手紙や封筒での宛名の書き方について!様や御中・各位の違いまとめ!

最近は、手紙や封筒を送る事が少なくなりましたが、いざ封筒で手紙を贈ろうとした時の宛名の書き方について気になりませんか。この記事では、手紙や封筒を送るときの宛名の書き方や、連名に送るときの書き方、ビジネスでよく使われる宛名の使い方について紹介します。

手紙や封筒での宛名の書き方について!様や御中・各位の違いまとめ!のイメージ

目次

  1. 手紙や封筒の宛名の書き方は?様や御中などの使い方も紹介!
  2. 手紙や封筒の宛名の書き方を紹介!
  3. 手紙や封筒での連名の使い方について
  4. 手紙や封筒で「様」や「御中・各位」の使い方紹介
  5. 手紙や封筒の宛名の書き方まとめ

手紙や封筒の宛名の書き方は?様や御中などの使い方も紹介!

出典: http://letters.tank.jp

相手に文字で便りを送る時には、手紙を封書に入れて封筒で送ります。電子メールやLINEなどのSNSが利用されるようになったものの、手紙が一番です。そこで、手紙や封筒の宛先の書き方をまとめました。連名で書く場合の書き方や、どの位置に何を記載するか、様や御中、各位といった敬称の使い方も合わせて紹介します。

手紙や封筒の宛名の書き方を紹介!

和封筒に宛名を書く場合

出典: https://darekanotame.com

手紙は封書で送りますので封筒に入れますし、書類などを封筒に入れて送ることもあります。封筒は大きく分けて2種類あります。和封筒に宛名を書く時は、ビジネスの世界では、縦書きで書きます。和封筒に横書きは失礼とされています。文字は楷書体できれいな文字で記載します。数字については可能な限り漢数字を使うのがマナーです。

切手は左上に貼り郵便番号は切手の右側に記載する

出典: https://kinken.co

切手は左上に貼り、枠線がある場合はあわせます。郵便番号は縦のラインは切手と同じくらいの高さで、真ん中くらいからバランスよく書きます。枠線がある場合は切手と枠線に合わせるようにします。切手を2枚以上貼る時は1枚目の真下に貼るようにします。切手を4枚以上貼る場合は、郵便局に行って切手代金を払ったほうがきれいに見えます。

住所会社名部署名肩書名前の順番で宛名を記載

出典: https://www.misoca.jp

和封筒の宛名を書く順番については、左側から、住所>会社名>部署名>肩書>名前の順番となります。住所>会社名>会社名>部署名>(肩書)名前は改行して記載します。文字の大きさについては、名前を一番大きくします。住所や会社名、部署名については名前よりも少し文字を小さく記載することで、場所も調整します。

宛名の住所は郵便番号の右端にそろえる

出典: https://nomad-saving.com

郵便番号の場所が決まったら、次は住所です。住所を書き始める位置を決めます。住所を書き始める位置ですが、横軸は郵便番号の左端に合わせます。枠線がある場合はわかりやすいですが、枠線がない場合も郵便番号を右端に合わせる必要がありますから、郵便番号を記載するときは、全体のバランスを調整しながら記載します。

宛名を書くときは住所のビル名や階数も正しく記載する

出典: https://dokusyu.wordpress.com

住所の縦軸を決めます。郵便番号と住所の一文字目の間は一文字分あけるようにします。住所を書く位置が、手紙や封筒などで宛名を書くときの基準位置になります。注意点は、住所のビル名や階についてです。省略してしまうと相手に失礼になってしまいますので、ビル名などが入って長くなるようなら、ビル名は改行して2行で記載します。

会社名を書く時の縦の高さは会社名から一段下げた位置

出典: https://next.rikunabi.com

住所の記載が終わったら会社名を書きます。会社名と住所の間は1行分程度あけるようにして記載します。また、文字の書き出す位置ですが、住所を書き始めた位置から一文字分下げて記載することがマナーですし、こうすることによって宛名がきれいに書くことができます。会社名が長い場合は2行で記載しても問題ありません。

部署名は会社名から一段下げた位置

出典: https://the-right-manner.com

会社名の記載が終わったら、次は部署名です。部署名と会社名の間は1文字程度あけるようにしますが、名前が真ん中に来るような配置にする必要がありますのでご注意ください。部署名が長い場合は改行して書いても問題ありません。最近は横文字の部署名が増えましたので、2行に分けて書くことも多くなりました。

肩書は短ければ名前の上に記載

出典: https://matome.naver.jp

部署名が終わったら次は肩書です。肩書は必須ではありませんが、相手先の方が肩書を持っている場合は肩書を入れて送信するのがマナーです。肩書は名前の上に記載しますが、もしも長い肩書を持っている場合は、名前の右側に小さく書きます。肩書が5文字程度ならば名前の上に、6文字以上なら名前の右側に書くのがマナーです。

手紙や封筒の名前は一番大きな文字ではっきりと

出典: https://www.sanei-print.co.jp

名前は一番大きな字で記載します。また、真ん中に記載するようにします。肩書がある場合は肩書よりも大きな文字で書きます。正しい漢字を記載する必要がありますので、略字などはNGです。楷書体で丁寧な文字になるよう心がけます。

洋封筒に宛名を書く場合

出典: http://letters.tank.jp

洋封筒の場合は、横書きで記載しますので、数字は算用数字で記載します。イメージとすれば和封筒の書き方を横書きにした感じで記載するのですが、細かい違いがあります。郵便番号は左端から二文字程度開けて書き始めます。住所は、和封筒の場合郵便番号の右端の番号と合わせていましたが、洋封筒の場合は郵便番号の左端の番号と合わせます。

切手は右上に

出典: https://kekkonshiki-ouen.com

洋封筒の切手の位置は和封筒とは違い、右上です。右上にする理由は、郵便局の機械の関係です。郵便局の切手を読み取る際、和封筒は左上、洋封筒は右上の切手を読み込みますので、所定の位置に貼る必要があります。念のため、機械でエラーになっても人間が目視で確認しますので送ることは可能です。

Thumb手紙の入れ方と折り方マナーを解説!封筒に入れるときの正しい向きは?

手紙や封筒での連名の使い方について

手紙や封筒の連名とは?

出典: https://www.print100ten.com

連名とは、2人以上の人の名前を並べて記すことです。手紙や封筒での連名ですと、担当者が2名以上いる場合で同じ住所に送るときや、ご結婚された夫婦、親子などがあたります。ビジネスの世界に限らず、手紙や封筒などで担当者や相手先が2名以上いるケースは決して珍しくありませんので、連名での書き方を覚えておくと便利です。

手紙や封筒で送る際の連名の使い方

出典: https://jobinfo.me

手紙や封筒で送る相手が連名の場合、宛名の名前の部分を調整する必要があります。和封筒でも洋封筒でも宛名の名前は真ん中に書きますので、相手が2名まででしたら真ん中にかかるようにすれば問題ありません。3名以上になる時は注意が必要です。文字の大きさや余白を調整し、住所などの余白と合わせるなど宛名のバランスを良くする必要があります。

手紙や封筒で個人宛に連名で書くときの注意点

出典: http://support.justsystems.com

個人宛に連名で宛名を記載する時は注意が必要です。一般的に連名で記載するときの順番は、目上の方からです。世帯宛に送る際は、世帯主、配偶者、子供の順です。子供が複数いる場合は生まれた順に記載します。敬称は様を使い、名字をつけるのは世帯主のみです。配偶者や子供に関しては名前に様をつけるようにします。

夫婦別姓の場合などの場合

出典: https://poweraddress.powershift.jp

夫婦別姓の場合も世帯主、配偶者、子供の順番で記載します。名字は夫婦別姓ですから、世帯主と配偶者どちらも名字を記載します。子供に関しても名乗っている名字から記載します。どちらの名字を名乗っているかわからない時は必ず確認します。家族が多い場合は、世帯主のみフルネームで記載し、残りはご家族御一行様などとまとめて記載します。

手紙や封筒で法人宛に連名で書くときの注意点

出典: https://www.wave-inc.co.jp

法人宛に連名で送る際は、役職の高い人から記載します。手紙や封筒で宛名を記載するときに、部署や役職がわかる場合は合わせて記入します。例えば、営業本部長 〇〇様、〇〇課 課長〇〇様 〇〇課 係長 〇〇様、などと書きます。連名の数が多い場合は、個人宛と同じように代表者のみを記載し、残りはひとまとめにしても問題ありません。

手紙や封筒で「様」や「御中・各位」の使い方紹介

手紙や封筒の宛先では様を使うのが基本

出典: http://www.noraneko.tokyo

宛先の真ん中に相手の名前を記載しますが、○○様と記載するのが基本です。手紙や封筒で敬称を使うときは「様」を選んでおけば間違いありません。注意してほしいこととしては、文中の敬称は統一する必要があります。手紙の文中で、同じ相手の敬称を「〇〇様」や「〇〇殿」、「○○さん」など別の敬称を入れてはいけません。

手紙や封筒で御中を使うケース

出典: https://letter.sincerite-shop.com

会社名や官公庁、学校などに組織や団体に文書を送る時は、様は使わずに御中と使います。○○株式会社 御中 などといったように使います。注意してほしいことは、会社や団体の「特定の個人」に送る時は御中を使わず、特定の個人様と記載します。「○○株式会社御中 ○○様」は二重敬語になってしまうため「○○株式会社 ○○様」と記載します。

手紙で各位を使うケース

出典: http://blog.livedoor.jp

手紙の冒頭でよく使われる「各位」という言葉ですが、一般的には「皆様」という意味で使われます。宛先が複数になる時に使う言い方です。例えばグループの参加者全員に送る場合は、○○グループ各位 という使い方をします。「各位」は敬語表現となるため、○○各位様や○○各位御中、ご担当者様各位という使い方は二重敬語になります。

手紙や封筒の宛名の書き方まとめ

出典: https://yu-bin.jp

手紙や封筒の宛名についてのルールや書き方をまとめました。特に宛名については電子メールなどと違い、住所や会社名、氏名などが正しい記載になっていないと、正しい宛先に届かない可能性がありますから、ルールを守って正しい宛名で書きましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ