洗濯物を手洗いする方法を解説!使う洗剤や脱水のやり方とは?

ほとんどの人が洗濯に利用する洗濯機。便利で手間がかからなくていいのですが、一つ欠点があります。それは衣類を傷めやすいという点です。そこでおすすめするのが手荒いです。手洗いなら衣類を優しく扱えるので長持ちします。しかし、手洗いには洗濯機とは違うコツがあります。

洗濯物を手洗いする方法を解説!使う洗剤や脱水のやり方とは?のイメージ

目次

  1. 洗濯物を手洗いするやり方や脱水の方法を伝授!
  2. 洗濯物を手洗い時に使う洗剤は?
  3. 洗濯物を手洗いするやり方を紹介!
  4. 洗濯物を手洗いしたあと脱水方法について
  5. 洗濯物を手洗いしたあとの乾かし方は?
  6. 洗濯物を手洗いするときの便利グッズはある?
  7. 洗濯物をホテルで簡単に手洗いする方法を紹介!
  8. 洗濯物を手洗いするやり方や脱水の方法まとめ

洗濯物を手洗いするやり方や脱水の方法を伝授!

出典: https://cojicaji.jp

洗濯機という便利な道具があるために手洗いで洗濯する人は少なくなりましたが、それでも手洗いを指定されている衣類があります。また、指定まではされていなくても、手洗いしたほうが生地のためにもいいし、仕上がり具合も満足いくことがあります。そこで、今回は、洗濯物を手洗いするやり方や脱水方法などについて詳しく解説します。

洗濯物を手洗い時に使う洗剤は?

洗剤によって衣類への影響が違う

出典: https://kakakumag.com

洗剤の種類によって、洗浄力や衣類への負担が違います。洗浄力が強くても。衣類を傷めやすいものもあれば、洗浄力は落ちても、デリケートな衣類の生地を傷めないで済むものもあります。洗濯をする場合は、洋服の生地の種類、色、汚れ具合などにより適切な種類の洗剤を選ぶ必要があります。それは、洗濯機で洗濯する場合も手洗いでも変わりません。

粉末洗剤

出典: https://www.topvalu.net

普段縦型洗濯機で洗濯をする場合にどんな洗剤を使っていますかと聞かれれば、粉末洗剤ですと答える人の割合が多いです。それは、粉末洗剤は洗う力が強く、頑固汚れでも落としてくれるからです。では、手洗い洗濯ではどうかというと、問題はありません。ただし、一部のデリケートな生地の場合は、もう少しソフトな洗剤のほうがいこともあります。

液体洗剤

出典: https://matome.naver.jp

液体洗剤は洗浄力という点では粉末洗剤よりは落ちますが、使いやすさの点では上を行きます。したがって、しつこい汚れではなく、普段つくような軽い汚れには液体洗剤で十分です。いちいちお湯に溶かす手間も要らないので、便利です。

おしゃれ着洗剤

出典: https://www.askul.co.jp

弱アルカリ性の成分でできている粉末洗剤や液体洗剤に対して、中性のおしゃれ着用洗剤というものがあります。弱アルカリ性の洗剤に比べて、洗浄力は弱いのですが、それを補うメリットがあります。それは、衣類の生地を傷めにくい優しい洗剤という点です。繊細な生地を使った衣類や手洗い洗濯が指定されているものには最適です。

手洗い洗濯におすすめの洗剤5位:エマール

出典: https://ameblo.jp

花王から発売されているおしゃれ着洗剤「エマール」は、手洗い洗濯をする人におすすめできます。「エマール」は中性洗剤なので、衣類への負担が少なく、毛羽立ち、よれ、色褪せ、縮みなどが発生しにくいです。それでいて、結構きれいに汚れが落ちます。仕上がりもやわらかで気持ちがいいです。

手洗い洗濯におすすめの洗剤4位:エコベール

出典: https://lohaco.jp

エコベールの「デリケートウォッシュ おしゃれ着用洗剤」は中性洗剤ではありませんが、植物とミネラルを成分とするお肌にも衣類にも優しい洗剤です。したがって、ウールやシルクなどの繊細な生地にも安心して使えます。また、やさしい洗剤でありながらも、弱アルカリ性の強みを生かして、洗浄力もかなりあります。手洗い洗濯にもいい洗剤です。

手洗い洗濯におすすめの洗剤3位:ドライニング

出典: http://www.uyeki.co.jp

「ドライニング 衣類用液体洗剤」も、ヤシ油にオレンジオイルを配合した手にも衣類にも優しい洗剤です。繊細な生地の衣類の洗濯にはぴったりの洗剤で、手洗いをした場合もソフトに仕上がります。また、酵素が入っているので、洗浄力も強く、しみ抜きや襟、袖の部分洗いにも使用できます。

手洗い洗濯におすすめの洗剤2位:ブランドケア

出典: https://item.rakuten.co.jp

ブランドケアの「ダライマーク用洗濯洗剤 ウールシャンプー」も手洗い洗濯に使える洗剤です。その仕上がりはプロ並みと絶賛されるほどのもの。しかも、スーツ、スラックス、コート、カシミアセーターなどもきれいに仕上がります。洗濯機でも使えますが、手洗いによる洗濯でも満足度が極めて高い優れものです。

手洗い洗濯におすすめの洗剤1位:アクロン

出典: https://www.lion.co.jp

服のダメージケア洗剤と銘打って販売されているライオンの「アクロン」。その謳い文句通りに洋服のケアには人一倍気を使った商品です。では、どんなケアをしてくれるのかというと、洗濯時や着用時のこすれ毛玉を防止し、洗濯による色褪せ、縮み、型崩れ、しわなどが発生しないようにし、着用後のよれや伸びも防止する素晴らしい洗剤です。

Thumb中性洗剤とは?おすすめランキングを洗濯・掃除など種類別で紹介!

洗濯物を手洗いするやり方を紹介!

水の温度に注意

出典: https://blog.apparel-ai.com

洗濯物を手洗いする場合は、水の温度に注意が必要です。水温が低すぎれば、汚れが落ちにくくなります。逆に、水温が高すぎると、生地を傷めやすくなります。冷たすぎず熱すぎず、その中間の温度で手洗いするのが理想的な方法です。また、手洗いの当初と最後の温度差にも気をつけましょう。温度差が大きいと、縮みやよれの原因となります。

手洗いしたほうがいいもの

出典: https://limia.jp

手洗いで洗濯したほうがいいものは、まず手洗い表示がついているものです。当たり前ではないかという人もいますが、面倒に思う人が多いのも事実です。次に、ウール、カシミア、ニット、お気に入りの服などは手洗いをおすすめします。また、意外なところではTシャツを手洗いしても構いません。

柔軟剤はすすぎの最後に

出典: https://www.lenorjapan.jp

縦型・ドラム式の全自動洗濯機の場合は、柔軟剤を洗濯の前に投入口に入れると、最後のすすぎの際に自然と混ざるようになっていますが、手洗いの場合は最初に柔軟剤を入れてはいけません。洗濯やすすぎで流れてしまいます。また、洗剤が残っていると、柔軟剤の働きが不十分となります。したがって、最後のすすぎ時に柔軟剤を投入します。

洗濯物を手洗いするのに必要な道具

出典: http://www.idokaba.net

洗濯物を手洗いするのに必要な道具は、まず桶です。ぬるま湯をためておく場所を用意するのですが、シンクに栓をして代用することもできます。次は、洗剤です。洗剤なしではきれいになりません。また、最近はあまり使われなくなりましたが、部分洗いをする場合には洗濯板があると役に立ちます。ブラシなどがあるとさらに効果的です。

手洗いのやり方!まずは洗剤液を作ろう

出典: https://yourmystar.jp

手洗いで洗濯をするやり方の第一弾は洗剤液を作ることです。桶、またはシンクにぬるま湯を浸し、洗剤を入れます。洗剤の量は、ぬるま湯の量、洗濯物の数、洗剤の種類によって違いますが、おおよその目安は洗剤の容器に書かれているので、それを参考にします。手が荒れないような素材を使っている洗剤もありますが、念のためゴム手袋をするといいです。

手洗いで洗濯をする4つのやり方

出典: http://mag.fufururu.jp

手洗いによる洗濯には、4つのやり方があります。押し洗い、振り洗い、つけこみ洗い、部分洗いです。どの方法を選ぶかは、洋服の素材、汚れ具合などによって変わってきます。それぞれのやり方を見てみましょう。

押し洗いとはどんな方法?

出典: https://cojicaji.jp

押し洗いとは、読んで字のごとく、押して洗うことです。両手を押したり離したりしながら、汚れを少しずつ落としていきます。洗い方としては優しい方法なので、衣類の生地を傷めにくく、長持ちさせることができます。

押し洗いがふさわしい衣類

出典: https://item.rakuten.co.jp

まず、手洗いマークがついている洋服は押し洗いで優しく洗うのがおすすめです。また、セーター、カーディガン、パンツなどかさがある衣類も押し洗いが適しています。カシミヤ、シルクなど扱いにデリケートさが求められる生地にも押し洗いがふさわしいです。

押し洗いのやり方1:洋服をたたむ

出典: https://cojicaji.jp

押し洗いをするために、衣類を桶やシンクに入るようにたたみます。ここで注意したいのは、汚れが目立つほうを表にすることです。押し洗いでは、表面を中心に洗うので、汚れがあるほうが前面に出ないといけません。次に、洗剤液を作ります。その洗剤液に衣類をつけます。

押し洗いのやり方2:押したり浮かせたり

出典: https://nanapi.jp

衣類を洗剤液につけたら、その衣類に体重をかけるように手で押します。押したら手を放し、衣類が浮くのを待ちます。続いて、また押します。同じ動作を20回から30回繰り返します。もんだり、ひねったりしたら押し洗いではなくなり、生地を傷める場合があります。

押し洗いのやり方3:すすぎ

出典: https://maccho.net

押し洗いが済んだらすすぎをします。洗剤液を捨てて、ぬるま湯を入れますが、ここでも基本は押しです。押したり離したりしながら洗濯物をきれいにします。そのすすぎは2回もすれば洗剤液は落ちます。しかし、どうしてもというのなら3回してもいいでしょう。なお、すすぎのぬるま湯と洗剤液の温度は変えません。変えると、生地が縮むことがあります。

最後は脱水

出典: https://lidea.today

すすぎが終わったら脱水ですが、今度は洗濯機を使います。洗濯ネットに入れ、洗濯機で30秒程度脱水します。気をつけたいのは脱水時間です。あまり脱水時間を長くすると、せっかく押し洗いで優しく洗った衣類の生地が傷んでしまうことがあります。しわが寄ることもあります。脱水が済んだら、乾かして終了です。

大きなものはどうやって押し洗いで洗濯する?

出典: http://www.idokaba.net

カーテンなどの大きなものを洗濯する場合、洗濯機OKという表示が出ていることもありますが、手洗いをするようにと指示されていることもあります。そのようなケースでは押し洗いがいいのですが、カーテンは桶やシンクには入りません。では、どうするかというと、バスタブを使えばいいのです。方法は他の場合と同じです。押したり浮かせたりします。

振り洗いに向いた衣類

出典: https://kinarino.jp

振り洗いも優しい洗濯方法の部類に入りますが、しわにしたくない薄手のブラウス、シルクのスカーフ、ハンカチ、下着などを洗う場合には適したやり方です。逆に、厚手のセーターや伸び縮みするニットなどには向かない方法です。

振り洗いの方法!衣類の端を持つのがポイント

出典: https://mykaji.kao.com

押し洗いでは洋服の上から押すようにするのが基本的な方法でしたが、振り洗いでは衣類の両端をもってゆするように洗濯します。まさに、「振る」のです。振り洗いは押し洗いほどではありませんが、洋服の生地への負荷が少なく、傷めにくいというメリットがあります。

すすぎのやり方も振り洗い

出典: http://www.wacoal.jp

振り洗いで洗濯した衣類は、すすぎでも同じように振りながら洗剤を落とします。ここでも洗剤の落ちが悪いからと言って、揉んだり擦ったりしてはいけません。振るだけです。すすぎのぬるま湯の温度は、洗剤液と同程度です。振り洗いで洗濯するものはそれほど厚みがないので、2回もすすぎをすれば大体洗剤液は落ちます。

つけこみ洗いのメリット

出典: http://www.idokaba.net

手洗いによる洗濯方法のうち、つけこみ洗いは最も優しい洗い方です。したがって、メリットがいくつもあります。まず、型崩れしやすいワイシャツやブラウスも元の形状を維持できます。次に、ぬるま湯につけているだけなので、生地に負担はかからず、自然に汚れが落ちます。また、奥のほうまで洗剤液が浸透し、臭いのもとまで絶てます。

つけこみ洗いのデメリット

出典: https://credit-card.blue

つけこみ洗いの時間は普通それほど長くはありませんが、もし長時間衣類を洗剤液につけたままにすると、汚れが他の部分につく場合があります。また、つけこみ洗い後に脱水を怠ると、繊維にカビが生える場合があります。さらに、生地によっては長時間のつけこみで傷む場合があります。

つけこみ洗いに適した衣類

出典: https://www.amazon.co.jp

つけこみ洗いは、手を使って、押したり、ゆすったり、もんだりしないので、汚れが少ないセーターなどには向いた方法です。その一方で、つけこみ洗いと洗濯機での洗濯を一緒に行うと、ひどい汚れの衣類にも効果を発揮します。どろんこのついた靴下、シミができたシャツ、おむつなどもきれいになります。

つけこみ洗いのやり方

出典: https://cojicaji.jp

つけこみ洗いのやり方のポイントは、洗剤液につけるだけで何もしないことです。押してももんでも振ってもいけません。衣類をたたんで洗剤液につけたら、10分から20分そのままにしておきます。汚れがひどい場合は時間を延ばしてもいいですが、汚れが移る場合もあるので注意しましょう。したがって、初めての場合は10分から20分が最適です。

すすぎのやり方は?

出典: https://item.rakuten.co.jp

つけこみ洗いが済んだら、洗濯機で短い時間(10秒から30秒)軽く脱水しましょう。次に、再びぬるま湯につけます。これがすすぎの方法です。もちろん、手を使って洗濯物をいじってはいけません。1分ほどしたら、ぬるま湯をもう一度入れ替え、ぬるま湯につけます。これですすぎは完了です。

部分洗いの方法は4種類

出典: https://ishikisatoko.ti-da.net

部分洗いの方法は、主に4種類あります。つかみ洗い、揉み洗い、たたき洗い、つまみ洗いです。どの方法を選ぶかは、衣類の生地の強さ、汚れ具合などによって違います。

つかみ洗いのやり方

出典: https://www.fureaiclub.com

つかみ洗いは、その名称通りの洗濯方法です。つかんだり離したりしながら、部分汚れを落としていきます。セーターやカーディガンなどのように生地が柔らかめのものの袖口やすそを洗う場合に適した方法です。どちらかというと厚みのある素材はつかみやすいので、つかみ洗いがふさわしいです。

揉み洗いのやり方

出典: https://matome.naver.jp

揉み洗いという方法は、衣類を洗剤液に浸し、強く揉むことによって汚れを落としていきます。揉むという行為はやや激しいので、丈夫な生地に対して行います。綿や麻などです。また、汚れが強い場合にはその汚れが落ちやすいのが特徴です。

たたき洗いのやり方

出典: https://www.rakuten.ne.jp

たたき洗いのやり方は、スポンジか洗濯物に薄めない洗剤をつけて、スポンジを洗濯物にたたくようにして洗います。歯ブラシを使う場合もあります。つかみ洗いや揉み洗いでは生地が傷む恐れがある場合は、この方法がおすすめです。たとえば、ニットなどは擦ると生地に影響があるので、この方法を使うのが一番いいです。

つまみ洗いのやり方

出典: http://www.kyoto-be.ne.jp

つまみ洗いは、洗濯物の汚れた部分を指先でつまんだり揉んだりしながら洗うやり方です。指先を使って洗うので、狭い部分汚れに適した方法です。ただ、つまむだけなら簡単ですが、揉む場合、あまり激しくやりすぎると、生地がよれたり、汚れが広がったりする場合があるので、適度な力でやってください。

部分汚れには洗濯板を使う方法も

出典: https://item.rakuten.co.jp

最近はあまり使われなくなったとはいえ、一部では人気の高い商品に洗濯板があります。洗濯板を使えば、頑固な部分汚れがよく落ちます。洗濯板の使い方は、まず衣類に石鹸か洗剤を塗り込み、衣類の上部を持って洗濯板に押し付け、衣類をごしごしとこすり合わせます。洗濯ブラシで擦るという方法もあります。

洗濯物を手洗いしたあと脱水方法について

洗濯機の脱水機能を使用

出典: https://news.kakaku.com

手洗いした洗濯物を洗濯機で脱水していいのだろうかと疑問に思う人もいますが、全く問題はありません。洗濯機の脱水機能を使っても手洗いの効果は持続します。ただし、いくつかポイントがあります。まず洗濯ネットは必ず使いましょう。型崩れやしわ防止になります。次に、脱水時間30秒以下にします。脱水時間を延ばすと、生地を傷める場合があります。

洗濯機を使わないタオルドライもおすすめ

出典: https://tg-uchi.jp

洗濯機の脱水機能でも脱水時間を短くすれば、生地は傷みませんが、それでも気になるという人におすすめなのがタオルドライです。タオルドライは簡単な方法です。大きめのバスタオルに洗濯物を挟み、上から抑えればいいのです。これでタオルが水分を吸い取ります。洗濯物のたたみ方次第で、きれいに仕上がります。

手洗後野菜の水切り機で脱水?

出典: http://bbbpotters-os.com

手洗後に野菜の水切り機で脱水と聞いて驚く人がいるかもしれませんが、洗濯機のない家では意外に人気がある方法です。野菜の水切り機の遠心力で洗濯物の水分が飛びます。回転を速くすればするほど、脱水も速まります。ただし、手で回転させるので、少し疲れます。

手絞りで脱水

出典: https://cojicaji.jp

手絞りという古典的な方法で衣類を脱水することもできます。ただし、注意したいのは、力を入れすぎないこと。生地によっては、手絞りで傷む場合もあります。したがって、多少水分が残っていてもしょうがないくらいに考え、無理に絞り過ぎないことです。特にデリケートな衣類の場合は、絞らずに握る程度にします。

あえて脱水しない

出典: http://e-steps.net

手洗いでも洗濯機による洗濯でも脱水をしないわけにはいかないのですが、あえて脱水をしないという選択をすることもできます。薄手の服の場合が多いですが、濡れたまま脱水せずにベランダやお風呂場に干すのです。乾くまでには時間がかなり必要ですが、デリケートな衣類などでは脱水による傷みを防ぐことができます。

ロール巻きという脱水方法も

出典: http://www.idokaba.net

ロール巻きという脱水方法もあります。手洗いした衣類をロール状に丸め、そのロールを上から押して水分を排出させるのです。簡単な方法ですが、意外に脱水効果があります。ロール巻きのいいところは、絞る場合に比べて、衣類への負担が少ないことです。ロールにして押すだけなので、それほど傷みません。

浴槽掛け絞り

出典: https://39.benesse.ne.jp

毛布や布団、ラグなど大きなものを手洗いしたのちは、浴槽のふちに1時間くらいかけておき、脱水をしましょう。浴槽掛け絞りともいわれる方法ですが、これらのものは洗濯機で脱水ができないので、工夫が必要です。

脱水しないという方法もあるが脱水したほうがいい

出典: https://cojicaji.jp

手洗い後に脱水をあえてしないという方法も紹介しましたが、できれば脱水はしたほうがいいでしょう。脱水をすれば、乾燥が早くなるので、雑菌が繁殖しにくくなり、嫌な臭いが出ることもありません。

洗濯物を手洗いしたあとの乾かし方は?

バスタオルを活用!

出典: http://www.bhashop.com

バスタオルを活用して、手洗いの洗濯物を脱水するタオルドライというやり方はすでに解説しましたが、もう一度おさらいしておきましょう。大きめのバスタオルの上に濡れた洗濯物を広げて、挟みます。洗濯物のしわは伸ばしておきましょう。次に、タオルを押すかたたくかします。こすったり揉んだりしてはいけません。衣類を傷める恐れがあるからです。

手洗い後セーターやニットを乾かす1:平干し

出典: http://tanaka-yuki.com

セーターやニットは、伸びやすく型崩れしやすいので、平干しがおすすめです。平干しとは、地面に沿うように平行に干すことです。この平干しをするのに適したアイテムが販売されているので、それを購入すればどこでも平干しができます。

手洗い後セーターやニットを乾かす2:竿に干す

出典: https://ameblo.jp

セーターやニットを平干したいけれど、スペースがない、専用アイテムを持っていないという人もいます。その場合は、竿に干すこともありますが、コツがあります。まず、二つ折りにすることです.これだけでもセーターやニットの型崩れや伸びを防げます。それから、袖も折り曲げましょう。袖に水分を含んでいると、その重みで伸びてしまうからです。

手洗い後セーターやニットを乾かす3:ハンガーで干す

出典: http://diacleaning.com

セーターやニットをハンガーに干すこともできますが、ハンガーを2本使います。と言ってもわきの部分にハンガーを通すのではなく、袖と身ごろの部分を吊るします。これだけでも型崩れや伸びの予防になります。セーターやニットの重量が分散されて、一部分にかかりすぎないからです。さっそく実践してみてください。

手洗い後セーターやニットを乾かす4:ピンチハンガー

出典: https://item.rakuten.co.jp

ピンチハンガーを使えば、セーターやニットの平干しが簡単にできます。ピンチハンガーの上に広げればいいだけです。専用アイテムがなくても、これなら役に立ちます。もちろん、型崩れや伸びの心配はありません。

手洗い後セーターやニットを乾かす5:突っ張り棒

出典: https://item.rakuten.co.jp

突っ張り棒と置台で簡易型の平干しアイテムが出来上がります。突っ張り棒2本に置台を置くだけです。その上にセーターやニットを干せば、生地が伸びることもなく、型崩れの恐れもありません。突っ張り棒も置台もそれほど高いものではなく、室内にセーターやニットを干したいときには最適の方法です。

洗濯かごでもセーターやニットを乾かせる?

出典: http://r170.blog90.fc2.com

やや干しにくいという面はありますが、洗濯かごにセーターやニットを干すこともできます。これも立派な平干しの方法です。ただし、袖が垂れないように工夫する必要があります。工夫の仕方は、胸でクロスさせることです。

Tシャツを手洗い洗濯して乾かす1:よれを防ぐ

出典: https://www.haruru29.net

Tシャツを干す場合、襟のよれは防ぎたいもの。それには、平干しにするか突っ張り棒や竿に二つ折りにするかのいずれかの方法がいいです。しかし、どうしてもハンガーで干したいのなら、襟から通さずにすそから入れて乾かします。

Tシャツを手洗い洗濯して乾かす2:しわを防ぐ

出典: https://allabout.co.jp

せっかく洗濯したTシャツにしわが寄ることがあります。これは、乾かし方よりも乾かす前の状態に問題があるからです。したがって、干す前によく振りさばきましょう。また、アイロンをかけて干すという方法もあります。この方法のメリットは、しわが取れることだけでなく、乾燥も早まることです。

Tシャツを手洗い洗濯して乾かす3:臭いを防ぐ

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

Tシャツを洗濯し、干したのにまだ臭うという場合があります。この原因は、生乾きにあります。生乾きだと、雑菌が繁殖しやすくなり、その雑菌から臭いが発生します、それゆえに、Tシャツを干したら、できるだけ早く乾くように工夫することが大切です。風通しをよくする、扇風機や乾燥機を使うなどして、早く乾かすようにしましょう。

襟付きシャツの手洗い後

出典: https://item.fril.jp

襟付きシャツを手洗いしたら、襟や袖、ポケットなどを伸ばして、乾きやすくします。特に襟は立てておかないと、生地が二重になり、乾くのが遅れ、雑菌が繁殖しやすくなります。また、ボタンは開けて干すのがいいのですが、その際一番上のボタンだけ留めておきましょう。襟の形が崩れずにキープされるからです。

ズボンを手洗い後どう乾かす?

出典: https://josei-bigaku.jp

ズボンやジーンズを手洗いし、干す場合は裏返しにすることで早く乾くし、日焼けも防げます。ただし、プレスされたスラックスなどは裏返しにすると折り目が消えてしまうので、やめておきましょう。もう一つズボンを乾かす効果的な方法は筒干しにすることです。ズボンは筒状になっているので、そこに風を入りやすくすることで、乾きが早くなります。

手洗い洗濯後陰干しをするもの

出典: https://nanapi.jp

手洗い後に限りませんが、衣類によっては陰干しにしなければいけないものがあります。まず、陰干しマークがついているものは当然陰干しです。次に、色柄物はせっかく手洗いで優しく洗っても、日干しをすることで、色や柄が薄れてしまう場合があります。また、綿、麻、ウールなども陰干しのほうがいいです。そのほか、大事な服は陰干しがおすすめです。

手洗い洗濯後は早く乾かすために

出典: https://blog.goo.ne.jp

手洗いした洗濯物は早く乾かす必要があります。生乾きだと、雑菌が繁殖し、臭いのもとにもなるし、衛生的でもありません。したがって、家電を上手に使ってみるのもいい方法です。アイロン、ヘアドライヤー、扇風機、サーキュレーター、乾燥機などを利用すれば、洗濯物が早く乾きます。

洗濯物を手洗いするときの便利グッズはある?

携帯用洗濯袋

出典: https://item.mercari.com

旅行、キャンプ、災害などの場合は、手洗いで洗濯する必要が出てきます。その際に便利なのが携帯用洗濯袋です。電源はいらず、簡単に手洗い洗濯ができます。使用する水の量も少なく、洗浄力も決して低くはありません。使ってみれば、そのよさに驚くはずです。購入を強くおすすめしたい手洗い洗濯グッズです。

折りたたみハンガー

出典: https://matome.naver.jp

やはり旅行やキャンプ時に役立つ手洗い洗濯グッズが折りたたみハンガーです。ホテルにはハンガーがあるだろうと思っても、そうはいかないこともあるので、この折りたたみハンガーは非常に役に立ちます。折りたたんであるのを伸ばすだけなので、いつでもどこでも使えます。

ミニ洗濯板

出典: http://www.netprice.co.jp

手洗い洗濯をする場合には役立つ洗濯板ですが、それ以外の場合は用はありません。したがって、あまり大きなものを買うと、邪魔になってしまいます。そこでおすすめしたいのがミニ洗濯板。洗濯板はもともと部分洗いに使うことが多いので、ミニでも大丈夫です。洗面台、台所、お風呂と使うところも選びません。

これはいい!折りたたみ式たらい

出典: https://okomotot.com

手洗い洗濯に必要な桶やたらいですが、かさばるのが困りもの。手洗い以外に使い道はありません。そんなことで困っている主婦にぜひ利用してほしいのが折りたたみ式たらい。使わないときは、折りたたんでしまっておくだけ、場所も取りません。使う場合も、軽くて持ち運びがしやすく、便利です。ぜひ一つお買い求めを。

セームタオル

出典: https://www.amazon.co.jp

手洗いした洗濯物の脱水にバスタオルを使うのがいいと紹介しましたが、もっと便利なグッズがあります。セームタオルです。セームタオルは絞れば、何度でも水を吸い取ってくれます。したがって、手洗いした洗濯物の脱水に最適です。しかも、軽くて、持ち運びがしやすいので、普通のバスタオルよりも使いやすいです。

便利なハンディ洗濯機

出典: https://www.youtube.com

部分汚れの手洗いの仕方をこの記事でも紹介しましたが、やり方によっては繊維を傷めることも。そんな心配はハンディ洗濯機があれば解決します。たたいて汚れを落とすタイプと超音波で汚れを落とすタイプがありますが、揉んだりつかんだりするよりは生地への負担は軽いです。どちらのタイプを買うべきかですが、超音波タイプのほうが洗浄力は上です。

旅行先で手洗いした時に役立つミニミストアイロン

出典: https://review.rakuten.co.jp

旅行先で手洗い洗濯をした時に困るのがアイロンがけ。大きなアイロンを持ち歩くわけにもいかず、シャツの襟や袖のしわをうまく伸ばせません。そんなときに役立つのがミニミストアイロン。軽量かつコンパクトでカバンにも入りやすいです。温度も適度に上がって、大活躍してくれます。

ジーンズハンガー

出典: https://www.daiya-idea.co.jp

ジーンズハンガーと言っても、普通にジーンズをかけておくものではありません。ジーンズを筒干しするのに向いたハンガーです。厚手のジーンズは手洗いしても乾かすのが大変ですが、筒干しができれば時間を短縮できます。その筒干し用にぴったりなのがジーンズハンガーです。数百円程度で買えるので、ぜひ一つは用意しておきましょう。

洗濯物をホテルで簡単に手洗いする方法を紹介!

ホテルのランドリーサービスは割高

出典: https://www.travel.co.jp

ホテルにはランドリーサービスがある場合があり、さまざまな衣類を洗濯してきれいに仕上げてくれますが、残念ながら料金が割高です。Tシャツ1枚でも1000円くらいかかることがあります。1枚でこれだけの金額ともなれば、何枚も洗濯を頼むとその料金はいくらになるでしょうか。かなりの損失です。それよりは自分で手洗いしたほうがいいでしょう。

ホテルのバスタブを活用

出典: https://nomad-saving.com

ホテルで手洗い洗濯をする場合、どこで洗濯をするかが問題ですが、ホテルのバスタブが使えます。少し手間はかかるものの、持ち運ぶ衣類も減るし、コストも節約できるし、一石二鳥です。バスタブでの手洗い洗濯に必要なものは、洗剤と洗濯紐、後便利グッズで紹介したミニ洗濯板があればなおいいです。

バスタブでの手洗い洗濯!残り湯を利用

出典: https://nomad-saving.com

水道栓を絞って水を出して手洗いすることもできますが、水の無駄使いはしたくないもの。そこで、お風呂に入った残り湯を利用します。残り湯に洗剤を溶かして、衣類を手洗いします。手洗いのやり方はすでに紹介したので省略しますが、汚れているところは丁寧に行いましょう。ただ、ホテルでは無理な場合もあるので、残りは帰ってからにします。

すすいで脱水

出典: https://nomad-saving.com

洗濯が終わったら、すすぎ、脱水です。洗剤が残っていては肌にもよくないので、きれいにすすぎましょう。ホテルでの脱水はしにくいですが、ぎゅっと衣類を絞ると、生地を傷めることになりかねません。バスタオルなどで挟んで、押しながら脱水します。便利グッズで紹介したセームタオルがあれば、大きな脱水効果が期待できます。

後は部屋干し

出典: https://www.makuake.com

脱水が終わったら、後は部屋干しです。ホテルに洗濯物用のひもが置いてあることもあります。また、折りたたみ式ハンガーを持参すれば、衣類を乾かしやすいです。ホテルの部屋は快適な温度に設定されている上に、湿度も低いので、部屋干しによって洗濯物は早く乾きます。

洗濯物を手洗いするやり方や脱水の方法まとめ

出典: https://tg-uchi.jp

ここまで、洗濯物を手洗いするやり方、使う洗剤、脱水の仕方、乾かし方、手洗いに役立つ便利グッズなどを紹介しました。手洗いなど面倒くさいという人もいるでしょうが、洗濯物によっては手洗いしたほうがよいものがあります。その際にはいくつかやり方があり、やり方を間違えると生地を傷める場合もあります。したがって、気を付けて手洗いしましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ