住民税は引越ししたら納付先はどこ?旧住所・新住所の手続き方法まとめ!

引越しをすると住民税の納付先はどのように変わるのでしょうか?引越しによりさまざまな手続きが必要となりますが、住民税には旧住所から新住所への変更手続きが必要なのでしょうか?今回は、引越しに伴う住民税について手続きの方法をまとめていきます。住民税について学びます。

住民税は引越ししたら納付先はどこ?旧住所・新住所の手続き方法まとめ!のイメージ

目次

  1. 住民税は引越し後納付先はどこに?旧住所・新住所の手続き方法を解説!
  2. 住民税とは?
  3. 住民税の納付方法・普通徴収と特別徴収とは?
  4. 住民税は引越し後納付先が変わる?
  5. 住民税の納付先変更手続き方法を解説!
  6. 住民税の滞納や手続き忘れに注意!
  7. 住民税の引越しに伴う変更手続きまとめ!

住民税は引越し後納付先はどこに?旧住所・新住所の手続き方法を解説!

出典: https://shinnetbusiness.com

住民税は引越しをするとどうなるのでしょうか?住民税には旧住所から新住所に変わる際に、引越し手続きがいるのでしょうか?引越しをすると住民税にはどのような手続きが必要になるのか?という事を今回はまとめていきます。住民税のシステムについても併せて解説をしていきます。引越しに伴う、住民税関係の煩雑な手続きについて解説していきます。

住民税とは?

住民税のシステム

出典: https://matome.naver.jp

引越しに伴い住民税がどのようになるか解説する前に、住民税のシステムについて解説していきます。まず、住民税というのは何か?というと日本に居住していることに対する税金になります。つまり外国籍でも一年以上住んでいれば、住民税が発生します。国籍を持っていなくても持っていても、国には無料では住むことはできないシステムです。

住民税は「都道府県税」+「市町村税」の合計

出典: http://freelance.hibiki.org

住民税には「都道府県民税」という都道府県に支払う住民税と「市区町村民税」という市町村に支払い住民税があります。このふたつを併せて「住民税」と呼んでいます。企業に勤めている場合は、給与から天引きされていますので、実際いくら払っているか実感のない人も多いと言われます。引越しした場合には、会社に通達義務がありますので注意します。

住民税は後払い方式なので引越ししても即時反映ではない

出典: https://www.ymbt-zeirishi.com

住民税は、所得控除額からの計算になりますので、後払いの方式になります。引越しをして旧住所から新住所に変わったとしても、現在払っている住民税は昨年度のものとなりますので、その支払いを終え、新年度になってから改めて旧住所から新住所に徴収先が変更になります。住民税の確定は毎年6月ごろとなっていますので、そのころ通達が来ます。

住民税は引越しした際には引越しに伴い手続きがいる?

出典: https://journal.anabuki-style.com

引越しに伴い、住民税にも引越し手続きがいるのか?というと、引越し手続きが要ります。ただし普通徴収か特別徴収かによって引越し手続きが変わります。引越しをした場合には、ほとんどの人が住民票も併せて引越しをしますので、そう煩雑な手続きとは言えません。普通徴収の人は住民票の引越しをします。特別徴収の人は会社へ引越しをした旨を伝えます。

Thumb住民税非課税世帯の基準や条件とは?年収や収入・メリットなどまとめ!

住民税の納付方法・普通徴収と特別徴収とは?

住民税の普通徴収とは?

出典: https://www.shiho-tax.com

住民税の普通徴収とは、簡単に説明すると「住民税を自分で納付する人」を指します。例えばどのような人が該当するか?というと給与支払いではない個人事業主や退職して次の仕事が決まっていない人、転職先が決まっているが手続きが申請中の人、特別徴収から切り替えをした人です。該当する人は引越しに際し、旧住所から新住所に引越し手続きが必要です。

住民税の特別徴収とは?

出典: http://www.ten2270.com

住民税の特別徴収とは、簡単に言うと会社の給与からの天引きの事を指します。天引きとは、給与からあらかじめ保険料や住民税などを引いてから金額を支給することを言います。企業に勤務する場合は、企業が「特別徴収者」として責任を持ちますので、代わりに住民税などの税金を納めてくれます。引越しをした場合は会社に引越しの届け出をします

Thumb住民税も申告が必要?期限や手続き・忘れた場合の対処法まとめ!

住民税は引越し後納付先が変わる?

住民税の納付先は1月1日の住所で決まる

出典: https://blog.cpa-net.jp

住民税の納付先は、1月1日に住所があった場所になります。つまり1月2日に引越しをしても旧住所に住民税を納めます。引越し先である新住所で納めるのは翌年からとなります。ややこしいと思われがちですが、所得から住民税の金額を決めるため、確定申告と同期していると考えればわかりやすいです。年の途中で引越しをしても引越し前の住民税を納めます。

引越しをして新住所へ住民税の納付先が変わるのは翌年から

出典: http://fukurosuitocho.hatenablog.com

住民税の計算は、1月1日から12月31日を一年として計算します。所得から住民税を計算し、翌年に前年分の支払いをするため1月1日に納付先が決定します。確定申告の申告期間は、1月1日から12月31日までの収入が対象です。前年分の住民税が年末に決定するので後払いです。引越しをしても引越し先の納付先に住民税が納付になるのは翌年からです。

引越しをした場合は住民税の納付先は引越し先の市区町村になる

出典: https://wol.nikkeibp.co.jp

住民税の納付先は、住んでいる市区町村になります。会社員の場合は、会社が代行して徴収していますので、引越しに伴い行なう手続きは、住民票の引越しと会社への引越しの届け出だけになります。住民票の引越しの手続きを忘れると前の住所で住民税の徴収がきます。ですが転入後14日以内に引越しの届け出をしないと5万円以下の科料となるので注意します。

引越ししても市内の引越しならば納付先は変わらない

出典: https://www.shiho-tax.com

引越しをしても、市内での引越しの場合は住民税の納付先は変わりません。市区町村が変わらなければ、住民税の納付先に変更ありません。市内の引越しの場合は住所変更届を出します。引越しの際には、郵便の転送届も出しておくと便利です。市区町村が変わる引越しや、都道府県が変わる引越しの場合は住民税の納付先が引越し先に変更となります。

引越しに伴う住民税の徴収先の変更

出典: https://re-koumuin.net

引越しをすると、雑多な引越し手続きに悩まされますが、公共サービスを受けるためにはきちんと提出しなければなりません。普通徴収の人は住民税だけでなく、健康保険や年金も変わります。住民票の引越しをするだけで自動的に反映されますので、引越しをした際は早めに住民票の引越し手続きをします。引越しで市区町村が変わる場合には特に注意します。

引越しで住民税の納付書を紛失した場合

出典: https://www.act-66.com

引越しに伴い、住民税の納付書を紛失した場合は、引越し前の住所の市区町村の課税課に連絡をします。引越し手続きが済んでいても住民税は引越し前の住所で払いますので、引越し前の市区町村が担当します。窓口で払う方法もありますが、引っ越し先に納付書を郵送してくれます。期限が切れる前に連絡をすることで、延滞金の発生も防止できます。

引越しで住民税の納付先が変わると住民税が上がる?

出典: https://www.nanigoto.com

引越しをして、住民税の納付先が変わると住民税の金額が上がるのでしょうか?住民税の金額は自治体によって金額の変動があります。引越しに伴い住民税の金額の変動はありますが驚くような金額ではありません。給与取得者ですと住民税の金額を知らない人もいますので、一度チェックすることをおすすめします。引越しに伴い住民税が上がる事もあります。

Thumb住民税は年収いくらから支払う?考え方や目安など計算方法まとめ!

住民税の納付先変更手続き方法を解説!

住民税の普通徴収対象の人が引越しをした場合は?

出典: http://jpneet.com

普通徴収の人が引越しをした場合は、住民票の引越しをするだけで、手続きはほぼ終了となります。手元に住民税の払い込み用紙が残っている場合には、期日までにに払い込みます。納付書には期限があります。もし期限切れになってしまった場合は、引越し前の市区町村の課税課に連絡をして相談をします。新しい納付書が来ます。引越し先で対応できません。

住民税の特別徴収の人が引越しをした場合は?

出典: http://ti-laboratory.doorblog.jp

特別徴収の人が引越しをした場合は、会社に引越しの通達をします。引越しの件を伝えないと、経理から確認が来る可能性があります。通勤手当などの関係もありますので、引越しは早めに伝えておいた方が自身のマイナスにもならずに済みます。会社へ引越し通達が住民税の手続きにもなります。住民票の引越しも忘れずにしておかないとペナルティになります。

Thumb住民税をクレジットカード払いする裏ワザ!方法や注意点など紹介!

住民税の滞納や手続き忘れに注意!

住民票の引越しの手続きを忘れずに

出典: https://tetuduki-b.com

引越しをした場合には、住民票の引越しもしなければなりません。転入転出届というものです。転出先である市区町村に転出届を出し、転入先の市区町村に転入届を出します。少々面倒ですが、この書類の引越しをしないと色々な公共サービスや住民税などにも問題が出てきます。引越しをした際に届け出をしないと、科料のペナルティが発生する事もあります。

引越しに際した手続きを忘れると不便が生じる

出典: https://allabout.co.jp

引越しに際する手続きには色々あります。引越しの際は住民票も引越し手続きをします。そして郵便局でも、郵便の引越し先への転送届をしておくと良いです。引越しに伴う住所変更の手続きが終わるまで、郵便が旧住所から引越し先に郵便物を一定期間すべて転送してくれます。この転送届をしておくと税金関係の配達機関でも引越し先で安心できます。

引越しが原因でも滞納すれば延滞金が発生も

出典: https://manetatsu.com

引越しに伴い、住民税などの滞納が発生しても救済措置がありませんので、滞納すれば延滞金が発生します。住民税を納付期限に払わないと20日以内に督促が入り、延滞金は税金額の14.6%と高額な延滞金になります。督促や分割納付を無視した場合は、調査が入り給与や貯金などの財産の差し押さえになります。税金の滞納は強制徴収までが早く行なわれます。

Thumb住民税の普通徴収の意味や計算方法などまとめ!特別徴収との違いとは?

住民税の引越しに伴う変更手続きまとめ!

出典: https://allabout.co.jp

引越しに伴いさまざまな手続きがありますが、住民税の手続きは普通徴収ではない場合は会社に引越しをしたことを通達すれば事足ります。普通徴収の場合は、住民票の異動をきちんとすれば問題ありません。引越しをした場合には住民票の異動と郵便の転送届さえ忘れなければ、後から対応することができます。引越しをした場合は住民票は必ず異動します。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ