上司のパワハラへの対処法まとめ!無視や相談も効果的な対策?

組織に入ると上司から身体的・心理的なパワハラを受けることも少なくありませんが、そのようなときは誰に相談したらよいでしょう。また、どのような対処法が適切なのでしょう。今回は、無視や相談などの効果的な対策を含めた「上司のパワハラへの対処法」についてまとめています。

上司のパワハラへの対処法まとめ!無視や相談も効果的な対策?のイメージ

目次

  1. 上司からのパワハラに悩んでいませんか?
  2. 上司から受けるパワハラとは?
  3. 上司がパワハラをする心理
  4. 上司が行うパワハラの種類
  5. 上司から受けるパワハラの一種とされる状況別の種類
  6. 上司からパワハラを受けた時の対処法を紹介!
  7. 上司のパワハラをやめさせる方法・対策とは?
  8. 上司からのパワハラが酷い場合会社を辞めさせることはできる?
  9. 上司のパワハラへの対処法のまとめ

上司からのパワハラに悩んでいませんか?

出典: https://zangyohiroba.com

最近では、ニュースでも頻繁に取り上げられていますが、上司の言葉・暴力によるパワハラに悩んでいる人は多くいます。無視する訳にもいかず、また「誰に相談するべきか」などの対策も分からず、ストレスを溜めている人も少なくありません。ここからは、適切な相談相手・的確な対処法など「上司のパワハラへの対処法」を解説していきます。

上司から受けるパワハラとは?

パワハラの定義

出典: https://roudou-bengoshi.com

そもそも「パワハラ」という言葉の定義はどのようなものか。一般的には、組織内において上司などの「立場が上位」の人間が、部下などの「立場が下位」の人間に対して、肉体的あるいは心理的な言葉の暴力による苦痛を与え、圧力をかけることを意味します。

上司から受けるパワハラ事例

出典: https://zangyohiroba.com

そのような上司からのパワハラを無視する訳にもいかず、悩み苦しんでいる人も少なくありません。ニュースでも取り上げられるように、必要とされる適正な指摘範囲・量に対して、パワハラをする上司は通常の2倍も3倍も過分に圧力をかけます。「首にするぞ」といった言葉の暴力もその一例です。

上司がパワハラをする心理

上司のパワハラをする心理を紹介

出典: https://roudou-bengoshi.com

部下にとっては仕事である以上、パワハラであるか否かに関わらず、上司の言葉を無視する訳にはいきません。一方、上司はさまざまな心理状況によって、故意にあるいは無意識にパワハラを行います。この章では、そのような「上司のパワハラをする心理」に触れていきます。

自分に自信がなくそのことを見破られたくない

出典: https://moneylab.f-academy.jp

まず挙げられるパワハラをする上司の心理は「自分に自信がなくそのことを見破られたくない」ことです。これはプライドが高い上司に多く見られる心理で、自信がないことを見破られることによって、自分の自尊心が大きく傷つけられるため、それをパワハラで隠そうとしてしまいます。

自分の地位を守りたい

出典: https://www.vbest.jp

また、プライドに近しいものとして、地位・名声を気にする上司は「自分の地位を守りたい」がゆえに、地位を脅かす存在・物事が現れた際には、パワハラによって「その座を守ろう・防ごう」という無意識な心理が働きます。

自分の思い通りに相手を動かしたい

出典: https://biz-journal.jp

次に挙げられるパワハラをする上司の心理は「自分の思い通りに相手を動かしたい」ことです。自己中心的な上司に多く見られる心理で、行動・成果が自分の思い通りにいかない部下に対して、強い言葉や暴力を用いて圧力をかけます。

自分の嫌いな相手を追いやりたい

出典: http://yamagata-np.jp

そして、自分の組織を全て自分色に染めたい「我が強い」上司は、その「我」を受け入れようとしない部下に対して嫌悪感を抱き、「自分の嫌いな相手を追いやりたい」という心理から、無視したり出来ないことを虐げたりします。

自分の成果に見せたい

出典: https://papimami.jp

「自分の成果に見せたい」こともパワハラをする上司に挙げられる心理です。部下が獲得した成果を責任者会議などのミーティングにて、自分の成果であるかのように表現する上司も少なくなく、それを当事者の部下に「俺のおかげだな」と強く圧力をかけます。

自分の機嫌を抑えられない

出典: https://doda.jp

また、子供っぽい・幼稚な上司は「自分の機嫌を抑えられない」ため、家庭内や部下に関係ない状況で起こった悪い出来事でも、それを心から払拭することが出来ず、通常以上のきつい言葉や暴力を振るいます。部下側もそのような背景であれば無視したいところですが、上司は上位にあたるため、そうもいかない結果となってしまいます。

自分の考えを曲げられない

出典: https://allabout.co.jp

最後に挙げられるパワハラをする上司の心理は「自分の考えを曲げられない」ことです。客観的な視野を持てない上司に見受けられる心理で、自分よりも良い案・良い分析を出来ている部下がいたとしても、「自分の考えが一番である」と視野が狭くなり、それらの考えを持つ対象を排除しようとします。

上司が行うパワハラの種類

上司が行うパワハラの種類を紹介

出典: https://zangyohiroba.com

パワハラにも、言葉によるもの・実際の暴力、さらに身体的・心理的などさまざまな組み合わせやパターンが存在します。この章では、そのような「上司が行うパワハラの種類」を7つほど説明していきます。

暴力など身体的攻撃型パワハラ

出典: https://biz-journal.jp

上司が行うパワハラの種類1つ目は、「暴力など身体的攻撃型パワハラ」です。体育会系出身の上司が行うパワハラとして比較的多いものになります。手をあげるなど、苛立ちをそのまま暴力として表します。

言葉の暴力である精神的攻撃型パワハラ

出典: https://media.selfturn.jp

上司が行うパワハラの種類2つ目は、「言葉の暴力である精神的攻撃型パワハラ」です。もちろん、言葉の暴力も列記としたパワハラです。精神的にストレスとなるような言葉を必要以上に浴びせます。

無視など人間関係からの切り離し型パワハラ

出典: https://roudou-bengoshi.com

上司が行うパワハラの種類3つ目は、「無視など人間関係からの切り離し型パワハラ」です。学校問題として挙げられるイジメと同じく、無視などによりコミュニティへ参加させないようにして、心理的に苦痛を与えます。

絶対に達成することが出来ない過大な要求型パワハラ

出典: https://roudou-bengoshi.com

上司が行うパワハラの種類4つ目は、「絶対に達成することが出来ない過大な要求型パワハラ」です。社員の能力によって出来る範囲が異なることはあり得ますが、これは誰しもが如何にも達成することが出来ないような目標や任務を課すことに相当します。

仕事の意欲をそぐような過小な要求型パワハラ

出典: https://allabout.co.jp

上司が行うパワハラの種類5つ目は、「仕事の意欲をそぐような過小な要求型パワハラ」です。先程の「過大な要求」とは逆に、出来る範囲の上限には到底足りない仕事量しか割り当てられず、他の社員にも認められるような成果や結果すら上げることが出来ない状況に追いやられます。新たな仕事を求めたとしても、無視をされることがほとんどです。

仕事の時間外にも関わろうとする個の侵害型パワハラ

出典: https://www.ippeyo.com

上司が行うパワハラの種類6つ目は、「仕事の時間外にも関わろうとする個の侵害型パワハラ」です。定時もしくは自身の仕事が完了して帰宅しようとすると、それ以降のプライベートの時間まで立ち入ろうとしてきます。組織において、上位にあたる立場であるため、あからさまな無視をする訳にもいかず、ストレスを抱えることになります。

一昔前の体育会系じみた必要以上な強要型パワハラ

出典: http://yukawanet.com

上司が行うパワハラの種類7つ目は、「一昔前の体育会系じみた必要以上な強要型パワハラ」です。組織も縦社会であることには変わらないのですが、「使いっ走りのような扱いをする」などの必要以上な上下関係を強要してきます。

上司から受けるパワハラの一種とされる状況別の種類

上司から受けるパワハラ以外のハラスメントを紹介

出典: https://biz-journal.jp

ここまで「上司のパワハラ」における心理や種類について触れてきましたが、この章では「パワハラ以外にはどのようなハラスメントが存在するのか」を紹介していきます。

セクハラ

出典: https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp

ハラスメントの中でも、古くから一般的に認知されているものとして「セクハラ」があります。セクシャルハラスメントの略で、組織内において挙げられる例は、上司より「スカートが短い」や「朝帰りですか?」のような性的な苦痛を与えられるものになります。

モラハラ

出典: https://future-innovation-school.hatenablog.com

そして、ニュースなどで取り上げられることにより少しずつ知られるようになった「モラハラ」は、モラルハラスメントの略となります。上司から無視をされたり、言葉によるプレッシャーを長期的に与えられたり、それらによって目に見えない精神的ストレスを溜めることになります。

カラハラ

出典: https://world-works.co.jp

カラオケハラスメントの略として「カラハラ」というものがあり、決起会や歓迎会などの打ち上げでカラオケ屋へ行った際に、付き合いで行っただけで本来は歌いたくない部下に対して、「歌いなさい」と上司が歌うことを無理やり強要するハラスメントです。

アルハラ

出典: https://diamond.jp

アルコールハラスメントの略で「アルハラ」と呼ばれるハラスメントが存在します。これは「カラハラ」と類似するもので、新年会や忘年会などアルコールが机にならぶ場において、上司が飲めない社員に対して無理やりアルコール類を強要するハラスメントになります。

テクハラ

出典: https://nice-land.jp

新入社員や異動したばかりの社員などが対象となるハラスメントとして「テクハラ」があります。これはテクノロジーハラスメントの略で、まだ知識が浅い・乏しいことが当たり前の社員に対して、「なぜそんなことも出来ないの?」と上司より精神的なプレッシャーを過分に与えられるものです。

スモハラ

出典: https://news.ameba.jp

最近では非喫煙者に社会全体が配慮する傾向になりつつありますが、まだまだ昔ながらに「タバコミュニケーション」と称して、無理やり喫煙所に連れていく上司も存在します。これは「スモハラ」と表現され、スモークハラスメントの略になります。

セカハラ

出典: https://mag.smarthr.jp

会社側に自身の立場を強くアピールしたい上司などに見られるハラスメントとして「セカハラ」があります。これはセカンドハラスメントの略で、セクハラやモラハラなどを受けた社員が相談や訴えを既に起こした場合、それらを聞きつけた上司から「でっちあげるな」などの二次的圧力を受けることを表します。

エアハラ

出典: https://grapee.jp

自己中心的な上司に多く見られるハラスメントとして、エアーハラスメントの略で「エアハラ」と呼ばれるものが存在します。これは夏の暑い時期に冷房温度を極端に寒い設定へ変更したり、冬の寒い時期に寒がっている社員を無視して暖房を切ったり、上司が自分のみの感度に応じた空調設定へ勝手に変更するハラスメントになります。

マタハラ

出典: https://www.reloclub.jp

一昔に比べると女性が働く割合も拡大し、それに伴って、マタニティハラスメントの略で「マタハラ」と呼ばれるものも増加しています。これは、本来では当たり前の権利である「産休・育休」に理解が乏しい上司が、休暇を取得することに対して嫌味を言うなどの心理的苦痛を与えるハラスメントになります。

スメハラ

出典: https://woman.mynavi.jp

さまざまなハラスメントの中には、スメルハラスメントの略で「スメハラ」と呼ばれるハラスメントもあります。これは、口が臭い・体が臭い以外にも、女性の上司で「香水をつけすぎる」など、他人の気分を害するといったハラスメントも存在します。

ジェンハラ

出典: https://bizspa.jp

社会的性区別を意味する「ジェンダー」から派生して、ジェンダーハラスメントを略した「ジェンハラ」と呼ばれるハラスメントがあります。これは、上司から「男なら〇〇」「女なら〇〇」といった、性別のみから判断される行動を強要するハラスメントとなります。

リスハラ

出典: https://www.takai-lawyer.jp

会社に属していると上司より転勤や部署異動を命じられることは考えられますが、明らかに望んでいない、もしくは嫌がらせを意図した、リストラハラスメントの略で「リスハラ」と呼ばれるリストラに繋がるようなハラスメントも存在します。

ブラハラ

出典: https://www.reloclub.jp

男性上司に比べると、「血液型」による性格・行動の決めつけは女性上司に傾向として多いものですが、これをブラッドハラスメントの略で「ブラハラ」と呼びます。「AB型は〇〇だから」「B型は〇〇だから」と一般的に悪く表現される血液型の特徴によって、あらゆる物事・結果を決めつけて判断します。

オワハラ

出典: https://www.reloclub.jp

組織内の上司・部下といった関係以外にも、就職活動を行っている就活生が対象となるハラスメントも存在します。それは、就活終われハラスメントの略として、「オワハラ」と呼ばれるものがあります。人手不足により人材を確保したい企業側が「もう就活やってもどこも入れないよ」「他社では雇ってもらえるわけがない」と就活を終わるように強要します。

上司からパワハラを受けたらどうする?

出典: http://www.mana-biz.net

ここまで挙げたように、ハラスメントにもさまざまな種類・パターンが存在します。では、上司から無視されたり、暴力を受けたり、実際にパワハラを受けたら、どこに相談したらよいのでしょうか。どのような対策が適切なのでしょうか。次の章では、それらの対処法を解説していきます。

Thumbモラルハラスメントの意味とパワハラとの違いを解説!受けた場合の対処法は?

上司からパワハラを受けた時の対処法を紹介!

オドオドせず平然を装う

出典: https://diamond.jp

まず「嫌がらせすることを好む」イジメ気質の上司からパワハラを受けたときの対処法は、「オドオドせず平然を装う」ことです。本来であれば、仕事の上位にあたる上司の言動は、しっかりと受け止める必要がありますが、パワハラの対策として「無視する勇気」も有効な対処法のひとつと言えます。

機嫌が良い・悪いを見極める

出典: https://roudou-bengoshi.com

また「喜怒哀楽が激しい」気分屋上司には、その言葉口調や背景を察知して「機嫌が良い・悪いを見極める」こともパワハラを受けた後ではなく、受けないようにする対処法として、非常に重要なものとなります。気分が悪いときの接触を避けることで、無視されることや罵声を浴びせられることも少なくなるため、自信を守る必須の対処法でもあります。

上司からの指示内容を明確にしておく

出典: https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp

そして自身が指示したにも関わらず、「なぜ、そのようなことをしたんだ」と悪い結果を他人のせいにして怒る上司に対しては、「上司からの指示内容を明確にしておく」ことが不可欠な対処法になります。指示を受けるとき、あえて上司に「あなたの指示はしっかりメモに取っています」と分かるように、アピールすることがより良い対処法です。

いざという時のために全て記録しておく

出典: https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp

また、最悪の局面を想定した準備や、最終的にどのような対処法でも取れる対策として、「いざという時のために全て記録しておく」ことも非常に重要な予備対処法です。日時や言動を含め、パワハラ上司から言われた「傷ついた言葉」や、「無視された経緯」なども記録しておくことをおすすめします。

音声データを録っておく

出典: https://av.watch.impress.co.jp

さらに、同じようなパワハラが繰り返して行われる場合は、こちらとしても「その嫌がらせがいつあるか」がある程度推測できるため、メモするだけではなく、上司の言葉をデータにすべく「音声データをレコーダーに録っておく」ことも、いざという時には有効な対処法ともなり得ます。

要求が正当かどうかの精査をしておく

出典: https://www.jaic-college.jp

過大な要求、あるいは過小な要求をしてくる上司には、「要求が正当かどうかの精査をしておく」ことも必要な対処法のひとつになります。自身の主観ではなく、客観的に判断したとしても、過大・過小である場合は、十分な対応が出来るため、対処法における「必須な作業の一環」と言えます。

医療機関に通った証拠を残しておく

出典: https://www.tottori-med.jrc.or.jp

暴力を振るう上司に対しては、その暴力によって通院や治療したなどの「医療機関に通った証拠を残しておく」ことが必須な対処法です。「誰も見ていない」「誰によるケガか分からない」では最悪のケースのときに何もできません。パワハラ上司の対処法として、さまざまな局面を想定した立ち回りが不可欠です。

証人となってくれる味方を確保しておく

出典: https://roudou-bengoshi.com

上記に連動し、パワハラ上司に打ち勝つためには、「証人となってくれる味方を確保しておく」ことも対処法として必須の行動となります。無視された、同じような言葉・暴力を振るわれたなど、同様にハラスメントを受けている人や、証人となる人を見つけておくことは、最終を見据えた対処法として、とても重要なことになります。

Thumb上司が嫌いなときの効果的な対処法!上手に付き合う方法は?

上司のパワハラをやめさせる方法・対策とは?

上司のパワハラをやめさせる方法・対策事例を紹介

出典: https://zangyohiroba.com

楽しく仕事するには、そして充実したビジネスライフを送るには、パワハラ上司が「パワハラしない上司」になってもらうことも対策として考えなければいけません。この章では、上司のパワハラをやめさせる方法・対策事例を紹介していきます。

同じような被害に遭っている人を見つける

出典: http://the-slowlife.net

「主観的に捉えてしまっていないか」「客観的に判断できているか」の基準としても、まずは「同じような被害に遭っている人を見つける」ことが最初に行う対策として、必要な作業となります。自身と同様に「無視された」「必要以上に罵声を浴びせられた」など、上司のパワハラ言動の証拠を集める対策の初動です。

上司の上司に相談する

出典: http://ranq-media.com

上司のパワハラをやめさせるうえで、パワハラ上司に直接自身から抗議しても、何も結果は変わらないことが想像されます。ゆえに、パワハラ上司の上位にあたる、さらにその上司に「無視された経緯」「傷つけられた言葉の報告」を相談することが、次の対策として有効です。上司の上司に相談することは心理的に気が引けますが、まずの対策としては必要です。

労働組合に相談する

出典: https://roudou-bengoshi.com

上司の上司に相談できない環境の会社では、「労働組合に相談する」ことも対策として考えざるを得ません。労働組合は、「労働者を守る」ために作られた組織であるため、「無視された経緯」「傷つけられた言葉」を相談することで、何かが変わることも期待できます。パワハラをやめさせる対策として、有効なひとつです。

労働問題改善を目的とする機関に相談する

出典: http://stress-navi.jp

会社規模によっては労働組合が存在しない企業もあります。そのような場合、労働基準監督署など外部の「労働問題改善を目的とする機関に相談する」ことが有効な対策となります。外部組織は、より客観的に判断するため、パワハラ上司から「傷つけられた言葉」や「パワハラを受けた経緯」などをより明確に準備しておくことが重要な対策・ポイントです。

パワハラの労災を認めてもらう

出典: https://habi-do.com

そして、「上司のパワハラをやめさせる対策」をより強固なものにするためには、労働基準監督署で「パワハラの労災を認めてもらう」ことも視野に入れなくてはいけません。パワハラも労災として認められる時代になりつつありますが、注意点はその申請書に必要な会社側の押印をもらうために、「医療機関の証拠」を揃えておくことです。

弁護士に相談する

出典: http://www.terabe-law.com

ここまで数回記述しておりますが、最悪の事態を想定しておくことも対策の基本となります。最悪とは「裁判での争い」を指しますが、そのためには共に戦ってもらう弁護士の助けが必要です。裁判で争わないにしても、法律の専門家に「傷つけられた言葉・暴力」の相談をすることは非常に有効な対策のひとつです。

裁判を起こす

出典: https://www.chiba-ben.or.jp

最悪のケースとなりますが、上司の上司でも、労働組合でも、外部機関でも、上司のパワハラをやめさせることが出来ない場合には、裁判を起こすことも対策のひとつとして検討しなければなりません。

上司からのパワハラが酷い場合会社を辞めさせることはできる?

パワハラする上司を辞めさせるには準備が必要

出典: https://sr-license.htomoya.com

会社側からすると、どのような事情があるにしても人を辞めさせることは、「それなりの事由」がない限り不可能です。要は、パワハラ上司の所業が「それなりの事由」に該当するかどうかがポイントとなります。よって辞めさせるにも、「それなりの対策・準備」が必要になります。

パワハラ上司を辞めさせる流れとは?

出典: http://tenjikaicollege.com

では、パワハラ上司を辞めさせるにはどのような流れが必要になるのでしょうか。ここからは、準備・対策・相談手順など、ひどい言葉や暴力を振るう「パワハラ上司を辞めさせる流れ」を解説していきます。

証拠を揃える

出典: https://roudou-bengoshi.com

まずは、感覚・肌感だけではなく、「無視された」「ひどい言葉・罵声を浴びせられた」「暴力を振るわれた」などの上司から受けたパワハラの「明確な証拠を揃える」ことが最優先です。

上司を辞めさせる上で適切な準備が出来ているか確認

出典: https://sclbaby.jp

そして、その証拠から「上司を辞めさせる上で適切な準備が出来ているか」自身で再度確認することが必要です。何も証拠・準備がなければ、会社側は「それなりの事由」であると結論を出しません。また、不十分な状況で誰かに相談しても「辞めさせられる」とまでは行き着きません。相談前に、さまざまな準備が出来ているか確認することをおすすめします。

パワハラ上司を辞めさせるための裁判準備を進める

出典: https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp

証拠・客観的判断が出来ても、まだ表立った行動には移しません。徹底的に、地を固めることが必須です。そのため、次に起こす行動は「パワハラ上司を辞めさせるための裁判準備を進める」ことです。裁判を起こすかどうかは別として、あくまでもあらゆる準備を水面下で進めることが重要です。

パワハラ上司に関する訴訟経験を持つ弁護士を探す

出典: https://www.keijihiroba.com

また、その水面下の行動として、単なる弁護士ではなく「パワハラ上司に関する訴訟経験を持つ弁護士を探す」ことが次のステップにすべき事項となります。最悪のケースに発展した場合、パワハラ上司を辞めさせるためには「裁判で勝つ」こと、裁判で勝つためには「その分野の経験者」であることが重要となります。

社内や社外に報告・相談する

出典: http://intothewild.biz

さまざまな判断、あらゆる準備が完了したら、ようやく報告・相談を開始します。「無視され続ける」「暴力を振るわれる」「ひどい言葉を浴びせられる」などのパワハラ上司の所業を、社内および社外に相談します。

会社の出方次第でパワハラ上司を辞めさせる裁判を起こす

出典: https://www.bengo4.com

誰しもが裁判での争いは避けたいものではありますが、最終的には、会社の出方次第でパワハラ上司を辞めさせる「裁判を起こす」ことも必要になります。ニュースでもある学校のイジメ問題と同様、パワハラを認めない会社も少なくありません。

上司のパワハラへの対処法のまとめ

出典: https://twitter.com

ここまで解説してきたように、パワハラにもさまざまな種類があり、それぞれに対策・対処法も変わってきます。日々、無視や言葉の暴力により悩み苦しんでいる人も多いですが、自身の生活を守るためにも、仕事の充実は不可欠であり、パワハラ上司は排除しなくてはいけません。現状何も出来ていない場合は、相談相手や対処法をまず知ることが必要です。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ