源泉徴収票をもらえない理由とは?対処法や確定申告の手続き方法まとめ!

所得がある人は、確定申告する必要があります。確定申告に必要とされるのが源泉徴収票ですが、その書類をもらえない場合があります。源泉徴収票をもらえない理由とはどのようなことでしょうか?また対処法や確定申告の手続きについても、わかりやすくまとめた記事となっています。

源泉徴収票をもらえない理由とは?対処法や確定申告の手続き方法まとめ!のイメージ

目次

  1. 源泉徴収票をもらえない?その理由と対処法を解説!確定申告の手続き方法も!
  2. 源泉徴収票がもらえないとどうなる?
  3. 源泉徴収票をもらえない理由とは?
  4. 源泉徴収票がもらえない時の対処法について
  5. 源泉徴収票がもらえない人の確定申告はどうなる?
  6. 源泉徴収票をもらえない理由と対処法まとめ

源泉徴収票をもらえない?その理由と対処法を解説!確定申告の手続き方法も!

出典: https://salaryman-story.com

確定申告の手続き・転職の手続きなどには、源泉徴収票が必要とされることがあります。しかし会社に源泉徴収票の交付を請求したけれども、もらえないと言う経験があった人もいるでしょう。源泉徴収票がもらえない理由とその対処法について解説をしていきます。また確定申告の手続きの方法についても紹介をします。

源泉徴収票がもらえないとどうなる?

源泉徴収の意味

出典: https://smarthr.jp

まず源泉徴収についての意味を解説していきます。源泉徴収とは、会社側が雇用する従業員に給与から差し引いて所得税の金額を納める制度のことです。またその給与から差し引いた所得税などが記載されている書類のことを源泉徴収票と言います。

源泉徴収票が必要な理由

出典: https://tap-biz.jp

ではその源泉徴収票が、なぜ必要とされるかの理由についてを見ていきましょう。源泉徴収票は従業員がその会社で働き、収入・税金・社会保険料などについてを確認するための大切な書類とも言えます。その書面ですぐに確認できる源泉徴収票は、様々な時に提出を求められることがあります。

どのようなことで源泉徴収票を提出するの?

出典: https://zangyohiroba.com

源泉徴収票はどのようなことで提出をしなければならないかと言うと、「確定申告を自分で行い医療費を控除したい時」「仕事を辞めて失業給付金を受ける時」などです。また源泉徴収票は、転職時にも新しい転職先の企業に提出することもあります。正社員でなくても、パートやアルバイトの人にも関わることですのでしっかりと理解をしておきましょう。

源泉徴収票がないとどうなるの?

出典: https://netnewslabo.com

源泉徴収票は、主に「確定申告をする時」「転職をする時」に必要となってきます。しかしその源泉徴収票をなかなかもらえない、トラブルに合うことも少なくありません。もし源泉徴収票がもらえなかったら、どのようになるのでしょうか?この主な2つについてを確認していきます。

確定申告する時

出典: https://moneyforward.com

1つめの「確定申告する時」について解説をしていきます。所得税は毎月給与から引かれています。その所得税は年間の収入に対し、金額が決まってきます。もし所得の金額が決まってから、年末に税金を納めに行くとなると急な金額でとても負担に感じられる人もいます。

年間所得を知る大切な書類

出典: https://mukutto.com

負担とならないように、年間の年収の毎月の給与から先に引かれるようになっています。また確定申告では、年間の所得が決まったら追加徴収されることもありますが、還付金として戻されることもあります。このように源泉徴収票とは、年間の所得を知るための大切な書類でもあるのです。

転職する時

出典: https://career.jobrass.com

次に2つめの「転職する時」について解説をしていきます。会社側は転職した時に、今まで働いていた会社の給与の支給額を知っておかなければなりません。その理由は年末調整は転職先の会社で行われるため、正しい金額を知る必要があります。なので源泉徴収票の提出を求められることがあります。

パートやアルバイトでも源泉徴収票はもらえる

出典: https://www.baitoru.com

この転職時の源泉徴収票の提出は、必ず行わなければならないわけではありません。自分で確定申告する人は、源泉徴収票を提出する必要はありません。また正社員と限りなく、パート・アルバイトの人も源泉徴収票をもらうことができます。自分の年間の収入を把握するための書類なので、しっかりと覚えて大切にしておきましょう。

源泉徴収票をもらえない理由とは?

源泉徴収票をもらえない理由があるの?

出典: https://www.tt-tax.net

このように大切な書類である源泉徴収票ですが、今までにもらえないで困ってしまうトラブルに合った人も中にはいたと考えられます。そのトラブルに合ってしまう理由とはどのようなことなのでしょうか?またそのようなトラブルに合ってしまった時の対処法についても、これから解説をしていきます。

源泉徴収票はもらう義務がある

出典: https://saera-ph.co.jp

会社側は従業員に、源泉徴収票を交付する義務があります。従業員がその会社で働く上で、源泉徴収票をもらえないと言うことはあってはならないことなのです。なのでもしそのようなトラブルに合った場合、すぐにその会社に源泉徴収票の交付を請求する手続きを必要があります。

源泉徴収票をもらえない人

出典: https://allabout.co.jp

このように義務付けられている源泉徴収票ですが、源泉徴収票の交付の手続きを行ってももらえない人はいます。例えば、転職したのが原因で前の会社での源泉徴収票をもらえないと言う人も少なくありません。また何度も源泉徴収票の交付の請求の手続きをしても、発行されるのに時間が掛かったと言われる会社もあります。

源泉徴収票をもらえない理由

出典: https://www.city.akashi.lg.jp

源泉徴収票がもらえない理由は、どのようなことなのでしょう?主な理由として挙げられることが「会社側の適当な処理」と言われています。源泉徴収票に対して、強く意識されてないようです。法律上では会社側は、従業員に源泉徴収票を交付する義務があります。しかし確定申告する税務署に対して、源泉徴収票を交付する義務が付けられていないのです。

給与所得ではなかった?

出典: https://gentosha-go.com

源泉徴収票がもらえない理由の中に、働いた収入が給与所得でない場合もあります。給与所得でないと言う理由であれば、個人事業主の立場になります。この場合源泉徴収票の交付はありません。給与所得である場合、会社と雇用契約を結び会社に従って働くことです。

個人事業主の確定申告の方法とは?

出典: https://www.pref.nagano.lg.jp

また個人事業主で働く場合、源泉徴収票がないので対処法として年間の収入の金額に合わせ、事業所得や雑所得で確定申告時に税務署に申告します。確定申告の手続きにも義務付けられる金額があります。20万円以上の収入であれば、事業所得として確定申告の手続きを行います。また副職での20万円以下の収入であれば、雑所得としての申告が可能になります。

税務署の人に相談をする

出典: https://nomura-tax.com

源泉徴収票は、特別な理由がない限り交付されます。もらえない時は、まず会社側に源泉徴収票の交付の請求手続きを行って下さい。それでも交付をしてもらえない場合は、その会社は所得税法違法となります。話に応じない場合には、税務署の人に相談してみて下さい。税務署の人に理由を伝えると、源泉徴収票をもらえない場合の対処法を考えてくれます。

Thumb確定申告における「雑所得」について解説!必要書類や税率は?

源泉徴収票がもらえない時の対処法について

まずは会社に伝える!

出典: https://www.koeitecmo.co.jp

会社で働き給与を支払ってもらっているからには、源泉徴収票の交付は必ず義務付けられています。会社側から源泉徴収票の交付が行われない場合は、まずは再度源泉徴収票の交付の請求の手続きを行って下さい。また「○月○日までに交付をお願いします」とはっきりとした期限を伝えた方が、より効果的となりますのでおすすめです。

税務署に相談すると伝える!

出典: https://www.nta.go.jp

転職時に、源泉徴収票の交付が遅れる会社もあります。法律上で従業員が会社を退職して、1ヶ月以内に交付することが義務付けられています。1ヶ月経っても源泉徴収票を交付されない時は、電話で確認して下さい。何度伝えても源泉徴収票をもらえない時は、対処法として「税務署に相談してもいいですか?」と伝えるとすぐにもらえることもあるようです。

ルーズな会社はすぐに源泉徴収票をもらえない

出典: https://salaryman-story.com

会社によっては、ルーズで適当に事務処理を行っている場所もあります。なので「源泉徴収票をすぐに用意ができません」と言われ、困った経験をした人も中にはいたでしょう。また「源泉徴収票を交付することが、義務付けられていると言うことを知らない」と言われる会社もあるようです。

もらえない場合は法律違反だと伝えよう

出典: https://solo-invest.com

もし義務付けられていることを知らないなどと言われ、源泉徴収票の交付をしてもらえない場合対処法として、所得税法の法律の中で「源泉徴収票を交付する義務があります。このままでは法律違反になります」と伝えてみて下さい。

所得税法で会社側が行うこと

出典: https://siegtax.com

所得税法の法律の中には、このような意味で書かれています。給与を支払う会社側は、その年の給与が確定されたら従業員の源泉徴収票を2通作成しなければなりません。その源泉徴収票の1通は、翌年1月31日までに税務署に提出されます。あとの1通は、給与を受ける従業員に交付されます。また転職時は、退職から1ヶ月以内となります。

どうしても源泉徴収票をもらえない場合は税務署へ

出典: https://www.uchitax.com

会社側に法律違反であることを伝えても、源泉徴収票がもらえない場合があることもあります。その時の対処法についての紹介もさせていただきます。あまり利用はされてないようですが、どうしても会社側から源泉徴収票を交付してもらえない場合、「源泉徴収票不交付の届出書」と言う書類があります。

源泉徴収票不交付の届出書を提出する

出典: https://keiei.freee.co.jp

源泉徴収票不交付の届出書を提出すると、税務署から直接会社に源泉徴収票を交付するようにと伝えられます。そのような場合、会社側も面倒なのですぐに源泉徴収票を交付されると考えられます。源泉徴収票不交付の届出書の提出の方法は、税務署の人から教えてもらえるので聞いてみて下さい。

源泉徴収票がもらえない場合でも対処法はある

出典: https://www.uchitax.com

源泉徴収票がもらえないトラブルに合ったとしても、落ち着いて対処法を考えましょう。対処法は一つではありません。会社側が何も言わなくても忘れずに源泉徴収票を交付してもらえるなら何も心配ありませんが、もし源泉徴収票を交付してもらえない時は、上記の対処法を参考にしてみて下さい。

Thumb確定申告での必要書類まとめ!マイナンバーや源泉徴収票は必須?

源泉徴収票がもらえない人の確定申告はどうなる?

源泉徴収票は確定申告でとても大切な書類

出典: http://www.haken-careerguide.com

源泉徴収票は、確定申告で申告の手続きを行うために必要な書類になります。源泉徴収票を交付された上で、はじめて正しく確定申告を行うことができます。会社側は従業員が働いて、その年間の収入から税金を引いた金額を記載した書類を交付します。源泉徴収票は、確定申告を行うためにとても大切な書類と言えます。

確定申告とはどのようなこと?

出典: https://asset-campus-oag.com

確定申告には必要とされる源泉徴収票ですが、確定申告とはそもそもどのようなことでしょうか?源泉徴収票は、年間の収入から税金を引いた金額を記載した書類でした。この書類と確定申告が、どのように深く関係されているのかについてをこれから詳しく解説をしていきます。

確定申告の意味

出典: https://affiliater-tax.net

確定申告の意味とは、国の租税を申告する手続きのことです。その年の1月1日から12月31日までの租税を収入・支出・医療費などの所得を計算して税務署に申告します。その他医療費以外にも、家の扶養家族がいる場合やその年にふるさと納税の寄付金を納めたなど細かい計算も行います。申告すると還付金が戻る場合があるので、しっかりと確認して下さい。

もし確定申告を行わなければどうなる?

出典: https://shi-tax.com

確定申告は、雇用されていない個人事業主や法人事業主の人が主に手続きを行います。計算などが細かく確定申告の手続きが面倒だと感じられている人も少なくないでしょう。しかし確定申告は、とても重要な提出物なのです。もし確定申告を行わなければ、どのようになってしまうのでしょうか?

確定申告を行わないと損

出典: https://zuuonline.com

確定申告をしなければならないのに、申告の手続きを行っていない場合は他の税金がかかってしまいます。その税金とは、無申告加算税や延滞税のことです。また確定申告は税金の支払いだけでなく、払い過ぎた税金はあとから還付金として戻ることもありますので確定申告が必要な人は特にしっかりと行って下さい。

雇用されてても確定申告する必要がある

出典: https://www.uchitax.com

個人事業主や法人事業主以外の雇用されている従業員の人でも、確定申告の申告しなければならない場合もあります。従業員は会社側が所得税を源泉徴収してもらえるため、年末調整の手続きする必要がありません。しかし場合によって、確定申告をしなければならないものもあります。

確定申告が必要な人

出典: https://www.ymbt-zeirishi.com

従業員の人でも確定申告しなければならないものについて解説をします。「住宅ローンで家を買った時」「本人と扶養家族の医療費が年間10万円を超えた時」「年収の金額が2000万円超えた時」「年末調整後に結婚・出産した時」などです。このような場合控除され、還付金が戻ることがあるので申告して下さい。

確定申告が不要な人

出典: https://www.syachou-blog.com

またここで確定申告をしなくてもよい人についても解説をします。「専業主婦などで所得がない人」「所得控除以内の額で働いている人」「年金の収入が400万円以下で、また別収入として年間20万円以下の人」などが不要になります。

確定申告する方法

出典: https://tetuduki-b.com

確定申告の申告する方法はいくつかあります。まず1つめは、税務署の人に聞いて申告書を記入することです。次に2つめは、家で申告書を記入して税務署に持っていくことです。最後の3つめは、e-Taxのインターネットで作成して申告することです。自分に合う確定申告の方法を選んで申告を行って下さい。

確定申告しなければ他の税が課せられる

出典: https://affiliater-tax.net

所得の確定申告は、2月16日から3月15日頃に申告します。確定申告の期限が過ぎても申告しなかった場合、無申告加算税が課せられます。また申告が、遅れる程延滞税も課せられます。悪質に申告漏れをすると、懲役や罰金と言う罪も問われることもありますので必ず申告は行って下さい。

源泉徴収票がなくても確定申告はできる?

出典: https://socialzine.net

基本は源泉徴収票で確定申告は行われますが、源泉徴収票がなくても確定申告をすることはできます。会社側に源泉徴収票の交付を請求してもらえない場合は、税務署の人に相談してみて下さい。先程でも紹介をしましたが、税務署で源泉徴収票不交付の届出書の手続きをしていただくことができます。

会社の倒産などで源泉徴収票がもらえなかったら?

出典: https://www.newrule.jp

源泉徴収票がもらえない理由として、その会社が倒産している場合があります。会社の倒産で、源泉徴収票が交付されなかった理由の場合は請求することがとても難しいと考えられます。これから、どうしても源泉徴収票がもらえない場合の対処法についての紹介をします。

源泉徴収票がもらえない時給与明細書が大切

出典: https://www.kaunet.com

会社の倒産が理由だった場合、源泉徴収票の交付はほとんど受けられないと考えられています。一部では倒産してても、破産管財人の事後処理が上手くできていれば源泉徴収票の交付が可能になることもあります。しかしこの場合交付されないことが多いようなので、対処法として給与明細書が代わりに確定申告で認められることもあります。

給与明細書は必ず保管しておこう

出典: https://business.nikkeibp.co.jp

源泉徴収票がもらえないトラブルは少なくありません。義務だからと言って安心はできません。もし源泉徴収票がもらえない場合は、対処法として給与明細書が証明されることがあります。銀行の通帳に記載される給与の金額で認められることは難しいですが、給与明細書はもしもの時に役立つことがありますのでわかりやすい所に保管をしておいて下さい。

証明ができなくても税務署に相談する

出典: https://unlogement.amebaownd.com

源泉徴収票や給与明細書で証明することができますが、もしもどちらも持っていない場合は所得の確認ができません。そのような場合、税務署の人に相談してみて下さい。税務署の人に他に必要とされる書類があるか聞いてみることが大切です。

Thumb出産費用は医療費控除でいくら戻る?確定申告のやり方や控除の対象も解説!

源泉徴収票をもらえない理由と対処法まとめ

出典: https://koumu.in

源泉徴収票をもらえない理由として、会社側が源泉徴収票を交付するのが義務であることにあまり意識されてないと考えられます。もらえなくても焦らず、対処法として会社に再度源泉徴収票の交付を請求しましょう。それでも交付してもらえない場合は、税務署で相談したり源泉徴収票に代わる給与明細書を持って行きましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ