老後の生活費は平均いくらかかる?一人暮らしや夫婦別に調査!

老後の生活費を考える上で必要な事は平均的な老後の生活費を知り、逆算して具体的な金額を目標に立てる事。もちろん夫婦ふたり暮らしと一人暮らしではまた老後の生活費として必要な金額も変わってきます。今回はそんな老後の生活費について詳しく解説していきます。

老後の生活費は平均いくらかかる?一人暮らしや夫婦別に調査!のイメージ

目次

  1. 老後の生活費がいくらかかるか平均などを知っておくことは大事
  2. 老後の生活費の平均額・一人暮らしの場合と夫婦の場合
  3. 老後の生活費の内訳はどうなる?
  4. 老後の生活費・ゆとりある生活を送るためにはいくら必要?
  5. 老後の生活費に困る「老後貧乏」の特徴・ならないための備えとは?
  6. 老後の生活費でゆとりある生活を送るためにも貯金は重要
  7. 老後の生活費・一人暮らしや夫婦まとめ

老後の生活費がいくらかかるか平均などを知っておくことは大事

出典: http://suzie-news.jp

一般的に老後に必要なお金は3000万円くらい必要になるそうです。もちろん生活費もまたその試算の中に含まれるのですが、実際には老後を間近に控えた50代でも3割の方が貯蓄ゼロという結果が出ています。当然ですが、夫婦と一人暮らしでもまた老後の生活費に必要なお金の内訳は変わってきます。今回はそんな老後の生活費の内訳などを解説していきます。

老後の生活費の平均額・一人暮らしの場合と夫婦の場合

出典: https://diamond.jp

老後の生活費としてかかってくるお金の内訳の中でもっと負担が大きいのが食費となってきます。その次に負担が大きいのが交際費となっています。平均して月に17万円前後が老後の生活費として必要となります。もちろん夫婦と一人暮らしでは食費の内訳もまた違います。ここではそんな夫婦と一人暮らしの平均的な老後の生活費を詳しく解説していきます。

老後の生活費を考える上で必要な事

出典: https://oggi.jp

老後の生活費をどれくらい貯めればいいのかと考える前に平均的な余命を知る事は必要不可欠です。無論、余命を知る事で老後は何年続くのかを知る事ができ、余命から逆算して老後の生活費としての蓄えるべき額を知る事ができます。ちなみに男性の平均寿命が84.29歳となっており、女性の平均寿命が89.18歳となりますのでしっかりと覚えておくべきです。

余命を知ったならば老後は何ヶ月か計算する

出典: https://risuko.info

余命を知った後は老後が何ヶ月あるのかを試算します。男性は平均寿命が84.29歳ですから乱暴に計算して約20年で240ヶ月となります。女性の場合は約25年で300ヶ月となります。これらの数値を元に月にかかる老後の生活費をかけて大枠での老後の生活費として必要な額を計算します。もちろん計算結果よりも多少多めに老後の生活費を確保しておきます。

一人暮らしでの老後の生活費概算

出典: https://money-on.jp

一人暮らしでの老後の生活費として必要なのは平均して月に15.8万円となります。この生活費は必要な金額に男性の余命から計算した老後をかけてやると2740万円という金額が出てきます。無論、この数値は乱暴に計算した金額なので一人暮らしの老後の生活費は最低でも3000万円は必要と言えます。これが老後、最低限度の生活を送るのに必要な金額です。

一人暮らしでの老後の生活費内訳

出典: https://www.zenginkyo.or.jp

一人暮らし無職で老後の生活費として一番支出が大きいのが、やはり食費となり、次に交際費となります。もちろんその他にも家賃や水道光熱費など老後の生活費としての負担は多岐に渡ります。全ての支出を含めた老後の生活費としては月に154,742円という試算が出ています。もちろんこれは概算なので老後の生活費はもう少しかかると覚えておきます。

一人暮らしの老後の生活費にみる傾向

出典: https://shisan-up.net

食費が増大傾向にある中で一人暮らしの老後の生活費内訳での減少傾向にあるのが、交際費や被服費です。この統計から分かる事は老後の生活費としての食費をまかなう為に遊びや着る服などでかかる費用を節約して、なんとか食べ繋いでいるという現状です。もちろんこの結果は飽くまで平均的な数値から推論ですから実際には他もまた切り詰めている状態です。

一人暮らしの老後では教養娯楽費が削られる

出典: https://www.taka-toshi-cashing.com

一人暮らしで老後の生活費として最低限必要な金額を用意できたとしても飽くまで生活費として最低限必要な金額ですから生活を成り立たせる為には教養娯楽費などの遊びに使うお金をゼロにして、理美容費や交際費などを1万円ほど削る覚悟が必要です。ゆえに老後の生活費として用意するべきお金は計算した額よりも大きければ大きいほど安心だと言えます。

夫婦での老後の生活費概算

出典: https://important-money.com

夫婦での老後の生活費として月にかかる費用は27万円。これに余命から計算した時間をかけてやると5400万円となります。もちろんこれは乱暴に計算した結果なので多少余裕を持って6000万位は夫婦での老後の生活費として最低限必要な金額となります。もちろん夫婦での概算ですから一人暮らしに比べて二倍近く老後の生活費がかかる事となります。

夫婦での老後の生活費内訳

出典: https://www.fukuoka-ricon-law.jp

夫婦での老後の生活費は一人暮らしの場合に比べて負担が大きくなります。総務省統計局が発表した平均的な夫婦での月にかかる老後の生活として必要な金額は60歳から64歳の場合で27万6620円で、75歳以上で22万7266円となっています。もちろんこれは概算での金額ですから少々余裕を持って月に30万円くらいの老後の生活費は必要となります。

夫婦である強みとも言える持ち家

出典: https://vdata.nikkei.com

夫婦での生活を送る老後の生活費は平均して持ち家率が高い分、住居費が抑えられる傾向にあります。しかしながら一人暮らしとは違い、夫婦では二人で生活する事なりますから食費などが増えていきます。無論、老後の生活費を蓄える為に働き貯金するのもまた二人の共同作業となる為に一人暮らしがいいのか、或いは夫婦がいいのかは一概には言えません。

消費税の増加による老後の生活費負担増大

出典: http://business.tribialife.com

消費税を含み、税金負担が大きくなる事で老後の生活費も増大傾向にあります。例えば一人暮らしの場合の内訳でも食費も5年前と比べれば月に2,000円ほど負担が増えています。もちろんその他の老後の生活費を見てみても増加傾向にあり、平均的な一人暮らしでの老後の生活費合計も5年前と比べると2,000円強ほどの増加という結果が出ています。

老後の生活費としての水道光熱費が減少

出典: https://www.sakouju.jp

平成28年から電力の自由化が始まり、老後の生活費内訳としての水道光熱費が減少傾向にあります。もちろん減少傾向にありつつも全体的な老後の生活費内訳の合計は上昇していますので、むしろ電気やガスなどの水道光熱費は下がったが、食費などの負担は増えた為に老後の生活費としての生きていく為に絶対不可欠な費用はかなり上がったと考えるべきです。

携帯電話などの普及で増えた通信費

出典: https://hot-mammy.com

今では誰も彼もが持つ携帯電話ですが、便利な反面、固定電話に比べて通信費としての負担が大きいものです。無論、老後の生活費内訳としての交通・通信費も5年前と比べて5,000円も増加するという結果が出ています。当然ですが、交通・通信費の負担が多きなるという事は老後の生活費としての教養娯楽費や交際などを減らす努力が必要になっています。

老後の生活費の内訳はどうなる?

出典: http://news.livedoor.com

老後の生活費として必要なのは一人暮らしで月に17万円くらいで、夫婦では30万円くらいになるとは先にも記しました。もちろんマンションなどの賃貸物件に住んでいる場合はこの老後の生活費としての合計にプラスして家賃が発生します。これらの事からも老後の生活費として必要なのは一人暮らしでも夫婦でも増加傾向にあるのは火を見るより明らかです。

老後の生活費に大きな影響を与える住居費

出典: http://nedan.ja-kyosai.or.jp

賃貸物件に住んでいる方の老後の生活費内訳として食費に並んで大きな出費が住居費となります。住居費負担は予想外に大きく、老後の生活費内訳としての住居費だけの負担は月に31,409円となっており、平均的な標準世帯での老後の生活費として住居費よりも17,000円ほど負担が大きくなっています。無論、これは一人暮らしでも言える事となります。

家賃が発生する場合には特に注意する

出典: http://labaq.com

仮に老後の生活として賃貸物件を選ぶ場合は特に注意が必要です。老後は仕事ができる時間が限られたり、或いはまったく仕事ができない事も考えられます。その上で毎月家賃が発生する事はとても大きな問題となり、仮に月5万円の賃貸物件に住んだ場合、老後の生活費としての蓄えは最低限必要な老後の生活費を貯めるよりも1,000万円ほど大きくなります。

一番負担が大きい食費を削る事はしない

出典: http://ha-chi.biz

老後の生活費内訳の中で特に大きなウェートを占めているのが食費となりますが、この食費を削る事はおすすめしません。何故ならば通常でも現役世代よりも体が弱くなっている老後世代の方が食事を切り詰めるという事は自ら病気になると宣言しているようなものです。結果、食費を切り詰めれば、病院通いにもなり、医療費が余計にかかる事となります。

老後に増加する傾向にある医療費

出典: https://angie-life.jp

老人になればどこかしら体調の不調が日常化して老後の生活費内訳としての医療費は当然増加します。若い頃はほとんど病院にお世話になった事がない方でも老後には毎日病院に通うという方も散見され、医療費としての交通費もまた増加傾向にあります。そういった意味でも老後の生活費は切り詰められない部分での増加がありますからよく注意します。

マンション暮らしので非消費支出は減る

出典: https://sumaikurashiouen.com

仮に住宅ローンが完済された場合での非消費支出、つまり税金は減ります。これは固定資産税が減る為なのですが、逆に老後の生活費としての住居費が増加する事を念頭におかねばなりません。何故、住居費が増加するのかと問われれば、マンション住まいであれば管理費や修繕費などがかかってくる為です。これは一人暮らしでも夫婦でも変わりがありません。

集合住宅では大きくなる電気代

出典: https://www.goodrooms.jp

持ち家や賃貸に拘わらず、集合住宅住まいでは老後の生活費として負担が大きくなるのが電気代となります。集合住宅では安全性や利便性を確保する為にエアコンを常時起動しているという状況が多々見られます。もちろんオール電化であればエアコン常時起動よりも老後の生活費としての電気代は多くかかってきますのでそれらも念頭においておきます。

現役世代と老後世代に見る内訳

出典: https://www.jibunbank.co.jp

当然と言えば当然なのですが、平均的な現役世代の方が平均的な老後世代よりも生活費としての出費は多くなります。ただし医療費などが平均した現役世代よりも平均的な老後世代の方が高くなっています。これらはやはり老人になる事でどこかかしこの体調不良が日常化して病院通いになるという事を暗に示していますので特に注意しておきます。

意外と見落としがちな食費の増加

出典: https://www.drwallet.jp

老後世代は現役世代に比べて子どもが巣立ち、巣立つ事に伴い食費が減少すると思われがちです。しかしながら平均的な現役世代の内訳としての食費と平均的な老後世代の内訳としての食費はあまり変わりません。こういう内訳となる大きな原因は老後世代となると自炊が大変になり、惣菜や宅配での食事が多くなる事からきていますので注意すべきです。

老後の生活費内訳として冠婚葬祭も増加する

出典: http://www.s-ohmura.com

自分が老後世代となってくると比例して増加するのが冠婚葬祭。もちろん喜ばしい結婚式などとは違いお葬式が増えてくるのです。無論、自分より年の高い恩師やお世話になった先輩などもその範疇に入ってきますが、より大きく老後の生活費の負担を大きくするのが、友達などの同世代がお葬式の主役になる事です。そういった内訳なども覚えておきます。

現役世代にもあった出費も計算に入れる

出典: https://mihomiho0109.com

意外と見落としがちな老後の生活費内訳としての出費は自動車の買い換えや大型家電の買い換えなどの臨時的な出費です。これらの出費は現役世代の頃からなかなか難しい出費の内訳となっていましたが、いくら老後になろうともごく自然に計上される出費の内訳となります。無論、そういった出費の為にも老後の生活費としての蓄えはする必要性があります。

老後の生活費の貯蓄は1500万円の罠

出典: ://

夫婦ふたり暮らしでの老後の生活費の為に行う貯蓄は1500万円でいいと断じる方もちらほら散見されます。しかしながら1500万円と断じる方の言い分を詳しく見てみると、どうやら年金支給の範囲内で老後の生活をまかなうという意見が大半です。当然ですが、将来に渡って今現在支給されている年金が減らないだろうという前提で話しているだけなのです。

甘すぎる展望は老後貧乏へと一直線

出典: https://yamashiro-ryu.com

無論、年金だけで生活できると断じる方も年金の目減りについて論じています。しかしながら老人になると食が細くなり食費が減るだとか、遊びやお洒落にもそれほどお金をかけないで済むと断じています。しかしながら実際問題としての統計では平均的な現役時代の食費と平均的な老後世代の食費が変わっていない事がすっぽり抜けてしまっているのです。

老後の生活費・ゆとりある生活を送るためにはいくら必要?

出典: http://www.bank-daiwa.co.jp

老後の生活費として最低限必要な金額は先に記しました。しかし概算は飽くまで最低限の老後の生活を送る為の金額であり、老後という自由時間を十全に楽しむ為には多少多くの蓄えが必要となってきます。無論、突如、介護が必要となる状況になっても老後破産をしないという意味でも老後の生活費としての蓄えは多いに越した事はありませんので注意します。

85歳まで生きるとしての老後の生活費

出典: https://www.fpwoman.co.jp

年金受給は65歳からなのですが仮に85歳まで生きるとして夫婦ふたり暮らしとして老後の生活費として6000万円ほどの貯蓄が必要になってきます。もちろん年金がもらえますから実際には6000万円満額で貯める必要はないのですが、生活費以外での入院や介護などの出費により老後破産の危険性もありますので、できるだけ貯蓄するに越した事はありません。

アンケートから見る老後の生活費

出典: https://kaigo-hiroba.com

老後、なにを楽しみにお金を使いたいかというアンケートによると旅行やレジャーという結果が60.3%を占め、次いで趣味や教養などが50.1%なっています。これらをまかなう為に老後の生活費として必要な金額は1000万円ほどとなり、最低限必要な老後の生活費とプラスして7000万円ほどは必要となってくる事がアンケート結果からよく分かります。

最低限の蓄えでは老後破産の危険性も

出典: http://biskun.hatenablog.com

一人暮らしの場合と同様に最低限の蓄えでは教養娯楽費やその他支出を削らねばなりません。無論、お金のかからない娯楽を見つければ済む事なのですが、老後にせっかくできた自由な時間を旅行にあてたり、趣味に没頭する事もままなりません。それどころかパートナー、或いは自分に介護が必要な状況になってしまうと老後破産の危険性も高まります。

老後の生活費として月に1.5万円ほどの余裕を

出典: http://moneyofoldage.blog.fc2.com

夫婦ふたり暮らしでの老後の生活費として月に1.5万円ほどの余裕を持つと充実した生活が送れます。ただしこの金額はは老後の生活費として蓄える金額が上がる事で具体的な金額としては1億1,000万円ほど老後の生活費としての貯蓄が必要になってきます。この金額を年金とプラスして貯めるにしてもそれ相応の努力が必要なのは言うまでもありません。

老後の生活費に困る「老後貧乏」の特徴・ならないための備えとは?

出典: https://miraisim.iction.jp

老後貧乏という言葉は昨今、有名な言葉となってきました。老後貧乏とは現役世代のように働けなくなった老人が生活に困窮する事を言います。無論、老後貧乏よりも状況が切迫して生活保護に頼らざるを得ない方は下流老人と言い、その下流老人は問題にするほど多くないのですが、老後貧乏と呼ばれる方は昨今、増加傾向にあると覚えておきます。

老後生活を送る為の心構え

出典: https://www.mamatenna.jp

老後の生活を送る前に現役世代の時点で老後の生活費を考える場合、現役時代のようボーナスなどの臨時収入に頼らない事。そして年金収入を主な柱として具体的な生活水準と生活態度を想像する事が大事となってきます。無論、その為にも老後の生活費としての蓄えに必要な金額を概算する事もまた大事ですし、いくら使うのかを知るのもまた必要です。

老後貧乏に陥る方の特徴

出典: https://www.ete-rnal.com

今現在の40代や50代は、いわゆるバブル世代と呼ばれる世代であり、特に消費が好きな方達だという認識があります。加えて自分の親が年金をもらい、ある程度の老後を送れていたが為に老後に危機感を持つ方が少なくなっています。そういった意味で、これから先の日本という国では老後貧乏な老後生活を送る方は多くなるだろうと予想されています。

まずは老後に危機感を持つ事

出典: https://peanutkun.com

特に現在の収入が多い方に言いたいのですが、老後に危機感を持つ事が老後の生活費を考える為のファーストステップとなります。実際問題として今現在の収入が多い方は支出も大きく十分な貯蓄ができていないという調査結果もあります。なので老後とは収入もない上にそれなりに支出もかかるのだと意識を改めるのが老後の生活費を考える上では重要です。

年金は減額や支給年齢が引き上げられる

出典: https://limo.media

今の現役世代が年金生活になった場合、年金支給額が減額されたり、支給される年齢が引き上げられるという話もあります。もちろんそれは少子化によって高齢者が今後増えていくという試算に基づいたとてもあり得る話です。そういった意味でも年金に頼りっきりになるのではなく自力で老後の生活費を貯めておく事はとても大事なファクトとなります。

「なんとなる」ではなく「なんとかする」

出典: https://www.koto6.com

老後貧乏に陥る方の特徴として「なんとかなる」と考えている方が多くいます。無論「なんとかなる」は「困った状況になっても自分を追い詰めない」という意味ではとても有用な言葉なのですが、「なんとかなる」を言い訳に自分を誤魔化すのに使うと老後貧乏へ一直線となります。なので「なんとなる」ではなく「なんとかする」に意識を切り替えるべきです。

具体的なプランはとても有用

出典: https://hoken-teacher.jp

老後の生活費を考える上でとても有用なのが「目標を立てる」事。人間は目標がない状態と目標がある状態では隠された潜在能力を引き出す力が格段に違ってきます。無論、老後の生活費を考える上でも老後の生活費として貯める貯蓄額を具体的な金額として洗い出し、目標として行動する事で老後貧乏を回避する為に大きな力を発揮しますので覚えておきます。

老後の蓄えをする上での考え方

出典: https://realestate.yahoo.co.jp

老後の生活費を考える上で大事な事は老後の備えとは0か100ではないという事。つまり老後の生活費として最低限必要な額である3000万円を満額で貯めるのではなく、たとえ1000万円だったとしても無駄にはならないという事です。無論、3000万円なんて貯められないと諦めて貯蓄が0の方よりも十二分に老後の生活が楽になるのは言うまでもありません。

老後の生活費でゆとりある生活を送るためにも貯金は重要

出典: https://matome.naver.jp

年金は確かに老後の生活を送る上でとても大きなウェートを占める収入源です。ただし今現在の年金支給額を見ても十二分に人間らしい生活が送れる額にはなっていません。そういった意味での老後の生活費に備える貯蓄はとても大切です。無論、今は様々な老後の生活費に対しての備えとしての方法はありますから、十二分に検討して選択肢に含めておきます。

自分の生活に合った貯め方を考える

出典: https://stop-rougohasan.com

例えば仮に月に30万円の収入があったとして老後の生活費を蓄える事は必要不可欠だと無理をして20万円を貯蓄するのはとても愚かです。例えは悪いですが、勉強を必死で頑張って、いい大学を出て、一流企業に就職し、自殺してしまうようなものです。ゆえに自分に合ったコツコツと無理のない範囲で老後の生活費貯蓄をするのが賢いやり方と言えます。

老後の生活費を貯める上での知恵

出典: https://money-campus.net

老後の生活費を貯める為の手段の一つとして「確定拠出年金」という制度が国によって準備されています。こちらの制度は定期預金のように積み立てて老後の生活費を準備するというものです。「企業型」と「個人型」の2種類があり、加入者が60歳になった時点で年金という形で受け取る事ができるようになる制度ですので覚えておくととても便利です。

老後の生活費を考える上での「確定拠出年金」

出典: https://www.money-book.jp

「確定拠出年金」という制度は「所得控除」に組み込まれており、例えば「確定拠出年金」で貯めたお金を投資信託に回せば、その運用結果での収入には税金がかかりません。仮に運用利回り3%で1万円ずつの30年間積み立てたとしたら1000万円近くの老後の生活費としての貯蓄が出来る事になります。ただし口座管理料を支払う必要があるので覚えておきます。

「確定拠出年金」のiDeCoも

出典: https://hitorisenior.com

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」の愛称で様々な企業が「老後の生活費を貯める為」のサービスとして売り出しています。もちろん税金はかかりません。ただしiDeCoのほとんどが運用という形をとっている為に積み立てたお金が掛け金を上回る場合もあれば、逆に元本割れを起こすリスクもあると覚えておき、iDeCoもまた選択肢の一つなのだと考えておます。

老後の生活費・一人暮らしや夫婦まとめ

出典: https://icublog.com

夫婦ふたりにしろ一人暮らしにしろ老後の生活費を考える事は重要となってきます。もちろん老後の生活費はいくらあっても困りませんで、自分のライフスタイルに合った無理のない範囲でより多く老後の生活費を確保するといいでしょう。無論、いざ実際に老後になって慌てる事がないよう、今回の記事が老後の生活費を考える上での一助になれば幸いです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ