老後資金はいくらくらい必要?資産運用やおすすめの貯金方法を紹介!

この記事は老後資金いくら必要かをテーマにしています。老後の生活を考えると先行き不安になる人も多くいるようですが、真剣に老後資金いくらかを計算し、夫婦と独身の場合の必要額とその額の貯め方やおすすめの運用手段などを説明します。

老後資金はいくらくらい必要?資産運用やおすすめの貯金方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 老後資金はいくら必要か・貯め方もきになるところ
  2. 老後資金はいくら必要か必要額をシュミレーションする方法は?
  3. 老後資金がいくらか計算するには老後の支出を考えてみよう
  4. 老後資金がいくらかの計算は老後の収入によっても変わる
  5. 老後資金はいくらか必要額の目安・夫婦の場合と独身の場合
  6. 老後資金がいくらかわかったら貯め方も考えよう
  7. 老後資金がいくらか必要額からおすすめの運用の仕方は?
  8. 老後資金がいくらか早めに把握して運用や貯金を始めよう

老後資金はいくら必要か・貯め方もきになるところ

出典: https://zuuonline.com

老後破産とならないためにも老後資金をコツコツと貯めておく必要があります。そういった場合、夫婦生活と独身生活とでは必要な老後資金の貯め方や額も変わってきます。そのことも含めて老後資金いくら必要かシュミレーションしやすく解説します。

老後資金はいくら必要か必要額をシュミレーションする方法は?

老後の支出と収入・年数を考える

出典: http://investment-beginner.com

老後資金いくら必要か計算するにあたってはまず老後の支出と収入を年数も踏まえて考えます。そもそも老後資金というのも老後に備えた生活費などをいいます。その老後資金は、加入している年金や年金以外の収入、家族構成によって変わるので把握しておきます。

出典: https://ecoeco-taizen.com

また老後生活となり国民年金または厚生年金を受給されている人もいますが、それらは税金や健康保険の他に介護保険料も引かれているため国民年金だけの収入では老後の生活が当然困難な現状です。とくに独り身で財産を所有されていない場合なら生活保護手続きに移行されている人も中にはいるはずです。
 

具体的に老後資金いくらか収入と支出の平均を算出

出典: http://www.sekkachi.com

では具体的に老後資金をシュミレーションしてみます。まず日本人の平均寿命は年々高くなっているのも視野に入れて、60歳から65歳まで、65歳から90歳までのおよその老後資金といえる収入からまず計算すると、夫婦では平均的に毎月21万円ほどとなりますが、支出はその収入を上回り26万円となる赤字です。

出典: https://moneyforward.com

その収入21万円の内容としては公的年金(国民年金など)、退職金がある場合は退職金、積立などの貯蓄、アルバイトなどの収入、その他に資産運用などの収益も老後の収入としています。次に老後の支出を算出すると、まず生活費、介護費用、葬儀費用、臨時的支出については多額の医療費や事故などによるものなどがあります。

独身か自営業か持ち家か賃貸かで老後資金いくら必要かは変わる

出典: https://www.mitsui-seimei.co.jp

老後資金の運用は老後の家族構成・収入源によって大きく変わります。例えば自営業の夫婦の平均的な国民年金受給額はおよそ11万円です。事業が上手くいっているなら足しとなる程度ですが、老後資金とするなら正直生活が厳しいはずです。

出典: https://www.hokennavi.jp

しかしここで諦めていてはもったいないので自営業者のためになる老後資金の運用方法を紹介します。その一つが公的な手段による年金上乗せ制度です。まさに自営業者のための節税制度とは国民年金基金を指します。

出典: http://kaigono-mikata.com

その国民年金基金を説明すると、国民年金加入者をベースにし誰でもオプション感覚でしかも低コストで加入が可能といった積立ての貯め方です。具体的な掛け金の金額については年齢・性別・受け取り方によって違います。個人型確定拠出年金と同時計算の掛け金の場合、上限は合わせて月額7万円までとなっています。

出典: https://avenue-life.jp

一般的に独身の人の老後資金は一体いくらほど運用されているかというのも持ち家の場合と賃貸では差がでます。まず持ち家の場合なら月額15万ほどが必要額、賃貸の場合は5万円上乗せされた金額の20万円ほどが国の家計調査による平均的な老後の運用資金の必要額となります。

Thumb独身の老後資金や生活費はどれくらい必要?不安解消の貯金術を紹介!

老後資金がいくらか計算するには老後の支出を考えてみよう

もしものときのために備えておきたい老後資金いくらか

出典: https://news.biglobe.ne.jp

もしもの時に備えておけば独身の人は特に最低限度、お金に関しては老後周りに迷惑かけずに済みます。退職後の老後資金いくらあればいいのかというと独身の人で最低でも約2,000万円近くが必要額といえます。しかし家が賃貸となればさらに1,000万円は上乗せした金額となります。

出典: https://suumo.jp

老後の運用資金をもしもの時に備えておきたいというのも、大きな病気に急にかかった時などには多額の医療費、持ち家の場合は古くなってきた屋根だったりリフォーム工事費用などがあげられます。少なくとも最低限に費用を考えるならご近所付き合いなど趣味事は削られます。

出典: https://jennie.biz

旦那がサラリーマンの場合で夫婦2人暮らしなら、退職金がある無しに関わらず約3,000万円は老後資金に運用していくため必要です。退職金があるにこしたことはありませんが、夫婦で自営業の場合はそうもいきませんし、老後資金も今の時代は自力という厳しいリスクがあります。

老後資金いくらあればゆとりをもてるか?

出典: https://www.scroll-moneyseminar.com

老後資金がいくら3,000万円あったとしても、高い介護料金でなければならなくなった場合には老後破産もなりかねないのが現実です。そうした最悪な将来も想定してみると5,000万円は老後の運用資金に持ち合わせておくのをおすすめします。仮に高い介護費用が必要なかった場合はゆとりをもった老後を過ごせるはずです。

出典: https://woman.excite.co.jp

老後備えておきたい5,000万円の貯め方もそうですが、5,000万円という額の具体的な内容は、まず夫婦の介護費用に900万以上、夫婦の葬儀費用400万円、臨時支出に備えて500万円となります。

出典: http://propartweb.site

そして夫婦が60〜65歳までの5年間の収入と支出の差額はおよそマイナス1,500万円、65歳から90歳まででも収入と支出の差額がマイナス1,600万円となるため総額で60歳から90歳まででは5,000万円くらいはなくてはならないというワケです。

老後資金がいくらかの計算は老後の収入によっても変わる

退職金があるかないかは大きい

出典: https://kufura.jp

退職金がある場合なら老後資金いくらか割り当てれるので気楽に考えられますが、退職金が全くない場合には老後資金の運用資金にコツコツ日頃の収入で約3,000万円を貯めていかなくてはならないはずです。また、サラリーマンの平均的な退職金はおよそ2,000万円なので、残りの1,000万円のみと考えます。

出典: https://hoken-teacher.jp

退職金をもらった人の場合、いくつかの使い道が決まっているはずですが間違えてもリスクが高い投資には足を運ばないように注意が必要です。つまり、いくら高額の退職金をもらったとしても老後の食費を節約してでも資産を大きく増やすための危険な国内外などの株式投資は禁物です。

自営業にも存在している税制で老後資金いくらか助かる方法

出典: https://iko-yo.net

自営業には退職金は無いとありますが、自営業者のために実は退職金代わりともいえる制度が存在しています。その制度は月額1,000円から上限7万円の掛け金の自由設定で、個人事業をやめる時・会社役員をやめる時に解約手当として共済金を受給できます。しかもその全額は所得控除となります。

出典: https://www.rougono-okane.com

また一般のサラリーマンだけではなく自営業者も老後資金の運用の手助けとなる方法が確定拠出年金の個人型です。それらの税制的メリットを説明すると節税の他に運用中得た収益が非課税可能になるということと、年金システムで受給の場合は公的年金控除、退職金などを一括で受給という場合に退職所得控除の対象とされる部分です。

老後資金いくら必要か年金の額の違いから

出典: https://www.mbs.jp

老後資金の必要額の前にまず年金は65歳から受給されていますが、その年金には国民年金と厚生年金と企業年金の3つが存在しています。サラリーマンの国民年金はおよそ55,000円、厚生年金は月額およそ166,000円です。また、女性の場合の国民年金は男性と同じ額ですが、厚生年金は5万円少なく月額10万円となります。

出典: https://esse-online.jp

その額からさらに税金や健康保険、介護保険料も引かれ、つまり国民年金や厚生年金はおよそ1~2万円が減額となるため老後資金の運用は積立式定期預金や個人年金保険をかけ持つというスタイルが主流になりつつあります。こうして老後の収入の1つの年金の額の違いから貯めるべき必要額を考えます。

老後資金はいくらか必要額の目安・夫婦の場合と独身の場合

夫婦の場合は老後資金いくら必要?

出典: https://leaseback.jp

老後資金いくら必要かは、老後に使用すべき生活費やもしもの時に見合わせた急な出費に運用できる資金などの額によりますが、その必要額の目安は夫婦と独身では支出が違うせいか多少変わってきます。それも贅沢をせずに最低限の生活をおくるとしても3,000万円は老後資金のためにも蓄えておく必要があります。

出典: http://fx2ch-matome.blog.jp

夫婦の場合、老後資金いくら必要かその目安はある程度のゆとりが欲しいなら5,000万円は必要です。しかし今の時代、老後運用資金を5,000万円貯めるには無理があります。老後、介護サービスを受けなくてはならなくなる場合は月額で8万円はかかります。例えば70歳で施設を利用となれば20年以上で2,000万円の運用費が必要です。

出典: https://neverendingstory.jp

では夫婦の基本老後資金いくらあれば最低限の生活ができるかというと、年金が受給されることも考えると1,500~2,000万円ほどの貯金程度でも十分です。しかしその分、贅沢はもちろん、大きな病気にもなれませんし、遊びにも出かけることもできず、窮屈になりがちです。

出典: http://www.daiwa.jp

住宅ローン完済の場合、老後資金いくらかかるか計算してみると70,000円、住居費16,000円、光熱費など23,000円、家事用品など10,000円ほど、被服や履物代10,000円、医療費など20,000円近く、交通・通信37,000円、教育費1,500円、教養娯楽30,000円、その他の消費支出60,000円では総合28万円近くの生活費になります。

出典: http://www.realoldage-fund.com

そして老後の介護運用に夫婦でいくらかかるかも想定し、老後資金いくらか多めに貯金も必要となってきます。在宅介護の場合なら月額で70,000円近くが必要額となり、介護施設なら入居金で350万円ですが別途月額で40万、×12ヶ月で年間では480万も必要です。

出典: https://toyokeizai.net

仮に65歳から夫婦で老後生活とした場合に、老後資金いくら最低必要かを割り出します。夫婦二人が共働きだった場合、老後かかる支出が8,200万ほどと考え、老後の収入から支出を差し引くと420万ほど余裕があるばかりでけして裕福ともいえませんが、女性が専業主婦の場合には1,300万もマイナスです。

出典: https://style.nikkei.com

また男性が仕事に行かず、女性のみ会社勤めな場合はマイナスの3,400万です。そして夫婦共に会社務めでない場合ならマイナス5,200万なので生活が非常に困難となります。老後の生活を70歳以上にした場合なら、夫婦揃っての共働きまたは男性のみ会社勤めに限って1,000~2,700万円ほどのゆとりがあります。

出典: https://www.mamatenna.jp

夫婦の老後の資金運用の貯め方で、同じ通帳に貯金しても名義の方の預金に過ぎないという点で気が進まなくなるはずです。そこで本気で貯めたい気持ちを損なわせない1つの方法として夫婦別々の通帳で貯金するという貯め方をおすすめします。

独身の場合は老後資金いくら必要?

出典: https://limia.jp

独身者は周りに頼れる身内も少ないはずなので、老後資金となる貯金を必要額以上に貯めることが大事になってきます。65歳から老後生活とした場合気になる老後資金いくらかかるかその目安は平成28年の総務省統計局の家計調査によれば、およそ16万に満たないという結果があります。

出典: https://biz-journal.jp

老後の夫婦生活よりも独身者のが、食費4万、住居費2万、光熱費など15,000円、家事用品5,000円、被服など5,000円、医療費5,000円、交通・通信18,000円、教養娯楽3万、その他消費33,000円と、食費も半分ほどになり、医療費などその他の消費が少ないです。また、これはあくまで目安にすぎないのですが、賃貸の場合ならこれに3万円を付け足します。

出典: https://avenue-life.jp

独身で賃貸なら総合で21万しかかからないことがわかりましたが、ここで国民年金のみだけの収入とすれば65歳から老後運用資金いくら必要か計算してみます。まず85歳まで生きたとすれば20年で240ヶ月の計算となり、21万×240ヶ月で5,040万、賃貸でない場合なら17万×240ヶ月で4,080万は支出となることが分かります。

出典: https://magazine.aruhi-corp.co.jp

これに国民年金の収入の55,000円から20年分引くと老後に貯金すべき金額が分かります。まず、賃貸でない場合は5.5万×240ヶ月で1,320万なため、4,080万-1,320万で2,760万円の貯金が老後の運用資金に必要と分かります。また賃貸の場合なら5,040万-1,320万で3,720万円の貯金が老後の運用資金として必要です。

老後資金がいくらかわかったら貯め方も考えよう

老後資金いくら貯めるべきか

出典: https://kufura.jp

独身または夫婦の老後の場合も貯め方の基本は貯めるという意識を常に持つことの「貯め癖」がポイントです。無駄遣いを最小限控えて必要な支出にはしっかり使ったり、毎月少しずつでも増やす方向で予算を組んでいきます。

出典: https://ukano.me

金融機関の貯蓄で少しでも元金を増やすのに定期預金が有名ですが、銀行によって違う貯め方の商品もあるので比較して選ぶことをおすすめします。また、定期貯蓄などを本格的に始める年代は30代からという人も多いですが、ほとんどの人が40代から積立を始めています。

積立式定期預金など毎月強制的に貯金する仕組みを

出典: https://www.survive-m.com

老後資金のために有利な貯め方でおすすめしておきたいのが積立定期預金です。その積立定期預金には毎月積み立てた金額を自動的に別途定期預金として運用に用いたりするものと、指定しておいた日に1つの定期預金という風に運用時のためにまとめておくものの2種あります。その他にも、長期間の利用で有利な特典も会社によって違います。

出典: https://hikakujoho.com

なかなか貯金ができない人のために毎月強制的に貯金する仕組みの貯め方が積立式定期預金でもありますが、人によっては計画的に貯金ができる人もいて、給料が入ると同時に予め決めていた予算通りにお金を使います。

出典: https://mainichigahakken.net

そういった人は当然素早く貯金に回す分だけは別途しわけています。つまり月々の生活費と貯金する分を先に予算として分別する先取り貯金ができているということになります。

出典: https://hajicolle.smt.docomo.ne.jp

先取り貯金の貯め方をシンプルに考えると、手取り金の給料の約2割を貯金として、それ以外を必要経費や生活費予算にあてはめれば効率がいいというものです。しかし、いくら2割貯金と決めていても途中で投げ出すはめになる場合も想定し、無理なくできる範囲での継続が重要です。

出典: http://ichiokuen-wo.jp

強制的に無理なく始められて後からボーナスが入ったら多めに追加で積立てることもできる積立式定期預金の貯め方なら、毎月5,000円から貯蓄が可能です。また、通常預金との違いとして、一般的に積立式定期預金の貯め方のほうが金利が多めにつくというメリットがあります。例えば2万円ずつ貯金した場合、1年間で24万円も利息が増えています。

出典: https://hikakujoho.com

つまり会社によって違いはあるものの、利息を考えれば先取り貯金よりも、積立式定期貯金の方が何倍も得するわけです。老後資金といっても正直貯金だけでは見通しが立たないといった先行き不安な人にはおすすめです。

出典: https://www.sodan-lp.jp

サラリーマンなどの会社員の場合は、会社側に聞くと分かるはずですが財形年金貯蓄という積立ての貯め方が存在します。その貯め方とは、予め給料から天引きされていた積立て金額が60歳から受給されるというものですが、550万円までは税金が掛からないといういうメリットもあり全会社員で可能な限りおすすめすべき積立てです。

個人年金保険などを検討して保険を見直す

出典: https://assetme.jp

老後の資金運用の貯め方に関して、国民年金だけでは生活していけませんので積立式定期預金を紹介しましたが、その他にも老後の資金運用の貯め方として個人年金保険の加入もここでおすすめします。

出典: https://woman-money.nifty.com

個人年金保険には主に基本年金額と変額個人年金額の2つが存在しています。まず基本年金額から説明すると、契約した時に決めておいた年金額を受給できるという商品、もう1つの変額個人年金額は株式などで資産運用をすることで年金額が変動するという仕組みです。

出典: https://credits-card-payment.com

またそれらの受給のパターンには終身型と確定型の2つのパターンに分かれます。終身型は一生涯通して受給されますが、確定型は生死とは別に一定期間にわたって契約し決めた期間年金を受給されます。こうした仕組みを理解したなら老後の資金運用のための個人年金保険は、自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

出典: https://fuelle.jp

個人年金保険の会社にも様々ありますが、ある保険会社で毎月2万円ほど支払っていれば60歳で950万円以上支払ったことになり、その後は10年間月々10万円ほどの年金がもらえる制度では返戻率は120%以上となりそこがおすすめしたいところです。しかし支払っている期間よりもらう期間の方が短いのは老後の運用期間が長持ちしない点問題です。

個人年金保険のいろんな会社を紹介

出典: http://www.panpanpapa.com

老後の資金運用のためには30代からの加入者が多く、その際どの個人年金保険の会社にしようか悩む人も多いです。そこで数多くある会社の中からおすすめしたい個人年金保険の会社やそのシステムを軽く紹介します。

出典: http://sin-mama.hateblo.jp

総合的に利率があって人気のおすすめしたい国民年金保険ランキングでは1位が明治安田生命の年金かけはし、2位は住友生命のたのしみ未来、3位はマニュライフのこだわり個人年金といった結果になります。

出典: ttps://hoken.rakuten.co.jp

明治安田生命の年金かけはしは1位でしたが、人気でおすすめのワケはまず6,000円から掛けられて税金の控除があるところやただの貯金より105%の返戻率がある部分です。また同じ保険会社の「自分の積立」という商品は月額保険料5,000円から可能となり、契約年齢は18~65歳までです。また満期は10年となり、利率は約1%で返戻率は103%です。

出典: https://daily-ands.jp

しかし明治安田生命の年金かけはしにもデメリットがあります。そのデメリットは保険料の払込免除がないという点です。ある特定のトラブルにみまわれた際には保険料の払込免除がある年金ひとすじという商品もあるのでおすすめです。

出典: https://bank.epark.jp

次に住友生命のたのしみワンダフルという商品は1.5万円からの月額保険料で0~75歳までの契約年齢、支払い開始は65歳から可能となり利率は0.305%、返戻率は106.3%とわずかながらも多い方なのでおすすめ度は高いです。

出典: https://hoken-kyokasho.com

ここで注目しておきたいのがマニュライフ生命のこだわり個人年金商品です。契約年齢は0~60歳となっており、月額で1万円からとなっています。そして何より利率が2.90%と破格の高さともいえます。しかしその利率は15年経過で157%・20年後には120%といったように円高の影響を受けやすくなります。

出典: https://www.aeonbank.co.jp

利子税がないばかりかマニュライフ生命の個人年金保険なら10年間確定年金を選択することで年間で4万円ほどの所得税、そして28,000円分の住民税の所得控除にもなります。こういった外貨の運用を利用する貯め方も覚えておけば大きなメリットにもつながるのでおすすめしておきます。

出典: https://zuuonline.com

個人年金保険の会社を上手く選ぶ時のポイントは払っていく毎月の保険料もそうですが、受給される時の返戻率の高さも会社によって違うので見比べながら利率にも着目することをおすすめします。

出典: http://days-works.xsrv.jp

個人年金保険の受給の種類には5年・10年・20年と契約期間を設けてもらうパターンの他に魅力的なのは保証期間付終身年金というもので、確実に受給されている契約期間がありますが、その一定期間を過ぎた後は死去するまでずっと受け取っていられるシステムです。

出典: https://solar-lab.jp

断然おすすめ度が高いのは、生きていればもしかしたら丸儲けするくらい期待の保障期間付年金の保険です。夫婦でやっと老後暮らせていても、先立たれてしまった方は生活保護に切り替えるかわりに差し押さえに合ったりと悲惨な未来となりかねませんので、将来の安泰も兼ねると終身型の保険がおすすめです。

出典: https://kakakumag.com

個人年金保険の貯蓄性について、返戻率の平均値は105%ですが外貨建て方面では120%を超えたものも中にはあるので返戻率にこだわりがある人には是非ともおすすめしたいというところですが、最近は以前と違って120%にもなる返戻率プランが無くなっています。

出典: https://mansion-keiei-online.com

個人年金保険とはいっても期間限定プランの広告などを探したり、返戻率が120%以上のチャンス時期を見計らって加入するのも自由なので見逃さないように待つのもいいですし、106%程度の一般的で無難な個人年金保険に加入もありです。

老後資金がいくらか必要額からおすすめの運用の仕方は?

iDeCo(個人型確定拠出年金)税制優遇がありおすすめ

出典: https://allabout.co.jp

資産運用という貯め方の一環に確定拠出年金の401Kという退職金が受給されない制度の企業、401Kのない個人型といえるiDeCo企業の資産運用の貯め方があります。その資産運用とは全般的に投資対策を分析して最適の運用をおすすめしてくれるシステムです。

出典: https://souzokukaigo.co.jp

また、個人年金保険・iDeCo・銀行預金の3つを比較してみると、解約のしやすさでは銀行が優れています。そして節税効果をみるとiDeCoが優れていますが、貯蓄性や解約の方ではトラブルになりかねなかったりするので始める時には確信や慎重さも必要です。

出典: https://www.kokuchpro.com

老後に向けて資金運用を必要な額だけでも貯蓄をしていかなくてはなりませんが、その老後資金の貯め方には通常の積立式定期貯金の他に個人型確定拠出年金のiDeCo税制優遇が手数料無しな上に運用益が非課税で再投資となり、長期間の老後資金運用にできる大きなメリットがありおすすめです。

出典: https://avenue-life.jp

iDeCoの開設の仕方はまず自分好みの銀行を選び、書類を銀行に送りますがその間1ヶ月~3ヶ月ほど時間を必要とされます。またiDeCoの運用先については元本確保型の定期預金と保険、もう1つは運用成績型の投資信託の2つに分類されています。

出典: https://article.auone.jp

一般的に銀行にまつわる運用益に源泉分離課税の2割ほどが引かれます。しかしiDeCoなら非課税の再投資という大きな魅力と共に、運用期間が10~20年となるにつれて元値も2倍、合わせて積立てておいた額は+0.26倍で総合2.26倍になっていることになります。

出典: https://manechie.so-net.ne.jp

例えば個人的に銀行の預金蓄を月々3万円を30年間利用した場合、運用益に2割も課税となり1,583万円ですが、今回おすすめしたいiDeCoの確定拠出年金にしてみると運用益は非課税なため1,700万円も上回り、2つの節税額は170万円超えという差になるのがわかります。

出典: https://zuuonline.com

そして個人年金保険の気になるiDeCoの受給方法はというと、60歳から受給できる老齢給付金があります。その受給の期間は一括で受け取るか、5年~20年以下の期間中に年金システムで受け取れます。しかし年金システムを利用した場合、公的年金絡みが控除、一時金なら退職金所得控除により税金の負担が一定額までかからないのです。

出典: https://www.fpinoue.com

次に障害給付金の場合も年金システムまたは一時金制ですが、所得税・住民税2つの税金が非課税となります。そして死亡一時金の受給の際は一時金のみとなり、課税方法は相続税の課税対象になります。また、年金システムと一時金システムの利用に関してはそれぞれ違ったメリットが実はあります。

出典: https://manechie.so-net.ne.jp

まず年金システムのメリットは、老齢給付金を月々受給する場合に限り、雑所得になり公的年金などの額に応じ控除の対象となる仕組みですが、例えば公的年金の額が65歳になっていない場合は70万円まで税金の対象とならず、65歳からだと120万円まで税金の対象に省かれる仕組みとなっています。

出典: https://financial-field.com

また個人年金保険のiDeCoの死亡一時金は、加入者が亡くなってしまった場合に、その亡くなってしまった人の遺族の方へ一括で相続財産として相続税ごと課せられつつ支給されるしくみをいいます。

iDeCoがメリットだけではない元本割れのリスク

出典: https://financial-field.com

広告などのiDeCo誘導はメリットばかりを題材的に売り込むような形ですが、きちんとした知識がないと元本割れの損害もありえます。まず、収入が毎月決まってあるのに所得税を払えてない人や払えなくなる可能性がある場合は、掛け金の積立も無駄になります。

出典: https://www.fpwoman.co.jp

その理由として、収入が減ったり無くなり税金が支払われていない場合は個人型確定拠出年金の節税は受けれなくなるからです。次に扶養家族などの所得控除が多いせいで課税所得が少なかったり、住宅ローン控除など所得控除されすぎていてもiDeCoで節税は発揮されないのです。

ロボアドバイザーが最近人気

出典: https://moneyforward.com

最近人気のロボアドバイザーについてですが、AIの最先端テクノロジーが人にかわってトレンドを選び資産の運用をしてくれるシステムのことになります。人間の仕事をロボアドバイザーが行うためスピーディーで幅広いデーターを確実に分析できるため信頼性もあつくおすすめ度が高いはずです。

出典: http://fis.nri.co.jp

ロボアドバイザーには投資一括型とアドバイス型の2つに分類されます。投資一括型の特徴はその名の通り投資の判定を的確に判断できる役割をロボアドバイザーが行ってくれます。またアドバイス型はロボアドバイザーがポートフォリオや売買の頃合いを見計らい導いてくれます。

出典: https://style.nikkei.com

ロボアドバイザーを利用するにあたってのメリットについて、まず投資信託よりも手数料がかからないので得です。そしてなによりネットから簡単にはじめれるので手間もありませんしロボアドバイザーによるシュミレーションの提供があると、受付の場合も窓口で待たされるなどの不都合も省かれます。

出典: https://waotas.jp

ロボアドバイザーによるシュミレーションについて、例えば老後の資金運用を担当する場合にも1%の手数料のみでロボアドバイザーが全般的に担当するシステムとなっています。人ではなくロボアドバイザーを活用する人といえば、初心者向けだったり忙しくてなかなか時間がとりにくい人向けともいえます。

出典: https://hedge.guide

またロボアドバイザーの場合、投資全般を任せるだけではなく質問をした場合にはその立場にあった方法を提案してくれます。いろんな会社を探してみれば、ロボアドバイザーの手数料が預けの資産のうち1%にも満たない最低0.1%のところもなかにはあるのでコスト削減したい人必見です。

出典: https://okanetoseikatsu.com

ロボアドバイザーによる実績を調べることもでき、自分でロボアドバイザーを選ぶ時のポイントにもなります。つまりロボアドバイザーのリターン歴から使用価値ともいえる有能性をはかれるので把握しておきます。

老後資金がいくらか早めに把握して運用や貯金を始めよう

出典: https://www.tantonet.jp

国民年金しかもらう予定がない人の場合は先行き不安です。早くても30代から老後の資金運用の貯め方を知っておけば有利な老後生活にたどりつけるといえます。また積立式定期預金もいいですが、非課税のiDeCoなら長期間の運用に便利な貯め方といえるのでおすすめです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ