自己破産ができる条件とは?免責許可を得るための必要な手続きを調査!

自己破産ができる条件に焦点を当てて、その具体的な金額などを解説していきます。自己破産をするためには免責許可を得る必要があります。その許可を受けるための条件を理解しておくことが大切です。自己破産に必要な手続きも含めて、具体的にご紹介していきます。

自己破産ができる条件とは?免責許可を得るための必要な手続きを調査!のイメージ

目次

  1. 自己破産の条件について徹底調査!
  2. 自己破産のデメリットについてまずは知ろう!
  3. 自己破産はいくらからできる?金額に迫る!
  4. 自己破産をできる条件について
  5. 自己破産をできない条件がある?ギャンブルが理由はできない?
  6. 自己破産後の免責許可に必要な手続きは?
  7. 自己破産の条件まとめ

自己破産の条件について徹底調査!

出典: https://www.moleculareconomics.org

自己破産についてできる条件を解説していきます。借金の返済ができない状況にある方への救済策として存在している制度が自己破産です。それでも実際に自己破産をできるかできないかは、一定の条件や状況次第という側面が強いのです。誰でも自己破産が認められるわけではありません。今一度、自己破産をするための条件について確認していきましょう。

自己破産のデメリットについてまずは知ろう!

信用情報に載る

出典: https://www.moleculareconomics.org

まずは、自己破産をすることのデメリットについて確認していきます。自己破産をすることによって、信用情報に載るというデメリットが発生することになります。いわゆるブラックリストのことですが、クレジットカードや住宅ローンの審査に通過することが難しくなってしまうのです。自己破産以降の借入については不自由になることがデメリットの一つです。

ブラックリストは5年から7年で削除

出典: http://www.asiabolabet.info

信用情報に情報が載ることがデメリットではありますが、このブラックリストにはいつまでも記録が残るわけではありません。その後何もなければ、自己破産をして免責が決定してからおよそ5年から7年程度で情報が抹消されることになります。情報が抹消されることで、以前と変わりなく生活できるようになります。情報が残っている期間は借入ができません。

20万円以上の価値がある財産は没収

出典: https://xn--ycktb6d7a9ex94vvedy62cfo1a.com

さらに、自己破産をすることによって保有財産が清算されるというデメリットが発生します。時価で20万円以上の価値がある財産が対象となり、自宅や自家用車などは全て没収されることになります。また、解約返戻金が20万円以上ある保険類についても保有継続することは難しくなります。20万円未満のものであれば没収されれる心配はありません。

資格や職業制限

出典: http://onew-web.net

さらなる自己破産のデメリットとして、職業や資格に制限が加わってしまうことも挙げることができます。自己破産をすることで弁護士や司法書士、弁理士や公証人といった職業に就くことができなくなってしまいます。さらに、旅行業や建設業、警備業や質屋に就くこともできません。これは、自己破産の手続き中のみで半年程度で解除されることが多いです。

官報への掲載

出典: https://saimuseiri-pro.com

自己破産をすることのデメリットとしては、官報に掲載されてしまうことも挙げることができます。官報は国が発行している新聞のようなものであり、法改正があった際の公示なども掲載されています。行政機関が休日となる日以外には毎日発行されているのが特徴的です。自己破産をすることで、その官報に氏名や住所が掲載されてしまうことがデメリットです。

闇金業者からのダイレクトメール

出典: https://karizemi.com

実際、官報に掲載されることがデメリットだと思わない人も少なくありません。それは官報を購読している人が少ないからです。一般人に自己破産をした事実が知れ渡る可能性は低いですが、闇金業者などに知られる可能性は高いです。そうなると、闇金業者からダイレクトメールがたくさん届くようになります。家族に知られたくない人にとっては不都合です。

デメリットがずっと続くわけではない

出典: https://www.cardloan-abc.net

いくつかのデメリットもある自己破産ですが、この状態がいつまでも続くわけではありません。自己破産後の生活を改善していくことによって、再び通常の生活に戻れるようになる日もやってくるのです。一時的に苦しい生活を強いられますが、それを耐え切ることが重要です。自己破産のデメリットを知ることで、前向きに再スタートすることがポイントです。

Thumb自己破産による家族への影響を解説!配偶者や子供に迷惑はかかる?

自己破産はいくらからできる?金額に迫る!

返済できなくなる前に手を打つ

出典: https://www.bengo4.com

自己破産をすることのデメリットについて確認してきましたが、続いては金額的な側面に焦点を当てていきます。自己破産はいくらからすることができるのかという部分も気になるポイントです。借金が重なって返済できないほどの金額になる前に手を打つことも重要です。改めて、自己破産はいくらからすることができるのか、具体的にご紹介していきます。

金額が基準ではない

出典: https://regionfinpart.org

実際のところ、自己破産をできるかできないかについては、金額が基準となるわけではありません。金額が基準というよりは、裁判所が返済不能だと判断をした場合のみ自己破産を認めてもらうことができるのです。300万円の借金をしていても、それを返済する能力があるとされれば自己破産はできません。つまり、金額の多寡が問題ではないということです。

自己破産以外の方法も検討

出典: http://www.landandform.net

自己破産をする前に任意整理や特定調停、個人再生といった手段を使うことで、借金の返済ができるかどうかというところもポイントになっていきます。基本的には、借金の月々の返済額が月収の3分の1を超えるような金額になってくると、自己破産をすることができる対象に入っていきます。その他の方法で返済できる場合は、自己破産の対象となりません。

3年で借金を返済できるかどうか

出典: http://www.moneytroublenotora.com

借金の金額が100万円以下の場合については、自己破産をすることが難しいと言われています。自己破産をすることができるかできないかの基準として、3年で借金を返済できるかどうかというところがポイントになります。つまり、3年で借金を返済できるだけの安定した収入があるかどうかが基準となるのです。100万円であれば返せるというのが一般論です。

借金の金額が50万円でも自己破産可能

出典: https://www.homes.co.jp

しかし、100万円以下の借金だからと言って、すぐに自己破産ができないというわけではありません。実際には50万円の借金であっても自己破産が認められるケースもあります。借金の金額が50万円の場合、3年で返済するとなると月々の支払い金額が1万4,000円ということになります。そのため普通に仕事をしている人であれば、返済できると見なされます。

生活保護や病気など

出典: https://www.saimubengo.com

借金の金額が50万円程度の少ない金額であっても自己破産できるケースとしては、生活保護を受給している場合や病気やケガなどによって、通常の勤務が難しい場合などを挙げることができます。これらの状況にある人に関しては金額の多寡に関わらず自己破産できることが多いです。こうした理由で、自己破産には金額に関する基準が設けられていないのです。

弁護士への相談もポイント

出典: http://www.iwate-law.com

自己破産の基準については、金額の多寡が問題ではないということを理解しておくことが大切です。その上で、弁護士に相談することもポイントです。一般人が自分の考えで自己破産をできるかできないか判断するのは極めて難しい問題でもあります。その場合は専門家である弁護士に相談することが重要です。弁護士の指示を仰ぐことで最善の道に進めます。

自己破産をできる条件について

一定の条件は確認できる

出典: https://ninbai-saisei.com

自己破産ができるかできないかについては、金額の多寡が問題ではないことをご紹介してきました。それでは、実際に自己破産をできる条件はどうなっているのかについての解説を行っていきます。自己破産をするためには一定の条件を満たすことが求められます。これも決まった基準があるわけではありませんが、一定の条件については確認することができます。

借金の支払いが困難と認められる

出典: https://hihin.net

自己破産をできる条件については、借金の支払いが困難と認められることがポイントです。借金の支払いが困難と認められる条件については、人それぞれで基準が異なっていきます。同じ200万円の借金であっても、リストラされた方とベンチャー企業の経営者では意味合いが異なります。そのため、個々人の状況によって判断されるのが自己破産の条件です。

任意整理になるケースも

出典: http://www.stsk.co.jp

また、自己破産できるかできないかの条件については、現在の年収や仕事状況なども勘案されます。借金を3年で返済する能力があると判断された場合は、自己破産ではなく任意整理を勧められることになります。例えば252万円の借金がある場合、3年で返済するとなると月々の返済額が7万円になります。それを払う余裕があれば任意整理という形になります。

個人再生という選択肢も

出典: https://wakarusaimu.com

また、任意整理が難しい場合は個人再生という方法によって借金の支払いをなくすことができます。個人再生の場合は借金総額の5分の1を3年間で返済し続ける方法です。毎月7万円の返済額であれば、その5分の1の1万4,000円を返済していけば良いということです。それでも借金の返済が難しいということであれば、自己破産の道を選ぶことになります。

売却できる財産があるか

出典: http://www.moneytroublenotora.com

自己破産をする前にはいろいろな選択肢を用意していく中で、最善の道を模索していくことになります。その中でもどうしても支払い能力がないと判断されることになると、自己破産をすることになるのです。その条件の一つとして、売却できる財産があるかというところも大きなポイントになります。売却できる財産があれば、借金の返済につながるからです。

一定の財産があれば自己破産はできない

出典: https://www.zikohasan.info

例えば200万円の借金を抱えていても、500万円の価値がある自宅を持っているのであれば、それを売却することで十分に借金の支払いに充てることができます。この場合は自己破産を認めてもらうことができません。自宅に限らず自動車や宝石、保険の解約返戻金なども含めて、全ての財産が対象となります。もちろん、貯金もどの程度あるのか見られます。

財産で借金を相殺できない場合

出典: https://wakarusaimu.com

実際に財産があっても借金の全てを相殺できないケースもあります。例えば借金が500万円で、自動車の価値が300万円だった場合は、200万円の借金が残ることになります。その際にはその後の支払い能力も勘案されることになります。借金から財産を差し引いて残った金額に対して返済できると見なされれば、自己破産をすることが認められなくなります。

安定した収入があるかどうか

出典: https://www.s-k-s.biz

借金を返済するだけの財産があるかどうかというところが、自己破産をできるかどうかの一つの条件になってくることをご紹介しました。さらなる自己破産の条件としては、安定した収入があるかどうかというところがポイントになっていきます。本文中でも紹介しているように、借金を3年で返済する能力がある場合は自己破産ではなく任意整理が勧められます。

定職につけない人

出典: https://www.creditconnectusa.com

3年かけても借金を返済できないと認められるためには、安定した収入がないことを証明する必要があります。当然、正社員として仕事をしている場合は収入状況に応じて自己破産できない可能性も高くなります。しかし、病気やケガなどを理由として定職につけない人も存在します。その場合、安定した収入がないので自己破産が認められる可能性が高まります。

安定した収入に関する考え方

出典: https://hokenerabu.com

安定した収入という点についても判断や基準がわかれるところであり、明確な基準が用意されているわけではありません。また、単純に仕事をしたくないからという理由で定職に就いていない場合は、自己破産をすることができないことがあります。それならば仕事をして返済してくださいということになるためです。この辺も裁判所の判断が大きなポイントです。

その後の生活への影響

出典: http://xn--n8jhv5gdv5a0tl85yuqeyp2alj1ajkai33amr0c.jp

さらに自己破産をできるかどうかの条件として、借金を返済したら生活できなくなってしまうという点も挙げることができます。実質的に借金の返済は可能であっても、その後の生活に支障をきたすようであれば、裁判所としても無理をして返済してくださいということにはなりません。安定した収入があっても、生活費が残らない場合は自己破産が認められます。

返済額と毎月の収入の関係

出典: https://www.cardloan-abc.net

安定した収入があっても、収支がマイナスになってしまうようなケースでも、借金の支払いが不能と認められて自己破産をできる状態になります。その基準として3年で借金を返済できるかどうかというところがポイントになっていきます。一般的には、返済額と毎月の収入が比較されます。返済額が毎月の収入の3分の1を超えると、支払い不能と認められます。

人によって基準はさまざま

出典: http://www.allcomicsonline.com

この辺に関しても、人によって基準が異なると言うことができます。貯金額や金銭以外の財産なども含めて、総合的に返済するのが難しいと判断される必要があります。その目安として収入の3分の1という基準を一つの指標に持っておくのは賢明な選択肢です。どんな形であっても、借金の返済ができると認められてしまうと、自己破産をすることができません。

金額の多寡は関係ない

出典: https://xn--n8j7dpa9291apre7z0aceaz06fc06dcslpnak7k.com

また、借金の金額に関しても多寡に関係はありません。本文中でも取り上げましたが、たとえ30万円でも50万円でも返済不能と認められれば自己破産をすることはできるのです。50万円の借金を3年で返済しようと思えば、毎月1万4,000円ほどの返済で問題ないということです。これなら返せそうと思う方も多いですが、実際には難しいケースもあります。

自己破産は困っている人を救済する制度

出典: https://crecatty.jp

例えば、小さなお子さんがいて預けることができない場合などは、定職に就くのが難しくなってしまいます。また、何らかの病気やケガの影響で定職に就けない場合も、借金の返済が困難になっていきます。自己破産を申請する人の立場や状況に応じて、条件も大幅に変わっていきます。基本的に、自己破産は借金に困っている人を救済するための制度だからです。

自分で判断しないこと

出典: https://saimu-kaiketu.com

大切なのは、自己破産の条件を自分で判断してしまわないことです。たとえ小さな借金であっても、返済するのが苦しいと思うのであれば、かまわずに弁護士に相談することが大切です。そうすることで、最善の選択肢を用意してくれます。裁判所によって判断されることなので、個人で判断することはできません。借金に困ったら相談することがポイントです。

自己破産をできない条件がある?ギャンブルが理由はできない?

自己破産できない条件の確認

出典: https://gamble-stop.com

自己破産をできる条件について確認してきましたが、とにかく大切なこととして自分で判断しないことが挙げられます。特に借金や自己破産の問題に関しては複雑な事象が絡み合う事案でもあり、自分で判断できないことが多いです。弁護士など、専門家に相談することが解決への道です。その点を踏まえて、自己破産をできない条件についても確認していきます。

ギャンブルでの自己破産はできないケースがある

出典: http://www.hensai.ms

まず覚えておきたいのが、ギャンブルによる自己破産はできないケースがあるということです。ギャンブルをはじめとして、借金の仕方によっては自己破産できないこともあるのが実情です。自己破産においては破産手続き開始と免責許可と呼ばれる2つの手続きによって、成立させることができます。しかし、ギャンブルでは免責許可が下りないこともあります。

免責不許可事由

出典: https://gyanburu-izon.net

ギャンブルに関しては、自己破産における主な免責不許可事由と呼ばれる項目に含まれており、浪費行為として自己破産を認めてもらえないケースがあるのです。ギャンブル以外にも、株投資やFX投資などの投資行為、特定の債権者のみに借金返済を行う偏波弁済、債権者や保有財産の秘匿行為なども自己破産が認められず、免責不許可となってしまいます。

ギャンブルでも自己破産できる?

出典: https://datsushaki.com

パチンコや競馬など、公営ギャンブルに浪費することで自己破産が認められないこともありますが、全て認められなくなるわけではありません。そもそもギャンブルをはじめとして、自己破産が認められないのであれば、そもそもの救済という目的を果たすことができなくなってしまいます。そこで用意されているのが、「裁量免責」と呼ばれている制度です。

「裁量免責」とは?

出典: https://xn--p9jb5c5cy00u7xcv28bumy.jp

「裁量免責」とは、裁判官の判断によって破産者に免責許可を与える仕組みのことで、ギャンブルで破産してしまった人の場合でも、自己破産できる可能性を提供しています。そのためには、誠実な態度で自己破産手続きに臨むことが大切です。裁判官に自己破産をした後に更正することができると認めてもらうことで、自己破産の手続きを進めることができます。

多くの場合は自己破産が認められる

出典: http://www.omado.jp

ギャンブルもそうですが、投資行為やその他の免責不許可事由に関しても、よほどのことがない限り自己破産が認められなくなるというケースはありません。自己破産手続きに誠意ある態度で臨み、今後の更正をしっかりと誓うことが大切です。ただし、裁量免責になる場合は破産費用が高くなることもあります。自己破産のために費用を納付する場合もあります。

破産管財人の調査には費用がかかる

出典: https://www.takasaki-saimu.net

裁量免責によって免責不許可事由を認めてもらう場合は、破産管財人による調査が行われるケースが多くなり、その場合は、およそ20万円以上のお金を裁判所に納付する必要が出てくるのです。破産管財人に対する報酬は裁判所が支払うわけではなく、自己破産者が支払う必要があります。その辺もギャンブルなどで自己破産をする場合のデメリットと言えます。

自己破産後の免責許可に必要な手続きは?

ギャンブルで浪費し過ぎないこと

出典: https://my20yearswar.com

ギャンブルによって自己破産することになった場合も、基本的には自己破産をすることができるという認識を持っておくことがポイントです。それ以前にギャンブルにのめりこみ過ぎて、借金にならないように自制することも求められます。それでは、自己破産後の免責許可に必要な手続きもご紹介していきます。この手続きを経て正式に自己破産が認められます。

免責許可申立書を提出する

出典: http://www.hasan-r.com

自己破産の免責許可を受けるためには、免責許可申立書を提出する必要があります。免責許可申立書とは、借金をした理由や経緯などをまとめて、借金の支払い義務を本当に免除する必要があるかどうか判断してもらうための書類です。これは、ギャンブルの借金であろうとギャンブル以外の借金であろうと一律に提出が必要な書類であり、手続きへの第一歩です。

免責許可申立は約96%が通過

出典: https://wakarusaimu.com

免責許可申立書による手続きに関しては、申立てを行った人の約96%が免責許可の決定を受けているものであり、よほどのことがなければ審査に通過すると考えておいて問題ありません。ギャンブルなどの理由によって、免責許可が下りない場合でも、裁量免責によって手続きを通過することができます。基本的には通過するものだと考えておいて大丈夫です。

反省の意志を示す

出典: http://goldcardlove.net

裁量免責を認めてもらうためには、借金を返済できなくなってしまったことに対する反省の気持ちを示すことが大切です。その上で、今後の生活において節約をして経済的に立て直す意欲を見せることもポイントとなります。そうした誠意を見せないと稀に裁量免責を認めてもらえないこともあります。しっかりと反省した態度で手続きに臨むことがポイントです。

偏頗弁済には注意

出典: https://saimutalk.net

免責不許可になる可能性として、偏頗弁済(へんぱべんさい)と呼ばれる仕組みについても理解しておきたいところです。偏頗弁済とは、特定の人だけに借金を返済することです。例えば、自己破産をする前に特定の友人に借金を返済するなどの行為も禁止です。それをすることで、偏頗弁済と見なされてしまい、免責許可が下りない可能性が出てくるからです。

支払い義務が残る借金もある

出典: http://www.moneytroublenotora.com

また、免責許可が下りた場合でも、支払い義務が残る借金もあるので理解しておく必要があります。免責の対象とならないものは非免責債権と呼ばれますが、税金や年金、社会保険料といった公的なものも対象となります。その他、不法行為にもとづく損害賠償請求権や従業員への給料、預かり金、罰金なども支払い義務がなくなることはありません。

弁護士への依頼が一番

出典: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

免責許可申立書の提出なども含めて、自己破産に関する手続きについては弁護士に依頼するのが賢明です。申立ての書類などに不備があると、免責許可を受けられない可能性も出てきます。また、自己破産できるかどうかというところも弁護士に相談するのが一番です。複雑な書類の作成も合わせて弁護士に依頼することで、スムーズな自己破産につなげられます。

Thumb自己破産した人のその後の生活を調査!仕事や結婚・住宅ローンは?

自己破産の条件まとめ

出典: http://kojinsaiseiguide.com

自己破産をすることができる条件について、具体的にご紹介してきました。まずは、自己破産をしなければならないような状況を防ぐことが重要です。借金の返済に困り果ててどうしようもなくなったケースとして自己破産を頭に入れておくことが大切です。自己破産以外に任意整理や個人再生といった方法もあるので、弁護士に相談しながら進めるのが賢明です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ