不動産業界への就職を事前リサーチ!難易度や評判・成功の秘訣は?

不動産業界への就職を希望している方に向けて、不動産業界の難易度や評判などを具体的に解説していきます。不動産も就職における人気業界の一つです。そんな不動産への就職を成功に導くために、ポイントや秘訣についても具体的にご紹介していきます。

不動産業界への就職を事前リサーチ!難易度や評判・成功の秘訣は?のイメージ

目次

  1. 不動産業界への就職で難易度や評判は気になるところ
  2. 不動産業界への就職の難易度・就職偏差値は?
  3. 不動産業界への就職の評判は?おすすめできる業界か?
  4. 不動産業界に就職すると給料は?
  5. 不動産業界へ就職して成功する人・営業編
  6. 不動産業界へ就職して成功する人・事務編
  7. 不動産業界へ就職するのに必要な資格は?
  8. 不動産業界への就職の難易度や評判まとめ

不動産業界への就職で難易度や評判は気になるところ

出典: https://diamond.jp

不動産業界への就職を検討している方も少なくありません。そこで、不動産業界の難易度や評判について具体的な解説を行っていきます。「来るもの拒まず去るもの追わず」といった評判もある不動産業界ですが、実態はどうなっているのでしょうか。おすすめできるポイントや給料面、事務職としての就職なども含めて不動産業界について確認していきましょう。

不動産業界への就職の難易度・就職偏差値は?

不動産業界へ来るものを拒まない?

出典: https://daini2.co.jp

不動産業界への就職に関しては、来るものを拒まないという特徴を挙げることができます。不動産はやめておいた方が良いという言葉も少なくありませんが、それだけ厳しい業界であるということは認識しておいた方が良いということです。実際に離職率も高くなっているため、常に人材を募集しています。人材の入れ替わりが激しいのが不動産業界の特徴です。

就職はそこまで難しくない

出典: http://fudosandaigaku.com

不動産業界への就職の難易度という点で見れば、そこまで難しいというわけではありません。一言で不動産と言っても、不動産賃貸や住宅販売、マンション分譲販売や投資用マンション販売など、さまざまな業種があるわけですが、何かしらの仕事を通して不動産に関わりたいというのであれば、そこまで難しくありません。やる気があれば入れるのが特徴です。

大手企業の就職偏差値は?

出典: http://www.tenshokuseikounavi.com

ただし、大手不動産のデベロッパーやゼネコンなどに就職したいということになれば、そこまで簡単に就職できるわけではありません。例えば、デベロッパーとして人気の高い三井不動産や三菱地所といった企業の就職偏差値は70とも言われています。東急不動産は67、住友不動産や東京建物は66となっており、人気上位企業への就職は簡単ではありません。

他のデベロッパーの就職偏差値

出典: https://takken-jinzai.com

その他、デベロッパーとして知名度が高い不動産企業では、森トラ新日鉄興和不動産の就職偏差値が64、野村不動産や森ビルNTT都市開発が63、三井レジデンシャルが62、平和不動産や安田不動産が61、伊藤忠都市開発や日本土地建物などが60となっています。それだけ、人気企業への就職は難しいということであり、デベロッパーの中でもトップクラスです。

三井不動産の社風

出典: https://joboole.jp

大手デベロッパーの代表格として三井不動産と三菱地所の社風について、具体的な解説を行っていきます。まず人気上位でもある三井不動産ですが、国内の再開発事業で強さを見せる企業となっています。社風としては、体育会系の社員が多いのが特徴的で全体的に活気があります。仕事を楽しむという意識も忘れることなく、全体感を大切にしている企業です。

三菱地所の社風

出典: https://daini2.co.jp

また、三菱地所に関しても、不動産業界への就職を検討している人にとっては憧れの企業として認識されています。社員の雰囲気としては、真面目で誠意を持って仕事に取り組む人が多く、不動産業界特有のガツガツした感じもないところが珍しい部分でもあります。大手デベロッパーの中でもホワイト企業として有名で、就活生にも人気の企業となっています。

ゼネコンの大手も難しい

出典: http://www.iwate-job-matching.jp

不動産業界への就職という意味では、デベロッパーのみならずゼネコンへの就職を検討する方も少なくありません。ゼネコンに関しても、トップクラスとなると就職偏差値が高くなっていき、一筋縄で就職できるというわけではありません。例えば、大林組や鹿島建設などは就職偏差値が70となっています。それだけ難易度の高い企業として、名を馳せています。

その他の大手ゼネコンの就職偏差値

出典: https://iesagashihonpo.com

その他のゼネコンの人気企業の就職偏差値についても確認していきます。清水建設や大成建設、竹中工務店といった企業は69、戸田建設や西松建設、前田建設工業といった企業は67、奥村組が66、五洋建設が65などといった就職偏差値になっています。また、安藤建設や長谷工コーポレーションが64で並んでいます。上位の企業は軒並み偏差値も高いです。

北野建設や鴻池組などの就職偏差値

出典: https://hataractive.jp

また、大本組や北野建設、三井住友建設や東急建設の就職偏差値は63、さらにフジタやハザマ、鴻池組、熊谷組、銭高組などは62などとなっています。松井建設や飛鳥建設などは61とされています。ゼネコンにさまざまな企業があるわけですが、簡単に就職できる企業ばかりではありません。それなりの意気込みや誠意を見せることが就職のカギになります。

就職難易度は参考程度に

出典: http://nakanishi-yuki.com

就職難易度という点で、中堅や中小ゼネコンなどであれば難易度的に偏差値50を切る企業もあり、そこまで全ての企業が難しいわけではありません。いずれにしても、入社してから頑張れるかどうかが重要であり、入社することがゴールではありません。就職難易度や就職偏差値に関しては、あくまでも参考数値として認識して就活に望むことがおすすめです。

強いメンタルが求められる

出典: http://www.kyohei-suzuki.com

不動産業界と一言で言っても、大手ゼネコンや大手デベロッパーとなると、就職の難易度も上がっていくことを理解しておく必要があります。また、不動産業界は激務でも知られています。とにかく若くして稼ぎたい、腕に自信がある、気持ちだけは誰にも負けないなど、強いメンタルが求められます。曖昧な姿勢で就職してしまうのは、最も避けたい部分です。

人材募集は常にある

出典: http://up-j.shigaku.go.jp

もちろん、大手を目指すのではなく、とにかく不動産業界で仕事をしたいという人も数多くいます。人の入れ替わりが激しいということもあり、どこかの企業や組織では確実に人材募集を行っているのが不動産業界です。そのため、入社するのに特別な資格や資質が必要ないケースも多いです。やる気や根気さえあれば就職できるという企業も少なくありません。

自分と戦うことが重要

出典: https://ameblo.jp

そのため、未経験でも就職することは可能ですが、強い気持ちを持っていないと入社1ヶ月で退職するといったケースも珍しくありません。ノルマの未達成や上司からの叱責などによって、心を折られてしまう社員も少なくありません。去るもの追わずの業界でもあるので、辞めたいと言っても止められることは少ないです。それだけ、自分と戦うことも重要です。

不動産業界への就職の評判は?おすすめできる業界か?

就職難易度や評判を考慮

出典: https://www.lec-procareer.jp

不動産業界への就職を検討していく上では、就職難易度や評判なども意識しつつ、どの企業に就職を希望するか検討していくのがおすすめです。就職難易度に関しては高いところもあればそこまで難しいことはないという企業もあり、さまざまであると言うことができます。それでは不動産業界への就職に関する評判について、より具体的にご紹介していきます。

不動産業界は離職率が高い?

出典: https://takken-jinzai.com

不動産業界に関しては、離職率が高いと言われています。実際に厚生労働省が発表しているデータでも平成27年の不動産業界の離職率が1年で15.9%で全業界の3番目に高い数字となっています。1位が宿泊・飲食サービス業で28.6%、2位が生活関連サービス・娯楽業で21.5%、そして3位が不動産業界となっています。それだけ離職率が高い業界なのです。

人材の入れ替わりが激しい

出典: https://career-goddess.com

上記でご紹介したデータは1年間の離職率であり、3年で考えれば5割近くの社員が退職すると考えることもできます。不動産業界全体として年間16%近い離職率になっているので、ブラック企業と呼ばれるような会社では3年で半数の社員が辞めていても不思議ではありません。それだけ、人材の入れ替わりが激しいということを覚えておく必要があります。

ノルマが厳しい

出典: https://www.anabuki.ne.jp

実際に不動産業界の評判について確認していくと、積極的におすすめすることができる業界とは言い難いものがあります。その評判としてまず、営業ノルマのきつさを挙げることができます。比較的契約が取りやすいと言われている賃貸営業でも月間の契約数に対するノルマがあります。そのノルマが未達の状態が続くと、上司から厳しい言葉がかけられます。

数字が全て

出典: https://assema.tokyo

もちろん、毎月のようにノルマをクリアしており、優秀な成績が続いている営業社員であれば何も言われることはありませんが、そうでなければ怒鳴り散らされるというようなこともあります。不動産業界では、数字で人を判断しがちな傾向もあり、数字が全てといった考え方もあります。そのきつさや考え方に耐え切れずに辞めていく社員も少なくありません。

過酷な営業方法

出典: http://orijyu.com

また、営業に関してはノルマを達成するために過酷な営業方法を強いられることも良くない評判として挙げることができます。特に分譲販売などに関しては、なかなか買い手がつかない面もあり、個人宅に飛び込み営業に行くパターンも少なくありません。当然マンションに興味がない人は話すらも聞いてくれず、時には罵詈雑言を浴びせられることもあります。

精神的な余裕がなくなる

出典: https://manabiz.jp

話を聞いてくれたからと言って、誰もがマンションや分譲住宅を購入してくれるわけではありません。そうした状況が続き、ノルマも達成できないでいると、次第に精神的な余裕がなくなっていくというパターンもあるのです。土日の飛び込み営業はもちろん、顧客の要望に合わせて休日出勤を強いられることもあり、自分の時間が取れにくい状況もあります。

自己都合退職に追い込まれることも

出典: http://www.zakzak.co.jp

営業ノルマの未達状態が続いていくと、自己都合退職へと追い込まれる可能性もあります。会社都合退職にするわけにもいかないので、上司が人格否定などを繰り返すことによって、自ら退職の道を選ぶように仕向けるというやり方があります。不動産業界で定年まで勤め上げるのは大変という評判もあり、どこかで見切りをつけて他業界に転職する人も多いです。

拘束時間も長い

出典: http://www.nerimafudosan.com

不動産業界の出勤時間に関してもおすすめできない評判があります。不動産業界はハードワークが常態化しており、朝9時から深夜12時頃まで働いて終電で帰宅するというケースも珍しくありません。それだけ拘束時間も長くなり、日々仕事に追われる毎日を過ごす社員も多いのです。睡眠時間も削られて、毎日ストレスを抱えながら働く社員も少なくありません。

プライベートの確保が難しい

出典: https://www.shigotoba-iwate.com

基本的に営業であれば土日がメインの稼動となります。そのため平日休みを取るわけですが、お客様によっては平日しか契約書にサインできないというケースも出てきます。その場合は自身の公休日であっても、休日返上で出勤する必要性も出てきます。それも全てはノルマ達成のためであり、なかなかプライベートとの両立が難しいという状況もあります。

クレームも多い

出典: https://shigoto100.com

また、不動産の仕事は基本的に対個人に対する営業販売を行うことが多く、クレームの量も多くなっていきます。そのため怒鳴られたり文句を言われたりすることも多く、強いストレス耐性がないとやっていけない業界でもあります。それだけのメンタルがないと勤まらない仕事なのです。そのため、高い離職率が常態化している業界だと考えることができます。

強い信念が必要

出典: https://job.career-tasu.jp

不動産業界に対する評判について具体的にご紹介してきましたが、安易におすすめすることができる業界ではありません。これだけの評判を耳にしても強い信念を持ってやり遂げる気持ちや精神力があるならば、挑戦する価値がある業界とも言えます。いずれにしても、安易に入社して適当に仕事をしていても成功できる業界ではないことは確かだと言えます。

Thumb就職活動の時期はいつから?面接や履歴書の準備など大学生は必見!

不動産業界に就職すると給料は?

給料面の理解もポイント

出典: https://www.kyujin.hachioji-tokyo.jp

大手不動産になると難易度的にも難しくなる一方で、入社してからも激務が続くことが多いのが不動産業界の特徴とも言えます。それでも不動産業界に就職を希望する人は多く存在しています。続いては不動産業界の給両面に注目していきます。給料面について知ることで、不動産業界で働こうとするモチベーションを高めていくことができる部分もあります。

不動産営業はインセンティブ制(歩合制)が基本

出典: https://www.recme.jp

不動産業界での給料に関しては、インセンティブ制や歩合制とも言われますが、出来高によって給料が変わってくることが基本です。特に営業職で仕事をしていく場合は、インセンティブによって給料が変化していきます。基本給もありますが、それは最低保証と言われる給料で20万円前後が通常です。それより給料を増やすためにはノルマを達成することです。

若くして成功する社員もいる

出典: https://ok-navi.com

ノルマを達成することで、月の給料が50万円から100万円ほどになるということも珍しくありません。だからこそノルマを達成するべく、毎日奮闘している社員が多いのも特徴的です。つまり、実力主義な面も多く、若くして成功する社員もいるのは事実です。その給料の側面に目を当てて、モチベーションを高くして仕事に取り組む社員も少なくありません。

ノルマ達成は簡単ではない

出典: https://e-dge.life

したがって、給料的な部分の安定感はないと言えるのが不動産業界の特徴です。もちろん、ノルマを達成して上手くいった月に関しては給料が50万円を超えることもありますが、そうでなければ基本給となる20万円前後の給料で落ち着いてしまうこともあります。ノルマと言っても簡単に達成できるわけではないので、毎月家計に苦しむ従業員も多いのです。

資格手当で給料のベースアップを

出典: https://www.hudosan-joho.info

また、宅地建物取引士や宅地建物主任者の資格を取得していることで、月額2万円から3万円ほどの手当が支給される会社も少なくありません。その資格を取って給料のベースアップを狙うこともおすすめです。資格取得の難易度は高いですが、不動産業界でやっていくには必要な資格です。通常の勤務と並行して勉強するだけの時間を確保することも大切です。

残業代で稼ぐのは厳しい

出典: https://daini2.co.jp

また、不動産業界ではみなし残業制度を取っている会社も多くなっており、残業代で稼ごうとしても無駄な側面があることは否定できません。働いた時間ではなく、出した結果によって評価されるのが不動産業界の特徴と考えることもできます。そのため、拘束時間や労働時間が長くなることもあるので、時給換算すると給料がとても低いことも少なくありません。

Thumb大卒の平均年収や手取りはいくらくらい?年齢別に徹底調査!

不動産業界へ就職して成功する人・営業編

不動産業界で成功するポイント

出典: http://hudousan-chiebukuro.com

不動産業界の給料に関してはインセンティブが基本となることを理解しておくことが重要です。基本給だけで生活していこうとすると、厳しい現状にさらされることになるので注意が必要です。それでは、不動産業界へ就職して成功する人についてご紹介していきます。まずは営業職に焦点を当てて、成功するための秘訣や考え方について取り上げていきます。

住宅販売に向いている人

出典: https://hataractive.jp

まず、住宅販売に関しては、コミュニケーション能力が問われます。不動産業界全てに必要な能力ではありますが、特に住宅販売では必要とされるスキルです。注文住宅であれば、お客様と建築担当者の間に入って交渉するスキルも求められます。その点において折衝力がある人は向いています。何度も打ち合わせや交渉をして要望を叶えるスキルがポイントです。

賃貸営業に向いている人

出典: http://palette-in.jp

続いては賃貸営業に向いている人についてご紹介していきます。賃貸営業に関しては、コンサルティングスキルが問われます。お客様と対話を重ねていく中で、お客様の要望を聞き、その要望に最善となる住居を紹介するスキルです。コミュニケーション能力もそうですが、人の話を聞いてその要望に最適な提案ができるという人は、賃貸営業に向いています。

投資用マンション営業に向いている人

出典: http://denkiiruka.xsrv.jp

続いては投資用マンション営業に向いている人をご紹介していきます。投資用マンションに関しては、電話での営業が基本となります。そのため、かけたお客様によっては文句やクレームを言ってくるケースもあります。したがって打たれ強いメンタルが必要とされます。1日1000件近く電話をかけることもあるので、それだけの忍耐力がある人が向いています。

特に経験は不要

出典: https://matome.naver.jp

不動産業界で営業職として仕事を進めていく上で、特に業界経験があることや営業経験があることは問われることはありません。それだけが採否の決め手にはならないということです。企業が求める人材像や適性にマッチするかどうかが重要です。営業としてやっていく強い意思や何らかの野望を持っているのならば、積極的にチャレンジするのがおすすめです。

不動産業界へ就職して成功する人・事務編

事務職で成功するための秘訣

出典: https://blog.goo.ne.jp

ここからは、不動産業界の事務職として就職して成功するための秘訣や人をご紹介していきます。不動産業界と言っても全員が営業として勤務するわけではなく、事務職として仕事を進める社員もいます。比較的ワークライフバランスも取りやすいのが事務職で、職種としても人気があります。事務職と言っても簡単ではないので、秘訣を抑えることが重要です。

マルチタスクをする能力

出典: https://www.ielove.co.jp

不動産業界の事務職と言っても、単純な仕事ばかりをしているわけではありません。その点においてはマルチタスクを遂行する能力がある人は、事務職に向いておりおすすめすることができます。例えば、物件が募集中かどうかの問い合わせ対応や売却中かどうかの問い合わせ対応も事務職の仕事です。外部からの電話対応については、事務職の仕事と言えます。

その他の事務職の仕事

出典: http://hajimete-haken.com

また、店頭広告の作成をワードやエクセルを利用して行うのも事務職の仕事です。基本的なパソコンスキルがあれば十分に対応できる範囲なので、その辺のスキルを身につけておくこともおすすめです。チラシの整理やWeb上での物件情報の登録、修正、削除なども事務職としての仕事となります。家財保険の手続きや家賃の送金手配なども事務職が行います。

自分なりに落とし込むスキル

出典: https://www.e-aidem.com

事務職としての仕事はそれほど簡単ではなく、多くの作業を同時にこなすスキルが求められるということです。また、営業社員から要望を言われることも多いので、そうした要望を聞いて自分なりに落とし込むスキルがあるかどうかも重要です。単純に言われたことだけをしているのではなく、自分で考えて生み出せるスキルがあるかどうかも求められます。

ワークライフバランスを重視したい方はおすすめ

出典: https://run-way.jp

事務職に関しては営業職と比較してしまうと、給料にそれほど期待することができません。インセンティブなどもありませんので、基本給のみで留まることが一般的です。それでも過酷な残業を強いられるわけではないので、ワークライフバランスを重視したい方にはおすすめです。営業社員が遅くまで残っていても、事務職であれば早く帰宅することができます。

不動産業界へ就職するのに必要な資格は?

不動産業界での活躍に必要な資格

出典: https://job.career-tasu.jp

不動産業界で事務職や営業職として成功していくための秘訣やおすすめポイントについて、具体的にご紹介してきました。しっかりとした道筋や目標を立てて、不動産業界でチャレンジしていくことがおすすめです。その上で、不動産業界へ就職するのに必要な資格についてもご紹介していきます。不動産業界で活躍していくために必要な資格とも言えます。

宅地建物取引士

出典: https://manabiz.jp

まずは、宅地建物取引士の資格をおすすめすることができます。宅地建物取引士は通称宅建と呼ばれる四角となっており、不動産契約の重要事項の説明に際して必要な資格となります。不動産に関する基礎知識や法律に関する知識を習得することで、宅地建物取引士の資格を取得できます。この資格を持っておくことで、基本給がアップすることもあります。

普通自動車運転免許

出典: http://www.menkyo.net

また、不動産業界で営業社員として活躍していきたいのであれば、普通自動車運転免許の資格も取得して実際に運転できるようにしておく必要があります。賃貸営業にしても、お客様を物件に案内する際は自動車に乗せて案内することが一般的です。1日何件も見て回るケースが多いので、入社前や入社後すぐに取得しておくと便利な資格だと言うことができます。

不動産業界への就職の難易度や評判まとめ

出典: https://joboole.jp

不動産業界への就職に関して、難易度や評判、給料の点などに焦点を当てて具体的にご紹介してきました。安易におすすめすることができるわけではありませんが、何らかの野望を持っている人にとっては働き甲斐のある業界でもあります。改めて営業や事務職といった職種で成功するための秘訣を理解して、不動産業界で一旗上げてみるのもおすすめできます。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ