ヒゲトリマーおすすめ人気ランキング!眉毛のお手入れができる商品もあり!

この記事はヒゲトリマーをテーマとしています。ネット検索をしてみてもメーカーによってヒゲトリマーの性能や人気も個人差があります。今回は数多くあるヒゲトリマーをランキング形式にて紹介し、他のメーカーと比較も含めておすすめの理由とその使い方を説明します。

ヒゲトリマーおすすめ人気ランキング!眉毛のお手入れができる商品もあり!のイメージ

目次

  1. ヒゲトリマーは使い方で髭や眉毛・もみあげ・全身に使えておすすめ!
  2. ヒゲトリマーとは?シェイバーやバリカンとの違いとは?
  3. ヒゲトリマーの使い方・防水のものや眉毛などのお手入れが出来るものも!
  4. ヒゲトリマーおすすめ人気ランキングを紹介!
  5. ヒゲトリマーのおすすめ人気商品を比較しお気に入りを探そう!

ヒゲトリマーは使い方で髭や眉毛・もみあげ・全身に使えておすすめ!

出典: https://www.yodobashi.com

世間一般にヒゲトリマーというと男性が毎朝洗面台の前に立って使っているイメージがわきますが、昔と違って現代のヒゲトリマーの使い方は眉毛・もみあげ・全身にも対応し便利となっています。そこで初めての人も新しく購入する人にも人気のヒゲトリマーやその使い方などをランキングも含め、おすすめ製品を紹介します。

ヒゲトリマーとは?シェイバーやバリカンとの違いとは?

ヒゲトリマーとは?

出典: https://www.flickr.com

実際には、ヒゲを生やしている男性の間でしか聞きなれないフレーズのヒゲトリマーですが、単純に使い方を説明するならヒゲなどを剃る専用のバリカンのことをヒゲトリマーといいます。昔と違って今の時代のヒゲトリマーの機能ならヒゲの長さも調節できるため、眉毛や全身にも躊躇なく使用できます。

ヒゲトリマーの主な使い方は?

出典: https://www.e-trend.co.jp

ヒゲトリマー初心者のために使い方を説明すると、まずヒゲの長さを一気に調節せずに全体のヒゲの長さをそろえるように整えます。次にいらない部分のヒゲをカットしながら長さのグラデーションを作っていきます。

出典: https://kakakumag.com

次に鼻の下のあたりをカットしながら長さをそろえます。その後は唇の上のヒゲの形を調整し完成となります。ヒゲをキレイにそろえてカットしていくための正しいヒゲトリマーの使い方です。

シェイバーとしても使える?

出典: https://www.brodshop.top

基本シェイバーというと電気シェイバーを連想しますが、ヒゲを整える程度のヒゲトリマーでは物足りず、顔のヒゲ全て剃ってしまいたいという人におすすめです。価格はピンキリですが、メーカーによればヒゲトリマーとシェイバーどちらも使える優れモノもあります。

出典: https://coollife.tokyo

つまりシェイバーとは、ヒゲを根元からカットする用途の際またはカミソリなどの代わりに使用します。しかし眉毛を整えたり、ヒゲトリマーのように器用にヒゲを一部残したりということはシェイバーではまず不可能です。一般的に眉毛やもみあげなど緊張感が走る細部には使用しないべきです。

出典: https://www.tescom-japan.co.jp

全体的に剛毛で毛深いヒゲなら、ヒゲトリマーで整えるだけではオシャレな人にはみられないので、効率よくいらない部分はヒゲ専用のシェイバーなどでキレイにカットし、残す部分はヒゲトリマーを使います。

出典: http://www.itmedia.co.jp

今の時代は、ヒゲトリマーと電気シェイバーが合体したような製品も多く、トリマー機能を構えたシェイバーの製品はヘッド部分をアタッチメントのトリマーに取り外しができるシェイバーもあります。また、アタッチメントはヒゲ・眉毛・もみあげなど場所によっても使い分けれるので購入の際の付属品はチェックが必要です。

バリカンとの違いは?

出典: https://www.youtube.com

古風なせいか充電式のコードレスはもちろんですが、使い方もダイヤル式でヒゲなどの長さを整えるのがヒゲトリマーなら、バリカンはアタッチメント無しには好きな長さに調整ができないばかりかコードレスとはならないのです。

出典: https://webmasamichi.com

そもそもヒゲトリマーとバリカンとではカットするボリュームや長さに違いがあります。しかもヒゲトリマーの場合、バリカン同様に毛をカットするために作られていますがとくにヒゲを調節しやすくカットするためにあります。

出典: https://bought-boat.com

そして更にバリカンとの大きな違いに着目するなら、バリカンよりもヒゲトリマーは刃の幅が広くはないという部分になります。それもヒゲトリマーの場合、鼻の下など狭くきわどい部分もカットしやすく、肌へのダメージすら考慮した構造となっているのでヒゲをカットするためには優れた構造といえます。

ヒゲトリマーの使い方・防水のものや眉毛などのお手入れが出来るものも!

乾電池式・充電式などが

出典: https://item.mercari.com

基本的にヒゲトリマーにはコードレスの充電式の他に交流式、乾電池式の3種類があります。使い方が便利な充電式がおすすめですが、そのワケは旅行先で簡単なだけでなく維持費がかからないのもメリットといえます。また充電に時間がかかりますが、乾電池式に比べてパワーも見込めます。そして充電の場合、連続作動にも1時間はかかる製品が多いです。

防水機能があるものも

出典: https://for-her.jp

フィリップス エレクトロニクス ジャパンのメーカーのBT5200/15ならダイヤル式操作により0.2㎜刻みの単位となっていて、その長さ調節は17段階あります。またBT5200/15の使い方の優れた性能というと寝ているヒゲも起こして切るため、ムラがでないだけでなく防水機能があり水洗いも簡単でおすすめです。

出典: https://zaitakupapa.com

完全なる防水なら本体丸ごと水洗いといきますが、そういった製品のヒゲトリマーの場合、当然価格に響くはずです。また交流式の使い方としては、電源がささったまま洗ったり浴室で使うのは大変危険なので注意が必要です。

カットする長さの調節はアタッチメント式や自動式も

出典: https://panasonic.jp

ヒゲトリマーには交換式か自動式の2つが存在します。まずは交換式を説明すると、自分でアタッチメントを取り外したり取り付けたりしなくてはなりませんが、操作方法ともいえるその使い方は意外とシンプルで本体価格も自動式に比べて手頃なため、初心者におすすめです。

出典: https://jmty.jp

またアタッチメントなどの付属品には、ヒゲの長さ調節のコームやバリカンの刃、鼻毛用のカッター、シェイバーの刃などもついてきます。これらの使い方をうまく利用することで眉毛やもみあげ、全身のムダ毛処理にも手間が省かれるので購入の際には価格だけではなく付属品にも着目します。

出典: http://kakaku.com

次に自動式を説明すると、自動式のヒゲトリマーはダイヤル操作が主流となっていて、アタッチメントの位置が自動で調節という機能が備わった製品をいいます。付け替え式のアタッチメントとは違って楽ですが、本体価格が高いのと操作が簡単にはいかないため、初心者の人にはおすすめしにくいといえます。

長さを調節しても眉毛やもみあげ・全身のムダ毛処理にも

出典: https://corriente.top

ヒゲトリマーというと今やヒゲ専用の商品とはいいきれず、それも長さを調節すれば眉毛やもみあげ、全身のムダ毛処理にも最適だからです。その理由として、ヒゲトリマーは商品によっては0.5㎜または1㎜刻みで3〜30段階まで調節可能だからです。また、ヒゲトリマーを選ぶ際にケアしたい部分や使う場所、価格をきちんと把握しておくのがコツです。

出典: http://kakaku.com

ヒゲトリマーが無い場合、クシなどでおさえながらヒゲソリで切らなくてはならず一苦労してしまいます。また、ヒゲを切る以外にもみあげ・眉毛などを整える時もヒゲトリマーが無いと手間がかかります。無駄な時間を回避するためにもヒゲトリマーの使い方はマスターしておくことをおすすめします。

出典: https://ja.aliexpress.com

またその際もヒゲトリマーをうまく使いこなすポイントとして、アタッチメントを使用すればクシでおさえながら切っていた手間が省かれ、均一に調整され切られます。しかもヒゲトリマーは別名ヒゲ用のバリカンともいわれ、従来のヒゲソリなどに比べて肌に対する安全性も確保されている優れものです。

ヒゲトリマーおすすめ人気ランキングを紹介!

10位・ブラウンのヒゲトリマーMGK3020

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらの商品は人気の高いメーカーで有名なブラウンですが、価格は税込み3,127円と手頃です。おそらく新しい型番が売られているため値下げたのか、購入者の評価はどれも大満足に近く性能に関しても問題なく使えるのでおすすめ度は高い方です。

出典: https://item.rakuten.co.jp

そして、気になるその性能を説明するとMGK3020はヒゲ以外のヘアーカット・鼻毛カット・耳毛カット・眉毛のカットまでも自由に調整できます。また、先端の部分と刃は水洗いできますがその他は防水加工記載がないため残念ながら丸洗い不可となります。そして自動研磨システムによりメンテナンスはシンプルで充実です。

9位・マイクロタッチスイッチブレイドヒゲトリマー

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらの商品の後部には髪の毛のような広いターゲットを目掛けてカットができ、先端部分は細かい調節となっています。つまり使い方として、ワイドサイズ対応トリマー・マイクロヘッドトリマー・LEDライトが本体1つに内蔵されています。

出典: https://item.rakuten.co.jp

付属品は本体含めて2/4㎜・6㎜・大・小のアタッチメントだけで4つ(眉毛・もみあげ・全身のムダ毛処理が可能)、クリーニング用のブラシ、保護キャップ、取扱説明書となります。こちらは乾電池式のヒゲトリマーとなります。

出典: https://item.rakuten.co.jp

防水ではないせいか価格は手頃の税込み3,580円と安めですが、購入者側で使い方が分かりにくいなどのレビューもみうけられます。また、長すぎる髪の毛などのカットの際にアタッチメントにカットしたあとの毛が邪魔をするので注意が必要とのアドバイスもあります。

8位・B+GEARヒゲトリマー理想的セット

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらの製品は乾電池式の3枚刃シェイバー・ヒゲトリマー・眉毛用のマユトリマー・鼻毛処理用のノーズトリマーの満足のいく最強セットです。しかも価格は税込み3,990円で防水加工のため本体丸洗い可能の優れものです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

3種類の使い方はいたってシンプルです。まずヒゲトリマーはアタッチメントにより2・3・4・5・6mmの単位でヒゲをカットしたい長さに調節ができ、眉毛用のトリマーも眉毛の他にウブ毛をキレイに剃ったりアタッチメントを使って4㎜または7㎜でカット長さを調整します。また鼻孔を傷めず難しい鼻毛処理にはノーズトリマーを楽々活用できます。

出典: https://item.rakuten.co.jp

肝心な購入者のレビューを参考にすると、今時のヒゲトリマーなどは刃のみ購入したとしても5,000円は下らないというのに価格の安さに驚いています。しかし、案の定耐久性は乏しくもヒゲトリマーのアタッチメントの方が壊れてしまったなどのクレームがあります。やはり価格が安いと使い方でリスクも高まるのが目立ちます。

7位・ヒゲトリマー

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらは名前もシンプルに「ヒゲトリマーTS-181」といいます。長さカット調整は5段階で、別売りになりますが乾電池は単4形2つが必要となります。また、ためになる購入者によるレビューをみてみると、5ミリ以下のヒゲには不向きならしく廃棄処分に至った人もいます。

6位・ブラウンのマルチグルーマーMGK3020

出典: https://item.rakuten.co.jp

こちらのマルチグルーマーは税込み4,268円と手頃価格ではありますが、鼻毛カッターと耳毛カッターがついており、細部まで行き届き便利ですが残念ながら防水加工説明がないので不可能です。また、充電時間に必要な時間は10時間、連続使用時間は40分となります。

5位・フィリップスMG7720

出典: https://item.rakuten.co.jp

フィリップス製品のこちら製品は税込み10,778円と価格は安価とはいえませんが、それ相当の性能が施されるため安心でおすすめです。その理由はオイル差しがいらないのと防水機能のため手間いらずというのと毎回使用するごとに自動研磨システムが作動され、剃り心地は損なわれないというメリットがあります。

4位・パナソニックヒゲトリマーER-GB40-W

出典: https://product.rakuten.co.jp

こちらのヒゲトリマーのカラーはホワイトとなり、価格は5,000をきって税込み4,901円と手頃ではありますが、充電時間は12時間も必要とし連続使用時間は1時間にも満たない45分とあり腑に落ちない部分はありますが、刃をいちいち外す手間もなく洗浄できる防水加工のウォータースルー製品なので便利です。

出典: https://item.rakuten.co.jp

寸法は47×169㎜、奥行き46㎜で重さはアタッチメント無しで140gの中国製です。そして長さ調整には直刃0.5㎜で1から10㎜までの19段階で、付属品のアタッチメントはカット専用のアタッチメントのみです。あまり無難ともいいきれない商品ですが価格的には手頃といったところです。

3位・フィリップスのヒゲトリマーseries 5000

出典: https://item.rakuten.co.jp

3位のseries 5000は、ヒゲがきちんと均等にカットとなるように導きます。また、45°の二重鋭角刃により調節されます。そして17段階による長さの調節に関してはまず0.4から1㎜と0.2㎜単位、1から5㎜の0.5㎜単位、5から10㎜の1㎜単位になっています。価格は税込み5,680円と手頃でおすすめです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

しかも今時の丸ごと洗浄可能な防水加工となっているため、細部まで綺麗に手入れができます。こちらの商品の場合、コードレス・コンセントどちらでも可能となってもいます。また、充電時間と連続使用時間は共に1時間で付属品にはコーム・ヒゲソフトコーム・クリーニング専用ブラシがついてきます。

2位・パナソニックヒゲトリマーER-GB74

出典: https://item.rakuten.co.jp

楽天ランキングなどによると、パナソニックヒゲトリマーER-GB74の人気は8位です。しかし、常に完売した状態で入荷待ちの人がたくさんいる様子です。また、楽天売れ筋ヒゲトリマーランキングで2位がER-GB74といってもシルバーのみになります。

出典: https://item.rakuten.co.jp

その性能について詳しく説明するとパナソニックヒゲトリマーER-GB74は0.5㎜刻みにこだわりがあり、ヒゲのカット以外に眉毛や全身のムダ毛処理にも素早くケアができます。しかも防水だけではなくヒゲトリマーの洗浄の際はウォータースルー機能によりスムーズといった優れものなため人気なワケです。

出典: https://item.rakuten.co.jp

充電にかかる時間は丁度1時間で、連続使用の場合は約50分可能となります。もちろんアタッチメントもいくつか付属され、ヒゲ用で1〜10㎜、ヘアー用は11〜20㎜、ボディ用なら1.5㎜となっています。その他には専用のオイルや掃除用ブラシが付属品についてきます。

出典: https://item.rakuten.co.jp

パナソニックヒゲトリマーER-GB74の寸法は、180×52㎜、奥行きは4㎜となりその重さは180gと軽量に作られており使いやすくあります。また、購入者によるレビューを見ても驚きは送料込みの税込で7,000円という価格です。お店への応対も含め満足度が高いため人気のおすすめ品なワケです。

1位のヒゲトリマー・ブラウンのBT3040

出典: https://item.rakuten.co.jp

1位のBブラウンBT3040は0.5㎜幅で39段階長さ調整が簡単にできて使いやすい構造となっています。ほぼ完璧なダイヤル調整なため安心に髪の毛やヒゲを自由自在にカットできる優れものです。仕様サイズは165×4㎜で奥行きは4㎜となり、重さは454gと少し重めです。また、1位の4,280円よりやや価格が高いだけで5位も同じBT3040となります。

出典: https://item.rakuten.co.jp

付属品については、本体以外にヘア・ヒゲトリミング用アタッチメント、掃除専用のブラシ、ジレット剃刀がついてきます。電源方式は充電交流式となり、その充電時間は8時間も必要としますが連続して使う時間はおよそ60分ほどとなります。しかし充電時間に8時間は他より長すぎる気もします。

出典: https://item.rakuten.co.jp

他のショップサイトでは価格が少しダウンされていたりするため、価格ドットコムのサイトをみてみると一目瞭然で比較もできて分かりやすいです。BT-3040の場合、価格ドットコムをみてみるとAmazon・モジマオンライン・コジマネット・ヤマダウエイブコムは全て同じ1位で価格は3,273円とあり目立っています。

出典: https://item.rakuten.co.jp

実はこちらのBT-3040はヤフーのヒゲトリマー売れ筋ランキングでは5位と、他のところでも人気があります。しかし価格は楽天よりも安く3,661円なので、もしかすればこれからランキング上昇も予想されます。

ヒゲトリマーには主に3メーカー存在

出典: https://www.flo-shot.com

購入者によるレビューを拝見してみたところ、ほとんどの人が満点の5つ星です。使い心地やデザイン、4,280円というこの価格全てに満足を得たというのですから自信をもって皆におすすめしたい商品といえます。

出典: https://higesori-club.com

ヒゲトリマーには主にフィリップス・ブラウン・パナソニックの3つのメーカー会社があります。また会社が違うせいかヒゲトリマーの個性や性能もそれぞれ違いがでてきます。もともとは電気シェイバーやバリカンを手掛けている会社がヒゲトリマーを手掛けています。

出典: https://jmty.jp

ヒゲトリマー3メーカーに関して、価格は1,000円から1万円とピンからキリまであります。しかし、防水性や使いやすさ、性能から耐久性も踏まえると5,000円以上のヒゲトリマーが無難でもあってむしろおすすめといえます。

出典: http://kakaku.com

オランダメーカーで知られるフィリップスですが、そのメーカーによるヒゲトリマーの特徴はデリケートな肌を考慮した作りとなっています。また、長さ調節はもちろん刃の交換は定期的にしなくてはなりませんが、長持ちするため管理が難しいということもなく至ってシンプルです。

出典: https://www.braun.jp

ブラウンメーカーはドイツから来ています。そのヒゲトリマーの特徴はどんな剛毛なヒゲもパワフルにカットを実現する優れものというメリットがあります。しかしその反面、使い方によっては肌へのダメージも強いのでデリケートな人にはおすすめできないのがデメリットです。

出典: https://jmty.jp

パナソニックヒゲトリマーは唯一日本人のために作られたといっても過言ではない国産メーカーです。またパナソニックヒゲトリマーの特徴を詳しくいうと、日本人のヒゲや肌にマッチする性能はもちろんですが、深剃りもできる点で根強い人気のあるメーカーといえます。

価格.comで10位フィリップスQT4012/15

出典: https://www.yodobashi.com

価格.comヒゲトリマーランキングでまず10位からみていくと、フィリップスのQT4012/15が4,838円となっています。最安価格の販売店はヤマダウェブコム、続いて瓶底倶楽部で5,737円と2店のみが取り扱っている状況です。

出典: http://samuraibuyer.jp

参考程度に購入者のレビューに目を通してみると、使用時の音がうるさいせいか早朝や夜中には控えなくてはならないという難点をかかえる人もいます。その他のデザイン性や持ち運びやすさなどは充実していて惜しいくらいです。

9位・パナソニックヒゲトリマーER-SB60

出典: https://www.kojima.net

価格ドットコムによる最安店Power shopより13,000円となっています。その高値のワケはリニアモーターによりカット終了までパワーが衰えないまま使用か可能な性能、そして思い通りのカットを意識するため仕上げもスムーズなナロー刃を使用と、0.5㎜刻み単位で長さ調節アタッチメントを特徴としパナソニックで売りにされています。

出典: https://bt.rozetka.com.ua

製品の寸法は180×48㎜、奥行きは49㎜でアタッチメント無しで180gの重さなため使いやすいはずです。また、防水なため清潔に保つこともできます。付属品に関しては、1〜10㎜のアタッチメント・ディテールアタッチメント・ポーチ・注入オイル・掃除ブラシがついてきます。そして交流式の充電にかかる時間と連続使用時間は共に1時間となります。

8位・ヒゲトリマーロゼンスターCB-544

出典: https://item.rakuten.co.jp

価格ドットコムの最安価格の壱番館SHOPとAmazonでは1,090円です。とくにAmazonは送料無料なのでおすすめ度は高いです。この価格ならではですが、電源は別売りの単4電池2本を使います。また本体製品の重量は64gなので、旅行先に持ち運びも便利です。

出典: https://item.jd.hk

ロゼンスターCB-544の主な特徴や使い方は、手入れも簡単スムーズ、3・6・9・12・15㎜とカットサイズも選べるアタッチメントで工夫すれば個性的でオシャレなグラデーションスタイルのヒゲにも自由自在です。もちろんヒゲ以外の眉毛やもみあげにも使えて便利でおすすめです。

7位・ヒゲトリマーのフィリップスBT5204/15

出典: https://www.youtube.com

価格ドットコムの最安ショップはAmazonとDIGITAL ONEの5,509円です。こちらの製品は防水機能が優れており、水深1mに落とした場合にも30分は水の妨害を受けず、水洗いの後も専用のオイル注入無しに簡単丸洗いが可能となります。

出典: https://kaumo.jp

また、BT-5204/15は0.4〜1㎜・0.2㎜刻み1〜5㎜、0.5〜10㎜、1㎜単位と17段階カット調整となります。その使い方については、リング式となり、回すだけで設定されてズレずに均一なカットが可能です。

出典: https://higesori-club.com

そして45度ダブルフルメタル刃によりスピーディーカットも思い通りです。ついでに、コームがヒゲを上手くカットできるように調節も可能なため肌へのダメージも防げます。また、本体保証期間は普通は1年がほとんどですが、BT-5204/15の場合は2年となります。

6位・パナソニックヒゲトリマーER-GD60

出典: https://electricshaversuk.co.uk

価格ドットコムの最安9,980円のショップはPREMOAと特価COMですが、送料が無料なPREMOAの方がおすすめ度は高いです。パナソニック製品のER-GD60はメンズグルーミングプレミアムモデルとされております。

出典: https://www.barbedudaron.fr

ヒゲ以外に眉毛やもみあげなどデリケートな肌にも優しく食い込みを防げる特徴をもつトリーマ刃、0.5㎜と小刻みにヒゲをアレンジしやすいディテールアタッチメントが印象的です。充電に関しては交流式により1時間を必要とし、フルの状況で50分連続使用が可能です。また防水は刃のみ可能で本体は丸洗い不可なので注意です。

5位・パナソニックヒゲトリマーER2405P

出典: https://www.yodobashi.com

こちらの商品は中国製となり、性能が一般的に優れていますが価格ドットコムのコジマネット・ビックカメラ.com・コジマ®・ソフマップ.comの4店で2,754円と格安に感じます。なかでもビックカメラ.comで購入した方が送料無料なためおすすめ度は高いです。

出典: https://item.mercari.com

製品は3・6・9・12・15㎜の5段階切替え調節によりヒゲ以外の眉毛・もみあげまでカットも自由自在です。防水加工もされているので安心して丸洗いが可能です。そして気になる寸法は149×43㎜と奥行き34㎜、重量は126gで軽量に作られています。充電時間に必要な時間は8時間で連続で使用できる時間は50分です。

4位・フィリップスBT3213/14

出典: https://buyee.jp

こちらの製品はノジマオンライン・コジマネット・ヤマダウエイブコム・デンキチWEB・ECカレント・など他合わせて8店で3,840円と格安で購入可能ですが、一般の店頭購入価格は4,469円なのでインターネットの通販での購入がおすすめです。

出典: https://www.j-cast.com

こちらのヒゲトリマーの性能は0.5㎜刻み単位で20段階のカット長さで10㎜までの調節となります。デザイン性も持ちやすいように作られていて便利になっています。そして防水加工はアタッチメントのみとなり、製品本体の防水加工は無いので注意が必要となり、保証期間は2年間となります。

3位は楽天と同じヒゲトリマーER-GB40

出典: https://www.beautycoiffure.com

楽天のヒゲトリマーランキングで4位・4,901円が価格ドットコムではプライスダウンの4,657円と、わずかながらですがお買い得な価格となります。また86人の人がお気に入りされていますし、レビューをみても満足度が高くおすすめ度も高いのが分かります。

2位・パナソニックヒゲトリマーER2403PP

出典: https://www.tokumitu.com

店頭購入価格は2,800円、そして価格ドットコムの最安ショップ・デンキチWEBでは格安1位で1,973円でしたが、送料が540円以上負担となるので価格ドットコム最安2位で2,170円・送料無料のヨドバシ.comまたはビックカメラ.comをおすすめします。

出典: https://www.amazon.co.jp

2位でこの価格となれば性能は優れているのではと期待が寄せられますが、それもそのはず防水加工がきちんとされているため刃や本体の丸洗いができて手入れもスムーズに清潔感も持続です。使い方は3~15㎜の5段階アタッチメントによる長さ調節、アタッチメントを取り外してしまえばヒゲ・眉毛・もみあげなどのラインやウブ毛処理も可能です。

出典: https://www.buycott.com

この格安な価格から予想できますが、乾電池式となります。連続使用時間は電池にもよりますが、単4電池2本で約50分となります。また、製品の寸法は144×44㎜で奥行きは34㎜、本体に乾電池装着とアタッチメントをつけたままでの重量は128gと持ち運びにコンパクトで便利です。
 

出典: https://www.amazon.co.jp

同じメーカーのER-GB40と比較してみるとER2403PPは防水加工はされていますが、ウォータースルー洗浄機能は設置されておらずわざわざ刃を外して洗うことを必要とします。また、グルーミングに優れた作りの防水設計もないせいか、価格相当の性能ともいえます。

出典: https://www.amazon.co.jp

価格ドットコムの購入者によるレビューをみてみると、完璧な製品とは言い切れない理由として1㎜カットや2㎜カットがあれば調整も理想的という提案があります。やはり3㎜カットが最短で少し長すぎると感じる人もいます。

出典: https://goody8.com

乾電池式でコンパクトなせいか携帯しやすく友人からの影響を受けて購入された人もいます。人によってはヒゲには使わず、眉毛・もみあげ・髪の襟足専用に重宝するため購入しています。

価格ドットコムヒゲトリマー1位はブラウンBT3020

出典: https://www.amazon.co.uk

価格ドットコムのヒゲトリマーの人気ランキングで1位だったのは、ブラウンメーカーのBT3020です。価格はAmazonで最安2,690円で送料込みの価格となります。次に最安の店と300円の差があります。発売が始まったのは2017年の2月ですが、お気に入り11人も存在し根強い支持が分かります。

出典: https://www.malesensepro.com

こちらのヒゲトリマーですが、丸洗いができる防水タイプではなく、刃のみ水洗いができる防水性能となっているので注意です。充電に関しては10時間を必要とし、40分の連続使用がフル充電にて可能です。そして製品本体の寸法は44×165㎜、奥行き41㎜で重量は113gとなります。電源はコードレス使用です。

出典: https://www.arukereso.hu

ブラウンメーカーにはBT3020の他にMGK3020とありますが、そもそもBTとはヒゲ専用ともいえるビアードトリマーをいい、MGKとはヒゲだけではなく眉毛・鼻の細部の毛・髪の毛や顔などのウブ毛というようにあらゆる使い方ができるためマルチグルーマーといいます。

出典: https://www.barbedudaron.fr

1位ではありましたが、BT3020の使い方を考えても主にヒゲにしか使えないので、価格相当ともいえます。また、防水に適した性能ではないので丸洗いは厳禁です。ヒゲトリミングアタッチメントは0.5㎜刻みの単位となり、1㎜~10㎜までの20段階調節の長さカットができます。

出典: http://www.picluck.net

1位のお気に入り登録者は11人もいましたが、残念ながら購入者によるレビューが1つも見当たらないので、実際に使ってみた感想は分かりませんが、使い方も簡単で単純にヒゲトリマーとして使用するだけにはこの価格でこの性能は十分という結果にとらえられます。

ヒゲトリマーのおすすめ人気商品を比較しお気に入りを探そう!

出典: https://ja.aliexpress.com

ヒゲトリマーといったらフィリップス・ブラウン・パナソニックという3社のメーカーが主流でしたが、ランキングをみて分かるとおり、剛毛な人向けに作られているブラウンメーカーが圧倒的に人気で、価格も手頃という結果です。自分に合ったヒゲトリマーは国産メーカーのものとも限らないので、使い方に応じた購入をおすすめします。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ