。金銭的リスクが低い職業として初期費用が少ない起業や、全くかからない仕事をするのがコツです。

アフィリエイト

出典: http://hituji-affiliate.com

実際に初期費用がかからない脱サラ方法としては、アフィリエイトを挙げることができます。アフィリエイトに関しては、脱サラして個人事業主として仕事を始める人にとってもお馴染みの起業方法となっています。自分のブログなどで商品の紹介をするビジネスです。そこで自分が紹介した商品を購入してもらえれば、それに応じた収入を得ることができます。

ASPでの広告紹介

出典: http://growthseed.jp

商品を紹介して欲しい企業とアフィリエイトを行う個人を結びつけるために、ASPと呼ばれるサイトがあります。ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダーの略称ですが、そこでさまざまな企業が紹介して欲しいと思っている商品を紹介すれば良いのです。SNSや個人ブログなどに商品紹介用のリンクを張って、広告としての役割を果たすことがポイントです。

どこでも仕事ができる

出典: https://kanakugi.com

個人ブログやSNSを通じて第三者に商品を購入してもらうことができれば、その対価として報酬を手に入れることができます。仕組みとしてはとても簡単であり、脱サラとして最初に挑戦するビジネスとしてもおすすめすることができます。アフィリエイトを行うメリットとしては、場所を問わないことが挙げられます。パソコン一台でどこでも仕事ができます。

ノーリスクでの起業

出典: https://www.ecbeing.net

完全に在宅で行うこともできますし、むやみに人と話す必要もありませんので、人付き合いが苦手という方や何らかの事情で外に出て働くことができない人にとっても、おすすめのビジネスです。また、アフィリエイトはノーリスクで開始できるところもおすすめできます。ASPへの登録に関しては無料で行うことができて、ブログやSNSも無料で利用できます。

デメリットも確認

出典: http://infokoukou-affiliatebu.com

もちろん、商品を紹介するのも無料で行うことができますし、商品が売れた時に報酬を手に入れることができるので、本当にノーリスクで開始できる仕事としておすすめすることができるのです。一方で、デメリットにも目を向けておく必要があります。脱サラをして実際にアフィリエイトを開始しても、なかなか成功に結びつかないケースも少なくありません。

地道な作業の連続

出典: http://cfdfx.net

アフィリエイトに関しては、とにかく地道にコツコツとやり続けるしか道がありません。アフィリエイトで月収100万円を稼いでいるといった人もいますが、そこまでいくにはとても地道な作業が続きます。ブログやSNSに商品リンクを張って商品が売れるほど単純ではないからです。そこに至る前に挫折して、結局は全く稼げないという人が多いのも事実です。

スキルが求められる

出典: https://seopack.jp

商品を紹介して実際に商品を購入してもらうためには、ブログやSNSに人が集まるようにしておく必要があります。そのためにはコンテンツを充実させて、検索結果の上位に表示させるような仕組み作りを行う必要があります。また、実際にコンテンツを見た人が商品を買いたくなるような仕組みにすることも重要です。それだけのスキルが求められるのです。

サラリーマン生活との並行でスタート

出典: https://chalife.tokyo

したがって、アフィリエイトに関してはノーリスクで始められるというメリットはありますが、途中で挫折してしまう人も多いという事実を認識しておくことが重要です。ある程度基礎を固めて軌道に乗った状態で脱サラをすれば良いですが、0からスタートさせるには厳しい部分もあります。サラリーマン生活と並行させてスタートさせるのがおすすめです。

ネットショップでの起業

出典: https://ecunei.com

また、脱サラ起業のコツとして、おすすめのビジネスにネットショップを挙げることができます。現在ではAmazonやメルカリ、ヤフオクや楽天、ヤフーショッピングなど、既存のネットショップ媒体が多数展開しています。そうしたネットショッピングを利用して、転売することで利益を得るビジネスです。ネットショップもノーリスクでの起業につながります。

軌道に乗せやすい

出典: https://jmty.jp

せどりという呼び方をすることもありますが、店舗で安く仕入れた商品をヤフオクやメルカリといったネットショップで高く売ることで、その利ざやを稼ぐビジネスです。既存のネットショッピングを使うことですでに一定の集客力を誇っているので、ビジネスも軌道に乗せやすいです。自分で中古店などに行って、高く売れそうな商品を選ぶことがポイントです。

難しい知識も必要ない

出典: https://www.daizu-lab.jp

ネットショッピングでの起業に関しても、無料で起業することができて金銭的なリスクは全くありません。さらに、アフィエイトと同様に時間や場所を問うことなく、自分の住んでいる場所で行うことができることもメリットです。特に難しい知識も必要ありません。根本的な考え方として、安く仕入れて高く売るという原理を理解しておけば仕事は成立します。

デメリットにも注意

出典: https://tradebiz.jp

ただし、ネットショップを利用したせどりビジネスにもデメリットはあるので注意しておく必要があります。例えば、自分では高く売れると思っていた商品であっても、実際にネットショップに出してみたらそれほど高く売れなかったということも少なくありません。量を売って稼ぐのであれば別ですが、利益が小さくなってしまうと非効率なビジネスになります。

手数料も考慮する

出典: https://www.kaigainet.com

また、手数料がかさむこともデメリットとして認識しておく必要があります。既存のネットショップを利用する場合は、出店料やシステム利用料という形で5%から20%程度の手数料が取られます。集客力がある分の手数料と考えておけば安いとも言えますが、手数料を加味した上で売ることが重要です。場合によっては、売っても赤字になることがあります。

ローリスクでのスタートがコツ

出典: http://www.web-balloon.com

脱サラ起業のコツとして、アフィエイトやネットショップを利用したビジネススタイルをご紹介してきました。いずれにしても、脱サラをするコツとしては金銭的なリスクを減らすことが重要です。ある程度ビジネスが軌道に乗っているのであれば別ですが、最初はローリスクでスタートさせるのがコツです。その後、安定軌道に乗せていくことがポイントです。

Thumb独立や起業に向いている人・向いていない人の特徴は?失敗しない方法も紹介!

脱サラ成功者の職業に迫る!

脱サラを成功に導く

出典: https://motivation-upgrade.com

脱サラ起業をする際のコツについてご紹介してきましたが、実際に脱サラ成功者の職業についても解説を行っていきます。脱サラを成功に導いていくためには、実際の成功者の職業に学ぶことも重要です。何のために脱サラするのかという点も含めて、自問自答していくことが求められます。脱サラを成功に導くための考え方や職業について、確認していきます。

フランチャイズビジネス

出典: https://www.ministop-fc.com

脱サラを成功に導く職業としては、フランチャイズビジネスを挙げることができます。フランチャイズビジネスとは、コンビニや飲食店、カフェといった大手の既存店舗に加盟することで、その同じ企業の店舗として運営することができるビジネスです。加盟したい企業に加盟金を支払うだけで、その店舗の看板や商品、ノウハウやスキルまで与えてもらえます。

スタートアップの負担が減る

出典: https://dokuritsu.mynavi.jp

フランチャイズビジネスで起業することによって、必要なものが全て揃った状態でビジネスを開始できるところに最大の魅力があります。一般的に自分でお店をオープンしようとすれば、あれこれとやらなければならないことが山積しています。しかし、フランチャイズに加盟することで、本業の仕事だけに集中すれば良く、スタートアップの負担が減るのです。

売れる看板や商品も使える

出典: https://recipe-book.ubiregi.com

すでに有名となっている店舗の看板や売れる商品や食材、経営戦略に至るまで、あらゆる部分を利用できる状態からスタートさせていくことによって、本業に集中しやすくなります。宣伝や広告もフランチャイズ元の企業が行ってくれます。そうした点を考慮すると、脱サラをして成功しやすい職業と言えます。自らが店長として仕切り役を務めることが重要です。

経営者としての視点を持つ

出典: https://www.fc-hikaku.net

フランチャイズビジネスによって脱サラを成功に導いていくためには、従業員も含めた店舗作りがカギになっていきます。せっかく独立をしても、経営者である本人が忙しさに忙殺されていては意味がありません。従業員を雇い、上手く教育して店舗を循環させていく体制を作ることが重要です。店長でもあり同時に経営者としての視点を持つことが求められます。

本部の支持を鵜呑みにしないこと

出典: https://fc-dokuritsu.net

また、フランチャイズ経営を進めていく中で注意しておきたいのが、本部の指示を鵜呑みにするということです。フランチャイズビジネスを行っていると、本部からの指示も多く飛んできます。それだけに従っていると経営が上手くいかない可能性も出てきます。加盟店ではありつつも、自分が経営していくという意識を持って運営していくことがポイントです。

飲食店での起業

出典: https://reform-market.com

脱サラを成功に導く職業としては、飲食店経営も挙げることができます。フランチャイズ加盟によって飲食店経営を行う方法でも問題ありません。自らが経営者となって運営していくという点では同じ考え方をすることができます。飲食店に関しては、利益率が良いというところも成功に向けたポイントです。物販と比べても、飲食店の利益率の高さは明らかです。

利益率が良い飲食業

出典: https://tenpo.casio.jp

物販の場合は、仕入れが8割で利益が9割といった利益率が多いです。場合によっては仕入れに9割をとられて、利益率が1割といったケースも出てきます。薄利多売によって利益を上げていくビジネスモデルと言えます。それに対して、飲食の場合は仕入れとなる材料費が3割で利益が7割が一般的です。ここから見ても、飲食店経営のメリットを理解できます。

差別化を図りやすい

出典: http://hirotax.com

また、飲食店の場合は個人経営であっても、大型店に対抗しやすいという特徴もおすすめすることができます。飲食店の場合は、得意料理やお店の雰囲気によって差別化を図りやすいですし、その土地にライバルがいなければ唯一の店舗として集客もしやすくなります。例えば和食が多い立地にフレンチレストランをオープンすれば、それだけでも強みとなります。

コンセプトをはっきりさせる

出典: https://canaeru.usen.com

飲食店での起業を成功に導くためには、お店のコンセプトを明確にすることです。お客様に喜んでもらうことが飲食店の使命であり、利益を出すためのポイントです。そのために、誰をターゲットにしたお店にするのかというところを明確にしておく必要があります。カップル向けなのか、家族向けなのか、サラリーマン向けなのかといったターゲットです。

中途半端なコンセプトは避ける

出典: https://sigma-office.jp

カップル向けのお店と家族向けのお店では、提供する料理も異なってくれば、お店の雰囲気も異なってきます。一番良くないのは誰でも大丈夫といったコンセプトです。そうなると、お店の雰囲気や料理、値段など、さまざまなものが中途半端になり、失敗に陥りやすいです。まずは、ターゲットも含めたお店のコンセプトを明確にしていくことが重要です。

Thumb起業するならおすすめの業種は?成功するポイントやアイデアも紹介!

脱サラ成功者に学ぶおすすめ職業は何?

起業に向いている職業の理解

出典: http://black-yametai.com

フランチャイズや飲食店など、脱サラ起業をして成功に導くための秘訣や考え方について理解しておくことが重要です。さらに、脱サラ成功者に学ぶおすすめの職業についてご紹介していきます。脱サラを成功させるためには、何の職業に就くのかも重要なポイントです。独立しやすい職業もありますし、起業に向いた職業もあるのでそれを学ぶのがおすすめです。

士業

出典: http://www.kgsupport.jp

脱サラ起業におすすめの職業としては、士業系の職業を挙げることができます。弁護士や会計士、司法書士や行政書士、社会保険労務士や不動産鑑定士などといった職業です。士業については、会社で経験を積んでから独立開業する方も少なくありません。個人事務所でも十分に利益を挙げることができます。まずは資格を取って経験を積んでいくことが重要です。

医療系の職業

出典: https://iconicjob.jp

さらに、脱サラ起業におすすめの職業としては、医療系の職業についてもおすすめすることができます。医師や歯科医師、助産師や鍼灸師、柔道整復師といった職業です。まずは専門機関で教育や実習経験を積み、徐々にスキルを伸ばしていくことがポイントです。その上で独立開業して自らの店舗をオープンさせれば、競合とも十分に渡り合うことができます。

相談業

出典: https://jp.stanby.com

脱サラをおすすめできる職業としては、相談業も挙げることができます。コンサルタントやファイナンシャルプランナー、保険代理店やカウンセラーなどの仕事です。人から何らかの相談を受けて、それを解決できる力を持っているのであれば、独立しても十分にやっていくことができます。一定の資格を取得して経験を積んでから脱サラするのがおすすめです。

教室経営

出典: https://supenavi.com

脱サラを成功に導くための職業としては、教室経営を挙げることもできます。学習塾をはじめ、料理教室や音楽教室、英会話教室やセミナー講師といった立場で人に何かを教える職業です。自分が持っているノウハウを提供することで、利益を出すことができます。自分の趣味や特技を利用して脱サラできるというところも、おすすめポイントの一つと言えます。

不動産業

出典: https://www.athome.co.jp

不動産業の仕事によって、脱サラ起業を成功に導くというケースも少なくありません。宅地建物取引士の資格を取得していて、宅地建物取引業の免許と事務所を設置することができれば、個人でも開業することができます。安定軌道に乗せていくことで、数千万単位の年収も夢ではありません。不動産業に対する情熱がある場合は、脱サラ起業もおすすめできます。

職人

出典: http://www.oitashokunin.com

脱サラして成功をつかめるおすすめの職業としては、職人も挙げることができます。大工やとび職、電気や水道工事といった建設系の職人、清掃代行や庭師といった職業も挙げることができます。一定の修行を積んで技術を身につけた職人は、それだけでも十分に稼いでいくことができます。自らが親方となって従業員の指導に当たっていくこともおすすめです。

1次産業

出典: http://www.telework1000staff.jp

脱サラをして成功をつかみとるおすすめの職業としては、1次産業も挙げることができます。1次産業とは農業や林業、畜産や酪農、猟師といった職業です。後継者に困っている地域も多く、伝統継承といった点でも稼ぎ頭になれる可能性を十分に秘めた産業と言うことができます。もともと1次産業の仕事に関連していた方であればスムーズに脱サラできます。

クリエイター

出典: https://curama.jp

脱サラ起業して成功をつかめるおすすめの職業としては、クリエイター的な職業も挙げることができます。カメラマンやデザイナー、翻訳家やライターといった業務もクリエイターの一部としておすすめすることができます。特に資格が必要なわけでもなく、センスや才能によって利益を生み出すことができます。フリーランスとしての活躍の場も多い職業です。

IT関係

出典: https://sib-lab.jp

フリーランスという意味では、プログラマーやエンジニア、ウェブデザイナーやプロジェクトマネージャーといった形で独立起業していくのもおすすめです。IT関係に関しては、個人事業主として働く方も多くなっています。請負契約で働く方もいますが、在宅で勤務するエンジニアもいます。働き方を選べるという点でも、独立に向けておすすめの職業です。

金融業

出典: http://www.hokkaido-hitachi-systems.co.jp

また、金融業によって独立をするのもおすすめすることができます。貸金業や投資の助言、投資代理業務などによって、独立を果たす方も少なくありません。個人の方であっても、一定の要件を満たすことで、貸金業や投資助言業、投資代理業務を行うことができます。投資信託や株、FXに関する知識や経験がある方も、独立して稼いでみるのがおすすめです。

脱サラ起業の成功例

成功例を見てモチベーションを上げる

出典: https://bitdays.jp

脱サラをして成功をつかむ人もいれば、失敗に終わる人もいます。その中で脱サラをして成功した事例についてご紹介していきます。本文中でもご紹介しているように、脱サラをして成功をつかめる割合は極めて低い確率となっています。強い意思と根気を持ってやり続けることが重要です。その上で、脱サラの成功例を見てモチベーションを高めるのも有効です。

ブロガーとして成功

出典: https://papamama777.biz

まずは、脱サラをしてブロガーとして成功した事例についてご紹介していきます。ブロガーとしての成功を手に入れるためにはアフィリエイトの知識を理解しておく必要があります。単純にブログを書いているだけでは収入になりません。ブログを書いて集客できるようになったら、商品のリンクを張っていきます。そこから商品を買ってもらうことが重要です。

売れる仕組みを作っていく

出典: https://moneyforward.com

ブログに集客するためには、コンテンツを充実させる必要があります。検索された時に上位に表示されるようなノウハウや、ブログの更新頻度、文章量やキーワード分析といった部分も重要な要素になっていきます。そうした知識を駆使しつつ、後は地道にブログを更新し続けるのみです。商品を紹介して売れる仕組みを作っていけば、月収100万円も可能です。

月収100万円の事例も

出典: https://zurezo.com

実際に脱サラをしてブロガーとして成功をつかんだ方もいます。情報商材を買いあさって知識を吸収していき、1年でサラリーマン時代と同じ月収を稼げるようになったという事例です。その時点で脱サラを決意して、今では月収100万円を稼ぎ出しています。最初は借金の返済という目的で始めた副業でしたが、現在ではブロガーの仕事が本業となっています。

楽して稼げるものではない

出典: https://bloggerpathwaynetlife.blogspot.com

ブロガーとして成功をつかみ取るためには、楽して稼ごうなどと思っていてはいけません。最初は全く商品が売れませんし、集客することですら一苦労です。その苦労を我慢して我慢し続けた人が成功への道を手に入れていくことになります。SEOの知識やライティングの知識も含めて、独学でも良いので学ぶ姿勢を持って挑戦していくことが大切なポイントです。

脱サラ起業の失敗例

脱サラには失敗のリスクもある

出典: https://bananadesk.biz

脱サラをして成功をつかみ取る人もいれば、失敗に終わる人も多いのが事実です。ここまでは成功事例を中心にご紹介してきましたが、失敗事例についても確認していきます。脱サラをして失敗をするとかえって大きな借金につながってしまうことが、往々にしてあります。独立したからと言って、必ず成功するわけではないと理解しておくことがポイントです。

農業を始めて失敗

出典: http://arinkurin.cocolog-nifty.com

実際の脱サラ失敗事例として、農業を開始した事例を挙げることができます。脱サラをして個人で農業を開始する方も増えてきています。農業を行うことのメリットとして、自分自身や家族の食料に困らないという点を挙げることができます。そのため、生活していく上では不自由がないという点もメリットです。そうした魅力にとりつかれる方も多いです。

近所の農家との付き合いが重要

出典: https://toyokeizai.net

また、土地の確保もかつてほど難しくなく、後継者がいなくて困っている農家も多いのが実情です。そのため、脱サラをしてもすぐに土地が見つかるというケースも多くなっています。それを見込んで脱サラを決意する方も少なくありません。しかし、農業での独立は簡単なことばかりではありません。農業では、近所の農家との付き合いが最も重要になります。

失敗の可能性も高い

出典: http://taberutimes.com

独立したからと言って、自分の好きなようにやっていては失敗に終わるケースが多いのです。近所との付き合いに溶け込んでいき、村社会の一員としての役割を果たすことができなければ、利益を得るどころかトラブルに発展して失敗に終わってしまうのです。集落の助け合いの精神に基づいて行動していくことができなければ、失敗する可能性も高くなります。

失敗する人も多い

出典: https://gomanote.com

実際に脱サラをして農業で失敗した人も多くなっています。それは、自分のやり方で農作物を育てようとしたり、流通経路を勝手に変えようとしたりしたケースです。最初は既存のルールやルートに従って、農業を開始していかなければ失敗に終わってしまうのです。周りの意見を聞かずに自分のやりたいことばかりしていると、農業では失敗に終わります。

その後の仕事にも困る

出典: https://uranaru.jp

農業で失敗してしまうと、その後にやる仕事についても困ってしまうことが多いです。農業をするために、わざわざ地方に引っ越すというケースも多くなっており、実際に村社会に溶け込めずに都会に戻ってくるという事例もあります。そうすると農業の世界に携わるのが難しくなるので、また新たな仕事を始めなければなりません。

周囲の意見を参考にする

出典: https://wakamon.link

脱サラについては、農業に限らず失敗する事例が多くなっています。起業した場合でも10年以内に倒産する確立が93%ということで、それだけ失敗する企業が多いということです。個人として独立する場合も失敗のリスクを避けることはできません。フランチャイズ起業でも農業でも、周囲の意見を参考にすることが失敗を避けるためのポイントと言えます。

脱サラについてまとめ

出典: http://fx-trade-jp.com

脱サラという言葉に焦点を当てて、脱サラ起業を成功させるコツや失敗しやすい要素などについて具体的にご紹介してきました。脱サラに向けておすすめの職業も理解しておくことが重要です。脱サラは簡単に成功に導けるわけではありません。その難しさや厳しさも理解しておく必要があります。その上で、自分の夢の実現に向けて行動することもおすすめです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ