老後の趣味まとめ!お金をかけずに楽しめるおすすめなスポーツもあり!

老後も元気に楽しく過ごすために「趣味」はとても有効であり、お金がかからないモノ・夫婦で共に楽しめるモノ・今まで趣味がない人でも簡単に始めれるモノなど様々あります。今回は、お金がかからないで楽しめるおすすめなスポーツなど「老後の趣味」についてまとめています。

老後の趣味まとめ!お金をかけずに楽しめるおすすめなスポーツもあり!のイメージ

目次

  1. 老後の趣味はさまざま・お金がかからないものでも楽しめる
  2. 老後は趣味を持つことがおすすめな理由とは?
  3. 老後の趣味で健康のためにもおすすめなスポーツ
  4. 老後の趣味で実益も兼ねられる
  5. 老後の趣味で夫婦一緒に参加できるもの
  6. 老後の趣味がない!という初心者でも取り組めるもの
  7. 老後の趣味で生きがいにもなるもの
  8. 老後の趣味は健康的な生活を送るためにもおすすめ

老後の趣味はさまざま・お金がかからないものでも楽しめる

出典: https://manesto.com

長年の仕事や子育てを引退し、その後を如何に楽しく過ごしていくかのポイントとして「老後の趣味」が挙げられます。お金がかからないもの・夫婦の時間をより充実させるもの・今まで趣味がない人でも気軽に始めれるものなど人によって求めるものは様々ですが、ここではそれぞれにとっておすすめとなる「老後の趣味」を紹介していきます。

老後は趣味を持つことがおすすめな理由とは?

趣味を持つシニアの7割が生活に満足とも

出典: https://financial-field.com

「老後の趣味」を持っている人は、趣味がない人と比べ、実に「7割が老後の生活に満足している」というデータも出ています。やはり趣味による充実が、生きがいや目標設定を与えてくれていることに繋がっており、老後の趣味は持つ方がおすすめであると言えます。また共通の趣味がある夫婦は、趣味がない夫婦に比べ、ケンカが少ないとも言われています。

社会的孤立を防ぐメリットも

出典: https://minnkane.com

そして、次に挙げられる「老後の趣味」を持つことのおすすめ理由は「社会的孤立を防ぐ」ことです。ニュースでも見受けられるように、「老人の孤独死」は関わりを持つ人がいないことが大きな原因であり、趣味がない人と比べると、老後の趣味がある人は様々な人に触れ合う機会も増えるため、社会的孤立を防ぐことにも繋がっていきます。

趣味の繋がりで老後の新しい出会いも

出典: https://incomepress.jp

歳を重ねるにつれ、接する人も固定化していきますが、老後の趣味を持つことで家族のみ・夫婦のみ・従来の知人のみならず、様々な新しい出会いも増えていきます。「趣味の繋がりによる新しい出会い」も老後の趣味を持つことの大きなおすすめ理由となります。

趣味の力で老後の認知機能低下に抑止力を

出典: https://dc-startclub.com

そして、誰もが挙げる老後の不安面として「認知機能の低下」があります。認知機能の低下を予防することに、手足を動かすこと・しゃべること・考えることが効果的と言われていますが、趣味がない人に比べると、老後の趣味を持っている人は「認知機能の低下が少ない」ことも分かっていることから、これも老後の趣味を持つおすすめな理由と言えます。

趣味により身体機能低下の進行を遅らせることも

出典: https://esse-online.jp

また「老後の趣味」を持つことは、認知機能だけでなく「身体機能の低下にも効果がある」というデータも出ています。これは趣味がない人と比べると、老後の趣味を持っている人は相対的に身体を動かしているためであり、必然ともいえる結果です。故意に身体を動かそうとする訳ではなく、趣味により自然と動かしていることが趣味を持つおすすめ理由です。

趣味が高じて老後の年金にプラスαのお小遣いを得ることも

出典: https://manetatsu.com

さらに「老後の趣味」が一転して「収入を得ること」もゼロではありません。どのような趣味・ケースで収入が発生するかは下記項目にて詳細を解説しますが、趣味によっては「年金のプラスとなるお小遣いを得ること」も十分にあり得ます。このような観点からも、老後の趣味を持つことはおすすめであると言えます。

老後の趣味でストレス発散の可能性も

出典: https://manekatsu.com

今まで自宅を不在にしていた旦那さんが、退職によって同じ屋根の下に長時間いることで、大半の奥さんが老後のストレスになることも分かっています。さほど気にならなかった「お茶を入れて」という言葉すら、イライラの原因になる奥さんも少なくありません。そのようなとき、夫婦一緒にできる老後の趣味があると、「ストレスの発散」にもなります。

趣味を通じて老後の夫婦仲を円満に保つ軸にも

出典: https://kaigo-hiroba.com

また、しゃべることがなかった夫婦でも、老後に共通の趣味を持つことで、今まで以上に仲が良くなる可能性も大いにあります。老後の趣味は「老後の夫婦仲を円満に保つ軸」にもなり、それが身体的にも精神的にも若くいられることに繋がるのは、趣味を持つことの最も大きいおすすめ理由にもなり得ます。

老後の趣味で健康のためにもおすすめなスポーツ

老後の趣味で「健康目的のスポーツ」のおすすめを紹介

出典: https://www.homes.co.jp

スポーツを趣味に持つことは、楽しめると同時に、健康にもなれるため非常におすすめです。スポーツの中には、お金がかからないものも多くあり、老後に続けていくことを考えると、負担にもなりにくいプラス面もあります。ここからは「老後の趣味」として健康にも良い作用を及ぼしてくれるおすすめなスポーツを挙げてきます。

ゲートボール

出典: http://www.city.misawa.lg.jp

まず「老後の趣味」として挙げられるおすすめのスポーツは、「ゲートボール」です。王道ともいえるものになりますが、適度に身体を動かせるとともに、チームプレーが必要となることから、新しいコミュニティが出来る要素も備えている趣味のひとつになります。単にボールを転がすだけではなく、要所要所で頭も使うため、トータル的におすすめな趣味です。

ウォーキング

出典: https://moneyforward.com

次に挙げられる「老後の趣味」におすすめなスポーツは「ウォーキング」です。人間の筋肉の7割は下半身にあると言われており、下半身を適度に動かせるおすすめな趣味となります。さらに、足を動かすだけでなく、手も大きく振ることで全身運動にもなります。お金がかからないうえ、全身も動かせるおすすめな趣味のひとつです。

ジョギング

出典: https://incomepress.jp

次のおすすめな「老後の趣味」として挙げられるスポーツは、「ジョギング」です。ウォーキングと同様に、全身運動が可能となり、またお金がかからないメリットもあることから、続けやすい趣味のひとつであると言えます。しかし注意すべきは、無理をしないことです。ウォーキングと違い、心拍数もあがるため、話せる程度で取り組むことをおすすめします。

登山

出典: http://oyakonorougo.jp

次に挙げられる「老後の趣味」におすすめなスポーツは、「登山」です。最近では「山ガール」という登山好き女子もいるほど、趣味のひとつとして定着しつつありますが、一番のおすすめポイントは「達成感」を得れる喜びです。頂上への到着は、目標設定に対する成功を味わえることとなり、健康とともに、生きがいを感じる人も多いおすすめな趣味です。

筋トレ

出典: https://tento-yobou.net

「健康=鍛える」という人におすすめな「老後の趣味」は、「筋トレ」です。ジムに通わずとも、お金がかからないように、自宅や公園でも取り組める趣味のひとつになります。最近では、お散歩目的ではなく、公園にある鉄棒で筋トレをする老人も増えています。日常にある様々な道具や器具を使うことで、より有効な趣味ともなり得ます。

水泳

出典: http://www.fukuoka.jrc.or.jp

次に挙げられる「老後の趣味」におすすめなスポーツは、「水泳」です。市民プールを使うことで、あまりお金がかからないように工夫することもでき、同じような「健康目的」として通っている方との出会いの可能性もあります。また、泳ぐだけでなく、水中でウォーキングすることも負担・負荷が少なくて、身体に良いとされています。

ダンス

出典: http://www.inunaki.or.jp

最近では学校の授業にも選択されるようになった「ダンス」も、「老後の趣味」として、おすすめなスポーツのひとつと言えます。ダンスといっても若者がやるようなストリートダンス・HIPHOPダンスから社交ダンス・ジャズダンスまで幅広く存在しますが、自分の身体と相談しつつ、無理をしない範囲で取り組める種類を選ぶことをおすすめします。

卓球

出典: http://webun.jp

次に挙げられる「老後の趣味」におすすめなスポーツは、「卓球」です。取り組むにあたり、必要となるものもラケットのみとなり、お金がかからないメリットがあるほか、一人で完結できるスポーツではないため、必然的に趣味を通じたコミュニティが出来上がります。新しく出来たコミュニティで温泉に行くこともおすすめな理由のひとつです。

老後の趣味として最近流行りの「ヨガ」

出典: https://www.tomonagayoga.org

最後に挙げられる「老後の趣味」におすすめなスポーツは、「ヨガ」です。こちらも時代とともに、芸能人をはじめ、老若男女問わず、数多くの人が趣味のひとつに取り入れているスポーツになります。適度に身体を動かせると同時に、呼吸法によって精神的なバランスも整えることができるため、老後にも非常におすすめなスポーツです。

老後の趣味で実益も兼ねられる

老後の趣味で「おこづかい」も稼げるおすすめを紹介

出典: https://esse-online.jp

老後の趣味として楽しみつつ、お金がかからないどころか、「お小遣い」も稼げるとあらば、一石二鳥です。ここからは、そのような収入も発生する可能性がある「老後の趣味」のおすすめを紹介していきます。

手芸

出典: http://seseragi-sato.jp

実益も兼ねられる「老後の趣味」として、まず挙げられるおすすめなものは「手芸」です。ハンドクラフトと呼ばれる種類もありますが、編み物・刺繍がその代表的なものです。人によっては、展示会に出店する人も中にはいるぐらい、昔から根強い人気がある趣味のひとつです。ネットが普及した現代においては、より簡単に購入者を見つけることもできます。

ミシン

出典: http://www.kaigo-sukoyaka.co.jp

そして「手芸」に並んで挙げられる、実益も兼ねられるおすすめの「老後の趣味」は、「ミシン」です。既にミシンを持っている人であれば、お金がかからないで「お小遣い」を稼げる可能性も十分にあり、在宅による衣服のタグ付けなどが実際の仕事として存在しています。「ミシンを動かすことで心が無になれる」という人もいるほどおすすめな趣味です。

陶芸

出典: http://www.igayaki.or.jp

芸術的センスをお持ちであれば、「老後の趣味」として是非おすすめしたいものが「陶芸」です。自分の世界に浸れることもあり、脱サラをして陶芸家になる人も少なくありません。陶芸に正解はないとされるぐらい、世の中の誰かが評価をしてくれれば、お小遣いどころか十分に稼ぐことも出来てしまいます。もちろん、手先を動かす意味としてもおすすめです。

フラワーアレンジメント

出典: http://www.un-non-house.jp

実益も兼ねられる「老後の趣味」として、次に挙げられるおすすめなものは「フラワーアレンジメント」です。やはり女性にとって「花」は特別のモノであり、自宅に飾るだけでなく、フラワーアレンジメントが出来ることはプレゼントとしても活躍します。また上達すれば、ネットで販売することも手軽にできるため、おすすめな趣味のひとつです。

絵画

出典: https://solasto-kaigo.com

次に挙げられる「老後の趣味」のおすすめは、「絵画」です。絵画の中にも、油絵・水彩画・水墨画など様々な種類が存在しますが、新たに趣味として始める場合には「貼り絵」などもおすすめです。ルールなどに縛られず、自分の感性に従って制作することで、「他人に評価される=販売することも出来る」趣味にもなり得ます。

プラモデル

出典: http://www.homemate-s.com

男性に割合として多い「プラモデル」の趣味になりますが、こちらも実益も兼ねられるおすすめな「老後の趣味」です。実益も兼ねられる可能性の要因は、工程ではなく出来上がったものを欲する人が世の中に存在するためです。また、細かい部品を組み合わせるため、手先の器用さを求められますが、それがかえって脳に良い刺激ともなるおすすめな趣味です。

フィギュア

出典: http://www.euro-bahn.com

次の実益も兼ねられる「老後の趣味」におすすめなものは、「フィギュア」です。フィギュアに大切な要素は「如何に他人に魅力的なモノと思われるか」であり、プラモデルと「似て非なり」とも言えます。モノ自体の形成から色付けに至るまで「創り上げることが好き」な人にはもってこいの趣味です。世間にはオリジナルフィギアが好きな人は多くいます。

懸賞

出典: https://avenue-life.jp

お金が発生する訳ではありませんが、「懸賞」も実益を兼ねられるおすすめな「老後の趣味」です。単なる応募のみならず、ナンプレや数独などを解いて応募するものなどもあり、それらは良い頭の体操にもなります。さほどお金がかからないうえ、認知力低下の防止にもなり、モノをGETできるかもしれないトータル的におすすめな趣味のひとつです。

写真

出典: https://incomlab.jp

実益も兼ねられる「老後の趣味」として、次に挙げられるおすすめなものは「写真」です。このジャンルで実益を得ようとするならば、コンクールで入賞するなどが必要であると考えがちですが、実は簡単な方法も多くあります。そのひとつが「アプリの活用」です。写真散策など、〇〇のついでに駐車場を撮影するだけでお金を稼げるバイトなども存在します。

老後の趣味として得するも損するも「骨董品」は自分次第

出典: https://blog.goo.ne.jp

「骨董品集め」も非常に興味深い、実益も兼ねられるおすすめな「老後の趣味」ではありますが、「人による」という補足が必要にもなります。要は「見る目がない」人にとっては、実益を兼ねるどころか、大損をしてしまう可能性も十分にあり得ます。しかし、そのワクワク感を味わいたい人や、見る目がある人は十二分に実益も兼ねれる趣味となります。

小金稼ぎできる「蕎麦打ち」は老後の趣味に最適

出典: http://www.city.meguro.tokyo.jp

そして食のジャンルとして「蕎麦打ち」は小金稼ぎもできる最適な「老後の趣味」と言えます。蕎麦好きの人にとって、味・麺への追求はさることながら、それがきっかけでお店を出す人まで多くいるぐらい「蕎麦打ち」は大変おもしろい趣味のひとつです。また蕎麦のお供に、日本酒・梅酒などのお酒を適度に嗜むのも一層のめりこめる手段になります。

パン・菓子作り

出典: http://www.fujinokai.com

また同じ「食」でも、和ではなく洋に興味がある人にとって、実益も兼ねられる「老後の趣味」のおすすめは「パン・菓子作り」です。最近では、食パンの美味しいお店が注目されるなど、こだわりのあるパン作りに興味が注がれていますが、本格的な「パン屋」ではなく、趣味の延長として「時間指定・売り切れ御免」形式で販売することも有効な営業方法です。

昆虫飼育

出典: https://kaimonotrend.site

実益も兼ねられる「老後の趣味」として、次に挙げられるおすすめなものは「昆虫飼育」です。ブリーダーに近い発想でもありますが、「昆虫好き」あるいは「金魚好き」などの人にとって、成長することにより高価な金額で取引される生き物を育てることは、趣味を楽しみつつ、実益も兼ねられる趣味であると言えます。

占い

出典: https://welove.expedia.co.jp

「占い」を趣味とすることは、新しく取り入れるというよりも、既に昔から楽しんでいる人の方が多いものになりますが、結果として「よく当たる」という噂が広まれば、「〇〇の母」と呼ばれるほどになる可能性もゼロではありません。お金がかからない趣味でもあり、慣れてくれば身近な人に対して試してみるのもおすすめな楽しみ方のひとつです。

アプリも活用できる「フリマ」は老後の趣味の最先端

出典: https://www.homes.co.jp

現代ならではの実益も兼ねられる「老後の趣味」におすすめなものは「フリマ」です。老後ともなれば、使っていないもの・捨てるにはもったいないもの・誰かに活用してもらいたいもの、など様々なモノが自宅に眠っているはずです。それらをCMでも話題の「メルカリ」などで販売することで、お金がかからないうえ、商売の楽しみも味わえる趣味になります。

You Tube

出典: https://thepage.jp

フリマに続き、現代の象徴ともいえる「You Tube」もこれから楽しんでいける「老後の趣味」におすすめなひとつです。無茶なことに挑む必要もなく、孫やペットをUPするだけでスゴイことになる可能性も十分にあり得ます。子供の「将来なりたいもの」に、「ユーチューバー」がランクインする現代において、注目の趣味のひとつになっていきます。

時代の象徴「ブログ」も老後の趣味に

出典: https://minnkane.com

また元々日記が趣味である人にとって、取っ掛かりやすい現代の象徴「ブログ」も、実益を兼ねられる可能性がある「老後の趣味」におすすめなもののひとつです。お金がかからない・日記的要素もある・フォロワーが増えると広告収入が入る可能性もある、と元々日記をつけている人にはもってこいの趣味です。

老後の趣味で夫婦一緒に参加できるもの

老後の趣味で「夫婦一緒」に出来るおすすめを紹介

出典: http://lifestyle-plus365.com

ここからは、老後における夫婦の時間をより良きものとすべく、夫婦一緒に出来るおすすめな「老後の趣味」を解説していきます。お金がかからないものもあれば、認知機能の低下防止に役立つ「頭を使う」もの、身体機能低下の抑止力となるものもあります。

ゲートボール

出典: https://plaza.rakuten.co.jp

夫婦一緒に出来る「老後の趣味」に、まず挙げられるおすすめなものは「ゲートボール」です。地域で開催していることも多く、夫婦一緒に出来るものとして、また身体を自然と動かすものとして、最適な趣味のひとつと言えます。自宅で一緒に作戦を練ることも、夫婦にとって良い時間の使い方になってきます。

ウォーキング

出典: https://seniorguide.jp

そして「ウォーキング」を夫婦共通の「老後の趣味」にすることもおすすめです。お金がかからないこともありますが、自然の移り変わり・気候の変化・体調の共有など、夫婦間で話す事柄の量も必然的に増えること間違いありません。

社交ダンス

出典: http://furusato-saikai.jp

若いうちは手を繋がなかった夫婦が、歳とともに手を繋ぐようになる理由のひとつは「互いへの労り」であると言われています。互いに支え合うことが必要である「社交ダンス」は、「気遣いがし合える夫婦」となるきっかけになり得るため、「老後の趣味」におすすめなもののひとつです。

将棋・囲碁・オセロ

出典: https://www.osumai-soudan.jp

次に挙げられる、夫婦一緒にできる「老後の趣味」におすすめなものは「将棋・囲碁・オセロ」です。まず、お金がかからないで出来る趣味のひとつであることもですが、一番のおすすめポイントはひとつのことに対して長時間向き合えるきっかけが作られることです。長年の夫婦となると、会話する量も減ることが調査で分かっており、それの対策にもなります。

カラオケ

出典: https://www.city.kai.yamanashi.jp

「カラオケ」も夫婦一緒にできる「老後の趣味」として、非常なおすすめなものとなります。本来、カラオケは競うものではないため、他の「勝負事である趣味」だとケンカしてしまう夫婦でも、仲良く時間を過ごせる趣味になります。

手品

出典: http://www.aiina.jp

そして「手品」もおすすめな「老後の趣味」になりますが、この手品に関しては、夫婦がどのようなポジションで楽しむかは家庭それぞれの形が出てきます。手品を見せ合う夫婦もあれば、手品をする側と見る側が固定の夫婦もあれば、手品をする人と助手のような立ち位置の夫婦もいます。どの形であれ、共通の話題が出来ることは良い趣味であると言えます。

麻雀

出典: http://www.seikatsu-kagaku.co.jp

次の夫婦一緒にできる「老後の趣味」におすすめなものは「麻雀」です。麻雀と聞くと、悪いイメージを持つ人もいらっしゃいますが、麻雀は「脳のトレーニングとして非常に効果的である」とも言われています。夫婦一緒に楽しめて、且つ認知機能の低下防止にも繋がるとなれば、取り組むべき趣味と判断できます。

家庭菜園・ガーデニング・盆栽

出典: https://www.scroll-moneyseminar.com

退職などをきっかけに、都会から地方に移り住む夫婦に多い「家庭菜園」などもおすすめな「老後の趣味」になります。今までは奥さん一人が楽しんでいたガーデニングなども、夫婦一緒に取り組むことで、会話量の増加に繋がったり、互いの体調の気遣いも出来たりします。出来た野菜を使った料理も楽しみのひとつです。

最新作から懐かしのモノまで「映画鑑賞」も老後の趣味におすすめ

出典: http://japan.hani.co.kr

最後に挙げる、夫婦一緒にできる「老後の趣味」としておすすめなものは「映画観賞」です。最近では、映画公開後のテレビ初放映サイクルが早くなっていることもあり、雨の日など夫婦一緒に楽しめるおすすめな趣味のひとつです。映画以外にも、海外ドラマなどを定期的に視聴することも、夫婦間の話が盛り上がる要素になります。

老後の趣味がない!という初心者でも取り組めるもの

老後の趣味で「簡単に誰でも」取り組めるおすすめを紹介

出典: https://thepage.jp

ここからは、チケット購入など「お金がかからない」という訳にはいかないものが中心となりますが、「老後の趣味がない」という人でも取り組みやすい、簡単に誰でもできる「老後の趣味」のおすすめを挙げていきます。

スポーツ観戦

出典: https://grapee.jp

まず挙げられる「老後の趣味がない」という人でも簡単に取り組めるものとして、「スポーツ観戦」がおすすめです。サッカー・野球・相撲といったスポーツはテレビでも見ることが出来るものの、現地に出向き、その場の雰囲気を直接感じることで、また違った興奮や面白さを味わえるものとなります。趣味がない人でも、簡単に始めれるおすすめのひとつです。

芸術鑑賞

出典: http://suumo.jp

次に挙げられる「芸術鑑賞」は美術館でのアート鑑賞も含みますが、趣味がない人には、歌舞伎・ミュージカル・落語・狂言といった伝統芸能に触れることもおすすめです。これらはきっかけがないため、一般的に趣味とする人も少ないですが、現状趣味がない「これから何かを見つける」人にとっては、これを機に取り組む「老後の趣味」としておすすめです。

バードウオッチング

出典: https://fudosantoshiguide.com

老後の趣味がないけど、自然は大好きという人には「バードウォッチング」もおすすめな趣味のひとつです。必要な準備物も双眼鏡だけであり、「趣味がない人におすすめな老後の趣味」の中でも、比較的お金がかからないものとなります。静かな自然の中で聞こえる鳥のさえずりは、心の癒しとなり、穏やかな気持ちにもなります。

食ツアー巡り

出典: https://allabout.co.jp

次の「老後の趣味がない」人におすすめなものは、「食ツアー巡り」です。季節ごとに各地へ赴き、その土地の旬の食材や料理を味わうことは、時間にゆとりがある老後に最適なおすすめの「老後の趣味」となります。趣味がない人でも「食」のジャンルには抵抗なく取り組めることがほとんどです。

温泉巡り

出典: https://avenue-life.jp

また、上記と連動し、「温泉巡り」も趣味がない人にとって、非常におすすめな「老後の趣味」となります。日本全国の数ある温泉のうち、大半の人がごく一部にしか行ったことがなく、その理由としては「時間の都合」が大きな要素でもあります。それが解消しやすい老後には、趣味がない人でも気軽に始めることが出来るおすすめのものとなります。

神社仏閣巡り

出典: http://photozou.jp

年齢を重ねると、神社仏閣への興味も高まってきます。そんな「神社仏閣巡り」も、老後の趣味がない人にはおすすめな趣味のひとつです。正しい参拝の仕方・若い頃とは違う風景の受け取り方など、老後ならではの楽しみも必ずあるに違いません。趣味がない人は、地元の神社から始めることも取っ掛かりのひとつとしてはおすすめです。

パワースポット巡り

出典: https://biz-journal.jp

老後の趣味がない人にとって、最後のおすすめとなるものは「パワースポット巡り」です。神社仏閣と同様に、老後の人生を正しく、少しでも健康に過ごしていくこととして、パワーを得ることは重要な取り組みであり、自然と各地を巡ることも出来る「趣味がない人」には、もってこいのひとつです。

Thumb無趣味な人の男女別特徴は?多趣味な人との違いとおすすめの趣味

老後の趣味で生きがいにもなるもの

老後の趣味で「生きがい」になるおすすめを紹介

出典: https://oki-memorial.org

大半の人が仕事や子育てに多くの時間を割き、それらが退職や親離れによって「無」となった老後に、生きがいを見失ってしまいがちですが、そこで重要となることが「生きがいとなる老後の趣味」を見つけることです。ここからは、「老後の趣味」として、お金がかからないものも含め、「生きがい」となるおすすめを紹介していきます。

ボランティア

出典: https://manetatsu.com

「老後の趣味」といっては失礼な表現になるかもしれませんが、「ボランティア」は生きがいになるものとして有効なひとつです。震災の多い日本において、被災地に訪れて、被災者へのボランティア活動を行う人もいれば、地元の小学生に対して行う人もいれば、出来ることも様々です。

語学学習

出典: https://www.city.higashiosaka.lg.jp

また、向上心を掻き立てるということも「生きがい」に繋がる有効な手段です。英会話をはじめ、様々な文化の人と自身の言葉で接するために、様々な語学を学習することも「老後の趣味」として、おすすめなひとつであると言えます。

写経

出典: http://mineruwa.jp

小学校・中学校の書道の授業にて、一度は取り組んだことがある人も少なくありませんが、「写経」もおすすめな「老後の趣味」です。筆をとり、文字をひたすら書き続けることは、集中力を高めることにも繋がり、お金がかからないおすすめの「老後の趣味」となります。「今日はどこまで書く」といった目標設定も生きがいに繋がりやすくなります。

老後の趣味は健康的な生活を送るためにもおすすめ

出典: https://www.tantonet.jp

ここまで、お金がかからないもの・夫婦一緒に出来るもの・趣味がない人でも簡単に始めれるものなど、様々な「老後の趣味」のおすすめを紹介してきましたが、老後を如何に健康に、そして生きがいをもった人生とするかは「趣味」がひとつのカギであると言えます。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ