洗濯機おすすめランキング!ドラム式や縦型など選び方のコツも紹介!

洗濯機はいまやなくてはならない、白物家電の代表ともなっています。一人暮らしでも洗濯機を購入する人もいて、一人暮らし用洗濯機もあるほどです。今回は、洗濯機の基本的な構造や種類、おすすめの機能などを紹介しながら、洗濯機のおすすめ口コミ評判も交えてまとめていきます。

洗濯機おすすめランキング!ドラム式や縦型など選び方のコツも紹介!のイメージ

目次

  1. 洗濯機おすすめランキングや選び方のコツが知りたい!
  2. 洗濯機の選び方のコツは?
  3. ドラム型洗濯機と縦型洗濯機の違いは?
  4. ドラム式洗濯機口コミおすすめランキング!
  5. 縦型洗濯機口コミおすすめランキング!
  6. 洗濯機おすすめの人気メーカーは?
  7. 一人暮らし用洗濯機の選び方やおすすめは?
  8. 洗濯機おすすめランキングや選び方のコツまとめ

洗濯機おすすめランキングや選び方のコツが知りたい!

出典: https://getnavi.jp

今や一人暮らしの人でも持っている洗濯機ですが、意外に色々な種類や機能が備わっています。使い方により選ぶ洗濯機が変わってきますが、基本的な機能の違いにはどのようなものがあるのでしょうか?また、洗濯機のおすすめランキングでは、どのような口コミがあるのでしょうか?身近な家電でも、意外に知らない洗濯機の機能や選び方のコツを紹介します。

洗濯機の選び方のコツは?

洗濯機の選び方は置き場所による選び方のおすすめポイント

出典: https://www.thanko.jp

縦型ドラム洗濯機でも横型ドラム洗濯機でも、使い方により選び方は変わります。洗濯機の置き場所によっても置ける置けないという振り分けがあります。特に横型ドラム洗濯機の場合は、開口部が横に付いているため、その分洗濯機の前が開けていなければなりません。おおよそ50㎝以上となります。冷蔵庫と同様にドアには左開き、右開きがあります。

洗濯機の容量で選ぶコツやおすすめポイント

出典: https://kaden.watch.impress.co.jp

洗濯機の選び方は、洗濯機の容量で選ぶこともできます。何人家族か?という点もありますが、何を洗うか?ということも加味して選びます。シーツなどの大きな洗濯物を洗うの出れば、確実に5㎏以上で選びます。なぜかというと、シーツは水を含むと相当重くなります。おおよその目安ですが、5キロタイプの洗濯機はジーンズでいうと2枚が限度です。

洗濯機の機能で選ぶおすすめポイントやコツ

出典: https://cojicaji.jp

洗濯機といえども、さまざまな機能が付いています。大きな機能の違いをあげると乾燥機能です。乾燥機能がついた洗濯機を洗濯乾燥機と言います。略すると「洗乾機」になります。この洗濯乾燥機は、弱点があり、洗濯物をそのまま乾燥までする場合には、洗濯容量を下げて洗濯をしないと乾きが悪くなります。意外な弱点ですが、とても便利な洗濯機です。

洗濯機の置き場所で選ぶコツやおすすめポイント

出典: https://jsnm101010.muragon.com

洗濯機の設置場所によっても、洗濯機の選び方は変わります。できれば洗濯機は、電化製品ですので屋内の湿気の少ない場所に設置します。そして床が平坦でなければなりません。縦型ドラム洗濯機は上が開口部となっています。横型ドラム洗濯機は開口部が横になっています。横型ドラム洗濯機の場合は前に物を置けますが、縦型ドラム洗濯機は前も開けます。

洗濯機のメーカーで選ぶコツやおすすめポイント

出典: http://toshiba-mirai-kagakukan.jp

洗濯機の選び方のコツとして、メーカーで選ぶこともポイントです。例えば家電を同じメーカーでそろえておくことで利点があります。まず、訪問修理の場合には、だいたい同じ人が来ます。そのため、ある程度の使い方相談なども気軽に行なえるので使う側としても安心できます。メーカーごとの傾向にも、ある程度理解が深まりますので使いやすくなります。

集合住宅の場合には騒音数値も選ぶコツやおすすめポイント

出典: https://lidea.today

音が出る家電には、デシベルの数値が書かれています。例えば掃除機や洗濯機などが主になります。家電を動かしたときに、最大でどのくらいの音がするのかを加味しておくことで、集合住宅で使った場合のご近所トラブルも防ぐことができます。ただし、建物の構造や材質、床の施工状況にもよりますので、あくまでも指標にしかなりませんので注意します。

洗濯機のおすすめの選び方は口コミもコツのひとつ

出典: http://curasutas.jp

実際のところ初めて買うメーカーの家電は、自分に合っているかどうかは使ってみないとわからない部分もあります。そのときに役立つ情報として口コミがあげられます。例えば音が気になる場合は、人の感覚にもよりますので、口コミを見て合うかどうか考えます。良い口コミだけでなく、悪い口コミを見ることで、マイナス面も加味することができます。

口コミを利用するときのおすすめポイント

出典: https://limia.jp

洗濯機だけでなく、何かを買う時には必ず口コミを参考にする人もいます。ですが、口コミを利用するのはとても賢い判断ですが、良い点だけの口コミだけでは、購入してみた後に「なんか口コミと違う」という雰囲気を味わう可能性もあります。口コミを利用する際には、メリットとデメリットを両方見るようにし、自分に合う製品かを見極めます。

洗濯機の選び方のコツは家電量販店に行くこともおすすめ

出典: https://toyokeizai.net

大型家電もネットで買えるようになりました。しかしながらここで、家電選びのポイントとして重要なのが、実際に見てみるという事です。自宅におけるかどうかは、きちんと測らなければいけませんが、実際の動かした官職はやってみないとわかりません。家電量販店には「テスト機」という洗濯機が置いてある場合もありますので足を運ぶと良いです。

洗濯機の選び方のおすすめのコツは店員さんから情報を仕入れる

出典: https://www.thanko.jp

洗濯機を選ぶコツは、家電量販店の店員さんから情報を仕入れるのもポイントです。初めて家電を買う時には、設置状況やどのくらいの洗濯量かを簡単でいいので使えると、見合った商品の情報が貰えます。またメーカーで決めている場合には、メーカーごとに説明員がいますのでメーカーを決めて、機種に迷う場合には、メーカー説明員に話を聞きます。

買い替えの場合の選び方のおすすめのコツ

出典: https://ienakanote.com

洗濯機の買い替えの時には、メーカーから再検討をしてみるのもおすすめのコツになります。各家電メーカーでは洗濯機にも機能別のおすすめポイントがあります。どのように洗濯をしてくれるのか?や一回の洗濯時間にも差があります。節水量や騒音の大きさなどもさまざまです。デメリットはメーカーを変えるとボタン配置が違うため使い勝手が変わります。

設置場所に敷いてある防水パンの大きさで選ぶのもおすすめのコツ

出典: https://news.yahoo.co.jp

洗濯機の設置場所には、ほとんどの場合防水パンが敷いてあります。この防水パンは、洗濯機が水漏れをした際に床を守ってくれる重要な役割をしています。また、洗濯機の騒音や振動を押さえてくれる役割もしてくれています。この防水パンには大きさがあります。防水パンを上回る大きさの洗濯機は置けないので、きちんと大きさを測って購入します。

洗濯機を選ぶ際には搬入できるか?もポイント

出典: http://jiyukenkyusha.com

洗濯機を購入する際に、意外な盲点となるのが搬入です。玄関から入らない場合には、掃き出し窓から入れます。家の中の通路や曲がり角も通れるかどうかも確認します。搬入できない場合は、運搬業者さんとのトラブルにも発展しかねませんので注意します。確認のコツは洗濯機の大きさのロープを作り、広げたまま通過できるか試してみます。

洗濯機の選び方のコツはロングセラー品もおすすめ

出典: https://hi.takagi.co.jp

洗濯機の選び方のコツで、ロングセラー品を選ぶというのもおすすめのポイントです。例えばビートウォッシュは長年この名前で多くの製品を発表しています。代が変わるごとに改良され良くなるのが、家電製品の基本となります。メーカーそれぞれに代表となる製品がありますので、メーカーごとにロングセラー製品を選ぶのもおすすめのコツとなります。

壊れたときの事を考えるのもおすすめのコツ

出典: https://xn--h9jepie9n6a5394exeq51z.com

家電製品というのは、残念なことに突然壊れます。機械なので仕方がないことです。壊れた時に修理するか買い替えをするかというのも事前に決めておくと、買い方も変わります。例えばロングセラー商品でしたら、修理に困ることも少ないですし、数多く市場に出回っていることで修理費も他と比べて安く済む可能性もあります。修理する事も想定して選びます。

洗濯機の選び方のコツで人気の製品を選ぶのもおすすめ

出典: https://curama.jp

洗濯機の選び方のコツとして、人気の製品を選ぶのもおすすめのコツとなります。人気があるというのは、家電製品に関わらずとも、何か理由があります。製品の特長であったり、洗濯の時短の利点であったりとさまざまです。自分に合う洗濯機がわからない場合には、人気の製品を選んでみるのもおすすめです。いわゆるハズレを引くのも少ないといえます。

洗濯機の使い方の基礎知識を知ってから選ぶおすすめのコツ

出典: http://the360.life

洗濯機の使い方のポイントをいくつか抑えることにより、洗濯機を選ぶというコツもあります。最初に洗濯機の容量を選ぶ際に、いつもの洗濯がどれぐらいなのか?を知るのも必要です。洗濯機に入れる洗濯物の量は押し込まずに7分目のラインまでとなります。それより多く入れ過ぎている場合、または既定の重量より重くなっているとよく洗えません。

脱水状態からわかる洗濯物の量の適正

出典: http://news.livedoor.com

洗濯を終えて、洗濯機から取り出す際に、「いつもより脱水が足りない?」や「いつもより重い?」という感覚を覚えたならば、一度に入れる洗濯物が規定量より多かったのが原因になります。そのままで使い続けると、洗濯機に負荷がかかり続けることになりますので、早期修理になったり、破損の原因ともなります。洗濯物は7割がおすすめの量となります。

一度で終わらせたい洗濯の量も選ぶコツ

出典: https://www.duskin.jp

洗濯機には5キロや7キロタイプとさまざまな規定量があります。5キロってどれくらい洗えるの?と考えますが、乾燥状態の5キロではなく、水を含んだ状態の5キロと考えると想像がつくと考えられます。大まかに言ってジーンズですと2枚ぐらいとなります。詳細は各メーカーの取扱説明書にて目安のグラムが書いてありますので確認します。

洗濯機のお手入れのしやすさも選ぶおすすめのコツ

出典: https://www.roomie.jp

洗濯機もお手入れをしなくてはなりません。一番目に付く場所として、糸くずフィルターになります。ここが破損した場合は、家電量販店で購入できます。洗剤投入口や柔軟剤投入口もお手入れが必要です。柔軟剤は特に固まりやすいので、目詰まりを起こすこともあります。粘度の強い洗濯洗剤を使っている場合や粉洗剤も固まりやすいので注意します。

風呂水ポンプを使う洗濯機はお手入れがひと手間増える

出典: https://cojicaji.jp

風呂水ポンプというお風呂のお湯がそのまま洗濯機で使えるよう、ホースが付いている洗濯機があります。これはお風呂の水を使うことにより節水ができるタイプになりますが、お手入れ箇所が増えるという点もあります。お風呂の水を取り込む吸い口は開けることができます。フィルターが付いていますので掃除します。本体側も付いている場合もあります。

洗濯機でお風呂水を使う場合は水濡れに注意

出典: http://jphearts.com

洗濯機でお風呂の水を使いたい場合に、手桶やたらいなどで水を移す場合には、ボタン部分に水が当たらないようにします。普段の洗濯でも気を付けたいところですが、防水加工はしてありますが、電子部品が入っており、水が入ると内部にサビが出て腐食する場合もあります。また強いカビ取り剤などもケミカルアタックを起こしますのでNGとなります。

洗濯機の防水パンは設置することをおすすめする

出典: https://enuchi.jp

洗濯機を選ぶ際には、防水パンのサイズに合うものを選びます。防水パンがない場合は設置も同時にお願いすると良いです。防水パンは水漏れの際に床を守ってくれるという事もありますが、洗濯機自体が重量物ですから防水パンがないことで床が破損するともあります。洗濯機の下には余裕を持っておいた方が、回転部分での排水ホースの破損もありません。

洗濯機が動いている間は洗濯機の下は触らない

出典: https://mamari.jp

洗濯機が動いている間には洗濯機の下には物を入れてはいけません。縦型ドラム洗濯機の下側には可動部があり回転して動いています。けがをするので絶対に手を入れてはいけません。洗濯機の下を触る時には、洗濯機を止めます。モップなどの清掃品もいけません。洗濯機の下を掃除する場合には、確実に洗濯機を停止させてからにします。

洗濯機は湿気に弱いので設置場所には注意する

出典: https://www.lettuceclub.net

洗濯機は水を扱い機械なので、水に強いと思われがちですが、重要な部品のほとんどに金属を使用しています。なので常に湿気がある状態ですと、内部部品にダメージを受けやすくなります。使わない際は、洗濯機の蓋を開けておくと換気になりおすすめです。子供がいる場合には、水をためておくと事故につながる可能性もあります。

排水口の形で洗濯機の選び方のコツ

出典: https://www.haikanbuhin.com

洗濯機の選び方で排水口の接続部分でもさまざまな選び方があります。排水トラップがない場合は、付けた方が洗濯機側ににおいが上がってくることも少ないのでおすすめします。排水トラップとは、下水のにおいが上がってこないように水を溜めて封入しています。排水口は糸くずも溜まり、お手入れの箇所ともなります。排水トラップは付けたほうが便利です。

洗濯機の長所と短所で選ぶおすすめポイント

出典: https://blog.goo.ne.jp

洗濯機にはそれぞれ特化した機能があります。オールマイティなものは少なく、それぞれに長所と短所があります。自分で色々な設定をしたい場合は、設定の自由度が高いものを選ぶほうがおすすめです。全自動でキレイにして欲しい場合には、個人の設定が少なくなります。洗濯機といえどもプログラムされた機械ですので、使い方で選ぶ事をおすすめします。

洗濯が楽しくなる洗濯機を選ぶこともおすすめポイント

出典: https://mainichi.jp

洗濯機にはさまざまな機能があります。カタログで見て、面白そうと思ったシステムが搭載されているものを選ぶというのもおすすめです。泡洗浄やナノイー洗浄などさまざまな洗浄システムが作られています。メーカー推奨の洗濯洗剤というものもあります。家事のひとつなので、楽しくする方向で考えるというのもおすすめの選び方のポイントになります。

メーカーのカタログを見比べてみるという選び方もおすすめ

出典: https://allabout.co.jp

メーカーごとにカタログが作られています。カタログには、それぞれの機能やデータなどが記載されています。ネットでも見ることが出来ますが、紙ベースで見て印を付けながら比べると、よりよい比較ができることもあります。機能や性能なども見比べやすく、見落としがちなデータや注意事項なども確認することができますのでおすすめの選び方となります。

洗濯機は年々高価な家電となっているので型落ちもおすすめ

出典: https://chiik.jp

洗濯機の選び方で型落ちという選び方もあります。洗濯機は近年高価な家電となってきています。その分、開発競争も激しく、リニューアルも早くなっています。半年前に新製品だったものが、半年後に型落ちというのも少なくありません。新発売を買うという選び方もありますが、発売後の時間が経っていることにより製品の弱点などの情報も得やすくなります。

家事の時短という意味での洗濯機の選び方

出典: https://www.goodspress.jp

洗濯機の選び方に家事の時短という考え方もあります。全自動で乾燥まで終わっているのならば、不在の間に洗濯機を回しておき、帰宅したら洗濯物をたたむだけというのが最終的な理想と言えます。現在の家庭用洗濯機は高性能とはなっていますが、業務用までの完璧さはなかなか難しいということもあります。どこを時短したいかを考えて選ぶ方法もあります。

洗濯乾燥機を買うか洗濯機と乾燥機を買うかという選び方もある

出典: https://dual.nikkei.co.jp

プリンターを選ぶ際に、スキャナー付きを買うか、プリンターとスキャナーを買うか迷う時があります。それと同じように、洗濯乾燥機を買うか、洗濯機と乾燥機を別で買うという選び方もあります。ひとつの機械で二つの事が出来るのはとてもお得感があり、便利な気分もしますが、それぞれに違うシステムです。それぞれに特化した製品を買うのも選び方です。

洗濯機と乾燥機を別々で買う利点

出典: https://www.i-ori.jp

大型コインランドリーなどの業務用の場合、洗濯機と乾燥機は別れています。なぜかというとそちらの方が効率が良いからです。それと同じように、洗濯機と乾燥機を分けて買うことにより、効率が良くなる場合もあります。乾燥機の排水ホースは洗濯機とつなぐことで排水できますので、排水口からのにおい上がりの心配もないため悩みが減る場合もあります。

洗濯機はランニングコストも大事な選び方

出典: https://www.muji.net

洗濯機はランニングコストも大事な選び方となります。耐用年数はありますが、使い方によっては長くも短くもなります。負荷をかけて毎日使用すれば、確実に早く故障を引き起こすことも考えられます。そこは機械のため、仕方のないことです。ランニングコストには機械の本体価格も入ります。長く使う事によって、長い節約にもつながります。

Thumb枕の洗い方や素材別の正しいお手入れ方法を紹介!洗濯機は使える?

ドラム型洗濯機と縦型洗濯機の違いは?

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機の基本構造の違い

出典: https://www.tainavi-switch.com

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機は、基本構造が違います。最初のポイントは、ドラムの角度になります。横型ドラムといっても多少傾斜が付いていますので、真横ではありません。洗濯機の羽を回す駆動部は後ろに付いています。縦型ドラム洗濯機の場合は駆動部は下に付いています。移動する場合に動かすのが楽なのは縦型ドラムになります。

縦型ドラム洗濯機のおすすめポイント

出典: http://www.lenet.jp

縦型ドラム洗濯機が得意なことは、好みにもよりますが、水でジャブジャブ洗ってくれますので、洗濯しているという気分になります。洗濯コースの細かい設定の幅が広く、例えば洗濯から脱水までの時間の設定や水量調整機能などがたくさん設定できます。節水型とはいえ、水は多く使うので付け置き洗いも洗濯機で出来るのでおすすめのポイントです。

横型ドラム洗濯機のおすすめポイント

出典: https://locari.jp

横型ドラム洗濯機の得意なことは、節水です。少ない水で上から落とすようにして洗います。叩き洗いと言いますが、この要領で洗濯をしてくれます。横型ドラム洗濯機は横から洗濯物を出し入れするので、のぞき込む必要がないため、姿勢が楽なこともあげられます。お年寄りには嬉しい機構となっています。チャイルドロックもおすすめポイントです。

縦型ドラムと横型ドラムは基本機能が違う

出典: https://www.monotaro.com

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機は基本的な機能が違います。洗濯をするという点は変わらないのですが、横型ドラム洗濯機は節水に特化しているといってもよいです。縦型ドラム洗濯機は洗濯をどのようにするか?という事を根本から考えています。汚れ落ちに際しては甲乙つけがたいですが、洗濯機の形として横型ドラム洗濯機が主流になりつつあります。

縦型ドラムと横型ドラムは置き場所が変わる

出典: https://yamamotochisyo.co.jp

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機は置き場所に違いが出ます。縦型ドラム洗濯機は、開口部が上になります。横型ドラム洗濯機は前に扉がありますので、前は大きく開けておかなければなりません。また冷蔵庫と同じように、右開きと左開きのドアがありますので注意します。また横型ドラム洗濯機は本体重量がありますので二階にあげるのが困難です。

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機の本体重量の違い

出典: https://www.digimonostation.jp

縦型ドラム洗濯機の本体重量はメーカー日立のビートウォッシュで紹介すると、おおよそ40キロとなります。横型ドラム洗濯機の本体重量は、メーカー日立のビッグドラムで紹介すると81キロとなります。ビートウォッシュでは洗濯容量は9キロのもので、ビッグドラムでは11キロのものなので洗濯容量の差がありますが本体重量には相当差があります。

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機の洗濯容量の違い

出典: https://utilityitem.jp

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機の決定的な違いは、一度に洗える洗濯の容量に差があります。例えば前章で紹介した、ビートウォッシュとビッグドラムでは9キロと11キロとなりその差は2キロとなります。横型ドラム洗濯機の決定的な利点では、大容量の洗濯ができるという点になります。縦型ドラム洗濯機の場合は10キロが最大といえます。

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機は洗濯機の下の髙さが違う

出典: https://www.shittoku-hikkoshi.com

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機では、本体下の足の長さが違います。設計の違いもあるのですが、縦型ドラム洗濯機では少々下の部分が開いています。洗濯機の下側には駆動部があり、回転しているので危険な箇所でもあります。小さなお子さんがいるご家庭では、洗濯機を動かしている間は、洗濯機に近寄らせないようにすることが必要です。

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機の乾燥システムの違い

出典: http://gpf.mymd.jp

縦型ドラム洗濯機と横型ドラム洗濯機の乾燥システムの違いとして、ヒートポンプ方式があります。縦型ドラム洗濯機では、ヒートポンプ式の乾燥はほとんど採用されていませんので、ヒートポンプ式乾燥システムが良ければ横型ドラム洗濯乾燥機がおすすめとなります。細かい数値はメーカーによって変わりますのでカタログ数値で比べる事をおすすめします。

ThumbIoTの活用事例を紹介!スマート家電など製造業分野で幅広く導入!

ドラム式洗濯機口コミおすすめランキング!

横型ドラム洗濯機の機能おすすめランキング

出典: https://www.zba.jp

家電には上位機種があり、上位機種の洗濯機ともなると30万円相当の金額がします。さてその上位機種ランキングの横型ドラム洗濯機の2018年のトップに出たメーカーは、パナソニックです。温水泡洗浄の機能とスマホから操作ができるというところが、大変特徴的といえます。さてこの横型ドラム洗濯機の値段は?というと参考価格37万円となります。

横型ドラム洗濯機の機能のおすすめの口コミ

出典: https://www.kajitaku.com

横型ドラム洗濯機の口コミでは、洗濯時間の短縮や洗濯の生活騒音の少なさというメリットが口コミされています。横型ドラム洗濯機はメーカーにもよりますが、自動で洗濯機のお手入れをしてくれる場合やダニなどを駆除してくれるアレルギー対策という機能も搭載されています。基本的には乾燥機がついていますので、家事の時短におすすめできます。

横型ドラムのメーカー別おすすめランキング

出典: https://curama.jp

家電メーカー別のおすすめランキングとなると非常に難しく、好みが出てくるのですが、横型ドラム洗濯機でも価格と機能の面で人気があるメーカーは、日立です。日立は横型ドラム洗濯機の開発期間が長いため、比較的安く買えるメーカーでもあります。日立の人気機種はビッグドラムシリーズとなり、BD-NX120Bです。参考価格は約16万円と安価です。

縦型洗濯機口コミおすすめランキング!

縦型ドラム洗濯機の機能別おすすめランキング

出典: http://suumo.jp

縦型ドラム洗濯機の機能別おすすめランキングで、人気がある洗濯機は日立です。ビートウォッシュと呼ばれるシリーズになり、長年人気があるシリーズとなります。このビートウォッシュの最大の特徴は、洗濯槽の羽の形になります。特徴的な羽の形をしており、水流の動きが通常の洗濯機と異なります。BW-V80のナイアガラ洗浄が人気の機能です。

縦型ドラム洗濯機のおすすめ機能の口コミ

出典: https://my-best.com

縦型ドラム洗濯機でおすすめとされている口コミでは、縦型ドラム洗濯機でも電子制御が発達してきたため、昔の洗濯機よりも繊細な動きをしてくれるというのが高評価です。ボタンを押しても、洗剤を溶かしてから投入されるため、気分的なタイムラグを感じるという評価もありました。洗濯機も一昔前と違い、ずいぶんと進化をしています。

縦型ドラム洗濯機のメーカー別おすすめランキング

出典: https://www.kohnan-eshop.com

縦型ドラム洗濯機のメーカー別おすすめランキングでは、日立のビートウォッシュでBW-V100Bが人気です。高価格商品ですが、継続的な人気があるシリーズです。パナソニックでは比較的小型のNA-F50B11となります。この洗濯機は5キロタイプのもので、単身用として好まれています。東芝ではAW-7G6となり、7キロタイプのものが人気となっています。

洗濯機おすすめの人気メーカーは?

洗濯機のおすすめ人気ランキングで上位の日立

出典: http://news.livedoor.com

洗濯機のランキングでは、上位をキープし続けるメーカーとして日立があげられます。日立の製品は、大容量タイプが人気があり、上位機種と言われる高価格な洗濯機も人気があります。日立で代表的な洗濯機として、ビートウォッシュやビッグドラムがあげられますが、両機種とも洗濯機の人気ランキングの上位に入っています。機能の評価が高いです。

洗濯機のおすすめ人気ランキングでも目立つ存在のパナソニック

出典: https://www.solar-partners.jp

洗濯機の人気ランキングで、メーカーとして日立の次席となるメーカーはパナソニックです。パナソニックは家電メーカーとして老舗にあたります。しかしながらパナソニックというと黒物家電、いわゆるテレビやDVDなどの家電で人気がありましたが、最近では洗濯機のランキングでも上位に食い込むほどの人気があります。単身向けが特に好評です。

洗濯機のおすすめ人気ランキングで東芝もランキング入り

出典: https://taskle.jp

洗濯機のランキングでは、東芝も健闘しています。東芝の人気のポイントは、シンプルイズベストというデザインが男性にも受けが良いです。脱水時間をながくする「簡易乾燥機能」がついており、洗濯物を干している時間を短縮させる効果があります。7キロタイプの洗濯機で参考価格が4万円とかなり安価でもあるのが、人気の源ともなっています。

洗濯機のランキング10では下位だがシャープもおすすめ人気メーカー

出典: https://www.4900.co.jp

洗濯機のランキング10では、若干下位になりますが、シャープは9位(2018年9月27日現在ランキング10)となっています。シャープの人気はやはりデザイン性が良い点もあります。洗濯容量は11キロタイプの洗濯乾燥機としては、参考価格が約15万円となかなかの安価となっています。マイクロ高圧洗浄という機能が高評価を得ているポイントになります。

一人暮らし用洗濯機の選び方やおすすめは?

おすすめの洗濯機の選び方では容量がある

出典: http://the360.life

一人暮らし用の洗濯機の選び方のひとつとして、洗濯容量があります。例えば毎日洗濯機を回すことが出来ない場合は、小型容量の洗濯機では数回洗濯機を動かさないといけません。一人暮らし用では5キロタイプは一番人気がありますが、5キロですと一度に洗濯できる量は限られます。面倒ならば7キロタイプがおすすめとなります。

洗濯機のおすすめの選び方でデザイン性

出典: https://kaden.watch.impress.co.jp

一人暮らしの場合には、ワンルームまたは2部屋という人も少なくありません。その場合に、見える位置に洗濯機を置かなければなりません。いつも眺めて暮らすのですから、外見が気に入ったということも重要なポイントです。インテリアとしても見栄えも重視した洗濯機も販売されるようになりました。一人暮らしならではの洗濯機もおすすめできます。

洗濯機のおすすめの選び方で音の大きさもある

出典: https://www.sankei.com

一人暮らしの場合には集合住宅に住む人が多くなります。そのときに気になるのが音の大きさです。洗濯機の音は意外に響きますし、短くても20分は音が続きます。あまりにも音が大きい場合には、ご近所トラブルの元ともなります。設置場所を確認し、あまり音が響かないようなものを選ぶのもポイントです。防振ゴムや防振パッドなども利用します。

一人暮らしの洗濯機は必要か不必要か?も考える

出典: https://www.premoa.co.jp

一人暮らしの洗濯機は、まず購入するかしないか?も迷うところになります。洗濯機を持つという利点とマイナス面を比べて、マイナス面が高ければ絶対に必要とはいえません。クリーニングやコインランドリーも充実していますので、自宅に洗濯機を持つ利点も十分考えます。一人暮らしでも洗濯機を持つ人は多くいますので友人などに聞いてみるのも良いです。

一人暮らし用と口コミで書かれているのはおすすめできる

出典: https://liginc.co.jp

洗濯機の口コミで、「一人暮らしにはよい」と書かれている口コミを参考にします。なぜかというと、実際に使ってみた感想ですので、本当に一人暮らしにちょうど良いと考えられるからです。実際に家電量販店で見てみるのもおすすめのポイントとなりますが、まずは口コミを見て、洗濯容量やメーカーごとのポイントを確認するのもおすすめの買い方です。

一人暮らしの場合は洗濯を何回かに分ける

出典: https://www.haikanbuhin.com

一人暮らしの場合の洗濯機の選び方は、小型のものを選び、回数を増やすという洗濯機の使い方もおすすめです。なぜかというと、色々な種類の洗濯物を一度に洗おうとするとどうしても洗いムラや色移りの原因ともなります。素材を合わせて洗濯をする事で、衣類のダメージも少なくできます。一人暮らしでしたら、それが無理なくでき洗濯機も長持ちします。

コインランドリーやクリーニングと併用して使うという考え方もある

出典: https://www.kajitaku.com

一人暮らしの場合には、クリーニングやコインランドリーと併用して使うという考え方もあります。例えばシーツなどの大物はコインランドリーにすることで、より小型で機能が少ない洗濯機で十分という考え方もあります。クリーニングとコインランドリーを使うのなら、家で洗うのは靴下や下着類だけということもあり得ます。コストを比べるのも良いです。

Thumb一人暮らしに必要な家電や費用とは?おすすめや便利な商品も紹介!

洗濯機おすすめランキングや選び方のコツまとめ

出典: http://www.dfdlmalls.top

洗濯機のおすすめランキングでは、メーカーとして日立が強く、次点ではパナソニックとなっています。洗濯機の機能には、メーカーごとに特化した機能がありますので、選ぶポイントのひとつとなります。洗濯機の選び方のコツとして、住居環境や洗濯物の量に合わせたものを選びます。騒音の数値はあくまでも目安ですので、住居環境で変わるので注意します。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ