自己破産による家族への影響を解説!配偶者や子供に迷惑はかかる?

自己破産による家族への影響について、具体的に解説を行っていきます。何らかの理由や事情によって自己破産をしてしまう人も少なくありません。自己破産をすることによって、配偶者や子供といった家族にどういった迷惑がかかるのか解説している記事です。

自己破産による家族への影響を解説!配偶者や子供に迷惑はかかる?のイメージ

目次

  1. 自己破産による家族への影響を徹底解説!配偶者と子供にも迷惑がかかる?
  2. 自己破産とは?
  3. 自己破産をすると家族に影響が?配偶者や子供の将来に迷惑はかかる?
  4. 自己破産をすると貯金はどうなる?家族の財産や収入について
  5. 自己破産をした場合、家族名義のカードは使えなくなる?
  6. 自己破産を家族にばれないようにする方法はある?
  7. 自己破産による家族への影響まとめ!

自己破産による家族への影響を徹底解説!配偶者と子供にも迷惑がかかる?

出典: https://avenue-life.jp

個人的な借金を解決する方法として、自己破産という手段をとることも可能です。自己破産をすることによって、借金をなかったことにしてもらうことができるのです。しかし、家族への影響を考えるとなかなか自己破産に踏み切れないという人も少なくありません。子供や配偶者なども含めて、自己破産をすることによる家族への影響を確認していきましょう。

自己破産とは?

借金を免除してもらう手続き

出典: https://liberted.xyz

最初に、自己破産とはいったいどういった性質のものなのかについて確認していきます。自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出して免責許可を受けることによって、借金を免除してもらうための手続きを言います。借金の支払いが不能であることを認めてもらうことで、借金の返済が免除されます。すべて裁判所が判断することで、個人での判断はできません。

誰でも申請可能

出典: https://hasan-soudan.net

借金の額がどうしようもないくらい大きな金額となってしまい、通常の仕事による給料や貯金、財産では支払い不能であることが認められることによって、自己破産申請は完了となります。自己破産については、特に決まった条件はなく誰でも申請できる制度となっています。再スタートを切るという意味で、自己破産をして借金をなくす方法も効果的です。

ブラックリストに載る

出典: http://www.protocure.org

一方で、自己破産をすることによって生じるデメリットもあります。まず、自己破産をすることでブラックリストと呼ばれる信用情報に個人情報が登録されることになります。ブラックリストに載ることによって、クレジットカードの利用も制限されますし、新規でクレジットカードを作ることもできなくなります。また、車や持ち家などの財産も没収されます。

借金が免除となるのは免責

出典: https://www.marunage.co.jp

自己破産をすることで借金をなくすことができますが、正確には免責を受ける手続きも必要となります。自己破産をするうことによって、破産を宣告したことになります。つまり、借金の支払いが困難になったことを宣告するに過ぎません。その借金を実際に免除してもらうのが免責と呼ばれる手続きです。免責は、弁護士や司法書士に依頼して行うのが通常です。

自己破産をすると家族に影響が?配偶者や子供の将来に迷惑はかかる?

家族への影響も確認

出典: https://best-legal.jp

自己破産とは何か、免責との違いも含めて正確に理解しておくことがポイントです。その中でも気になってくるのが自己破産をすることによる家族への影響という方も多いでしょう。自身の処遇については真摯に受け止める必要がありますが、配偶者や子供の将来に迷惑がかかることは避けたいところです。自己破産をすることによる家族への影響も確認します。

自己破産をしても家族に直接悪影響はない!

出典: http://jiko83.info

自己破産をすることによって家族への影響や迷惑といった部分を心配する方も多いですが、基本的に自己破産をしても家族に直接悪影響を及ぼすことはありません。自己破産はあくまでも本人の借金を解決するための手続きであり、家族であっても他人に何か影響したり迷惑がかかったりすることはないのです。その辺の認識を正確に持っておくことが大切です。

本人への影響は大きい

出典: https://jikohasan-matome.com

自己破産をすることによって、その本人としてはブラックリストに名前が載り、さらにクレジットカードの作成や借入ができなくなるといったデメリットが生じることになります。また、資格取得制限や職業制限などにかかることもありますし、官報に氏名や住所が記載され、広く公になるという不都合も生じます。これらは、あくまでも本人に生じることです。

子供への将来的な影響もない

出典: http://syakkin-hensai.biz

また、20万円以上の財産や貯金に関しては差し押さえを受けるといったデメリットもあります。これも自己破産申請をした本人に限られている話です。したがって、基本的に子供や配偶者の方に迷惑がかかったり、悪影響を及ぼしたりすることはないのです。将来的に子供が就きたい職業につけないといったこともなく、やりたい仕事を行うことができます。

自己破産をした本人の問題

出典: https://yamikinsenshi.com

また、自己破産をすることで自宅に張り紙をされて迷惑を被るといったこともなければ、原則として勤務先に自己破産したことを通告されることもありません。基本的には、自己破産した本人のみが自己破産した事実を受け入れることになるのです。家族に直接的に悪影響が及ぶような措置が取られることはなく、自己破産をした本人の問題として見なされます。

家族への悪影響が出るケースも

出典: https://best-legal.jp

しかし、家族への悪影響が全くないわけではありません。それは、借金の保証人を家族が請け負っている場合です。未成年の子供が保証人になることはまずないので、基本的には配偶者の方や成人している家族に対して迷惑がかかることになります。家族が借金の保証人になっている場合は、本人が自己破産をしても、借金が保証人である家族に移行するだけです。

保証人も自己破産手続きへ

出典: https://xn--u9j8ilaf7j5b3551c7xchv4ejogjz2a.com

つまり、借金の返済対象が本人から保証人である家族に移っただけなので、実質的に借金が解決されたわけではありません。もちろん、保証人が借金を返済することができれば問題は解決となります。しかし、保証人となる家族も借金を返済できないというケースが多いのです。その場合は、保証人となっている家族も自己破産手続きを進めることになります。

ブラックリストへの登録

出典: http://www.landandform.net

そうなれば、保証人となっている家族も同様にブラックリストに登録されることになり、クレジットカードの新規作成や借入などを行うことができなくなります。免責が確定するまで資格の取得制限や職業制限があるなど、借金した本人と同様の措置を受けることになるのです。自己破産をすることで、保証人となっている家族には悪影響を及ぼすことになります。

同じ弁護士への依頼がおすすめ

出典: http://www.asiabolabet.info

一般的に借金した本人と保証人である家族が自己破産手続きをする場合は、同じ弁護士に依頼して手続きを進めてもらうのがおすすめです。そうすることで、一人の弁護士が状況を素早く認識することができて、手続きもスムーズに進めてもらうことができます。家族が保証人となっている場合には、自己破産することを事前に伝えて手続きをすることが重要です。

自家用車や自宅の換価

出典: https://www.syakkin-g.com

また、自己破産をすることによって、20万円以上の価値があると見なされる財産については換価されることになります。そして債権者に配当されるというのが自己破産による手続きの流れです。したがって、自己破産する人の名義で所有している自宅や自家用車を手放すケースも出てきます。これは直接的に家族へ影響するもので、子供にも迷惑がかかります。

家族は破産したことにならない

出典: http://owloffice.net

自己破産に関しては、あくまでも本人の法的な手続きといて見なされます。家族が保証人となっていて、その家族も自己破産手続きをする場合は別ですが、基本的に自己破産をしたことによって家族が破産したと見なされることはありません。また、自己破産をした本人についても、免責が確定して借金が免除されることによって、資格や職業制限も解かれます。

法律上の「復権」

出典: http://syakkin-seiri.info

免責が確定することによって法律上の制限を解いてもらうことができて、実質的に自己破産する前と同じような生活を営むことができるようになります。これを法律上の言葉で「復権」と呼びます。復権することで、職業や資格の制限も解かれるのです。しかし、クレジットカードの作成や住宅ローンを組むことはできないので、注意をしておく必要があります。

選挙権がなくなることはない

出典: https://saimuseiri-pro.com

自己破産をすることによる家族や子供にかかる影響や迷惑として、さまざまな情報が飛び交っています。正確な認識を持つことで自己破産を受け入れることが大切です。例えば、自己破産をすることで家族や本人の選挙権がなくなるという情報もあります。しかし、実際に自己破産で選挙権が失われることはありません。他の国民と同様に投票することができます。

引越しや旅行ができない?

出典: https://problem-solving-uru.com

自己破産をすることで、引越しや旅行ができなくなるのではないかという情報もあります。これは自己破産の中でも管財事件と見なされるケースであり、財産が残っている状態の場合に一時的に制限がかけられることになります。管財事件の手続き中でも、裁判所の許可を得れば引越しも旅行もすることができます。正しい知識を持って行動することが重要です。

自己破産と離婚の関係

出典: https://jikohasan-pro.xyz

また、自己破産をすることによって、配偶者と離婚をしなければならないと勘違いをしている人も少なくありません。自己破産をしたら配偶者と離婚しなければならないというルールや法律はどこにもありません。しかし、自己破産が原因となって離婚に至るというケースはあります。お互いの感情を共有して、今後の過ごし方を決めていくことが求められます。

子供の進学への影響はない

出典: https://www.moleculareconomics.org

自己破産をすることによって子供の進学を心配する親も少なくありません。自宅や自家用車を債権者に取られることで迷惑をかけることはありますが、自己破産が子供の進学に影響することはありません。ただし、自己破産をすることでその後5年から10年は金融機関の審査に通りにくくなります。奨学金を利用することを考えている場合は保証人にはなれません。

自己破産後の貯金は可能

出典: https://xn--x0qz5cf3ib2g71ipxwcq1b.jp

また、自己破産をすることで貯金することができないと勘違いしている人も少なくありません。自己破産をするまでに持っていた自家用車や自宅などの財産については、換価という形で処分されることになります。しかし、自己破産の手続きが完了した後であれば貯金をすることはできます。銀行口座の開設も可能であり、新たな財産を持つことも可能となります。

その後の生活設計を立てる

出典: https://saimuseiri-pro.com

基本的に自己破産をすることによって家族や子供に迷惑がかかることはありませんが、借金の保証人を指定している場合は注意が求められるということです。子供の将来に影響を及ぼすことはありませんが、自宅がなくなることで引越しをしたり、ホームレスになったりしてしまうリスクもあります。その後の生活設計をきちんと立てていくことも求められます。

Thumb奨学金自己破産のリスクを検証!保証人は?そうなる前の対処法も紹介!

自己破産をすると貯金はどうなる?家族の財産や収入について

自己破産前後と貯金の関係

出典: https://datsushaki.com

自己破産をすることで、家族や子供に対してどういった迷惑や影響があるのかについて確認してきました。基本的に家族や子供に迷惑がかかることはありませんが、例外的に影響があることもあるので注意しておく必要があります。さらに、自己破産をすることによる貯金についても解説していきます。自己破産前後と貯金の関係も正しく理解することが重要です。

貯金は別物

出典: https://xn--qckyd1cw49n4i5agn5b15c.tokyo

自己破産をすることによって貯金はどうなるのか気になるところでもあります。法的に検討するのであれば、預金や貯金と現金は別物という考え方になります。貯金をしている場合は、現金を持っているわけではなく、債権を持っているということです。つまり、銀行などに対して預貯金として預けているお金を返して欲しいと請求できる権利があるのです。

自己破産前の貯金は没収される

出典: http://www.chokin365.com

この債権を法的に細かく言うと、預託金返還請求権と呼ばれる権利になります。預託金返還請求権については、差し押さえ禁止債権ではないので、基本的に換価処分が必要となり没収されてしまうのが原則となります。つまり、自己破産前に預けておいた貯金はなくなると想定しておくのが賢明です。貯金は自由財産として見なしてもらうことができないのです。

貯金額が20万円未満の場合

出典: https://jikohasan-pro.xyz

一方で、場合によっては貯金の一部残高を持っていることが認められるケースもあります。東京地裁の判決ではありますが、自己破産前の貯金残高や20万円未満であれば自由財産としての扱いが認められ、換価対象とはならないと判断が下されています。つまり、銀行に預けている貯金額が20万円未満であれば、自己破産をしても貯金し続けることができます。

銀行口座の合計貯金額が重要

出典: http://www.bengoshi-soudan24.com

これは、全ての銀行口座の貯金額の合計で検討することになります。例えば、A口座とB口座の2つの口座を持っており、A口座に10万円、B口座に11万円の貯金がある場合、一つひとつの口座については20万円未満ですが、合計することで20万円以上の貯金と見なされます。この場合は貯金が20万円を超えているので、換価処分が必要ということになります。

現金と貯金の組み合わせ

出典: https://shakkingengaku.com

預貯金が20万円未満であれば、原則として換価処分対象となることはありませんが、現金との関係で財産が20万円を超える場合も確認していきます。例えば、銀行口座への貯金額が15万円で手持ちの資金が10万円だった場合を検討していきます。この場合は合計で所持している財産が25万円となり、換価処分対象である20万円分を超えることになります。

東京地裁の基準

出典: http://culturasolar.org

東京地裁の基準で言えば、銀行口座の15万円は自由財産と見なされて預貯金を除いた10万円のみが、換価対象とされることになります。しかし、10万円では破産手続き費用としてかかる20万円を支払う財産がないと見なされて、没収となることはありません。これはあくまでも東京地裁の基準であり、他の裁判所では異なることもあるので注意が必要です。

自己破産をした場合、家族名義のカードは使えなくなる?

自己破産をした場合の対応

出典: https://www.money-japan.net

自己破産をすることによる貯金の行方について確認してきました。家族や子供へかける迷惑も含めて、自分の財産や貯金額を確認しておくことも重要なポイントです。その上で、自己破産をした場合に家族名義のカードを使えるのかどうかも確認していきます。自己破産をした場合の対応として重要なポイントでもあるので、しっかりと認識することが大切です。

家族名義のカードは原則影響を受けない

出典: https://saimukaiketu.jp

自己破産をすると家族名義のクレジットカードも使えなくなるのではないかという疑問については、原則として影響を受けることがないというのが正解です。つまり、自己破産をしても家族名義のカードをそのまま使うことができます。信用情報やクレジットヒストリーについては、個人ごとに作成されるものであり、家族の情報まで記載されることはありません。

自己破産した本人名義のカードは使えない

出典: https://www.syakkin-g.com

もちろん、自己破産をした本人名義のカードを使うことはできなくなります。例えば夫が自己破産をした場合、夫名義のクレジットカードを使うことはできません。それでも妻名義で作成したカードについては、そのまま利用することができます。クレジットカードの信用情報は個人ごとに作成されるので、家族が自己破産をしても影響を受けることはありません。

家族カードは注意

出典: http://fuuketu.com

一方で、家族カードに関しては注意が必要です。家族カードとは、家族会員としてカードを発行する仕組みであり、名義人の口座からまとめて引き落としされるのが特徴となっているカードです。夫名義で家族カードを作った場合、夫が自己破産をした場合は妻も家族カードを使用できなくなります。自己破産をした方の名義でカードを作成しているからです。

自己破産後の家族カードの作成

出典: https://card-professor.jp

家族カードに関して、自己破産後の新規作成についても確認していきます。例えば、夫が自己破産をした場合、その後に妻名義で家族カードを作成できるのかという問題があります。これは、相当難しいと考えることができます。特に同居している家族の場合、夫に自己破産歴があることがわかってしまうことで、妻名義であっても審査に通りにくくなるのです。

同居の場合は審査に落ちることが多い

出典: https://genkinka-choice.com

自己破産者と別の名義にすることで新規カードの発行をすることができることもあります。しかし、同居している配偶者などの場合は審査に落ちるケースが多いので、注意しておく必要があります。各カード会社の審査基準にもよりますが、一筋縄ではいかないというのが実際のところです。妻の名義でクレジットカードを作る場合も審査に通りにくくなります。

名義貸しが疑われる

出典: http://www.asiabolabet.info

自己破産をした夫の代わりに妻名義でクレジットカードを作成しようとしているのではないかと疑われることがあります。夫が自己破産をした場合は、5年が経過しないうちに同居している妻名義での新規作成は審査に通らないことが多いです。信用情報機関の類似情報によって金融機関が夫の自己破産をした履歴に気づくと、名義貸しが疑われてしまうからです。

独立している息子や娘

出典: https://problem-solving-uru.com

その他のケースとして、父親が自己破産をした場合で独立している息子や娘がクレジットカードを新規作成できるのかという問題もあります。これに関しては、全く問題なく作成することができます。経済的にも独立しており、同居していないのであれば父親の自己破産歴が影響することはありません。一人の独立生計者として、審査を通過することができます。

Thumb自己破産した人のその後の生活を調査!仕事や結婚・住宅ローンは?

自己破産を家族にばれないようにする方法はある?

自分だけで完結させたい場合

出典: https://datsushaki.com

自己破産によって、カードを作成する際の注意点や家族への影響を理解しておくことが求められます。財産の差し押さえや貯金の没収なども含めて、自己破産をすることによって生じる影響を理解しておくことが大切です。さらに、自己破産を家族にばれないようにする方法もご紹介していきます。自分だけで完結させたい場合は、頭に入れておくことが有効です。

裁判所からの郵送物に注意

出典: https://syakkin-zeroseiri.com

自己破産を家族にばれないようにするためには、裁判所からの郵便物に注意を払う必要があります。裁判所から財産差し押さえや自己破産に関する情報が郵便物として郵送されてくることがあります。裁判所から届いたというだけでも、家族としては驚いてしまいます。これを回避するためには、弁護士を利用して自己破産の手続きを進めることがおすすめです。

弁護士に書類が届く

出典: https://president.jp

弁護士を通して自己破産の手続きを進めることで、裁判所からの書類などはすべて弁護士の手元に郵送されることになります。弁護士から必要な情報を受けるようにすることで、家族に無用な情報が届くリスクを減らすことができます。弁護士から手紙や書類を受け取る場合は、個人宛てに送ってもらうようにします。そうすれば家族が心配することもありません。

デビットカードの作成

出典: https://spicecurry.okinawa

自己破産したことを家族にばれたくない場合は、クレジットカードの作成にも神経をとがらせる必要があります。自己破産をすることでクレジットカードの作成ができなくなります。その場合は、デビットカードを作成するのが有効です。デビットカードもクレジットカードと同等の機能を持っており、一見しただけではクレジットカードとの見分けがつきません。

デビットカードが効果を発揮する

出典: https://www.lifehacker.jp

良い年をした大人がクレジットカードの1枚も持っていないことに、配偶者から疑問の目が向けられる可能性もあります。その不信感を払拭するという意味でも、自己破産したことをばれたくない場合は、デビットカードを作成しておくのが賢明です。実際にデビットカードを利用することがなくても、家族にばれることを防ぐという点で大きな効果を発揮します。

「官報」への氏名掲載

出典: http://www.protocure.org

自己破産をすると、国の広報誌である「官報」に氏名と住所が掲載されることになります。官報については、一般人が読むものではないので、特に家族に自己破産したことをばれる可能性はありません。しかし、官報に氏名が記載されることで金融業者からダイレクトメールが届きやすくなります。特に闇金業者からのダイレクトメールには注意が求められます。

ダイレクトメールの破棄

出典: https://xn--qckyd1cw49n4i5agn5b15c.tokyo

自己破産をすることで財産差し押さえとなるだけでなく、正規の貸金業者からお金を借りることができなくなるので、その分闇金業者がダイレクトメールを発送してくるのです。これに関しては、家族に見つかる前に自分で処分するしかありません。官報掲載後から半年は金融業者からのダイレクトメールが多くなるので、ポストを逐一確認することが大切です。

自己破産による家族への影響まとめ!

出典: http://feelpower.net

自己破産による家族への影響や子供にかかる迷惑などについて、具体的にご紹介してきました。基本的に自己破産によって家族へ悪影響を及ぼすことはないと理解しておけば問題ありません。また、保証人が家族といった例外ケースも認識しておくことが大切です。自己破産をしなければならない状況を防ぐことで、家族との平穏な生活を営んでいきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ