家賃保証会社を利用するメリットとデメリットは?仕組みや審査基準を解説!

家賃保証会社を利用することのメリットとデメリットに焦点を当てて、その内実について具体的に解説を行っていきます。家賃保証会社を利用する人は年々増加傾向にあります。家賃保証会社の仕組みや審査基準についても、具体的に解説をしている記事です。

家賃保証会社を利用するメリットとデメリットは?仕組みや審査基準を解説!のイメージ

目次

  1. 家賃保証会社の利用が増え必須の物件も!
  2. 家賃保証会社は連帯保証人の代わり?その仕組みとは?
  3. 家賃保証会社を利用する料金はいくら?
  4. 家賃保証会社を利用するメリットとは?
  5. 家賃保証会社を利用するデメリットとは?
  6. 家賃保証会社を利用でトラブルも?
  7. 家賃保証会社の審査基準とは?
  8. 家賃保証会社を利用するメリットとデメリットまとめ!

家賃保証会社の利用が増え必須の物件も!

出典: http://www.thutmosev.com

賃貸物件を借りる際に必要となることもある家賃保証会社について、具体的に解説を行っていきます。時代背景の流れもあって、物件の借主に対して家賃保証会社の利用を必須とする物件も増えてきています。その指示に従うことでメリットを見出すこともできます。家賃保証会社の利用料金や審査ポイントなども含めて、物件を借りる際の参考にしましょう。

家賃保証会社は連帯保証人の代わり?その仕組みとは?

家賃保証会社とは?

出典: https://sumaity.com

まず、家賃保証会社とはいったいどういった存在なのかについて確認を進めていきます。家賃保証会社とは、借主が家賃の支払いを滞らせてしまった場合に、借主に代わって家賃の支払いを立て替えてくれる会社のことです。立て替えると言っても、借主の支払いがなくなるわけではありません。その後で借主に対して家賃の支払いを要求することになります。

家賃保証会社の台頭

出典: http://lifecommunity.co.jp

昨今の日本社会の流れとして、核家族化が進み、親族に対して連帯保証人を頼みにくくなっているという背景もあります。そのため、賃貸の借主に何かあった時に代わりに家賃を支払ってくれる人が減ってきているという事象も含まれています。その時代背景もあって台頭しているのが、家賃保証会社の存在です。家賃の滞納に対して確実に支払いをしてくれます。

仕組みを解説

出典: http://www.jrental-g.co.jp

実際に家賃保証会社を利用する場合は、一定の審査に通過することで利用することができます。物件の借主としては、物件の入居審査に必要なものを提示することで、家賃保証会社の審査をお願いすることができます。家賃保証会社利用申込書や身分証明書のコピー、源泉徴収票や給与明細といった収入関連の証明書や在籍証明書などを提出する必要があります。

入居審査も通りやすくなる

出典: https://sumaity.com

上記で挙げた書類を提出することで、家賃保証会社の審査に申し込むことができます。その他、個別に提出を依頼された書類がある場合は、それらも提出することで、実際に審査に入ることになります。晴れて家賃保証会社の審査に通過すれば、家賃保証会社の制度を利用することができます。家賃保証会社を利用することで、入居審査にも通過しやすくなります。

連帯保証人が頼りにならなくなってきた

出典: http://a-aps.jp

物件の貸主側として一番恐れているのは、やはり家賃の滞納です。家賃の滞納を防ぐためにこれまでは連帯保証人を義務付けて、滞納があった場合に連帯保証人に支払ってもらうという仕組みをとってきました。しかし、連帯保証人の高齢化も進み、なかなか頼りにならなくなってきたという事情もあります。そうした事情があって新たな仕組みが生まれました。

非正規雇用の増加など

出典: http://www.jrental-g.co.jp

特に2008年に発生したリーマンショックの影響もあって、失業者が増加傾向になり、非正規雇用も増加していく中で、物件の借主も連帯保証人も確かな収入源の確保が難しくなってきたという背景もあります。そこで連帯保証人に代わる存在として隆盛してきたのが、家賃保証会社です。家賃保証会社の仕組みを知ることで、物件の審査にも通りやすくなります。

家賃保証会社を利用する料金はいくら?

「保証料」が設定されている

出典: https://www.sumasapo.co.jp

社会背景の流れと共に隆盛をしてきた家賃保証会社ですが、実際に利用する場合には一定の「保証料」を支払う必要が出てきます。保証料に関しては、家賃保証会社によって異なるというところが見解ですが、それでも無料で利用できるということはありません。不動産会社からの説明を聞く中で、必要となる保証料を支払った上で利用することが求められます。

保証料の目安とは?

出典: http://mail.roomstyle.co.jp

具体的に家賃保証会社を利用する場合の保証料の目安としては、家賃の半月分や1か月分といった料金設定をしていることも多いです。また、家賃の30%から70%程度、あるいは1万円や3万円など固定金額を設定して保証料の支払いを求めるケースが多くなっています。連帯保証人の代わりに保証するという点で、サービス料だと考えておけば問題ありません。

更新料もかかる

出典: http://www.kaihatsu-re.co.jp

また、家賃保証会社を利用する場合の保証料については、一般的に2年契約であることが多くなっています。これは物件の契約更新が2年ごとであることが多いことに起因しています。2年後や4年後などに契約を更新する場合は、再び保証料を支払う必要があることが多いです。その場合は初回保証料と同額か、それよりも安くなっていることが一般的です。

家賃滞納は避けたい

出典: https://www.eposcard.co.jp

最初の2年契約の段階で、何度も何度も家賃を滞納していて家賃保証会社の心象を悪くしていると、契約更新に応じてもらえない可能性もあるので注意が必要です。1回や2回の家賃滞納ではそこまでいかなくても、何度も何度も繰り返していると愛想を尽かされてしまうものです。滞納を繰り返すことは自分自身を苦しめるだけなので、できるだけ避けたいです。

事前の相談も賢明

出典: https://katsuki-f.jp

何年も同じ物件に住み続けるのであれば、家賃保証会社との関係性も良くしておくことが重要です。万一家賃の支払いが難しい状況であるならば、事前に相談をしておくこともポイントです。家賃を支払う意識があると知らせておくことで、少しでも良好な関係を維持することができます。家賃保証会社に無断で家賃を滞納してしまうのが一番避けたいところです。

保証料の支払いは一括

出典: http://www.ene-co.jp

また、家賃保証会社への料金支払いは一括で行うケースがほとんどです。物件の契約時や更新時に2年分や1年分といった保証料金を一括で支払うことになります。月額で見れば安いと感じる部分もありますが、その際はまとまったお金が必要となるので、あらかじめ準備しておく必要があります。当然保証料を支払わなければ、家賃保証会社を利用できません。

Thumb社会人の一人暮らしの家賃や生活費はどれくらい?貯金額も調査!

家賃保証会社を利用するメリットとは?

メリットとデメリットの把握が重要

出典: http://www.r-l.jp

連帯保証人に代わる存在として、利用することを義務付けられることもある家賃保証会社ですが、家賃保証会社を利用することによるメリットやデメリットも発生してきます。そのメリットやデメリットについても、具体的に解説を行っていきます。家賃保証会社を利用することになった場合、双方の視点を持っておくことで、適切に活用することが求められます。

貸主は家賃滞納のリスクが減る

出典: http://www.fair.co.jp

まず、家賃保証会社を利用してもらうことで、貸主側に生じるメリットについて確認していきます。物件の貸主側としては、家賃滞納のリスクを減らすことができるのです。正確には家賃の滞納が発生しても、確実に家賃分の収入を手に入れられるということです。借主が家賃を滞納した場合は、貸主は家賃保証会社から家賃の保証を受けることができるからです。

家賃滞納のトラブルを回避

出典: http://hitorinokurasi.com

これまでも家賃の滞納によってトラブルが発生したり、取り立てを行ったりするといった苦労をしてきた貸主も多かったのではないでしょうか。そのために連帯保証人を立ててもらってきましたが、連帯保証人も確実に家賃を支払ってくれるという保証があるわけではありません。そこで白羽の矢を立てたのが家賃保証会社であり、メリットにつながったのです。

取り立てや催促の手間を省ける

出典: https://aru-rikon.net

連帯保証人を立てている場合、借主が家賃を滞納したら、借主や連帯保証人のところに催促をしたり取り立てをしたりしなければならないというデメリットがありました。しかし家賃保証会社の利用を必須にすることによって、その手間を回避することができるのです。一定の料金を支払うことで、貸主としても自分自身の手間を大幅に削減することができます。

借主は連帯保証人を探す手間が省ける

出典: https://wst.tokyo

また、借主側としては、家賃保証会社を利用することで連帯保証人を探す手間が省けるというメリットがあります。親や兄弟などに連帯保証人を頼みにくいという方でも、家賃保証会社を利用することで確実に入居審査に進むことができます。また、障害者世帯や外国人滞在者といった方たちも連帯保証人を探すのが難しいため、家賃保証会社は貴重な存在です。

水商売やアルバイトでも借りやすい

出典: http://aga-co.co.jp

また、水商売やアルバイトといった雇用形態の人たちも家賃保証会社を利用することで、物件を借りやすくなるというメリットがあります。近年は水商売の方でも借りられる物件が多くなってきていますが、これは家賃保証会社が職業として許容していると考えることもできます。それだけ対象物件が多くなり、物件を選ぶ選択肢が多くなるということです。

初期費用を抑えられることもある

出典: https://hanazawa.me

また、物件によっては家賃保証会社に加入することで初期費用を軽減できる場合もあります。家賃保証会社に加入することを必須とする代わりに、敷金を減らすといったケースも発生します。家賃保証会社が原状回復費用も保証してくれる場合は、敷金を預かる必要がなくなることもあるのです。そうした視点からも、家賃保証会社利用のメリットがあります。

Thumb家賃はクレジットカード払いできる?メリットから注意点まで徹底解説!

家賃保証会社を利用するデメリットとは?

デメリットの理解も重要

出典: https://www.ie-urutaro.com

家賃保証会社の利用が必須となる物件も多い中で、家賃保証会社を利用することもメリットもたくさんあります。一方で家賃保証会社が必須になることで生じるデメリットにも目を向ける必要があります。何事もメリットがあればデメリットも存在するのが、世の常です。双方の視点を持っておくことで、適切な家賃保証会社の利用につなげることができます。

金銭的負担が増える

出典: https://www.4cs.co.jp

基本的に家賃保証会社を利用することによって、貸主側に発生するデメリットはほとんどありません。あるとすれば、利用料金を徴収される可能性があるぐらいです。基本的には借主側にデメリットが多いのが、家賃保証会社の利用です。家賃保証会社の利用が必須になることで金銭的な負担が増えることになります。保証料といった料金もその一部と言えます。

初期費用がかさむ

出典: http://tanochin.com

連帯保証人を立てるだけであれば無料ですが、家賃保証会社の利用が必須になることで、利用料金を支払わなければなりません。料金形態もさまざまですが、家賃の半月分や1ヶ月分などの料金を余分に支払う必要が出てくるのです。ただでさえ初期費用は多額になりがちであり、家賃保証会社の利用料金も加わることで、出費が一気に大きくなっていきます。

家賃滞納などへ従来より厳しい対応

出典: http://www.kokyuchintai.com

また、家賃保証会社が必須となることで、家賃滞納などへの取り立ても含めた対応が従来よりも厳しくなることもデメリットとして挙げられます。家賃保証会社はボランティアで行っているわけではなく、事業会社としてサービスを展開しています。つまり、従来の貸主側の支払い督促や取り立てよりもはるかに厳しい形で、対応してくることが考えられます。

プレッシャーと隣り合わせ

出典: https://blog.ieagent.jp

家賃保証会社は家賃滞納時の回収代行をサービスとしているため、滞納があった場合のスピード感もより一層早くなっていきます。1ヶ月滞納があるだけですぐに電話がかかってきて、その後訴訟の内容証明が郵送されてくることもあります。そのため、借主としては常にプレッシャーと隣り合わせということです。まずは家賃の滞納をしないことが重要です。

家賃保証会社を選択できない

出典: https://www.chintaikeiei.com

また、借主側で家賃保証会社を選ぶことができないこともデメリットにつながることがあります。一定の料金を支払えば基本的に利用できるのが家賃保証会社ですが、過去に滞納履歴などがある場合は、同じ家賃保証会社を利用できないこともあります。その場合、家賃保証会社が契約を結んでいる物件を借りられないというデメリットにつながってしまいます。

物件の切り替えも必要に

出典: https://ameblo.jp

物件によっては複数の家賃保証会社の中から1つを選択することもできますが、この物件に対してはこの家賃保証会社といった形で、すでに必須となる会社が決まっていることもあります。過去にトラブルがなければ何の問題もありませんが、万一トラブルがあった場合は、他の物件に切り替える必要が出てきます。この辺も借主側へのデメリットと言えます。

家賃保証会社を利用でトラブルも?

家賃保証会社には規制する法律がない

出典: http://terrarum.xyz

連帯保証人の代わりに利用を必須とされることも多い家賃保証会社ですが、利用に際してはトラブルにも注意する必要があります。現在の家賃保証会社には規制をする法律がなく、野放し状態で運営を進めてしまっていると言っても過言ではありません。監督官庁の存在もなく、マーケットの拡大に対して法律面での整備がままならない状態となっているのです。

悪質な取り立てや強制退去の例も

出典: https://wst.tokyo

規制や法律面での整備が進んでいないことを良いことに、消費者金融などからの新規参入も相次いでおり、高額な利用料金の設定や悪質な取り立て、あるいは正当な理由もなく強制退去させるといった動きも見られています。取り立てや支払い督促に関しては、ステップを踏む必要がありますが、そうしたステップも踏まずに行ってしまう業者も出てきています。

悪質な取り立てには相談を

出典: http://www.lifenet-s.jp

あまりにも悪質な取り立てや支払い督促だと感じた場合は、自分で判断するのではなく、まず物件契約を行った不動産会社に相談してみることが重要です。その上で、必要であれば弁護士などに相談して適切な対応を取ることがポイントです。悪質な取り立てに対してそのまま応じてしまうのではなく、別の道を模索することも借主としては大切にしたい部分です。

自主ルールの整備

出典: http://www.sanei-house.co.jp

入居審査時に必要となる個人情報の取り扱いに関する規定も曖昧となっており、正しく個人情報が管理されているのかどうかも不安になる部分があります。そうした状況が相次いで発生していることを受けて、一般社団法人全国賃貸保証業協会では、自主ルールを整備して家賃保証会社としての運用を定義しています。適切な運用を進めることも求められています。

家賃保証会社への信頼も高まる

出典: http://www.shinoken-cm.com

過剰な取り立てや法外な延滞料金を徴収しないことも含めて、自主ルールを守ることを約束した会員のみ協会員として認めるといった対策も実行しています。また、2010年2月からは独自の賃貸データベース機関を立ち上げて、信用情報の登録を行っています。こうした流れを受けて、家賃保証会社に対する社会からの信頼感も、より一層高まってきています。

独自ルールの会社には注意を

出典: http://tokaijutaku.net

ただし、自主規制のルールであることには変わりがなく、業界団体に所属していない信販系の家賃保証会社や独立系の家賃保証会社も存在しています。そうした会社に関しては独自ルールでの運用が続いているため、一定の注意を払う必要があります。もちろん、家賃の滞納を避けることも重要ですが、過度な利用料金や厳しい取り立てには注意が求められます。

家賃保証会社の審査基準とは?

正しい知識を身につける

出典: https://uchicomi.com

家賃保証会社の利用が必須となっていく中で、過度な取り立てや支払い督促を行う会社には注意を払う必要があります。一定の自主ルールができてきているとは言え、法律的な部分の整備はまだまだ追いついてきていません。自分で正しい知識を持った上で行動につなげることが重要です。その上で、家賃保証会社の審査基準についても確認を進めていきます。

審査内容は会社によって異なる

出典: https://akabanechintai.com

まず、家賃保証会社の審査内容については、各社で異なるという点を理解しておく必要があります。同じ会社で審査条件が変わることはありませんが、家賃保証会社も複数の会社があるので、それらの基準はそれぞれで異なるということです。ただし、一般的な審査基準となる部分は共通しているので、その辺はしっかりと抑えておくことが求められます。

雇用形態や勤続年数もポイントに

出典: https://www.onayamiooyasan.com

家賃保証会社の審査基準としては、雇用形態や勤続年数が必須ポイントになることが一般的です。どういった会社でどのくらいの期間勤めているのかというのは、家賃保証会社にとっても気になる部分です。つまり、家賃の支払い能力があるのかどうかというところを見極めたいのです。そうでないと、取り立てなどの手間になることが想定されるからです。

収入面の審査も必須項目

出典: https://jid-net.co.jp

また、雇用形態や勤続年数の他にも、収入面も必須のチェックポイントとなります。家賃保証会社の利用料金を支払うことももちろんですが、安定的に家賃を支払えるだけの収入がなければ審査に通しにくくなります。一般的に公務員や正社員であれば、審査に通りやすいと言われています。それはそういった職業の人の収入が安定していることに起因しています。

滞納履歴があると審査に通りにくい

出典: http://www.fks.co.jp

また、家賃保証会社利用の審査という点では、過去の滞納履歴も必須のチェックポイントです。当然ですが、過去に何らかのトラブルがあったり、取り立てに応じなかったりしたという履歴があれば、家賃保証会社の審査に通過しにくくなります。借主に非がなかった場合でも、家賃保証会社としての心象が良くなることはないので、家賃滞納には注意が必要です。

夜逃げや訴訟などの悪質ケースの共有

出典: https://www.goodrooms.jp

基本的に、家賃保証会社は全国保証協会(LICC)と呼ばれる協会に加盟していることが多いです。そこでは、家賃の滞納によって訴訟まで発展したケースや、夜逃げといった悪質な事例が共有されています。1ヶ月だけ家賃を滞納したなどという事例は共有されていないので、そこまで心配する必要もありません。ただし、できるなら滞納しないのが一番です。

上限目安賃料の把握

出典: https://lloyds-guarantee.jp

家賃保証会社の審査における年収という点では、一定の目安年収と賃料の上限目安も設定されています。一般的には月収の3分の1程度が賃料上限の目安として定められています。年収ベースでは、例えば年収200万円で約5万6,000円、年収250万円で約6万9,000円、年収300万円で約8万3,000円、年収350万円で約9万7,000円というのが目安上限賃料です。

審査基準が厳しい会社もある

出典: http://www.suretycomp-yachin.com

あるいは、年収が400万円あれば上限目安賃料が約11万1,000円、年収450万円であれば約12万5,000円などと高まっていきます。上限ギリギリの金額で物件を借りる必要はありませんが、目安として覚えておくのはおすすめです。また、審査の厳しい家賃保証会社もありますので、その場合は目安賃料を月収の3割程度に抑えておくのが賢明な判断です。

信販系の家賃保証会社の場合

出典: http://www.jrental-g.co.jp

家賃保証会社が信販会社であれば、家賃の支払いをクレジットカード支払いにして欲しいという依頼があることもあります。クレジットカード支払いにすることで、無用な取り立てをしなくて済むという狙いもあるのです。その場合は、クレジットカード審査に通るかどうかが重要です。過去にクレジットカードの滞納などがなければ、審査に通りやすくなります。

提出書類の確認

出典: http://rent-ris.co.jp

家賃保証会社の利用に際しては、書類の提出も必須となります。利用料金の支払いと合わせて、確実に書類を準備しておく必要があります。具体的には家賃保証会社申込書や身分証明書のコピー、収入関連の証明書、在籍証明書といった書類です。こうした書類の提出不備や、記載項目に対する不明点がある場合は審査の遅れにつながるので、注意が必要です。

「条件付き審査承認」の依頼

出典: http://www.kyoto-life.co.jp

万一、何らかの条件に引っかかって審査に落ちてしまった場合でも、そのままあきらめるのではなく、「条件付き審査承認」をお願いできないか依頼してみることもおすすめです。条件付き審査承認とは、敷金を上乗せしたり、連帯保証人を追加したりすることで、審査承認を得る仕組みです。家賃を年間払いにすることでも承認してもらえることがあります。

いろいろな道を模索して実行する

出典: https://offer.able.co.jp

どうしても借りたい物件があるのであれば、安易に引き下がることはなく、何らかの方法がないか確認することも重要です。現在は無職でも就職先が決まっているのであれば、内定証明書を提出することで、安定収入が見込めることを証明することもできます。まずは、どういった方法があるのか不動産会社の方に聞いてみるのも一つのおすすめポイントです。

家賃保証会社を利用するメリットとデメリットまとめ!

出典: https://kurasuke.com

家賃保証会社の利用が必須となる物件も多い中で、家賃保証会社を利用する際の料金やメリット、デメリット、家賃保証会社を取り巻く環境について具体的にご紹介してきました。悪質な取り立てや督促には注意を払う必要があります。また、家賃保証会社を利用することのメリットやデメリットを正確に把握して、正しい物件選びを進めていくことが大切です。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ