「ご一考」の意味や正しい使い方は?「ご思案」「ご検討」との違いや例文も紹介!

ご一考という言葉はビジネスでは、たびたび出てくる敬語の使い方となります。しかし、正しい意味を理解していないと間違った使い方をしてしまいます。今回はご一考という言葉を中心に、「ご思案」や「ご検討」との違いを例文と共に解説し、紹介していきます。

「ご一考」の意味や正しい使い方は?「ご思案」「ご検討」との違いや例文も紹介!のイメージ

目次

  1. 「ご一考」の意味や正しい使い方を知っていますか?
  2. 「ご一考」という言葉の意味とは?
  3. 「ご一考」の正しい使い方を紹介!
  4. 「ご一考」の類義語である「ご思案」「ご検討」との違いは?
  5. 「ご一考」を使った例文を紹介!
  6. 「ご一考」の意味を理解して正しく使おう!

「ご一考」の意味や正しい使い方を知っていますか?

出典: https://gakumado.mynavi.jp

「ご一考」という言葉は、ビジネスでたびたび登場する言葉になります。しかし、正しい使い方や意味を理解していないと、相手に失礼な印象を与えてしまうことになります。そこで、今回は「ご一考」という言葉について、「ご思案」や「ご検討」という言葉とどう使い方が違うのか、例文を交えながら解説していき、類義語とも併せて検証していきます。

「ご一考」という言葉の意味とは?

「ご一考」の一考という言葉の意味は?

出典: https://cardloan-shinsa.jp

「ご一考」の一考という言葉は、「一度考える事」という意味です。一度考えるとは、熟考するとは少し違い、その手前というニュアンスになります。そもそも、考えるという言葉には、心を使って知的に判断するという意味があります。判断するや結論を下すという意味もあり、一考とは一度(よく)考えてという意味になります。

「ご一考」という使い方は敬語の何にあたる?

出典: https://docoic.com

「ご一考」という言葉は、後に「ください」を付けて、「ご一考ください」という使い方をするのが一般的です。敬語の分類のうち、尊敬語に含まれる丁寧な表現です。よく似た言い回しに「ご検討ください」や「ご考察ください」または、「ご思案ください」などがありますが、それぞれニュアンスが違いますので、使い方に注意しましょう。

「ご一考」の類義語の表現は何になる?

出典: https://you-know-m.com

「ご一考」の類義語には、「ご検討」や「ご思案」、「ご賢慮」という言葉が挙げられます。「ご賢慮」とはあまり聞きなれない言葉ですが、「賢慮/けんりょ」とは「賢明な考え」や「相手の思慮を敬った言い方」です。ただし、次に詳しく解説する「賢察/けんさつ」や「賢明/けんめい」については、使い方に注意が必要な言葉です。

「賢察」や「賢明」は何故ダメなのか?

出典: https://cardloan-shinsa.jp

「賢察」という言葉の本来の意味は「相手が推察することを尊敬した表現」で、「結果はご賢察のとおりでございます」などという使い方をします。また「賢明」とは「優れた頭脳を持ち、物分かりがよい様子」を指す言葉で、「賢明なご判断」と言えば「損得を計算し尽くした末の、妥当な判断」という意味になります。

相手を褒めたつもりが「悪意がある」と捉えられることも

出典: https://docoic.com

「賢察」や「賢明」という言葉は、本来の意味とは逆に、使い方によっては「裏がある」と捉えられかねない側面があります。例えば「賢明なご判断を期待しております」と言えば、断ればそちらの不利益になりますよ、と暗に高圧的な言い回しになってしまいます。また、「どうかご賢察ください」とすると、こちらへの配慮を求めるニュアンスになります。

「ご勘案」はやや堅い印象

出典: https://biz.trans-suite.jp

「考える」という言葉の類義語には、他にも「勘案」がありますが、「勘案」は単純に物事を考えるだけでなく、複数の意見や提案を考え合わせる、というニュアンスが含まれており、「考慮」や「判断」に近い意味といえます。「ご一考」と同じように「ご勘案ください」と使うのは、かしこまった場面が想定されるとても堅い印象の言葉遣いとなります。

「ご一考」の正しい使い方を紹介!

相手に新しい仕事を提案・依頼する際に使用する言葉

出典: https://careerpark.jp

仕事の提案や依頼をするときに使う「ご一考」という言葉は、仕事の調整や条件の変更、仕事内容の変更などにも使うことができます。丁寧な表現の言い回しですが、自身の提案を強く推す印象を相手に与えてしまうこともあるので、新規の提案として使う場合には「ご一考」という表現は向きません。初回は類義語である「ご検討」を使うとよいでしょう。

相手の都合に配慮する言い回し

出典: http://brgttsuku.com

「ご一考」という言葉には、相手の都合を配慮する意味合いがこめられています。「ご一考」は「加味してほしい」という状況で使うことが多く、本題に加えて「この条件ではどうでしょうか?」と、幅の広い提案をするときに使えます。初回であまり知らない人への「提案」であったり、交渉的な場面で使われる言葉だといえます。

相手に改まった丁寧な印象を与えることができる

出典: https://docoic.com

相手に改まった印象を与える言葉としても「ご一考」は使う事ができます。例文では「ご一考いただけますよう、お願い申し上げます」が代表的ですが、この場合、少々しつこい敬語の表現となりますが、丁寧な印象を相手に与えることができます。この言い方は望みが薄いときに使う、謙譲語の表現で「考えてみてくれるといいな」という希望でも使います。

交渉や折衝における柔らかい表現

出典: http://bizushiki.com

ビジネスでの「調整」や「折衝」や「交渉」などの場面において、相手方を「説得」したい場面があります。そのときに「ご一考」という言葉を使い、相手の硬化した態度を軟化させるための柔らかい敬語表現として使う事ができます。ひとつの物事の解決策を多方面から提案することで、多くの選択肢を出し「ご一考」を付けて提案をします。

新規の提案をする際のシンプルな添え言葉

出典: https://01intern.com

「ご一考」はシンプルに「ご一考ください」という形でも使うことができます。例えば「先日、ご請求いただきましたカタログをお送りいたします。ご一考ください」という例文が成り立ちます。とてもシンプルな敬語の表記となります。「決断を迫るわけではないけれど、考えてください」というようなニュアンスにしたいときに使える言葉遣いになります。

「ご一考のほど」で語調がより柔らかく

出典: https://gakumado.mynavi.jp

例えば「ご一考のほどよろしくお願いいたします」というように、「~のほど」という言葉を後に続けることで、語調がさらに柔らかくなります。この使い方は、敬語独特の婉曲的な表現方法のひとつで、直接の表現を避けて少し遠回しに伝えることで、相手への押し付け感を弱めて受け入れやすい印象を作り出す便利な言い回しです。

やんわりと提案を「断る」ときにも

出典: https://cardloan-shinsa.jp

「ご一考」には「相手からの提案」や「要求が」飲めない場面で「断る使い方」としても使う事があります。ビジネスの場面では直接表現として「断る」という言葉があまり使えません。なので「ご一考いただきたく存じます」というような表現を用いて、「断る」ことを表現することができます。ビジネスでは婉曲的な「断り」の表現も大切となります。

婉曲的な表現に優れた言葉

出典: https://minnkane.com

「ご一考」という言葉は、なかなか使う機会が少ないと考えられます。基本的には書き言葉として使用する場合が多く、「ご検討」という言葉のほうが使い勝手が良いからです。「ご一考」は断りの場面でも使用できる言葉でもあり、婉曲的に「無理です」という言い方ができる言葉でもあります。例えば「申し訳ございませんがご一考お願いします」となります。

「再考」より角が立たない

出典: https://driver-times.com

もう一度よく考えるという意味の言葉で「再考」という言葉があります。しかし、ビジネスシーンで「再考をお願いいたします」という言い方では、少々角が立つ場面もあります。そのときには「○○では当方も承知しかねる部分がございますので、申し訳ございませんがご一考をお願い致します」という言い換えをし、婉曲的な表現をすることができます。

相手に「急ぎ」でお願いしたい場合の言い方

出典: https://businesslife-intelligence.com

「お忙しいとは存じますが、○○の件、早めにご一考をお願い致します」という言葉遣いになります。「考えておきます」という返事をもらったものの、なかなか返答が貰えない場合で使う、言葉の使い方となります。「返答」を催促する言い方にも当てはまります。取引先などに使いすぎると、問題が発生してしまいかねませんので、ほどほどにします。

言い回しによってニュアンスが大きく変わる

出典: https://minnkane.com

「ご一考」という言葉のように、意味は間違っていないのだけれどニュアンス的に違うという言葉が存在します。ビジネスでの敬語には、ニュアンスを大切にしなければならない言葉も多く存在し、わかりづらいイメージもあります。その中で「くださいますよう」と「いただけますよう」という言葉遣いがあります。「ご一考」に付けるとNGな表現もあります。

「ご一考」の間違った使い方を紹介

出典: https://with-web.net

「ご一考」の間違った使い方を紹介します。例えば「ご一考くださいますよう」という言い方は少々間違いになります。この場合「ご一考いただけますよう」となります。「ご一考」という言葉の性質を考えると「一度考えてください」とお願いをしています。「くださいますよう」は「してもらえる」となるのでニュアンス的に「くださいますよう」はNGです。

「ご一考」の類義語である「ご思案」「ご検討」との違いは?

「ご一考」と「ご思案」の使い分けと使い方

出典: https://kuguru.jp

「ご一考」と「ご思案」の使い分けとして、まずは「ご思案」」の意味から解説します。ご思案の「思案」は「考えを巡らせること」となり、考えるの類語になります。ご一考とご思案は類義語となり、似たような表現での使い方ができます。例文として「ご一考ください」と同様に「ご思案ください」という使い方をします。しかしニュアンスは違います。

「ご思案ください」と「ご一考ください」のニュアンスの違い

出典: https://president.jp

「ご一考ください」のニュアンスは、おおよその場合で「返答」を求められます。また期限もそれほど長くないのが特徴です。しかし、「ご思案ください」では「返答」が求められない場合もあり、忘れたころに返答を求められたりします。そもそも「思案」という言葉自体には「思い悩む」という意味があります。基本は内相的な意味を含む言葉の使い方です。

「ご一考」と「ご検討」の使い分けと使い方

出典: https://gakumado.mynavi.jp

「ご一考」と「ご検討」の使い分けとして、まず「ご検討」の「検討」の意味から解説します。「検討」とは、「多方面からひとつのことを調べて、よいか考えること」という意味です。こちらも考えるの類語で、ご一考とは類義語にあたります。「ご検討ください」という使い方をして、敬語の表現となります。尊敬語にあたり、ビジネスでの使い方に適します。

「ご一考」と「ご検討」ではどちらが目上の人に適した敬語か?

出典: https://shukatsu-mirai.com

「ご一考」と「ご検討」ではどちらが目上の人に適した敬語か?というと、「ご検討」という言葉の使い方になります。目上の人に対して考えることを促す、または考えるようお願いする言葉は「お考えください」と「ご検討ください」そして「ご一考ください」という表現になります。この3つの言葉の使い方について、ニュアンスの違いを次で解説します。

「ご一考」の意味をもう一度確認

出典: https://mainichi.jp

「ご一考」の意味をもう一度確認します。「一考」とは、「一度考えること」という意味になります。目上の人に対して「一度考えてください」という言い方は少々失礼な言葉の使い方ともいえます。そして、言葉の使い方として「一考の余地がある」という言い方をします。この使い方で考えると、「加味する」という類義語も含まれていることがわかります。

「ご一考」の類義語である「ご検討」の意味をもう一度確認

出典: https://cardloan-shinsa.jp

「ご検討」は「ご一考」の類義語でのあります。しかし「検討」とはどんな意味だったか、もう一度確認します。「検討」は、「多方面からよく調べて、よいか悪いか考えること」になります。例文で「問題点を検討する」という使い方が成り立ちます。この使い方で考えると「吟味する」という類義語も含まれていることがわかります。

「ご一考」と「ご検討」では少々ニュアンスが変わる

出典: https://mayonez.jp

「ご一考」と「ご検討」は、意味を再確認することでそれぞれニュアンスが違いことがわかりました。「ご一考」を「加味する」とし、「ご検討」を「吟味する」という言葉に言い換えるとニュアンスの違いが明らかになります。「本題」にプラスで考えて欲しい時には「ご一考」となり、「本題」をよく考えて欲しい場合は「ご検討」という使い方になります。

「ご思案ください」の意味を再確認

出典: https://docoic.com

「ご一考」や「ご検討」という言葉と違い、「ご思案ください」という言葉は、何かを加味したり、吟味したりをお願いするのではなく「内相的」な言葉のニュアンスがあります。「思い巡らす」や「思い悩む」という意味がありますので、「最善の答え」というニュアンスが含まれています。なので「熟考」や「考察」の類義語となります。

「ご思案」は「ご一考」とは異なる使い方になる

出典: https://news.careerconnection.jp

「ご思案」という言葉は「ご一考」という言葉とは違う使い方となることが、意味からわかります。例文として紹介すると「会社の再建方法を思案する」や「どちらの方法が適切か、ご思案ください」というような文章が成り立ちます。「ご思案」は、とても重大な案件で「考えてもらう」や「判断を仰ぐ」ような場面での使い方に適している言葉になります。

「ご一考」を使った例文を紹介!

ご一考のほどお願い申し上げます

出典: http://business.tribialife.com

「ご一考」を使った例文を紹介します。例えば「ご一考のほどお願い申し上げます」という使い方が成り立ちます。この場合は「提案」に対して「考えて欲しい」という言い方になり、例えば本題があり、その上で「加味して欲しい」事項があった場合に、プラスでそちらも併せて考えて欲しいという言い方になります。ビジネスではよく見かける使い方です。

何卒ご一考ください

出典: https://gakumado.mynavi.jp

例文で「何卒、ご一考ください」という言葉の使い方が成り立ちます。この場合は「何卒/なにとぞ」という言葉が使われています。「何卒」は簡単にいうと「どうか」という懇願や「ぜひとも」というゴリ押しのニュアンスになります。時代劇では「何卒!」と町民が武士にお願いしているシーンでおなじみのセリフですが、大抵の場合断られます。

ご一考いただけると幸いです

出典: https://hataractive.jp

「ご一考」を使った例文で「ご一考いただけると幸いです」という言葉が成り立ちます。この場合は「ちょっと考えてもらえるとうれしいです」という言葉を、丁寧にした言い方となります。「ご一考」の類義語である「加味する」というニュアンスが前面に出ている言い方でもあり、「ご一考」という言葉の意味にピッタリな使い方となります。

ご一考いただきたく存じます

出典: https://newsmomonga.com

「ご一考」を使った例文で「ご一考いただきたく存じます」という言葉遣いが成り立ちます。「ご一考いただきたく存じます」という使い方は間違ってはいないのですが、堅い表現のため、少々威圧的なイメージがする言葉の使い方となります。ですが、敬語表現としての間違いはなく「ご一考」という言葉の使い方にも間違いはありません。

ご一考いただけませんでしょうか?

出典: https://goiryoku.com

「~いただけませんでしょうか?」は「~いただけますでしょうか?」よりも、柔らかく丁寧な敬語の表現とされています。「ご一考」の言葉のニュアンスを考えると「ご一考いただけますでしょうか?」よりも「ご一考いただけませんでしょうか?」というほうがあっている雰囲気がします。もちろん、どちらをつけても正しい敬語の表現になります。

申し訳ございませんがご一考お願いいたします

出典: https://trivia-kgs.com

この「申し訳ございませんが、ご一考お願いいたします」という「ご一考」の言葉遣いは、「それではこちらが困るので、もう一度考えてください」という意味になります。ビジネスで使われる婉曲的な言い回しとなり、角が立ちにくい「お断り」フレーズになります。「再考」という言葉を使うよりも、柔らかな敬語の表現となりおすすめします。

「ご一考」の意味を理解して正しく使おう!

出典: https://shukatsu-mirai.com

「ご一考」という言葉と、「ご検討」と「ご思案」について今回は解説していきました。「ご一考」という音場は「ご検討」よりも少し軽い「考えてください」という言い方であり、場面によってはそぐわない言葉にもなります。意味をよく理解して「ご検討」と「ご一考」、または「ご思案」と使い分けて、正しい使い方ができるようになります。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ