金貨の購入方法や価格相場を徹底解説!買い時や注意する点は?

金貨購入は、金投資としてもコレクションとしても、とてもおすすめできる方法です。もちろん、金貨の価格は金相場によって日々変動していますから、金貨購入を決める特に注意しましょう。今回の記事で、そんな金貨の種類やおすすめな金貨購入方法などを詳しく解説していきます。

金貨の購入方法や価格相場を徹底解説!買い時や注意する点は?のイメージ

目次

  1. 金貨の購入方法や価格相場は気になるところ
  2. 金貨の購入方法は?
  3. 金貨の購入の価格相場は?手数料は?
  4. 金貨の購入がおすすめなポイントとは?
  5. 金貨の購入はおすすめだが注意点も
  6. 金貨の購入で人気の海外金貨は?
  7. 金貨の購入方法や価格相場・注意点まとめ

金貨の購入方法や価格相場は気になるところ

出典: https://search.rakuten.co.jp

金地金への投資方法として金貨の購入という方法があります。昨今の金相場は緩やかな上昇傾向にあり、金貨購入価格もお手頃でおすすめとなっています。もちろん金貨購入はコレクションとしても楽しめます。当然ですが金貨を購入して友人知人にプレゼントしたりもできます。そんな金貨購入の方法や手数料、価格、相場などのおすすめを解説していきます。

Thumbお金を貯める方法まとめ!節約したい主婦や学生におすすめ!

金貨の購入方法は?

出典: https://zuuonline.com

金貨は金のコインで、古来より、金貨は取引決済の手段として利用されてきました。もちろん今現在は金貨での取引決済はできませんが、金貨は金で出来ているので金という投資対象として金貨のその存在価値を示しています。加えて古来の金貨は銀などが混ざっていましたが、今現在は純金素材で出来ています。そんな金貨の購入方法を詳しく解説していきます。

地金商・貴金属商・コインショップなど

出典: https://www.aidect.jp

金貨購入は基本的に地金商・貴金属商・コインショップなどに赴いて簡単に購入する事ができます。もちろん金貨には様々な種類が存在して価格や相場などもまた千差万別です。金の相場とじっくりと照らし合わせて金貨購入を決めるのがおすすめです。言うまでもありませんが、金貨に傷などが存在しないかもしっかりと見極めて金貨購入の決め手とします。

ネットでの購入には転売業者に注意

出典: http://experience-inc.jp

金貨は金相場によって価格が大きく変化します。価格が安く設定されている個人取引もまた金貨購入には一つの選択肢となります。しかしながら特に注意しないといけないのがネットで転売を行う業者は金相場での金貨の価格よりも値段を高く設定している場合があります。そういった価格のデメリットは金相場での金貨の価格を自分で調べて対処します。

高額の金貨購入には本人確認の義務が生じる

出典: https://romsearch.officestation.jp

金貨購入に必要なものはなにもありません。ネットやショップなどでも手数料なしに金相場に則した価格で金貨を購入するのが一般的な方法となります。ただし一回金貨を複数枚購入して金貨購入価格が200万円を超える場合は本人確認の義務が生じます。もちろん金貨売却時も200万円を超える場合は本人確認の義務が生じるので覚えておく事をおすすめします。

金貨の購入の価格相場は?手数料は?

出典: http://www12.wind.ne.jp

金貨は純金で出来ていますから当然金相場によって金貨購入の価格も変動しています。つまり日用品のように一定の価格が設定されていないのが金貨となります。そして地金を購入する時にかかる手数料は金貨購入にはかかってきません。つまり金貨購入には手数料がないのです。もちろん金貨には様々なサイズが存在して金貨の価格も変動してきます。

金貨購入の価格は金相場に依存する

出典: https://www.speed-kaitori.jp

金貨は純金ですから金相場によって金貨購入価格が変動する事は先にも記しました。無論、地金を購入する場合にもかかる手数料も金貨購入にはかかりません。手数料がない事と共に変動する金相場にも注意して金貨購入を決めると損をしません。言うまでもありませんが、金相場が安い時に金貨を購入すると後々金貨の価値が上がり、おすすめの方法なります。

金貨購入には基本的に手数料がかからない

出典: https://gigazine.net

再三、記してきましたが改めて記しておきたい事は金貨購入には基本的に手数料がかからないという事です。無論、地金の購入には手数料が発生する場合があります。そういった意味でも金貨購入は地金よりも有利と言えます。無論、金貨購入に手数料がかからないからといって金相場を調べずに金貨の価格が高い時に金貨購入を決める方法はおすすめできません。

金貨の購入がおすすめなポイントとは?

出典: http://www.worldrarecoin.com

金貨購入のおすすめポイントは金貨が純金となっていますので金貨を購入する事はイコールで金の購入となります。「有事の金」という言葉もあるよう金保有は社会が不安定になった時にとても効力を発揮します。もちろん金投資という観点から見ても金相場は日々変動しており、価格や相場などからじっくりと金貨購入を考えれば投資対象としてもおすすめです。

金貨購入は金を少額で購入できる

出典: https://www.mag2.com

純金としての金貨の価格として数万円単位から購入できるというおすすめポイントもあります。1/20オンスで金相場にもよりますが、1万円程度の価格で購入する事ができます。友人知人や家族への誕生日プレゼントしても金貨はとても最適です。もちろん将来万が一政情不安になった場合でも金貨を保有していると安心感がまったく違いますので覚えておきます。

金貨購入にはコレクションにも最適

出典: https://www.yushu.co.jp

先に友人知人や家族への誕生日プレゼントにも最適と記しました。その繋がりで金貨購入はコレクター的要素も高い純金保有方法となります。金貨購入自体、金価格の相場によっても価格は変動しますが、基本的には数万円単位での金貨購入が可能ですから様々な絵柄や形をした金貨を数多く購入する事が出来、金貨を集めて眺めるだけでも楽しみは拡がります。

金貨の購入はおすすめだが注意点も

出典: https://www.yushu.co.jp

金貨は地金とは違い、金貨としての加工費用がかかる分、金貨購入は地金を買う場合と比べて少々価格が高く設定されています。逆に金貨を手放す場合に地金と同じ価格で取引されているので金貨購入は金貨を買うのだと自分自身納得して購入すべきです。そうしないと地金を買った方が金投資という観点から考えて有利となりますので注意をおすすめします。

地金と違い金貨は金貨自体に価値がある

出典: https://4travel.jp

地金と金貨が大きく違うのは金貨はコインとしての価値が存在している点です。つまり金貨を傷つけてしまえば金貨としての価格が大きく下がります。その点でも地金を購入する金投資とは少々趣が違います。無論、金投資としての純金購入と考えればやはり地金の方が金貨を購入して保有するよりもメリットが大きいと言わざるを得ませんので覚えておきます。

金貨は紛失盗難の危険性がある純金

出典: https://matome.naver.jp

言っておきたい事は金貨の一個一個はさほど重くなく持ち運びに便利という点です。つまり一つ一つの携帯性が高いという事は裏を返せば盗難や紛失の危険性が大きいのが金貨という存在になります。もちろん金貨を購入して金庫などで保管すれば金貨の携帯性によるリスクを軽減できおすすめですが、それでも金貨は地金に比べて盗難紛失のリスクが高いのです。

金貨の購入で人気の海外金貨は?

出典: https://www.fuku-chan.info

金貨は世界の国々の政府によって発行されています。有名で人気の金貨からレアな金貨まで金貨の種類も大変豊富で眺めているだけでも飽きないが金貨となります。そういった意味で金貨はコレクション対象としてもとても最適です。無論、そういった金貨でも人気の金貨もまた存在します。ここでは種類の豊富な金貨を国ごとにおすすめなどを解説していきます。

メイプルリーフ金貨(カナダ)

出典: http://www.enniomorricone.net

メイプルリーフ金貨はカナダ王室造幣局が発行する金貨で1979年から創鋳されています。表面にはエリザベス2世の肖像が浮き彫りにされ裏面にはカナダらしいサトウカエデの葉が掘られています。とても優雅なデザインが楽しい金貨となります。金貨としての資産価値もまたコレクションの楽しみとなりますが、こういった優雅な金貨は集めていて楽しいです。

カンガルー金貨(オーストラリア)

出典: https://www.noguchicoin.co.jp

カンガルー金貨はオーストラリア連邦の西オーストラリア州の造幣局が作っている金貨となります。特にカンガルー金貨がコレクションの対象として人気が高い理由は「毎年、金貨の裏面に浮き彫りにされたカンガルーのデザインが変わる」という事です。もちろん金貨としての造形もまた巧みであり、いつまで眺めていても飽きがこない金貨でおすすめです。

ウィーン金貨ハーモニー(オーストリア)

出典: https://www.atpress.ne.jp

ウィーン金貨ハーモニーはウィーン金貨とも呼ばれ、オーストリアの造幣局が1989年から発行しています。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団にちなんだデザインで、表面にはパイプオルガン、裏面にはオーケストラの楽器が複数配置されています。ウィーン金貨でも特に人気が高いのが2004年に発行されたもので、15枚しか製造されていない貴重品です。

金貨の購入方法や価格相場・注意点まとめ

出典: http://hiroshinews.hatenablog.com

金貨の価格は金相場によって日々変動しています。そして金貨購入の方法は知ってしまえばさほど難しくなく金投資としての金貨購入という方法はとても優れています。もちろん投資の対象としてではなく単に金貨を購入してコレクションするのもまたおすすめで楽しいでしょう。そういった金貨購入の為の方法やおすすめなどを知るきっかけになれば幸いです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ