出産の夫の立会いって後悔する?メリットやデメリット・心得を紹介!

出産に夫が立ち会うことについて、後悔するのか否か具体的に解説を行っていきます。妻の出産立会いのために仕事を休む夫も少なくありません。その際の心得やメリット、デメリットも取り上げていきます。立会いには相応の気持ちも大切になってくるので、その辺も解説していきます。

出産の夫の立会いって後悔する?メリットやデメリット・心得を紹介!のイメージ

目次

  1. 出産で夫が立会いのケースは多くなってきている
  2. 出産で夫の立会いのメリットとは?
  3. 出産で夫の立会いに後悔?デメリットとは?
  4. 出産で夫の立会いでトラウマが残ることも?
  5. 出産で夫の立会いで後悔しないための心得や準備とは?
  6. 出産で夫の立会いで妻がして欲しいこととは?
  7. 出産の夫の立会い・メリットやデメリットまとめ

出産で夫が立会いのケースは多くなってきている

出典: http://l89.jp

出産で立会いをする夫も増えてきていますが、その想像以上の事態に気分が悪くなってしまう夫も少なくありません。出産の立会いをしたことに後悔の念を抱く夫婦もいる一方で、出産に立ち会うことができて良かったと感じる夫もいます。出産の立会いをどのように感じるかは人それぞれです。まずは、メリットとデメリットを把握しておくことがポイントです。

出産で夫の立会いのメリットとは?

メリットの把握

出典: https://akasugu.fcart.jp

出産に立会いをする夫も増えてきている中で、出産に立ち会うメリットについて確認を行っていきます。出産をするのは当然妻ですが、夫としても妻の出産に立会いたいという希望があるケースもあります。その場合のメリットを把握しておくことで、より立会いへの意欲も高まっていきます。いろいろなメリットを頭に入れた上で、立会いに臨むことが重要です。

パパになる自覚が早くから出来る

出典: http://www.dou-kouseiren.com

まず、夫が出産に立会いをするメリットとして、夫のパパになる自覚が早くからできるという点を挙げることができます。母親というのはお腹の中に子供ができた時点でママになるという意識が高まっていきますが、夫の場合はなかなかそういうわけにもいきません。しかし、妻の出産への立会いをすることによって、パパになる自覚を持ちやすくなるのです。

子育てにも積極的になる

出典: https://bbtube.jp

出産というのは想像以上に壮絶な現場であり、そのシーンに立ち会った夫としては、何としてでも子供と妻と一緒に幸せな家庭を築いていきたいという気持ちが芽生えてくるものです。そのため、出産に立ち会うことによってパパになるという自覚を持ちやすくなります。子育てに積極的になってくれるところも、出産に立ち会うことのメリットと言えます。

家族の絆が生まれる

出典: http://www.famil-s.com

子供が産まれるということ自体が素晴らしいことですが、新しい命の誕生という瞬間に立ち会うことによってわが子への愛情がより一層深まるという点も、メリットとして挙げることができます。妻が命がけで子供を産む姿を見ることで、子供への愛情も高まりますし、妻を大切にしたいという気持ちもさらに高まります。それが家族の絆へとつながっていきます。

夫婦の絆も深まる

出典: https://conobie.jp

また、夫婦の絆という点でも夫が出産に立ち会うことによって深まる部分と言うことができます。出産の立会いをすることによって、夫は出産の大変さや壮絶さを目の当たりにすることになります。その大変さを少しでも共有しておくことで、夫婦として新たな信頼関係が芽生えていきます。出産の立会いをするか否かは自由ですが、夫婦の絆は確実に強まります。

妻の安心感につながる

出典: http://www.tazawa-jp.com

夫が出産への立会いをしてくれることで、妻としても安心感を得られるというメリットがあります。夫としては仕事を切り上げたり休んだりして、出産への立会いをすることになります。初めての出産であれば、妻としても不安なことが多く、その場に夫がいてくれるだけで安心感につながることも少なくありません。夫婦が協力することに大きな価値があります。

夫が頼りになる

出典: https://moopen.jp

陣痛やお産というのは女性としてもかなり辛いものであり、耐え難い痛みを伴うことになります。当然、医師や助産師さんなどもそばについて見守ってくれるわけですが、そこに夫がいることで得られる安心感もまた違ったものになってくることがあります。夫だから言えることもあるでしょう。頼りになるという点でも、夫の立会いを臨む妻は少なくありません。

妻がリラックスできる

出典: https://mamari.jp

人によって感じ方が異なってくる部分もありますが、夫が出産の立会いをしてくれることでリラックスにつながるという意見もあります。出産を迎える女性にとっては、両親ではなく夫の方が支えになるという声も多いのです。それだけ夫婦の絆というのは強固ばものがあります。一人で出産を迎える場合よりも、心強い味方として夫を重宝する妻は多いのです。

ラマーズ法での貢献

出典: https://kosodate-mikata.com

出産に関しては、ラマーズ法と呼ばれる呼吸法についての知識がある方も少なくありません。出産に合わせてラマーズ法に関する知識を習得する夫婦も多くなっています。その呼吸法において、夫がいることで支えてもらえるという妻も少なくありません。出産を迎えようとする妻を少しでもリラックスさせて、痛みを逃がしてあげる役割を担うこともあります。

感動を共有できる

出典: https://st.benesse.ne.jp

夫が出産の立会いをすることのメリットとしては、感動を共有できるという部分も大きなメリットと言うことができます。新しい命と出会う瞬間でもあり、大きな喜びを感じると共に感動を覚える夫も少なくありません。夫自身が出産をするわけではありませんが、夫婦で乗り越えたような感覚にもなります。その感動的な瞬間を共有できるところがメリットです。

立会い希望は約半数

出典: https://mamateku.com

多数のメリットがある出産への立会いですが、実際に約半数ほどの夫婦が出産の立会いを希望しているというデータもあります。それだけ立会いに対する意識も高い数字と考えることができます。もちろん、夫婦双方でお互いの意見を確かめることも大切です。その中で立会いをできるならば立会いをするのも賢明です。夫婦の感動的な瞬間の共有につながります。

出産で夫の立会いに後悔?デメリットとは?

立会いのデメリットの把握も重要

出典: https://googirl.jp

出産への立会いに関してはメリットも多い一方で、デメリットもあるのが実際のところです。メリットばかりに目を向けてしまうと、出産の立会いはした方が良いということになりますが、そう簡単な問題でもないのが立会いという実態です。出産の立会いに後悔する夫婦も少なくありません。デメリットも把握した上で、立会いをするかどうか決めることです。

夫が役に立たない

出典: https://www.forty-to-son.com

出産の立会いに関するデメリットとしては、夫が役に立たないという意見を挙げることができます。夫がいることが安心感につながるという意見もあれば、女性によっては夫が役に立たなくて立会いをしてもらわなければ良かったと後悔することも少なくありません。実際に足手まといになってしまう夫も多く、事前に出産について学習しておくことも大切です。

お産の邪魔になる

出典: https://www.babywearing.jp

単に役に立たないだけならまだしも、お産の邪魔になってしまう夫も少なからずいます。出産を記念に残そうとして、イベント感覚で出産への立会いをしようとすると、お産の邪魔になってしまいます。写真やビデオをひたすら撮り続けようとして、医師や助産師の邪魔になることも少なくありません。その場合は退場させられることもあるので、注意が必要です。

予想外の壮絶さ

出典: https://woman.mynavi.jp

さらなる出産立会いのデメリットとしては、想像以上に壮絶であるという点も挙げることができます。実際の出産についてはきれいなものではなく、人間の生々しい部分を目の当たりにすることになります。その場に居合わせたことで倒れてしまう男性もいるほどです。血を見ることも通常の範囲内であり、予想外の壮絶さにうろたえてしまう男性も多いです。

恥ずかしい姿を見られる

出典: http://ure.pia.co.jp

妻としては、恥ずかしい姿を夫に見られることもデメリットの一つとして挙げることができます。確かに出産の立会いは感動的な瞬間の共有ではありますが、生々しい部分も夫に見られることになります。出血はもちろんのこと、尿や便が出ることも通常のことです。普段は夫に見られることがないようなことまで見られてしまうことに、後悔する女性も多いです。

気持ち悪い感覚になる夫も

出典: https://akasugu.fcart.jp

また、夫としても、妻の苦しんでいる様子や出血、尿や便を排出する姿を見て気持ち悪いといった感覚になることもあります。出産の立会いに関しては、事前にどのようなことが起こり得るのかある程度頭に入れておくことが重要です。そうでないと、予想外のことが多すぎてパニックになることもしばしばです。その辺も含めて、話し合いをすることが重要です。

お産に集中できない

出典: https://s8000.works

夫が出産への立会いをしてくれることで心強い、安心感がある、リラックスできるといったポジティブな声もある一方で、そのデメリットとして集中できないという意見も少なくありません。夫がそばにいることがストレスになり、出産に集中できなくなってしまうのです。これはその場になってみないとわからないことでもあり、夫も柔軟な対応が求められます。

出産に対する意識の違い

出典: https://blog.goo.ne.jp

また、夫と妻の出産に対する意識や考え方の違いが出てくることもあります。夫としては仕事の都合をつけて立会いをしているので、何としてもその日に産んで欲しいという思いが出てくることもあります。しかし、妻の出産の時間を夫の仕事の都合に合わせることはできません。そのことが夫のストレスにつながり、待ちくたびれてしまうということもあります。

立ち会う場合は覚悟を決める

出典: https://news.mynavi.jp

妻の出産への立会いに関しては、メリットだけでなくデメリットも理解した上で、立会いをするかどうか決定することが重要です。妻の意思だけや夫の意思だけで立会いをするか否かを決めるのではなく、双方の意見をぶつけ合うことが求められます。夫としては何の知識も持たずに立会いをするのは危険です。ある程度覚悟を決めて立会いをすることが重要です。

出産で夫の立会いでトラウマが残ることも?

後悔やトラウマも残りやすい

出典: http://nctre.jp

出産への立会いに関しては、メリットやデメリットがそれぞれ複数あるので、それらを承知した上で立会いをするかどうか決定することがポイントです。その中で、実際に出産への立会いをしたことで後悔をしたりトラウマが残ったりすることも少なくありません。事前に内容を把握しておくことで、自分たちは後悔しないように気をつけることもポイントです。

女性側のトラウマ

出典: https://itmama.jp

まず、女性側のトラウマとしては、やはり恥ずかしい姿を見られたことに対する後悔の念が残ることが多くなっています。出産とは言えきれいなものではなく、人間的な部分や生々しい部分も見られることになります。いくら夫とは言え、踏ん張る姿や必死の形相を見られて恥ずかしいという思いも残ります。尿や便を出すところを見られるのも後悔する点です。

夫の本音がショックに

出典: https://select.mamastar.jp

さらに、女性側のトラウマや後悔としては、夫の出産に対する本音がショックとして残るケースも少なくありません。出産する時に夫が「うわぁ」などと本音を漏らしていると、それは妻の耳にも入ってくるものです。夫がそばにいることで心強い面もありますが、一つ一つの言動が妻に与える影響も大きいのです。ネガティブな内容はトラウマになりがちです。

夫が倒れてしまった

出典: https://itmama.jp

また、夫婦双方に言えることですが、分娩の際の血を見たことで夫が倒れてしまったことがトラウマとして残ることもあります。妻としても悲しいことですし、夫としても立会いの際の記憶として一生残り続けることになります。事前の学習を大切にしていても、いざ本番となると思わぬ感覚が出てくることもあります。しっかりとした覚悟を持つことが重要です。

夫が外でタバコを吸っていた

出典: http://kerokero-info.com

女性側の出産立会いに対するトラウマとしては、夫が外でタバコを吸っていたというのもトラウマとして残ることがあります。妻としては苦しい状況にあるにも関わらず、夫の気持ちがそこまで入っていないことに対して後悔や怒りの念がこみ上げてくることもあります。母体や子供の健康への影響を考慮しても、夫がタバコを吸っている姿は見たくないものです。

夫が自分の都合をアピール

出典: https://joshi-spa.jp

出産の立会いに対する女性側のトラウマとしては、夫が退屈さや都合をアピールしてきたという点も挙げることができます。「いつ産まれるの?」、「明日は仕事を休めないから今日産んで欲しい」など、自分のことした考えていない発言に怒りを覚えるという妻も少なくありません。夫に立会いをしてもらわなければ良かったという後悔にもつながっていきます。

男性側のトラウマ

出典: https://www.youtube.com

女性側としても、夫が出産の立会いをすることにトラウマを抱えたり後悔をしたりすることがありますが、それは男性側も同様です。立会いをしたことによって生じる男性側の後悔について見ていきます。まずは、引いてしまうというトラウマを挙げることができます。確かに出産が苦しいものであることは理解していても、現場に行くと引いてしまうものです。

妻の姿に引いてしまう男性も多い

出典: http://karapaia.com

妻の出血する姿や、胎盤などを目の当たりにすることで、単純に立会いをしなければ良かったと後悔する男性も少なくありません。出産に対して興味本位だけで立会いをしようとすると、想定外のことが多くなり、引いてしまう男性も多くなります。血や羊水のにおいといった部分も男性には応えるものであり、トラウマや後悔につながることも少なくありません。

セックスレスになる

出典: http://www.merrymarriage.jp

また、出産時の妻の姿を見て思わずセックスレスになってしまったという男性も少なくありません。出産の立会いをすることで、この人は自分の妻ではなく、母親なのだという感覚になることも多く、それがセックスレスの原因になることもあります。単純に妻の必死の形相や生々しい部分を見て、夫婦生活に支障が出るほどの感覚になることも少なくありません。

妻の役に立てなかったことがトラウマに

出典: https://mamanoko.jp

夫としては、いざ出産の立会いをしてみて、どうすることもできなかったことがトラウマになるケースもあります。事前に予備知識を習得したり、呼吸法について学んだりしていたものの、その場では「頑張れ」と連呼することしかできなかったことに嫌気が差すというケースもあります。双方に言えることですが、改めて出産の立会いの難しさを感じる部分です。

出産で夫の立会いで後悔しないための心得や準備とは?

心得や準備の重要性

出典: http://fqmagazine.jp

出産への立会いに関しては、メリットやデメリット、過去の夫婦のトラウマや体験談なども考慮しつつ、慎重に判断をする必要があります。単純に夫の興味本位や記念に立会いをするといった感覚では後悔する可能性が高くなります。それでは、後悔しないための心得についてご紹介していきます。改めて心得や準備することを頭に入れておくことがポイントです。

夫婦で妊娠・出産について勉強して検討を

出典: https://www.saison-chienowa.jp

出産への立会いに際しては、夫婦で妊娠や出産に関する勉強をしっかりとしておくことが大切です。何度もご紹介しているように、出産についてはかなり生々しいものであり、とてもきれいなものとは言えません。だからこそ、夫婦として事前に勉強をして立会いをするかどうか検討することが大切です。どちらかが否定する場合は、立会いをしないのも賢明です。

夫にして欲しいことを伝える

出典: https://akasugu.fcart.jp

また、実際に出産の立会いをするとなった場合は、妻から夫に何をして欲しいのか事前に伝えておくことも大切です。腰をさすっていて欲しい、隣にいてくれるだけで良い、呼吸法について学んだことを実践して欲しいなど、夫ができるサポートについて具体的に要望しておくことも事前の心得として大切です。夫もその心得を確実に実行することが求められます。

仕事のスケジュール調整も

出典: https://moopen.jp

また、夫の心得として、出産への立会いが決まった場合は、職場にすぐに伝えることが重要です。仕事に関しては、周囲に迷惑をかけないように調整することが大切な心得です。仕事のスケジュールを調整したり、早く終えられる仕事から取り掛かったりすることも大切なポイントです。出産予定日はもちろん、その前後も仕事を休める体制にしておくことです。

仕事に関して周囲の理解を得る

出典: https://blog.benesse.ne.jp

仕事の調整という意味では、イレギュラーケースも頭に入れておくことが大切な心得と言えます。出産に関しては、予定日にそのまま産めるというものでもありません。場合によっては早産になることもありますし、なかなか産まれてこないこともあります。その辺も踏まえて仕事の都合をつけることが重要です。周囲の理解を得つつ立会いをすることが大切です。

上の子供を出産に立ち合わせない

出典: http://ixil.info

また、第二子などの場合で、上の子供については出産の立会いをさせない方が無難であり、心得として抑えておきたいポイントです。出産の立会いは大人が見てもグロテスクに感じる部分も多く、子供が見てしまうと、さらにトラウマになる可能性が高まってしまいます。したがって、上の子供に関しては、親戚や両親に預けるといった方法も検討するべきです。

必要なものをメモしておく

出典: https://applech2.com

出産の立会いに際して必要となるものをメモしておくのも、大切な心得です。飲み物やうちわ、タオルや軽食など、必要なものをメモしておき、夫が病院に持っていくことも大切な役割となります。陣痛時のマッサージとしてはテニスやゴルフボールも役に立ちます。記念に残しておくためのビデオカメラについて、バッテリー残量を確認しておくことも重要です。

心得のシミュレーション

出典: https://babyrina.jp

仕事面や準備面に関する心得を頭に入れた上で、その心得を確実に実行に移していけるようにしておくことが大切です。頭ではわかっていても、当日になってみると忘れてしまうこともあるものです。何とか実行するためには、何回かシミュレーションを行っておくことも重要です。心得を認識することができたら、夫婦で事前演習を行っておくのも効果的です。

仕事を頑張るのも一つの心得

出典: https://dime.jp

出産の立会いをしない場合は、夫としては必死に仕事を頑張るということも大切な心得と言えます。出産後は妻と子供を養っていく必要もあります。夫婦共働きの家庭も増えてきていますが、夫の仕事が頼りになる部分も大いにあるのが実情です。出産の立会いばかりが大切なことではありません。仕事を頑張って妻や子供に貢献するのも夫として大切な役割です。

Thumb出産後の入院期間は平均何日くらい?帝王切開や普通分娩・経産婦ごとに調査!

出産で夫の立会いで妻がして欲しいこととは?

出産の立会いを妻のために使う

出典: https://4yuuu.com

出産の立会いに際しては、夫婦で心得を共有しておく中で立会いを迎えることが重要です。出産の立会いの際に、妻が夫にして欲しいこともしっかりと話しておくことが重要です。そうすることで、夫としても出産の立会いが有意義な時間に変わっていきます。出産の立会いの時間を妻のために使うために、夫にして欲しいことをしっかりと伝えることが大切です。

リラックスさせる精神的な支えに

出典: https://www.sukusuku.com

夫が出産の立会いをする場合、妻としてはリラックスさせる精神的な支えになって欲しいと考えるケースも少なくありません。実際に出産の立会いに際して、夫ができることはそれほど多くありません。それでも、夫に出産の立会いをして欲しいと願う妻も多いのが実情です。それは、精神的な部分で支えになって欲しいという気持ちの表れでもあります。

呼吸法でリードして欲しい

出典: https://www.amazingworld.jp

また、出産の立会いに際して、呼吸法で夫にリードして欲しいと思う妻も少なくありません。出産に際してはラマーズ法と呼ばれる呼吸法をすることで多少なりとも楽になる部分があります。そうした呼吸法に関しても、夫が立会いをして協力してくれることで楽にできることも多いです。立会いに際してして欲しいこととして、夫に伝えておくことが重要です。

マッサージをして欲しい

出典: https://news.nicovideo.jp

また夫が出産の立会いをする場合は、背中をさすったりマッサージをしたりして欲しいと願う妻も少なくありません。テニスボールやゴルフボールなどを立会いに持参していくと、マッサージにも役立つと言われています。夫が立会いをしてくれるからこそできることでもあり、妻としての要望を伝えることが重要です。そうすれば夫も協力しやすくなります。

出産の立会い時は一緒に戦う

出典: https://mamari.jp

また、水を飲ませて欲しいという感覚になる女性も少なくありません。夫の立会い時には、ストローを使って水を飲ませてあげることも大きな役割です。直接だと飲みにくいので、ストローを持っていくことが効果的です。立会い時は役に立てないことも多いですが、こうしたところで妻に貢献できます。立会い時は一緒に戦うという気持ちを示すことも重要です。

Thumb出産での入院準備に必要な物リスト!バスタオルやパジャマは何枚くらい?

出産の夫の立会い・メリットやデメリットまとめ

出典: https://www.amazingworld.jp

出産の際に夫が立会いをすることのメリットやデメリット、男性側のトラウマや女性側のトラウマなどを具体的にご紹介してきました。立会いを希望する夫も多いですが、出産を安易に考えてしまうのは禁物です。出産や妊娠についてしっかりと勉強しておくことも求められます。出産の立会いを通して、改めて夫婦や家族の絆を深められれば素敵なことです。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ