独立や起業に向いている人・向いていない人の特徴は?失敗しない方法も紹介!

独立や起業に向いている人や向いていない人の特徴について、具体的に解説を行っていきます。独立や起業に向けて着々と準備をしているという方もいるでしょう。そういった方向けに失敗しない方法や、おすすめの資格についてもご紹介していきます。

独立や起業に向いている人・向いていない人の特徴は?失敗しない方法も紹介!のイメージ

目次

  1. 独立や起業がおすすめな人・失敗しない人がいる?
  2. 独立や起業に向いている・成功する人の特徴とは?
  3. 独立や起業に向いていない・失敗する可能性の高い人は?
  4. 独立や起業に必要な資金は0円?助成金など支援は?
  5. 独立や起業に失敗しない方法とは?
  6. 独立や起業に役立つ資格とは?
  7. 独立や起業に成功する人・失敗しない方法まとめ

独立や起業がおすすめな人・失敗しない人がいる?

出典: https://suke10.com

独立や起業に向いている人や向いていない人の特徴について、具体的に解説を行っていきます。独立や起業を夢見て立ち上がろうとする人もいますが、まずは自分を客観視する必要があります。成功するために努力することも大切ですが、自身の性格を知っておくことも大切なポイントです。改めて、独立や起業の難しさやリスクも理解していきましょう。

独立や起業に向いている・成功する人の特徴とは?

行動力のある人

出典: https://www.buntadayo.com

まずは、独立や起業に向いている人や成功する人の特徴について取り上げていきます。独立や起業に向いている人としては、行動力のある人を挙げることができます。思い立ったらすぐに行動するくらいの行動力があれば、起業も成功に導きやすくなります。頭で思考することも大切ですが、起業は一分一分が勝負になってくるのでそれぐらいの行動力が重要です。

前向き思考の人

出典: http://www.ikedahayato.com

独立や起業を成功に導きやすいタイプとしては、前向き思考の人も挙げることができます。独立や起業直後というのは、資金的にも事業的にも大きなストレスがかかるものであり、そのストレスにやられているようでは、起業は成功しません。その点において、苦しい状況やストレスのかかる状況においても常に前向きでいられる人は独立や起業に向いています。

本をたくさん読んで勉強する人

出典: https://story-is-king.com

独立や起業に向いている人の特徴として、本をたくさん読んで勉強する人も挙げることができます。独立や起業というのは、自ら道を切り拓いていく必要のあるものですが、それでも先人の知恵を学ぶことは重要です。本から学べることは数多く、そこから経営のヒントを掴んでいくのです。そのため、本を読んで勉強できる人は、成功に近づくことができます。

経営ノウハウがある人

出典: https://twitter.com

独立や起業に向いている人や成功に近い人としては、ノウハウを持っている人も挙げることができます。当然ですが、経営に関するノウハウがある人とない人とでは、起業を成功に導く可能性も変わっていきます。ノウハウがなければ失敗するということではありませんが、ノウハウがあった方が有利です。本を読んである程度のノウハウをつけることも大切です。

柔軟性がある人

出典: https://plan-ltd.co.jp

独立や起業を成功に導ける人の特徴としては、柔軟な人も挙げることができます。起業して最初のうちは、失敗を繰り返すことも多くなります。しかし、その失敗から何を学ぶかが重要です。柔軟性のない人は、同じ失敗を繰り返しがちです。起業を成功に導くためには柔軟に軌道修正することが大切です。その点において、柔軟性は一つのポイントと言えます。

機動性を活かせる人

出典: https://work-outer.com

独立や起業を成功に導ける人の特徴として、機動性を活かせる人も挙げることができます。大手企業と起業直後の組織の違いとしては、機動性を挙げることができます。大手企業では関係部署への調整や上司の承認、役員の承認など、多くのプロセスが必要です。起業直後の組織であれば、そうした煩雑な手続きがないので、機動性を活かすことがポイントです。

マーケティングの理解がある人

出典: https://nozziedesign.com

マーケティングの理解がある人も、独立や起業に向いていると言うことができます。会社や組織を経営していくという点では、収支のバランスを意識できることも重要です。売上や原価、人件費など、収入と支出のバランスをいかにとっていくかで、成功か失敗かの道が分かれます。その点において、市場分析も含めたマーケティング力がものを言う世界です。

人を巻き込む力がある人

出典: http://office-search.biz

独立や起業をおすすめできる人としては、人を巻き込むのが上手い人も挙げることができます。起業をして組織を大きくしていこうとするのであれば、自分一人だけの力ではどうしようもありません。いかに人を巻き込んで協力してもらえるかが重要なポイントです。優秀な人材を確保する点でも、成功に向けてなるべく多くの人を巻き込む力が求められます。

決断力のある人

出典: https://bohken.jp

独立や起業に向いている人やおすすめできる人という点では、決断力のある人も挙げることができます。むしろ、決断力がなければ起業をあきらめた方が良いというレベルの特徴です。独立すれば、全ての行動を自分で決定していく必要があります。会社員時代とは異なる感覚で仕事を進める必要があるのです。その点において、決断力は欠かせないスキルです。

人脈のある人

出典: https://saloon-sapporo.net

独立や起業をおすすめできる人の特徴としては、人脈のある人も挙げることができます。会社員であれば、ある程度社内の仕事をしていれば問題ありませんが、独立するとなれば、自ら仕事を取ってくる必要があります。人脈があればあるほど、仕事の選択肢の幅も広がっていきます。独立してから優秀な人材を確保するという点でも人脈が役立つことが多いです。

ストレスに強い人

出典: https://kuguru.jp

独立や起業を成功に導いていくという点では、ストレスに強いかどうかという点も重要なポイントです。起業した後は、さまざまな困難に直面して大きなストレスを抱えることになります。特に起業直後は金銭面での出費も多くなりがちです。ミニマムでスタートさせたとしても安定軌道には時間を要します。その辺のストレスに耐えられるかどうかも重要です。

情報収集が上手い人

出典: http://www.sekimejimu.com

情報収集が上手な人も独立や起業に向いていると言うことができます。起業して組織を経営していく上では、いかに新鮮で価値のある情報を取得できるかどうかが重要なポイントになっていきます。情報の見極めが起業の成功や失敗を左右すると言っても過言ではありません。価値のある情報を手に入れるという意味でも、人脈を大切にすることがポイントです。

やり切る力がある人

出典: http://2316next-stage.info

独立や起業に向いている人の特徴としてさまざまな特徴を挙げてきましたが、最終的にはやり切る力があるかどうかが重要なポイントになっていきます。上手くいかないことも多いかもしれませんが、継続して事業を行っていくことで明るい兆しが見えてくることもあります。最後まであきらめることなく、成功への希望を持っている人が起業に向いています。

Thumb起業したい人向けのやるべき事とは?主婦やお金がない人も必見!

独立や起業に向いていない・失敗する可能性の高い人は?

自分を客観的に見てみる

出典: https://media.selfturn.jp

上段では、独立や起業に向いている人やおすすめできる人の特徴についてご紹介してきましたが、ここからは起業に向いていない人の特徴について取り上げていきます。独立や起業をおすすめできる人もいれば、そうではない人もいるものです。改めて独立や起業に向いていない人の特徴を確認することで、自分自身の特徴を客観的に見ることも求められます。

何かを始める時まず他人に意見や答えを求める人

出典: http://tsuyomon.com

独立や起業をおすすめすることができない人の特徴としては、何かを始める時に他人に意見や答えを求める人を挙げることができます。つまり自分自身で何かを決定することが苦手な人は、起業には向いていません。起業後は、自分で行動を決定していくことが多くなります。その際に人に意見を求めているようでは、時間的にも大きなロスとなっていきます。

「会社でスキルや経験を積んでから」と言う人

出典: https://story-is-king.com

「会社でスキルや経験を積んでから」と言う人も独立や企業には向いていないと考えることができます。独立や起業については、最初から成功させようと思うと難しくなっていきます。実践経験を積み、失敗を重ねながら成長させていくことがポイントです。そのため、会社に長くいることがプラスにならない側面も多いので、起業には向いていないと言えます。

行動力がない人

出典: https://itpropartners.com

独立や起業に向いている人と反対の特徴になりますが、行動力がない人は起業に向いていないのでやめておいた方が賢明です。起業時に一番必要なスキルが行動力と言っても過言ではありません。特別なスキルや才能がなくても、行動力があればスタートアップを切り抜けることができます。それがないのであれば、組織の一員として働いているのがおすすめです。

感情をコントロールできない人

出典: https://rich-kigyou.com

自分の感情をコントロールできない人も、独立や起業に向いているとは言い難いです。起業して経営を進めていく中では、自分の思い通りにならないことの方が多いです。そうした時にいちいちイライラしていたり、冷静に物事を判断したりできないようでは、成功への道も見えてきません。自分の感情をコントロールする力を身につけることが求められます。

消費と投資の違いを理解できない人

出典: https://itpropartners.com

消費と投資の違いを理解できない人も、起業に向いているとは言えません。経営者で成功されている方であれば、ほとんどの方が消費と投資について理解しており、上手く投資をしながら組織を好循環に導いていきます。それは金銭的な部分もそうですが、人材にかけるものもそうです。設備投資も含めて、お金を回すサイクルが上手い人が成功に近づきます。

信念がない人

出典: https://itpropartners.com

信念がない人も、独立や起業に向いていない人の特徴です。最後まで自分の意思を貫いてやり遂げるスキルとも関わっていきますが、信念がなければ、そこまでの意思を貫くこと自体が難しくなっていきます。起業や独立自体はできたとしても、途中であきらめてしまう可能性が高いということです。その場合は、組織の一員として仕事をしていた方が賢明です。

計画的なビジョンが無い人

出典: http://ecc-business.jp

独立や起業に向いていない人の特徴としては、計画的なビジョンが無い人も挙げることができます。計画性がなければ、成功どころか失敗の可能性が高い中でスタートさせることにつながります。何年後にどういった事業を行っている、資金繰りはどうなっているといった計画を立てることが重要です。また、その計画を軌道修正していく力も大切なポイントです。

現状を客観視する力がない人

出典: http://tsuyomon.com

現状を客観視する力がない人も、独立や企業には向いていません。その時の気分によって状況を理解してしまうようであれば、長期的な経営の成功をつかみとることが難しくなっていきます。現状分析や環境分析などを含めて、物事を客観視する力がないのであれば、そこから身につけることが大切です。まずは自己分析から取り組んでみるのがおすすめです。

いつかできると思っている人

出典: https://tactical-media.net

いつかできると思っている人も、起業や独立には向いていません。実際に起業をして経営を進めていくことになれば、いつかではなく今日の1日が勝負になっていきます。1日1日の積み重ねの中で未来を切り拓いていくのが起業というスタイルでもあります。いつかできるというのは、甘い認識とも考えられます。まずは自分に厳しくなることがポイントです。

起業には向き不向きがある

出典: https://axxis.co.jp

起業や独立に関しては向き不向きがあるので、それらを客観的に分析していく中で、自らの去就を判断することが求められます。行動力が大切なことは間違いありませんが、安易に走り始めると、思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もあります。自分自身の性格や特徴として、起業をしてまでやっていく覚悟や意思があるのか分析することもポイントです。

独立や起業に必要な資金は0円?助成金など支援は?

資金繰りもポイント

出典: https://kigyo18.net

独立や起業に関しての向き不向きについてご紹介してきました。ご自身の性格や特徴を分析していく中で、冷静に判断することも大切なポイントです。その中で、実際に独立や起業をする際に必要となる資金についても解説を行っていきます。独立や起業に際しては、資金繰りも注目ポイントです。その資金に焦点を当てて、独立や起業のポイントを紹介します。

0円で起業も可能だが資金がある方が余裕ができる

出典: https://www.street-academy.com

独立や起業に関しての資金については、0円で起業することも実質的には可能となっています。特に個人事業主として起業する場合は、税務署に開業届を出すだけで良いので、特に資金は必要ありません。それでも、資金があった方が余裕を持って独立や起業をスタートさせることができます。もちろん、事業にかかる資金は自分で工面する必要があります。

会社の設立には資金が必要

出典: https://franchise.bgent.net

個人事業主として独立や起業をする場合は資金0円でも問題ありませんが、会社を設立する際には、一定の資金が必要となります。その目安としては10万円から25万円と言われています。法人として起業する際には、登録免許税や定款印紙代などを支払う必要があります。登録免許税は最低15万円かかります。定款を登録するにも10万円程度の資金が必要です。

運転資金も必要

出典: https://biz-shinri.com

定款の謄本手数料について2,000円程度、さらに交渉人手数料として5万円程度、収入印紙代については4万円程度となり、定款の登録だけで10万円ほどかかると頭に入れておくのがベターです。さらに、実際に会社として経営を行うためには運転資金も必要となります。オフィスを借りるのであれば、オフィス代や光熱費なども固定費としてかかっていきます。

法人住民税均等割の負担

出典: https://shigotoku.net

また、会社や法人として何らかの事業を行っていく場合は、会社設立に関わる資金のみならず、法人住民税均等割として、毎年最低でも7万円の税金を支払わなければなりません。これは赤字や黒字に関わらず、必ず発生する税金となります。個人事業主の場合は、所得に応じて所得税が課されることになります。利益がなく赤字の場合は所得税がかかりません。

助成金や補助金は自治体の情報をチェック

出典: https://saloon-sapporo.com

独立や起業を果たして、新たなビジネスをスタートさせる場合は、助成金や補助金を活用して運転資金に充てるという方法もおすすめです。例えば、創業促進補助金や第二創業促進補助金といった制度もあります。これは新しく会社を創業する人や第二創業を行う人に対して補助金をくれる制度となっています。100万円から200万円程度の補助を受けられます。

小規模事業者持続型補助金

出典: http://www.maebashi-cci.or.jp

また、小規模事業者持続型補助金と呼ばれる補助金制度も用意されています。小規模事業者の方が対象の補助金制度であり、卸売業や小売業、製造業やサービス業といった業種が対象となっています。最大50万円の補助金を受け取ることができます。経営計画の策定も審査対象となります。入念に立てた経営計画を提出して、補助を受けるのがおすすめです。

銀行などからの融資を受けるのはかなり困難

出典: https://www.olta.co.jp

独立や起業を通して新たなビジネスをスタートさせる場合は、補助金や助成金などを活用して必要資金に補充していくのがおすすめです。というのも、独立や起業当初に銀行などから融資を受けるのはかなり困難という事情があるためです。銀行としても安定感のない事業に融資するのは難しい部分があります。そのため、ミニマムでスタートすることも重要です。

Thumb起業のための助成金と補助金の違いとは?活用方法や申請方法も解説!

独立や起業に失敗しない方法とは?

少しでも失敗のリスクを減らす

出典: https://www.fc-mado.com

独立や起業に際して必要となる資金や、補助金、助成金といったお金の活用についても理解を深めておくことがポイントです。その上で、独立や起業に失敗しない方法についても具体的にご紹介していきます。100%失敗しないとは言い切れませんが、少しでも失敗のリスクを減らすことはできます。そのための知識を持って独立や起業をすることがおすすめです。

仕事を持って独立すればリスクは低い

出典: https://jennie.biz

まず、独立や起業に失敗しないための方法として、仕事を持って独立することを挙げることができます。0から事業をスタートさせようとするのは相当な困難が伴い、かなりのストレスがかかることになります。その反面、会社員時代の仕事を持って独立をすることで、スムーズに開業することができます。会社員時代の経験やコネを活かすこともポイントです。

事務所の家賃など固定費は出来る限り抑える

出典: https://item.fril.jp

独立や起業に失敗しないための方法としては、固定費を抑えることも大切な方法です。最初は大きな事務所を持つ必要はありません。ある程度事業が軌道に乗り始めてから、良い場所に良いオフィスを借りれば良いのです。家賃や光熱費といった固定費を減らすことによって収支のバランスも取れてきます。したがって、固定費を減らすことも大切なポイントです。

経験のある職種から起業すると成功しやすい?

出典: https://job.yahoo.co.jp

独立や起業に失敗しないための方法として、経験のある職種から起業することもおすすめできます。独立や起業と言っても、会社員時代の延長と考えてスタートさせていけば、余計なストレスを感じることなく独立することができます。コンサルタント系の仕事をしていたのであれば、その分野で独立すれば良いのです。経験を生かすことが失敗を避ける方法です。

フランチャイズ加盟からの起業という手も?

出典: http://www.recojapan.jp

独立や起業に失敗しないための方法としては、フランチャイズ加盟という方法もおすすめすることができます。近年では、特にフランチャイズ加盟によって独立を果たす方も増えてきています。コンビニやファーストフード店をはじめとして、さまざまな業種や業態でフランチャイズを募集しています。そこから経営ノウハウを学び、独立していくのも効果的です。

未経験の分野はフランチャイズで

出典: http://plus1mind.net

特に未経験の分野で独立や起業を考えているという方であれば、フランチャイズ加盟からスタートさせるのがおすすめです。フランチャイズを利用することによって、ビジネスのノウハウをそのまま踏襲することができます。さらに従業員研修に悩む必要もなく、もともとの店舗のブランド力を活かすことも可能です。資金融資を受けやすいところもメリットです。

苦にならない仕事を選択

出典: https://type.jp

独立や起業に失敗しない方法としては、どんなに忙しくても苦にならない仕事を選択することが挙げられます。独立や起業と言っても最初から黒字経営で安定したビジネスができると考えていては失敗する可能性が高まります。最初の3年くらいは休む暇もないと覚悟しておく必要があります。そのため、仕事をすることが苦にならない業種を選ぶのがベターです。

技術を活かした独立や起業

出典: http://www.clastyle.com

何らかの技術を持っているのであれば、その経験を活かして独立や起業をするのも失敗しないための効果的な方法と言えます。例えば、整体師やネイリスト、アロマセラピストやマッサージ師など、自らの経験やスキルを活かすことで事業を安定軌道に乗せることも可能です。技術職系でスキルを持っている方であれば、それに磨きをかけることがポイントです。

独立や起業に役立つ資格とは?

資格がビジネスに役立つ

出典: https://sanadakoumei.com

独立や起業に失敗しないための方法について具体的にご紹介してきましたが、続いては、独立や起業に役立つ資格についてご紹介していきます。何らかの資格を持っているのであれば、その資格を活かすことによってビジネスをスムーズにスタートさせることができます。独立や起業に興味があるのであれば、資格取得に向けて勉強を積むのもおすすめです。

独立開業しやすいのは「士業」の資格

出典: https://hibiki-law.or.jp

実際に独立開業しやすい資格として挙げられるのが、「士業」に関する資格です。弁護士や行政書士、司法書士や税理士など、士業に関する資格を持っていると、それだけで独立開業に向けてのスタートを切りやすくなります。いきなり独立するのではなく最初はどこかの事務所で経験を積むことも大切です。そこから独立すれば、成功する可能性も高まります。

IT系の資格

出典: https://shikakuzine.jp

独立や起業に向けてはIT系の資格も見逃すことはできません。エンジニアやプログラマーといった働き手は人材不足とも言われており、それだけ需要がある分野です。情報セキュリティスペシャリストや基本情報技術者資格、あるいは応用情報技術者資格なども役立ちます。資格ではありませんが、PHPやRuby、Javaなどの言語を習得するのもおすすめです。

宅地建物取引士資格

出典: https://www.tac-school.co.jp

不動産系の分野で独立や起業を検討しているのであれば、宅地建物取引士の資格を持っているとビジネスを有利に展開していくことができます。宅地建物取引士は不動産取引の専門家として認めてもらえる資格であり、不動産の売買や賃貸を取り仕切ることができます。不動産仲介業での独立を検討している場合も、宅地建物取引士の資格取得がおすすめです。

Thumb行政書士の年収ってどれくらい?独立して開業すると変わってくるの?

独立や起業に成功する人・失敗しない方法まとめ

出典: http://tani-channel.com

独立や起業について成功しやすい人や失敗しやすい人、あるいは失敗しないためのおすすめの方法や資金繰りについて、具体的にご紹介してきました。簡単に独立や起業をすると言う人もいますが、そんなに生半可な気持ちで務まるものではありません。失敗しない方法も含めて、冷静な判断力や客観的に物事を見る力を身につけてから独立するのがおすすめです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ